公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

「なんちゃってウヨ」は何を怒っているの?

2015-11-30 19:17:46 | その他
また、「なんちゃってウヨ」が『やらかした』みたい。


ISの自爆テロと旧日本軍の特攻は違うのか? テロを「カミカゼ」と呼ぶ海外報道にネトウヨは激昂するが

リテラ 2015.11.28

「日本国の神聖な特攻とテロを一緒にするな!」
「特攻とテロは違う 英霊に対する侮辱」
「同じと考えてると言う事は「日本人はテロリストです」と言ってるようなもの。レッテル張りをする左翼はおかしい」

 パリの同時多発テロで容疑者の一部が爆弾で自爆したことを欧米メディアが「kamikaze」と報じたことに対し、日本国内では一部のネットユーザーがこんな調子で不快感をあらわにしている。言うまでもなく「kamikaze」の由来は、太平洋戦争末期の神風特攻隊(神風特別攻撃隊)だ。

 右派メディアも喧しい。たとえば、産経新聞は17日付ウェブ版で、「特攻隊は『テロリストとは違う』『戦友への侮辱だ』 仏報道に88歳元隊員憤り」なる記事を公開。元神風特攻隊隊員の談話を交えつつ、〈(現地報道は)命をなげうち、祖国を守ろうとした特攻と、無辜(むこ)の民間人を犠牲にするテロを同一視するような報道〉と非難した。また、同じく産経系のウェブメディアである「zakzak」も20日付でこう論じている。

〈自爆テロは一般市民を狙った無差別テロであるのに対し、日本の特攻はあくまでも敵軍を相手とするという明確な違いがある。特攻隊員らは自らの命をなげうち、敵の本土上陸から日本を救ったのだ。彼らには、日本人が培ってきた「武士道」精神が生きていた。〉(「《zak女の雄叫び お題は「士」》「神風特攻隊」と「自爆テロ」を同一視するな!!」より)

 たしかに、特攻と自爆テロとの間には、攻撃対象などの態様の差がある。しかし、“十死零生”すなわち生還の見込みのない捨て身の自爆突撃作戦であった特攻が、自殺を禁忌とするキリスト教の影響が強い欧米で自爆テロと同じように捉えられているのは、ある意味自然だろう。

 むしろ、右派やネット右翼は、自爆テロと特攻を比較しその差異を強調することで、神風特攻隊を美化、戦前・戦中日本を肯定していることにこそ、注目せねばならない。


 そもそも、右派論壇の文脈では90年代半ばから、小林よしのりによる「ゴーマニズム宣言スペシャル戦争論シリーズ」(1995年〜)のヒットに象徴されるように、特攻隊員の「覚悟」や「精神性」を「公に奉じた」と評価することでナショナリズムを煽動しようとするムーヴメントがあった。また、2001年のアメリカ9.11テロ後には、右派論壇誌などで自爆テロとの違いについて論じることが盛り上がり、とりわけ2000年代中盤以降には積極的に特攻を賛美しようとする動きが活性化した。百田尚樹『永遠の0』(太田出版、2006年。のち講談社文庫)が2013年末に映画化され、大ヒットしたことは記憶にあたらしいが、当然のように本作の原作、映画版両方でも登場人物が「特攻とテロは違う」と激高する場面が見られる。

 まあ、『永遠の0』の話をすると長くなってしまうので、本サイトの過去記事に譲るが、近年では特に特攻隊を“日本古来の伝統的かつ尊い精神”として、よもや戦前・戦中日本に立ち戻れと言わんばかりの論が我が物顔で跋扈している。

 たとえば、安倍首相の“タカ派思想のブレーン”と呼ばれ、戦後70年談話の有識者会議にも名を連ねた中西輝政・京都大学名誉教授は、特攻について〈大和とともに「天下ニ恥ジザル最期」を迎えようとした乗組員たちの心情は、日本人が古代から連綿と受け継いできた「花と散る」の精神と間違いなく同一であり、彼らは一瞬に、大きく古代日本とつながっていた〉などとして、しまいには太平洋戦争を〈「民族の栄光」としての戦争〉などと言い切る(「正論」12年1月号/産経新聞出版)。

 また、佐伯啓思・京都大学大学院教授は〈特攻の根底に流れていたのは、「あきらめと覚悟」のような日本的精神であった〉=「無私の精神」と評価し、〈中学生か高校生の頃に、社会福祉の仕事や自衛隊の体験入隊などの経験を通して奉仕や国防の実際を知ることをやってもよい〉などと徴兵制的発想に結びつける(「SAPIO」15年2月号/小学館)。佐伯氏の持論が“民主主義の原則は国民皆兵”であることを考えると、特攻隊を都合よく援用しているようにしか思えない。

 さらに、文芸評論家の小川榮太郎氏にいたっては、自著で〈特攻作戦は、立案者にも志願者にも、静かな理性と諦念と勇気があるだけだった。作戦遂行の過程の全てが、狂的なものから最も遠かった〉〈(特攻は)死を活路にした究極の生〉〈作戦の全体を通じても、特攻は、無差別な拷問、強姦、殺戮という人間的狂気の、最も対極にあった〉などと書いている(『『永遠の0』と日本人』幻冬舎)。ようは、特攻隊員の精神性だけでなく特攻作戦自体までも“美しきもの”として論じているのだ。


繰り返すが、たしかに昨今言われる自爆テロと特攻は、態様の面には違いがある。しかし、だからといって特攻を〈古代日本とつながっていた〉〈日本的精神〉〈究極の生〉とする右派の言説には、まったくもって頷くことはできない。なぜならば、それは、単に特攻をナショナリスティックな“物語”に回収しているにすぎないからだ。

 むしろ、よく考えてみてほしい。“同じか、違うか”という以前に、特攻はテロよりも、はるかに陰惨なものではなかったか。

 そもそも、一般にテロリズムとは、政治的目的を達成するための、通常は暴力を伴う、個人ないしは集団による実力行使のことである。9.11以降「自爆テロ」は「無差別テロ」と混同されて使われがちだが、もとより「自爆」(suicide bombing)は暴力に付随する行為あるいは結果、「無差別」(indiscriminate)は暴力を奮う対象についての形容だ(つまり、特攻=テロ論は前者について類似性を認め、特攻≠テロ論は後者について否定している)。

 これを確認したうえで、特攻は、お上の“命令”が絶対だった戦争中の軍事作戦だったことを考えなければならない。特攻は形式の上では志願ではあったが、事実上強制されていたという証言は多い。たとえば、戦後に俳優として活躍した西村晃も、機体の不良で引き返し終戦を迎えた元特攻隊員のひとりだ。

〈そのうちに日本の敗色が濃くなり、昭和二十年になると、私も半ば強制的に特攻隊を志願させられました。

 いったん鹿児島に渡り、練習機に積める限りの二百五十キロ爆弾を積み、電探(レーダー)にひっかからないよう海面スレスレを飛んで、沖縄近辺の米艦隊に体当たりするんです。出撃は毎回、視界のよい満月の夜。そのたびに少しずつ仲間が減って行く気持ち、たまりませんでした。〉(読売新聞1987年11月22日付朝刊)

 次は、ある元海軍予備生の証言だ。終戦直前の軍隊という空間で、志願を断ることがどれほど困難だったかがわかる。

〈1945(昭和20)年6月、海軍予備生徒として航空隊の基礎教程を受けていたある日の夜、就寝前になって特攻隊志願者名簿が回ってきた。近くにいた戦友が「死ぬのはいやだな」とつぶやいた。しかし、彼も他の隊員たちと同様署名した。志願という強制である。こんな場合署名を断ることは絶対できない。〉(毎日新聞14年8月14日)


特攻隊員の本心は必ずしも「お国を守るために死ぬしかない」という心境だったわけではないのだ。続いて引用するのは、元海軍予備少尉候補生として特攻要員となり、250キロの爆弾を積んだ練習機で出撃する前に終戦を迎えた男性の証言である。

〈特攻は志願制だが、45年に入ると事実上強制となった。特攻隊員の中には名誉の死を受容する者がいる一方、飲酒し抜刀して暴れる者や、太鼓をたたき念仏を唱えながら飛行場を周回する者も現れた。いつ出撃命令が来るかおびえ、逃げられもせず、精神状態が不安定になって自殺する者も少なからずいた。

 離陸後不時着して基地に救援を求める者も目立ってきた。軍は再教育を施したが期待した効果が上がらず、爆弾と機体の装着部をボルトで締め付けた。体当たりを強いるためだ。築城を発った多くの特攻機が米軍の集中砲火を浴びて玉砕した。〉(朝日新聞14年2月18日付朝刊)

 小川氏が主張するような「静かな理性と諦念と勇気があるだけ」というのが、ごく限られた一部の人だけの話だということがわかる。実際、悲壮な決意のもと志願した人でも「当時、両親が亡くなり、6人の弟妹がいたが、それでも血判を押して特攻隊に志願したのは軍隊教育の結果だと思う。今では考えられません」と語っている(朝日新聞04年01月06日付夕刊)。

 ひっきょう、“挙国一致”“一億総火の玉”の状況で行われた特攻は、人を人と思わない作戦だった。その事実は変わらない。神風特攻隊の創始者である大西瀧治郎自身でさえ「外道」と言い切ったという(『神風特別攻撃隊の記録』猪口力正、中島正/雪華社)。

 これをどうやったら、戦争を経験していない者が「狂的なものから最も遠かった」などと言い切れるのか。なぜ「神聖な特攻」などと胸を張れるのか。

 特攻は「お国」の名の下に行われた。その背景に流れていたのが国家神道の思想だった。ある人は「テロは宗教過激派の思想に洗脳された者たちが起こす凶行だ」と言う。だが、その意味で言えば大日本帝国とはなんだったのか問わなければならない。たしかに特攻隊は軍事兵器と兵隊だけを狙った。しかし、あの戦争全体を見てみれば、日本軍もまた大量の民間人を虐殺している。これも歴史の事実である。


しかも、元特攻隊員だからといってみんながみんな「自爆テロと特攻は違う」と言っているわけではない。

 作家の井沢元彦氏が、特攻隊の生き残りである濱園重義氏にインタビューをしている(「SAPIO」(小学館)04年10月13日号)。井沢氏は親米保守派らしく“9.11テロは民間人を巻き込んでいるから特攻隊とは違う”と言わせようと、明らかに誘導的に質問するのだが、それが思い通りにはいかない。

〈井沢 アメリカの記者は、9.11でイスラムゲリラが貿易センターに突っ込んだのをどう思うかって聞かれませんでしたか。
 濱園 聞かれたです。
 井沢 どうお答えになりました。
 濱園 それは当たり前だって言いました(笑)。
 井沢 ただ、あれは民間機をハイジャックして、民間人を巻き込んでいますよね。
 濱園 はい。
 井沢 そういう意味で、日本の特攻とは違うような気がするんですけれども。
 濱園 私はずっと詰めていけば一緒じゃないかと思うんです。あれもアメリカが憎くなければやらんですよ。
 井沢 ああ。
 濱園 それは特攻隊もそうですよ。特攻隊で何百機行ったって、アメリカには損害はほとんど与えておらんですよ。(後略)〉

