公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

7/31 向日町記念初日現地動画

2014-07-31 21:42:18 | 現場レポート
独走する深谷知広

村上義弘「ガッツポーズ」だ!

元徳島インディゴソックスの小松崎大地逃げ切った!

この記事をはてなブックマークに追加

向日町記念初日

2014-07-31 21:01:12 | 競輪
1R 10:50 S級一次予選 先頭固定競走  1 → 2 → 4

2R 11:15 S級一次予選 先頭固定競走  9 → 3 → 7

3R 11:40 S級一次予選 先頭固定競走  1 → 3 → 9

4R 12:08 S級一次予選 先頭固定競走  3 → 7 → 8

5R 12:36 S級一次予選 先頭固定競走  3 → 9 → 4

6R 13:06 S級一次予選 先頭固定競走  3 → 5 → 7

7R 13:36 S級一次予選 先頭固定競走  7 → 9 → 3

8R 14:08 S級一次予選 先頭固定競走  5 → 3 → 7

9R 14:42 S級一次予選 先頭固定競走  7 → 3 → 1

10R 15:19 S級初日特選 先頭固定競走

1 1 阿竹 智史
2 2 成田 和也
3 3 石井 秀治
4 4 柴崎 俊光
4 5 小松崎 大地
5 6 佐々木 雄一
5 7 渡部 哲男
6 8 土屋 裕二
6 9 山口 富生

5 → 1 → 7

11R 15:57 S級初日特選 先頭固定競走

1 1 五十嵐 力
2 2 小倉 竜二
3 3 深谷 知広
4 4 桑原 大志
4 5 坂口 晃輔
5 6 海老根 恵太
5 7 天田 裕輝
6 8 山下 渡
6 9 井上 昌己

3 → 9 → 7

12R 16:35 S級初日特選 先頭固定競走

1 1 村上 義弘
2 2 矢野 昌彦
3 3 園田 匠
4 4 東 龍之介
4 5 松岡 健介
5 6 布居 寛幸
5 7 成清 貴之
6 8 柴田 洋輔
6 9 荒井 崇博

1 → 5 → 6


移籍問題自粛明け、村上兄弟ら5選手が31日復帰「感謝の勝利を」

スポニチアネックス 2014年7月31日 05:30

選手会を脱退し一般財団法人「SS11(イレブン)」への移籍を企図したとして出場自粛勧告を受けた23選手のうち、一律3カ月へと処分を軽減された18選手の先陣を切り、村上義弘(40)、村上博幸(35)、稲垣裕之(37)、成田和也(35)、渡辺一成(30)が31日、向日町競輪で復帰する。

 4月29日(共同通信社杯=伊東)以来の実戦。村上義は自らに語りかけるように話し始めた。「復帰が決まってからの1カ月強は、しっかりと練習できた。ただ3カ月のブランクを埋められるかどうかはスタートしてみないと分からない」

 当初の自粛期間は1年。気持ちをどう保てばいいか分からなかった。誰よりも競輪を愛する男が、競輪を見るのも嫌になった。このままではいけない。折れかけた心を立て直そうとしたときに自粛期間短縮の報が入った。そこからの集中力は、さすが村上義だった。周囲が驚くほどの過酷な練習。低下した体力を一気に回復させた。やれることはやった。表情がそう語っていた。「どんな時もファンは応援してくれた。それに応えるのが自分の義務」。走る喜びを、そして感謝を伝えたい。村上義は熱き走りで復帰戦を飾る。

 ▼成田和也 練習しかすることがなかった。3カ月練習したものを、どう出そうかという期待と、本当に出せるのかという不安が入り交じっている。

 ▼渡辺一成 練習は誰よりもしてきたつもり。レース勘だけ心配だが、いつも通りの運びで力を出し切りたい。

 ▼稲垣裕之 気持ちが切れそうな時もあったが、4人(同じ京都の自粛選手)が支えてくれた。村上義さんの集中力、気持ちの切り替え方には大いに学ばされた。



村上博、4カ月ぶり実戦へ「正直、不安もあった」

村上義の弟・博幸は斡旋停止もあり4カ月ぶりの実戦。自粛期間中もハードな練習を欠かさなかったと胸を張る。「向日町記念の盛り上がりは凄いので正直、不安もあった。ただ、体は自転車に合ってきた」。予選スタートのため、兄と一緒に走る可能性があるのは決勝のみ。初日から突っ走る覚悟だ。

[スポニチアネックス 2014年7月31日 05:30 ]



村上兄弟トークショー(2014 4/22 向日町競輪場)


以下のデータは競輪研究より。

初日売上は12億6015万5600円

入場者数は2747人

この記事をはてなブックマークに追加

元中央・トミケンヒーロー「圧逃」!初重賞勝ち!

