とめどもないことをつらつらと

日々の雑感などを書いて行こうと思います。
草稿に近く、人に読まれる事を前提としていません。
引用OKす。

サマータイム導入に93%が反対 「五輪のために日本全国を巻き込む必要は絶対ない」

2018-08-17 04:35:37 | 国内社会批判
私の意見は下記。


サマータイム導入に93%が反対 「五輪のために日本全国を巻き込む必要は絶対ない」
2018.8.13
https://news.careerconnection.jp/?p=58060

東京オリンピックに合わせ、サマータイム導入の動きが活発化している。安倍晋三首相は導入に関し、自民党内での検討を指示するなど前向きに取り組んでいるが、首相と国民との間には、大きな溝がありそうだ。

キャリコネニュースでは8月9日から12日まで、サマータイムに関するアンケートを実施した。キャリコネニュースの読者やキャリコネ会員らから312件の回答が集まり、賛成7.1%、反対92.9%と、反対が圧倒的多数を占めた。

「システムの影響調査と対応に莫大な費用かかる。誤ればインフラに多大な被害出る」

反対意見では、体調不良を心配する人が多かった。「アメリカで幼少期を過ごし、サーマ-タイムには慣れていて、尚且つ朝型なのでサマータイムそのものには反対しません」という30代の女性は、

「但し、たった2、3か月間、それも2時間も動かしたら自律神経がついていかず、やっと慣れたと思ったらまた調整が必要となり、ただでさえ暑くて弱ってる体に負担が多すぎます。夜型の方は慣れずにそのまま睡眠時間だけ減る人が多いのではないでしょうか」(30代女性/管理・事務職)

と指摘する。ベルギーでサマータイムを経験した40代女性も

「ヨーロッパの人たちは日本の人より時間が守られないことにも寛容なので、なんとかなる。が、時間に常に正確であることを求める日本社会でサマータイムを導入するのは、要らないプレッシャーとストレスを抱えるだけである」

と書いていた。

サマータイムは長時間労働を助長するという懸念も多い。「主人の会社が6月から9月の3か月間、1時間早く出社するサマータイムを導入している」という50代女性も、

「1時間、起きるのが早くなっただけで、帰ってくる時間は同じ。労働時間が増えただけ。おかげで、睡眠時間が1時間けずられて、サマータイムに変わったあとは、2週間ぐらい体調が必ずおかしくなる」

と反対する。体調への悪影響を心配する声は多く、

「朝早い人とかきつすぎだし、生活リズム壊れそう」(20代男性/研究開発職)
「生活時間軸の変化による混乱と、それに同調することによる精神的負担。鬱病を誘発する可能性がある」(50代女性/その他)
「5分早く出勤するだけでも身体にこたえる」(40代男性/販売・サービス職)

などの意見が寄せられた。

システム面での負担が膨大になる、と懸念する人も少なくない。

「システムへの影響調査及び対応に莫大な費用がかかる上に対応を誤ると、日本のインフラに多大な被害が出る」(30代男性/IT系技術職)
「導入まで2年なんて不可能です。自民党幹部はIT識者の意見を聞くべきです」(40代男性/IT系技術職)

「日本の計算機システムはサマータイムを適用しない前提で設計されている。これをサマータイム対応に改修するのは、JRの線路を標準軌に改軌するのと同様、莫大な手間とコストがかかり、非現実的」(50代男性/IT系技術職)という回答もあった。このほか、

「そんなことするよりも祝日と土曜日が被った場合振替休日を設けるようにしてほしい。欲を言えば水曜日を休みにして週休3日にしてほしい」(20代女性/その他)
「東京だけサマータイムを導入するってことを考えないのかが不思議で仕方ない。オリンピックのために日本全国を巻き込む必要は絶対ない」(30代男性/IT系技術職)

