すーさん

「すーさん」の魚釣り日記です。
日帰り温泉の入湯や麺類の食べ歩き日記等もゆっくりとご覧ください。

極濃拉麺 らーめん小僧

2016-03-31 | ラーメン

大阪市福島区福島3丁目にある「極濃拉麺 らーめん小僧」で昼食

場所は新福島のラーメン密集地帯の細い路地裏にある。

近くには大行列の「三く」もある。

「極濃豚骨らーめん750円」を注文した・・・↓

特筆すべきは、兄妹で切り盛りするこのお店のラーメンスープにある。

奈良の「無鉄砲」や「まりお流」を彷彿させる濃厚なスープは、まるでカルボナーラの様相

週刊大衆などの雑誌やラーメン本、テレビなどでも良く紹介される隠れた名店でもある。

週刊大衆の紹介記事がコチラ・・・↓

PS.コンビニで販売されている「らーめん小僧」のカップ麺発見・・・↓

 

コメント

そば処 三日月

2016-03-21 | そば

兵庫県佐用郡作用町乃井野の「味わいの里」にある「そば処 三日月」で昼食

まずはメニューから

「とろろそば925円」

「焼味噌付おにぎり155円」を注文した・・・↓

蕎麦はつるつるしこしこの二八蕎麦と思われるが、少し硬い目の湯で加減がとても歯触りとのど越しが良く、つゆも甘さ濃さに返しも効いてちょうどよい感じ・・・

とろろは実に粘りの強い自然薯で、汁に入れて伸ばすのに一苦労。

蕎麦の実が入ったおにぎりに生姜と柚子の効いた焼き味噌を付けて食べると実に幸せな気分になること間違いなし・・・

コメント

湯郷温泉 湯郷鷺温泉館

2016-03-21 | 温泉

岡山県美作市湯郷にある「湯郷温泉 湯郷鷺温泉館」に立ち寄った

三段に分かれた七つの露天風呂が圧巻のこの温泉は、観光客で常に賑わう。

内湯も総檜風呂やジェットバス、高温サウナなど数多く楽しめる。

泉質は極めて普通の塩化物泉で入湯料金は600円。お勧め度は〇

近くには足湯や・・・↓

地元客優先の療養湯「村湯」もある・・・↓

コメント

上齋原温泉 国民宿舎 いつき

2016-03-21 | 温泉

岡山県苫田郡鏡野町上齋原にある「国民宿舎 いつき」で入湯

鳥取県倉吉市から人形峠を越えてすぐのところにあり、奥津温泉の北隣に位置する。

館内の温泉施設がコチラ・・・↓

すっきりとした内湯、露天岩風呂、サウナなどシンプルであるが、アルカリ性単純温泉が体を癒してくれること間違いなし

 

コメント

上齋原温泉 クアガーデン このか

2016-03-20 | 温泉

岡山県苫田郡鏡野町上齋原にある「クアガーデン このか」に入湯

国民宿舎いつきに併設されたこの施設は、プールゾーンもあり、1階の「岩井の湯」と2階の「森の湯」が男女日替わりで楽しめる。

入湯料金は風呂・プールともに600円でセットなら1000円になる

国民宿舎に宿泊すると無入浴券が付いてくるのも魅力的

 

 

