豊後ピートのブログ

元北アルプス槍ヶ岳の小屋番&白馬岳周辺の夏山パトロールを13シーズン。今はただのおっさん

ご案内

注意事項
なるべく読んでね。
プロフィールおよび作品実績
○電子書籍出しました

ガチで考える山岳遭難の防止
ツイッターはじめました

富士山の入山料を強制的に徴収できない理由を行政の資料から考える

2022年04月24日 | 入山料・入山規制
富士山で任意の入山料(富士山保全協力金)の制度が始まったのは、2013年の夏です。この年にまずは実験として任意の支払いということで導入し、翌年には強制徴収しようぜ!!みたいな雰囲気でした。しかし10年近く経過した現在においても実現には至っていません。 2020年の2月に入山料の強制徴収を行うという報道があり、翌2021年3月にはこれを法定外目的税でやるという話が出てきました。これでいよいよ本当に . . . 本文を読む

地図アプリをちゃんと使えてない人が多いんではないか疑惑

2022年03月20日 | 道迷い遭難を防ぐシリーズ
GPSを利用した登山用地図アプリってこれまでの登山のありかたを変えるぐらい便利で革新的な道具のはずなのですが、この記事を読んだら疑問を感じてしまいました。 登山遭難体験【低山・油断編】低山で道迷い、夕暮れでパニックに YAMAP MAGAZINE 記事の最後で「山の中(オフライン環境)でも自分の現在地がわかるので、登山中の道迷いを未然に防ぐことができます」と書かれていますが、紹介されているケー . . . 本文を読む

富士山の入山料強制徴収、今年も見送り

2022年03月13日 | 入山料・入山規制
1年ほど前ですが、富士山への入山者に講習を義務づけて、ついでに入山料を強制的に徴収する案が検討されていると報道されました。 富士登山「入域条件」課し徴収 専門委、入山料税金化で制度案 静岡新聞  2021.2.17 富士登山に「認定制」を導入するという話が出てきました 豊後ピートのブログ 富士山の登山者は年間20~30万人になります。しかも夏の間だけです。一日あたり数千人の登山者がやってくる . . . 本文を読む

登山道整備によって、どこまで道迷い遭難を防げるのか

2022年01月27日 | 道迷い遭難を防ぐシリーズ
久々の投稿です ヤマケイオンラインに興味を引く記事が出ていましたので、コメントしてみたいと思います。 遭難対策から見た「いい登山道」とは? 道迷いをしない登山道を考える ヤマケイオンライン  2022年01月26日 引用 そのためには、もちろん「登山道そのものの整備」という対応も必要であるし、読図能力や適切な判断力を養うといった登山者自身が身につけるべき対策も課題である。「読図講習会の受講機 . . . 本文を読む

夏山シーズン前の北アルプスにおける、残雪のヤバさ

2021年07月10日 | 遭難と救助について考える
ツイッター等でアイゼンもピッケルも持たない登山者がキワどい残雪の斜面で滑落し、なんとか停止していた動画が話題になっていました。6月~7月中旬あたりの、まだ営業していない山小屋が多い時期。北アルプスの稜線にはまだまだ雪が残っていたりします。夏に近づけば近づくほど雪も消えていくのですが、問題なのはヤバいところほどいつまでも雪が残りやすく、しかもステップ切りなどの作業が入ってない場合があることです。以下 . . . 本文を読む