ふくろう日記・別室

日々の備忘録です。

未確認飛行物体  入沢康夫

2015-06-24 22:16:53 | Poem


        
薬罐だって
空を飛ばないとはかぎらない。
水のいっぱい入った薬罐が
夜ごと、こっそり台所をぬけ出し、
町の上を、
心もち身をかしげて、一生けんめいに飛んで行く。

天の河の下、渡りの雁の列の下、
人工衛星の弧の下を、
息せき切って、飛んで、飛んで、
(でももちろん、そんなに早かないんだ)
そのあげく、
砂漠のまん中に一輪咲いた淋しい花、
大好きなその白い花に、
水をみんなやって戻って来る


『春の散歩・1982年・青土社刊』より。 



今朝の朝日新聞の「天声人語」に引用されていました。

この作品は、かつて大岡信が朝日新聞の2004年10月7日付けの「折々のうた」
でも取り上げていました。


ともかく入沢康夫は薬罐を空に飛ばせちゃったのである。
それに応えて薬罐はエッチラオッチラと、
水で重くなったからだで必死になって空を飛んだのである。
夜ごと、台所の窓からこっそり抜け出しては、
砂漠の愛しい白い花に逢いにいくのである。お水を差し上げるために。
そして朝にはいつもの薬罐に戻って、家族のコーヒーの湯をわかす。
そのコーヒーをのみながら詩人はひそかに薬罐を労い、そして微笑む。
その頃薬罐はうつらうつら……。(私の想像です。)


コメント (2)

乾河道  井上靖

2015-06-23 16:56:29 | Poem


沙漠の自然の風物の中で、一つを選ぶとすると、乾河道ということに
なる。一滴の水もない河の道だ。大きなのになると川巾一キロ、砂州
がそこを埋めたり、大小の巖石がそこを埋めたりしている。荒れに荒
れたその面貌には、いつかもう一度、己が奔騰する濁流で、沙漠をま
っ二つに割ろうという不逞なものを蔵している。そしてその秋の来る
のをじっと待っている。なかには千年も待ち続けているのもある。実
際にまた、彼等はいつかそれを果すのだ。たくさんの集落が、ために
廃墟になって沙漠に打ち棄てられている。大乾河道をジープで渡る時、
いつも朔太郎まがいの詩句が心をよぎる。――人間の生涯のなんと短
かき、我が不逞、我が反抗のなんと脆弱なる――



秋……「とき」と読みます。

乾河道……「河道=かどう」は河水の流れる道。
     「かんかどう」と読んでいいかしら?


この詩は昭和59年(1984年)、集英社刊、詩集「乾河道」に収められ、
その後、1990年「増補愛蔵版」の「井上靖 シルクロード詩集」として、
日本放送出版協会より刊行され、再録された作品と思われます。

写真は「大塚清吾」氏です。


辺境地帯や砂漠地帯を旅する時、井上靖さんは小説家を廃業して、
詩人に終始されたそうです。

最近の私は、寝る前にベッドのなかで「一篇の詩」を読むことにしています。
お世話になっているのは、大岡信編「集成・昭和の詩・1995年・小学館刊」が
中心です。その他4冊ほど。

そこに、付箋をいつ貼ったのか思い出せないページがありました。
それが、この詩でした。こうなると眠れない(笑)。

なんと大きな時の流れ。人間の歴史をはるかに超えている。
人間の知恵の及ばぬ時間に滅ぼされ、また生きて、人はささやかに生きていた。
コメント

梅雨の名前

2015-06-18 21:17:28 | Word
写真を撮るようになってから、季節の動きがわずかにわかるようになったような気がします。
花や実や葉の変化によって、季節は移動してゆく。あたりまえのことに気付きます。
それらは、それぞれの季節の名前に関わっているのですね。

最近、素敵な言葉を2つ覚えました。

「栗花落=ついり」
「墜栗花=ついり」

どちらも「入梅」のことで、栗の花が落ちる頃だと教えて下さっています。



落ちるのは「雄花」でして「雌花」は栗の赤ちゃんになります。
あわれな雄花よ……。


さらに3つ目に覚えた言葉は、

「黄梅の雨=こうばいのあめ」

梅の実が黄色くなった頃のことで、「梅雨」のことだそうです。



ひとの暮らしのなかで、カレンダーよりも季節を知らせているのは実は花や実や葉っぱなのですね。
あたりまえのことに深く納得できる言葉はすばらしいです。





コメント

雀のお宿?

2015-06-17 16:01:47 | Stroll


数日前に、枯れた銀杏の木の幹に、まあるい穴を発見!
その後、気になって再度訪問。偶然雀の親が餌をくわえてその穴に入っていったところに遭遇。
しかし、カメラを持っていなかった!残念!

あきらめきれずに、またまた訪問。
穴のなかから、雛の鳴き声がかすかに聴こえる。
そこに、餌をくわえた雀の親が表れる。
距離をおいて、カメラをかまえたが、親雀はとうとう巣に入ってくれなかった。



ごめんね。私が(遠くに)いることに警戒したのね。

それにしても、このきれいなまぁるい穴は雀には作れないと思うわ。
小啄木鳥(コゲラ)の古巣かしら?


コゲラ(小啄木鳥)の巣作り

コメント

映画『あん』

2015-06-14 00:43:13 | Movie

映画『あん』予告編


 
監督&脚本:河瀬直美
原作:ドリアン助川

キャスト
徳江:樹木季林
千太郎:永瀬正敏
ワカナ:内田伽羅(樹木季林のお孫さんらしい。)
佳子:市原悦子

舞台は東村山市、国立療養所多摩全生園に住む「徳江」と、
「どら春」というどら焼きしか売っていない小さなお店の「千太郎」が出会う。
桜満開の季節に。

「徳江」の作った「あん」のおいしさに店は一時的に繁盛するのだが、
驚いたことは、今だ「ハンセン病」への偏見と誤解が人々に残っているということだった。
店には客が来なくなる。


今までの日々のなかで、すでに充分に悲しみ、傷つきながら生きてきた人たちが、
出会い、尚も幸せになることが難しい人々の悲しみや苦しみを、
女性監督が丁寧にやさしく、細やかに映像化していた。


《追記》
ここに原作者のドリアン助川さんのお話があります。



コメント (2)

花から実へ

2015-06-12 16:36:21 | Stroll
春に咲いた花たちが実をつけている。
何の不思議もないことですが、「実る」という言葉は嬉しいものです。


 ブラックベリー (少年がまだ酸っぱいであろう実を食べていました。)


 桑の実


 花梨の実


 いちじくの実


 柿の実 


 栗の赤ちゃん 


 りんご


 山桃の実


 梅の実 熟すぎているわ。
コメント