公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

5月31日の優勝戦・重賞結果

2010-05-31 20:51:35 | 各日の公営競技

・競輪

静岡

A級 佐々木省司 621

A3 井上嵩 111

玉野

A級 石田洋秀 211

A3 塚本大樹 221

・競艇

三国 飯島昌弘 1411211

尼崎 新藤哲三 1121411

丸亀 新鋭リーグ第7戦(G3) 古賀繁輝 1132412111

・オートレース

川口 佐藤裕二 1311

浜松 山脇孝志 111

・地方競馬重賞

盛岡 岩手ダービー ダイヤモンドカップ ロックハンドスター


この記事をはてなブックマークに追加

1億5000万円超 出た!

2010-05-30 21:17:48 | 競輪

函館競輪のビッグドリームで、1億5978万7340円の配当が出た!

http://www.sponichi.co.jp/gamble/flash/KFullFlash20100530127.html


この記事をはてなブックマークに追加

5月30日の優勝戦・重賞結果

2010-05-30 20:52:35 | 各日の公営競技

・中央競馬重賞

東京

東京優駿(G1) エイシンフラッシュ

目黒記念(G2) コパノジングー

逃げるイケドラゴンをゴール直前交わしたコパノジングー。

・競輪

川崎

S級 志智俊夫 121

A級 芦澤辰弘 111

青森

A級 吉田康弘 131

A3 奥泉修司 111

・競艇

浜名湖 笹川賞(SG) 岡崎恭裕 4161131

下関 長岡茂一 2121122411

若松 高沖健太 1124323411

・地方競馬重賞

佐賀 九州ダービー栄城賞 メイオウセイ


この記事をはてなブックマークに追加

笹川賞回顧

2010-05-30 17:40:23 | 大レース回顧集

第37回笹川賞優勝戦が30日、浜名湖競艇場で行われた。

進入は、1 池田浩二、2 菊地孝平、3 今村豊がスロー。5 山口剛がカドに回り、以下6 岡崎恭裕、4 新田雄史の順。

1周1マーク、菊地の動きを封じて先マイを決めたかに思われた池田の内懐に、岡崎がズブリと差してきて、バックストレッチでは池田、岡崎がほぼ併走状態。これに菊地も加わっての1周2マーク争い。

ここで岡崎が先に回って先頭に立ち、すかさず池田が岡崎と艇を並べようとするが、2周目のホームストレッチ付近で、岡崎がインにコースを切り替える。そして1マークで池田に艇差をつけ、決着をつけた。2着に池田。3着には道中追い上げを見せた今村が菊地を交わして入った。

デビュー6年目だが、まだ23歳という若さの岡崎がSG初優勝。1周1マークでの動き、そして1周2マークにおける先マイの動きを見る限り、若さと思いっきりの良さが他のメンバーの動きをを上回った、といえそう。また、競艇選手としては172cmと大柄な岡崎のこの優勝は、競艇界の今後の流れを大きく変えていきそうな予感をも感じさせた。


この記事をはてなブックマークに追加

東京優駿回顧

2010-05-30 17:18:58 | 大レース回顧集

第77回東京優駿(日本ダービー)が30日、東京競馬場で行われた。

18 ダノンシャンティが28日、右後肢第三中足骨近位骨折のため、出走取り消し。17頭で行われることになった。

1番人気は、7 ヴィクトワールピサで2.1倍、2番人気は、9 ペルーサで2.6倍、3番人気は、12 ヒルノダムールで8.8倍。10倍以下の人気は以上3頭。

スタートで、ペルーサが立ち遅れてしまう。

6 アリゼオが先頭。16 シャイン、5 コスモファントムと続き、17 トゥザグローリーが4番手。ヴィクトワールは内に入り、13 ゲシュタルトと並んで5番手集団。その後ろに3 ルーラーシップ、8 ローズキングダムが続き、1 エイシンフラッシュが内に入って、ヒルノダムールと並んで中団あたり。そしてペルーサは後方から3頭目。

1000mのラップが61秒とスロー。大欅前から、ペルーサが一気に外から上昇を仕掛ける。4角では、内にいるヴィクトワールの外にエイシンが回る。

直線に入って横一線となり、坂上付近では6~7頭程度が先頭に並んでいたが、ペルーサの手ごたえが怪しくなる。また、ヴィクトワールの反応もよくない。人気両馬の伸びが一息となった坂下で、馬場の真ん中からローズが先頭に出るが、その内からエイシンが鋭い脚を伸ばし、ゴール直前、ローズを首差交わし優勝。ローズが2着。ヴィクトワールは最内から伸びてきたゲシュタルトを交わすのがやっとの3着どまり。ゲシュタルト4着、ルーラーシップ5着。そしてペルーサは6着に終わった。

<短評>

・エイシンフラッシュ・・・ヴィクトワールを見るような形をとり、4角ではヴィクトワールの外に回った。ヴィクトワールが馬群を捌くのに苦労していたのを見ながら、坂下で一気に勝負をかけ、最後はローズキングダムを交わして優勝。皐月賞では直線だけで追い込んできて3着だったが、今回は道中我慢しながら、皐月賞で見せた脚を坂下で披露した。鞍上にとってみれば、これ以上ない展開に持ち込んでの快勝劇だったといえよう。

