とめどもないことをつらつらと

日々の雑感などを書いて行こうと思います。
草稿に近く、人に読まれる事を前提としていません。
引用OKす。

【脚本案】地上最強対決シリーズ 範馬勇次郎vs江田島平八

2018-11-17 23:40:34 | 脚本
範馬勇次郎「ふん、ここか・・・」
範馬勇次郎は、この平成の世にあるとも思えない、古びた木造校舎の前に立ちはだかった。

・~・~・~・~・~・~・~・~・
教室にて

田沢「今日はいい日和なんじゃが、どうも悪い予感がするのう・・・」
虎丸「やめろ! 田沢、お主がいらんことを言うとろくでもないことが起こるんじゃ! 」

鬼ヒゲ「そこぉー!! 私語はやめんかあー!! 」

虎丸「いや、そんなことを言うてもこれまでの経緯とジンクスからなあ・・・」

鬼ヒゲ「それを大和魂でなんとかするのが男塾の使命じゃろうが! 田沢! 悪い予感があるなら、お前の気合いでこの不穏な空気を取っ払うんじゃー!! 」

田沢「オッス! それでは不肖田沢、九九の唱和をさせて頂きます! 」

富樫「おっ、久しぶりに田沢の九九が聞けるのか」
虎丸「田沢の九九はハリウッド並の感動があるからのうー」

鬼ヒゲ「お前らー!! 敵性文化の称揚はやめるんじゃー!! 」

・~・~・~・~・~・~・~・~・

田沢「九九八十九ッ!!! 」クワッ
虎丸「おういつ聞いてもさすがじゃのう田沢の九九は」
松尾「しかも今日は唱和を完唱できただけじゃなく、三の段まで正しく言えてたっぽいんじゃ」
富樫「うーん、今日は雪が降るか槍が降るか・・・地震でも起きるんじゃねえか? 」

・~・~・~・~・~・~・~・~・
塾長室

江田島平八「ワシが男塾塾長、江田島平八であるッッッ!!! 」クワッ
範馬勇次郎「邪魔するぜ・・・貴様が江田島平八か・・・」
江田島平八「そうじゃが、貴様・・・範馬勇次郎か」
範馬勇次郎「知っているようだな、なら俺の目的は分かるだろう」

座っている席を立ち、下駄と和服姿、両手を互いの袖に通す形で、勇次郎と対峙する江田島平八。

江田島平八「ここは学び舎。お主の注文は断らせて貰おう」
範馬勇次郎「分かっているだろう・・・断る断らないの話じゃねえ、男が二人向かい合って立っているんだ。やることは一つだ。注文をきいてもらおうか・・・」

有無を言わさず、勇次郎が極厚の鉄拳を繰り出す! 
命中して、人に当たったとは思えない打撃音を放った! 
クレーン車から吊り下げた極大の鉄球が、頑丈な鉄の壁に当たったかのような轟音が学舎に鳴り響いた! 

埃が舞った後に見えてきたのは、江田島が半身にし、肩でその拳を受け止めていたのだった。

・~・~・~・~・~・~・~・~・
振動で崩れそうになる木造校舎

田沢「地震じゃあーー!!!!! 」
虎丸「田沢、お主が九九の唱和で三の段まで正しく言うとかいう奇跡を見せるからじゃ! 」
富樫「そうじゃ、田沢、今からでも三の段を間違えて言うんじゃ! 」

・~・~・~・~・~・~・~・~・


範馬勇次郎「ほう・・・噂にたがわず・・・くっくっくっ」
江田島平八「無法者の道場破りに似た来客もよくいるがな、力だめしなら場所を移動するか? 」
範馬勇次郎「ふんっ、お前の力の100パーセントを知りたいからな・・・このボロ校舎じゃあお前も十全に力が出せない、いいだろう・・・」
範馬勇次郎「バキよッ、見ておけ。これから実践でお父~~さんの優しい教育をしてやるからなあ」
範馬刃牙「江田島さん、すみません、初対面でこんな非礼ながら時間を取らせて頂けませんかッ」
江田島平八「いい、いい、息子の方はしっかりしているようじゃな、たまにはいい運動だろう」

