サキさんの介護日記     (若年性認知症の妻との記憶)

若年性認知症の妻。今までの介護の記憶と、現在の様子を気分のままに書いていきます。

口は口ほどにものを言う

2018年05月30日 22時37分57秒 | 今日のサキさん
歯ぎしりのせいで、下の前歯がどんどん引っ込み、歯並びがとっても悪くなってしまったサキさん。スプーンを口に持っていっても、半分くらいしか口の中に入りません。しかも、歯の前に残ってしまうものもあります。口の中に入ったと思っても、リスやハムスターの頬袋の様に、奥の方に食べ物が残っていることも多くなりました。

歯ぎしりだけ、何とかならないかな。

今日も、お姉さんに食事介助の一切を任せて、私はサキさんの横で、ちょっかいを出すだけです。そして、サキさんは、好きなもの(卵やサツマイモ)が口の前に運ばれると大きく口を開くくせに、ご飯だけの時は、ちょこっとしか口を開きません。しっかりと自分の意志を表している感じです。

でも、介助している身からすると、全て、しっかり口を開けて食べてほしいのですが。しかも、表情は、思いっきり渋い顔のままです。もちろん笑顔を見せることもありません。

しかめっ面で食べてても、おいしくないだろうにな~・・と思うのですが。

それでも、時間をかけて今日も完食。やっぱり、お姉さんの介助の時の方が、食が進んでいるような気もするな。

その後、お姉さんによる歯磨きタイム。思いっきり口を堅く閉じて抵抗するサキさん。今のサキさんが、一番自分の感情を表現できるのが、口なんだろうな。

大きく開いて、食べ物を催促したり、閉ざして拒否したり。すっぱいものや辛し和えなどの刺激のあるものに、思いっきり口をゆがめて反応したり。

サキさん、しゃべらないけど、
口は口ほどにものを言う
コメント

2018年05月29日 21時29分45秒 | サキさんとの記憶
昨日、5月28日は娘の26回目の誕生日だった。

と言っても、何もするわけでもなく、当人も夜勤明けでくたくたのはずなのに、少し休んだだけで、すぐに遊びに出かけたみたいです。若いからもつんでしょうが・・・。

そんな娘が小さいころ、サキさんがよく言っていました。
「この子が大きくなるまで、一緒にいられるだろうか。ちゃんと大きく育ってくれるだろうか。消えちゃいそうな気がする」
と、娘が小学校の低学年のころまで言っていました。高学年になってから、安心したのかもう言わなくなりましたが・・。

そんな娘も、サキさんの心配を知ってか知らずか、すくすくと成長し、もう26才になりました。


5年前の成人式の時の写真です。
この時から、5年半。さらに大きく(横にも)成長した娘です。

サキさんが心配したような事にはなりませんでしたが、今のサキさんの頭の中には、娘のことは残っているのでしょうか?

娘の記憶は、消えずに残っているのでしょうか。

コメント

6年前

2018年05月27日 22時07分12秒 | 今日のサキさん
今日は、第4日曜日、「アルトひまわり会」の日です。
今日、アルトひまわり会は6年目に入りました。

丸5年が過ぎたことになります。5年前からずっと参加している人も少なくありません。必然的に、5年間を振り返ってというのが今日のテーマになっていきました。

5年前、平成25年5月、サキさんは要介護3.前年の7月に初めて介護認定を受け、その時は要介護1でした。25年の春に、施設(その時は小規模多機能を利用)の利用日数を増やそうと介護認定の見直しを申請し、1から3に変ったばかりでした。

この頃のサキさんは、要介護3ではありましたが、比較的おだやかで、活動的で、普通に歩き、食事も自分でとれていました。トイレも自分で行けていました。ただ、買い物は一人ではできなくなっていました。というか、行けなくなっていました。家からほんの100mほど離れたスーパーの場所がわからなくなっていました。小規模多機能のデイサービスを使う日以外は、家で一人でじっとしている生活になってしまいました。

道に迷うことをとても怖がっていたサキさん。
壊れていく自分の脳(自覚はあったと思います)に、すごい不安を感じていたサキさん。
「死にたい、死にたい、いつまで生きとらないかんの?」と、訴えるサキさん。この頃のサキさんは、感情の起伏がとても激しく、揺れ動いている感じでした。