2014-07-31 20:47:43 | 競馬
2014年7月31日(木) 門 別 第11競走 ダート 1800m(右)20:40発走 楽天競馬杯 第51回 赤レンガ記念(バゴ賞)

本賞金:200、40、30、20、10万円

1 カネマサゴールド セ7 55.0 松井伸也 岩橋勇 堂山芳則
2 ダイバクフ 牡9 56.0 馬渕繁治 佐藤英明
3 ニシノファイター 牡5 57.0 宮崎光行 堂山芳則
4 ビービーガザリアス 牡7 57.0 井上幹太 堂山芳則
5 グッドグラッド 牡5 56.0 五十嵐冬 高橋司
6 バルーン 牡7 57.0 井上俊彦 林和弘
7 スーパーパワー 牡9 57.0 桑村真明 角川秀樹
8 トミケンヒーロー 牡6 57.0 阪野学 原孝明

8 → 5 → 3 → 7 → 1

この記事をはてなブックマークに追加

熊本・ガールズケイリン初日

2014-07-31 20:39:30 | 競輪
6R 13:01 A級ガールズ予選1 先頭固定競走

1 1 奈良岡 彩子
2 2 越田 恵美子
3 3 飯塚 朋子
4 4 重光 啓代
5 5 山路 藍
6 6 三宅 愛梨
6 7 菅田 賀子

◎ 三宅、〇 奈良岡、▲ 重光、△ 山路

5 → 3 → 1

7R 13:31 A級ガールズ予選1 先頭固定競走

1 1 伊木 雪乃
2 2 藤原 亜衣里
3 3 小坂 知子
4 4 高橋 千秋
5 5 宮安 利紗
6 6 杉沢 毛伊子
6 7 小林 莉子

◎ 小林、〇 小坂、▲ 高橋、△ 藤原

3 → 2 → 7
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

永井大介がナンバーワン!

2014-07-31 07:52:09 | オートレース
永井、2期ぶり全国1位に返り咲き

スポニチアネックス 2014年7月31日 05:30

JKAは30日、オートレースの今年度後期適用ランクを発表。全国1位には永井大介(37=船橋)が2期ぶりに返り咲いた。前期1位の青山周平(29=船橋)は3位だった。

この記事をはてなブックマークに追加

本当は向日町に行きたい!

2014-07-31 07:36:36 | 競輪
今日は30日なのに、もう31日にしてるよ。

平成26年7月31日

今年の向日町記念は何時もと趣きが違うのは、選手会新団体設立のクーデターに失敗した23人の内、自分がやった事を素直に反省、「軽率でした」と謝った事で一律3ヶ月の自粛に軽減された18名の内、5名が復帰する事で盛り上がりが違うは、売り上げの面の期待もあって大いに楽しみ。村上兄弟・稲垣裕之・成田和也・渡邉一成は神妙に「全て皆様のお蔭です」と頭を下げ、コメントもイヤな顔一つせず、スラスラと答えてたとの事、この気持を18人全員が忘れず、ファン第一の姿勢を貫けば報道陣もこぞって応援記事を書くし、それが競輪界の発展に成るのではと信じて疑いません。


向日町の話よりも、同時開催の「ガールズ付FⅡ」の話してくれよ。

お目当ての石井貴子(106)は欠場となりました、が、ハナからガールズのことをアテにしていない?、T社長からするとどうでもいい話か?