・ローズキングダム・・・25日に坐石となってしまい、出走すら危ぶまれていたが、そうしたアクシデントを感じさせない走り。坂下で一旦先頭に立ったときに、鞍上は一瞬やった!と思ったかもしれないが、惜しい2着。しかし、2歳王者の底力をダービーの舞台で発揮したといえるのではないか。

・ヴィクトワールピサ・・・今回も最内を通っての勝負となったが、道中のペースがスローな上に、3Fが33.4秒という典型的な上がり勝負の競馬となったことが災いして、坂上で鞍上が追い出しにかかっても反応が悪かった。坂下で伸びてはきたが、先に先頭に立たれたローズ、そして自身の動きをマークされたエイシンとは勢いで劣り、ゲシュタルトを交わすのがやっとの3着。展開が嵌らないと、弥生賞、皐月賞のような勝ち方はできない。

・ゲシュタルト・・・最内を突いて伸びてきた。単勝12番人気というのはいささか低評価すぎたといえるか。

・ルーラーシップ・・・最後の追い較べで力の差が出た感じ。

・ペルーサ・・・スタートで遅れたのが一番の敗因。加えて道中の折り合いも悪く、大欅前から上昇を仕掛けるも、坂上で早くも手ごたえが怪しくなった。これまで厳しい競馬を経験していないという点も敗因に繋がったといえる。

・ヒルノダムール(9着)・・・流れが向かず、見せ場がなかった。 

(追記)

マスコミに出まくる大師匠

http://plaza.rakuten.co.jp/daikokusya/diary/201005300000/


この記事をはてなブックマークに追加

東京 「優駿」も「ダービー」も勝った

2010-05-30 16:11:58 | 競馬

東京優駿・日本ダービーは、内田博幸騎乗のエイシンフラッシュが優勝。

というわけで、内田は、「東京ダービー」と「東京優駿」の両方を勝った最初の騎手となった。

ついでにいえば、内田はジャパンダートダービーでも勝利経験がある。

インタビューで、

『初めてダービーを勝った感想は?』

と聞かれたが、

『いや、ダービーは何回か勝ってるよ。』

とは言わなかった・・・

さて、内田は6月2日に行われる東京ダービーでも騎乗予定。

http://www.nankankeiba.com/uma_shosai/2010060220040311.do

4月の羽田盃を勝ったシーズザゴールドに騎乗する。

今度は史上初の同一年度、東京「優駿」・「ダービー」制覇なるか?


この記事をはてなブックマークに追加

5月29日の優勝戦・重賞結果

2010-05-29 18:47:16 | 各日の公営競技

・中央競馬重賞

京都 金鯱賞(G2) アーネストリー

逃げるドリームサンデーを競り落としたアーネストリー。

・競輪

宇都宮

A級 黒瀬浩一 511

A3 星野辰也 111

富山

A級 白井一機 311

A3 松本琢也 431

和歌山

A級 仙石淳 521

A3 徳丸泰教 111


この記事をはてなブックマークに追加

骨折していたダノンシャンティ

2010-05-29 13:36:59 | 競馬

ダノンシャンティが骨折していたことが分かり、出走取消となった。

http://www.sponichi.co.jp/gamble/flash/KFullFlash20100529004.html

しかしながら、松田国調教師はまたもや、

「クラッシャー」

という陰口を叩かれるかもしれないな。

 


この記事をはてなブックマークに追加

限りなくF1に近いG3

2010-05-29 07:01:18 | 競輪

今日から始まる別府記念は、6月3日開幕の高松宮記念杯の谷間開催ということもあり、SS級はおろか、S1上位級の顔ぶれもなく、地味なメンバー構成となった。

http://keirin.jp/pc/dfw/dataplaza/guest/raceall?KCD=86&KBI=20100529

ま、西谷とか、坂本勉Jr.などが特選シードされていることを考えると、ある意味新鮮味も覚えるわけだが、総じて見れば、限りなくF1に近いメンバーの集まり。村本大輔が「銘柄級」として一際目立っているし。あと、50歳となった佐々木昭彦も出ているな。

しかしながら、特に期別が若い選手は、こういうメンバー構成のときこそ優勝しておきたいな。ここで取りこぼして、それこそベテランに優勝を奪われるようでは、今後が心もとない。逆に言えば、ここで記念優勝の勲章を得れば、恐らく今後に必ず繋がっていくことだろう。

ま、逆に言えば、宮杯は新鮮味のない顔ぶれな上に、「負け戦」あたりになると難解至極なレースが続くわけだから、別府記念でそれなりの勝負をしてみるのも面白いかも。

それにしても、売り上げはどうなるんだろ?

