狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

沖縄在住教師の手紙

2007-10-05 11:27:07 | 教科書

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします。



6.9「沖縄戦の歴史歪曲を許さない沖縄県民大会」実行委員会参加63団体

★実行委員会代表呼びかけ人

高嶋伸欣、佐久川政一、大濱敏夫、松田寛

★6.9 実行委員会参加団体(順不同)

(1)社大党、(2)社民党、(3)共産党、(4)民主党、(5) 沖教組、 (6) 民主教育をすすめる沖縄県民会議、(7)連合沖縄、(8)県労連、(9)自治労、(10)国公労、(11)フード連合、(12) 1フィート運動の会 (13)全水道、(14)平和運動センター、(15)医労連、(16)沖縄平和ネットワーク、(17)「とめよう戦争への道」百万人署名運動沖縄の会、(18)沖縄県歴史教育者協議会、(19)沖縄教育支援ネットワーク、(20)沖退教、(21)高退教、(22)「ジェンダー問題」を考える会、(23)マスコミ労協、(24)沖縄九条連、(25)虹の会、(26)平和教育をすすめる会、(27)全港湾、(28)私鉄沖縄、(29)統一連、(30)中部地区労、(31)北部地区労、(32)住基ネットに反対する市民ネットワーク沖縄、(33)平和市民連絡会、(34)反戦地主会、(35)中部地区労OB会、(36)沖縄市九条の会、(37)普天間爆音訴訟団、(38)第9条の会沖縄うまんちゅの会、(39)一坪反戦地主、(40)なはブロッコリー、(41)民主青年同盟、(42)基地・軍隊を許さない行動する女たちの会、(43)沖縄医療生協平和行動委員会、(44)大学人九条の会、(45)自由法曹団沖縄支部、(46)沖縄県平和委員会、(47)とめよう戦争への道沖縄の会、(48)医療生協、(49)新日本婦人の会、(50)沖縄民医連、(51)アイ女性会議、(52)沖縄YWCA、(53)東本願寺沖縄開教本部、(54)九条の会糸満、(55)沖縄人権協会、(56)沖縄県憲法普及協議会、(57)日本科学者会議沖縄支部、(58)沖縄生協連(59)沖縄地区数学教育協議会、(60)沖縄労組交流センター(61)恨之碑建立をすすめる会沖縄、(62)日本中国友好協会沖縄県支部、(62)政労連沖縄地連、(63)高教組(■沖縄平和ネットワークhttp://okinawaheiwa.net/project/resolution070609.html

                    ◇

よくもこれだけのアレな団体を集めたのだと仰天の名簿である。

これが「幻の11万人集会」の全参加団体名簿だと知ると、自ずとその集会の実態が浮かび上がってくる。

9月29日の集会は「県民大会」の名を騙った「大規模左翼集会」であった。

沖縄で教師だと聞くと上記団体名簿から判断しても、生徒に左翼思想を押し付け、皆同じ考えで拳を天に突き上げるアレな教師ばかりだと思いがち。

だが、生徒に一方的考えを押し付けない良識ある教師も勿論いる。

以下は「縄文塾通信」に掲載された沖縄在住現役教師トラネコさんの「沖縄集会11万人は本当!?」の引用です。
  http://www.mag2.com/m/0000184916.html

                    ◇

  沖縄集会11万人は本当!?
  
                        トラネコ


 この件については私も「え~・・・?」という気持ちでした。
私はこのような集会には一切行きませんのでニュース映像でのみ集会
の様子をみました。

 確かに大勢の人が集まっていたみたいですが、11万人かどうかの判
断はつきません。しかし既に集会当日よりネットでは、この11万人説
に対する疑問が続出していたのを知っております。

 聞いたところでは今回の集会への参加呼びかけは教職員組合(沖教
祖)、自治労、平和団体が中心となり猛烈な情宣活動をやっていまし
た。学校関係では生徒を課外学習とか部活の校外活動と称して教員の
引率の元にバス貸切で参加したところもあるそうです。おそらく教員
などはかなりの数が付き合いも含めて参加したと思います。(あまり
学校ではこの話題にふれないようにしていますので、正確なことは申
しあげられません。)

