狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

茶髪・ピアス報奨金見送り? あったり前だろう!

2006-10-14 17:51:16 | 教科書

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

まじめな学生には恩恵なし?茶髪・ピアス褒賞見送り  

 学生の茶髪やピアスを禁止する規則を設けた秋田市の学校法人「秋田経済法科大」(小泉健理事長)が、指導に応じた場合の褒賞金(1万円)の実施を見送ることを決めた。
 法人によると、同大と、系列の秋田栄養短大で、茶髪、ピアスの禁止を明記した「学生の頭髪・装身具に関する要綱」が校内に張り出された9月末以降、褒賞金について「髪を染めている学生に恩恵があって、まじめな学生にないのはおかしい」「金で学生を釣るのか」などの批判的な意見が殺到。
 図書カードに替える案も検討したが、「人間教育の一環と位置付けた禁止措置の趣旨が曲解されるのは本意ではない」と褒賞金の実施を断念した。(読売新聞) - 10月14日16時8分更新

茶髪、ピアスを止めた学生への報奨金(1万円)見送りだって?

 あったり前だろう

だが、見送りの理由が

≪「髪を染めている学生に恩恵があって、まじめな学生にないのはおかしい」「金で学生を釣るのか」などの批判的な意見が殺到。≫

と言うのには重ねてあきれ返ってしまう。

公平、不公平の問題ではないだろう。

その学校の規則にピアス、茶髪禁止を謳ってあるのなら、それに従わない生徒は退校にすればよい。

 そもそもその大学に勉強に入学したのなら、教育とは「抑制力の訓練」だということを教え、勉強とは「勉める事を強いる」という事を教えるべき。

 1万円を図書券に変えれば済むといった問題ではない。

 本当に教育が必要なのはこの大学の教授陣かも知れない。

教育とは「強制力の訓練」だと熱く語る琉球大学名誉教授亀川正東先生の教育論を聞かせてあげたい。

もう一人の老教授の怒り

◆教育とは「抑制の訓練」だ 琉球大学名誉教授 亀川 正東

日本人の質を取り戻そう (略) 

 ≪近代合理主義を偏重したツケ≫

(略)

 大学で五十数年教鞭を執り、人生の大半を子弟の教育に捧げてきた私にとって、今日ほど教育の現状が重く、つらく大きくのしかかってきたことはない。
 その国の青年を見れば、その国の将来が読めると言われるが、このままで果たして日本に明日はあるのだろうか。戦後の教育によって、日本人の質は本当にダメになったのだ。

  そもそも教育とは「抑制の訓練」である。戦後の親は、子供たちに「ムチ」ではなく、「アメ」を与えすぎたようだ。蚊に刺された赤ちゃんを救急車で病院に連れて行った母親の実話は単なる笑いごとではない。

  過保護のために、肉体的にも精神的にもひ弱になった今日の子供たちは、欲望のままに行動し、気にくわないとすぐにダダをこねる。自分の欲望をコントロールできない。これは、親たち、特に母親の子供に対する躾に問題がある。 (略) (世界日報 06・4・14)

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国人に躾はない | トップ | 続・事件は現場で起きる! ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
無題 (名無し)
2006-10-14 22:45:19
「当たり前」と肯定する論理的な説明をしてみろ。論理の展開もなく、短絡的な結論のオンパレードを見ているとうんざりする。しかもあんた元教師だろ

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL