狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

琉球新報<社説>米兵ひき逃げ 地位協定を改定すべきだ

2014-12-16 06:59:42 | ★米兵事件

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

本日午後7時よりチャンネル桜「沖縄の声」に出演します。

↓↓↓

 

きょうの話題ー米兵への差別報道

「要約」

連日頻発している交通事故を一々大きく報道していたら、紙面がいくらあっても足りない。 ところが同じ交通事故でも米兵が起したら沖縄2紙は脊髄反射で発狂。社会面のトップを派手な見出しで飾る。 明らかなダブスタである。琉球新報は社説で米兵の交通事故を糾弾するため地位協定を持ち出したが、その地位協定の改定を初めて日本の首相が約束したことで「いい正月が迎えられる」と発言した前知事を「史上最悪の県知事」に仕立て上げたのもダブスタである。

差別を糾弾するのが売り物の沖縄2紙が、交通事故の報道は、その人物の国籍・職業により差別を露にする。 その実態が本日の話題。(特に文末の【おまけ】は必見です)

                ★

このところ立て続けに選挙が続き、選挙報道が満載の沖縄2紙だが、それでも米兵が起したひき逃げ事件は選挙報道の間を縫うように一面、社会面でトップ扱いの大きな見出し。

例えば12月12日の沖縄タイムス社会面の左トップにはこんな見出しの特集記事。

証拠固め「事実上の立件」

引き逃げ事件 米少佐認める

そしてついに琉球新報の社説にまで取り上げられた。
 
同じ日の沖縄タイムス第2社会面の最下部には沖縄人が起した2件のひき逃げ事件がベタ記事で・・・。
 
ひき逃げ容疑 63歳女を逮捕
 
那覇署 本人は否定
 
 
バイクひき逃げ
 
小2児童がけが
 
同じ紙面で、米兵が起したひき逃げは連載特集記事で社会面のトップを飾り、沖縄人が起こしたひき逃げ事件だと2件おきても最下段で要虫眼鏡のベタ記事。
 
人種差別をモロに表す沖縄2紙である。
 
そして米兵のひき逃げ事件は連日の誇大報道では我慢できず、ついに社説で取り上げられる特別待遇である。
 

<社説>米兵ひき逃げ 地位協定を改定すべきだ

琉球新報 2014年12月12日 

 沖縄市でバイクを運転していた男性が転倒し意識不明の重体となっていた件で、県警が米海兵隊少佐によるひき逃げ事件と断定した。断じて許されない事件だ。
 「少佐という指導的立場にある者がひき逃げという卑劣な行為をした」(桑江朝千夫沖縄市長)という点でも事件は深刻だ。何度も指摘してきたが、米軍の綱紀粛正、事件・事故の再発防止策は一体どうなっているのか。本当に実効性があるのか。多くの県民は怒りと同時に、あきれ返っているのではないか。
 県警によると、容疑者は任意の事情聴取に「怖くなって逃げた」と供述し、関与を認めている。県警は逃亡の恐れはないと判断し、米軍に身柄の引き渡しは求めない方針だというが、疑問が残る。独立国として本来、自国の捜査機関が身柄を拘束して取り調べるべき案件であることは明らかだ。
 容疑者は米軍憲兵隊の監視下にあるというが、証拠隠滅などの恐れはないのか。過去の米軍事件・事故で、基地内に逃げ込んだ容疑者が本国に逃走する事例が繰り返された苦い歴史もある。
 日本側が先に拘束した場合を除き、起訴前は原則的に米側に身柄が委ねられるという現在の日米地位協定はどう考えてもおかしい。
 10日に就任した翁長雄志知事は事件を受けて地位協定の在り方に言及し「抜本的に解決しないといけない」と改定に向けて取り組む考えを示した。当然だろう。
 来年は戦後70年だ。在日米軍の特権的な身分を保障した不平等な協定を今後も継続し、従属的でゆがんだ日米関係を続けるのか。衆院選の各候補も今回の事件を重く受け止め、ぜひ地位協定改定への取り組みを誓ってもらいたい。
 事件では飲酒は確認されていない。ただ早朝という発生時間や逃走の事実から見てその可能性も疑うべきだ。ひき逃げに係る道交法違反などの容疑が掛かっているが、地位協定の壁にも阻まれ、飲酒絡みの容疑は最初から立証不可能となった形で、この点は看過できない。「逃げ得」が許されていいはずがない。
 米軍は9日から在沖米兵の飲酒制限を大幅緩和したが、11月下旬に緩和を発表してからも飲酒絡みの事件・事故が相次ぐ。組織の中に、地位協定に基づく特権意識が潜んではいまいか。一連の事件・事故を痛切に反省しない限り、「良き隣人」を語るべきではない。

                                    ☆

とりあえず越来のK本S子 さんのコメントを紹介しよう。

 
社説>米兵ひき逃げ 地位協定を改定すべきだ
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-235743-storytopic-11.html


…「地位協定を改定すべきだ」…。
ホントこいつら、これしか言えないんだね~。

 

↓容疑者とされる米兵、こんな弱気な供述してるのに。

 

>県警によると、容疑者は任意の事情聴取に「怖くなって逃げた」と供述し、関与を認めている。

 

ホント、血も涙もない鬼畜だね~。「盗聴上等!」発狂新聞(笑)。

 


↓あとさ、県警の判断を全否定する気?

 

>県警は逃亡の恐れはないと判断し、米軍に身柄の引き渡しは求めない方針…

 

「疑問が残」ろうが、県警の判断尊重しなさいよ。

 


…あっ、ナルホド。

 

警察は暴力団で、悪いヤツらだから、
県警の判断など物の数じゃないってか(笑)!?
 

 

琉球新報も、さすがにひき逃げだけを社説で取り上げるのは気が引けるのか、地位協定と強引に結びつけている。

だが、地位協定の改定はこれまで話が出るたびに、運用で対応するとして、まともに取り上げられることはなかった。  

ところが昨年の12月25日、仲井真前知事は安倍首相との会見で、地位協定改定を検討すると、首相として初めての約束と同時に基地負担軽減の約束も取り付けた。

安倍首相、沖縄知事と会談 基地負担軽減策を説明 朝日新聞 2013年12月25日

さらに首相との会談では従来の一括交付金を7年間交付するとの約束もあいまって、仲井真県知事は会見後の記者会見で「有史以来の予算だ。長年の基地に絡む性格の違う内容のものの解決をお願いしたら、早く取りかかっていただいて前に進み始めた実感がある。いい正月になるというのが実感だ」と語った。

「長年の基地に絡む性格の違う内容のものの解決をお願いしたら、早く取りかかっていただいて前に進み始めた実感がある」とは安倍首相が懸案の「米軍基地負担」と「地位協定改訂」を早く取りかかってくれる、という意味だ。

盆と正月が同時に来たように実感実感し、その言葉の後に出た「いい正月」という言葉尻を取り上げた沖縄2紙は早速県知事に牙を向いた。

翌26日の社説で「カネで沖縄を売った仲井真知事がいい正月」と言ったネガキャンを開始したことは記憶に新しい。

仲井真氏、「良い正月」で大敗のわけ2014-11-25

 さて、米軍関係者が起した交通事故を針小棒大に取り上げる沖縄2紙の報道を批判するたびに「米軍の擁護者」などのレッテルを貼られるが、その度に使う「枕詞」がある。

以下は関連ブログそれでもオスプレイ反対だ(爆)! 2014-07-30 よりの引用である。

 

 米軍関連の事故・事件を書くたびに書き添える枕詞がある。 枕詞の儀式をする理由は、あたかも当日記が米軍関連の事故・事件を擁護するかのように書き立てる国語能力の欠如した反日サヨクの方々がいるからだ。

