明日を信じられる時代になって欲しい。日常の活動日記

時事ネタ 京都 散策 歳時記 花見頃など

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

放射能完全除去技術は、こんなに有る!

2013年08月03日 23時31分59秒 | Weblog

放射能完全除去技術は、こんなに有る!

(56歳からのモーグルチャレンジ!)より

今さら!
・・という感じで、
福島原発のメルトスルーによって放射能汚染された地下水
が海へ流出し続けているというニュースが
日本中をかけ巡っています。

本当に、何を今さら・・!!
という感じですが。。。



既に、福島原発事故(テロ)があった後、
すぐに
京大原子炉実験研究所の小出裕章助教授は、
溶けた核燃料によって放射能汚染された地下水が海洋に流出する可能性を示唆し、

1)炉心冷却等による放射能汚染水は、巨大なタンカーに隔離・貯蔵し、 一杯になったら、世界最大の放射能濾過施設をもつ狩羽先原発へ持って行き、そこで処理すべきこと。
2)放射能汚染された地下水の海洋流出を防ぐため、1~4号炉全てを囲うロの字型の遮蔽壁を地下に造るべきこと。

・・が急務であることを政府はじめ関係省庁に訴え続けてきました。
  ▼

http://www.youtube.com/watch?v=4gYpai5e3O8


このblogでも何度か紹介しましたが、
放射能(放射性物質)を除去あるいは無害化できる技術は
既にいくつか現実にある様です。


例えば一般財団法人テネモス国際環境研究会の飯島式による、
汚染水の浄化や、汚染土壌の浄化方法の有効性は、
既に3.11が起きてからわずか一ヶ月後に確認されている訳です!
http://ai-yuuki-kansha.com/tenemos/index.php?shiken


また、水に特殊な振動を加えながら電気分解することで得られるHHOガス(オオマサガス)発生装置に放射能汚染水を入れて処理したところ、おおまさガス振動発生装置でセシウムがバリウムに!無害化に成功!との報告もあります!

そして、ケッシュ財団は、既に昨年2012年11月02日に、放射性物質を重力地場で封印する技術を日本政府に対して供与しています!
http://www.youtube.com/watch?v=jQzQuRIH1xo


当然、飯島さんの(財)テネモスにしても、オオマサガスの日本テクノ(株)にしても、当然、検証した実績をもとに日本政府にアプローチしていることは、まず間違いないことでしょう。

しかし、なぜか日本政府も官僚も、これらの技術を一切、国家ぐるみで、握りつぶしている様です。

日本の政治家達と官僚組織が、実質、エネルギーメジャーの傀儡にすぎないことが、ここからも自ずと証明される訳です。


さて、今日は、以上の3つの他に、
MMSMineral Miracle Supplement)で知る人ぞ知るジム・ハンブル氏が、
「水と汚泥と土から100%近い状態で放射能の除去が可能」であり、
 しかも、
「それらは、金やレアメタルやダイヤモンドに変わる」という驚愕の放射能除去技術を実践するための組織を立ち上げた、との情報が!!!


ケッシュの技術は、重力と磁気の関係を解明し、物質、半物質、暗黒物質のいずれもプラズマ的な動的システムであることを解明することで、物質とエネルギーと重力の生成とコントロールを可能にした、と主張しています。
もっと判りやすく言うと、
ケッシュは、物質とエネルギーと重力磁気の謎、メカニズムを解明したので、物質とエネルギーと重力を自由に創り出し、あるいはコントロールことが出来るようになった
と主張している訳です。


これを昔風に言うならば、錬金術(つまり元素転換)も可能になった!と言っているのです。
自由に水でも食糧でも創り出すことが出来る! と言っているのと同じです。
重力をコントロールし、光の何倍ものスピードで安全に移動することが出来る、そして、完全クリーンなエネルギーを空間から自由に取り出せる!・・と言っている訳です。
そして、同じ原理を用いることによって、放射性物質を恐らく別の安全な物質に元素転換できる、ということなのです。

