豊後ピートのブログ

元北アルプス槍ヶ岳の小屋番&白馬岳周辺の夏山パトロールを13シーズン。今はただのおっさん

ご案内

注意事項
なるべく読んでね。
プロフィールおよび作品実績
○電子書籍出しました

ガチで考える山岳遭難の防止
ツイッターはじめました

富士山救助ミス落下の判決文を読んでみた その2

2019年03月08日 | 遭難と救助について考える
さて、前回の続きです。 静岡市消防は午後4時2分に現場へ降下しています。この時、上空の風は風速10メートル程度であり、極端な乱気流は無かったようです。静岡県警が現場を離れる前に「時折、下降気流がある」と伝えていますが、判決文には特に問題があったようなことは書かれていません。 で、降下隊員はDSVを遭難者に装着しますが、下半身がブリザードパックに覆われているため、股下シートを取りだしたものの、股 . . . 本文を読む

富士山保全協力金って、マヌケなことをしていたのね

2019年03月07日 | 入山料・入山規制
マジっすか 富士山入山料、今夏から対象拡大へ 5合目から先に立ち入る人に徴収 UTY 2019.03.06 18:50 引用 しかし山頂を目指す人と5合目周辺を散策する人の差別化が出来ず徴収する現場で混乱も起き、山梨県側では協力する人の割合が目標の70%に届かない状況が続いています。 引用おわり もしかして、ガチな登山家スタイルをしていても「いや山頂行かないっス。周辺を散策するだけっス」と登 . . . 本文を読む

富士山救助ミス落下の判決文を読んでみた その1

2019年03月03日 | 遭難と救助について考える
2013年12月に発生した富士山における救助活動中の遭難者落下事故ですが、2年後の2016年1月に遺族が静岡市を提訴し、2017年12月に地裁の判決が出て遺族側が敗訴しています。その後控訴していましたが、2019年2月に和解がまもなく成立するという報道が出ました。 そこで久々にこの事故について調べていたところ、地裁の判決文を見つけることができました。ここではそれをもとに、この事故をもっと深く掘り下 . . . 本文を読む