 ちなみに、このインタビューで濱園氏は“自衛隊のイラク派遣を批判する人の気持ちがわからない”“部分的には今の憲法を柔軟に変えてもいい”という旨の発言もしており、いわゆる左翼・リベラル陣営の人ではない。しかし、こんなロジックでパレスチナのゲリラを評価している。

〈井沢 特攻ということで言えば、パレスチナゲリラで非常に若い子が、日本で言ったら中学生ぐらいの子が爆弾を巻いて、決意を自らのビデオに語って、それで突っ込んだりしていますが、ああいうのを見て、どういうふうにお感じになりますか。
 濱園 私はうちの孫たちにあれをまねしろって言ったんです。まねしろっていうのは、その精神力を。
 井沢 えっ、そうですか。
 濱園 彼らも国が徹底的にこなされて(引用者注:鹿児島地方で「苦しめられる」「やられる」という意味)、それに反感を持っているわけですよ。
 井沢 うん。
 濱園 何でかって、(イラク戦争でも)そこにアメリカが来て、結局、無実の罪の人をこなすでしょう。アメリカは「重点的に」「一般市民は避けて」って言うけど、爆弾がうまく避けるわけないじゃないですか。そこにおったのは全部死ぬわけですよ。だれがそれを見分けがつきますか。〉

 このやりとりをどう考えるべきか、その判断は読者に委ねたい。だが、特攻と「民族の栄光」を安易に接続しようとする感覚はこの国の現在と未来を生きる人間として、到底受け入れられるものではない。そのことだけは、ハッキリ言っておく。
(梶田陽介)



「なんちゃってウヨ」は究極の『ご都合主義』な連中だから、自分の「支持している」ものが不利になると、すぐに激昂するんだろ。

ちゃんと、当時の歴史をしっかりと認識してから言ってもらいたいもの。


ちなみに、「安倍\(^o^)/」の産経新聞系のZAKZAKが下記のことを書いていると、上記では述べている。


「 〈自爆テロは一般市民を狙った無差別テロであるのに対し、日本の特攻はあくまでも敵軍を相手とするという明確な違いがある。特攻隊員らは自らの命をなげうち、敵の本土上陸から日本を救ったのだ。彼らには、日本人が培ってきた「武士道」精神が生きていた。〉(「《zak女の雄叫び お題は「士」》「神風特攻隊」と「自爆テロ」を同一視するな!!」より) 」


歴史認識とは何かで取り上げたが、世界の有事史上、いわゆる、「女子供」までを狙撃するようになったのは関東軍、つまりは大日本帝国である、と、細谷雄一は11月15日のNHKラジオ・著者に聞きたい 本のツボで語っている。

「女子供」まで狙い撃ちすることが「武士道」なのかい?

武士道って、そんな下劣な「道」なのかい?

さらに言うなら、特攻隊は、不本意ながらも死んでいった隊員が多かったのに対し、アイシルの自爆テロは、自ら望んで絶命したんだろ。

だったら、大日本帝国の特攻隊のほうがよっぽど質が悪いじゃないか。

そんな背景があるのに、武士道という言葉で美化するな、って。
コメント (23)
この記事をはてなブックマークに追加

11/29 京王閣記念2日目8R 吉田拓矢S級初勝利! & 「Dokanto!4two」に的中者が出ました!!

2015-11-30 18:05:22 | 競輪
本日開催された京王閣記念(GIII)2日目におきまして、「Dokanto!4two」に的中者がでましたのでお知らせします。

〔賭式〕 Dokanto!4two

〔的中口数〕 1口

〔払戻金〕 1億3261万4400円



6R 13:11 S級二次予選 先頭固定競走 

1 1 松坂 英司 82 神奈 (4)2
2 2 山口 富生 68 岐阜 (5)
3 3 杉森 輝大 103 茨城 11
4 4 佐藤 一伸 94 福島 1
4 5 桐山敬太郎 88 神奈 (4)
5 6 竹澤 浩司 90 富山 3
5 7 荻原 尚人 89 宮城 3
6 8 佐藤  亙 85 愛知 13
6 9 高橋 大作 83 東京 1


3 杉森 輝大 → 1 松坂 英司 → 8 佐藤  亙

1 3 杉森 輝大 33 茨城 103 S2 11.9 捲くり
2 1 松坂 英司 41 神奈 82 S1 2  車身 11.7 差し
3 8 佐藤 亙 36 愛知 85 S2 1/2車身 12.0

7R 13:43 S級二次予選 先頭固定競走 

1 1 林  巨人 91 愛知 (6)
2 2 守澤 太志 96 秋田 (8)2
3 3 望月 永悟 77 静岡 33

4 4 佐藤 和也 95 青森 2
4 5 岡崎 智哉 96 大阪 2
5 6 加賀山 淳 94 千葉 2
5 7 坂上 忠克 71 石川 2
6 8 藤田 竜治 68 青森 4
6 9 山賀 雅仁 87 千葉 (9)1


9 山賀 雅仁 → 2 守澤 太志 → 3 望月 永悟

1 9 山賀 雅仁 33 千葉 87 S1 12.2 捲くり
2 2 守澤 太志 30 秋田 96 S1 1  車輪 12.0 差し
3 3 望月 永悟 38 静岡 77 S1 1/4車輪 12.0

8R 14:15 S級二次予選 先頭固定競走 

1 1 松川 高大 94 熊本 (4)3
2 2 吉田 拓矢 107 茨城 21

3 3 星島  太 66 岡山 (7)
4 4 小坂 敏之 74 栃木 2
4 5 松尾信太郎 92 福岡 1
5 6 奥谷 広巳 78 兵庫 4
5 7 牧  剛央 80 福岡 (6)
6 8 山本  奨 94 岡山 4
6 9 宗景 祐樹 84 栃木 12


2 吉田 拓矢 → 9 宗景 祐樹 → 1 松川 高大

1 2 吉田 拓矢 20 茨城 107 S2 12.1 逃げ HB
2 9 宗景 祐樹 39 栃木 84 S1 1/2車身 12.0 マーク
3 1 松川 高大 26 熊本 94 S1 微差 11.7

9R 14:47 S級二次予選 先頭固定競走 

1 1 藤木  裕 89 京都 12
2 2 黒田  淳 97 岡山 1
3 3 新田 康仁 74 静岡 (5)1
4 4 吉永 和生 80 広島 2 失格押圧
4 5 片寄 雄己 79 静岡 (7)3
5 6 篠原 英雄 81 高知 4 落車棄権
5 7 西岡 正一 84 和歌 1
6 8 遠澤 健二 57 神奈 4 事故入
6 9 三谷 政史 93 滋賀 3


3 新田 康仁 → 1 藤木  裕 → 5 片寄 雄己

1 3 新田 康仁 41 静岡 74 S1 11.8 差し
2 1 藤木 裕 31 京都 89 S1 1/4車輪 11.5 マーク
3 5 片寄 雄己 39 静岡 79 S1 1  車身 12.0
HB

10R 15:21 S級二次予選 先頭固定競走

1 1 吉本 卓仁 89 福岡 (6)
2 2 上原  龍 95 長野 3
3 3 佐藤 龍二 94 神奈 43
4 4 矢口啓一郎 86 群馬 11

4 5 阪本 正和 70 長崎 5 落車棄権
5 6 女屋 文伸 83 埼玉 32
5 7 武田 憲祐 93 神奈 5
6 8 齊藤 竜也 73 神奈 4 落車棄権
6 9 小川 勇介 90 福岡 (8)


4 矢口啓一郎 → 6 女屋 文伸 → 3 佐藤 龍二 

1 4 矢口 啓一郎 35 群馬 86 S2 11.8 捲くり B
2 6 女屋 文伸 38 埼玉 83 S2 1/4車輪 11.7 マーク
3 3 佐藤 龍二 27 神奈 94 S2 1/2車身 11.7

11R 15:55 S級二次予選 先頭固定競走

1 1 朝倉 佳弘 90 東京 (落)2
2 2 伊藤 正樹 71 愛知 3
3 3 堤   洋 75 徳島 (9)3
4 4 松村 友和 88 大阪 2
4 5 天田 裕輝 91 群馬 (5)1
5 6 掛水 泰範 98 高知 3
5 7 川崎 健次 88 神奈 3
6 8 関  貴之 93 茨城 4
6 9 島野 浩司 62 愛知 4


5 天田 裕輝 → 1 朝倉 佳弘 → 3 堤   洋 

1 5 天田 裕輝 30 群馬 91 S1 11.7 逃げ B
2 1 朝倉 佳弘 35 東京 90 S1 1/4車輪 11.6 マーク
3 3 堤 洋 39 徳島 75 S1 3/4車輪 11.6

12R 16:30 S級優秀 先頭固定競走

1 1 佐藤慎太郎 78 福島 (3)(4)
2 2 後閑 信一 65 東京 (1)(3)
3 3 志智 俊夫 70 岐阜 (2)(2)
4 4 紺野 哲也 69 宮城 (3)(6)
4 5 坂口 晃輔 95 三重 (3)(5)
5 6 新井 秀明 85 熊本 (2)(8)
5 7 勝瀬 卓也 84 神奈 (1)(7)
6 8 飯野 祐太 90 福島 (2)(9)
6 9 吉田 敏洋 85 愛知 (1)(1)


9 吉田 敏洋 → 3 志智 俊夫 → 2 後閑 信一

1 9 吉田 敏洋 36 愛知 85 S1 11.7 捲くり B
2 3 志智 俊夫 43 岐阜 70 S1 タイヤ差 11.7 マーク
3 2 後閑 信一 45 東京 65 S1 1/2車輪 11.4
4 1 佐藤 慎太郎 39 福島 78 S1 1/4車輪 11.7
5 5 坂口 晃輔 27 三重 95 S1 3/4車身 11.6
6 4 紺野 哲也 42 宮城 69 S1 1/2車輪 11.6
7 7 勝瀬 卓也 38 神奈 84 S1 3/4車輪 11.4
8 6 新井 秀明 35 熊本 85 S1 1/4車輪 11.3
9 8 飯野 祐太 31 福島 90 S1 8  車身 12.6 H


平成27年11月28日

京王閣記念スーパーFⅠの4日制はこの時期そしてこのメンバーにしては関係者の努力もあり、12億4400万なら健斗したと思いますよ。

残念だったのは大旋風を巻き起こして欲しかった吉田拓矢が2着に成った事。どうやら初の記念で先輩達の世話に何とも言えない独特の雰囲気にやられて疲れ果てたのかも。それでも大きな目玉なので2日目からは頑張って欲しいもの。

尚明日は京王線の延長上に在る府中競馬場でジャパンカップが開催される事で電車は大混雑。こゝ京王閣は素通りされるのは痛いです。それに競馬人気で常宿ホテルの値段が跳ね上がった事、これは正直言って迷惑です。

初日に良かったのは、矢口啓一郎・掛水泰範・西岡正一・黒田淳・杉森輝大・佐藤一伸・新井秀明。これを踏まえて2日目はそれなりに本命を付けて、穴の方で狙いまくってるので、大いにコンドルを利用されたら、とんでもない臨時ボーナスに成るかも知れません。

それに明日の夜は小倉ミッドナイト。こっちの方は全レース自信満々なのでよろしく。



全レースカード 

Dokanto!  