ジム・ハンブル氏の技術も、「放射能を取り除くことで、金やダイヤモンドに変わる」と言っているのですから、当然、元素転換と考えられます。

オオマサガス発生装置でも、セシウムがバリウムに変わったのですから、元素転換です。

おそらく、テネモスの微生物を活性化させる技術も、同じ原理が流れているハズです。


・・・つまり、時代は今、人類は自由に元素転換する技術を手に入れた! ・・ということなのです。

たまたま、バラバラな技術が、元素転換=錬金術によって放射能を除去することが出来る、と主張している訳です。


重要なのは、単に主張しているダケではなく、
実際に、放射能を除去するために
具体的技術を提供することが出来る、
という事実です。

しかも、
おそらくそのためにかかる費用は
これまでの常識から比べれば
「驚くほど少ない!」
のではないか、と私は推測する訳です。

ついでに言えば、
ケッシュのテクノロジーが実用化されれば、
今、どうしようも手のつけようがない福島原発の核燃料さえ、
無害化できるハズです。



以下、「大摩邇(おおまに)」さんblogより転載紹介です。


***************************

<転載開始>

MMS(Mineral Miracle Supplement)では、あまりにも有名なシム・ハンブルですが、実は放射能というか原爆に関しても、プロ中のプロだそうです。
先日、テレビで、全漁連 http://www.zengyoren.or.jp/ の方が、放射能高濃度汚染水を海に投棄されて困っているというニュースを見ました。
東京電力も廃棄したくて廃棄しているわけではないのででしょうが、確かに、環境破壊であり、事は深刻であると思いました。
そんなとき、Jim Humbleのホームページを見ました。
非常に衝撃的なこともかかれていますが、必見です。本当かな?とも思いましたが、赤十字と共同で臨床をしているような人が冗談でこんなことを言うとは思えません。
ご参考まで。
http://www.jimhumbleasia.org/
http://www.jimalchemy.com/


<リンク先より>

Jim Humble 来日記念講演
Jim Humble 氏が、初来日いたします。
 
副題ー医薬品や病院などに殺されないために。という内容でのお話をされます。同時に、環境破壊から地球を救うために、放射能除去技術の技術を日本に紹介するために来日されます。
 
現代医療の発展は素晴らしく私達は多くの恩恵を受けています。
しかし、同時に、どこかで、医療のモラルが崩れ、『医療とは病を治すもの。』という最も大切な基本の考え方から、『お金儲け。』の武器に変わってきているのも事実です。
このような状況の中、患者は、自分自身で自分の身を護らなければなりません。そのためには、どうするべきなのか?というお話を予定しております。放射性物質の汚染水や除去をご希望の方は、是非、ご参加ください。

Jim Humbleが放射能について考えて下さいました。
ジム ハンブルは、MMSの開発者であり世界の医療に対して大きな貢献をなさった方として大変有名です。  
しかし、Jim Humble Asiaでは、あえてこの場ではMMSについては、Red Crossがおこなった正式な臨床試験以外は触れません。 
 
Jim Humble 快挙!Red Cross マラリア臨床試験に成功! 


Jim Humble Asiaは、現在の日本や近隣諸国にとって大変、大切な行動である放射能除去についてのみフォーカスして行動していきたいと考えています。
 
2011年の3月放射能の問題が発生したときに、Jim Humble Asiaでは、すぐにジムに電話をしました。 
そして、ジムに頼みました。
 
『もし、放射能を除去できる方法があったら、教えていただきたい。』
 
すると、ジムはいいました。
 
『非常に簡単だよ。もう、何十年も前から放射能除去ができることは知られていることだ。水と汚泥と土からすべてに近い状態で放射能の除去が可能だ。しかも、それらは、金やレアメタルやダイヤモンドに変わる。所謂、錬金術だ。放射能をゴールドに変えて、そのゴールドで発展途上国のものを救ったらよいだろう。』
 