で、枕詞はこれ

「米兵の事故・事件に絡むエントリーで、筆者は容疑者が米兵という理由だけで歪曲報道される卑劣な沖縄メディアの報道姿勢を批判するのであり、米兵の事故や事件そのものを擁護する気は毛頭ない。

悪質な事故・事件を起した犯人は、米兵、沖縄人を問わず厳しく断罪されてしかるべき、これは改めていうまでも無い。」

           ☆

交通事故の中でも特に「ひき逃げ」は事故というより事件というべき悪質な犯罪行為であり、加害者が米兵、沖縄人を問わず厳しく断罪されるべきだが、「ひき逃げ」をしても沖縄では高名な芥川賞作家であれば、示談等で新聞記事になることはない。 その一方交通事故に遭遇した女子高生を米兵が応急処置で救助しても、相手が米兵というだけで沖縄2紙がこれを報じることはない。⇒「ひき逃げ」を開き直る芥川賞作家、目取真俊

ただ、八重山日報一紙のみが沖縄メディアの悪しき慣習に立ち向い、全メディアが黙殺する「米兵の善行」を報道した。

「ひき逃げ」をして沈黙し半年後に開き直って吠えるどこぞの芥川賞作家先生と交通事故に遭遇した女子高生を救助した米兵・・・どちらが恥知らずか、またどちらが賞賛に値するか、わざわざ書くには及ばないだろう。

この作家先生の価値観によれば、辺野古で法令違反をして乱暴狼藉を働くキチ外活動家が平和を希求する市民団体、ということになるのだから、「ひき逃げ」など取るに足らんことなのだろう。

 

沖縄タイムスのダブスタ報道は珍しくもないが、「当て逃げかひき逃げか」でコメント欄をにぎわしたこんなエントリーがあった。

毎度、沖縄タイムスのダブスタ報道!2010-08-17 06:59:47

 再掲するので、よろしかったら読んで想いだして下さい。

以下一部加筆した引用文です。

   ☆

今年(2010年)の三月に米兵が酒気帯びで起した当て逃げ事故を、沖縄タイムスが「ひき逃げ」と報じたことに疑念を呈したら、コメント欄が盛り上がった。

当て逃げに見えても被害車両にけが人がおれば、「ひき逃げ」と報ずるという沖縄タイムスをしつこく援護する常連さんがいたからだ。

だが、沖縄タイムスの主張は、その場限りの言い逃れで、加害者が米兵の場合に限り人目を引く「ひき逃げ」と差別報道をすることを自ら暴露してしまった。

全く同じ条件で沖縄人が起した事故を「ひき逃げ」ではなく、「当て逃げ」と報道した事実があるのだ。

その詳細は沖縄タイムスが差別報道!に記してあるが、要約し引用するとこうなる。

引用文に入る前に何度も繰り返してきたことを、しつこくくり返す。

日本語の分からない方々向けの一種の儀式ですので飛ばしても結構です。(笑)

米兵の事故・事件に絡むエントリーで、筆者は容疑者が米兵という理由だけで歪曲報道される卑劣な沖縄メディアの報道姿勢を批判するのであり、米兵の事故や事件そのものを擁護する気は毛頭ない。

悪質な事故・事件を起した犯人は、米兵、沖縄人を問わず厳しく断罪されてしかるべき、これは改めていうまでも無い。

 

で、引用文に入る。

 

<米兵が起した「ひき逃げ」の報道と同じ日の沖縄タイムス(2010年7月9日)に、次のような記事があった。

酒飲み当て逃げ

容疑の男を逮捕   嘉手納署

酒気帯び運転でバイクに追突し、現場から逃走したとしたとして、嘉手納署は8日、道交法違反(酒気帯び運転・事故不申告)の疑いで、那覇市辻の会社員、上地栄太郎容疑者(22)を現行犯逮捕した。 追突されたバイクの運転手は、右ひざを打撲したという。 同容疑者は酒を飲んだことは認めているが、バイクへの追突については「何かにぶつかったような気がする」とあいまいな供述をしているという。(沖縄タイムス 2010年7月9日)

二つの「事件」は同じ追突事故で、事故の状況は次の条件のどれを取っても全く同じである。

(1)酒気運転、(2)追突事故、(3)逃亡、(4)被害車両に怪我人

ただ一つ違いを挙げれば、片方は容疑者が米兵で、一方が容疑者沖縄人という違いである

沖縄タイムスは人種によって報道の姿勢が大きくことなる、つまり人種差別主義者であることを自ら暴露したのが二つの追突事故の報道である。

沖縄タイムスは同じ追突事故であっても容疑者が米兵というだけで、一面のトップを使って大々的に報道し、しかも違和感のある「ひき逃げ」と決め付けている。

一方の沖縄人による同種の事故は、第二社会面の最下部に見逃しがちなベタ記事で、しかも「当て逃げ」と報じている。

これこそ人種、国籍による差別報道ではないのか。>

                    ◇

3月に起きた米兵の交通事故を、8月になっても大見出しで報じる沖縄タイムスはしつこく続報を報じていたのだが、沖縄人が起した同種の事故にもこのように執拗に報道するのか。

否である。

ひき逃げ米兵を起訴、身柄引き渡される、那覇地検  2010年8月13日

今年3月、名護市辺野古であった米軍車両によるひき逃げ事件で、道交法違反(酒気帯び運転、事故不申告、救護義務違反)と自動車運転過失傷害の容疑で書類送検されていた在沖米海軍の女性3等兵曹ウェンディー・フォスター容疑者(26) ...

 

終戦記念日の昨日の沖縄タイムス社会面の目立たぬ場所に次のベタ記事があった。

 

バイクに衝突 けがさせ逃走

酒気帯び容疑の男逮捕

 

宜野湾署は13日、酒を飲んで車を運転し、オートバイに衝突して男性けがさせ逃亡したとして、自動車運転過失傷害と道路交通法違反(酒気帯び、救護気味違反)の疑いで、中城村北上原の自営業、瑞慶覧朝盛容疑者(53)を現行犯で逮捕した。 同署の調べでは、瑞慶覧容疑者は13日午後9時ごろ、中城村北上原の剣道29号で、酒気帯び状態で普通貨物乗用車を運転してオートバイに衝突、乗っていた男性(24)を転倒させ、擦過傷を負わせた上で、逃走した疑いがある。 同署によると、目撃者からの通報を受けて現場付近を調べたところ、瑞慶覧容疑者は現場から約1㌔離れた場所に車を停車させ、車内に座っていたという。 飲酒検知では、基準値の約2倍アルコールが検出されたという。(沖縄タイムス 2010年8月15日)

 

                     ◇

 

まぁ、次々と同じような事故が起きるのも呆れるが、これも赤文字で示したように沖縄タイムスが主張する「ひき逃げ」の条件を全て満たしている。

 

おまけに酒気帯び運転まで問題の米兵と全く同じではないか。

 

沖縄タイムスがいうところの「ひき逃げ」報道の次の4点セットである。

 

(1)酒気運転、(2)追突事故、(3)逃亡、(4)被害車両に怪我人

 

ん? 実際は5点セットで、(5)は米兵が条件だって。

 

だったら沖縄人の場合は「ひき逃げ」の栄誉?を得る資格が無いことになる。

 

やはり、サンマは目黒に限る・・・ではなく、「ひき逃げ」は米兵に限る、というわけだ。

 

読者をバカにしているとはまさにこのことだ。

 

敢えて引用と同じ文を用いて、沖縄タイムスのダブスタ報道を批判する。

 

沖縄タイムスは同じ追突事故であっても容疑者が米兵というだけで、一面と社会面のトップを使って大々的に報道し、しかも違和感のある「ひき逃げ」と決め付けている。

一方の沖縄人による同種の事故は、第二社会面の最下部に見逃しがちなベタ記事で、しかも「当て逃げ」と報じている。(今回は衝突とだけ報じて、「当て逃げ」とも書いていない)

これこそ人種、国籍による差別報道ではないのか。

沖縄タイムスよ、恥を知れ!