その1年後、平成26年の8月、サキさんは入院。ここからサキさんは、入院、老健、自宅(1か月間だけ)再入院、そして2年半前の平成27年11月、今の特養さんに入所しました。


6年前のサキさんです。2012年5月27日とあります。丁度6年前のサキさんです。介護申請をする2カ月前のサキさんです。

二人で、愛知県の国宝犬山城に登った時の写真です。エレベーターもなく急な階段を、登りました。登るのはまだ何とかなったのですが、下りる時は、すごく怖かったみたいで、とても時間がかかってしまいました。パッと見は普通に見えるので、他の方には少し迷惑をかけてしまったかもしれません。

それでも、二人でお城を楽しむことができました。「二度と登らん」と、サキさんは文句を言っていましたが。

あれから、まだたったの6年。
たったの6年。


コメント (2)

食べるのに時間がかかるように

2018年05月26日 22時22分08秒 | 今日のサキさん
今日は、久しぶりの休みの土曜日。

午前中、眼科(緑内障)と、買い物、そして町内会費の徴収と、用事を済ます。

眼科では、中央の視野も見えにくくなっていると言う事だったが、根本的な治療法は無いみたいだ。必要なら大学病院に紹介状を書くと言われた。どうしよう。次回の受診の時に紹介状を書いてもらおうかな。

町内会費は、意外とすんなりいった。1軒だけみえなかったが、それ以外の方からは頂くことができた。1軒は事業所なので、平日しかみえない。今度、仕事を定時で終えられたときに行ってみます。

久しぶりの休みの土曜日なので、サキさんのところには早めに行って、ゆっくり過ごそうと思っていたのですが、ぼ~~っとテレビを見ていたら、いつも間にかウトウトしたりして・・・気がついたら、もう5時前。慌ててサキさんのところへ。


相変わらず、厳しい表情で歯ぎしりを繰り返すサキさんです。

しばらくして夕食が始まりました。一番先に食べ始めたサキさんでしたが、気が付けば、他の利用者さんの食事は片づけ終わり、テーブルにはサキさんの食事だけが残されています。
5時50分くらいから食べ始め、食べ終わったのは6時30分過ぎ。実に40分以上の時間をかけましたが、結局、味噌汁ときんぴらごぼうは食べ残してしまいました。

口の開け方も小さくなり、今日みたいに時間もかかるようになったサキさん。これからどんどん暑くなって、ただでさえ食欲の衰える季節になります。サキさん、頑張って食べようね。時間かかってもいいから。


これは水曜日のサキさん。

食べるのに時間がかかるようになったサキさんですが、水曜日のいんげん、今日のアスパラガスは、口にくわえてからうまいこと取り込んでいました。(かっぱえびせんに似てたからかな)

まだまだ出来ることはちゃんとある。
コメント

立て続けに

2018年05月20日 22時36分51秒 | 私の日記
いろんな人が立て続けに亡くなる。

西城秀樹さん。63才か、ほぼ同世代だし、有名な曲はみんな歌える(別にファンという訳でもなかったけど。サキさんも)でも、年齢の近い人が亡くなるとショックだな。テレビで「オーロラ」の映像なんか流れると、いつも決まって「オー、ロ~~ラ」と秀樹さんのマネして歌うのがつねでした。サキさんはあきれてたけど。

星由里子さん。子供の頃、映画館でよく見た人だ。見たかった映画は「ゴジラ」なのだが、東宝の配給の都合か、いつも「若大将」シリーズが「ゴジラ」とセットになっていた。だからいまだに記憶に残っている。「きれいな人だな」とあこがれた覚えがある。青大将の田中邦衛さんが一番記憶に残っているけど、その次に印象に残っている。星という名字も、「巨人の星」の星飛雄馬と重なって、強烈な印象を残したのだろう。

朝丘雪路さん。こちらも子供の頃の「11PM」の印象が強い。と言っても、小学校の高学年の頃は、診たくても見れなかった。そんな時間まで起きていることは許されてなかった。だいたい10時には寝ていたので、11時なんて・・・。でも、何かいやらしそうな大人の番組だという噂は聞いていたので・・・。

知っている人が亡くなるのは、やっぱり悲しいですね。淋しいものですね。全く関係のない人でもこんな寂しい気持ちになる。

サキさんは、誰が一番ショックかな?