全レース成績

この記事をはてなブックマークに追加

ジャパンカップ2015回顧

2015-11-30 18:05:07 | 大レース回顧集
11/29 東京・ジャパンカップ ショウナンパンドラがG直前交わした!

【ジャパンC】ショウナンパンドラ 世界も牡馬も差し切った! ― スポニチ Sponichi Annex 競馬

競馬の祭典「第35回ジャパンC」が29日、東京競馬場で行われた。4番人気のショウナンパンドラが直線、自慢の末脚で横並び激戦を制し、昨年の秋華賞以来のG1・2勝目を挙げた。牝馬の勝利は一昨年のジェンティルドンナに続く、史上7頭目の快挙となった。 【レース結果】

 試練を乗り越えた人馬に“競馬の神”はほほ笑んだ。ゴール前は3頭横並びの大接戦。先に抜け出したラブリーデイ、内を伸びるラストインパクト。この2頭の決着かに思われたゴール前で、馬群を縫って抜け出したのはショウナンパンドラだった。ラスト2完歩で前を行く2頭を首+首差で捉えた。

 検量室前に引き揚げてきた池添は、両手を真横に広げ「ヨッシャー!!」と全身で喜びを爆発させた。「厩舎スタッフが最高の状態に仕上げてくれていたので、あとは僕がしっかり乗ってくるだけでした。(前走の)天皇賞の時もいい状態だったが、外枠(15番)で位置取りが悪くなってしまったので…。今回も同じ枠。うまく乗れるのか?と競馬の神様に試されている気がした。きょうは一体となって勝てた。合格点ですかね」

 秋は牝馬同士のエリザベス女王杯に目もくれず、陣営はあえて一線級牡馬が集うジャパンC出走を選択。高野師は「今年の宝塚記念(3着)のレースぶりを見て、今後のローテが決定的となった」と説明。世界に日本の牝馬は強いと証明したい――。スタッフ一丸で“世界制覇”を目指した。天皇賞・秋4着からジャパンCを制した(11年)のはG1・6勝のブエナビスタと同じ臨戦過程。つまり、この勝利は女傑への第一歩となる。トレーナーは完成の域に達した愛馬を称賛する。

 「この馬が一番といえるぐらい肩関節が柔軟で可動域が広い。装鞍所で馬を見たときに勝てると思った。ジョッキーがうまく乗ってくれましたね」

 鞍上にとっても“呪縛”から解放されたタイトルでもある。12年のこのレースはオルフェーヴルで2着。勝った岩田騎乗のジェンティルドンナに内側からぶつけられ鼻差で屈した。「別の馬なので晴らしたという気持ちではないが、勝てて良かった」と胸をなで下ろした。

 次走は有馬記念(12月27日)。中山は今秋のオールカマーを快勝した舞台でさらなる飛躍が期待できる。牝馬でジャパンCを勝利したのは、一昨年に連覇したジェンティルドンナ以来7頭目の快挙。暮れのグランプリも世界レベルの実力を見せつける。

 ◆ショウナンパンドラ 父ディープインパクト 母キューティゴールド(母の父フレンチデピュティ)牝4歳 栗東・高野厩舎所属 馬主・国本哲秀氏 生産者・北海道白老町社台コーポレーション白老ファーム 戦績16戦5勝 総獲得賞金5億6703万円。
[ 2015年11月30日 05:30 ]



ジャパンCの売り上げは191億1775万6400円で対前年比92.5%とダウン。29日の東京競馬場の入場人員は10万2960人で同93.6%とこちらもダウン。

【ジャパンC】パンドラと同じゼッケンに五郎丸「まさか15番が!」 (競馬) [ 11月30日 ]
【ジャパンC】パンドラ・国本オーナー興奮「凄いこと」次は有馬記念 (競馬) [ 11月30日 ]
【ジャパンC】ラストインパクト2着 ムーア「一瞬、勝ったかと」 (競馬) [ 11月30日 ]
【ジャパンC】1番人気ラブリーデイ ゴール前で脚色鈍り3着 (競馬) [ 11月30日 ]
【ジャパンC】2番人気ゴールド10着…ゲートクリアも伸び切れず (競馬) [ 11月30日 ]
【ジャパンC】17番人気ジャングルクルーズ4着激走 北村宏悔し (競馬) [ 11月30日 ]
【ジャパンC】3番人気ミッキークイーン 不利響き8着… (競馬) [ 11月30日 ]
【ジャパンC】戦い終えて (競馬) [ 11月30日 ]








11R ジャパンC 芝2400m / 天気:晴 / 馬場:良 / 発走:15:40


1 7 15 ショウナンパンドラ 牝4 55.0 池添 2:24.7 4 9.2 33.9 (栗東)高野 442(+4)
2 3 6 ラストインパクト 牡5 57.0 ムーア 2:24.7 クビ 7 23.9 33.9 (栗東)松田博 494(+2)
3 1 1 ラブリーデイ 牡5 57.0 川田 2:24.8 クビ 1 2.7 34.3 (栗東)池江 486(0)
4 2 4 ジャングルクルーズ セ6 57.0 北村宏 2:25.0 1.1/4 17 166.9 33.9 (美浦)藤沢和 510(0)
5 5 10 サウンズオブアース 牡4 57.0 Mデムーロ 2:25.0 ハナ 5 11.3 34.4 (栗東)藤岡 502(-2)
6 4 8 □外イラプト 牡3 55.0 パスキエ 2:25.0 クビ 6 13.9 34.5 (海外)グラファ 524
7 2 3 ワンアンドオンリー 牡4 57.0 内田博 2:25.0 アタマ 13 67.7 34.6 (栗東)橋口弘 498(0)
8 6 11 ミッキークイーン 牝3 53.0 浜中 2:25.0 ハナ 3 5.0 34.2 (栗東)池江 428(-6)
9 5 9 ダービーフィズ 牡5 57.0 田辺 2:25.1 クビ 18 200.1 34.4 (美浦)小島太 468(+2)
10 6 12 ゴールドシップ 牡6 57.0 横山典 2:25.1 クビ 2 4.7 34.5 (栗東)須貝 510(+4)
11 8 18 □外ナイトフラワー 牝3 53.0 シュタル 2:25.2 クビ 9 40.1 34.2 (海外)シールゲ 468
12 4 7 ○地ショウナンバッハ 牡4 57.0 戸崎圭 2:25.2 クビ 15 108.6 33.7 (美浦)上原 442(+2)
13 7 13 ヒットザターゲット 牡7 57.0 小牧 2:25.3 クビ 14 69.8 34.0 (栗東)加藤敬 514(+2)
14 1 2 □外トリップトゥパリス セ4 57.0 Tベリー 2:25.3 アタマ 11 49.1 34.4 (海外)ダンロッ 462
15 8 16 カレンミロティック セ7 57.0 蛯名 2:25.3 クビ 16 148.9 35.9 (栗東)平田 452(-2)

16 8 17 アドマイヤデウス 牡4 57.0 岩田 2:25.9 3.1/2 10 42.8 35.9 (栗東)橋田 480(0)
17 3 5 ペルーサ 牡8 57.0 ルメール 2:26.1 1.1/4 12 66.3 35.5 (美浦)藤沢和 516(+4)
18 7 14 □外イトウ 牡4 57.0 ミナリク 2:29.1 大 8 37.1 38.7 (海外)カルヴァ 446


払戻金
単勝 15 920円        
複勝 15 220円 6 380円 1 130円
枠連 3-7 6230円        
馬連 6-15 10160円        
ワイド 6-15 1960円 1-15 410円 1-6 890円
馬単 15-6 18510円        
3連複 1-6-15 6350円        
3連単 15-6-1 53920円

コーナー通過順位
1コーナー 16,17,3(8,14)1(9,10)(11,15)(6,5)4,18-2,13-12,7
2コーナー 16-17,14(3,8)1(9,10)(11,15)5,6,18,4-2-13-12-7
3コーナー 16=17-14,3,8(9,1)(6,15,10)(4,18,11,5)-(2,12)13-7
4コーナー 16-17-(3,14)(8,1,10,5,12)9(6,15,11,2)(4,18)13,7

ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m 1800m 2000m 2200m 2400m
12.7 10.8 11.7 12.1 12.0 12.3 12.6 12.7 12.5 11.8 11.5 12.0
12.7 23.5 35.2 47.3 59.3 71.6 84.2 96.9 109.4 121.2 132.7 144.7


【ジャパンC】ショウナンパンドラGI2勝目! - 予想王TV@SANSPO.COM

 29日の東京11Rで行われた第35回ロンジン賞ジャパンカップ(3歳上オープン、GI、芝2400メートル、18頭立て、1着賞金=3億円)は、池添謙一騎手騎乗の4番人気ショウナンパンドラ(牝4歳、栗東・高野友和厩舎)がゴール前で差し切って快勝。昨年の秋華賞に続く2度目のGI制覇を成し遂げた。タイムは2分24秒7(良)。

今年も大和撫子が躍動した。ゴール前3頭の争いから最後にグイッとひと伸びしたのは、4番人気のショウナンパンドラ。日本の4歳牝馬が激戦を制して頂点に立った。

 レースは外からカレンミロティックが積極的に先頭に立ち、よどみないペースで馬群を引っ張る。2番手には外からアドマイヤデウスがつけ、その後ろにワンアンドオンリー、イトウと続き、イラプトが5番手。人気のラブリーデイは少し離れた6番手からレースを進めた。カレンミロティックはほぼ1ハロン12秒のペースを刻み、後続を離した逃げを打つ。しかし、4コーナー手前から後続の各馬も差を詰めて、後方にいたゴールドシップも好位まで取り付いた。直線は横に広がっての差し脚比べ。馬場の真ん中から抜け出すラブリーデイに、内からラストインパクト、外からショウナンパンドラが襲いかかり、ゴール前はこの3頭の叩き合いとなった。その争いを最後に差し切ったのはショウナンパンドラ。池添騎手はオルフェーヴルで惜敗した無念を晴らし、初のジャパンC制覇となった。クビ差2着が7番人気のラストインパクト。さらにクビ差の3着が1番人気のラブリーデイだった。

