公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

7月31日の大事故レース

2008-07-31 19:46:32 | 競艇

尼崎1レース

http://cgi.kyotei.or.jp/race/kekka.php?day=20080731&jyo=13&race=01

1名(1)妨害、1名(4)エンスト。

http://www.webkyotei.jp/rebroadcast/amagasaki2/new/200807311301%u7AF6%u8247%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9%u30FB%u7AF6%u8247%u7814%u7A76%u793E%u676F.asx

1周1マーク、1がターンマークに激突して転覆。これに4、6が絡まれ、レース進行を阻まれる。6はその後追走できたが、4はエンスト。

徳山周年9レース

http://cgi.kyotei.or.jp/race/kekka.php?day=20080731&jyo=18&race=09

2名(2、4)妨害、2名(3、5)転覆。3連単・3連複不成立。

http://210.148.108.173/bb_top/new_bb/txt/18/rep/rep2008073109.asx

1周1マーク、逃げる2がバランスを崩し、2を捲りにかかった4がいずれも転覆したところ、2につけて回った3、4につけて回った5もいずれも乗り上げて転覆。


この記事をはてなブックマークに追加

先生がレーザー・レーサー着用

2008-07-31 13:59:41 | 競輪

水泳では話題を一身に集めたSPEEDOのレーザー・レーサーを、あの長塚先生が使用することになった。

http://news.goo.ne.jp/article/jiji_sports/sports/jiji-sp-080730F458.html

http://www.sponichi.co.jp/olympic/news/2008/07/31/05.html

0.1~0.2秒ほど縮まったとか。思えば4年前のアテネでは、長塚は大体17.5秒ぐらい出していた。これが0.2秒縮まれば17.3秒。ということは、世界トップクラスのタイムを誇る、フランスのボジェに匹敵するタイムが出る計算。但し、4年前と同じく、レーザーを着なくても17.5秒程度出るかどうかが問題だが・・・

ま、日本は2、3走が他国と比較すると弱いから、長塚のロケットダッシュに依存する部分がどうしても大きくなりそうだが、レーザー・レーサーの威を借りて、4年前と同様に、「まさかの」メダル獲りに挑む。

しかし、一番の問題は2、3走が長塚のダッシュについていけるかどうかだな・・・

長塚だけ頑張ってもなぁ・・・


この記事をはてなブックマークに追加

ロンドンで勝負しろよ

2008-07-31 13:51:21 | 競輪

昨日、自転車競技のオリンピックのみならず、パラリンピックの日本代表選手も一同に参加して壮行会が行われた。パラリンピックについてはここ2大会連続でメダルを獲得していることから、今回も是非とも期待したいところだが。

オリンピック勢の面々だが、次のロンドンも狙える選手たちが少なくない。特にトラックについてはそういえる。したがって、北京でダメだからといって、それでお終い、なんてことにはならないようにしてもらいたいもの。

ま、こんなことをいうのは何だが、ロード、MTB、BMXについては参加することに意義がある。トラックの女子についても同様。しかし、トラック男子については、参加するだけで意義を感じてもらっては困る。

メダルがダメでも、出る種目は少なくとも全て入賞するというような形にもっていかないとな。

チームスプリントについては、その可能性は一番ありそう。ケイリンもうまくいけば何とかなるかもしれない。ポイントはギリギリ可能性あるかも。問題はスプリントか。

とにかく、200MFTTを突破できないもんなぁ。なぜできないかというと、これは日ごろの競輪の競走において、省エネ先行みたいなことをやっている癖がついてしまっているからといえる。

日本の選手の場合、200M計測時点におけるスピードの乗りが悪い上に、最後は垂れた状態(余力が残っていない状態)でゴールする。だからタイムが悪い。少なくとも、333で1周半ぐらい逃げ切れるだけの力を蓄えることが大事だろうな。

とはいっても、北京まではもう時間がないからどうすることもできない。問題は北京が終わったあと、競輪の競走そのものが変わっていかないとダメだということ。

後ろのマーク屋のご機嫌を取りながら駆けたってどうしようもない。マーク屋を千切れさせる走りをするのが当たり前。さらに、誘導ペースをもっと上げるべし。

せっかく年中走れるという恵まれた機会を持つ競輪選手なのに、今の状況では明らかに先行選手がスポイルされてしまっている。もっとも、山崎の真似をして、大ギアばかりに拘っている若い連中の姿勢にも問題がありそうだが・・・

「ロンドンへ向けて、競輪が大きく変わります!」

というふうに持っていかないとな。ということは、即座に競輪が変わる必要があるのは明白。

(追記)

本日31日、NHKラジオ第1放送で22:00から約1時間放送される、NHKジャーナルに、永井清史が登場予定。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

メダル以前の問題か?