ん?カエルの面に小便、と言う言葉もあるか。

 

 【おまけ】

当日記は本文よりコメント欄が面白いという噂が嘘でない証拠を示すayumi61さんの関連コメントを以下に紹介する。

               ☆

>は?さんへ
>規律が統制され、喜ばしいと思っておられる方がいるようですが、32件も発生しているという見方はできないのですか?
>驚きます。
するどい指摘まことにありがとうございます。いやはや全くその通り。32件”しか”などという目の曇ったことをいっていてはいけませんな。しかも、今調べなおしたら、32件ではなく42件でした。これこそひどい”捏造”です。
では、なぜ、わたしの目が曇ったのかをご説明します。皆様もぜひぜひご照覧あれ。

まず、元にしたデータは、↓です。
http://www.pref.okinawa.jp/site/chijiko/kichitai/documents/h24toukei-5.pdf

これを見ると、米軍構成員による犯罪検挙件数は
平成14年81  平成15年112  平成16年59  平成17年66  平成18年57  平成19年63  平成20年70 平成21年50  平成22年71  平成23年42
となっています。は?さんの言われるとおり、米軍構成員による犯罪ってこんなに大量に起こっているのですね。
一方で、同じ時期における、沖縄県内における全刑法犯(件数)は
平成14年4694 平成15年6227 平成16年5760 平成17年6675 平成18年6798 平成19年7208 平成20年6636 平成21年5563 平成22年5017 平成23年5065
です。私が参考にした資料は、丁度、米構成員の犯罪件数と、沖縄県全体の犯罪件数が隣り合わせになっていて、その両者の桁が約2つも違っていたもので、つい目が曇ってしまいました。
ちなみに、同じ資料に、米軍構成員等事件比も載っていますので、それも参照してみましょう。
平成14年1.7% 平成15年1.8% 平成16年1.0% 平成17年1.0% 平成18年0.8% 平成19年0.9% 平成20年1.1% 平成21年0.9% 平成22年1.4% 平成23年0.8%
平成16年以降は、ずっと約1%ですね。これを「少ない」とは思ってはいけないのですね。
ちなみに、この間の米軍構成員の数は、意外と変動が大きく、42000~48000の間を推移していますが、ここでは間をとって45000人とします。沖縄県民の数は1400000人という事です。そうすると、米軍構成員の割合は3.21%、約3%になります。全体ではわずか3%をしめるにすぎない米軍構成員が、犯罪となると、何と全体の1%も占める「凶悪集団」ということになるのです。どれぐらい凶悪かといいますと、何と犯罪発生率が、沖縄県民全体の33%にもなるのです。
先に「は?」さんは、米軍構成員による犯罪が「年に計42件もある」と指摘されました。まったくその通りです。一方で、沖縄県全体としては、「年に計5065件ある」のですが、それは承知願いましたか?では、もしも、仮に沖縄県民が、この「凶悪無比」な米軍構成員と同様の犯罪発生率を誇る「犯罪者集団」と化した場合どうなるか?平成23年に限定して言えば、0.8%の事件比であり、人数は48000人ですので人口比は3.4%ですので、約4分の1「計1264件」になります。「5065→1264」になるのですね。もしも、沖縄県民が、全員米軍構成員になった暁には、平成16年以降は約2分の1~4分の1になる、とみなしていただければ幸いかと思います。
こういう言い方をすると、まるでわたしが「沖縄県民が凶暴な犯罪者集団だ」といっているかのように聞こえますが、そうではありません。ただ「平成14年以降の年間以降の沖縄県民の犯罪検挙件数率は米軍構成員の約2~4倍」という統計結果が沖縄県からでている、というだけです。わたしはこの統計結果を知っていましたので、「米軍構成員が凶悪だ」と主張すると、その次には、「沖縄県民は、その凶悪なる米軍構成員の2~4倍の犯罪発生件数率を誇る“超凶悪集団”だ」と主張する羽目になるので「米軍構成員は凶悪だ」とは断固として主張したくなかったのです。ですが、確かに、沖縄県民のわずか約3%を占めるに過ぎない米軍構成員によって、沖縄県全体の犯罪検挙数が約1%も上昇せしめられている、という現実は深くかみ締めておきたいと思います。

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

 ■「住みよい那覇市を作る会」
代表者:金城テル)よりのお願い。 

現在、那覇市障害者福祉センター訴訟(翁長雄志後援会々長がこのセンターを管理し事業を行っている福祉団体の会長をしていた件)と久米至聖廟訴訟(翁長前市長が龍の柱をシンボルとする中国との交流拠点づくりを進めていた件)ではそれぞれの訴訟内容が複雑なため、担当弁護士をそれぞれ置いて那覇市住民訴訟を行っています。被告は那覇市と翁長雄志氏です。知事になったからといって責任が逃れられることはありません。

本件は徳永、照屋両弁護士が手弁当で代理人を務めていただいておりますが、訴訟実費を含む活動資金が枯渇しております。

何とぞ訴訟活動を継続するために広く皆様のご支援をお願いします。

支援金の口座

ゆうちょ銀行口座

住みよい那覇市をつくる会

名  称 スミヨイナハシヲツクルカイ
記  号 17090
口座番号 10598191
よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (42)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 衆院選、沖縄限定の自民党完敗! | トップ | 酒気運転は被害者!米兵ひき... »
最近の画像もっと見る

42 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (今日も元気に)
2014-12-16 08:05:16
美浜の開発が始まったのは1998年頃。
新都心の開発が始まったのは2001年頃。
左翼は、美浜、新都心が発展したから基地は経済の阻害要因などと仰っているが、1998年の一人当たり県民所得は213万円。平成23年の一人当たり県民所得は201万円と12万円も下がっている。
また、県民一人当たりの給料を表す一人当たり雇用者報酬は、1998年の425万円から、2011年には352万7千円となり73万円の大幅ダウンである。
さらに、公務員の夏のボーナスも1996年の81万円から2014には58万円へ大幅ダウンしている。

「基地は経済の阻害要因」と言っている「建白書勢力」のほとんどを占める自治労、沖教組、マスコミ労らの公務員、教職員らは不況には無関係の沖縄セレブの給与が下がるのは、メシウマ~。
Unknown (翁長知事に夢中)
2014-12-16 08:21:40
辺野古阻止は、大勢の人が力を合わせなければできない大綱引き行事と同じじゃ。
本土と沖縄の綱引きじゃ。
我らの翁長知事は旗頭。
綱を引くは、県民。

ちばりよー、県民。
↑誰が引くもんか (安仁屋 正昭)
2014-12-16 08:56:28
普天間を忘れてはいませんか!てんだ
あんたら ひじるーには 普天間第二小学校の事が分からんだろうねw
Unknown (↑わんねー曳ちゅん)
2014-12-16 10:12:46
うちなーんちゅやくとぅ。

普天間の痛みを辺野古になじきてぃうちなーんちゅあらんしが。

少なくともヤマトゥ弁護士を支持した宜野湾ちゅよりも6千人多い宜野湾ちゅが曳く。
Unknown (ななし@那覇市)
2014-12-16 10:29:06
県民が一番求めているのは、米軍人による事件事故の際に起こる不公平さの解消。
その元凶の地位協定にわずかでも踏み込んだ仲井真氏と安倍総理はもっと讃えられていいと思うのですが、
地位協定を正して基地反対運動が弱くなったら困るんだ、という革新左翼の声が…。