などの主張も多かった。

また、安倍首相周辺が強引に進めていると感じている人も多いようで、

「竹槍の再現になってはならない。ごく一部の『権威』ある者の思い付きで進められては民主主義が破綻する。いや、既に破綻している」(30代男性/その他)
「特にポジティブな要素が見えてこない施策を、国家主導で決められること自体に違和感」(30代男性/営業職)

という意見も出ていた。



完全に誰からも話を聞いてない当てずっぽうの話をする。

おそらくは、この政策決定をする周辺の人が海外に留学ないしは海外勤務した経験があり、その延長線で生活様式をそちらに併せた方がいいと言っているか、もしくは、その周辺の人にアクセスする外国人が「なんとかならんの」と言う注文があったかどちらかのように思われる。

日本の歴史から見るに、国のトップの政策を変更路線で勧めていく場合は、強引に進めて国民の理解を後で浸透させるか、制度を換骨奪胎して完全に日本的なものにするか、日本人の大多数の潮流にまかせて当初の計画を部分変則的に適用する方式が考えられる。

ただ、どうもサマータイムを行政計画として適用している欧米の歴史を振り返るに、「その方が合理的で便利だから」と言う理由よりも、本当に「(単なる)慣習でそっちの方が自分の体にあっているから」と言うにべもない理由と、それに続く後付の合理性で続けているように思われてならない。

合理か非合理かで言うと、現在は賛否両論で、マクロ的視点では有効な時間が社会的に増えると言う運用があるのと同時に、ミクロ的視点では夏時間の適用開始時期に心臓発作と男性の自殺率と言う点で有意に増えてしまっており(夏時間開始ととにも有意に増加し、夏時間の終了とともに、これら心臓発作と男性の自殺率が減少する)、一概に良いものとは言えなくなってしまっている。


夏時間 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%8F%E6%99%82%E9%96%93

健康への影響

時計の時間を早めることは心臓発作のリスクを10パーセント増加させ[7]、睡眠時間を減少させると同時に睡眠の効果を低下させる[8]。概日リズムの季節適応には深刻かつ数週間に及ぶ影響をあたえる[9]。2008年の研究によれば、夏時間への移行直後の数週間で男性の自殺率は増加するが、季節適応後にはこれらの関連性は大幅に減少する[10]。2008年のスウェーデンの研究によれば、夏時間の最初の三週間において心臓発作は顕著に増加し、夏時間終了後の三週間では顕著に減少する[11]。一般に夏時間終了時の夜は「一時間長く眠れる」といわれるが、2013年の論説によれば実際に人びとが長く眠っているというエビデンスはほとんどなく、また同じ文献によれば、夏時間開始時には睡眠時間を一時間奪われるため睡眠不足となり、その影響は少なくとも一週間持続する[12]。2015年には二人の心理学者が、睡眠への悪影響を理由のひとつとして夏時間の中止を提言している[13]。

カザフスタン政府は2005年に夏時間を廃止する際、時刻変更に起因する健康への影響を理由として挙げている[14]。2011年3月には、ロシア大統領ドミートリー・メドヴェージェフが「時計の針を動かすことによるストレス」が、ロシアが夏時間を通年維持する理由であると述べ、政府関係者は自殺の年次的な増加について指摘している[15]。



上記とは全然関係ない話をする。

西洋の歴史の中でも、軍事上での戦略・戦術の覇者となり、歴史のワンプロットを残したガイウス・ユリウス・カエサルは、自著であるガリア戦記の中でこう述べている。
「兵士の戦闘意欲が爆発したときは、それでは作戦どおりでないとして制止にまわるよりも、自然爆発した戦意に乗ってしまったほうがよい」

紀元前46年のタプススの会戦においては、カエサル直属の第十軍団が功をあせり、カエサルからの指令もないのに突撃をしてしまう。しかしカエサルはそれを制止せず、むしろそれに乗った。時をおかずに最高司令官から発せられた突撃の命令が全軍に渡った。カエサルはこの状況を利用したのである。
明確な指示系統の厳守よりも、全体の潮流に乗ってしまった時の方が良い場合もある。
無論、それまでの戦いでは、カエサル軍は厳格な命令の元に第十軍団は規律よく戦っていたが、そうでないケースもカエサルは利用したわけだ。
かくしてタプススの戦いは、カエサル側の勝利に終わった。