 牝馬によるジャパンC制覇は史上8例目(ジェンティルドンナは2勝)。2009年のブエナビスタ以降、7年間で5回を日本の牝馬が制したことになる。これらを含めて、JCは日本馬が10年連続Vとなった。


 ショウナンパンドラは、父ディープインパクト、母キューティゴールド、母の父フレンチデピュティという血統。北海道白老町・(有)社台コーポレーション白老ファームの生産馬で、国本哲秀氏の所有馬。通算成績は16戦5勝。重賞はGI秋華賞(2014年)、GII産経賞オールカマー(15年)に次いで3勝目。高野友和調教師、池添謙一騎手ともにジャパンCは初勝利。

 池添騎手は「うれしかったです。最高の状態に陣営が仕上げてくれたので、あとは自分がしっかり乗るだけだと思っていました。天皇賞と同じ15番枠だったので、競馬の神様が同じ枠を用意して自分が試されている気がしたので、持っているものを全て出そうと思って臨みました。馬は成長して体質が強くなっていますし、パンドラ自身、充実しています。(直線は)前にいたのがラブリーデイだったので、ここ2走(宝塚記念、天皇賞・秋)は負けていたので、直線は長いし何とかかわしてくれ、かわしてくれ…と思いながら一生懸命追っていました。自分はGI自体が久しぶりですし、忘れかけていましたが、最高です」と初のジャパンC制覇の喜びに酔いしれていた。



15 ショウナンパンドラ・・・道中我慢の競馬だった。直線に入っても、坂上では馬群の中にいたが、坂を超えると一気に伸び、最内を抜け出したリアルインパクトを交わした。前走の天皇賞は追い込み届かずだったが、2ハロン伸びて雪辱を果たした。秋華賞を勝ったあと不振が続いたが、宝塚記念で一気に復調し、その後は充実の一途。次走は有馬記念になるのか。ただこの一戦でかなり疲労が出ただろうから、うまく疲れが取れているかどうかが問題となろう。

6 ラストインパクト・・・最内は狙っていたコースだったと思うが、思いの他伸びた。ショウナンパンドラには最後屈し、悲願のGI制覇こそ逃したが、次走へ向けても視界良好。

1 ラブリーデイ・・・坂上で先頭に立ったが、これは他の追い込み勢が来る前に先に抜け出そうという作戦だったのだろう。しかし、残り1ハロンで捕まってしまった。やはり、2400は長かった。ただ、次走は恐らく有馬記念。中山は直線が短いだけに、ギリギリまで我慢し、直線で末脚を伸ばす競馬ができればチャンスは出てくるかも。

4 ジャングルクルーズ・・・直線だけで追い込んできたが、馬場の三分どころをよく通ってきた。大健闘だ。

10 サウンズオブアース・・・お終いの末脚が上位着順の馬と比較すると見劣りする。ここが今後のGIへ向けての課題。

11 ミッキークイーン・・・3歳牝馬にとっては厳しいレース展開となった。今後の教訓としてほしい。

12 ゴールドシップ・・・大欅前あたりまでは気分よく走っていたが、それ以降はサッパリだった。ただ、ラストランとなる有馬記念では一変がありそうだ。

この記事をはてなブックマークに追加

今年のブラック企業大賞にセブンイレブン

2015-11-30 10:20:45 | 政治経済問題
ブラック企業大賞受賞記念!「セブン・イレブン」マスコミが書けない恐怖の実態総まとめ! 自殺者続出の原因とは

リテラ 2015.11.29

ブラック企業大賞2015は、本サイトが予想した通り、コンビニ最大手のセブン‐イレブン・ジャパン(以下、セブンイレブン)が選ばれた。

 ブラック企業大賞とは、労働相談に取り組んでいる弁護士や市民団体、ジャーナリストなどでつくられた実行委員会によって実施されているもので、いじめや長時間過密労働、低賃金、育休・産休などの制度の不備、派遣差別、コンプライアンス違反、求人票でウソを書くなどの指標をもとにブラック企業が選ばれる。

 4回目となった今年は、セブンイレブンのほかに、福井県の消防・防災機器の販売・保守点検サービスの暁産業、外食サービスのフジオフードシステム、靴販売のエービーシー・マート(ABCマート)、個別指導学習塾の「明光義塾」を運営する明光ネットワークジャパン、引越社関東(アリさんマークの引越社)がノミネートされていたが、見切り販売の妨害をはじめとしたフランチャイズ加盟店主に対する過重負担やアルバイトを低待遇で酷使するブラックバイトなどを理由に、セブンイ‐レブンが大賞に選ばれた。

 セブン・イレブンのこうしたブラック体質については、本サイトもこれまで繰り返し指摘してきた。本部に一方的に有利なフランチャイズ契約、自殺者続出の加盟店オーナー、24時間営業の過酷な就労状態……。

 しかし、本来ならばマスコミがこぞって批判するような、こうした不祥事や問題がメディアで報道されることはほとんどない。というのもセブン・イレブンは、テレビ局をはじめマスコミにとって500億を超える広告宣伝費を投入してくれる大スポンサーなうえに、新聞・雑誌にとっては重要な販売網でもある。おそらく、今回のブラック企業大賞受賞についても大手メディアのほとんどは無視するだろう。

 受賞を記念して、本サイトでのセブン・イレブン追及記事を以下にあらためて再掲するので、いま一度セブン・イレブンのブラック体質についてご一読いただきたい。

(編集部)

加盟店に弁当を廃棄させて儲けるセブン-イレブンのえげつない経営術

マスコミタブー!?日経新聞が報道しなかったセブン‐イレブンの敗訴判決

本部のピンハネ!? セブン-イレブン加盟店が強いられる仰天の仕入価格

本部に追い込みかけられ…セブン-イレブンオーナーの自殺者が続出!

セブン-イレブン“タブー”の現実…週刊誌の社員自殺報道も潰された!

人気のコンビニおでんはセブン-イレブン加盟店を苦しめる元凶だった!

ブラック企業大賞最有力? セブン-イレブンの搾取は本場・米国から見ても異常だ! 米国セブン経営者が「日本は軍国主義」



大賞を祝して、鈴木敏文会長にインタビューしたところはあるの?


ま、鈴木会長自身が、セブンイレブンの中興の祖であるばかりか、にもかかわらず、「使い捨て」と言わんばかりに、創業家である伊藤一族から追い出されそうになったという経験を持つ人物なだけに、数字のみならず、労務管理についてもかなり厳しい姿勢にならざるを得なくなるんだろう。

結果、セブンイレブンはローソンやファミリーマートがどうあがいても追いつけない高利益体質を作りだした。これについては、鈴木会長の手腕を否定するものは誰もいまい。

しかしながら、セブンイレブンが今や誰もが知る企業となった以上、「品格」というものも求められるのは言うまでもなし。要するに、横綱がそう求められているように、ただ勝てばいいというわけではなく、横綱に「相応しい勝ち方」をしなければならないということ。

無論、特に中小企業の中には、セブンイレブンよりももっと劣悪な環境で働かせているところもある、という主張もあるだろうが、中小企業は規模が小さい分、社員一人一人の責任もそれなりに重くなるため、必然的に厳しい労働環境にならざるを得ない、というところがほとんどなのではないのか。それは、経営者側も「同じ思い」のはず。よって、十把一絡げに論じることは必ずしも得策ではあるまい。

しかし、セブンイレブンはれっきとした大企業だ。大企業ともなれば、世間への影響力は中小企業とは比べものにならないほど大きくなる。それこそ、「品格のない企業」というのは許されなくなるのだ。

ということを踏まえると、経済専門雑誌や新聞が、真っ先に鈴木会長に、

「おめでとうございます!」

って寄って行かねばならないんじゃないのか。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

11/29 芦屋・CC 笠原亮が10年ぶり2度目SGV! & レディースCC寺田イン逃げV!

2015-11-30 10:20:33 | 競艇
回顧:チャレンジカップ2015回顧 & グランプリTR戦出場選手確定 


【芦屋・レディースCC】寺田、貫禄イン逃げV「完璧に近い仕上がり」 ― スポニチ Sponichi Annex ボートレース

G2「レディースチャレンジカップ」優勝戦は11Rで争われ、1号艇の寺田千恵(46=岡山)がインから押し切った。

 勝てば賞金トップという寺田のプレッシャーは相当なものだった。「サイドが掛かりすぎて自分で外した」。三浦の差しが一瞬入りかけたが「朝に気になるところを直して抜群になった。完璧に近い仕上がりでした。1Mは失敗でしたが、バックで伸びた」とパワーで突き放した。寺田の持ち味でもある調整力が勝因の一つになった。

 年末のクイーンズクライマックスの舞台は寺田が結婚前まで地元としていたボートレース福岡。賞金トップで主役を担うことになり「出るからには優勝を狙わなければいけないレース。いいパフォーマンスを見せたい」と“テラッチ”スマイル。レディースC2冠のトップレーサーが初のクライマックス制覇へ一気に突き進む構えだ。

 ◆寺田 千恵(てらだ・ちえ)1969年(昭44)4月11日、山口県生まれ福岡県育ちの46歳。岡山支部。89年9月登録の65期生で夫は立間充宏選手。01年のからつグラチャンで女子では初めてとなるSG優出(1号艇・5着)。通算57V。1メートル57、45キロ。血液型O。

 ◆次走 寺田千恵、三浦永理の次走は12月9日からのびわこG2秩父宮妃記念杯。赤岩善生、岡崎恭裕、遠藤エミらと優勝を争う。大滝明日香の次走は12月15日からの江戸川一般戦。上平真二、高沖健太、東本勝利らが出場。平高奈菜、宇野弥生、川野芽唯の次走は12月4日からの若松ヴィーナスシリーズ。細川裕子、小野生奈らとVを争う。
[ 2015年11月30日 05:30 ]


【芦屋・レディースCC】戦い終えて (ボートレース) [ 11月30日 ]


11レース レディースチャレンジカップ優勝戦 場外締切予定時刻 15:49

◎ 1 寺田 千恵 1 1 423 32優勝
  2 三浦 永理
〇 3 大瀧 明日香
△ 4 平高 奈菜
▲ 5 宇野 弥生
  6 川野 芽唯


1 寺田 千恵 → 2 三浦 永理 → 3 大瀧 明日香


今日の芦屋競艇はすべて1号艇が勝ちました。

全レース成績


全レースカード 


12レース チャレンジカップ優勝戦 場外締切予定時刻 16:31 

▲ 1 笠原 亮 242 2 121 優勝
◎ 2 太田 和美 164 111 1 
〇 3 石野 貴之 2 144 311
△ 4 守田 俊介 6 5 14232
  5 辻 栄蔵 513 362 2
  6 吉田 拡郎 6 142 432