2008-07-31 07:39:39 | 競輪

ほとんど期待されていない日本自転車競技勢の中で、唯一期待が大きい伏見俊昭。

「メダルは軽々しいものじゃない」と発言したが、ま、その通りだろうな。

http://news.goo.ne.jp/article/jiji_sports/sports/jiji-sp-080730F455.html

今年の世界選手権ではたまたま決勝に駒を進められたけど、準決勝さえ進出するのが困難という流れなのがケイリン。

もちろん北京についても、伏見については、まずは準決勝に進出することが大事と言いたい。

逆にいえば、予選は力の有無が問題になるが、準決勝以上のレースではそれだけでは勝ちあがれないので、レースセンスというものが求められる。となれば、伏見にもチャンスが出てくる。

ということは、予選で楽して勝ちあがることが大事。敗者復活回りなんてことになったら、恐らく準決勝進出も困難になるだろう。つまり、まずは予選を全力投球することが大事だ。


この記事をはてなブックマークに追加

ケイリン五輪採用に不正疑惑

2008-07-30 17:08:43 | 競輪

といっても、前々から日本車連が水面下でIOCに多額のカネを出していたという噂は聞いていたが・・・

BBC(英国放送協会)が27日、シドニー五輪でケイリンを採用してもらうべく、日本自転車振興会(日本自転車競技連盟)からUCI(国際自転車競技連合)に約300万ドル(約3億2700万円)が支払われていたと報じた。

そのカネは、IOC(国際オリンピック委員会)のフェルブルッケン北京五輪調整委員会の渡航費などに使われていたとか。

ま、他競技でも似たようなケースが恐らくあるはずだろ。とはいっても、3億円を越えるカネが出ていたとなると、これは大問題といってもいいな。しかも、UCIは「ノーリスク」でIOCにカネを出していたということになるわけで、日本車連との癒着についても問題が出てきそう。

そして、ケイリンが五輪種目から除外、ということになると、ケイリン(KEIRIN)の存在すら認めない、「競輪崇拝論者」が息を吹き返すのは必至?

「何を考えているんでしょう!競輪は日本固有の立派なギャンブルなんですよ!!」

「オリンピックから外れたんですよ!もうKEIRINなんて言っている場合ではないんですよ!」

しかしそのことは、「競輪の終焉」を意味することにもなるけど・・・

(追記)

ところで、今回のオリンピック・ケイリンの優勝候補の筆頭はクリス・ホイ。スコットランド人なんだが、BBCにとってみれば関係ないのか?

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ただの競走馬になってしまうかも

2008-07-29 23:10:45 | 競馬

エリザベスクィーン、ついに連敗記録にピリオド。

http://www.sponichi.co.jp/gamble/flash/KFullFlash20080729061.html

レースの模様はこちら。御大・吉田アナが実況しているとは・・・

http://www.chihoukeiba.jp/nar/meta/vod/27/2008/07/29/272008072908.asx

途中までは普通に実況していた吉田アナが、エリザベスクィーンが先頭に立つや、自身お得意の声が裏返る実況に転じ、

「これが初ゆうしょ・・・、いや初勝利です!」

と締めた。

レースは終始2番手でレースを進めるという絶好の展開。しかしこの馬は園田の勝負どころとなる、3~4角付近でいつも手ごたえが怪しくなっていたが、このレースも、鞍上が手を動かしていた。

これは今日もちょっとまずい、かと思われたが、直線に入って力強い伸びを見せた。デビューからの未勝利記録は165でストップした。

しかしながら、これでエリザベスクィーンも、「ただの競走馬」ということになってしまったか?今後話題にしてくれるかどうか最も心配しているのは、園田の関係者だったりして・・・