さて今朝の沖縄タイムス
比例によって全員当選の結果に、納得がいっていない様子が紙面全体から伝わります。
社説では(全国での自民党圧勝も含めて)「釈然としない結果次々」と題し、
タイムス御用達の沖国大教授照屋寛之氏には「民意ゆがめる比例制度」の見出しで語らせています。
「移設容認の候補が比例で復活したことにより、国会に送り出す衆院議員は移設問題への賛否が半々に分かれたように見えてしまう。結果として沖縄の民意が薄められ、本土に伝わる。民意をゆがめる重複立候補を認めるべきではない。」

今まで革新の皆さんは「当選したからといって県民全ての意思を表しているわけではない。少数派の声にも耳を傾けよ。」といい続けてきたんですよね。
それでいて、支持する勢力が通れば「これぞ民意、我が声を聞け」と言い、比例で自民党候補が全員当選すれば、「民意が薄まる」と懸念する。
これほど見事なダブルスタンダードはありません。
自民党候補に投票した県民23万余りの声は、建白書勢を支持する方々にとって、どうやら雑音と同じ扱いのようです。
ついでに言えば、比例区で自民党に投票した141447(得票率25.36、県内トップ)の県民の声さえも。

ちなみに全国の大手新聞の、衆院選結果を見ての記事には
朝日新聞「勝利すなわち白紙委任ではないことを、お忘れなく願いたい
議席数が定まっても、選挙結果は必ずしも多数派の正しさを保証するものではない。 」
毎日新聞「小選挙区は実際の得票率以上に多数派への議席集中を起こす制度だ。勝者にはいたずらに「数」を用いぬ節度が求められる。」
全くもってその通りなので、是非是非、沖縄に来ておっしゃっていただきたいですねえ。
Unknown (山羊職人)
2014-12-16 10:29:23
ヤマトゥ弁護士??言い方して、
これって「差別」 「ヘイト」 ちゃう。
Unknown (狂歌)
2014-12-16 10:37:28

米兵の 事故は騒ぎて 海鳴りの

   ひき逃げ作家 かばう新報

Unknown (ayumi61)
2014-12-16 10:45:15
>安仁屋 正昭さん
>誰が引くもんか
>あんたら ひじるーには 普天間第二小学校の事が分からんだろうねw

別に引く必要はありませんよ。アメリカ統治下(昭和29年でしたか?)の際に起こった大惨事でしたよね。確か30人か40人ぐらいの児童がお亡くなりになったんでしたっけ?お悔やみ申し上げます。

そうでなくても、「0.6%の土地に基地負担率22.6%は過重負担」という主張は説得力があります。別にこの数字を隠して、73.8%という「専用基地」の数字ばかりを前面に押し出さなくても大丈夫ですよ。

後、「オスプレイの安全性と騒音は従来機よりも低い」という事実も隠す必要はありません。従来機よりも低いだけで危険性も騒音もあります。そうである以上、別に「辺野古は駄目」という主張の説得力は揺るぎませんよ。

後、「米軍基地があるから中国や北朝鮮は攻めてこない」という事実を隠す必要もありません。中国や北朝鮮は「我が身が一番大切」の国です。両国とも、米軍による「100倍返し」を死ぬほど怖れているので、米軍基地がある限り、沖縄には手を出してきません。それでも、「普天間や辺野古に海兵隊基地をおかなくても、抑止力は担保できる」と主張できます(←この点は、議論の余地はあります)。

後、米軍構成員の犯罪率は沖縄県民の約2分の1から4分の1、というデータを隠す必要はありません。そんなことしなくても、「そもそも基地負担というのは、土地負担なんだ。土地の負担が重いから県外で引き受けてくれと言っているんだ。犯罪率の低さは関係ない。」ということができます。むしろ、この件は積極的にアピールしたほうが「県外移設」の夢は叶うと思います。事実、このデータを知るまでは、「米兵って犯罪率高そう。絶対引き受けたくない」と思っていましたが、このデータを知ってから「あ、思ったより怖くない人たちなんだ。これだったら、俺の地元に来ても大丈夫かも」とむしろ心理的に県外誘致への抵抗感が下がりました。県外自治体の心理的ハードルを下げるためにも、むしろ積極的に拡散して啓蒙したほうが、「県外移設」の実現度は高まる事と存じます。

後、米軍が日本各地で、啓蒙活動や地元民とのふれあい活動を積極的に進めていることは隠さないほうがいいと思います。そんなことしなくても、「沖縄の基地負担率は22.6%」といい続けていれば、「辺野古はNoで」という主張の正当性は揺るぎません。それならば、むしろ積極的に啓蒙活動して、他県の自治体の住民の米軍基地への抵抗感を下げて、県外誘致の足場を作って言ったほうが県外移設の実現性が高まると思います。

安仁屋 正昭さんは、「命」ということを真剣に考える正義感の強い方だと思われます。ならば、2004年の沖縄国際大学でヘリが落ちたときに「誰か死ねばよかったのに」といった反基地運動家の大学教授の発言についてはどう思われますか?

あるいは、明らかに「ひき逃げ」としか思えない案件を、「人身事故」と言い張ってる反基地作家、目取真人氏のことは?あるいは、教え子に手を出したというのに、何故かマスコミに一切取り扱われなかった革新系教授の事は?あるいは女子高生に手を出したのに、これまたお目こぼしをもらった革新系の元市長のことはどう思われますか?

こうしてみると、まるで「反基地無罪」で、「反日無罪」の大韓民国をみているみたいですが、如何でしょうか?いや、そんな生易しいものではなくて、もしかして革新系の皆様って、「自分たちだけは何をやっても許される」という中国共産党員のような方々なのでしょうか?
正義感がお強い安仁屋 正昭さんに置かれましては、これらの事件に対しても、アメリカ軍の横暴同様に、腸が煮えくり返っている事と存じます。大体かの凶悪なる米軍構成員の2~4倍の犯罪発生件数率を誇る超凶悪集団”沖縄県民”に囲まれているというのですから心中お察し申し上げます。どうか、凶悪なる米軍構成員の2~4倍の犯罪発生件数率を誇る超凶悪集団”沖縄県民”の手にかからぬよう、ご無事をお祈りいたします。
Unknown (Unknown)
2014-12-16 10:46:53
沖縄選挙区は全員当選おめでとうございます。
これで、県内の「多様な声」がすべて国政に反映されるわけだ。
いやあ、良かった、良かった!
Unknown (ayumi61)
2014-12-16 11:23:19
>今まで革新の皆さんは「当選したからといって県民全ての意思を表しているわけではない。少数派の声にも耳を傾けよ。」といい続けてきたんですよね。
>それでいて、支持する勢力が通れば「これぞ民意、我が声を聞け」と言い、比例で自民党候補が全員当選すれば、「民意が薄まる」と懸念する。
>これほど見事なダブルスタンダードはありません。

これ朝日新聞もそっくり同じ事をやっています。2009年時の総選挙と、2014年の総選挙の記事を読み比べると一目瞭然です。ここまでくると、最早「左翼」というよりも、ただのダブスタ新聞ですね。

ダブルスタンダードといえば、琉球新報の記者が毎日新聞の取材を受けて(毎日と琉球新報は姉妹提携をしています)書かれたインタビュー内容が秀逸だったので紹介します。ただし、内容はうろ覚えで時期は明確ではありません。

そこで、毎日の記者が「ところで、琉球新報さんでは、米軍基地に従事している人たちには取材をしないのですか?」と質問しました。
すると、新報の記者が答えていわく、「まあ、そういう人たちもいるんですが、全体では約5%なんです。この人たちは所詮少数なので、そういう人たちの意見を紙面に反映させるのはどうかと・・・」だそうです。そして、そのまま話は流れていきました。