・~・~・~・~・~・~・~・~・
校庭にて

範馬勇次郎「最初から全力でいかせてもらうぜ」
江田島平八「御託はいい、さっさと来い」

松尾「何かあったんじゃろうか」
秀麻呂「大変だァー!! 道場破りのようなのが塾長にー!! 」
富樫「ははっ、また腕自慢が来たのか。返り討ちだろうよ。」
虎丸「授業もつまらんじゃろうからて、ちょっと見学に行ってみようかのう」

刃牙「あの男はどれだけ強いのか・・・」

対峙する二人! 狭まる距離、歪む空間! 制空権と間合いが触れ合った! 
ノーモーションで勇次郎が豪拳を繰り出した! 

刃牙「来たッ! 最初から決める気だっ!! 」

勇次郎の拳を、刹那、手をとって、逆関節から投げを見せる江田島! 
(見開き2ページ)

富樫「なっ!!!」
虎丸「なっ!!!」
一同「なにーーーーっ!!!」
刃牙「投げられたッ!! 親父がッッ!!!!」

響く轟音。

松尾「塾長が拳ではなく、投げをっ!!!」
富樫「おい、虎丸、塾長が投げをするだなんて見たことがあるか? 」
虎丸「見たことねえよ。もっともあの人は何でもマスターしているだろうからな・・・投げができる言えば、当然っちゃあ当然だが、しかし初めて見たぜ・・・」

刃牙「ギャラリーの狼狽振りが何か違う・・・親父が投げられたことより、相手が勝って当然だが、投げが珍しいかのように・・・」
刃牙「教育するって言って自信満々だったのに、そこから投げられるとか・・・しかしあの投げは何か特殊だ・・・」

校庭の土に3cmほど仰向けでめり込む勇次郎

江田島「かろうじて受け身が間に合ったようだな」
江田島「しかしそれで終わる貴様でもあるまい」
勇次郎「ふーう・・・堪能したぜ・・・中国拳法の関節技と日本柔道の投げを上手くミックスしたようだな」
勇次郎「それにだ・・・受け身が取れるよう、地面につく刹那、投げで決めていた腕を上にひっぱるお人好しよう・・・まだ食い足りねえ・・・」

雷電「あれは・・・中国梁山極奥義『愚理度満(ぐりどまん)』!!! 」
桃「知っているのか!? 雷電! 」
雷電「ああ、中国の黒龍江省の山奥、鳥我寺の門外不出の奥義で私も伝聞でしか知らないが、対拳闘の際にどのような相手をも異種格闘の混交技で抑え込むと言うものッ・・・! 」

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

中国梁山極奥義『愚理度満(ぐりどまん)』

中国は広く、格闘家が相手にするものは万象に渡る。
様々な流派の拳法、あるいは巨躯の体格や、俊敏な者、毒のあるもの、道具を使うものなど種々様々であった。
そのため、そうした環境に置かれた格闘家達、拳法家達は、ありとあらゆる異種格闘が起こることを想定した格闘技を開発せねばならないことを余儀なくされたことは想像に難くない。
その背景から編み出された秘奥義の一つに、理合いを以て愚を制し、世の中を満たすと言う意味の技「愚理度満」が誕生した。
その型は、一つに収斂されて磨き上げられた技と言うよりも、異種格闘を組み合わせて機転を制すと言う思想に近く、よって一定の型を見ることは基本的にない。
通常に繰り出された技よりも、この思想性を見出すことは困難であろう。
しかしそうした特殊性こそがこの技を秘伝のものとしたことは言うまでもない。

尚、今日の2018年にアニメ制作会社TRIGGERが「SSSS.GRIDMAN」なる映像作品を製作したが、あらゆる状況下で格闘をするということに着想を得てこのタイトルにしたと言うのは関係者の極秘の話である。

民明書房刊「中国拳法は今の日本アニメにどのような影響を与えたか」(P218)より

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
勇次郎が起き上がる。

勇次郎「ふふ・・・愚理度満か・・・」
江田島「中国に渡ったことがあるようだな」
勇次郎「答えなくてもいいだろう。俺たちにとっては肉体の接触だけが会話なんだからな。」

勇次郎が間合いを詰める! 
再び制空権が触れ合う! 