 この教科書検定の「沖縄戦の集団自決」に関してですが、夏休み前
に数人の生徒とこの問題について話し合ったことがありました。私が
疑問を強くしたのは報道内容の変化に気がついたのです。当初「集団
自決は軍命令があった」から「集団自決は軍の関与があった」に変化
し、仲井間知事もこの文言になってから教科書の書き換えを抗議する
方向転換をはかりました。

 これはかなり巧妙に仕組まれたレトリックですね。
例えば学校で生徒間のイジメがありそれが原因である生徒が自殺した、
とします。第一の責任はにイジメをした生徒です。しかし教師や学校
も生徒の指導監督責任は当然 ありますので、教師が自殺した生徒を直
接イジメなくても教師に責任はあるのです。
 
 これと同じく沖縄戦当時狭い島の中では一般住民の疎開も遅れたり
する状況もあり、(これに関しては泉守紀沖縄県知事に多大な責任が
ありますがここではふれません。)

 多くの場所で軍民一体の行動がありましたし、渡嘉敷島のように島
民の自発的な軍への 協力隊もありましたから、戦闘行動には当然軍の
指導や関与もありました。結果として集団自決が起きたのは軍命令が
なくても、そういう意味で軍の関与はあったといえるでしょう。

 さてこの軍命令と軍関与がまったくというか、あえてというか区別
されることなくマスコミや政治家が使用しています。ここが一般人に
は混同されて認識されています。

 さらに集団自決のもとになった沖縄タイムス社刊「鉄の暴風」は曽
野綾子氏の綿密な現地取材「ある神話の背景」や元琉球政府職員の照
屋昇雄氏の証言などによって、少なくとも渡嘉敷島の「軍命令による
集団自決」の根拠は崩壊しています。

 にもかかわらず、沖縄タイムス社はこれを訂正せずいまだ重版して
いるのです。これは犯罪行為に等しいですね。公正・公平を期すべき
ジャーナリズムの資格がありません。

 私はこのことを沖縄タイムス社にメールで質問しましたが、当然と
いうか返事はありませんでした。以下そのコピペです。

前略 私は○○○在住の高校教師で○○でございます。
現在歴史教科書の沖縄戦関連で、「軍の強制・命令による民間人の集
団自決」の項目が「軍の強制・命令はなかった」と訂正されたことに
よる問題があります。

県議会は「集団自決は軍の命令」から「集団自決は軍の関与があった」
と文言をかえて文科省に記述訂正を求めています。

さてこの「軍の強制による集団自決」のもととなった、貴社発行の
「鉄の暴風」昭和25年刊の記述について、曽野綾子氏の「ある神話の
背景」昭和48年刊でその信憑性が否定されています。

またネット上でも同種のサイトが数多く見られ、赤松守備隊長は住民
に自決強要どころか生き延びることを強調していたとされます。つま
り「集団自決は軍命令はなかった」という意見が圧倒的です。これは
当時琉球政府職員で遺族年金の支給業務に携わっていた照屋昇雄さん
みずからがその真相を公にしてることからも明らかです。

にもかかわらず、貴社の「鉄の暴風」の記述はまったく訂正もなく、
虚偽の記載のまま、そのまま版を重ねている事実を知り、事実の報道
や公平,公正を基本とする報道機関の姿勢としては非常に問題があり
ます。
   
  www.sankei.co.jp/seiron/wnews/0608/web-news0827-2.html

わたしも教育界で仕事をしている以上、生徒へ事実関係をきちんと教
える責務があります。この点について貴社の見解がいかがなものかを
お教えいただければ幸いです。 
  
なお、私は上記の件については生徒へすべて情報公開し貴社の問題点
も指摘しています。

以上、ご回答よろしくお願い申し上げます。
                                       

       6月27日

 今回どこのマスコミも曽野綾子氏のレポートや照屋さん証言につい
てまったく報道していません。これがきっかけで検定意見がつき、軍
命令・・・云々が削除されたのに、このことをまったく報じないのは
明らかに自らの主張が破綻したことを自覚しているということです。
また公共放送を自認するNHKもまったく同じです。