函館記念が目標を大きく下廻ったので、今回は目標の62億を越えて、後半戦に弾みを付けて欲しいもの。番組の方も7Rからは本命党にドーンと勝負して貰えるのも作り、1~6Rまでは穴党に楽しんで貰う趣向に成ってる様です。


向日町記念の目標が62億なのは、最終日にワールドステージが組まれるからだろ。ま、それを抜いたら60億だろうな。


てなわけで、向日町に行きたがっているT社長に代わって、「今日31日」、現場行ってくるよ。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

7月30日の優勝戦・重賞結果

2014-07-30 22:17:06 | 各日の公営競技
・競輪

京王閣

S級 上原龍 411

A級 新井僚太郎 231

松阪

S級 萩原操 321

関連記事はこちら

A級 北村信明 211

・競艇

多摩川 樋口亮 3513232341

蒲郡 イースタンヤング(GIII) 桐生順平 22425121

関連記事はこちら

びわこ 田中信一郎 11113111111

丸亀 今坂晃広 621223121

大村 ウエスタンヤング(GIII) 篠崎仁志 11511111

関連記事はこちら

・地方競馬重賞

大井 サンタアニタトロフィー セイントメモリー 牡7 57.5 本橋孝太 1.39.0 月岡健二

関連記事はこちら
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

桐生がイースタンヤング初代優勝者!

2014-07-30 20:45:21 | 競艇
12R 場外締切予定時刻 20:36

1永田 秀二
2中田 竜太
3佐藤 翼
4桐生 順平
5河合 佑樹
6前沢 丈史


4 → 3 → 5

この記事をはてなブックマークに追加

セイントメモリー連覇!

2014-07-30 20:23:12 | 競馬
2014年7月30日(水) 大 井 第11競走 ダート 1600m(内コース・右)20:15発走 第35回 サンタアニタトロフィー

本賞金:1300、455、260、130、65万円

1 フォーティファイド 牡9 57.0 今野忠成 藤田輝信
2 セイントメモリー 牡7 57.5 本橋孝太 月岡健二
3 ガンマーバースト 牡7 57.0 森泰斗 出川克己
4 キスミープリンス 牡6 56.5 岡部誠 小久保智
5 トーセンアドミラル 牡7 57.5 川島正太 川島正行
6 ゴーディー 牡6 56.5 的場文男 赤嶺本浩
7 ソルテ 牡4 57.0 和田譲治 張田京 寺田新太
8 ピエールタイガー 牡6 56.5 真島大輔 荒山勝徳
9 ツルオカオウジ 牡7 56.0 達城龍次 久保與造
10 グランディオーソ 牡5 54.0 御神本訓 藤田輝信
11 ジェネラルグラント 牡4 57.0 石崎駿 出川克己
12 ジョーメテオ 牡8 57.0 坂井英光 小久保智
13 ミヤサンキューティ 牝6 54.0 笹川翼 米田英世
14 アルゴリズム 牡6 56.5 町田直希 堀千亜樹
15 パワーストラグル 牡8 56.0 矢野貴之 荒山勝徳
16 サトノタイガー 牡6 57.0 吉原寛人 小久保智

2 → 10 → 12 → 9 → 6

この記事をはてなブックマークに追加

萩原先生やった!

2014-07-30 20:07:37 | 競輪
写真は2014年5月9日に開催された松阪記念でのもの。2番車が萩原操先生。

2014/07/30(最終日)第11レース S級決勝2025m(5周)先頭固定競走| 発走予定 16:28

1 1 萩原 操 初3, 準2
2 2 大薗 宏 初6, 準1
3 3 野原 雅也 予3, 準3
4 4 守谷 陽介 予5, 準1
4 5 吉村 和之 初1, 準2
5 6 河村 雅章 予2, 準3
5 7 黒田 淳 初8, 準2
6 8 伊藤 裕貴 予1, 準1
6 9 黒木 誠一 予1, 準3

1 → 5 → 3

1 1 萩原 操 50 三重 51 S1 11.5 差し
2 5 吉村 和之 37 岐阜 80 S1 1  車輪 11.4 マーク
3 3 野原 雅也 20 福井 103 S2 1  車輪 11.6
4 9 黒木 誠一 46 兵庫 60 S2 1/2車輪 11.4
5 8 伊藤 裕貴 22 三重 100 S2 タイヤ差 11.7 HB
6 2 大薗 宏 40 茨城 71 S1 1/2車身 11.3
7 4 守谷 陽介 34 岡山 87 S1 3/4車輪 11.4
8 7 黒田 淳 29 岡山 97 S1 1  車輪 11.4
9 6 河村 雅章 31 東京 92 S2 1  車身 11.6


萩原操先生、S級最年長優勝だ!