(追記)

うまくいかなければ、外国人短期登録選手の斡旋を考えろ、というわけだな。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

5月28日の優勝戦・重賞結果

2010-05-28 20:52:42 | 各日の公営競技

・競輪

京王閣

S級 渡邉一成 211

A級 屋良朝春 121

一宮

S級 テーン・ムルダー 121

A級 岩本純 611

福井

S級 飯嶋則之 121

A級 大澤裕之 411

高知

S級 佐々木則幸 111

A級 大谷靖茂 111

西武園

A級 松根真 411

A3 磯田旭 121

千葉

A級 柴田竜史 221

A3 長島大介 121

向日町

A級 熊無俊一 421

A3 志水祐彦 121

防府

A級 坂口晃輔 611

A3 川又裕樹 221

久留米

A級 永田洋彦 521

A3 寺崎祐樹 531

佐世保

A級 松尾大樹 131

A3 加藤貴宏 131

・競艇

桐生 須藤博倫 231112111

江戸川 長野壮志郎 222131211


この記事をはてなブックマークに追加

笠松に移籍する中央重賞ウィナー

2010-05-27 17:23:55 | 競馬

2007年の武蔵野ステークスを勝ったエイシンロンバードが笠松へ移籍する。

http://www.netkeiba.com/news/?pid=news_view&no=46317&category=A

(フィクション開始)

『おう!中央から「新入り」が入るんか!』

『とはいうても、8歳ってオッサンやないか!』

『でもな!中央の重賞勝ち馬が笠松に来るなんてことは、ワシが思うに、あんまり覚えないな。フェートノーザンにしても2着までやったからな。ワカオライデンは金沢経由やったし。』

『ということはやな、笠松にとってみれば「大物」っちゅうわけや!』

『ま、まずはワシのとこへ挨拶やな。まずはそれからや。それ次第で、ワシがいくらでも「化けさせたる」でぇ!あっはっは!』

(フィクション終わり)

大師匠も期待十分か?

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

「独眼流」騎手

2010-05-27 17:11:43 | 競馬

高知競馬の宮川実騎手が左目を失った状態で騎手復帰する。

http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp0-20100527-634482.html

2009年5月2日のレースで落馬した際に左目を失明。一時は現役引退を考えたが、片目だけで騎乗した騎手がいることを知り復帰を決意。

29日に復帰するが、宮川復帰関連の「冠レース」が目白押し。

http://www2.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/RaceList?k_babaCode=31&k_raceDate=2010/05/29

当人は4レースに騎乗予定。


この記事をはてなブックマークに追加

5月26日の優勝戦・重賞結果

2010-05-26 20:49:55 | 各日の公営競技

・競艇

平和島 江夏満 33111311

住之江 山地正樹 16521211

徳山 福田雅一 1412123211

・オートレース

伊勢崎 スターライトチャンピオンカップ争奪戦(G2) 永井大介 21111

・地方競馬重賞

浦和 さきたま杯(Jpn3) スマートファルコン

3角付近でスーニに捲られたスマートが4角でスーニに並びかけ、直線で完全に突き放した。


この記事をはてなブックマークに追加

早く始めて早く終わる

2010-05-26 15:35:46 | 競艇

芦屋競艇が、9時半1レース開始、14時50分最終レース発走という、「モーニングレース」を実施するとか。

http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2010/05/26/22.html

7月9日から10月19日までの予定で、以上の時刻でレースを行う。

ま、若松が完全ナイター開催だから、早めに終わって夜は若松に行ってもらおう、ということなのか?

しかしながら、終わりが早い、というのはいいことかも。ダラダラと1レースから打つんじゃなくて、レースを絞って買って楽しんだら丁度いい時間、てなことになるかもしれないし。

以前佐世保競輪のF2で、10時20分始まりの15時最終発走、ということが行われたことがあるが、12レース制に移行後、できなくなってしまった。芦屋の例に倣って「復活」してほしい気がするな。


この記事をはてなブックマークに追加

T社長も「万歳」!

2010-05-26 08:02:52 | 競輪

TOOL4より

平成22年5月25日

注目の事業仕分けがJKAにメスを入れました、公付金を出鱈目に使ってる事があからさまに、これには私もビックリ、これを廃止すれば施行者は助かるし寿命が延びるのは確実、現在の体制も全て変えて、本当に「競輪」を知ってる人達に任せるべき、別に年齢は関係ありません、JKAの事業仕分けに拍手、万歳してます。もっともっと謎の部分を表に出して、クリーンな「競輪」にして欲しいが願い。ルール・制度をKPKの前に戻して呉れませんか。


ま、本当に競輪を知っている人達に任せても、

「競輪は立派なギャンブルなんですよ!」

という考え方しか持たないと、どうにもならない、とは思う。

むしろ競輪については、他の公営競技をやっているが、競輪はやってない、という人の意見を取り入れたほうがいいかもしれない。どうも、競輪関係のお方は、従来の慣習にとらわれているような人が多いからね。ルール・制度をKPKの前・・・なんて、まさにその象徴か?

しかしながら、この記事のT社長の意見には概ね同意だな。


この記事をはてなブックマークに追加