【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「うた魂♪」:新御徒町駅前バス停付近の会話

2008-04-16 | ★都02系統(大塚駅~錦糸町駅)

「給食当番」?なんだ、ここは?
レストランみたいね。
しかし、「給食当番」とは、また懐かしい響きだ。もう何年、白い割烹着を着てないかなあ。
あなたの割烹着姿?そんなもの、想像したくもない。
おいおい、そう馬鹿にしたものでもないぞ。「うた魂♪」に出てくる学生服だって、ついこの間着てたような服だし。
ああ、ゴリの着てた学ランね。彼の学生服姿っていうのは、たしかにあなたの学生服姿みたいな印象だった。
だろ?
って、それくらい年齢設定に無理があったってことよ。
いやいや、リアリティを追求する映画じゃないから、あれくらいでちょうどいいんだ。仲間たちと歌う尾崎豊の名曲「15の夜」なんて、正直、感動ものだった。
25年も前の曲だもんね。いい年をした人には、学校給食並みに懐かしい曲だったかもしれない。
だから、そういう年齢の問題じゃないって。いい曲は、世代を超えていいってことなんだよ。
合唱コンクールに参加した、高校合唱部の物語なんだけど、ヤンキーばかりの型破りな湯ノ川学院高校男子合唱部の代表がもじゃもじゃ頭のゴリ。
一方、いかにも清楚な七浜高校女子合唱部でソプラノを担当しているのが夏帆ちゃん。
曲目も彼女のチームが歌うのは、女子高生らしい清潔感あふれる曲ばかり。
ああ、いかにも文部科学省御用達系の歌。実際の合唱コンクールで尾崎豊系の歌って聴いたことないけど、ああいう歌は本来、ご法度なのかな。
たしかに。白状すると、あの「15の夜」は思いがけず心に沁みたけどね。
だろ?名曲はいつ聴いても名曲なのさ。
名作映画はいつ観ても名作映画であるようにね。
とはいえ、映画としての「うた魂♪」は残念ながら名作になりそこねた。
あら、どうして?「ウォーター・ボーイズ」とか「スウィング・ガールズ」の線に近い青春映画の佳作だと思ったけど。
話としてはあの路線の話なんだから、作りようによっては傑作青春コメディになっただろうに、手放しで誉めるのはためらわれる。
そうかしら。ラストの盛り上がりなんて、「ウォーター・ボーイズ」とか「スウィング・ガールズ」にまして感動的だったじゃない。
でも、その直前に、夏帆ちゃんが、そういうことがありそうだとほのめかしちゃうんで、演出的には意外性が薄まった。
ああ、彼女のナレーションね。ファーストシーンも、そんな複雑な気持ちを抱えているわけじゃないんだから、安易にナレーションで説明しなくても、他の映画的表現があったんじゃないのとは思ったけどね。
薬師丸ひろ子の位置づけも、あいまいだった。
わけありなんだけど、どういうわけがあるのか、よくわからなかったわね。
せっかく夏帆ちゃんがゴリに名せりふを吐くシーンで、横からしゃしゃり出てきて、いいところをさらってしまうなんていうのも、ありえなーい。
って、ずいぶん、強調するわね。もしかして、隠れ夏帆ファン?
ぽっ
って、いい年して、頬を赤らめるな!
同級生の男子がコンクールの会場で、夏帆ちゃんの熱唱する顔を撮ろうとして、一瞬ためらうショットがあるんだけど、そのあとに続くショットが、薬師丸ひろ子のアップなんだ。どうして、こういうつなぎ方するんだよ。ふつうは、夏帆ちゃんのアップがくるところだろう。
まあまあ、そう声を荒げないで。他にも夏帆の顔のアップなんて、いくらでもあったじゃない。
でも、肝心なところで決めてくれなきゃなあ。観客がスタンディングするシーンでも、ぱらぱらと立ち上がるのが自然だろうに、段どったみたいにブロックごとに立ち上がったりして、なにか、もう一息演出にデリカシーが足りないんだよなあ。
そこが、「ウォーター・ボーイズ」とか「スウィング・ガールズ」との違いってこと?
まあ、そうは言っても致命的な欠点っていうわけじゃなくて、観ている間は結構、幸福だったけどな。
わかるわよ。観ている間、あなたもサケが産卵するときのような顔をしてたもの。
じゃあ、いまはどんな顔をしているか、わかるか。
わかるわよ。いまは、夏帆みたいなかわいい子と一緒に給食当番をしたかったなあって、残念がっている顔。
そうそう。似合うと思うんだよなあ、夏帆ちゃんの割烹着姿。
あなたには、鼻をつままなきゃ飲めない脱脂粉乳が似合うかもね。
どうせ俺は鼻つまみ者よ。って、よけいなお世話だ!