琉球新報の記者がいったことは「基地従事者は全体の5%しか居ない少数派なので、紙面としては無視してよい」ということです。つまり、琉球新報は、堂々の「少数派は断固として切捨てるべき」宣言をしたのです。ここで記者が述べたのは、「米軍基地の関係者だから」でも「彼らは社会的強者だから」でも「自社の意見と反対意見だから」でもありません。「全体の5%に満たない少数意見だから」切り捨てるべき、と述べたのです。このロジックは、全体の約1%の人口しかいない沖縄県人が使用していい発言では有りません。このロジックを使ったら、「日本政府は、全体の1%しか居ない沖縄県民は少数意見だから、これは切り捨てるべきだ」ということになってしまいます。ちなみに、私の県(福井)は、沖縄よりも人口が少ないのでもっと切り捨てられてしまいます。この発言は看過できません。

彼らは、「5%程度に満たない少数意見は切り捨てる」と明示的に宣言しました。決して「米軍関係者の意見は切り捨てる」でも「自社と意見の違う意見は切り捨てる」でもないので気をつけてください。琉球新報はあくまでも「5%しかいない少数派の意見だから」無視することにしただけです。それを全国紙である毎日新聞で高らかに宣言しました。だから、県外民であるわたしも知っているのです。このロジックを採用してしまったら、「日本は沖縄の声に耳を傾けろ」という主張は無駄になります。
日本政府「琉球新報がそうしたように、俺たちも1%に満たない少数意見は無視することにした」といわれたらどうするのでしょう。もちろん大暴言ですが、それを自ら実践した琉球新報にだけは言う資格はないでしょう。

どうも、「サヨク」にはダブスタが多すぎますね。ダブスタなど使わなくても、「沖縄の0.6%の土地に22.6%の米軍基地が偏在している」という主張は正当性があるだけに、余計に目立ちます。「嘘をつかなくてもいいときに嘘をつく」というのはアカというより馬鹿、はっきりいって「狼少年」のレベルです。琉球新報や沖縄タイムスというのは、もしかして「狼少年」レベルの新聞なのでしょうか?頭が痛いです。
Unknown (芋掘りじいさん)
2014-12-16 11:34:58
以前、沖縄に住んでいた頃に鍵屋さんから聞いたのだが、那覇を除くと県民は概ね防犯意識が低い と。
よく報道される「酔った米兵が民家に侵入し寝ていた」と言う、普通なら有り得ない状況は何度も耳にする。そもそも、侵入出来る家を、酔っ払って見付ける米兵が沢山居るコトもアリエナイが・・・
普通は警戒して防犯するのだが、何度も起こるコトから、沖縄の人達は「事が起こってから対処する」ようだとワカリマス。

少し乱暴に言うと、普天間基地の周りで商売始めて、事故が起きてから「危ないじゃないか」と言う。エッ?
計画が無いから、莫大な予算を「国民の税金から払われて」いながらも、公共工事。
基地が無くなってからのビジョンは、仲井眞さんがやっていたが、それでも返還後40年、計画はあるのでしょうか?40年間やっていたのは「沖縄を援助しろ!」だけ?40年の間にソ連が崩壊し、ドイツが統一し、香港が返還され、日本はバブルを経験し、「阪神は大震災から復興した」。香港の若者は、アチラの政府に危機感を抱いているようだが・・・
時間は平等、その間に沖縄はどれ程発展しただろう?
例えば沖縄が受け取った10兆円、スカイツリーが250本建ちますが、ソレほど発展してますか?イーオンが増えたよね?ヨカッタヨカッタ。当然鉄道も造れましたヨ。

本気で返還を望むならば、具体策を提示しなければ反対にも説得力が無い。反対派は「あとは国の出方次第」と国に丸投げ。
「普天間アブナイ!」ならば、移転しか無い。
「移転もイヤ!普天間もイヤ!計画は国がシテ!」では、まるで駄々っ子。大人がやったら可愛くない。むしろヒク。
弱者最強の社会は崩壊に向かう。誰も頑張らなくなるから。
日米安保は必要、嫌なら国防軍でもツクルしか無い。日本の周りは友好的な国ばかりではナイですヨ。離島の危機感を知らないから「県外」と普通に言える。それとも、知った上での放置プレー?

政府は沖縄の地理的重要性が分かっているので、誠意を尽くすでしょうが、受ける側に誠意はありますか?
それとも「基地ガー」「差別ガー」と振興費は貰って当たり前、「こっちの気持ちが分かってない!」とアタカも隣国の様に国をATM代わりにするのでしょうか?

基地が本当に無くなってからの計画も進めていなくて、何処に妥協点を見付ければ良いのか?本土に聞こえてくる沖縄の声は「基地ガー」しか届いていない。選挙結果が、そうなのだ。
今回の選挙の投票率が低かったのは寒さにも原因があるそうだが、ソチラはピーカン、興味無かった?また「誰がなっても変わらんさぁ」ですか?
今回の選挙、沖縄でも「投票総数が投票人数を上回る怪」があった様ですね、出てこない間違いは何倍でしょう?

「返還されないとワカラナイ」なら、何の為の反対だろう。危険除去は大前提、しかし、無計画の沖縄政界は「基地は全部要りません」と言っているから、離島の危機感までも無かったコトにしている。離島はドーでもイイのが「オール沖縄」?
離島への差別は琉球からの伝統文化?それで「差別ガー」は失笑モノ。
「民意ガー」と言って県外国民の民意を華麗に無視する沖縄政界、何処かの国と同じメンタリティ。

ところで、来年は中国が南京問題で諸々やってくるでしょう、既にアチラのトップが坑日戦争70周年と言明していますから。
この事は、沖縄に対する圧力が増える事を意味します。キチンと危機感を持っているのは離島の方ですね、
本島は脅威に晒されなければ目が覚めない、防犯意識が低いから。
沖縄1区が選んだ政党を「政党+事件」で調べるとイイ、どんな政党を支持しているのかワカル。普通の感覚なら沖縄がコワイ場所に感じます。まぁ関係ナイか。

お花畑が莫大な予算をただ食い潰した40年、未だ県民所得は全国区で低いまま。年間約2500億円は、バチカンやモルディブの国家予算の約8倍ですが?バチカンやモルディブの方が魅力的に思えるのは何故?
「嫌なら沖縄に来るな!」ですか?
しかし選挙に所得の不満は「全く」表れない。危機感がないから。
これは営業マンが身内で話す「茹でカエル」の話に似ている。蛙はイキナリ熱湯に入れると驚いて飛び出すが、ぬるま湯に入れて徐々に熱すると、気付かずに茹でられてしまう、という話。
報道がダメなら、ネットや口コミ等の、地道な活動がある。八重山日報が部数を伸ばすのも一手。
一つ一つ、様々な意見をトギスマシテいくしかない。
道は険しいが、一人一人のチカラは繋がれば爆発する、と信じている。
ナイチャーに言われなくてもワカッテルんでしょ?
西普天間について (ジェントル男爵)
2014-12-16 11:37:02
普天間第二小学校の話が出ていたが、
西普天間に普天間高校が移転するのだから、
現在の普天間高校の敷地と普天間小学校をつなげて
普天間第二小学校を移転U+2022統廃合するのはどうだろうか。

普天間高校の跡地に吉本が入るという話もある、
マンモス校化する批判もあろうが、普天間小学校を
拡張して普天間第二小学校をそこに統廃合すれば
危険性の除去になりうるのではないか。