51歳1日でのS級優勝記録は、従来の同優勝記録である伊藤公人の49歳8ヶ月を大きく上回る。

また、史上初の50代S級優勝選手誕生だ!


過去に当ブログに登場したときの萩原先生のコメント。

Unknown (萩原操) 2011-07-06 00:04:36
>ギヤ3、57固定レースを企画して欲しい。

固定するなら4.33でお願いします!



そういや、この日のギア(ギヤ)も4.33だったよ。


萩原操がS級最年長Vを達成/松阪

<松阪競輪>◇F1◇30日◇最終日

51歳のベテラン萩原操(三重)が番手から追い込んで優勝。06年9月の向日町F1を49歳で優勝した伊藤公人の記録を更新するS級の最年長優勝を飾った。萩原の優勝は08年10月別府以来だった。[日刊スポーツ 2014年7月30日17時48分]


2014/07/30(最終日)第8レース A級決勝2025m(5周)先頭固定競走| 発走予定 14:32  結果

この記事をはてなブックマークに追加

フェノーメノ、秋の天皇賞直行へ

2014-07-30 20:02:15 | 競馬
以下はスポニチアネックス。

中京2歳S1、2着のケツァルテナンゴ(牡=笹田)、ドルメロ(牡=庄野)はそれぞれノーザンファームしがらき、宮城・山元トレセンに放牧、秋に備える。

27日の中京新馬勝ちロンバルディア(牡=畠山吉)、同日福島新馬勝ちマイネルシュバリエ(牡=和田道)、26日の福島未勝利勝ちコメート(牡=土田)は新潟2歳S(8月31日、新潟)。

27日の札幌未勝利勝ちノットフォーマル(牝=中野)はクローバー賞(8月9日、札幌)。


ダービー13着ハギノハイブリッド(牡3=松田国)は神戸新聞杯(9月28日、阪神)から菊花賞(10月26日、京都)。「その後は有馬記念も視野に」と松田国師。

オークス13着マジックタイム(牝3=中川)は関屋記念(8月17日、新潟)が除外なら新潟日報賞(8月16日、新潟)へ。

羊ケ丘特別勝ちマイネルメリエンダ(牡3=和田郎)は長岡S(9月6日、新潟)。


天皇賞・春優勝後、充電のため放牧中のフェノーメノ(牡5=戸田)は天皇賞・秋(11月2日、東京)に直行するプランが有力。史上2頭目の天皇賞3勝を目指して9月に美浦トレセンに帰厩する予定。

中京記念を制したサダムパテック(牡6=西園)は京成杯AH(9月14日、新潟)、同4着ブレイズアトレイル(牡5=藤岡)は関屋記念(8月17日、新潟)へ向かう。

宝塚記念6着後、放牧中のフェイムゲーム(牡4=宗像)はオールカマー(9月28日、新潟)で始動。

中京記念15着テイエムオオタカ(牡6=石栗)は朱鷺S(8月31日、新潟)。

福島テレビOP15着キョウエイストーム(牡9=中川)は小倉日経OP(8月31日、小倉)。

白河特別勝ちシーブリーズライフ(牝4=菊川)は新潟日報賞(8月16日、新潟)。

アイビスSDに登録していたサウンドリアーナ(牝4=佐藤正)はNST賞(8月24日、新潟)へ向かう。ジャベリン(牡6=大根田)、メイショウハガクレ(牡5=荒川)も佐世保S(8月3日、小倉)へ回る公算が大きい。


安田記念14着のトーセンラー(牡6=藤原英)は京都大賞典(10月13日、京都芝2400メートル)からマイルCS(11月23日、京都芝1600メートル)へ。

安田記念2着のグランプリボス(牡6=矢作)はスプリンターズS(10月5日、新潟芝1200メートル)に向かう。なお、高松宮記念を制したコパノリチャード(牡4=宮)も同レースに直行する。

ダービー12着のレッドリヴェール(牝3=須貝)は8月13日に栗東トレセンに帰厩する予定。鞍上福永でローズS(9月21日、阪神芝1800メートル)→秋華賞(10月19日、京都芝2000メートル)へ。

この記事をはてなブックマークに追加

篠崎弟がウエスタンヤング初代優勝者に!