この記事をはてなブックマークに追加

7月29日の大量落車

2008-07-29 18:42:07 | 競輪大量落車

小松島記念4レース

http://keirin.jp/pc/dfw/dataplaza/guest/raceresult?KCD=73&KBI=20080729&RNO=4

1名(8)失格、3名(4、5、7)落車。

http://www.shikoku-keirin.jp/liveset_komatsushima/replay.php?day=4&race=04

最終2角、8が4を押し上げて落車させ、5、7が乗り上げ。


この記事をはてなブックマークに追加

7月29日の不成立レース

2008-07-29 18:23:12 | オートレース

浜松12レース優勝戦

http://autorace.jp/netstadium/ns/RaceResult/Display/?p=4&d=2008-07-29&r=12

3名(5、2、7)落車のためレース不成立。5が原因。

http://autorace.jp/netstadium/ns/Ondemand/asx/?d=20080729&p=4&r=12

残りあと2周、先頭を走る5がドドッてしまい転倒。これに2番手追走の7、3番手追走の2が乗り上げ。


この記事をはてなブックマークに追加

中京が変わる

2008-07-29 13:52:42 | 競馬

今日の日刊を見たら、中京競馬場のコース形態が大きく変わる記事が掲載されていた。

http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2008/07/29/06.html

現在のコースと較べて、幾分左寄りに大きくコースが取られることになり、芝では、現在4角のポケット地点は2200m、2角のポケット地点は1400m、そして1、2コーナーの間には1600mのスタート地点が設けられる。したがって、芝の距離設定は、1200、1400、1600、2000、2200、3000mとなる。芝の1周は約1700m、直線は410m。

ダートは1周約1530m、直線410m。距離設定は1000、1200、1400、1800、2500m。

また、中京といえばコーナーがきつい競馬場として有名だが、今回の全面改修により、幾分緩和されるとか。また、スタンドも全面改修となる。2010年4月竣工、2012年1月完成予定。ということは、2010年の高松宮記念開催のあと工事に入る予定。

中京といえば、JRAの地方場所という位置づけながらも、東西4場以外では唯一のG1開催場だし、また京都か阪神の開催が休止となれば、中央場所的な役割を果たして競馬場であるが、スタンドやコース自体はまさにローカル競馬場的色合いが今も濃く残っているところである。

しかしながら今回の改修により、中央場所の競馬場にもヒケを取らない施設に生まれ変わる予定。それと、地方競馬の中京開催復活はあるのかね?改修後のコース設定ならば、JBCの開催も可能となりそうだが・・・


この記事をはてなブックマークに追加

7月28日の大波乱レース

2008-07-28 18:53:15 | 競艇

戸田5レース

http://cgi.kyotei.or.jp/race/kekka.php?day=20080728&jyo=02&race=05

1名(3)エンスト、1名(5)妨害、1名(6)転覆。

http://210.148.108.173/bb_top/new_bb/txt/02/rep/rep2008072805.asx

2周2マーク、5が転覆し、これに6が乗り上げ、さらに3も乗り上げてエンスト。


この記事をはてなブックマークに追加

騎乗停止ラッシュ

2008-07-28 08:42:46 | 競馬

中央競馬の今月の開催は終わったが、騎乗停止ラッシュの様相を呈した。

http://www.netkeiba.com/news/?pid=news_view&no=29498&category=A

http://www.netkeiba.com/news/?pid=news_view&no=29650&category=F

http://www.netkeiba.com/news/?pid=news_view&no=29781&category=F

http://www.netkeiba.com/news/?pid=news_view&no=29782&category=F

http://www.netkeiba.com/news/?pid=news_view&no=29809&category=A

http://www.netkeiba.com/news/?pid=news_view&no=29917&category=F

http://www.netkeiba.com/news/?pid=news_view&no=29918&category=A

http://www.netkeiba.com/news/?pid=news_view&no=29935&category=F

武豊までもが・・・

http://www.netkeiba.com/news/?pid=news_view&no=29934&category=F 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

7月27日の大量落車

2008-07-27 23:21:30 | 競輪大量落車

西武園9レース(A級決勝)

http://keirin.jp/pc/dfw/dataplaza/guest/raceresult?KCD=26&KBI=20080727&RNO=9

4名(2、4、1、9)落車。

mms://202.210.162.33/keirin/IMC_26/20080727/VOD/26_zikkyo_vod2_09.wmv

最終2センター、2段捲りを試みた1が、先に捲りきった3の後輪に接触してバランスを崩し転倒。これに2、4、9が乗り上げ。


おーーーーーーーっと!転倒落車!


