ふくろう日記・別室

日々の備忘録です。

どこにもない国・NHK

2018-04-01 00:49:27 | Movie



満州国崩壊後、日本へ帰国できない日本人を救うべく立ち上がった男たちの実話に基づく2回のドラマである。
原作は、主人公「丸山邦雄」のご子息「ポール邦昭マルヤマ著・満洲 奇跡の脱出」によるもの。

原作本を読んでからゆっくりと考えたい。

満洲で生まれ、記憶にない国でありながら
父母と2人の姉たちには記憶にある国。

そこから、我が家族が帰国できるまでの道筋を作って下さった人たちがいたのだ。
その情報を正しく入手して、判断を誤らなかった父のことも思う。

今はここまで。
コメント

Places in the Heart

2017-09-06 23:06:01 | Movie
Places in the Heart


久しぶりに、いい映画を観ました。
女性は強い。
 
けれども、その彼女を支えた人々の深い愛があったればこそ。
コメント

「戦争のつくりかた」アニメーションプロジェクト-What Happens Before War?-

2017-06-18 01:02:40 | Movie
「戦争のつくりかた」アニメーションプロジェクト-What Happens Before War?-
コメント

スミレ タネが飛ぶ 

2017-06-07 23:57:36 | Movie
スミレ タネが飛ぶ 









コメント

映画『新地町の漁師たち』

2017-03-20 16:21:38 | Movie
映画『新地町の漁師たち』予告編(劇場版)



ドキュメント映画・新地町の漁師たち

監督・制作 山田徹

2011年3月11日午後2時46分に発生した東北地方太平洋沖地震とそれに伴って発生した津波と、その後の余震によって大規模地震災害となった。この震災によって福島第一原子力発電所事故が起こった。これによって福島の漁師たちの生活は一変する。
 
このドキュメント映画の舞台は、3.11後の福島県新地町の漁村である。
再生不可能とまで言われた福島の海。その海を生きる漁師たちの姿を追っている。

漁村の伝統祭事を映しながら、映画は「地下水バイパス計画」(汚染水対策)を巡る交渉シーンへと向かう。廃炉行程を一刻も早く進めるために、漁業者から計画容認を得たい国と東京電力……。

津波と原子力災害によって生じた様々な軋轢や葛藤の中で生きる福島県漁業者たちの交渉の記録である。観終わってからも、言葉がない。
生活の保障があっても、彼等漁師の海と生き生きとした魚たちとの会話はいつ戻るのか?

新地町は父の生れ故郷。病気の末期になって「どうしても帰りたい。」と思う故郷であった。
この映画の舞台となった「釣師浜漁港」に隣接する「釣師浜海水浴場」は子供時代に父と遊んだ海だった。
コメント

映画『モアナと伝説の海』

2017-03-16 00:45:47 | Movie
映画『モアナと伝説の海』日本版予告編



音楽もさることながら、絵がうつくしい。

モアナの健康な肌が、アニメーションとは思えぬリアルさと共に美しい。
アニメーション映画もここまできたのか、と驚きました。
コメント

『この世界の片隅に』

2017-02-16 00:26:36 | Movie
映画『この世界の片隅に』予告編



この世界の片隅に・オフィシャルサイト


脚本・片渕須直監督
原作・こうの史代


主人公の「北條すず(旧姓:浦野)」の声を担当したのは、久々に聴く女優「のん」でした。
とても「すず」の声に相応しい。歌を担当した「コトリンゴ」さんと見事に調和していました。

時代は「第二次世界大戦」末期。舞台となったのは「広島」とすずの嫁ぎ先の「呉」です。
呉は日本海軍の一大拠点で、軍港の街として栄え、世界最大の戦艦と謳われた「大和」も呉を母港としていた。広島はご存知の通りの被爆地です。

すずさんの生きた時代(年表)

戦争の悲惨さと、それに運命を翻弄された人々は、数え切れないほどにいらっしゃる。それでも戦後70余年経ても、戦争の危機感を抱かない人々が多いのは何故か?そういう意味においても、この映画の永い影響力を期待したい。

あの戦争に、市井の人たちの命と暮らしがどのようなものであったのか?
主人公の「のん」は空からの爆撃で右腕の半分を失い、その時一緒にいた幼い姪の命を守れなかった。そして広島の実家の家族はすべて死んだ。あまりにも理不尽。
コメント

『天使にショパンの歌声を』&『天使にラブ・ソングを』

2017-01-29 13:11:30 | Movie
2017.1/14公開『天使にショパンの歌声を』予告編


Oh Happy day/『天使にラブ・ソングを2』より【映画】


この2編の映画のテーマはとてもよく似ていました。
舞台は修道院にある学校。
音楽が子供の心を救う。
コメント

『くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ』

2017-01-27 16:50:28 | Movie
映画『くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ』予告編


これは、フランスのアニメーション映画です。

熊のアーネストおじさんと、ネズミの少女セレスティーヌの、異なる種族を超えた愛情物語でした。
何気ない物語ではあるが、画面の色彩がやさしい。

ディズニー・アニメには見られない静かな色調でした。
コメント

太陽の帝国

2016-11-21 22:01:25 | Movie
日本版予告篇 / 太陽の帝国



原作
ジェームズ・グレアム・バラード(James Graham Ballard, 1930年11月15日 - 2009年4月19日)は、上海(中華民国)生まれのイギリスの小説家、SF作家。


彼の実体験をつづった半自伝的な長編小説を、スティーヴン・スピルバーグによって映画化され、1987年に公開されました。


日中戦争中の上海。イギリス租界で生まれ育ったイギリス人少年ジェイミー(通称ジム)は、日本の零戦に憧れる少年だった。
だが、1941年12月にマレー作戦を皮切りに日英間で開戦し、日本軍が上海のイギリス租界を制圧した際に、避難民の大混乱のなかで両親とはぐれる。

独りぼっちになった少年は、生き抜くために空き巣・泥棒などの悪事を重ねるが日本軍に捕えられ、蘇州の収容所へ送られる。
無邪気な、飛行機好きの少年が戦争のもたらす現実に翻弄されながらも、健気に、時にはずる賢く(?)生き抜こうとする姿を活写している。

米空軍ムスタングが収容所を急襲し、戦争は終結へと向かう。
さらに、東の上空に美しい閃光が走った。それは長崎に落とされた原爆の光だった。戦争は終わった。

やがてジムは戦災孤児の集まる施設で両親と数年ぶりの再会をする。
たくましい少年となったジムに新たな生活が始まったのだが、心と体に負った傷は癒される時はいつか?
コメント