 江藤淳氏の「閉ざされた言語空間」がここ沖縄にはあるのです。
先の照屋昇雄氏などはもしかしたら村八分にされているかも知れませ
ん。ある意味第二次大戦中の逆の状況なのかも知れません。たとえ事
実だとしても周りの空気と異なる言動は自戒しないとこの狭い島社会
では暮しにくくなります。ですから沖縄では政治について本音はいわ
ないことが賢いのです。

 ひとつの救いは現在ではマスコミに頼らなくてもインターネットと
いう便利な情報ツールがあり、若い世代に浸透していることから、さ
まざまな情報を比較検討できる機会が簡単に成立しています。その点
で私の生徒たちも意外にも正確な情報を持っていたりします。

 私が生徒に意見を言うとき、「先生の意見を信じる必要はない、あ
くまで参考に聞いておくこと。」といいます。つまり私を含めて教師
の発言に頭から信じるなといってるのです。

 私はこれからの時代をあまり暗く予想していません。それは自分の
教え子たちの意識が私たちの時代(サヨク全盛時代)とまったく違う
からです。むしろ政治意識については私たちの頃よりまともに見えま
す。これからこの生徒たちが成長し沖縄の「閉ざされた言語空間」も
いつかは開放されることと信じています。

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします。



ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 続・マスコミが煽った陳情団 | トップ | 「沖縄条項」? ミソもクソ... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
良識派の巻き返しを!! (右より伊集部長)
2007-10-05 17:00:25
冷静な先生方がいらっしゃることも心強いですね。

冷静に事実を見極めることができる次代の
沖縄の子供たちを私たちは育てていかくてはと
親としてつくづく思います。

ところで、人気ブロガーの阿倍敏郎さんがブログで
慎重ではあるが、勇気を持って発言されています。
「沖縄と日本 2」
http://abetoshiro.ti-da.net/e1771024.html

影響力のある方の良識な問題提起は実にありがたい。
曽野綾子さんの発言 (なんくる)
2007-10-05 18:16:52
当時、沖縄側の資料には裏付けがない、と書くだけで、私もまた沖縄にある二つの地方紙から激しいバッシングに会いました。この調査の連載が終わった時、私は沖縄に行きましたが、その時、地元の一人の新聞記者から「赤松神話はこれで覆されたということになりますが」と言われたので、私は「私は一度も赤松氏がついぞ自決命令を出さなかった、と言ってはいません。ただ今日までのところ、その証拠は出てきていない、と言うだけのことです。明日にも島の洞窟から、命令を書いた紙が出てくるかもしれないではないですか」と答えたのを覚えています。
沖縄の先生 (狼魔人)
2007-10-06 07:45:27
右より伊集部長さん

興味深いブログのご紹介ありがとうございます。

>冷静な先生方がいらっしゃることも心強いですね。

沖縄の先生方もまだまだ捨てたものじゃありませんね。

貴ブログも覗かせてもらっています。
赤松伝説 (狼魔人)
2007-10-06 08:03:37
なんくるさん


>沖縄側の資料には裏付けがない、と書く・・・・私は「私は一度も赤松氏がついぞ自決命令を出さなかった、と言ってはいません。ただ今日までのところ、その証拠は出てきていない、と言うだけのことです

私も曽野さんの著書のすばらしいとこはこの部分に凝縮していると思います。

巷間流れている風評では「鉄の暴風」「沖縄ノート」が「軍の命令」と断定したことに対して、

曽野さんが「軍の命令はなかった」と断定したかのような印象ですが、「軍の命令だという証拠は見つかっていない」というのが正確です。

>地元の一人の新聞記者から「赤松神話はこれで覆されたということになりますが」と言われたので・・・

地元の記者も、曽野さんは「鉄の暴風」の杜撰な取材の記述を覆したのであり、「軍命令あった」を覆したわけではないことに気がついていなかったのでしょうね。
http://genyosya.blog16.fc2.com/ (なめ猫♪)
2007-10-06 15:08:56
沖縄の問題は日教組にとって彼らのいう平和教育を守るためには重要ツールとなっています。