勇次郎のローキック! なんとそのキックの高さに併せ、即座に自分の体躯をしゃがめる江田島! 
勇次郎の足が江田島の頭に触れんとした時、江田島は足を取って裏返そうとした! 

即座に反対の軸足で地面を蹴り、勢いをつけて脱出する勇次郎! 

江田島「今度の技は真正面から受けぬようだな」
勇次郎「這いつくばるのは嫌なんでな・・・それよりも今のは、シャオリーと関節技のミックスだな・・・」

バキ「そうか・・・これが親父の見せたかったことッ・・・! 相手の武術の引き出しから学ぶことかッ・・・! 」
バキ「それと最初の投げをわざと食らったのは、最近は勝つのに飽きたりて、相手の技を受けたいと言うッ・・・」

勇次郎「そうだ、バキ・・・料理も極上の旨さの中に、たまに辛いのや渋いのがあるから美味えんだ・・・人生だってそうだろ? 」

バキ「親父らしいよ・・・俺なんて辛さや渋さしか無かったのに・・・でもそれが極上の旨味と出会う道でもあったような・・・」
コメント

DIOの悩み

2018-10-03 22:49:06 | 脚本
脚本案。
ジョジョの奇妙な冒険第三部でのDIOの独白。

独白のみで画面が一切動きません。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

(1)
ふうむ・・・やれやれと言ったところか。
また写真を撮られ、見られた感覚があった。
世界のどこかで探っているな・・・ジョセフ・ジョースター。

世界に張り巡らせたネットワークからは、
花京院がジョセフ達の仲間になったこと、
承太郎一行が東京から出発したことの情報が入ってきている。

タロットカードで暗示を受けたスタンド使い達は、
ジョセフ達4人以外は全て掌握した・・・。
カリスマ、肉の芽、莫大な報酬・・・

できれば日本を飛び立った後に飛行機事故に見せかけるなどして始末したい・・・一撃で仕留めるためにな・・・
エンヤ婆「ならばタワー・オブ・グレーがいいですじゃ! 」
分かった・・・タワー・オブ・グレーを向かわせよう・・・。

できれば保険をかけたい・・・
エンヤ婆「ならばポルナレフがいいですじゃ! 」
分かった・・・保険でポルナレフを周辺地域に行かせよう・・・

それでも不安だ・・・
エンヤ婆「ならばダークブルームーンがいいですじゃ! 」
分かった。ダークブルームーンも配置しよう・・・

心配が胸をかすめるな・・・
エンヤ婆「ならばストレングスがいいですじゃ! 」
分かった・・・ストレングスもその先においておこう・・・

念の為の方策を置いておきたい・・・
エンヤ婆「ならば呪いのデーボがいいですじゃ! 」
分かった・・・呪いのデーボもシンガポールあたりにむかわせよう・・・

それでも承太郎一行は突き進んでくるかもしれない・・・
エンヤ婆「ならばイエローテンパランスがいいですじゃ! 」
イエローテンパランスを向かわせよう・・・

心配もここまで来ると肩が凝る・・・
まったくジョースターの血統は、私を煩わせるのに一役買うな・・・

本当に愚痴も言いたくなるのは、スタンド使いと言うのは「使いやすくて」「使いにくい」のだ・・・
なぜなら能力の暴露こそが弱点の露出になる。だから誰も連携プレーを望まないし、必然的に個人プレーになる・・・
そもそも二人以上で組ませる場合、カリスマや肉の芽で掌握している奴らならいいが、金で雇うケースは成功報酬の配分が問題になって仲間割れしやすいのだ・・・
あるいはこんな形で直列で防御陣を張っておくと、後発の「始末屋」が先発の「始末屋」を仲間割れで片付ける可能性がある・・・先発が始末したら、後発に仕事がなくなるからだ・・・

誰か・・・誰かいないのか・・・連携プレーを組めるヤツは・・・
そうすれば、スタンドの能力は少なくとも相乗効果を生むケースがある・・・

エンヤ婆「ならばホル・ホースがいいですじゃ! 」
ホル・ホースか・・・自分がNo.2でいいと思っているなら報酬配分にも問題はなかろう。。。
J・ガイルと組ませよう。