この記事、まあまあかなと思ったら、クリックをお願いします。



ふたりが乗ったのは、都バス<都02系統>
大塚駅前⇒新大塚⇒大塚四丁目⇒大塚三丁目⇒大塚二丁目⇒大塚車庫前⇒茗荷谷駅前⇒小日向四丁目⇒小石川四丁目⇒春日二丁目⇒伝通院前⇒富坂上⇒春日駅前⇒真砂坂上⇒本郷三丁目駅前⇒湯島四丁目⇒湯島三丁目⇒上野広小路⇒御徒町駅前⇒東上野一丁目⇒新御徒町駅前⇒元浅草三丁目⇒三筋二丁目⇒寿三丁目⇒蔵前駅前⇒本所一丁目⇒石原一丁目⇒石原二丁目⇒石原三丁目⇒石原四丁目⇒太平一丁目⇒太平二丁目⇒太平三丁目⇒錦糸公園前⇒錦糸町駅前




コメント (2)   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
« 「王妃の紋章」:東上野一丁... | トップ | 「大いなる陰謀」:元浅草三... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは! (咲太郎)
2008-04-16 22:40:22
突っ込みどころは置いておいて、楽しめました!
音楽の力は偉大なり!!
モンパチ (t-higu)
2008-04-16 23:56:44
ジョーさんこんばんは。

映画としては、正直あまりいけてた気がしなかった
のですが、合唱は良かったです。
ラストのモンパチもなかなか感動モノでした。
ただ、ジョーさんも書いているように、あの観客の
リアクションで随分引いてしまいましたが...。

コメントを投稿

★都02系統(大塚駅~錦糸町駅)」カテゴリの最新記事

11 トラックバック

TBS青木裕子アナが番組で交際認める (TBS青木裕子アナが番組で交際認める)
TBS青木裕子アナが番組で交際認める
君よ、フルチンになれ!(やや、ネタバレしてます) (炸熱~歌キチ、愛をうたう~)
4月13日(日)に鑑賞。 劇場でチラシを見つけ、公開前からチェックしていたが、予告を観てさらに期待を募らせた本作。 ようやく観ることが出来ました。 期待に違わぬ出来で、嬉しい限り。 自分大好きで、夢想家、思い込みの激しい歌うことが大好きな少女か
【MOVIE】うた魂♪ (思いつくままに)
■感想など: いまいち乗り切れなかった。 歌が大好きで自分最高!なちょっとナルシストの女子高生かすみ(夏帆)。以前から 気になっていた同学年の牧村(石黒英雄)に歌っているところの写真を撮りたいと言わ れ、有頂天になる。ところが、出来上がった写真を見て、「産卵...
うた魂♪ (ダイターンクラッシュ!!)
4月14日(月) 14:30~ TOHOシネマズ川崎1 料金:1000円(TOHOシネマズデイ) パンフレット:600円 『うた魂♪』公式サイト 合唱部の女子高生の成長の話。主演は夏帆。「天然コケッコー」以来に拝見するが、より一層演技力があがっているな。 前半の何とも勘違い...
うた魂♪(映画館) (ひるめし。)
日本中が、スタンディングオベーション!!
『うた魂♪』:自分を見つけ、他者に共感するということ:Myムービー掲載 (りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど)
オープニング、風力発電の風車が廻る海岸で主役の夏帆が独り歌っている。 打ち寄せる波、廻る風車、のめり込んで歌う少女の周りをユックリとカメラが捉えて・・・・ おぉぉ、ポスターのコメディ一辺倒のイメージと違って、正に映画的なオープニング! これは期待でき...
うた魂 (シネマ大好き)
試写会に誘って頂いて「うた魂」を観た。 高校の合唱部のパートリーダー・荻野かすみは(夏帆)、歌っている時の自分が大好き。あこがれの生徒会長から写真を撮らせてといわれ、てっきり愛の表現と思い込むが、実は歌ってる顔がおもしろいからとわかり、人前で歌うのが...
湯の川高校合唱部♪♪(映画/試写会:うた魂♪) (美味!な日々)
『うた魂♪』の試写会に行ってきました。今、のりにのっている夏帆主演の青春合唱映画です。
『うた魂♪』 (2007) / 日本 (NiceOne!!)
監督:田中誠主題歌:ゴスペラーズ出演:夏帆、ゴリ、石黒英雄、徳永えり、亜希子、薬師丸ひろ子公式サイトはこちら。<Story>合唱コンクール常連の七浜高校女子合唱部のかすみ(夏帆)は、歌っている自分が大好き。ある日、イケメン生徒会長(石黒英雄)から「歌っ...
真・映画日記『うた魂♪』 (          )
JUGEMテーマ:映画 4月21日(月)◆782日目◆ 週の始まりだが、仕事はいつも通り。 午後5時40分に終業。 神谷町で日比谷線に乗り、 銀座で銀座線に乗り換えて渋谷へ。 「シネクイント」での『うた魂♪』午後7時の回。 公開3週目だけど客が少ない。 20人前...
「うた魂(たま)♪」 (-☆ EL JARDIN SECRETO ☆-)
島根が北海道になっても夏帆ちゃんの持ち味は色あせず。合唱の負い目である「歌ってるときの顔がヘン」という部分を敢えて前面に持ってくる勇気。しかしその先にあったのは、合唱へのあふれる愛情でした。「おもしろい顔だからいつか写真に撮りたいと思っていた」という生...