さほど、興味もないかも知れないな。
でも、やっぱり、西城秀樹さんかな。年も近いし。
コメント

聞き分けてる

2018年05月19日 21時20分39秒 | 今日のサキさん
「サ~~キさん」と声をかけると、大きく目を開いて「私のこと呼んだ?」とでもいう感じで反応するサキさん。

「お父さんやよ」と、サキさんの前に顔を持っていきながら声をかけると、いつものように思いっきり目を閉じ、拒否反応?を示すサキさん。

すぐその後で、「お姉ちゃんだよ」と、声をかけるお姉さんには、再び、パッと目を開いて反応するサキさん。

ちゃんと、ちゃんと、聞き分けている。

と言う事は、私に対しては、サキさん、ちゃんと自分のはっきりした意志で「目を閉じている?」

嫌われてる???のか。


私には、相変わらず厳しい表情のサキさんです。
コメント

仕切り

2018年05月18日 23時01分39秒 | 私の日記
そこに、溺れて助けを求めている人がいる。

「待っててね、今、助けに行くから」飛び込んて助けようとする人を、後ろから止める人がいる。
「それは、消防の仕事だから、消防の人に任せないと。それは、あなたの仕事ではありません。」


道に迷った人に、声をかけられた。

「この場所に行くには、何処をどう行けばいいのですか?」その方に答えようとすると
「それは交番のおまわりさんの仕事で、あなたの仕事ではない。答える必要はない」と、さえぎられる。

そこに苦しんでいる人がいる、悩んでいる人がいる、困っている人がいる。

なら、その方たちのために出来ることを考える。そこに、「これは~の仕事で、あなたのやるべきことではない」という、垣根、仕切りは必要ないと思います。それが、私たちにも出来ることなら、ためらわずに手を差し伸べるべきだと思います。

「それは、私たちの仕事じゃない。行政に任せておけばよい。」ではなく、私たちにも出来ることならば、やれることならば、続けられることならば、誰がやったっていいじゃないですか。

困っている人、悩んでいる人達の力に、少しでもなれるのなら、そのために出来ることがあるならば、勇気と知恵を出し合って、頑張っていきましょう。
コメント

食べるのがヘタになった?

2018年05月16日 22時14分32秒 | 今日のサキさん
明らかに食べ方が以前と違ってきている。

口は大きく開かない。

細長い食べ物を、うまく口の中に取り込めない。

あまり噛まず(?)に、飲み込んでいる。

食べながら、少しウトウトするような。前も目を閉じていたが、反応は良かった。今は、少し眠そうな感じが・・・。



微熱はおさまったみたいだけど、食事が進むと、必ず鼻水を垂らすサキさん。

大丈夫かな。

しきりにブツブツと何かを言いたげなサキさん。

私の顔を確認すると、思いっきり目を閉じるのは、今まで通り。
そこだけは、変わってくれないかな。
コメント

サキさんの目に涙

2018年05月09日 22時50分08秒 | 今日のサキさん
サキさんの目から涙がこぼれた。

「ア~~~~~」っと、大声を出した後でした。

食事が終わり、歯磨きを取りにサキさんの部屋に戻った時、サキさんが大声をあげました。

あわてて、サキさんのところに戻り
「大きな声だったね、びっくりしたね」って、声をかけた時

サキさんの目に涙が光っていた。

理由は分からないけど、何かを伝えたかったのだろうか?

大声を出した時に、苦しくなって涙が出たんだろうか?

今のサキさんには、何か自分の気持ちを訴えたいときには叫ぶことしか残されていない。
その残された力で、精一杯、涙ながらに訴えたサキさん。

一体、何を伝えたかったのだろう。



最近、口の開け方が小さくなったサキさん。
あまり噛まずに飲み込むようになった(気がする)サキさん。
ちょっと、熱っぽかったサキさん。
食事中、鼻水が垂れることが多くなったサキさん。

完食は出来ていますが、以前より、はるかに時間はかかるようになりました。

サキさん、大丈夫かな?

熱と鼻水のことをスタッフさんに告げて、施設を後にしました。
コメント (2)

それでも、やっぱり

2018年05月07日 21時44分58秒 | 私の日記
TOKIO 大好きだったサキさん。

セクハラとかに、とても厳しかったサキさん。女性の人権が脅かされる事件があるたびに、とても激怒していたサキさん。

大好きだった城島リーダーや、3人のメンバーが頭を下げて謝罪している。

サキさんなら、どう思ったのだろう。
どう感じただろう。
何て言うだろう?