あの集会には福岡からもかなり教員が参加しているようで、そういう勢力に弱い福岡県議会は自民党が多数派にもかかわらず来週10日に意見書を採択するとのことです。

ttp://www.nishinippon.co.jp/nnp/local/fukuoka/20071004/20071004_020.shtml
まさしく魑魅魍魎の百鬼夜行 (憂国防人)
2007-10-06 16:01:51
いやはや、これは想像以上に酷い・・・
まさしく魑魅魍魎の百鬼夜行といった有様ですな。
幼年時代、裏庭の湿った地面の上にへばりついていた平たい石を恐る恐るひっくり返してみたら、ゾウリ虫やらムカデやら、その他なにやら得体の知れぬ幼虫やらがウジャウジャと蠢き犇いていた。そのあまりにおぞましく薄気味悪い光景に慄然としたトラウマを抱えているが、にわかにその瞬間の生々しい記憶が蘇ってきました。

下記に抗議のメッセージを送りつけましょう。ブログや掲示板、メール等でこの話題を広めましょう。

http://www.kantei.go.jp/jp/iken.html
首相官邸

http://www.iijnet.or.jp/cao/cas/jp/goiken.html
内閣官房


【例文】

 沖縄集団自決という歴史的悲劇に関して、<軍の命令>説は、すでに昨年、曽野綾子氏らにより完全に論破否定されている。
 以下の中村論文を熟読し、くれぐれもキチガイ左翼及び朝鮮カルト複合体といった魑魅魍魎どもの衆(プロ市民・組合ゴロ)を頼んだ妄言策謀に揺り動かされること無く、毅然とした態度で歴史の真実と日本国・沖縄島民の尊厳を護り抜くべし。

http://www.seisaku-center.net/modules/wordpress/index.php?p=464

http://www.seisaku-center.net/modules/wordpress/index.php?p=465

ガンバレ沖縄の先生 (ヒロシ)
2007-10-06 21:35:58
トラネコさんのような先生がいらっしゃる事を非常に喜んでいます。
上からの圧力に敗けずに頑張って欲しいです。

めちゃ×2イケてる!いい意味でヤバイっすオカザイルスペシャル
という番組が先程放映されていました。
ライブの様子を放送していましたがそれを見ていた妻が
「これって県民大会よりも人が多いよね」と私に声をかけました。
テレビを見てみるとなるほど県民大会のニュースよりも多いと思われました。
番組案内では
>東京ビッグサイトで、4万人が熱狂するライブに岡村が登場した
とのこと。
古舘さんは
「人数の問題ではない」と言っていましたがアサヒだから主催者発表の謎を熟知しているんでしょうね。
Unknown (狼魔人)
2007-10-07 12:11:37
◆なめ猫♪さん

議会決議で歴史を変えるという悪いビョーキは沖縄だだけかと思ったら福岡にも飛び火し始めましたか。

京都、奈良へも飛び火思想ですね。

その内「広島条項」「長崎条項」と言い出したら怖いですね。


◆憂国防人さん

>裏庭の湿った地面の上にへばりついていた平たい石を恐る恐るひっくり返してみたら、ゾウリ虫やらムカデやら、その他なにやら得体の知れぬ幼虫やらがウジャウジャと蠢き犇いていた。

「県民大会という名を引っ剥がしたら中からうようよ出てきた左翼団体」・・・これを表現した上記文は秀逸ですね。

思わず笑ってしまいましたが実に的を射ていますね。

何かのときに引用させていただきます。」


◆ヒロシさん

11万人が嘘だったら12年まえの(少女暴行事件抗議の)「県民大会」8万5千人も怪しくなってきましたね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL