豊後ピートのブログ

元北アルプス南部の小屋番&夏山パト十数シーズン経験。今はただのおっさん

ご案内

注意事項
なるべく読んでね。

○電子書籍出しました
ガチで考える山岳遭難の防止

転載終了!

2005年11月02日 | 山について、いい加減に語る
この「山についていい加減に語る」カテゴリーに掲載した文章は、私が管理している某サイトに掲載していたものです。 本来ズボラな私は、サイト更新作業がメンドウになってしまい、もっと手軽にできるブログに完全移行することにしました。 某サイトのほうは、しばらくしてから閉鎖します。 で、このカテゴリーはとりあえず過去ログ置き場ということにして、山に関する新しいネタはすべて「山」のカテゴリーに書こうと思っ . . . 本文を読む

2004年7月25日の行動記録

2005年11月02日 | 山について、いい加減に語る
その日は朝から嫌な気分だった。快晴だったが、午後は確実に雷雨にやられそうな雰囲気である。 前夜五竜山荘に泊まった私は、午前中ゆううつな気分で空を眺めていた。しかし「まぁ、雷が来るとしたら午後3時以降だな」と考え、昼飯を食ったらすぐに唐松山荘へ戻ることにした。そうすればギリギリでセーフ、なはずだ。 12時40分、小屋のスタッフに挨拶をして出発。この時間帯は唐松から五竜に向かう登山者が集中するので . . . 本文を読む

中高年登山者は遭難予備軍か

2005年11月02日 | 山について、いい加減に語る
山小屋で働いていた頃も、山岳ガイドを副業?にしている現在も、山は中高年でいっぱいである。最初に勤めた山小屋である槍沢ロッジは、のんびりした日程で槍ヶ岳を目指す中高年登山者しか泊まらなかった。またガイド仕事のお客さんのほとんどは60歳以上の方であり、70歳以上のお客さんは多く見かけても30 代や40代のお客さんが来ることは滅多にない。つまり私は中高年登山者のお陰で飢えを凌いでいるようなものであり、中 . . . 本文を読む

プチ行方不明

2005年11月02日 | 山について、いい加減に語る
ある夏の日、大天井ヒュッテのアタマをやってる後輩から、槍岳山荘に電話がかかってきた。   「うちに泊まるはずのお客さんがひとり、行方不明なんスよ~」   問題のパーティは、燕岳から槍へ縦走していた。大天井岳への登りにかかるところで、ひとりだけ巻き道から大天井ヒュッテへ直接向かうことになり、そこで分かれることになった。その後他のメンバーは大天井岳山頂を経由して大天井ヒュッテに到着したのだが、待ってい . . . 本文を読む

雷に当たらないように

2005年11月01日 | 山について、いい加減に語る
槍ヶ岳は天下の避雷針みたいなもので、ここで働いていると雷とよく出会う。  私が山小屋に入る前の年には、槍の穂先で落雷による死亡事故が発生している。雷雲が通過した後で山頂に行った登山者が、遺体を発見したそうだ。頭と足の裏に黒い穴が開いていたという。  人生2回目のレスキューも、やはり落雷によるものだ。遭難者は中年の女性。雷雲が接近してきたので穂先から待避しようとしたが間に合わず、落雷の衝撃ではし . . . 本文を読む

高所について語る

2005年11月01日 | 山について、いい加減に語る
これまでに標高3000mでの高山病については語ってきたが、地上の3/4という気圧がもたらす様々な現象をもう少し語ってみたい。 「電子ライターが使えない」 タバコを吸う人なら知っているかもしれないが、電子ライターのほとんどは着火してくれない。標高2500mを越えると、不調になってくる。電子式でも「チャッカマン」は使えるのだが、通常の電子ライターで使えたのは1個しか見たことがない。なぜ使えなくなるの . . . 本文を読む

ふとん

2005年11月01日 | 山について、いい加減に語る
屋根の上での布団干しは、山小屋でよく見られる光景だ。   槍岳山荘の場合、布団を干すことができるチャンスは少ない。太陽が出ていても、風が強いと布団が飛んでいってしまう。風速が10mを超えると、布団が転がっていく可能性が出てくる。屋根から庭先に落ちるぐらいならいいが、下手をすると谷底に逝ってしまう。そうなると回収は大変だ。 太陽が出ていて風がないと「それ!!」と一斉に作業を開始するが、天候急変は山 . . . 本文を読む
コメント (2)

山と酒

2005年11月01日 | 山について、いい加減に語る
気圧が低くいところで酒を飲むと、とっても酔いが早い。  播隆祭という企画が毎年槍岳山荘で行われ、宿泊客にお酒が振舞われる。この時にはお坊さんが槍ヶ岳を開山した播隆上人について、とてもありがたいお話をするのだが、そのお話の最中に「ゲーっ!!」と戻されたお客さんがいた。まだ祭りが始まって10分もしないうちにである。  トイレを観察すると飲みすぎて吐くお客さんはけっこういるみたいだが、高山病で吐く人 . . . 本文を読む
コメント (2)

三点確保

2005年11月01日 | 山について、いい加減に語る
槍の穂先への登頂は、初歩的な岩登りになる。岩登りと言えばすぐに「三点確保で登れ!!」とみんながお題目のように言うのだが、私は常々疑問を感じていた。 三点確保とは、岩を登る時に手足4本のうち1本だけを移動させることを意味する。これは万が一ホールドが崩れたときでも、身体を支えられるからだと言う。しかしよく考えて欲しい。手足4本のうち1本だけを動かして登って行くなんて、誰でも当たり前のようにやることな . . . 本文を読む

電話線工事

2005年11月01日 | 山について、いい加減に語る
槍沢ロッヂの電話は、毎年電話線を自分たちで敷設しないと使えない。 横尾から槍沢ロッヂまでは、約4キロである。春に入山して最初にやる仕事は、この4キロの区間に電話線を引くことだ。 横尾~槍沢間は何ヶ所も雪崩れる場所があるので、電話線を放置しておくと必ず断線する。また電柱をたてるわけにはいかず、自然の樹木を利用して引かなければならない。 この仕事は通常2~4日はかかる。横尾山荘の電話線に接続して . . . 本文を読む