吉本が普天間高校跡地に入る、決まったことだ。
というのなら、まあ仕方のない話ではあるが。
Unknown (ayumi61)
2014-12-16 11:49:07
>ななし@那覇市さん
>県民が一番求めているのは、米軍人による事件事故の際に起こる不公平さの解消。

この点については、沖縄県民のみならず、米軍基地がある自治体住民は皆思っていることのようです。つまり、この点は、沖縄県民、日本人、共通の課題として扱えるのです。
ただ、実際には、アメリカとしては、「取調べ時の全面可視化が絶対条件。それが通らない限り、妥協の余地はない」という態度で、それで交渉が頓挫しているのです。もちろん、アメリカからすれば、「取調べの前面可視化」がなければ、日本の警察による人種差別にあうだろう、と警戒しているのです。
アメリカ人は、たとえ警察官であれ、深刻な人種的偏見、差別意識を持っていますので、日本人もそうだろう、とみなしています。日本人から見ると、「下衆の勘ぐり」だと思ってしまうのですが、そもそも前の大戦にしてからが、アメリカ人がもっていた日本人への偏見、人種差別が大きな引き金の一つなっています。アメリカは「警官によるヘイトクライム」を警戒していますので、それを少しでも避けるために「取調べの全面可視化」を譲ることは絶対にできません。
その辺の文化的な違いがありますので、それをのりこえないと実現しないのですが、何せ警察がいやだいやだごねて首を縦にふらないし、この件で政治的リーダーシップも余り払っていないので、実現するのはいつになるでしょうか?

>その元凶の地位協定にわずかでも踏み込んだ仲井真氏と安倍総理はもっと讃えられていいと思うのですが、地位協定を正して基地反対運動が弱くなったら困るんだ、という革新左翼の声が…。

本当にわずかですが、ようやくすすみましたね。驚きました。去年の12月に、仲井真氏が「いい正月が迎えられそうだ」といった気持ちも分かるのですが、「地位協定の改定の進展」はガン無視しましたね。今年の10月の記事も本当に小さくて見落としてしまいました。
もちろん、「地位協定の改善は評価するが、まだ不十分だ。それにそれとこれとは関係ない。辺野古はやめるべきだ」と主張することはできます。つまり、例えこの件では仲井真知事(当時)と安倍総理を讃えても、「それでも県外移設は譲れない」というふうにもっていけるのです。ホント「嘘や隠し事や必要ないときにまでそれをする」のは一体なんなんでしょうか?やはりただの「馬鹿」なのでしょうか?
Unknown (Unknown)
2014-12-16 12:01:35
沖縄選挙区は全員当選。
これがホントの「オール沖縄」だ。
いやあ、良かった、良かった!
オール沖縄 (雅子)
2014-12-16 12:45:08
>沖縄選挙区は全員当選。これがホントの「オール沖縄」だ。いやあ、良かった、良かった!

基地県外移設は選挙区当選議員が、振興予算は比例区当選議員が、それぞれ役割分担して、オール沖縄で沖縄県を発展させてほしい。
Unknown (やもり)
2014-12-16 13:48:45
普天間第二小学校

1968年(昭和43年)8月 - 設立認可
1969年(昭和44年)4月 - 開校
 
いちおう参考にどうぞ。
西普天間について(追記) (ジェントル男爵)
2014-12-16 14:10:43
もう一つ。
普天間中学校があるのだが、
普天間第二小学校と距離的にも小学校から
数分歩いた距離にある。

リベラル思考で敢えて言うなら
基地に近く「危険性」は高い。

「危険性」をとなえるのなら
これを軽視するのは以ての外である。

普天間高校移転の際、
普天間高校跡地に小中学校を統合した方が
「危険性」の軽減につながるのではないか。

生徒にとっても利便性は高いだろう。

吉本がどうしても普天間高校の跡地に拘る理由も
おそらく無いだろうし、何故にこのような案すら
出てこないのか不思議である。
Unknown (ayumi61)
2014-12-16 14:24:34
>ジェントル男爵さんへ
>普天間第二小学校の話が出ていたが、西普天間に普天間高校が移転するのだから、現在の普天間高校の敷地と普天間小学校をつなげて普天間第二小学校を移転U+2022統廃合するのはどうだろうか。

それをやろうとしたら、間違いなく革新系の反基地活動家が発狂して如何なる手段を使っても妨害します。それこそ、今の普天間基地を返還のための移設計画を血眼になって妨害する今のようにです。

かつて、1980年代に、普天間小学校の移転計画が持ち上がったときに、革新系の連中が猛反発して計画が駄目になったのだそうです。理由としては、「小学校を移転させるというのは、基地を固定化させるということだ。基地の存在を是認するかのような計画はまかりならん」ということだそうです。現実的な危険性除去や子どもの安全保護よりも、自らのイデオロギーを優先させる左翼らしい発想です。今も、彼らが延々と辺野古移設を妨害し続けているために、本来なら2016年には返還されていたはずの普天間が、未だにいつ返還されるか未定なのですが、当時も同じようなことをやっていたわけです。

なお、ソースは産経新聞の宮本雅春記者です。
Unknown (ayumi61)
2014-12-16 14:32:21
>普天間第二小学校
>1968年(昭和43年)8月 - 設立認可
>1969年(昭和44年)4月 - 開校

一つ誰か教えていただきたいのだが、そもそも普天間飛行場が出来たのは、1945年12月ごろだ。ソースは↓

>米軍上陸前の宜野湾村1944(昭和19)年9月 宜野湾市役所掲載写真
>ttp://www.city.ginowan.okinawa.jp/pageRedirect.php?url=/2556/2581/2655/1843.html
>普天間飛行場が出来た後 1945(昭和20)年 
>ttp://www.city.ginowan.okinawa.jp/pageRedirect.php?url=/2556/2581/2655/1735.html
>上部に写っている海と道路の位置関係から住宅と田んぼが飛行場になっている事が確認できると思います

これを見ると、沖縄戦で焼き野原になった後に、これ幸いと米軍が基地を建設したのが分かるのだが、この時には学校は今の場所にはなかったはず。だとすると、一体宜野湾市は一体何を考えてあんな場所に小学校を建設したのか?また、当時のアメリカ政府(カルフォルニア州の一部だったそうな)は一体何を考えてあんな場所に設立認可したのだろうか?誰か分かる方がいたら、教えていただけると幸いである。
Unknown (越来のK本S子)
2014-12-16 15:41:17
↓翁長、翻意の伏線を貼る…?

翁長知事 「5年以内運用停止」引き続き求める
http://www.rbc.co.jp/news_rbc/%E7%BF%81%E9%95%B7%E7%9F%A5%E4%BA%8B%E3%80%80%E3%80%8C5%E5%B9%B4%E4%BB%A5%E5%86%85%E9%81%8B%E7%94%A8%E5%81%9C%E6%AD%A2%E3%80%8D%E5%BC%95%E3%81%8D%E7%B6%9A%E3%81%8D%E6%B1%82%E3%82%81%E3%82%8B-2/
https://www.youtube.com/watch?v=fiUXpYbm7qk


>「普天間基地の5年以内の運用停止」
>「辺野古の新基地を造らせないことを県政運営の柱にする」

この二つ、明らかに矛盾してると思うんですけど。

もっとも、翁長が知事でいる限り、「普天間基地の5年以内の運用停止」はまずムリ…、ということははっきりしてますけどね。


今回の選挙で当選したアカいアブク(泡沫)候補どもに、「即時・無条件撤去」、「ホンネは国外移設」の身勝手な期待を抱かせるのはいいけど…、

そいつらの、身勝手な期待を勝手に裏切られたなどと思い込む代償を支払わされることになるのは、自分たち県民であることをお忘れなく。
Unknown (越来のK本S子)
2014-12-16 15:54:46
さて本日は、「盗聴上等!」発狂新聞の発狂社説を取り上げたコメントを採用いただき、ありがとうございます。

