ここあコテージ

風景、鳥、畑、クラフト、ハンドメイド「みつより」情報など発信♪

あずきバーのリメイクお汁粉

2018-11-16 06:21:54 | おいしいもの

昨日は、朝から雨がちでした。
一雨ごとに、冬に近づいていますね。

北海道では、1ヶ月も遅い初雪が降ったとか。

今年は、暖冬傾向だそうですが、
北日本(北海道と東北北部)は、平年並みだそうです。
それでも、北海道の雪もかなり遅かったのだから、
こちらも暖冬の影響は、少しありそうかな。

少しでも暖かいと、嬉しくなります。




さて、我が家は、夏に必ずアイスを多くストックしておきますが、
中でも大好きなのが、井村屋さんの「あずきバー」です。

こちらの夏は、意外と早く過ぎて、
このアイスも4本残ってしまいました。


4本をこうしました。






以前、テレビか何かで得た情報で、
「あずきバーを溶かして、おしるこができる」と知りました。

ストーブの上に置いて溶かしました。




食べてみたら、結構甘い!!

アイスだとそんなに甘く感じないのに、
温まると、かなり差が出るんですね。

こんなに甘いのを摂っていたのかと思うと、
ゾーッとしましたよ。


そこで、お湯割りしようと思いましたが、
牛乳で割ってみました。

小豆ミルクのようで、とても飲みやすく、
おいしくなりました。

急な思いつきだったので、
餅の入らないおしるこになりましたが、
結構いけますよ。

ここに、更に酒粕を加えてみると、
これがまたひと味違って、酒粕好きにはたまりません。


完成の写真を撮り忘れるほど、
おいしかったんですよ。笑


あずき+牛乳はオススメ。

+酒粕は、好みがあるので、ちょっとオススメ程度に
留めておきましょう。





***




教会では、まもなく「アドベント(待降節)」に入ります。

今年は12/2(日)からクリスマス前の24日まで。


この期間、教会ではクリスマスの準備期間となります。
飾り付けをしたり、クリスマス行事の準備をしたり。

また、アドベント期間にも、クリスマスコンサートや、
クリスマス会なども行われます。


アドベント前ですが、私も昨日、教会の飾り付けを
少ししてきました。

一気にクリスマスムードが高まって、
ああ、またこの季節がやってきたなあ・・・と実感しました。






ここあでした。
コメント (5)

ハンドベル練習開始

2018-11-15 06:07:15 | 教会

昨日から、子供たちのハンドベル練習が始まりました。
ハンドベルというか、「ミュージックベル」ですが。

うちの教会には、トーンチャイムはありますが、
ハンドベル(本物ではありません)はありませんでした。
教会員の方からの献品です。

(トーンチャイムの方が扱いにくいので、
子供たちにはハンドベルがいいです。)



ベルの一部です♪


今回、初めて演奏する子供たちだということと、
練習時間があまりないので、
簡単で、よく知っている歌にしました。

「おめでとうクリスマス」
(「We wish a merry christmas」です。)


初めは、ハ長調の楽譜でしたが、
昨日の朝確認したら、高い「ファ(F)」のベルがないので、
慌ててヘ長調に変えました。(


私も久しぶりのハンドベル指導です。

当日の発表でうまくできることも大切ですが、
クリスマスの意味とか、どんな心で演奏するのかとか、
練習中に協力してできるかとか、
その事が大切だと思うので、適切に指導できるように
と願っています。


発表まで約1ヶ月。
大敵は、インフルなどの風邪です。




***




昨日の午後、突然、北海道在住の牧師ご夫妻が
青森に来ておられるというので、
私たちの教会にも来て下さいました。

私は実に20年以上ぶりにお会いしましたが、
70代のご夫妻にも関わらず、全然変わらず、
とても、とてもお元気でした。

なんと!
北海道から鹿児島まで、
車(軽ではありませんが、小型です)で
一周して来られた途中だったそう。

驚いてしまいました!

70代で、1ヶ月で日本中周る!!
(車中泊だそうですよ。


私には考えられません。
牧師さんは、私たちにもオススメされましたが、
丁重にお断り致しました。笑


そのバイタリティーはどこから?!
うらやましい限りの体力、気力です。





ここあでした。
コメント (4)

