とめどもないことをつらつらと

日々の雑感などを書いて行こうと思います。
草稿に近く、人に読まれる事を前提としていません。
引用OKす。

シューベルト: 野ばら

2018-10-19 00:01:18 | 音楽
1.
Schubert: Heidenröslein (Goethe) シューベルト: 野ばら(ゲーテ)
https://www.youtube.com/watch?v=VGBFK6N_SeQ


この頃の歌曲と来たら、シューベルト×ゲーテと言う神の黄金コンビと言う、素晴らしいと言う言葉を使うにもそれでは足りないくらいの芸術の頂点と、そして偶然の出会いと言う人類史の芸術に確実なワンプロットを残す傑作、イデアの権化を遺した。

2.
フランスには建築、彫刻、絵画、音楽、詩を第1~第5芸術に分けている。

新規区分として、6は演劇、7は映画と続く。
今の我々は映画が芸術といっても違和感はさほど感じないが、かつての映画は大衆娯楽としての色が強く、中々その価値を認められず、しかしその熱狂と技術の洗練を持って芸術として認められるようになってきた。

そして更に新規区分、8,9,10であるが、8はテレビ、9はマンガ、という位置づけらしい。
10はテレビゲーム、と言う形だ。これらはまだ認められていないだろう。


3.
こうした「偶然にも最高の者同士がその場に居合わせて素晴らしいものを作り上げた」と言う点においては、現代日本も負けていない。
私は本当に素晴らしい最高傑作として、日本のアニメとマンガ、ゲームが登場する日がいつかくるのだろう、と予見している。ただそれは近い日ではなく、かなり遠い日になるに違いない。

マルクスがシェイクスピアを引用したように、おそらく日本アニメファンが高度な文献にそれらを引用する日もあるだろうと予測している。

アニメだと「コードギアス」が濃厚。「グレンラガン」は素晴らしい作品だけれども、論考には引用できないかな。
ゲームは最高傑作がゆえに、それを乗り越える次回作が出なくなってしまい、それ自体が墓標になってしまったと言われる「悪魔城伝説」を推したい。

いずれも、音楽、声優、シナリオ脚本、美術的な絵が今後も通底する予感を想起させる。

コメント

今週の似ている曲

2018-09-23 21:49:08 | 音楽
似ているのは5秒くらいかな。

カナダ留学に行くとなぜブスになるかを歌ってみた
https://youtu.be/5ltb3SIgXKA?t=52


サザエさん 林春生作詞・筒美京平作曲 Sazae san
https://youtu.be/S-OlUxzHaUA?t=28





コメント

今週の似ている曲

2018-09-08 10:22:41 | 音楽
4秒くらいの1フレーズだけ。

Da Pump 09 Com'on! Be My Girl!
https://youtu.be/8_AiD2d3eY8?t=61


「アルルの女」第2組曲より ファランドール 'Farandole'
https://youtu.be/DAjWxbZCspk?t=10


調べてみたら、気づいた人は気づいたらしい。
ちなみにパクリではなくて、元ネタにしただけの模様。

コメント

MDの時代がいつのまにか終わる

2018-09-06 21:33:24 | 音楽
ちなみに私はMDを1回か2回使ったことがあるが(それも他の人が持ってきたのをかけた)、MDに関する経験はそれだけである。その時は再生だけだったので、いまだにMDに録音するのはどうすればいいのかよく分からない。

MDは画期的な発明だったと思うが、しかし私が知らない領域にその発明が到来し、そして知らない間に終わっていたのであった。
コメント

今週の似ている曲

2018-08-26 13:50:38 | 音楽
しょうじきなところ、私は松田聖子の曲が好きなのでこんなこと書きたくないのだがしかし吐き出し。

Be-B 憧夢~風に向かって~(1994年)
https://youtu.be/5kYjycvmIkQ?t=43



あなたに逢いたくて〜Missing You〜 松田聖子 Matsuda Seiko(1996年)
https://youtu.be/gcwYdmGp-m4?t=80



コメント