では本日も、その「盗聴上等!」発狂新聞の発狂社説を取り上げるとしましょうか。


<社説>「オール沖縄」全勝 犠牲強要を拒む意思表示 「見ぬふり」の壁に穴を
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-235975-storytopic-11.html


>「見ぬふり」の壁…

これ、知念ウシとかいう、本名知られちゃマズイ立場とみられるヒステリック・ババアーの出した本の…、

『シランフーナーの暴力』

とかいうタイトルといっしょだね。


相手にされないのは自分らにいちばんの原因があるのに、そのことを「見ぬふり」、「シランフーナー」して、相手にされないことを「暴力」、「壁」などというヤツらを、だ~れが相手にするものか。


もっとも、上で紹介したニュースを見る限り…、

「見ぬふり」ではなく「オール沖縄」の壁に、中山市長が開けた穴を翁長自身が広げようとしてるみたいだけど(笑)。
翁長最初の公約違反? (Unknown)
2014-12-16 16:06:44
>東村高江の集落周辺に移設される北部訓練場のヘリパッド問題では、SACO(日米行動委員会)合意の着実な実施が基地の整理縮小、地元振興につながることから訓練場の過半の返還を求める考えを示した。一方、6カ所のヘリパッド移設は地域の自然環境、住民へ生活の影響をめぐってさまざまな意見があり、オスプレイの不安も払しょくされていないとして、「地元の意見を聞き、検討したい」と述べた。
tp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141216-00000001-okinawat-oki

左翼の皆さんは翁長が公約発表会見で「高江ヘリパッドは反対していくことになると思う」と発言したため、翁長が高江阻止を公約化したと狂喜乱舞していた。
ところが、今日SACO合意通り進めた方が負担軽減になると裏切り発言!
公約違反にも思えるが、翁長は「反対することになると思う」としか言っておらず、明文化もしていない。
翁長のあいまい発言を見抜けなかった左翼の自業自得である。
Unknown (東子)
2014-12-16 18:38:04
>>「普天間基地の5年以内の運用停止」
>>「辺野古の新基地を造らせないことを県政運営の柱にする」

すでに、2014年10月28日の琉球新報の知事4候補の主張の中の翁長氏の言い分に、
「辺野古移設は容認しないが、5年以内の運用停止の取り組みを政府が継続するよう求める分には良いのではないか。5年以内に停止できるなら新基地をつくらなくてもよいはずだ」


辺野古移設と普天間閉鎖がセットなのを知らない人以外、騙されない。
平安名記者たちが必死で5年以内に普天間閉鎖出来ないという記事を書くたびに、米軍は辺野古が使用可能になれば移ると言われて墓穴を掘っているではないか。
Unknown (東子)
2014-12-16 18:38:35
「シュワブ前に100人 玉城長正さんの写真展も 2014年11月10日」
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-234342-storytopic-3.html

>名護市辺野古のキャンプシュワブゲート前
>カメラマンの玉城長正さん(75)
>やんばる地域は日本でもわずかしか残されていない照葉樹林が広がり、希少な動植物が息づいていると指摘し「米軍基地があるが故に、無用不用の公共事業によって自然が破壊されてきた。やんばるは沖縄の宝、地球の宝だ。そこに基地を造ってよいのか」と疑問を投げ掛けた。

北部訓練場は何度も返還の話が出ています。
が、地元の意向(自然保護でない。地代の問題)で返還されずにいます。
もし、北部訓練場(約7800ヘクタール)の5500ヘクタールが返還されたら……、もうそこには米軍施設は造られません。
思いっきり米軍の手から自然を守ることができます。

早く返還してもらって、県や国に働きかけて原生林として残し、鳥や動物のサンクチュアリ(聖域)に指定したらどうでしょう。


【参考】
北部訓練場が返還されるには、返還地域にある6つのヘリパッドを残余の訓練場内に移転する必要があるのだが、工事の妨害行為が酷い。

佐藤正久オフィシャルブログ「北部訓練場でのヘリパッド移設と反対派の妨害行為 2014-08-09」
http://ameblo.jp/satomasahisa/entry-11909788872.html

>日米のSACO合意で、北部訓練場過半(約3,987ヘクタール)返還のためには、返還地域にある6つのヘリパッドを残余の訓練場内に移転する必要があるが、その一つの高江ヘリパッド建設工事が終了し、今月8日に、請負業者から沖縄防衛局に完成報告がなされた。
>佐藤も防衛大臣政務官時代、反対派の沖縄防衛局への妨害行為だけでなく、請負業者への妨害行為の報告を数多く受けたが、その内容は尋常ではない。
>沖縄県警が十分に動かないのも納得いかないものだった。
>反対派は業者の会社前に監視員を配置し、車両ナンバーも全て掌握して関係工事車両や作業員への妨害行為もしばしば。
>反対派に車を停...められ窓を開けると、中にスピーカーを入れられたこともあった他、反対派の車に足を轢かれた作業員もいる。
>秋の臨時国会でも取り上げる予定だ。
>返還求める一方での妨害行為、種々意見はあるだろうが、負担の軽減と抑止力維持のためには、一歩、一歩、作業を勧めないといけない。
Unknown (東子)
2014-12-16 19:20:06
「県民の思いを大切に」
「県民が心を一つにし、共に力を合わせ」
  ↓
県民の思いが割れていたら「撤回、取り消し」できないからね~
「撤回、取り消し」が、できるのも、できないのも、県民の思いの強さ次第だからね~

と県民に丸投げに見えます。

県民の「反対」感情を煽りつつ、承認撤回しない理由に、県民が心を一つにしなかったから、と県民に責任転嫁するんじゃないかしら。
辺野古反対派も賛成派も翁長知事に使われることに。
比例 (沖縄県民)
2014-12-16 19:23:40
 比例の選挙結果は民意の表れだ。
選挙区とバランスをとったとも見え、選挙結果の解釈に影響するだろう。
サヨクホイホイを開発せねば (アナキン・スカイウォーカー)
2014-12-16 19:38:12
沖縄県民の本音は

>県民が一番求めているのは、米軍人による事件事故の際に起こる不公平さの解消。

これだけです。
これ以外基地に対する大きな不満は無いですよね?

沖縄県民は基地の負担も戦争の危険も何も感じていないですよね?

ここで問題意識の高いみなさんが普天間固定化問題や辺野古移設問題の意見を交わしても、ほとんどの沖縄県民は「何も問題ない」と思っているでしょう。

本土から見れば問題解決に対してものんびりしているように見えると思いますが、のんびりに見える理由は沖縄県民は基地問題を問題と思っていないし、問題ではないものは解決のしようがないから動かないだけなのです。

基地で働くことを希望する若者も多いし、基地イベントも楽しんでいます。
沖縄は米軍基地と共存しているはずです。
オスプレイファミリーデーが大盛況だったのは常に楽しい事を探している沖縄県民がネットで見つけた結果でしょう。あれは楽しいイベントなので検索が出来たのです。
県知事選でネットの効果が無かったのは政治問題だったからです。政治問題は難しいのでスルーするのです。ここでも基地問題に関心の無いことがわかります。

そもそも普天間基地が危険と言い出したのは宜野湾市民でしょうか?危険な場所に学校を作りますか?住宅を建てますか?街ができますか?
問題にしたのはいつ頃ですか?それまでは危険ではなかったのですかね?