1 笠原 亮 → 3 石野 貴之 → 6 吉田 拡郎


【29日芦屋12R】選手コメント - 予想王TV@SANSPO.COM

〔1〕笠原 前検から乗り心地が良くて35%くらいのアシ。ピット離れはいつも不安だが、今節はいいほう

〔2〕太田 アシはいい。差されたと思ったが、そこから出た。少し回りすぎているので合わせたい。2コース

〔3〕石野 ターン回りは二重丸がつくけど、伸びはここに入るとかなり弱い。本体整備も考えている

〔4〕守田 ダービーよりいい仕上がり。前検と比べて伸びは落ちたけど、アシは優勝戦でも間違いなく上位

〔5〕辻 ペラを叩いて行きアシがかなり良くなった。ダッシュなら伸びる。出アシが甘いので回転を上げたい

〔6〕吉田 笠原さんよりいいことはないが、5日目のアシが一番。出アシを求めたほうが直線はよさそう



レディースチャレンジカップ・得点率ランキング

1 3435 寺田  千恵 A1 7.71 1 1 423 32         54
2 4208 三浦  永理 A2 7.67 135 1 1 2          46
3 3999 大瀧 明日香 A1 7.57 5 212 6 11         53
4 4450 平高  奈菜 A1 7.29 4 224 141          51
5 4183 宇野  弥生 A1 7.00 1 3 4 3 31         42
6 4433 川野  芽唯 A1 5.83 4 3 262 2          35


6 3900 香川  素子 A2 5.83 2 3 3 3 26         35
8 4399 松本  晶恵 A1 5.43 6 4 612 25         38
9 3302 谷川  里江 A1 5.33 4 2 1 553          32
10 4347 魚谷  香織 A1 4.83 6 1 3 255          29
11 4502 遠藤  エミ A1 4.57 3 転43 1 35         37 5
12 3188 日高  逸子 A1 4.33 2 6 416 5          26
13 4387 平山  智加 A1 4.17 6 4 6 2 16         25
14 3845 中谷  朋子 A1 3.83 6 3 5 3 44         23
15 4530 小野  生奈 A1 3.67 455 3 4 4          22
16 3993 永井  聖美 A1 3.17 2 6 5 落 44         19
17 3579 中里  優子 A2 3.00 354 6 4 6          18


- 3232 山川 美由紀 A1 - 2 152 妨66          - - 賞除
- 4065 金田  幸子 A1 - 3 5 5 1 F3         - - 賞除
- 4499 滝川 真由子 B1 - 516 5 4 F          - - 賞除





【29日芦屋11R】選手コメント - 予想王TV@SANSPO.COM

〔1〕寺田 行きアシと伸びがいい。回りアシは微妙だが、ペラのヒントはつかめた

〔2〕三浦 アシや乗り味はいい。起こしで違和感があってレースに集中できない

〔3〕大滝 行きアシから伸びはずっといい。ターンでもう少し乗りやすくしたい

〔4〕平高 行きアシはそんなに変わらなかったけど、いい人には少し分が悪い

〔5〕宇野 いいときは全体にまあまあ。スタート勘は5日目前半以外は合っている

〔6〕川野 伸び、出アシと少し弱い。展開を突いたあとのアシがくるように調整
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

12/1の地方競馬

2015-11-30 10:00:52 | 競馬
浦和

4 11:55 左1600 サ 8 特 J認 新風特別2歳一  

1 4 4 フォクスホール 浦和 牡 2 56.0 繁田健(浦和)  薮口一 475 13 1:42:9 37.7 1
2 8 8 キングスベンチ 浦和 牡 2 56.0 橋本直(浦和)  宇野数 500 7 1:44:5 8 39.1 5
3 3 3 マサニオニカゲ 浦和 牡 2 55.0 石崎駿(船橋)  山越光 508 9 1:44:5 ハナ 38.1 2


9 14:50 左1500 サ 12 特 向寒特別C2二 

1 6 8 ギンザセレクト 川崎 牡 3 56.0 坂井英(大井)  山崎尋 492 -7 1:36:7 39.1 3
2 7 10 ポインテッドラン 浦和 牝 3 54.0 橋本直(浦和)  小久智 466 -2 1:37:0 11/2 39.7 1
3 7 9 リブストロング 船橋 牡 6 56.0 矢野貴(大井)  佐々功 462 -4 1:37:2 11/2 39.3 4


10 15:25 左1500 サ 12 特 まがたま賞A2下選抜馬 

1 1 1 レガルスイ 船橋 牡 4 57.0 石崎駿(船橋)  矢野義 507 7 1:33:8 38.7 1
2 5 5 マサヤ 船橋 牡 4 57.0 矢野貴(大井)  坂本昇 537 1 1:34:3 21/2 39.5 4
3 2 2 タマモホルン 浦和 牡 4 57.0 左海誠(船橋)  小久智 505 6 1:34:3 クビ 39.6 2


11 16:00 左1600 サ 11 特 ターコイズ特別B2二 

1 4 4 エスティドゥーラ 浦和 牡 4 56.0 笹川翼(大井)  小久智 512 0 1:43:4 38.9 2
2 6 6 エリクサー 浦和 牡 6 56.0 森下博(川崎)  小林真 461 3 1:43:6 11/2 38.9 4
3 2 2 アイディアバイオ 川崎 牝 4 54.0 矢野貴(大井)  山崎尋 450 -5 1:43:7 クビ 38.8 3


金沢

9 15:05 右1500 サ 10 特 機具岩ライトアップ特別C1-1C1一 

1 8 9 ロイヤルアスカ 金沢 牝 3 54.0 堀場裕(金沢)  中川雅 440 -3 1:37:5 38.8 1
2 6 6 リノサンス 金沢 牡 3 56.0 青柳正(金沢) 鈴木正 469 17 1:37:5 アタマ 38.3 3
3 2 2 プレイアンドラスト 金沢 牝 3 54.0 米倉知(金沢)  中川雅 459 -4 1:38:2 3 38.7 2


10 15:40 右1900 サ 8 特 鵜祭り特別A1・2A1 2 

1 8 8 コスモマイギフト 金沢 牡 6 58.0 吉原寛(金沢)  金田一 509 -7 2:06:4 37.6 1
2 3 3 ビービーガザリアス 金沢 牡 8 58.0 葛山晃(金沢)  金田一 497 2 2:06:7 11/2 37.6 3
3 5 5 ベニバナオンリー 金沢 牡 3 55.0 堀場裕(金沢)  松野勝 497 0 2:06:8 クビ 38.2 4


園田

8 14:45 右1400 サ 12 特 C2 3歳以上牝馬特別 

1 1 1 ウエバフラッシュ 兵庫 牝 3 54.0 川原正(兵庫)  柏原誠 480 4 1:30:6 39.4 2
2 8 12 ルールザユニバース 兵庫 牝 3 55.0 吉村智(兵庫)  森澤友 441 3 1:30:7 3/4 38.9 1
3 4 4 フォアニーム 兵庫 牝 3 54.0 永島太(兵庫)  長南和 466 -6 1:32:8 大差 41.3 3


9 15:20 右1870 サ 9 特 B2 3歳以上特別 

1 2 2 ブレイクエース 兵庫 牡 3 56.0 永島太(兵庫)  田中道 515 -19 2:04:7 39.5 3
1 3 3 スチブナイト 兵庫 牡 5 56.0 木村健(兵庫)  三宅直 513 2 2:04:7 同着 39.4 2
3 7 7 フェリックス 兵庫 牡 4 56.0 下原理(兵庫)  新子雅 501 5 2:05:5 5 40.1 1


10 15:55 右1400 サ 11 特 近江牛特別B1 3歳以上 

1 6 6 テラノココロ 兵庫 牝 6 54.0 川原正(兵庫)  長南和 420 -7 1:31:4 39.2 1
2 4 4 コパノハート 兵庫 牝 3 54.0 下原理(兵庫)  徳本慶 441 -3 1:31:5 3/4 39.6 3
3 6 7 マイネカグヤヒメ 兵庫 牝 4 54.0 鴨宮祥(兵庫)  栗林徹 399 1 1:31:6 クビ 39.9 2


11 16:30 右1230 サ 12 特 C1 3歳以上特別 

1 2 2 スイープアロー 兵庫 セン 4 56.0 廣瀬航(兵庫)  碇清次 493 0 1:20:6 39.6 6
2 7 9 マタンギ 兵庫 セン 3 56.0 木村健(兵庫)  西川精 433 -1 1:20:9 2 39.6 1
3 8 11 デジタルデータ 兵庫 牡 6 56.0 吉村智(兵庫)  飯田良 492 -8 1:21:2 11/2 39.4 2

この記事をはてなブックマークに追加

12/1 川口優勝戦

2015-11-30 10:00:45 | オートレース
全レースカード

全レース成績


12R 優勝戦 3100M 発走予定時刻 15:56

1 木村 悦教 ラッキーゾーン A251 川 1 21期 0
川 11/28 3.468
3R 3 3.37
川 11/29 3.468
10R 3 3.40
川 11/30 3.448
12R 2 3.40

2 谷島 俊行 ジークジオン A128 川 1 25期 10
川 11/28 3.438
3R 1 3.35
川 11/29 3.423
9R 1 3.35
川 11/30 3.419
11R 1 3.35

3 小林 瑞季 F・ゲーオ A76 川 1 32期 20
川 11/28 3.454
10R 4 3.36
川 11/29 3.436
6R 2 3.37
川 11/30 3.421
10R 1 3.38

4 渡辺  篤 ナナロク2 S48 浜 1 31期 30
川 11/28 3.459
8R 3 3.36
川 11/29 3.417
9R 4 3.35
川 11/30 3.417
9R 2 3.32

5 人見 剛志 ライジング S33 山 1 28期 30
川 11/28 3.436
2R 2 3.33
川 11/29 3.409
12R 3 3.30
川 11/30 3.404
9R 1 3.32

6 伊藤 信夫 プロドライブ S24 浜 1 24期 30 優勝
川 11/28 3.409
9R 1 3.32
川 11/29 3.403
10R 1 3.28
川 11/30 3.401
11R 2 3.33


7 若井 友和 モエルトウコン S20 川 1 25期 30
川 11/28 3.404
12R 1 3.32
川 11/29 3.413
11R 3 3.33
川 11/30 3.412
12R 1 3.32

8 岩崎 亮一 FGビゼン S8 山 1 25期 30
川 11/28 3.427
5R 2 3.33
川 11/29 3.422
8R 3 3.32
川 11/30 3.413
10R 2 3.34