しかしまたやはり心配だ。
エンヤ婆「ならばエンプレスとホイール・オブ・フォーチュンがいいですじゃ! 」
分かった・・・それでいいだろう・・・

エンヤ婆「最後に私が控えておりますじゃ! 」

分かった・・・それで頼む。


しかしエンヤ婆が破れた場合はどうなる・・・こちらの情報は筒抜けだ・・・
それではマズい。ラバーズでエンヤ婆を仕留めておこう。

あとは、「ザ・サン」「デス13」「ジャッジメント」「ハイブリエステス」で大丈夫だろう・・・


(2)

何ィーッ!! エジプトに上陸を許しただと・・・
残りのスタンド使い・手持ちのカードはどうだっけ・・・

<火力あり>
ンドゥール(ゲブ神)(遠隔で操作する水のスタンド)
アヌビス(学習する刀)
ペットショップ(氷を操作)
ヴァニラ・アイス

<火力なし>
オインゴ(本体の姿を変化)
ボインゴ(未来予知)
マライア(磁力発生)
アレッシー(子供にする)
ダニエル・J・ダービー(賭けに負けた相手の魂を抜く)
テレンス・T・ダービー(賭けに負けた相手の魂を抜く)
ケニーG
ヌケサク


我ながら頭が痛くなってきたぞ・・・これでどう戦えと言うのか・・・

まず館の防御から行こう。
ヴァニラ・アイスとケニーḠを組ませよう。これで館はなんとかなる。
加えてテレンス・T・ダービーは心が読める。。。これも館においておこう。
周辺防御はペットショップ。

ンドゥールは最初においておこう。これで仕留められればそれで良い。

他は・・・ギャグ要員ばかりか・・・
適当に配置しよう・・・。

>>>>> to be continued...====>>>>

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
コメント

【テレビ番組案】:サザエさん深夜枠移動、堀川君の悪夢シリーズ

2018-09-05 22:56:52 | 脚本
むしろ迷走している雪室脚本を、サイコ側にパラメータガン振りをして深夜枠で思い切りやれば。

・堀川くん悪夢シリーズ
・花沢不動産、東京の土地を戦国シミュレーションのごとく獲得していく(参考は半沢直樹)
・中島くん、プロ野球選手になるまで(全24話)。最終回は覚醒剤で捕まる。
・2020年版サザエさん、シジミちゃんスタート

>長谷川町子美術館が許さない
堀川くんがサイコであるという雪室脚本は許してるんか・・・omg


国民的アニメが視聴率低迷 「サザエさん」復活の策あるか
2018年8月27日
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/236135

 "国民的アニメ"といえば、「サザエさん」(フジテレビ=日曜午後6時30分)を挙げる人も多いはず。1969年に放送が開始され、来年50周年を迎える超長寿番組だ。

 かつては30%超、21世紀に入ってからもしばらくは20%以上の高視聴率を稼いできたが、ここ数年は1ケタの回もあるなど"サザエさん離れ"が著しい。

「『現代の家族像とかけ離れている』『フネや波平の声優が替わって違和感がある』『フジテレビ自体に元気がない』などなど、視聴率低迷の理由についてはいろいろ言われていますが、そもそもサザエさんをオンタイムで観るという習慣自体がなくなってきています」(テレビ誌ライター)

 サザエさんを見終わると、翌日から始まる忙しい日常を思い浮かべてユーウツになるという「サザエさん症候群」なる言葉が生まれるほど、かつては若者からサラリーマンまで日曜夕方の習慣として定着していた。が、それももう"昭和の遺物"として、このままサザエさん離れが進んでしまうのか? テレビコラムニストの亀井徳明氏がこう言う。

「今年3月で東芝がメインスポンサーを降板し、近い将来のシリーズ終了のウワサまで流れましたが、それはなさそうです。4月以降、視聴率が1ケタだったのは5月27日の9・4%、7月1日の9・9%、8月12日の9・3%の3回だけ(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。フジテレビにとって貴重なコンテンツであることに変わりはありません」

