思いつくままに

自分が観た映画や、読んだ本の感想をちょこちょこ残していきます。

【MOVIE】サロゲート

2010-11-07 23:11:33 | MOVIE
■感想など:

ブルース・ウィリス主演。サロゲートと呼ばれるロボットが日々の全ての行動を
代行してくれるという近未来の話。本人は自宅で通信機器を装着した状態で
サロゲートに指示を出しているだけでよく、外界の危険から完全に守られた
安全な世界のはずだったが...という話。

観る前はそれほど期待はしてなかったけど、思ってたよりは面白く、それなりに
楽しめた。ロボットも自分の好きなルックスにできるというメリットがあったけど、
実際そんなことしたら絶対似たような顔が街中に氾濫するに違いない。(笑)

しかも、あんな風に自分は自宅で寝そべってロボットに指示を出しているだけ
だったら、筋力とか体力とかあっという間に落ちて大変なことになってしまうよう
な気がするけど、その辺はノータッチだったなあ。

オフィシャルサイト

■鑑賞日:2010年1月31日

■観賞場所:109シネマズ 川崎
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

【MOVIE】ラブリーボーン

2010-11-07 23:10:42 | MOVIE
■感想など:

ピーター・ジャクソン監督作品。シアーシャ・ローナン主演。14歳でこの世を
去ったスージー(シアーシャ)と残された家族が過去の辛い出来事を乗り
切って前に進んでいくまでを描いた作品。

感動作品とすごく煽られていたおかげで期待しすぎてしまったのがちょっと
裏目に出てしまった。それほど感動する、という話でもなかったような気がする。
でも、最後のキスシーンのところはなかなかよかったかな。

オフィシャルサイト

■鑑賞日:2010年1月30日

■観賞場所:TOHOシネマズ 川崎


コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

【MOVIE】かいじゅうたちのいるところ

2010-11-07 23:09:20 | MOVIE
■感想など:

世界的に有名な絵本の実写映画化。

うーん、取り立てて感想がない・・・。
やはり絵本が原作だけに、子供向きなところはあったような気がする。

主人公のマックスの子供っぽさにイラッと来たり、彼のことをちゃんと
観てあげなかった母親や姉にイラッと来たりと、あまり本筋に関係ない
ようなところしか印象に残ってない・・・。

オフィシャルサイト

■鑑賞日:2010年1月24日

■観賞場所:チネチッタ
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

【MOVIE】カールじいさんの空飛ぶ家

2010-11-07 22:31:52 | MOVIE
■感想など:
期待させられすぎたかな・・。

ディズニー+PIXERによる、3D CGアニメーション映画。亡き妻エリーとの
約束を果たすため、カールじいさんが風船を使って家を飛ばし、約束の地を
目指す旅に出るという話。

事前に、いろんな人からこの映画はお勧め、と言われていたので観る前から
かなり期待度が高まっていた。それがよくなかったのか、思ったほどは
感動しなかったかなぁ。

話としてはそれなりに面白く、ホロリとなるような場面もいくつかあり、悪くは
なかったのだけど、それだけにちょっと残念。

そういえば、この映画観てて「つみきのいえ」をちょっと思い出した。

オフィシャルサイト

■鑑賞日:2010年1月17日

■観賞場所:109シネマズ川崎
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

【MOVIE】キャピタリズム マネーは踊る

2010-11-07 22:16:52 | MOVIE
■感想など:
眠かった・・・。

マイケル・ムーア監督作品。100年に一度とまで言われの不況に対し、
現代の資本主義(キャピタリズム)について、彼自ら体当たりで取材した
様子を描いた作品。

彼の映画は割と好きだし、社会派の映画というのも興味あるので面白い
だろうと考えていたけど、終始眠気との戦いになってしまった。

とにかく、話が難しく、ついていくのがかなり大変だった。というか、ところ
どころついて行けなくて、その結果眠くなってしまった。

オフィシャルサイト

■鑑賞日:2010年1月11日

■観賞場所:TOHOシネマズ川崎
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【MOVIE】パブリック・エネミーズ

2010-11-07 22:03:18 | MOVIE
■感想など:

ジョニデの映画なのに...

