とめどもないことをつらつらと

日々の雑感などを書いて行こうと思います。
草稿に近く、人に読まれる事を前提としていません。
引用OKす。

2019年、世界のインターネット利用時間が初めてテレビ視聴時間を超える

2018-06-11 23:47:26 | IT・ビッグデータ
1.GOGO!! 
2.NHKはこっち見ないで下さい。
  そもそもネット時代の到来について、投資とかインフラ整備に全く貢献していないでしょ。
  ネットフリーライドするのであれば、ネットに課金は必要ありませんよね? 


2019年、世界のインターネット利用時間が初めてテレビ視聴時間を超える
2018年6月10日 02時12分
https://iphone-mania.jp/news-215142/

2019年、世界の人々のインターネット接触時間が、初めてテレビ視聴時間を超える、との予測が発表されました。安価なスマートフォンの普及が大きく影響しているとみられます。
「娯楽の王様」テレビ、インターネットに敗れる

調査会社のZenithが発表した、世界のメディア接触時間レポートによると、年々増え続けるインターネット利用時間が、2019年に初めてテレビ視聴時間を超えます。

2011年には76.2分/日だったインターネット利用時間は右肩上がりに増え続けています。Zenithの予測では、2019年には170.6分/日に達し、テレビの170.3分/日をわずかながら上回ります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大気中の水蒸気を収集し、一日最大38リットルの水を生成する「DG-10」

2018-06-10 02:12:01 | IT・ビッグデータ
ここで書いた未来予想は当たったり外れたりする。
当たったのは、米軍が昆虫を操作する形でのスパイロボを開発していると言う観測。
外れたのは中国が崩壊する崩壊すると言ってまだ崩壊していないところ。もしかしたら形を変えて永続的に持ちこたえるかもしれない。
また、トランプが大統領選で勝利するとは思わなかったところ。ここが完全に外れた。


さて、そうした中で、追加の一つを予想しておく。
まずはこの記事から。


大気中の水蒸気を収集し、一日最大38リットルの水を生成する「DG-10」
https://techable.jp/archives/77525

米ロサンゼルスで2017年5月に創設されたスタートアップ企業「DewGood(デュー・グッド)」は、世界で初めて、Bluetooth制御により、大気中の水を収集して貯蔵する独自の水生成システム「DG-10」を開発した。

・大気中の水蒸気を集め、一日最大10ガロンの水を生成

20インチ(約50.8センチ)の立方体をなすコンパクトな「DG-10」は、窓ガラスや壁、グラスなど、冷えた物体の表面に空気中の水蒸気が凝固し、水滴となって付着する「結露」の現象を応用。

湿度30%から100%の環境で、周囲の大気中にある水蒸気を冷やして凝固させ、1日あたり最大10ガロン(約37.8リットル)の水を生成する。

また、「DG-10」には、活性炭や逆浸透膜(RO膜)、紫外線などを活用した6段階の濾過システムが内蔵されており、最も厳しい基準値をはるかに超えるレベルで水を浄化する仕組み。

生成された水は、家庭用飲用水や畑の灌漑などに、幅広く利用できる。

「DG-10」は、Bluetoothを介して専用スマホアプリで制御する仕組みとなっており、水の生成量や気温、湿度を常時モニタリングできるのも特徴だ。

なお、「DG-10」の稼働には、デスクトップコンピューターの消費電力に相当する500ワットから800ワットの電力が必要だが、オプションのソーラーパネルキットと接続すれば、ソーラー電力を活用することで、オフグリッド環境でも利用できる。
・1499ドルで先行販売中

「DG-10」は、いよいよ2018年第3四半期に一般発売される見通し。

現在、公式ウェブサイトにおいて、1499ドル(約16万4800円)で先行販売されている。



以前同じことを書いたかもしれないが、再度記載する。
この空気から水を取り出すのは電力が必要だが、これを米軍が使用する。

世界に散らばる米軍が、この機械を動かす電力をどこから手に入れるかというと、宇宙ステーションからである。
宇宙ステーションからピンポイントで送られるマイクロ波を受信し、その電力を用いて、機械を動作させ、どのような作戦行動中であろうとも、水は確保できるようになる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゲーム・クラクラ(クラッシュ・オブ・クラン)

2018-06-02 21:22:07 | IT・ビッグデータ

クラッシュ・オブ・クラン - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%96%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%B3

クラッシュ・オブ・クラン(Clash of Clans)は、Supercellが開発、運営するiOS・Android用オンラインストラテジーゲーム。略称は『クラクラ』。基本プレイは無料で、アイテム課金が存在する。 2012年8月2日にiOS版がApp Storeでリリース、2013年10月8日にAndroid版がGoogle Playでリリースされた。