1 6 伊藤 信夫 43歳/24期 浜松 30m 3.29 3.383 0.15 1
2 5 人見 剛志 36歳/28期 山陽 30m 3.33 3.387 0.11 5
3 2 谷島 俊行 40歳/25期 川口 10m 3.38 3.418 0.15 2
4 7 若井 友和 41歳/25期 川口 30m 3.30 3.399 0.17 3
5 8 岩崎 亮一 39歳/25期 山陽 30m 3.32 3.409 0.09 6
6 3 小林 瑞季 24歳/32期 川口 20m 3.37 3.426 0.14 4
7 1 木村 悦教 46歳/21期 川口 0m 3.40 3.455 0.11 8
8 4 渡辺  篤 39歳/31期 浜松 30m 3.35 3.428 0.08 7


この記事をはてなブックマークに追加

12/1の競輪

2015-11-30 10:00:37 | 競輪
G III

京王閣(27#) ゴールドカップレース 最終日 Dokanto!!  全レース成績

関連記事はこちら


F II

小倉(81#) ミッドナイト競輪オッズパーク杯 最終日 ミッドナイト  全レース成績

7R A級決勝 発走時間 23:19

1 1 山口幸太郎 99 長崎
2 2 水谷 将司 105 愛知
3 3 清水 裕友 105 山口
4 4 後藤 彰仁 92 岐阜
5 5 志村 龍己 98 山梨
6 6 宮本 龍一 92 福岡
6 7 坂本 修一 99 岡山 131 優勝

1 7 坂本 修一 28 岡山 99 A1 11.6 差し
2 5 志村 龍己 29 山梨 98 A1 1  車身 11.5 差し
3 3 清水 裕友 21 山口 105 A2 1/4車輪 11.8


久留米(83#) エンジョイスピードパークNR 最終日 ナイター  全レース成績

10R A級決勝 発走時間 20:30

1 1 江連 和洋 76 栃木
2 2 飯塚 隼人 95 佐賀
3 3 北村  篤 94 岐阜
4 4 堀内 俊介 107 神奈 121 優勝
4 5 田中 雅史 79 愛知
5 6 辻   力 71 石川
5 7 出口 眞浩 63 神奈
6 8 藪田 貴幸 94 茨城
6 9 堀  兼壽 105 岐阜

1 4 堀内 俊介 25 神奈 107 A2 12.0 捲くり
2 1 江連 和洋 43 栃木 76 A1 1  車身 11.8 差し
3 7 出口 眞浩 46 神奈 63 A1 1  車輪 11.9


9R A級チャレンジ決勝 発走時間 19:54 

1 3 高田 大輔 121 26 岡山 97 A3 12.3 捲くり
2 1 隅田 洋介 28 栃木 107 A3 1車身1/2 12.3 捲くり
3 7 簗田 一輝 19 静岡 107 A3 1/2車輪 12.0

この記事をはてなブックマークに追加

12/1の公営

2015-11-30 10:00:19 | 各日の公営競技
・競輪

12/1の競輪

京王閣 ゴールドカップレース(GIII)

関連記事はこちら

小倉 ミッドナイトA級

久留米

A級

A3

・競艇

12/1の競艇

桐生

三国

・オートレース

12/1 川口優勝戦

川口

・地方競馬

12/1の地方競馬

この記事をはてなブックマークに追加

12/1の競艇

2015-11-30 10:00:16 | 競艇
桐 生 一般 第10回埼玉新聞社杯 最終日  全レース成績 

12R 優勝戦 場外締切予定時刻 20:34

1岡村 仁 1211151 優勝
2寺田 祥
3君島 秀三
4野長瀬 正孝
5渡邊 雄一郎
6吉村 誠


1 1 岡村   仁 1’48’1
2 4 野長瀬 正孝 1’50’0
3 2 寺田   祥 1’51’2


江戸川 一般 岡山支部大挙参戦!第39回デイリースポーツ杯 5日目  全レース成績

浜名湖 一般 公営レーシングプレスアタック 4日目  全レース成績

蒲 郡 一般 第11回蒲郡師走特別 初日  全レース成績

三 国 一般 しもつき第2戦 最終日  全レース成績

12R 優勝戦 場外締切予定時刻 15:58

1大峯 豊 1111111 優勝
2松尾 昂明
3黒井 達矢
4今坂 勝広
5宮武 英司
6下出 卓矢

1 1 大峯   豊 1’47’3
2 3 黒井  達矢 1’48’7
3 5 宮武  英司 1’51’0


びわこ 一般 BINAPO杯 4日目  全レース成績

尼 崎 一般 日刊スポーツ杯争奪 第23回伊丹選手権競走 3日目  全レース成績

宮 島 一般 代替開催3場対抗スカパー!・第16回JLC杯競走 5日目  全レース成績

徳 山 一般 BP呉開設23周年記念 スカパー!・JLCカップ 初日  全レース成績 

福 岡 G III G3福岡ソフトバンクホークス杯 初日  全レース成績

唐 津 一般 西日本スポーツ杯 5日目  全レース成績

大 村 一般 富士通フロンテック杯 2日目  全レース成績

この記事をはてなブックマークに追加

浦和レッズの「サポーター」は『なんちゃってウヨ』ばかりなのか?

2015-11-29 22:10:31 | スポーツ
<J1>「浦和ファン」が人種差別書き込み ガ大阪選手に(毎日新聞) - goo ニュース

11月28日 23:30毎日新聞

 28日に埼玉スタジアムで行われたサッカーのJ1チャンピオンシップ準決勝、ガンバ大阪-浦和レッズの試合後、ガ大阪のブラジル人FWパトリック選手(28)に対し「黒人死ねよ」との人種差別的書き込みがインターネットの短文投稿サイト「ツイッター」に投稿されていることが分かった。投稿者のプロフィルには「浦和レッズのサポーター」と明記されており、浦和やJリーグは対応を協議している。

 試合はガ大阪が3-1で勝ち、パトリック選手は3点目を決めた。パトリック選手は「とても残念で酷な人種差別的な書き込みがありました。こういった書き込みはどんな人でも傷つきます。まさかこの国でそういう目にあうとは思いませんでした。こういうことは人間としてやるべきではない」などと日本語でツイッターに投稿。浦和はクラブのホームページで「発信者がどのような人物で何を目的に書き込んだかは特定できませんが、浦和レッズは差別を絶対に許しません」との声明を出した。

 浦和は昨年3月、埼玉スタジアムであったJ1鳥栖戦で、サポーターが「日本人以外お断り」の意味もある「JAPANESE ONLY」と書かれた差別的な横断幕を会場に掲げ、Jリーグ初の「無観客試合」の処分を受けた。これを受け、浦和は「人種、肌の色、性別、言語、宗教、または出自などに関する差別的あるいは侮辱的発言または行為を認めない」と差別撲滅宣言をするとともに、サポーターから賛同署名を集めるなど啓発活動に取り組んでいる。

 Jリーグ広報部は「浦和、ガ大阪と連携しながらどのような対応をするかを検討している。なりすましの可能性もあるので慎重に対処したい」と話している。【鈴木英世、坂本太郎】



>とても残念で酷な人種差別的な書き込みがありました。こういった書き込みはどんな人でも傷つきます。まさかこの国でそういう目にあうとは思いませんでした。こういうことは人間としてやるべきではない


「なんちゃってウヨ」(いわゆるネトウヨ)にも言ってやってくれよ。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

11/29 東京・ジャパンカップ ショウナンパンドラがG直前交わした!

2015-11-29 22:10:14 | 競馬
11月29日の東京競馬

回顧:ジャパンカップ2015回顧

11R ジャパン・オータムインターナショナル 第35回 ジャパンカップ(GI) (国際招待) 3歳以上オープン 2,400 (芝) 定量 WIN5 

本賞金:30000、12000、7500、4500、3000万円

◎ 1 1 ラブリーデイ 牡5 57 川田将雅 池江泰寿
  1 2 トリップトゥパリス せ4 57 T.ベリー E.ダンロップ
  2 3 ワンアンドオンリー 牡4 57 内田博幸 橋口弘次郎
  2 4 ジャングルクルーズ せ6 57 北村宏司 藤沢和雄
  3 5 ペルーサ 牡8 57 C.ルメール 藤沢和雄
  3 6 ラストインパクト 牡5 57 R.ムーア 松田博資
  4 7 ショウナンバッハ 牡4 57 戸崎圭太 上原博之
注 4 8 イラプト 牡3 55 S.パスキエ グラファ
  5 9 ダービーフィズ 牡5 57 田辺裕信 小島太
X 5 10 サウンズオブアース 牡4 57 M.デムーロ 藤岡健一
〇 6 11 ミッキークイーン 牝3 53 浜中俊 池江泰寿
△ 6 12 ゴールドシップ 牡6 57 横山典弘 須貝尚介
  7 13 ヒットザターゲット 牡7 57 小牧太 加藤敬二
  7 14 イトウ 牡4 57 F.ミナリク J.カルヴァロ
▲ 7 15 ショウナンパンドラ 牝4 55 池添謙一 高野友和
  8 16 カレンミロティック せ7 57 蛯名正義 平田修
穴 8 17 アドマイヤデウス 牡4 57 岩田康誠 橋田満
  8 18 ナイトフラワー 牝3 53 A.シュタルケ P.シールゲン


15 ショウナンパンドラ 牝4 55 池添謙一 2:24.7- 6 ラストインパクト - 1 ラブリーデイ - 4 ジャングルクルーズ - 10 サウンズオブアース


【ジャパンC】ミスターX ミッキークイーン歴史的名牝へ第一歩 (競馬) [ 11月29日 ]
【ジャパンC】サウンズと再コンビのデムーロ 関東G1好相性 (競馬) [ 11月29日 ]
【ジャパンC】(1)ラブリーデイ 心身充実!輸送問題なし (競馬) [ 11月29日 ]
【ジャパンC】(2)トリップトゥパリス 気持ち良く運動 (競馬) [ 11月29日 ]
【ジャパンC】(3)ワンアンドオンリー「元気いっぱい」 (競馬) [ 11月29日 ]
【ジャパンC】(4)ジャングルクルーズ 初G1は好舞台 (競馬) [ 11月29日 ]
【ジャパンC】(5)ペルーサ 復活手応え十分 (競馬) [ 11月29日 ]
【ジャパンC】(6)ラストインパクト 落ち着いて輸送 (競馬) [ 11月29日 ]
【ジャパンC】(7)ショウナンバッハ パワーたっぷり (競馬) [ 11月29日 ]
【ジャパンC】(8)イラプト 走り「幸せそう」 (競馬) [ 11月29日 ]
【ジャパンC】(9)ダービーフィズ いざ秋天の雪辱 (競馬) [ 11月29日 ]
【ジャパンC】(10)サウンズオブアース 輸送中カイバ完食 (競馬) [ 11月29日 ]
【ジャパンC】(11)ミッキークイーン ラブリー目標に (競馬) [ 11月29日 ]
【ジャパンC】(12)ゴールドシップ 鉄砲駆け任せろ (競馬) [ 11月29日 ]
【ジャパンC】(13)ヒットザターゲット 好相性の小牧を信頼 (競馬) [ 11月29日 ]
【ジャパンC】(14)イトウ 逃走視野に軽快 (競馬) [ 11月29日 ]
【ジャパンC】(15)ショウナンパンドラ 待望舞台で飛躍 (競馬) [ 11月29日 ]
【ジャパンC】(16)カレンミロティック 万全リラックス (競馬) [ 11月29日 ]
【ジャパンC】(17)アドマイヤデウス 叩いて良化期待 (競馬) [ 11月29日 ]
【ジャパンC】(18)ナイトフラワー 日本にも慣れた (競馬) [ 11月29日 ]