ジョン・デリンジャー(ジョニー・デップ)という、アメリカの大恐慌時代に
実在したアウトローとFBIとの攻防を描いた作品。

予告を見た感じでは、男を感じさせるカッコイイ映画を予想し、さらに
主演がジョニデ+クリスチャン・ベイルということで楽しみにしていたん
だけど、いまいちな感じが否めなかった。

特に、登場人物が多く、誰が何という名前で、どっちの味方なのか
判別がつきづらかった。

■鑑賞日:2009年12月27日

■観賞場所:109シネマズ 川崎
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【MOVIE】ONE PIECE FILM Strong World

2010-11-03 18:20:31 | MOVIE
■感想など:

0巻ゲット!

コミック、アニメで大人気の漫画「ONE PIECE」の映画版。今回は原作者
直々にストーリーを書き下ろした作品とか。

原作は未見で、アニメも途中から見出したんだけど、結構面白いのと0巻の
魅力につられて鑑賞。

ストーリーは原作のちょっと前くらいなんだろうか。よくはわからないけど
原作者が書いているだけあって、結構面白かった。ONE PIECEらしい笑える
シーンもそこそこあったし。

でも、最近デジタルや3D技術を駆使したCGアニメに慣れてしまったせいか、
普通のアニメだと「TVでもいいかな」と思ってしまう感も否めない。

平日のお昼頃の回で観たんだけど、ONE PIECE人気はすごいね。この人の
少なそうな時間帯で、ほぼ満席だった。前の端の方の席がなんとか取れた
という状態だった。

オフィシャルサイト

■鑑賞日:2009年12月16日

■観賞場所:チネチッタ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【MOVIE】インフォーマント!

2010-11-03 18:19:55 | MOVIE
■感想など:

自社の価格操作に関する不正を内部告発する男ウィテカー(マット・デイモン)の話。

実話を元にした話ということらしく、社会派の要素もあるため面白そうだと期待
して観ては観たのだけど、途中から話の展開がよくわからなくなりうかつにも
少しウトウトしてしまった...。

会社の不正を暴くというのが主題だと思っていたけど、途中から本人の悪事が
明らかになって来て、そのうち彼の言っていることが事実なのか妄想なのかすら
もわからなくなってきた。

この映画に関しては、事前の予習をもうちょっとしておいた方がよかったかなあ。

オフィシャルサイト

■鑑賞日:

■観賞場所:109シネマズ 川崎
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【MOVIE】なくもんか

2010-11-03 18:19:30 | Weblog
■感想など:

阿部サダヲ主演。下町の商店街で暮らす裕太(阿部)と、売れっ子漫才コンビ
金城ブラザーズの片割れ、祐介(瑛太)が実は幼い頃に分かれた実の兄弟
だった、という話。

舞妓haaaanが結構面白かったし、今度は竹内結子なんかも出演していると
いうことだったので結構楽しみにしてたんだけど、それほど面白い!という
感じでもなかったかなあ。阿部サダヲなら何でも面白い、というわけにもいかないしね。
ストーリー展開もいまいち乗れなかった。

予告にも出てたいしだあゆみが実は一番面白かったかも。

■鑑賞日:2009年12月3日

■観賞場所:チネチッタ
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

【MOVIE】クリスマス・キャロル

2010-11-03 18:19:15 | MOVIE
■感想など:
人生初IMAX 3D!

映画の内容よりも、3D映画というものに興味を持ち、観にいってきた。
なんとなく、実写ものよりもCGの方が3Dの効果が表れやすそうな感じが
してたので、どんなもんかと気になってた。

3D用のごつい眼鏡がいわゆる片側赤、片側青のものではなく、ほんとに
こんなんでちゃんと観えるのかと不思議に思ったけど、観始めたらその
心配は全く不要だということがよくわかった。前後の奥行きがはっきりして、
画面から飛び出してくる感じがはっきりわかった。

内容のほうでは、各キャラクターが本人に似てたのが面白かった。コリン・
ファース
とか、ゲイリー・オールドマンなんかはそっくりだった。そういえば、
主役のジム・キャリーはわかりにくかったけど、よくみたら似てた。

お話そのものは、いかにも昔の名作、と言う感じだった。

オフィシャルサイト

■鑑賞日:2009年11月29日

■観賞場所:109シネマズ 川崎
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【MOVIE】曲がれ!スプーン