当会は、いいました。 
『是非、その方法を教えていただきたい。 』
 
Jim Humbleはいいました。 
『ああ。いいとも。すぐに除去の方法をメールしよう。』
 
そして、その言葉の通り、放射能除去方法が書かれたメールが、すぐに届きました。 
しかも、確かにゴールドに変化させる方法がかかれていました。 
当会は、すぐに、その方法が書かれたメールを知人の政府関係者に送りました。 
知人の政府関係者は、とても喜んでくれました。
 
そのことをジムに伝えると、ジムは、 
『もし、デモンストレーションが必要なのであれば、日本に行って実際にデモンストレーションさせることも可能だ。』 

私は、このデモンストレーションの件についても、すぐに政府関係者に話しました。 

しかし、知人の政府関係者からは、 
『放射能に関係する一切のことには触れないように!しばらく待っていてほしい。』 
というアドバイスを受けました。
 
なぜなのか?と不思議に思いましたが、この知人の顔が異常に悩んでいるような苦渋に満ちていたため、何か一般人には計り知れないような事情があるのだろうと思い知人の言葉の通り待つことにしました。
 
それから約2年。 
私達は待ちすぎるほど待ちました。 
放射能を除去可能な方法を持ちながら、
何もせずに、ただ、手をこまねいて待ちました。 


しかし、もう、ここまで待ったのだから、もう、いいだろうという結論を出しました。
そして、再度、ジムに電話をしました。 
『もう、そのときが来たのではないかと思います。2年待ちましたので、もう、いいのではないか。と判断しました。日本にどのくらいの放射能問題があるのかという事については、あえて問いません。しかし、少なくとも、要請があるのであれば、その汚泥や灰や土地や沼・池・湖などから放射能を除去したいと考えています。ご協力願えますか?』 

彼はいいました。 
『その言葉を待っていたよ。いつでも、準備はできている。』 

そして、当会は動きました。 

当会は、Jim Humbleの放射能除去技術は、非常に尊い技術であると考えます。
 
Jim Humbleが申しているように、これは、まさしく錬金術であり、古の昔より錬金術を夢見て達成できなかった多くの人々にとっては、まさに、夢の達成であるともいえます。 

当会とJim Humbleは、この貴重な技術を普及させるためには、正確な各種データーの取得や論文などの必要性も出てくると考えました。 
そのため、放射能除去専門会社Jimalchemy Inc.を正式に設立いたします。  

Jimalchemy Inc.は、地球を再生させるための準備はすべて完了しています。 
もし、放射能の除去の必要な汚染水や汚染土や汚泥などがありましたらお申し付けください。 
 
放射能汚染水や放射能汚泥や灰からの放射性物質除去に成功しています。
How to easily reduce radiation to zero, and make gold in the process.


Jim Humbleは、長い間、患者のために良かれと思ってしてきたことにより迫害を受けてきました。
 
当会の理事達も同様です。
 
今回のこの放射能除去という行動についても、当然、社会貢献になると考えて私達は行動します。
 
しかし、もしかしたら、私達では計り知れない大きな事情により、私達は迫害を受けるかもしれません。
 
事実、当会理事は、この2年間、子供達の体内から放射能を除去する方法を、提案するたびに迫害
を受けてきました。

ジム ハンブル同様、当会理事達も、ありもしない事柄を並べ立てられ誹謗中傷され続けてきました。
 
しかし、現在、問題になっている放射能汚染水や放射能汚泥・放射能灰!
 
これらを何とかしなくてはならないという使命を当然のことと受け止めるジムとともに、一ヶ所でも多くの放射能問題を解決していきたいと考えています。
 
ジムは、この放射能汚染水や放射能汚泥などから100%近い放射能の除去が可能であるとおっしゃっています。
 
また、同様に、日本の各地で焼却されている放射能汚染がれき!  