この記事をはてなブックマークに追加

7月27日の波乱レース

2008-07-27 23:08:06 | 競艇

尼崎12レース・優勝戦

http://cgi.kyotei.or.jp/race/kekka.php?day=20080727&jyo=13&race=12

1名(1)転覆、1名(5)妨害。

http://www.webkyotei.jp/rebroadcast/amagasaki2/new/200807271312%u65E5%u520A%u30B2%u30F3%u30C0%u30A4%u676F.asx

1周2マーク、1につけて回ろうとした5が1と接触して1を転覆させる。


この記事をはてなブックマークに追加

7月27日、波乱続出

2008-07-27 22:52:18 | オートレース

飯塚9レース

http://autorace.jp/netstadium/ns/RaceResult/Display/?p=5&d=2008-07-27&r=9

3名(4、5、6)落車。4が責任。

http://autorace.jp/netstadium/ns/Ondemand/asx/?d=20080727&p=5&r=9

残りあと1周手前の2センター付近、4が内から6を交わしにかかる際、自らバランスを崩し転倒。これに6も巻き込まれ、さらに5が乗り上げ。

伊勢崎6レース

http://autorace.jp/netstadium/ns/RaceResult/Display/?p=3&d=2008-07-27&r=6

不成立。

http://autorace.jp/netstadium/ns/Ondemand/asx/?d=20080727&p=3&r=6

豪雨によりレース実施が不可能となったため。

伊勢崎7レース

http://autorace.jp/netstadium/ns/RaceResult/Display/?p=3&d=2008-07-27&r=7

不成立。

http://autorace.jp/netstadium/ns/Ondemand/asx/?d=20080727&p=3&r=7

6レース同様の理由につき不成立。


伊勢崎の豪雨についてはかなりひどい様子だったようで、レースの公正が確保できないという審判団の決断は正しかったように思われる。なお、8レース以降、最終レースまでは実施された。

ところで、大量落車ということになると、決まって飯塚が出てくるように思われるが、走路面に問題はないか?はたまた選手に問題があるのか?


この記事をはてなブックマークに追加

オーシャンカップ優勝戦

2008-07-27 21:20:15 | 大レース回顧集

第13回オーシャンカップ優勝戦は27日、蒲郡競艇場で行われた。

進入は、1・松井繁、2・笠原亮、3・今垣光太郎がスロー。4・濱野谷憲吾、5・中村有裕、6・白井英治がダッシュの枠なり。

スタートタイミングは、3、4、5がよく、スリット通過後、カド位置の濱野谷が絞って出ようとしたところ、今垣がこれに抵抗。1周1マークはスタートタイミングでは一番遅かった松井が先マイ。しかし内懐に差しのハンドルを入れた濱野谷の回り足もよく、1マーク旋回時ではほぼ同体。しかし、伸びで松井が勝り、2マークでは松井が再度先マイ。

2周1マーク通過後、松井がリードを広げて決着をつける。なお、3着争いも激戦だったが、2周2マークで笠原が決着をつけた。

グランドチャンピオン決定戦優勝戦では、1号艇の湯川浩司と互角の勝負を演じながらも惜敗した形となった松井だが、今度は自らが1号艇に回り、逆に濱野谷の抵抗を受ける形となった。

濱野谷の回り足の鋭さにてこずりながらも、伸び足で濱野谷を上回り、今年SG2度目、オーシャンカップでは3度目の優勝を果たした。今年はこの勢いでいけば、史上初の3億円選手の声もあるだけに、今回のこの優勝が持つ意味合いは相当に大きいものであるといえる。

濱野谷もよく抵抗したが、次第に松井に離されて行った。しかしながらよく健闘したといえよう。


この記事をはてなブックマークに追加