それもまたかくあるべし歴史の一つなのである。
コメント

CIAが敵の組織を破滅に追いやるために潜入スパイに実行させた「愚者の心得」(2)

2018-08-16 16:26:56 | 国内社会批判
私はいろんな職場を体験したが、しかしその中でも大別すると、3つの文化があったように思う。

一つはブラックの中小。一つは封建的でよくある大企業病にかかった中小。一つは能率を追い求める新規企業。

この記事は、以前あげた記事「CIAが敵の組織を破滅に追いやるために潜入スパイに実行させた「愚者の心得」 - とめどもないことをつらつらと」の続きだが、ここに書かれていることは全て、上記の二つ目に挙げた企業の中にあって、その裏返しが3つ目の企業にあったことを記載しておきたい。


CIAが敵の組織を破滅に追いやるために潜入スパイに実行させた「愚者の心得」をまとめたマニュアル「Simple Sabotage Field Manual」
http://gigazine.net/news/20160829-simple-sabotage-field-manual/

CIAは第2次世界大戦中に敵国にスパイを潜入させて、組織が機能しなくなるよう工作活動を行っていました。
その中でも、「Simple Sabotage Field Manual」と呼ばれる極秘マニュアルには、組織を機能不全に追い込むためにはどのように行動するべきかという「組織の癌」とでも呼ぶべき愚者の心得が説かれており、ここには時代を問わず多くの組織で反面教師とするべき含蓄があります。

CIAがスパイに実践させた組織腐敗行動は以下の通り。このような行動は、すべての組織を機能不全に追い込むと考えられています。

◆組織と会議

・何をするにも「指揮系統」を主張せよ。意志決定を早めるためのいかなるショートカットも認めないようにせよ
 →(裏を返せば、指揮系統なしに能動的に行動をした方がいい)

・ひたすら「演説」せよ。演説は可能な限り頻繁に、そして尋常ならざる長さで行え。論点は、長々とした逸話や体験談で形作れ
 →(裏を返せば、説教や説法はない法がいい。)

・可能な限り、委員会(会議)に全ての項目を提示せよ。そして「さらなる調査と検討」を求めよ。委員会の大きさはできる限り大きなものにせよ。委員会は決して5人未満ではいけない
 →(裏を返せば、少人数で決定したことをどんどん推し進めた方がいい)

・できるかぎり頻繁に関係のない話題を持ち出せ
 →(裏を返せば、関係ある話題を必要最小限のみ出した方がいい)

・解決策が出る直後に、正確な言葉をもって押し問答せよ
 →(裏を返せば、解決策が出た後は、確認以外はするな)

・前回の会議で決まった問題を持ち出して、その決定を再検討するように議論を蒸し返せ
 →(裏を返せば、一度決まった決定に疑義を出すな)


◆上官

・課題を与えるときは、つねに重要でない仕事から先に割り当てよ。重要な仕事は能率の悪い部下に割り当てるように心がけよ

・相対的に重要ではない仕事に完璧さを要求せよ。ささいな点でも修正するように突き返せ
 →(これはあったあったw 完璧に仕上げた書類のてにをはを指摘して突っ返すんだよね。)

・士気を下げ、非生産的な部下が心地よいようにせよ。出来の悪い部下に不当な昇進を与えよ
 →(これもあったw なんで1/15の仕事しかしない人間が昇進するんだとw 最悪最低な評価の割当をする、と。)

