ふくろう日記・別室

日々の備忘録です。

映画『大統領の執事の涙』予告編

2014-06-16 16:21:44 | Movie
映画『大統領の執事の涙』予告編
コメント

映画『マンデラ 自由への長い道』予告編

2014-06-16 16:19:46 | Movie
映画『マンデラ 自由への長い道』予告編
コメント

「大統領の執事の涙」と「マンデラ 自由への長い道」

2014-06-14 21:40:29 | Movie

まずは、最近観た「マンデラ 自由への長い道」がどうつくられ、どこの国が関わったか?

監督 ジャスティン・チャドウィック
脚本 ウィリアム・ニコルソン(英語版)
原作 ネルソン・マンデラ『自由への長い道 ネルソン・マンデラ自伝(英語版)』
音楽 アレックス・ヘッフェス(英語版)

配給  イギリス「パテ」
    日本「ウォルト・ディズニー スタジオズジャパン」

公開 カナダ 2013年9月7日
    南アフリカ共和国 2013年11月28日
    イギリス 2014年1月3日
    日本 2014年5月24日

製作国 イギリス 南アフリカ共和国
言語 英語

ネルソン・マンデラ役を演じたのは「イドリス・エルバ」、とても大きな俳優さんで素敵!




2月に観た「大統領の執事の涙」について。

監督 リー・ダニエルズ
脚本 ダニー・ストロング(英語版)
原作 ウィル・ハイグッド「A Butler Well Served by This Election」

配給 アメリカ合衆国 「ワインスタイン・カンパニー」
    日本 「アスミック・エース」

公開 アメリカ合衆国 2013年8月16日
    日本 2014年2月15日

製作国 アメリカ合衆国
言語 英語

執事のセシル・ゲインズを演じたのは「フォレスト・ウィテカー」この俳優さんも同じく素敵!




さて。2月に「大統領の執事の涙」を観て、6月に「マンデラ 自由への長い道」を観た。
偶然に黒人を主人公にした映画だったが、どちらも心に残る。しかしうまく言葉が出ない。
そして、やっと今頃になって、2本の映画について私なりに書いてみようと思った。
黒人に対する人種差別の歴史は永い。そしてこの2人は実在した人物であったこと。
生涯を通して人種差別の時代を生きたこと。

ネルソン・マンデラは弁護士をしながら「黒人差別」に対して激しく戦い、刑務所に永く投獄されながら、
「闘うこと」と同時に、静かに非暴力で生き抜くこと通して、長い人種差別の終わりを導いた。
そして、南アフリカ共和国第8代大統領(任期 1994年5月10日 ? 1999年6月14日)に就任した。
彼が暮らした場所は「南アフリカ」だった。

「大統領の執事の涙」の主人公「執事のセシル・ゲインズ」は、アメリカ南部の奴隷の子供だった。
親は雇い主に殺された。そして、そこを離れてなんとかホテルマンになった。
その彼の寡黙で真面目な働き方を認められて、ホワイトハウスにおいて、大統領の執事になった。
仕えた大統領は「アイゼンハワー」「ケネディー」「ジョンソン」「ニクソン」「フォード」「カーター」「レーガン」と7人になった。
キューバ危機、ケネディ暗殺、ベトナム戦争……アメリカが大きく揺れ動いていた時代だった。
執事の働いた期間は34年に渡る。しかし雇用待遇そのものは白人と差別されていた。


最後に2人の家族について。

ネルソン・マンデラとその妻は同士として夫婦になった。しかしマンデラの永い刑務所生活の間に
2人の考え方にズレが生まれた。娘も母親と同じ生き方を選ぶ。孤独なマンデラだった。

セシル・ゲインズは仕事に忠実なばかりに、妻に寂しい思いをさせる。
2人の息子は「ベトナム戦争に志願した者」「公民権運動に走った者」に分かれてゆく。
孤独なセシルであった。
コメント