そして昨日、山口君とジャニーズ事務所の契約が解除された。

サキさんの大好きだった TOKIO は、どうなってしまうんだろうネ。

4人は、個人として、それぞれの仕事をしっかりこなしていくだろう。だけど、サキさんの好きな TOKIO という5人組での活動は、もう見れないのかな。

サキさん、何て言うかな?
サキさんなら、どう思ったんだろうな?



それでも、やっぱり、TOKIO が好き、って言いそうだな。

セクハラとかと一番遠いところに居るグループだと思っていた。

だから、余計にショックなんだろうな。

だけど、それでも、やっぱり、TOKIO が好き。
城島リーダーの、しかめっ面はあまり見たくない、似合わない。

やっぱり、優しく明るく楽しい tokio が好き。

サキさん、TOKIO は、4人でがんばるそうです。

これからも見守っていきましょうね。
コメント

久しぶりの息子と

2018年05月04日 16時58分32秒 | 今日のサキさん
今日、久しぶりに息子に会いました。
2年ぶりだろうか。
まあ、生きてりゃいいさと、ほっておいたけど、あまりに長い間会っていないので、近況報告も兼ねて、久しぶりに会うことにしました。

近く(県内)に住んでいるんだけど、特に用事もなかったので、気がつけば2年もほったらかしにしていました。久しぶりに会った息子はちょっとぽっちゃり。(誰に似たのか?)

昼ご飯を一緒に食べ、サキさんのところに一緒に出掛けました。

車椅子に乗って、食後の口腔ケアを待っていたサキさん。ケア後、サキさんを外に連れ出し、ほんのちょっと外気にふれてもらいました。



外に出ても、やっぱりサキさんは、目を閉じたまま。それでも、いつもよりは穏やかな表情に見えます。

部屋に戻っても、目は閉じていますが、息子の声をちゃんと聴いているサキさん。しきりに体をピクピクさせたり、頭を前に出したりして反応します。

平成30年5月4日久しぶりに息子と


そして、息子が小さかった時の、お母さんに甘える時の、決まりのフレーズ
「おかあしゃん、おかしゃん」
しっかり反応して「ハッハッハ」と笑い声をあげてくれたサキさん。



今日は、眉間にシワはみえませんでした。久しぶりに穏やかな気持ちになれたのでしょうか。

それでも、私と目が合うと、すぐさま、目を閉じるサキさんでした。

久しぶりに息子に会えてよかったね、サキさん。
コメント (4)

今日もいろんな反応を

2018年05月02日 22時19分34秒 | 今日のサキさん
今日は、雨の中、お姉さんとサキさんの食事介助に行ってきました。

今日もいつものサキさんです。

ずっと、こんな感じの表情。

それでも、デザートのバナナをお姉さんがサキさんの口元に運ぶと、香りに反応してか口を開いて催促します。

そして、粉薬をトロミの付いたお茶でくるんで「薬やで、飲んでね」と口元に持っていくと、固く口を閉ざして飲もうとしてくれません。結局、ご飯で包んで飲んで(食べて)もらいました。

途中で、食事介助をお姉さんに任せ、ヒマな私がサキさんの左右のこめかみを左手の親指と小指でギュッと触ると、サキさんの表情がみるみる変わり、今にも叫びだしそうになりました。あまりの変化にびっくりしながらも、調子に乗ってもう1回左手で触ってみると、再び表情が曇り「ア~~」と声を出したサキさんでした。

よっぽど嫌だったんでしょうか? そんなに力は入れてなかったのですが...。

今日も、しっかりと様々な反応を見せてくれました。


施設の玄関のツバメも顔をのぞかせていました。

サキさんも、次は笑顔をのぞかせてくれないかな。
私が、変なことばっかりするで(鼻をつまんだり、サキさんの下唇をブルンブルンさせて遊んだり、耳たぶを引っ張ったり、おでこをくっつけたり…)怒ってるのかな?

遊んどるんじゃなくって、スキンシップやでね。(ほんのちょっと遊んどるだけやで)
いつか、また、笑顔を見せてね。

明日も仕事やで、面会に行けんけど、ゴメンね。
コメント