2014-07-30 16:57:54 | 競艇
12R 場外締切予定時刻 16:48

1篠崎 仁志
2篠崎 元志
3渡邉 和将
4松尾 昂明
5山田 康二
6塩田 北斗


1 → 4 → 2

篠崎弟がインから押し切った。松尾が3周1マークで篠崎兄を振り切って2着。

この記事をはてなブックマークに追加

日本人は「こんなにすごい」!

2014-07-30 13:42:41 | 政治経済問題
近ごろ、本屋に立ち寄ると、気恥ずかしくなる。店頭に「日本人はこんなにすごい!」という「自画自賛本」が平積みにされているからだ。この国から「奥ゆかしい」とか「謙虚」といった感覚が急速に消えていっているように感じる。だが、そうした違和感を口にすると、どこからか「自虐だ!」という悪罵が飛んできそうだ。いったい、これは何の表れなのか。日本社会の美徳が崩れてはいないか。


1980年代のアメリカがまさに、

「アメリカはこんなにすごい!、『ジャップ』に負けるはずがない!」

と言い続けてきたことを思い出す。

ところが、その年代というと、日本が最も貿易黒字を記録した年代であり、さらに言えば、アメリカの象徴的企業が、こともあろうことか、『ジャップ』籍企業にどんどん買われていったのである。

つまりは、アメリカはこの年代、ちっとも凄くなかったし、それどころか、没落が激しかったのである。また、いまだに苦しんでいる、「双子の赤字」が露呈したのもこの年代だ。

ということは、今の日本は、その年代におけるアメリカとよく似ているということがいえる。

そのターゲットとなっている国は、いまだに安倍晋三が首脳と会談できない、中国と韓国の2国といえるだろう。

実際のところ、日本はこんなにすごい!本の大半は、中韓叩きに連動しているものである。

思えば、韓国は今、空前の貿易黒字国となっている。中国も、中身は極めて不透明とはいえ、いまだに経済活動は活発だ。それにひきかえ我がニッポンは1980年代とは真逆の、貿易赤字国にどっぷりと浸かっている。株式市場も、売買をリードするのは外国機関投資家。加えて、世界的に「超売れてる」商品も今やなし。

そんな日本がどうして、「こんなにすごい」などと言えるのだろうか?

要するに、「こんなにすごい」という話は、1980年代を特にベースにした、「過去の成功体験談」でしかあるまい。

思えば、かつては週刊ポストについては毎週のように買っていたのだが、中韓叩きがあまりにもひどすぎるので、今年の春ぐらいから全く買わなくなった。さらにいうと、ポスト以外の週刊誌もまた、必ず中韓叩きの記事が毎週のように掲載されているから、買う必要性すら感じない。

実際のところ、本当に「叩かねばならない」のは、反動政治を試みようとしている自民・安倍政権だろ。

ところが、「アベノミクス」なるものに覚醒され、さらに、安倍が中韓の首脳に相手にされていないのが本筋なのに、「こっちから会いたいと言ってるのに、彼らは応じようともしない」ということだけが一人歩きして、「日本の要求に応じようとしない中韓は許せん!」だけに終始している。

それがいつしか、今や止める術さえなくなった、「日本はすごい!」、「中韓は日本がいなければ終わる」などという本が急増することになった、「きっかけ」ではないだろうか。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

富原忠夫前日本競輪選手会理事長死去

2014-07-30 09:05:21 | 競輪
競輪界の重戦車 富原忠夫さん逝く

競輪選手で現役時代に徹底先行として活躍した富原忠夫(とみはら・ただお)さんが29日午前、直腸がんで死去した。60歳。79年4月にデビュー。富さんの愛称で親しまれG1などでスター選手として活躍。日本競輪選手会常務理事、理事長などを歴任した。12年6月に現役引退した。[日刊スポーツ 2014年7月29日19時53分]