2010-10-26 00:16:14 | MOVIE
■感想など:
笑わせていただきました。

長澤まさみ主演。テレビ局で超常現象を扱う番組のADを勤める米(長澤)が、
超能力者を探すために全国を駆け回る中で、本物の超能力者たちがたむろす
喫茶店「カフェ・ド・念力」にたどりつく。

なんとなくゆるーい感じの作品かと思ってたけど、本広克行監督の映画だって
知ってがぜん見方が変わった。

監督が今まで関わってきた映画に出演してた人たちがちょいちょい出てきてたのも
うれしかった。

そして、かなり笑わせていただきました。映画館で声出して笑ったのってあんまり
ないよなあ。周りでも声出して笑っている人が結構いた。

観る前の期待度からすると、かなりお得な気分。

オフィシャルサイト

■観賞日:2009年11月25日

■観賞場所:TOHOシネマズ 川崎
コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

【MOVIE】イングロリアス・バスターズ

2010-10-26 00:16:00 | MOVIE
■感想など:
返金はしなかった。

クエンティン・タランティーノ監督、ブラッド・ピット主演作品で、ナチ占領下のフランスで
繰り広げられる一人の女性の復讐と、レイン中尉(ブラピ)率いるバスターズによる
ナチス殺害という二つのストーリーが、パリで行われるドイツ映画のプレミア上映会を
きっかけに絡み合っていくという展開。

昔から何となくタランティーノ監督の映画はそれほど相性がよくなく、面白いと思って
たのは「デス・プルーフ」ぐらいだったんだけど、この映画は結構面白かった。

実際の歴史をベースにしながらも、ストーリーは完全に作り話なので、実際の戦争に
あまり詳しくない人でも十分楽しめるんではないかな。

女優のハマーシュマルク(ダイアン・クルーガー)と合流予定のバーにいたマスターの
人。名前は知らないんだけど、ドイツが絡む映画ではほんとよくみかける。

オフィシャルサイト見て初めて知ったんだけど、ナレーションはサミュエル・L・ジャクソン
だったんだ!

オフィシャルサイト

■鑑賞日:2009年11月23日

■観賞場所:チネチッタ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【MOVIE】風が強く吹いている

2010-10-26 00:15:35 | MOVIE
■感想など:

知り合いに勧められて観にいってきた映画。
青春スポーツ物ということなので、ありきたりな感じなのかな~
と思ってたけど、観てみたら意外に面白かった。

林遣都の背筋をまっすぐ伸ばして走る姿が美しかった~。
もしかして、陸上やってたのかな。

風邪を押して走った神童(杉山)が倒れた後、布団で泣きながら
親と話すシーンはこっちまで泣けてきた。

小出恵介はなよっとしたイメージがあったけど、ずいぶん
男らしくなったね。

オフィシャルサイト

■鑑賞日:2009年11月22日

■観賞場所:チネチッタ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【MOVIE】マイケル・ジャクソン THIS IS IT

2010-10-26 00:15:20 | MOVIE
■感想など:
マイケルってすげー!

実は、この映画観るまで特にマイケルのファンというわけでもなく、
彼の持ち歌の何曲かを知っている程度だったのだけど、観終わって
完全に印象が変わった。

今まで、マイケル・ジャクソンってあまりいいイメージを持って
なかったけど、すごい人だね。パフォーマンス自体もすごいけど、
彼の音楽に対するあの真摯な態度に驚いた。

それにしても、50歳だってのにあのカラダのキレは見事だね!

オフィシャルサイト

■鑑賞日:2009年11月10日

■観賞場所:チネチッタ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【MOVIE】きみがぼくをみつけた日

2010-10-26 00:15:01 | MOVIE
■感想など:

エリック・バナ、映画で観たの久しぶりな気がする。

タイムトラベル、ラブストーリー。それぞれどちらもよくありそうなテーマな
気がしていたので、それほど期待はしてなかったけど、意外に面白かった。

タイムトラベルする時間も場所も自由に選べないという制約が、逆に話を
面白くするんだね~。

オフィシャルサイト

■鑑賞日:2009年11月1日

■観賞場所:チネチッタ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加