展開を読む【ジャパンC=スローペース】 (競馬) [ 11月29日 ]

イトウの単騎逃げ。イラプト以下は深追いせず、息の入る流れになる。ラブリーデイは4、5番手、サウンズオブアース、ショウナンパンドラが中団、ミッキークイーンは後方追走。ゴールドシップは3角から一気に進出して直線勝負へ。 【ジャパンC】


ラブリーデイ2.7倍で1番人気、ゴールドシップが4.8倍で続く/ジャパンC前日オッズ - netkeiba.com

01 ラブリーデイ 2.7
12 ゴールドシップ 4.8
11 ミッキークイーン 5.4
15 ショウナンパンドラ 8.9
10 サウンズオブアース 12.4
08 イラプト 14.9
06 ラストインパクト 24.8
14 イトウ 25.1
17 アドマイヤデウス 35.7
18 ナイトフラワー 40.0
13 ヒットザターゲット 48.9
02 トリップトゥパリス 50.5
05 ペルーサ 52.6
03 ワンアンドオンリー 54.7
07 ショウナンバッハ 110.8
16 カレンミロティック 111.6
04 ジャングルクルーズ 123.3
09 ダービーフィズ 148.7

29日東京競馬場・馬場情報 (競馬) [ 11月28日 ]

【Cコース】週末は降雨はない見込み。中間の降雨も日曜までには乾き、ジャパンCは良馬場での開催が有力だ。連続開催の最終週で3~4角の内柵沿いや直線には傷みもある。好位~中団から馬場中央を伸びる馬が有利。

【ジャパンC】傾向と対策 (競馬) [ 11月28日 ]

過去10年の結果から傾向を探る。

 ☆国別 外国馬の優勝は05年アルカセット(英)のみ。日本馬が圧倒。

 ☆性齢 4歳が5勝でトップ。5歳が3勝、3歳が2勝で続き、6歳以上の勝ちはない。牝馬が近6年で4勝を挙げている。

 ☆騎手 岩田が3勝、武豊が2勝。残る5勝は外国人騎手。

 ☆実績 連対馬20頭中19頭が、東京芝コースでG1・3着以内か重賞V経験あり。

 結論 ◎サウンズオブアース ○ミッキークイーン ▲ラブリーデイ 【ジャパンC】


【ジャパンC】浜中 クイーンG1連覇を誓う「秋華賞のダメージない」 (競馬) [ 11月28日 ]
【ジャパンC】今年も注目!日本の3歳牝馬は“必ず”掲示板 (競馬) [ 11月28日 ]
【ジャパンC】ラブリー年間獲得賞金オルフェ超えへ! (競馬) [ 11月28日 ]
【ジャパンC】(1)ラブリーデイ 追い切り後も「変わらず順調」 (競馬) [ 11月28日 ]
【ジャパンC】(2)トリップトゥパリス 今秋では「ベストの状態」 (競馬) [ 11月28日 ]
【ジャパンC】(3)ワンアンドオンリー 今度こそ勝ち星を (競馬) [ 11月28日 ]
【ジャパンC】(4)ジャングルクルーズ 休み明けも順調 (競馬) [ 11月28日 ]
【ジャパンC】(5)ペルーサ 秋天7着も復調をアピール (競馬) [ 11月28日 ]
【ジャパンC】(6)ラストインパクト 世界的名手との相性が鍵 (競馬) [ 11月28日 ]
【ジャパンC】(7)ショウナンバッハ 疲労回復で良好ムード (競馬) [ 11月28日 ]
【ジャパンC】(8)イラプト 希望枠に陣営大満足 (競馬) [ 11月28日 ]
【ジャパンC】(9)ダービーフィズ 末脚生かして好走を (競馬) [ 11月28日 ]
【ジャパンC】(10)サウンズオブアース 東京向きの脚質に期待 (競馬) [ 11月28日 ]
【ジャパンC】(11)ミッキークイーン 馬体減も動き問題なし (競馬) [ 11月28日 ]
【ジャパンC】(12)ゴールドシップ 力まず平常心で反撃狙う (競馬) [ 11月28日 ]
【ジャパンC】(13)ヒットザターゲット 外枠でも前向き (競馬) [ 11月28日 ]
【ジャパンC】(14)イトウ 昨年のアイヴァンホウ以上狙う (競馬) [ 11月28日 ]
【ジャパンC】(15)ショウナンパンドラ“余裕”どの枠でもOK (競馬) [ 11月28日 ]
【ジャパンC】(16)カレンミロティック 持久力で勝負だ! (競馬) [ 11月28日 ]
【ジャパンC】(17)アドマイヤデウス 叩いた上積み大 (競馬) [ 11月28日 ]
【ジャパンC】(18)ナイトフラワー 時計平凡も状態面に太鼓判 (競馬) [ 11月28日 ]

ラブリーデイが3.0倍で1番人気/ジャパンC前々日オッズ - netkeiba.com

01 ラブリーデイ 3.0
12 ゴールドシップ 3.8
11 ミッキークイーン 6.8
15 ショウナンパンドラ 10.3
08 イラプト 13.1
10 サウンズオブアース 13.2
06 ラストインパクト 13.5
14 イトウ 27.1
13 ヒットザターゲット 42.1
03 ワンアンドオンリー 44.9
18 ナイトフラワー 45.9
17 アドマイヤデウス 49.6
02 トリップトゥパリス 51.1
05 ペルーサ 59.7
07 ショウナンバッハ 74.0
16 カレンミロティック 105.5
09 ダービーフィズ 126.9
04 ジャングルクルーズ 139.1

【ジャパンC】ゴールドシップ逆襲へ 人馬一体の変則併せ仕上げ! (競馬) [ 11月27日 ]
【ジャパンC】ゴールド ノリ「乗り難しいが乗っていておもしろい」 (競馬) [ 11月27日 ]
【ジャパンC】ゴールドシップ 着外でも雪辱が持ち味 (競馬) [ 11月27日 ]
【ジャパンC】ラブリーデイ余裕の加速“馬体改造”の成果 (競馬) [ 11月27日 ]
【ジャパンC】ラブリー年間重賞7勝へ 年間最多はオペラオーの8勝 (競馬) [ 11月27日 ]
【ジャパンC】ラブリーデイ1枠1番「ここなら折り合いつきやすい」 (競馬) [ 11月27日 ]
【ジャパンC】ミッキークイーン気合注入!直線鋭く反応12秒2 (競馬) [ 11月27日 ]
【ジャパンC】サウンズオブアース 1F12秒3好調キープ (競馬) [ 11月27日 ]
【ジャパンC】トリップトゥパリス 陣営「これ以上を望めない状態」 (競馬) [ 11月27日 ]
【ジャパンC】ワンアンド逆転の発想 攻めずに力ためる (競馬) [ 11月27日 ]
【ジャパンC】ラストインパクト 松田博師「悔いない仕上がり」 (競馬) [ 11月27日 ]
【ジャパンC】ショウナンバッハ、今週は運動だけ“体はできている” (競馬) [ 11月27日 ]
【ジャパンC】ダービーフィズ 小島太師「間違いなく前走よりいい」 (競馬) [ 11月27日 ]
【ジャパンC】ヒットザターゲット イメージ通りの仕上げ (競馬) [ 11月27日 ]
【ジャパンC】イトウ カルヴァロ師「日本の速いペース向いている」 (競馬) [ 11月27日 ]
【ジャパンC】カレンミロティック 藤懸「いい頃の雰囲気に近い」 (競馬) [ 11月27日 ]
【ジャパンC】アドマイヤデウス シャープな伸びで12秒6 (競馬) [ 11月27日 ]
【ジャパンC】ナイトフラワー、悪路も安定した走り“十分やれる” (競馬) [ 11月27日 ]

【ジャパンカップ】(東京)~調教後の馬体重 - netkeiba.com

 1 ラブリーデイ    498 11/26(木) 栗東 池江泰寿(栗東) 486
 2 トリップトゥパリス 464 11/26(木) 東京 E・ダンロップ(英) 前走海外   
 3 ワンアンドオンリー 500 11/26(木) 栗東 橋口弘次郎(栗東)498
 4 ジャングルクルーズ 514 11/25(水) 美浦 藤沢和雄(美浦) 510
 5 ペルーサ      522 11/25(水) 美浦 藤沢和雄(美浦) 512
 6 ラストインパクト  490 11/26(木) 栗東 松田博資(栗東) 492
 7 ショウナンバッハ  448 11/26(木) 美浦 上原博之(美浦) 440
 8 イラプト      520 11/26(木) 東京 F・グラファール(仏) 前走海外 
 9 ダービーフィズ   468 11/26(木) 美浦 小島太 (美浦) 466
10 サウンズオブアース 510 11/26(木) 栗東 藤岡健一(栗東) 504
11 ミッキークイーン  434 11/26(木) 栗東 池江泰寿(栗東) 434
12 ゴールドシップ   516 11/26(木) 栗東 須貝尚介(栗東) 506
13 ヒットザターゲット 524 11/26(木) 栗東 加藤敬二(栗東) 512
14 イトウ       444 11/26(木) 東京 J・カルヴァロ(香港) 前走海外
15 ショウナンパンドラ 454 11/26(木) 栗東 高野友和(栗東) 438
16 カレンミロティック 460 11/25(水) 栗東 平田修 (栗東) 454
17 アドマイヤデウス  490 11/26(木) 栗東 橋田満 (栗東) 480
18 ナイトフラワー   468 11/26(木) 東京 P・シールゲン(独) 前走海外

