豊後ピートのブログ

元北アルプス南部の小屋番&夏山パト十数シーズン経験。今はただのおっさん

ご案内

注意事項
なるべく読んでね。

○電子書籍出しました
ガチで考える山岳遭難の防止

2006年10月に起きた白馬岳4人凍死事故を起こしたガイド、ようやく書類送検

2013年12月20日 | ツアー登山、ガイド山行
毎年のように「まだ捜査が続いている」という話を山関係者から又聞きしていたのですが、ようやく書類送検となったようです。 女性登山客4人死亡:ツアー引率の山岳ガイドを書類送検 毎日新聞  2013年12月20日 13時32分(最終更新 12月20日 13時40分) 引用 送検容疑は06年10月7日、吹雪にもかかわらず、自ら企画・募集したツアーの女性客5人を白馬岳に向けて引率し、途中で引き返すこ . . . 本文を読む

京都のボーイスカウトのパーティが遭難 その4

2013年12月19日 | 山岳遭難
このボーイスカウトのパーティは、想像を遙かに越えたことをやっていたようです。コメントで指摘してくださった皆様に感謝。 予定外のコースで下山、迷う…小中高生一時遭難 読売新聞  2013年12月16日 これは関西版なのですが、なぜこんなに時間が掛かったのかについて触れています。 引用 引率の男子大学生(23)らの説明によると、今回の登山は急斜面を登ったり地図を読んだりする力をつける目的 . . . 本文を読む
コメント (2)

京都のボーイスカウトのパーティが遭難 その3

2013年12月19日 | 山岳遭難
このネタは前回のエントリーで終了しようと思ったのですが、気になる報道を見つけたので、しつこくもう一度書きます。 小中生ら13人、雪山で一時不明 ボーイスカウト連盟が会見 京都 産経新聞  2013.12.18 02:18 引用 連盟によると、一行は想定外だった雪のなか、川沿いの道を進んだが行程が大幅に遅れ、山頂まで行くことを断念。子供たちの体力などを考慮し、もと来たルートより短いルートを . . . 本文を読む
コメント (8)

京都のボーイスカウトのパーティが遭難 その2

2013年12月18日 | 山岳遭難
遭難したパーティの人数が多く、またボーイスカウトの集団だったせいか、この件ついては続報がちょこちょこ出ていますね。その中から記事をひとつ紹介したいと思います。 半数が登山初心者 ボーイスカウト一時遭難 中日新聞  2013年12月17日 まずはここから・・・ 引用 十五日朝から登り始めたものの、一時間の行程で登るはずの地点まで六時間かかったため引き返すことを決断。 引用おわり これは . . . 本文を読む
コメント (10)

京都のボーイスカウトのパーティが遭難

2013年12月17日 | 山岳遭難
登りが予想外に険しかったために、復路を別コースにしようと企む人は、北アルプスでもよく見かけます。が正直な話、何の予備知識も無いのに予定外のコースを選んだところで、そうそううまく行くものではありません。 悪路・雪で登山時間3倍に 皆子山13人一時遭難、装備も不十分 京都新聞  2013年12月16日 15時00分 引用 大津北署などによると、一行は午前8時半ごろ入山。歩くのが困難で、雪も降り . . . 本文を読む

富士山の遭難で機内収容直前に要救助者が落下 その3

2013年12月08日 | 山を飛ぶヘリコプター
東京新聞の「山のニュース」にもいくつか関連記事が出ています。ていうか、こちらをチェックするのをすっかり忘れていました。前のエントリーと被る内容ですが触れておきます。 [静岡]滑落事故救助の男性落下 股下にベルト通さず 調査委設置へ 東京新聞  2013年12月5日 引用 消防航空隊の基準では、意識のある人を救助する際は補助ベルトを使わなくてもよく、市は「問題はなかった」としている。高橋さん . . . 本文を読む
コメント (6)

富士山の遭難で機内収容直前に要救助者が落下 その2

2013年12月08日 | 山を飛ぶヘリコプター
ちょっと多忙なもので、この件についてはきっちりニュース等を追っていないのですが、とりあえず思いついたことだけでも箇条書きで書いてみたいと思います。前のエントリーでいただいたコメントも参考にしていますです、どうもです。 ○なぜサバイバースリングを使ったのか 結局のところ、サバイバースリングでも股間にベルトを通せば衰弱している要救助者でも大丈夫だろう、ということで、特に考えることもなく持参したの . . . 本文を読む

富士山の遭難で機内収容直前に要救助者が落下

2013年12月03日 | 山を飛ぶヘリコプター
ちょっと信じられないことが起きてしまった、というのが正直な感想です。 救助作業中に1人落下 富士山滑落で消防ヘリ 中日新聞  2013年12月2日 15時39分 引用 ヘリに収容する直前で男性を固定していたベルトが外れた。隊員2人が男性のえりや体をつかみ、ヘリを降下させたが、約650メートル西で隊員が力尽き男性を落下させた。 引用おわり 引用 ヘリの機体側面にある金具(長さ3センチ)に . . . 本文を読む
コメント (4)