豊後ピートのブログ

元北アルプス南部の小屋番&夏山パト十数シーズン経験。今はただのおっさん

ご案内

注意事項
なるべく読んでね。

GPS持っていても道に迷うのはなぜか、徹底的に考えないと道迷い遭難は減らない

2015年08月31日 | 道迷い遭難を防ぐシリーズ
福井県の山岳遭難は2009年以降、ほぼ毎年のように10件を超えるようになったそうですが、今年は7月末の時点で15件とハイペースで増えているようです。 7月末で15件 遭難増 登山ブームに警鐘 読売新聞  2015年08月18日 引用 5月に敦賀市立松陵中の1年生25人が一時、市内の岩籠山(765・2メートル)で行方がわからなくなり、遭難者数は昨年(17人)の3倍近い47人に膨らんだ。このう . . . 本文を読む
コメント (1)

カクネ里雪渓は氷河らしい

2015年08月24日 | 白馬岳など北アルプス北部ネタ
そう言われると、アレは氷河にしか見えなくなりました。 カクネ里雪渓:氷河の可能性 北ア鹿島槍ケ岳 毎日新聞  2015年08月23日 15時09分(最終更新 08月23日 17時01分) 引用 長野・富山県境の北アルプス鹿島槍ケ岳(2899メートル)の北東面にある「カクネ里雪渓」(長野県大町市)は氷河の可能性があるとして、市立大町山岳博物館や信州大などの学術調査団が26日にも現地入りする。 . . . 本文を読む

木道ヤバい

2015年08月23日 | 山岳遭難
8月22日、北アルプスの富山側ではこんな事故が連発していたようです。 山岳遭難事故 相次ぐ チューリップテレビ  2015年08月23日 15時39分 引用 22日、標高およそ2500メートル、北アルプス北ノ俣岳から太郎平小屋間の登山道で秋田県の無職、芦崎美喜子さんが転倒し、左足首の骨を折る大けがをしました。 また、標高およそ2590メートル、北アルプス雪の平山荘付近の木道では長野県の無 . . . 本文を読む
コメント (2)

危険箇所を知らせるということ

2015年08月16日 | 遭難と救助について考える
先日長野県が実験を行っているビーコンによる遭難対策についてエントリーを書きましたが、実験に参加した方からコメントをいただきました。 コメント ビーコン使ったひとり (ゴン) 2015-08-04 21:50:20 初めて書き込みをします。楽しく読ませていただいています。 一人で山を歩くことが増えた長野県内在住40代女性です。 実は昨年の9月の連休に、表銀座でのこのビーコンの使用状況について、ボ . . . 本文を読む
コメント (5)