『富さんがいてくれたら、競輪選手会はあんな馬鹿げたことをしなかっただろうに。』

という声が聞こえてきそうです。

というか、前から体調が悪かったんだろうな。

ご冥福をお祈り致します。


この記事をはてなブックマークに追加

たばこのほうが「マシ」だろ

2014-07-30 07:44:39 | その他
危険ドラッグ 深刻な合併症で死亡例も

NHK 7月30日 4時08分

脱法ドラッグと呼ばれていた「危険ドラッグ」を吸引して病院に救急搬送された人の中で、幻覚症状だけではなく、筋肉の細胞が壊れる「横紋筋融解症」と呼ばれる深刻な合併症を引き起こし、多臓器不全などで死亡するケースが起きていることが薬物中毒の学会などの調べで分かりました。

学会では、危険ドラッグを吸引することで命を落とす事態になると警告しています。

日本中毒学会によりますと、ことし3月、脱法ドラッグと呼ばれていた「危険ドラッグ」を吸引した東京の20歳の男性が病院に救急搬送された際、幻覚症状だけではなく、筋肉の細胞が壊れる「横紋筋融解症」と呼ばれる深刻な合併症を引き起こしていたということです。

この症状が起きると、腎臓などの臓器に深刻な影響を及ぼす危険性があり、この男性は、4日後、多臓器不全で死亡しました。

こうした死亡例が学会で報告されたのは初めてです。

さらに、危険ドラッグを吸引した30代の男性も、去年同じ「横紋筋融解症」の症状となり、一時、急性腎不全による心肺停止の状態に陥りました。

また、薬物依存症の治療を行う埼玉県立精神医療センターでは、去年8月、危険ドラッグを吸引して運び込まれた30代の男性が「横紋筋融解症」の症状を引き起こし、その後、死亡しました。

男性の血液検査の結果では、筋肉の細胞が壊れると高くなる酵素の数値が5万6000余りに達し、通常の280倍という異常な値を示したということです。

日本中毒学会の上條吉人理事は、「危険ドラッグがかなり毒性の強いものに変わってきていると思われる。命を落とす事態になりかねないので絶対に手を出さないでほしい」と警告しています。



「ギャンブルや、たばこのような<毒物>に手を出さないような健全な社会を作り上げていくことが大切です」

なんて話は、日本共産党員内における「寝言」でしかないが、それにしても、『脱法ハーブ』(危険ドラッグ)をやってる若い連中って、それ相当にいるんだな。

上記にあるとおり、危険ドラッグは、覚せい剤などの麻薬同様、幻覚症状が発生する。

幻覚症状がどんなものかは、経験したことがない(もちろん、絶対に経験してはいけない)ので分からないんだが、はっきりいって、人間の我慢の限界を超越した醜態をさらけ出すことのようだ。そうなった場合に、その人物を止める術は、もはや「クスリ」を投入することしか残されていない。

なぜこんな危険なものにすがる若い連中がいるのかというと、要は前にも述べた通り、これまで「たばこ撲滅」政策を続けてきたことと関連があるんじゃないか。

何せ、「たばこ天国」だった公営でさえも、今や「喫煙室」なるものが設けられ、そこへ行かないことには吸えなくなっている。

昭和50年代頃までだったら、雑踏の中に、くわえたばこをしている若い連中が少なからずいたが、今ではまずいない。というか、そうした光景がバレただけで罰金を科す自治体まで現れている。

しかし、今思うと、ごみ等の環境面の問題を除くと、たばこのほうが「脱法ハーブ」よりもはるかにマシだろ。

たばこは内臓器官などを壊す危険性が大きく、しかも、受動喫煙というリスクも孕んでいるが、脳には逆に効果的であり、「ぼけ」の予防に適しているという人も中にはいる(嫌煙派はこのことはデタラメであるという論を展開しているが)。よって、「知能労働」を要する学者や医者などにはいまだに愛煙家が多い。

これに対し、「脱法ハーブ」には効用らしきものが見当たらない。

中には、マリファナはたばこよりも「マシ」という声も聞かれるが、その根拠は不明確である。

てなわけで、脱法ハーブの撲滅を行いたいというのであれば、それは、たばこ復活しか「ありえない」んじゃないか。

但し、「ヘビースモーカー」にさせてはいけないけどね。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加