【ジャパンC】イラプト本気追い!納得グラファール師“トレビア~ン” (競馬) [ 11月26日 ]
【ジャパンC】ナイトフラワー キャンター軽快“体調とてもいい” (競馬) [ 11月26日 ]
【ジャパンC】イトウ、キャンター調整 陣営「とてもいい状態」 (競馬) [ 11月26日 ]
【ジャパンC】トリップトゥパリス 体全体使って芝6F90秒2 (競馬) [ 11月26日 ]
【ジャパンC】ショウナンパンドラ 落鉄お構いなしラスト1F12秒2 (競馬) [ 11月26日 ]
【ジャパンC】パンドラ 11年Vブエナと同じ秋天4着からの参戦 (競馬) [ 11月26日 ]
【ジャパンC】古豪ペルーサ 8歳になっても諦めない (競馬) [ 11月26日 ]
【ジャパンC】ジャングルクルーズ 迫力満点のフットワーク (競馬) [ 11月26日 ]
【ジャパンC】サウンズオブアース気配上昇“昨年とは完成度が違う” (競馬) [ 11月26日 ]
【ジャパンC】ゴールドシップ 須貝師「とにかくゲート次第」 (競馬) [ 11月26日 ]
【ジャパンC】ラストインパクト ムーアの手腕に期待 (競馬) [ 11月26日 ]
【ジャパンC】池江勢2騎ラブリー&クイーン 順調に坂路調整 (競馬) [ 11月26日 ]
【ジャパンC】ショウナンバッハ 馬場入り手控え微調整で臨む (競馬) [ 11月26日 ]

【ジャパンC】ゴールドシップ100点 首から前後肢まで全てが完璧 (競馬) [ 11月25日 ]
【ジャパンC】ゴールドシップ ラスト2戦に感慨「来年も使いたい」 (競馬) [ 11月25日 ]
【ジャパンC】ラブリーデイ100点 豊富な骨量と筋肉、G1馬の風格 (競馬) [ 11月25日 ]
【ジャパンC】ラブリーデイ 秋天の疲れなし、陣営「本当タフです」 (競馬) [ 11月25日 ]
【ジャパンC】ペルーサ70点 筋肉魅力も全体に重たさ感じる (競馬) [ 11月25日 ]
【ジャパンC】カレンミロティック70点 好状態もアピールに欠ける (競馬) [ 11月25日 ]
【ジャパンC】ミッキークイーン70点 秋2戦の反動隠せず (競馬) [ 11月25日 ]
【ジャパンC】ショウナンパンドラ70点 毛ヅヤもうひと息 (競馬) [ 11月25日 ]
【ジャパンC】サウンズオブアース70点 緊張感の不整合性が気になる (競馬) [ 11月25日 ]
【ジャパンC】ラストインパクト70点 首太く重たい印象 (競馬) [ 11月25日 ]
【ジャパンC】ダービーフィズ70点 腹回りが少し物足りない (競馬) [ 11月25日 ]
【ジャパンC】ジャングルクルーズ70点 各部位の連結が… (競馬) [ 11月25日 ]
【ジャパンC】ヒットザターゲット70点 体重あるのに細く映る (競馬) [ 11月25日 ]
【ジャパンC】アドマイヤデウス70点 骨量、筋肉量豊富も緊張感ない (競馬) [ 11月25日 ]
【ジャパンC】外国馬イラプト、イトウ、ナイトがダートで調教 (競馬) [ 11月25日 ]
【ジャパンC】イトウくんの流れに乗って体力勝負で挑むミロティック (競馬) [ 11月25日 ]

【ジャパンC】クイーンをV指名!史上2頭目、3歳牝馬の戴冠だ (競馬) [ 11月24日 ]
【ジャパンC】外国馬イラプト、イトウ、ナイトが府中入り (競馬) [ 11月24日 ]
【ジャパンC】有力馬1週前コメント (競馬) [ 11月24日 ]

【ジャパンC1週前追い】ご機嫌ゴールド5馬身ぶっちぎり (競馬) [ 11月19日 ]
【ジャパンC1週前追い】ショウナンパンドラ 池添大絶賛“秋天以上” (競馬) [ 11月19日 ]
【ジャパンC1週前追い】サウンズオブアース順調 3馬身先着 (競馬) [ 11月19日 ]
【ジャパンC1週前追い】追って一言 (競馬) [ 11月19日 ]
【ジャパンC】外国馬3頭、ダートで軽め調整 英・トリップも来日 (競馬) [ 11月19日 ]
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

よし!自由民主党は解体だ!

2015-11-29 22:09:55 | 政治経済問題
「改憲は自民立党の原点」=安倍首相(時事通信) - goo ニュース

11月28日 20:34時事通信

 安倍晋三首相は28日夜、東京都内で開かれた超党派議連「創生日本」の会合であいさつし、自民党が結党60年を迎えたことについて「憲法改正をはじめ、占領時代につくられたさまざまな仕組みを変えていくことが立党の原点であることを呼び起こさなければならない」と訴えた。来年の参院選にも触れ、「再び夏に戦いがやってくるが、そう簡単なことではない」と引き締めを図った。

 会合に出席した国会議員は約20人で全員が自民党所属。これに先立つ研修会には約600人が参加し、改憲実現に向けた活動を推進していくことを確認。同議連の平沼赳夫最高顧問は「自民党を中心に改憲を是とする勢力を糾合すれば、憲法改正実現への道は間違いなく開けると確信している」とのメッセージを寄せた。 



自民党の改憲草案は、「侵略国家」である大日本帝国の憲法に類似しているが、それが自民党の総意ということでいいんだな。

「平和国家」である日本国を「捨てる」んだな。

よし!、そんな「平和破壊政党」は日本国にはいらない。

もちろん、自由民主党は、「平和国家の逆賊政党」だから解体しなければならないのは言うまでもなし。

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

笠松競馬場近くのパチンコ店に強盗入り260万円奪われた!

2015-11-29 21:26:31 | その他
パチンコ店に強盗、260万円奪い逃走(読売新聞) - goo ニュース

10:30読売新聞

 29日午前3時55分頃、岐阜県笠松町円城寺のパチンコ店「マリオン名岐バイパス店」で、男性従業員2人が帰宅しようと出入り口を出たところ、包丁のようなものを持った男に立ちふさがれた。

 男は2人を結束バンドで両手を縛った上、「金庫を開けろ」と脅迫。男は金庫にあった約260万円を奪って逃走した。2人にけがはなかった。県警岐阜羽島署が強盗容疑で捜査している。

 発表では、男は約1メートル70の中肉で、上下黒色のフード付きスエット姿。目と口に穴が空いた黒色の覆面をかぶっていた。同店は午後11時頃に閉店していた。

 9月12日未明には、現場から北東に約5キロ離れた同県各務原市内のパチンコ店でも従業員が縛られる手口で、約10万円が奪われる強盗事件が発生しており、同署は関連を調べる。

この記事をはてなブックマークに追加

11/29のWIN5は547万7900円

2015-11-29 20:57:43 | 中央競馬成績
11月29日の東京競馬

11月29日の京都競馬


2015年11月29日のWIN5


9 ダンツキャンサー - 13 ネオリアリズム - 4 スーサンジョイ - 15 ショウナンパンドラ - 2 サトノルパン


1レース 京都10R 醍醐ステークス 3歳以上1,600万円以下 1,400 (芝・外) ハンデ 14:40 WIN5

1 1 オビーディエント 牡6 52 幸英明 加藤敬二
2 2 デンファレ 牝8 50 中谷雄太 的場均
3 3 シンデレラボーイ 牡5 56 A.アッゼニ 矢作芳人
4 4 エリーティアラ 牝3 52 和田竜二 武市康男
5 5 ジルダ 牝3 52 松若風馬 友道康夫
6 6 スリーカーニバル 牝5 51 古川吉洋 南井克巳

7 7 ダイシンサンダー 牡4 57 酒井学 松田博資
8 8 オースミナイン 牡5 57 武豊 松永昌博
8 9 ダンツキャンサー 牝4 52 鮫島克駿 谷潔


9 ダンツキャンサー 牝4 52 鮫島克駿 - 7 ダイシンサンダー - 4 エリーティアラ - 3 シンデレラボーイ - 8 オースミナイン



2レース 東京10R ウェルカムステークス 3歳以上1,600万円以下 1,800 (芝) 定量 15:00 WIN5

1 1 アッシュゴールド 牡3 55 池添謙一 池江泰寿
2 2 ローレルブレット 牡6 57 T.ベリー 竹内正洋
3 3 タイセイドリーム 牡5 57 内田博幸 矢作芳人
4 4 ネコタイショウ 牡5 57 S.パスキエ 堀井雅広
4 5 レッドオリヴィア 牝4 55 A.シュタルケ 平田修
5 6 イサベル 牝4 55 M.デムーロ 角居勝彦

5 7 マテンロウボス 牡4 57 横山典弘 昆貢
6 8 シャドウウィザード せ5 57 戸崎圭太 勢司和浩
6 9 エイシンライダー 牡3 55 田辺裕信 沖芳夫
7 10 エバーグリーン 牡7 57 大野拓弥 新開幸一
7 11 エアアンセム 牡4 57 C.ルメール 吉村圭司
8 12 アドマイヤドバイ 牡5 57 北村宏司 橋田満
8 13 ネオリアリズム 牡4 57 R.ムーア 堀宣行


13 ネオリアリズム 牡4 57 R.ムーア - 6 イサベル - 7 マテンロウボス - 5 レッドオリヴィア - 



3レース 京都11R オータムリーフステークス 3歳以上オープン 1,400 (ダ) 別定 15:15 WIN5

1 1 ナガラオリオン 牡6 57 四位洋文 大根田裕之
2 2 タイセイファントム 牡7 57 菱田裕二 矢作芳人
3 3 エアウルフ 牡8 57 A.アッゼニ 角居勝彦
4 4 スーサンジョイ 牡3 55 和田竜二 岩元市三
5 5 ワンダーコロアール 牡6 56 勝浦正樹 河内洋
6 6 タールタン 牡7 57 武豊 吉村圭司
7 7 サクラエール 牡4 56 幸英明 羽月友彦
7 8 サンライズブレット 牡7 56 秋山真一郎 平田修
8 9 オールブラックス 牡6 56 藤岡康太 中尾秀正
8 10 ベルサリエーレ 牡5 56 太宰啓介 松下武士


4 スーサンジョイ 牡3 55 和田竜二 - 7 サクラエール - 5 ワンダーコロアール - 1 ナガラオリオン - 2 タイセイファントム



4レース 東京11R ジャパン・オータムインターナショナル 第35回 ジャパンカップ(GI) (国際招待) 3歳以上オープン 2,400 (芝) 定量 WIN5

11/29 東京・ジャパンカップを参照。

回顧:

15 ショウナンパンドラ 牝4 55 池添謙一 2:24.7- 6 ラストインパクト - 1 ラブリーデイ - 4 ジャングルクルーズ - 10 サウンズオブアース



5レース 京都12R 第60回 京阪杯(GIII) 3歳以上オープン 1,200 (芝) 別定 16:15 WIN5

11/29 京都・京阪杯を参照。

2 サトノルパン 牡4 56 和田竜二 1:07.4 - 4 ビッグアーサー - 9 アースソニック - 1 ベルカント - 6 エイシンブルズアイ

この記事をはてなブックマークに追加