和菓子屋の洋風お菓子

2018-11-14 06:59:09 | お店紹介

先週の事です。

弘前に仕事の用事で出かけたノブさんが、
帰りにお土産を買ってきてくれました。


(画像をお借りしました。)
昔から市民に愛されているお店。
和菓子屋「しかないせんべい」さん。




買ってくれたのは、せんべいシュークリームです。



シュー生地に、煎餅の生地を使っているとか。
黒ごまとピーナッツの2種類で、シュー生地と
カスタードクリームにも、ごまやピーナッツが
練り込まれています。

甘過ぎず、香ばしくて、おいしかったです!
土曜日だけの限定商品だそうです。


(画像をお借りしました。)
ちょうど、お店のお祭りをしていたらしく、
お店の前で、煎餅汁の振る舞いをしていたので、
食べて来たようです。



煎餅汁とは、本来、八戸のB級グルメで有名で、
南部煎餅を鍋の具材として入れた、珍しい食べ物。
鶏肉、きのこ、ゴボウ、ねぎなどと一緒に煮込みます。

津軽地方では、あまりたべられませんが、
しかないさんでは、煎餅専門店なので、
このたび、初めて振る舞ってみたようです。

ノブさん、とてもおいしかったと言っていました。


このお店は、和菓子屋なのに、
洋菓子風のお菓子も多く、


(画像をお借りしました。)
こちらは「らぷる」と言う、りんごが入った
しっとりおいしいお菓子です。

今川焼とマドレーヌが混じったような味と食感。



そして、こんなお菓子も。


(画像をお借りしました。)
栗と豆乳で作られたプリンのようなお菓子。
まだ食べた事がありません。

先日は、季節限定商品のモンブランも人気でしたし、
季節の変わるたびに、新作を出しています。

和菓子も、もちろんおいしくて、
毎月、限定の餅が出されて、来月は、
冬至の22日に、こんな餅が出ます。


(画像をお借りしました。)
柚子が入っている餅。おいしそうです!


そんなわけで、いろんな努力をされていて、
すばらしいと思うお店を紹介しました。

場所は、弘前市新寺町。
作家・太宰治の母校でもある弘前高校の近くです。

市内の方々、お近くの市町村の方々、
是非、一度お出かけ下さいね。
(通販もできます。検索を!)


今日の午後は、子供たちのチャペルタイムで、
私がお話します。
そして、いよいよハンドベルの練習が始まります。
曲は、「おめでとうクリスマス」。

日本語で言うと何の曲かと思われそうですが、
英語だとわかりますよ。

We wish a merry christmas.



ここあでした。
コメント (2)

収穫と畑の秋&ハクチョウ

2018-11-13 07:05:50 | 

昨日はお休みの日で、畑に行きました。

午前中は、雨が降らず、天気がギリギリセーフ。
午後から本降りになりました。


今回の畑の作業は、簡単な片付けと、
キャベツと里芋の一部収穫です。




キャベツは、膨らみ過ぎて、とうとう爆発!
下部に少しだけ虫食いがありますが、無問題です。
防虫ネットと寒くなってきたおかげで、
虫もこの程度で済みました。感謝!

「爆発」は、適期を逃したからですが、
これを放置すると、やがてここから花芽が出てきます。
そうなると、固くなって、おいしくなくなります。

キャベツは、あと1個残っています。



そして、里芋も。



里芋と里芋の間の穴が、今回の収穫跡です。


1株から30個以上は穫れますが、
今回は、1個が大きめで、20個くらい穫れました。



泥付き。家に持ち帰って、少し乾燥させてから
保存しておこうと思います。

11月末に畑を返還するギリギリまで、
収穫を延ばしています。



こちらは、枯れた菊芋の株。



枯れたら収穫適期です。
今回は、収穫しませんでした。次回かな。
初収穫なので、楽しみです。



***




畑は自然豊かな里山のような所にあって、
我が家から、片道30分かかります。
なので、いつもドライブ気分で行っています。






小雨も上がり、午前中は青空も出ました。




畑の奥には松並木があり、その反対側には雑木林があります。



急に日が入り込み、霞がかかったようになりました。





この雑木林は、今年の台風の威力で、
倒木が多く、通路にも大きな木が数本倒れ、
通りにくくなりました。

今までは、作業後少しの間、鳥見を楽しめましたが、
これからは、倒木の為に、あまりできそうもありません。






雑木林の中の木々を少し。




どんぐり(種類はわかりませんが)が生りそうな木。
種類はわかりません。紅葉がきれいでした。




小リンゴです。ここにあったとは知りませんでした。
葉がなくなり、実だけ残って気づきました。
食べられますが、渋いと思います。
こんなに実があるのに、小鳥があまり来ません。
好まないのでしょうか?




ノイバラの実。春には強い香りの真っ白なバラが
たくさん咲いています。

ノイバラは、いろいろなバラの接ぎ木の
台木として用いられるので、貴重だそうです。
県内の野原には、どこでもたくさんあります。





この松の木でよくアカゲラを見ます。
この松の木の穴は、アカゲラがあけた証拠です。
巣にするのでしょうか。




こうして散歩していたら、小鳥の群れが!