コメント

三朝温泉 株湯・河原風呂・たまわりの湯

2016-03-20 | 温泉

鳥取県東伯郡三朝町にある「三朝温泉」に数十年ぶりの湯巡り

三朝温泉は、世界屈指のラジウム温泉と言うことで期待が高まる

まずは、三朝温泉発祥の場所「株湯」から・・・↓

湯舟は5~6人も入れば満員となり、浸かれば体か真っ赤っかとなるほどの鳥取温度言われる46℃前後の高温で、ひとまず先制パンチを食らった👊

歴史認識の為にはぜひ訪問すべし公衆浴場であった・・・

入湯料金は300円、お薦め度は◯

隣の飲泉場がこちら・・・↓

続いて株湯の足湯がコチラ・・・↓

建物の中はこのようになっている・・・↓

続いては、株湯から徒歩5分のところにある無料の公共露天風呂「河原風呂」に入ろうとするが・・・↓

人が多く、若い女性が堂々と入っていて、ここはパスすることに・・・。

河原風呂の隣にも足湯がある・・・↓

そこから約1分で公衆浴場「たまわりの湯」に到着・・・↓

早速、入湯してみることに・・・。

たまたま誰も居なかったので、中の様子をパチリ・・・↓

株湯と違って、少し温い目のいい感じの風呂であった。

源泉の成分は、弱放射能-ナトリウム-カルシウム・炭酸水素塩泉と実に素晴らしい泉質。

入湯料金は500円。お薦め度は◯

近くには岡山大学医学部の「ラドン熱気浴施設」という変わった施設もある。

三朝温泉には数十件の旅館やホテルが立ち並び、その内18の旅館では、500円~1500円で日帰り入浴が楽しめるとか

コメント

千本本陣

2016-03-20 | そば

兵庫県たつの市新宮町千本の「千本本陣」で昼食

西播磨の宿として栄えた「千本本陣」をそのまま蕎麦屋としてオープンさせた広大な建物に圧巻される。

玄関に下げられた提灯も昔のまま・・・↓

玄関入口を入り土間で靴を脱ぎ、客室へと案内された。

案内されたのは、南西奥の炬燵の座卓・・・↓

数多くの部屋には椅子席の炬燵や普通の炬燵がぎっしりと並んでいた。

まずは、メニューから・・・↓

私と里やんは「山かけ蕎麦1400円+追加そば400円」を・・・↓

塚ちゃんは「投汁蕎麦1300円」を注文した・・・↓

茨城県産の極細のニ八蕎麦は少し柔らかい目の茹で加減であるが、滑らかでつるつるしこしことした舌触りで、全員が一気に食べてしまう美味しさ。

地元の自然薯を使ったとろろも粘りが強く、蕎麦湯に汁と一緒にかき混ぜて何杯か戴くと、お腹が満腹に

西の庭園には終わりかけの梅や満開が近い桃の木が何ともいい感じである。

母屋の東隣に蔵があり・・・↓

骨董品が販売されている・・・↓

思わず蕎麦汁入れの壺を買ってしまった。

コメント

姫路市はやしだ交流センター ゆたりん 2

2016-03-19 | 温泉

兵庫県姫路市林田町口佐見にある「はやしだ交流センター ゆたりん」に入湯

前回訪問してから約7年半ぶりの訪問ということにまず驚いた

こじんまりとした内湯、露天風呂、高温サウナなど、実にシンプルな施設である。

夕方は姫路駅南にある居酒屋「楽歳」で姫路おでん、イカナゴ新子などで乾杯🍻

コメント

長浜ラーメン 長浜一番 2

2016-03-19 | ラーメン

京都府福知山市上夜久野町にある「長浜ラーメン 長浜一番」で昼食

三連休の初日のお昼と言うことで、待ち客の予想をしたが、以外と空いていて、並ぶことなく店内に・・・。

私も里やんも前回と同じく「ワンタンメン700円」を注文した・・・↓

コメント

清丸 37

2016-03-19 | 魚釣り

京都府舞鶴市白杉港から「清丸」「まっさん、里やん」と午前5時過ぎに出船した

心配された雨も大したことなく、風も穏やかでベタ凪の中の出船。

今年初の日本海でのメバル釣りに期待が掛かる。

まず最初は春先に実績のある絶好のポイントで、水深は約20メートル。

釣り開始から30分間シラサ海老の餌やサビキ仕掛けでやってみたが、潮が動いていないのと魚影が薄いためか、釣れたのはミニガシラ数匹。

このポイントは諦めて、栗田湾の漁礁へと移動。

このポイントでも先程と同じく、ミニガシラが数匹。

今年は、一体どうなっているのかと何度も場所移動を重ね、ようやく20~25cmの黒金メバルをゲットした。

その後、少し沖の深場へと移動し、鰯やイカの切り身を餌にまずまずのアコウ、ガシラをゲット。

途中、凄い引きを楽しませてくれた巨大な草フグ君にめげず昼前まで頑張ったが・・・、

釣果の一部はご覧の通り・・・↓

結局、この日の4人の釣果は、28cmまでのアコウ、メバル、ガシラをリリースを含め約40匹と惨敗に終わってしまった 

コメント

中華料理 大貫 本店

2016-03-10 | ラーメン

兵庫県尼崎市神田中通にある「中華料理 大貫 本店」に立ち寄った

中華そば最古の店と言われているこのお店は、大正元年創業。
店内は左右に分かれた4人掛けテーブル7卓だけのすっきりとした配列で、少し日本語が辿々しいおばちゃんが、お水を持って注文を聞きに来るシステム。

中華そば850円に・・・↓

ミニ焼飯・・・↓

が付いた定食1300円を注文した。
出てきた中華そばは中太麺で、鶏ガラと豚骨で取った醤油スープと分厚い豚バラチャーシューが3枚にやや大きいメンマ、キクラゲがたっぷりと入っていて、見た目よりもボリューム感があり、昔懐かしの味わいと言うより、昭和後期の人気のラーメンと言った感じ。
例えれば、大阪梅田の阪急三番街にあった老舗店「ラーメン北斗」の醤油ラーメンの元祖的な味わいか?
炒飯はチャーシューを煮込んだ醤油ダレが染みてとても香ばしい。

コメント

ヤザワ渡船ネレウス 21

2016-03-05 | 魚釣り

大阪南港から「ヤザワ渡船」「谷ちゃん、里やん」と午後4時半に出船した

ポイントの神戸空港へは、5時過ぎに到着。

ここ3日間は爆釣していたので期待が高まる。

昼間は春の陽気で夜も暖かかったが、西風とうねりが邪魔をする。

全体的にどのポイントでもパラパラ釣れるといった感じ・・・。

私の釣果の途中経過がコチラ・・・↓

午後9時半の納竿までに3人でメバル15~27cmを34匹にガシラ23cmまでを10匹と普段通りの釣果に終わってしまった。

これで竿頭とは少々寂しい気もする。

(ヤザワ渡船HPより・・・↓)

私と・・・↓

里やん・・・↓

今年のイカナゴの解禁が3月7日と遅れていることから、3月の中場から後半にかけて期待できそうである。

コメント

尊鉢らーめん

2016-03-02 | ラーメン

大阪府池田市菅原町にある「尊鉢らーめん」で昼食

場所は阪急池田駅から南東へ徒歩2分。

夫婦二人で切り盛りするこのお店は、カウンター5席と奥に4人掛けと6人掛けのテーブルがある。

随分と久方ぶりではあったが、熊本ラーメンと・・・↓

ミニチャーハンのセットを注文した・・・↓

少し硬い目のストレート細麺にマー油の浮いた豚骨スープがよく合う。

やや大ぶりのチャーシューとしゃきしゃきもやし、きくらげも中々いける。

 

コメント