・・こういう言い方をすると   『放射能は、全くありません。風評被害がでますからやめてください。』 というお叱りを受けそうですが、放射能があるのかないのか、そして、もし、あるとした場合、その放射能の数値はどのくらいなのかという事実は、専門的なガイガーカウンターやシンチレーションなどの正確な読み方を知らない私達には把握不可能であることは事実です。
 
放射能があるという言葉が風評なのか?
放射能がないという言葉が風評なのか?
当会にはわかりません。
 
しかし、日本の各地に山のように詰まれた焼却がれきである汚泥や灰が存在することは事実であり、もし、そのような汚泥や灰に放射能があるという事実を知っているために、お困りな自治体があるのであれば、放射能除去のためにご協力させていただきたいと考えております。
 
また、同様に幼稚園や保育園など小さなお子様が遊ばれる公園などに放射能があることがわかりながら適切な除去ができていないためにお困りの場合などもお申し付けくだされば放射能の除去をさせていただきます。
 
農作物の土壌や牛や馬などの家畜の放牧地域などの放射能除去も可能です。
 
また、お近くの土地・畑・水・川・湖・池・沼。汚泥・灰などでお困りの場合は、ご連絡をいただければ、ご協力をさせていただきますので、お申し付けください。
 
費用は、交通費や人件費、また除去するために必要な器具類などの実費しかいただきませんので、安心してご相談ください。
 
美しい地球。美しい日本を取り戻すお手伝いができればと、心から当会は願います。

<転載終了>
コメント (7)   この記事についてブログを書く
« 三宅洋平、3年後、当確! | トップ | 京都8月4日(日)の行事 »
最新の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
転載させていただきますU+2734U+FE0E (ルビー)
2014-01-18 10:36:14
はじめまして。 ブログ読ませていただきました。 私もケッシュ財団の協力の申し立ての件は知っていましたが、その他の技術は知りませんでした。今、GREENPEACEにメッセージを書いているところです。急いでいますので、申し訳ございませんがリンクの転載の合否のお返事を聞く前に、記事のリンクを貼らせていただきます。
私なりの解釈の錬金術で、技術を持った方々や世界中にいるGREENPEACE支持者、団体の協力を呼びかけていきたいです。私の経済力では実際に何もかたちにできません。今考えられる自分にできる最善の方法が、素晴らしい自然を育む地球を救いたい人たちの、国や立場を越えた協力を呼びかけてることです。 苦しんでいる被災者の方々、地球を愛する世界中にいる人たちの為にも、早急にことが進むのを切望します。
このブログの記事に本当に感謝致しますU+263B ありがとうございました。 U+2734U+FE0EWORLD PEACEU+2734U+FE0E
野田、安部政権が隠してた理由 (∴ヴォルデモート卿)
2014-11-22 05:20:33
http://news.yahoo.co.jp/list?t=nuclear_power_plant_reoperation

こういうことらしいんですよ。
抗がん剤マフィアも絡んでる
わたしも転載させてもらいますね (∴ヴォルデモート卿)
2014-11-22 05:23:16
まったくひどい話ですよねぇ。。
ケシュ博士の最近の活動。 (∴ヴォルデモート卿)
2015-06-19 15:27:48
これを見てください。
真偽が知りたいので、拡散お願いします。

https://www.youtube.com/watch?t=108&v=nMqmgF9qVVw
Unknown (Unknown)
2016-04-17 10:55:53
妄想患者のブログ?
放射能を減少させる為の案です。 (杉田邦晃)
2016-12-14 01:09:46
これを福島県放射能対策課に送ったのですが!チェルノブイリに上手く送れていないかも知れません。もし宜しかったら送って下さると大変に助かります。{放射性物質を減少させる為の案です。コーカサス地方で1000〜2000年前から飲まれ続けてきた発酵乳『ケフィア』酵母が多いい。酵母は発酵により放射性物質を消し去る為の「酵素」を作り出します。『オリゴ糖』はビフィズス菌を増殖させます。この2つを使って除洗材と光合成細菌などと混ぜ、団子、粉、液体などを作って被災地に放置してみたら如何でしょうか?or可能ならば、まだ放射能を取り除いていない容器の中に入れる。※あくまでも個人的な案です。早いチェルノブイリ、福島県の復興をお祈り致します。}頑張れ、チェルノブイリ、日本。
今世界に必要な技術 (ににぶん)
2018-09-08 18:54:15
この技術が日本で使われるまでわたしは生き延びてみせます!この技術があるとわたしは信じています!

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事