・やるべき重大な仕事があるときこそ、会議を開催せよ

・許認可、指示、確認などあらゆる手続きを複雑化せよ。一人で決められる事でも3人の承認が必要なように取りはからえ
 →(これもあったw 1行のコーディング改変で40個のハンコが必要で、電車を乗り継いで現地の別の課の人にハンコ貰いに行ったとか)


◆部下

・とろとろのろまに働け

・できる限り多くの仕事の妨げになるよう企画せよ

・仕事は下手くそにやり、道具や機械のせいにせよ。「こんな道具では仕事にならない」と不平不満の声を発せよ



コメント

宝くじ販売、2年連続減=ジャンボも不振-総務省

2018-08-15 05:40:16 | 国内社会批判

宝くじ販売、2年連続減=ジャンボも不振-総務省
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018081300508&g=soc

 都道府県や政令市が2017年度に発売した宝くじの売上額が前年度比6.9%減の7866億円にとどまったことが13日、総務省のまとめで分かった。前年度を下回るのは2年連続で、1997年度以来、20年ぶりに7000億円台に落ち込んだ。2005年度の1兆1047億円をピークに売り上げの低下傾向に歯止めがかかっていない。
 ドリームやサマー、年末など、ジャンボくじ全体の売り上げは13.1%減の3256億円。2年前と比べ約1000億円減少した。一方、新商品ビンゴ5を投入した数字選択式くじの売り上げは2.6%増の3799億円と4年ぶりに増加。一等の当せん金を1億円から2億円に引き上げたロト6が6.5%伸びたことも貢献した。(2018/08/13-14:54)


7000億もまだ多いわ。
ギャンブルに詳しい人に聞いた話だが、宝くじを100枚買うって言っても、東京ドームに満杯になったクジの束から100枚買うってことらしいので、そりゃ当たらんわ。

コメント

ウーマン村本「沖縄の県民大会が7万でした。僕が現地でひとりで頑張って数えました。ちょうど7万人ぴったりでした」

2018-08-15 05:38:16 | 国内社会批判

村本大輔(ウーマンラッシュアワー) @WRHMURAMOTO
沖縄の県民大会が7万でした。
僕が現地でひとりで頑張って数えました。
ちょうど、7万人ぴったりでした。
ほんとにちょうど7万人ぴったり。
https://twitter.com/wrhmuramoto/status/1029039741818163200


ワイの予想:

1.ウーマン村本がきちんと勉強しに現地に行く。
2.現地で事情を聞くに理解を示すが、本当である部分と事実でない部分がわかり始めた。
3.現地の活動家と抜き差しならない関係になってしまった。
4.現地活動家に「村本さん、お願いですからツイッターで県民大会が7万だったって言って下さい」「村本さんが数えたことにしてください」とお願いされ、断れない状況になってしまった
5.村本、半ばやけくそ気味にツイートする。

コメント

日本は日本の長所・短所を棚卸しし、長所を伸ばして短所を補う努力をすべし

2018-08-09 01:01:22 | 国内社会批判
こんなことは仕事のできない私が言えたものではないが、しかし書いておく。

タイトルの通りだが、なぜこんな当たり前のことを書くのか? 
そう、この当たり前ができていないからである。

WW2の敗戦から思想教育を施され、自虐史観と罪の烙印を押された日本人は、昨今の日本すごいブームでそのバランスを取ろうとした。

が、多くの人に倦厭感が出ているように、日本すごいブームは若干のうんざり加減で受け入れられている。
元々日本には確かにすごい部分があるのであるが(カメラやバイクの製造市場、経済プレイヤーとしての位置などなど)、一方それは、逆に見れば世界を構成する1ポイントの要素でしかなく、アメリカのように、全世界に影響を波及するような力は持っていない。
この意味で日本はあまり知られていない国だ。

一番やってはいけないのは、この日本すごいブームに安住し、自らの研鑽を怠ることだ。
やるべきなのは長所短所の棚卸しと、その長所の延伸と短所の凹埋めなのである。

その短所をピックアップし、対策せねばならない。





コメント