エナガでしたが、じっとしていないので、
全然撮れませんでしたし、
すぐに群れで飛んで行ってしまいました。

あー、残念!




***





帰り道、大きな沼の対岸に、
たくさんのマガモの群れを発見したのですが、
私のズームレンズ(300㎜)では遠すぎて無理。

諦めていた時、クークーと鳴き声が!


見上げたら、ハクチョウの群れが飛んで来ました。




来た、来た! 初めは並列。




私の真上に来た頃にはV字に。








オオハクチョウか、コハクチョウかわかりません。





この沼に降り立つのかと思っていたら、





あっという間に去って、恐らく田んぼに下りたと思います。

同じ群れかどうかわかりませんが、
沼からの帰り道、田んぼにたくさんのハクチョウが、
えさを食べていました。


家に戻り、確認しましたが、
恐らくコハクチョウではないかと思いますが、
くちばしの角度が微妙で、はっきりとは言えません。
(くちばしの黄色の大きさでわかります。)


午後から大雨になってしまいました。
ちょうど良い時に、畑作業ができて、
ハクチョウまで見られて、感謝、感謝。





ここあでした。
コメント (4)

公園で遭った生き物たち

2018-11-12 06:50:43 | 生きもの

昨日の記事の続きです。

公園は自然豊かなので、
あちこちから鳥の声が聞こえてきます。

シジュウカラなどのカラ類が多かったですが、
たまに甲高い声が聞こえたり、聴いた事がないような
声も聞こえてきます。


先日もアップしましたが、ボート乗り場のある
西堀には、この日も鴨がいましたが、
先日居たハシビロガモたちはどこにも姿はなく、
移動してしまったようです。


いつもいるカルガモが50羽以上。
人馴れしているので、逃げません。



堀に浮かぶ鴨たちも多いですが、
少し寒かったせいか、丘に上がって
ひなたぼっこしている鴨たちが多かったです。
遠くから見ると、横並びのお団子のよう。



しばらく歩いていたら、突然たくさんの小鳥。
見ると、スズメたちでした。



普段、あまりスズメを見ない方のために、
スズメは、頬にポチっと黒のマークがありますよ。
個体差だと思いますが、この子のは
ハート形に見えませんか?




寒いので、夏よりも体を丸めています。
ふくらすずめ。

こちらは人を警戒しているので、
近寄ると、すぐに飛び立ちます。


西堀に、「主」のようにしてずっと長年いる



鯉たち。





色とりどりの鯉が、一体何百体いるのだろう?


こちらは別の堀。



小さめの鯉がたくさんいます。

お城の堀に鯉、似合いますね。



またしばらく行くと、久しぶりの鳥が。



ダイサギです。




公園内のどこかに必ず1羽います。
同じ個体かも知れません。
去年も一昨年も見ました。今年も元気で良かった。




目の切れ込みが長いです。
もう少し短いと、チュウサギらしいのですが、
まだチュウサギに会えていません。
(見たのに、区別できなかった可能性も。)




この子、全然逃げません。
やはりこの公園や人に慣れているようです。
リラックスして、片足で寝ていることもあります。



***



この日、突然公園に行こう!ということで、
ランチをどうするか考えましたが、
結局、焼きたてのパンがあったので、
それを持って行く事に。




家で食べるつもりで、ちぎりパンのようにして
くっつけて作ったのに、結局、公園に持参することになり、
ちぎって持っていったという・・・。
初めから個別に丸形にすべきでした。笑

たっぷりのクルミが入ってます。


公園のベンチにすわり、
自販機にあった、温かいコーンスープを買って、
二人で食べて、更に歩きました。

(娘はこの日、小麦粉なのに、パンを食べました。
他に持っていくご飯がなかったので、仕方なく。)



ここの公園の人気のスポットでしめくくります。




桜の枝と枝が重なって、ハート形になっています。
曇っていたので、写りはイマイチですね。暗い。

ここでちょっとアクシデントがあり、
早々に引き返さなくてはならず、
調節して撮り直す暇がなかった。💦


ここは、春は桜のピンク色、夏は葉の緑色、
秋は紅葉のオレンジ色のハート形が楽しめます。

ここは誰が発見したのか、すごいですね。



菊人形が展示されている植物園はもっと華やか。
今回紹介しなかった有料区域(お城のある本丸)など、
まだまだ見所満載の公園です。


加えて、いい運動になりましたよ。


今日も畑に行きます。
作物は、里芋とキャベツのみになりました。




ここあでした。
コメント (2)