詳しくはわからないが、どうも昔あった「ランパート」と言う攻城戦を模すテレビゲームの、全世界を超えた通信網での対戦を行うゲームらしい。

なるほど、2013年頃にハマっていた人がいたが、攻城戦+ワールドワイドの通信対戦と言うのが、人のゲームにハマる心にはまったのか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

IT×AI×自動運転案:子供の飛び出し予測

2018-05-27 14:28:06 | IT・ビッグデータ
自動運転技術における素案。


住宅街における子供飛び出しを予測し、減速、徐行、乃至は停止するセンサー。

現行のセンサーは画像解析のみだが、これを「子供の声の帯域に反応する音声センサー」「サーモグラフィーによる予測」「住宅街であること、あるいは、子供の飛び出し事故多発地帯であることのクラウド分析から減速を自動で行う」「見通しの悪い路地であることの分析と自動減速」を加味し、社会構造上の不規則な事故の多発を、技術によって防止、事故発生率を低下せしめる。

以前の記事の繰り返しになるが、人の社会は、「二階以上同じことを繰り返す作業や仕事は、必ず機械とコンピュータで代替できる」と書いた。運転や、危険回避も同じである。
むしろ機械化、コンピューター化を進めることによって、その危険回避は格段に進めることができるだろう。


この発言と発案は、完全に私オリジナルですが、もし自動車関係の方がいらっしゃいましたら、権利関係はとやかくうるさいことは言いません。
実装いただけるのであればガシガシ導入頂ければと思います。

引用や実装いただけたならコメントに「実装しました」と書いて頂ければそれで結構です。
私からは「頑張って下さい」と言って、それで終わりにする感じです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

元号発表を先延ばし

2018-05-26 19:10:37 | IT・ビッグデータ


政府さん、とんでもない理由で元号発表を先延ばしにする

1: 風吹けば名無し 2018/05/26(土) 17:33:20.57 ID:sejlwVyH0.net




6: 風吹けば名無し 2018/05/26(土) 17:35:56.72 ID:radkqZ2IM.net

ワイ金融系システムエンジニア、無事死亡

9: 風吹けば名無し 2018/05/26(土) 17:36:38.44 ID:WZxWPPgi0.net

カレンダー屋激怒


34: 風吹けば名無し 2018/05/26(土) 17:44:18.15 ID:O4qrCGqf0.net

>>9
政府がカレンダー屋程度しか影響ないと考えてたせいで役所のシステムの入れ替え間に合わないから改元後も平成使い続けるんだよなぁ


44: 風吹けば名無し 2018/05/26(土) 17:45:52.90 ID:JAKAeSu5a.net

政府「盛り上がりに欠けるから元号の発表はギリギリで」
業界「それやとカレンダーとかシステム変更とか困るわ」
政府「ほな改元後も1年くらいは平成使い続けてええで」

本末転倒で草

74: 風吹けば名無し 2018/05/26(土) 17:51:35.12 ID:hNj/rIDnM.net

実際どれくらいかかるんやろ準備に


75: 風吹けば名無し 2018/05/26(土) 17:51:38.93 ID:JAKAeSu5a.net

政府「(ここで元号3文字にしたらどうなるんやろ・・・)」
政府「(ここでさ行は行から始まる元号にしたらどうなるんやろ・・・)」
政府「(ここでJIS第二水準の漢字使ったらどうなるんやろ・・・)」


87: 風吹けば名無し 2018/05/26(土) 17:53:22.78 ID:XkI3UlDf0.net

>>75
最後のだけはやめろ


と言うことだが、元号は国家の基礎なので、システム屋の言うことは聞かなくていい。
主従関係で言えば、システムの都合ではなく、まず国をどういうビジョンにしていくか、と言う言語的なイメージがまず先にあるべきだからだ。
もう決まっているかもしれないし、選考過程かもしれない。

ただ、それに伴う民間のシステムや、あるいは文書上の混乱があることから、
・できればM(明治)T(大正)S(昭和)H(平成)以外のアルファベットで始まる言葉を採用(そもそもアルファベットは26文字なので26回でアウト、そもそもLとかXとかは日本語に使用されないので、それ以下でアウトだが、限界が来たら来たでその時にどうにかするだろう(Mから始まるのであればM2とかにする))
・極力平易な文字を使う。コンピュータシステム対応の簡便さから。

と言う全体の運用を考えた場合も、可能であれば考慮に入れた方が、国家運営としてはスムーズである。


と言うかですね、ぶっちゃけると、

x_gengou = "新元号";

みたいな変数をプログラムの中で作って、様々な文字コード対応した上でOK出しておいて、新元号発表と同時に置き換え+リグレッションをやるというテスト計画になるから、現場担当者は悲鳴をあげるが、発令側からの立場で言えば、システム的にはさほど心配をする必要もないような・・・


あと盛り上がりのためと言う理由は本当NGで、「憲法にそう定めているから」とか「保守の立場から見て、発令時期が決まっている」と言う理由でないとあかんですよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加