豊後ピートのブログ

元北アルプス南部の小屋番&夏山パト十数シーズン経験。今はただのおっさん

新潟五頭連峰で遭難死した親子はGPSで位置確認ができていたのね

2018年06月17日 | 道迷い遭難を防ぐシリーズ
この遭難事故についてはあまり突っ込んだ情報収集をしていなかったものですから、恥ずかしながらつい先日までGPSを持っていたこと(恐らくスマホでしょうけど)を知りませんでした。

新聞やテレビのニュースサイトでは出てこなかったのですけど、一部のテレビ番組では遭難した父親がGPSの画面を見ておよその現在地を祖父に伝えていたと、報道していたようですね。まとめサイトなんかに出ていますので、「新潟 親子遭難 GPS」でググってみてください。知らなかったのは私だけかもしれませんけど…

これで新潟の親子が早い段階で救助要請しなかった理由が何となく推測できます。スマホのGPSで位置がわかっているから、なんとかなると思ったのでしょう。

この遭難が発生した後、ツイッターやその他のサイトでスマホに地図アプリを入れていれば助かったはず!!なんて話が出回っていたので、この親子はスマホにアプリを入れてないんだろと思い込んでいましたわ。

それにしてもねえ、やはり普通の人はスマホにGPS入れた程度で安心してはダメですな。GPSがあるのに迷っているし、GPSがあって現在地がわかっているのに元の登山道に戻れないのです。これは何も新潟の親子が初心者だったからだとは限りません。普通の整備された登山道しか歩いていない人であれば、誰でもその可能性があると思います。

GPSがあるのに道に迷うのはなぜか。単純なことです。使っていないからです。片手にずっとハンディGPSなりスマホなりを持ち、リアルタイムでモニターしながら歩いているわけではありません。多くの人がたまにチェックする程度でしょう。そしてヤバいレベルの道迷いを起こす人は、自分がコースアウトしていることになかなか気づきません。まともなベテランであれば一歩踏み込んだだけでわかるような場所でも、ガンガン突き進んでしまいます。で、ようやく異変に気づいてGPSを作動させた時には、手遅れになっているのです。


スマホにGPSアプリを入れたから安全だなんて、1ミリたりとも思ってはいけません。結局、異変を素早く察知して歩みを止めないとダメなのであり、そのための技術とか知識が先に必要なのではと思いますよ。


登山・キャンプ ブログランキングへ
ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
« 栗城さんを2年間取材し続け... | トップ | 愛山渓で消防隊員が滑落した... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
残雪期の怖さその3 (みるみる)
2018-06-18 17:29:34
>GPSがあるのに道に迷うのはなぜか

道が雪で覆われてしまっては、あまり役にたたなかったということでしょうか?
何れにしても過信は禁物ですね。
Unknown (bongo-pete)
2018-06-18 23:17:20
みるみる様

あくまでも一般論の話なので、残雪は関係無いです
もし本当なら (通りすがりの爺)
2018-06-20 08:34:18
何で捜索が頓珍漢な所だったのか理解できないです。
警察にその事は話す筈でしょう。
とにかく谷に降り続けたのが致命的でした。
Unknown (Unknown)
2018-06-21 21:53:57
GPSってグーグル先生の事じゃないの?
位置はわかるけど登山道までは分からんがな。
Unknown (bongo-pete)
2018-06-22 01:59:53
ああ、たしかにその可能性はありますね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

道迷い遭難を防ぐシリーズ」カテゴリの最新記事