 今のご時世、視聴率10%前後でも「上等」と亀井氏は言うが、つい数年前まで20%を稼いでいた番組としては「低迷」と言わざるを得ないだろう。そして、亀井氏は「視聴率を"復活"させるには、どうしても番組の著作権をもつ長谷川町子美術館の協力が必要です」と、こう続ける。

「テレビ東京の『おそ松さん』や『深夜!天才バカボン』は、昭和の名作をリブートして若者の人気を獲得しました。それにならって『夜のサザエさん』とか『裏サザエさん』のような思い切った深夜アニメを作るのはどうでしょう。ただ、長谷川町子美術館が許さないでしょうねえ……それが無理なら、もともと新聞連載の4コマ漫画だったことに立ち返り、『めざましテレビ』あたりで『サザエさん』の過去の1エピソードだけ毎日放送し、"新旧の客"を呼び込むという手はあると思います」

「夜のサザエさん」はタイトルだけでも面白そうだが……いずれにせよ、国民的キャラクターの価値は計り知れない。番組のテイストは"昭和"でよくても、ビジネスモデルまで"昭和"のまま視聴率による広告収入というだけでは、せっかくの財産もジリ貧になってしまう。

コメント

作品におけるベースモチーフの選択

2018-08-19 12:11:03 | 脚本
創作のストーリーは大きく分けてノンフィクションとフィクションに分かれる。
そのフィクションはモチーフを使用しないものとモチーフを使用するものの2つに分かれる。
このモチーフを使用する作品について考えてみたい。

創作において、その作品のベースとなるものはいくつかある。

舞台(中世ヨーロッパなど)であったり、物語の文化背景・キャラクター(ドラキュラ、忍者、西遊記、妖怪)、プロット(象徴的な勝利やその後の伏線の提示)、武器・武具・神話などなど・・・

それらを体系化して方法論にすることをすべきであるが、ここではまだ整理しきれていないので、もう少しミクロ視点に立ったものを書く。

それはベースモチーフの選定である。
物語を象徴するモチーフは、キャラクターに直結するイメージを直接指定するものや、あるいは名前だけ借りるもの、あるいはストーリーを予期させるものなどがある。

キャラクターに直結させる例としては、タロット(ジョジョ)、トランプの絵札、十二支(ハンターハンター)、星座(聖闘士星矢)、惑星などであるが、人が古くから感覚的に認識していた、直感的体系の具象的発露がこれに当たり、これはもう掘り尽くされた感がある。

そこに読者や視聴者は、それらに紐付けられたキャラクターに、ある種の直感、隠喩と暗喩、将来的な予感としての神秘的なインスピレーションを受けることになる。

あるいはそこから少しだけ派生させるのもよい(太陽と月であれば、シルバームーン&ゴールドサンなど)。

あるいはLookin' in the sunlight, turnin' in the moonlight.だとか、Dancin' in the moonlight.などなど。

--

身近な何かでも良い。
魚介系を敵のボスキャラにしたダライアスは優れていたし、動物や昆虫をメカにしたゾイドも良かった。
PCエンジンで、ミミズとかダンゴムシを敵のボスキャラにしたのは、あれはよくなかった。格好悪い上に気持ちが悪い。

シンケンジャーは漢字を書くのがモチーフで、仮面ライダーウィザードは四元素だったかな。
仮面ライダー鎧武はなんとモチーフが果物だった。

ワンピースが海賊モチーフだったが、連載初回当初は、このモチーフが当たるとか誰が思っただろう。
(ビッケがあるじゃないかという話だが、ビッケも大当たりクラスじゃないしなあ・・・)

--
名前だけ借りるのもOKだ。

鋼の錬金術師での初期の敵キャラはお酒の名前でこれも良かった。

あるいはジョジョでは敵キャラの名前は洋楽のバンド名であったりする。

世界にあるモチーフの中でまだ未使用のものもあったりするがここでは割愛したい(私だけの秘密にしたいので)。
キーワードを言うとN&Gかな。

書ける部分だけ書くと、ダンスの技の名前(インディアンステップなど)や、洋楽のジャンル名をちょっと変化させる(エレクトロ→エレクトロニカ、パーカッション→パーカッショニア、フィジェット・ハウス→フィジェット・モロ)。

あとはネットの大規模サイトを日本名にするのでもいい。
洋津辺、津井田、トゥイットゥル、長谷部、三串、二胡堂などなど・・・

猫の種類(アメリカンショートヘア→アメーショ)、犬、馬、牛、羊、ヤギ、水牛、シャチ、クジラ、サメ、猛禽類、鳥・・・
あとは、果物、音楽、楽器、自動車、飛行機、船、七大洋の名前、港の名前、気候の名前・・・

赤ちゃんの名前辞典がキャラクターの名前を決定するのに便利だって言うから、モチーフ辞典とか作ろうかな。

--

勿論、既存の世界のモチーフを使用せず、新たにジャンルを作り出すのも全くOKだ。

能力バトルもの、中世魔法ファンタジー、異世界転生、闇金融、闇金融の裏側バックサイドストーリーアネクドート、民族料理とアクションストーリーの攻防などなど・・・

コメント

コードギアスとドラマトゥルギー

2018-08-05 13:59:17 | 脚本
コードギアスは実は途中までしか見ていない。

先日あった、MBS動画イズムでの一挙放送が一部までしか放送していなかっただとか、私に視聴する時間がなかったとかその辺りが理由なのだが、その他の理由として、映像作品を見るための体力が無いのである。

若い時には映像作品を食い入るようにして、自分の脳裏に焼き付けていたが、それをする体力がなくなった、と言うことだ。
流し見をする適当な作品であればいいのだが、この作品に関してはそうもいかない。

さて、その途中まで視聴した結果であるが、やはり面白い。
と言うのと同時に次のことも書いておかなければならない。

このコードギアスには、よくも悪くもドラマトゥルギーでのみ構成されており、背後に書かれる精神的テーマが無い。
少し整理する。
ドラマトゥルギーとは、具体的な劇作法・劇作術のことであり、どのように構成し、どのようにセリフを立て、どのようにストーリー展開していくか、と言う手法そのもののこととして上記は使用している。
つまりは、人が見ていてどのように心を揺さぶられるか、と言う揺さぶりの技法であるが、本当に純粋にそれだけしか使われていないのである。

そして精神的なテーマ性が無いと言うのは、通常のドラマや映像作品では、その作品に感銘を受けた後、「こういう風に生きていこう」だとか「このように考えよう」と言う精神的なフィードバックと、それに伴う若干の精神的成長が見込まれるものだが、コードギアスに関しては、物語に通底するそのようなフィードバックが一切ない(ミクロ的視点では名言がよくあるので、それが視聴者にインプレッションを与えるだろうが、大幅な線表においてはそれがない)。

よって、コードギアスは、大衆エンターテイメントとしての極地にありながら、人生哲学に影響を与えるテーマというのは基本的にないという構図になる。逆に言えば、テーマ性は無いが、しかし視聴者が楽しめるものとして、映像作品の中では群を抜いた仕上がりとなっている。

この意味において、どちらかというと、ゲーテよりもシェイクスピア寄りになっている作品とも言える。
シェイクスピアでは読後に「ああ、私はこの主人公に感銘したから、このように生きよう」などという感想は発生しない。しかし、個々のセリフにはインスピレーションを引き起こすものが多々存在し、色々な文献に引用される。
マルクスもシェイクスピアを引用したし、その他にも好例が見つかるだろう。

もしかしたら、もしかすると、コードギアスもそうした形で今後引用されていくのかもしれない。

「変化無き日常を、生きているとは言わない。それは、ただの経験だ。」
「行動の果てには、結果という答えが待っている。例外は無い。」
「男は床で寝ろ」
「勝つにしろ負けるにしろ、全てを出し切らなければ何も獲得出来はしない それは国でも個人でも同じこと」
「哲学を語っている余裕はない」
「全ては過去、終わったことだ」
「では聞こう! お前たちは、誰かがブリタニアを倒してくれるのを待つつもりか!? 『誰かが自分の代わりにやってくれる。』『待っていればいつかはチャンスがくる。』甘えるな! 自らが動かない限り、そんないつかは絶対にこない! 」
「君には借りもある、情もある、引け目もある、しかしこの場は、忠義が勝る!」

「勝てよルルーシュ。自らの過去に。そして、行動の結果に」
コメント