本土から見ればこんなことが矛盾に見えて「沖縄県民はバカなの?」と思われてもしょうがないでしょう。
宜野湾市民の今までの選挙結果を見れば普天間基地固定化に耐えているはずはない(騒音は別にして)ことを証明しています。

サヨクが基地を問題と叫び始め、問題と思ってもいない政治家も一緒になって叫び始めた。
ここに集う沖縄県民のみなさんもわかっているはずです。基地問題が問題ではないことを。
問題でないことを問題にするからどんどんこじれていくのでは?

沖縄は横社会で押しつけや命令を好まない雰囲気があります。TVインタビューでマイクを向けられれば本音よりも空気を読んで答えるはずです。そもそも深い知識なんかあるはずないので新聞などで見た大見出しが答えになるのです。

沖縄の本当の問題は、好き放題に沖縄を引っ掻き回すサヨク連中を放置していることですよね?メディアも含めて。
あの連中の大声が沖縄県民を惑わせ、あの連中の大声が沖縄の声として全国に恥を晒しているわけですよね?
沖縄の問題はサヨクを一匹残らず駆除することです。
そして全国に沖縄は基地を引き受けます。そのかわり交付金を下さいと堂々と言えばすべての問題が解決ですよね?

沖縄県民は基地問題よりも、一匹残らずサヨクを駆除する方法を考えるべきですね。



Unknown (宜野湾より)
2014-12-16 20:13:20
我々日本人に限らず、(たとえ忘れているようでも)民族の神話や民話や故事が人心をまとめたり道徳的に律するのに重要なのと同様、現代の新聞社にとっても人心を動かすのには物語が必要なのだろうけれど。
語られる物語が年月の荒波風雪に耐え得るものかは、どうかしら。
「日米の軍人軍隊は須らく凶悪である」「革新リベラルに与しない者は誰でも戦争を好む」みたいなどう見ても普遍的ではないと考えられる結論が予め決まっていての物語だと、どうしたって強引さや加減は要るだろうに。

「アメリカ軍人は沖縄で犯罪行為をしても基地に逃げ込んでのうのうと守られる」という物語もどうかな?
日本の領土での犯罪行為ならば我が方で捜査・立件・裁判してほしいと私も、たぶん多くも思っているが、アメリカだって法治国家だから、軍人でも犯罪行為があれば事実関係が調査され、手続きに則って処罰が決まるわけで、事実認定によっては娑婆での生活、キャリアや資格や奨学金などを失う。

報道されるアメリカ軍人の犯罪で、身柄がアメリカ側に移された後、彼/彼女のその後がどうなったか、そこまでのフォローアップ記事はまず無いから、記者ならばそこまで追い掛けて報じた方がいいんじゃないかな。
裁きが終わった人のことならば、プロならアプローチ方法や接し方に気をつければ可能じゃないの?
犯罪の事実があるのにお咎め無しでのうのうと暮らす人があるなら凸ってほしいし、もしプロの取り組みでも手も足も出ないならば、その実相を報じるといい。

ネットで批判するだけで自分色のフリーペーパーひとつも出せてないからダメだって言ってる人がいたけれど、それは何かをやるための、(自分のじゃなくても)資金力と組織力に守られていたり専業する時間を持つからこその言い草で、対抗する新聞を出されたら新聞社としては恥ずかしいことよ。
新聞社の中の人もネットくらいはやっているだろうから、自社の質を高めるヒントが散らばっているのをコッソリ拾って活用するだけでいいの。

研究者や学者はひとたび論文を発表すると、世界中の同業者やその道の愛好家から徹底的に査読されて、評価される。
すごい査読マニアもいるからたいへん。
新聞社どうし、もっともっと自由に査読と評価をし合ったらいいんじゃない?
ほら、衆院選後の今も、首相は「改憲は党の悲願だがハードルは高い」と言っているのに、国内から支那韓国までマスコミの多くが「絶対安定多数で改憲される!」ばっかり。
欲しい結論が決まっているから人の話なんか聞いちゃいないし確かめもしない。で、チグハグな記事を書く。
ちょっと気をつけて改めれば済むことなのだけれど。
普天間第二小学校について(返答) (ジェントル男爵)
2014-12-16 20:36:35
なぜ学校を作ったのか。

答え 人口が増えたから

になるかと思います。

しかし、復帰前に作られた学校で、
基地の騒音を十分に考慮して学校が作られたかは疑問でして、
普天間基地移設問題が浮上してくる前は、基地騒音問題の象徴的な場所でした。

今は何を象徴してるのか、よくわかりません。

基地被害の象徴として取り上げるのは分からなくもないですが、
では、防音工事、増改築はやるにしても、何故に根本解決策である学校の移転には
反対なのか、理解に苦しみます。
サヨク連中の期待 (アナキン・スカイウォーカー)
2014-12-16 21:11:44
普天間第二小学校の移転反対の理由は簡単じゃないですか。
事故が起きるのを期待しているからでしょう?
沖国大の事故で犠牲者が出なかったのは相当悔しかったでしょうね。
Unknown (東子)
2014-12-16 22:01:09
>比例の選挙結果は民意の表れだ。

九州ブロックのね。
沖縄県に限ったら、違う結果かもしれません。

沖縄県での自民党票はどのくらいか。
九州ブロック内でどのくらいか。
九州ブロックにおける沖縄以外の九州の県で得票数が多かったから、名簿順で沖縄県出身の議員が当選しただけかもしれない←作戦勝ち
同じく、共産党、社会党の割合はどうなのか。

総務省「資料集 選挙関連資料」
http://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/data/index.html

に、まだ12月14日のデータがアップされていないので、分析できません。
いずれアップされたら分析したいと思います。
Unknown (芋掘りじいさん)
2014-12-16 22:15:40
宜野湾よりも、読谷・北谷が、ホトンド ダブルスコアで革新だった怪。
移動票はこの辺り?
若しくは選菅に何かアリ?
Unknown (東子)
2014-12-16 22:22:16
日米地位協定によって米兵の検挙に不公平があるということ?

米兵の誰それが犯人と分かっても米軍のお慈悲でしか犯人を渡してもらえない?
その件数は?

犯人とは特定できないまでも尋問したいのにできない?
その件数は?

米兵絡みだから、面倒になりそうだから、警察が事勿れに走った?
その件数は?

と、わからないことだらけ。

沖縄から聞こえてくるのは、日米地位協定の不平等だが、他県でも米兵絡みの事件、交通事故は起きているが、全県あげて問題視していない感じ(あくまでも感じ)なので、不平等があるにしても、どのくらいなの?って疑問が湧く。
沖縄マスコミから伝わる事件は基地反対が標準とわかってきたら、何もかも(騒音、経済阻害、事故・事件など)、違う統計や分析があるのでは?と思ってしまう。
正しいことを伝えているかもしれないが、どれが正しくて、どれが都合よく切り取られた数値か、わからなくなっている。
「悪貨は良貨を駆逐する」の言葉通り、一つ?がつくと、みんな?がついてしまう。
Unknown (Unknown)
2014-12-16 22:39:22
沖縄の人

政治は新聞

情報はメディア

ゲームはネット

しかし、新聞と思って読んでるのは全て赤旗

見てるテレビは全て報道ステーション並のクオリティ
Unknown (イクル)
2014-12-16 22:44:02
韓国:産経だから悪い
沖縄:米兵だから悪い

理屈じゃないんだよ 感情なんだよ
んなもん解決するわけがない

なら、どうする?
日本は情治国家じゃないんだよ 法治国家なんだよ
法的に粛々、淡々、進める
法は法を守るものの味方をする
沖縄に遵法精神があれば、法は味方する。
米兵擁護とすり替えの巻 (Unknown)
2014-12-16 22:44:12
見苦しい。
話題のすり替えに必死だが、すり替えが効かぬと屁理屈で開き直る。
越来の明菜ちゃんも大変だな。
Unknown (東子)
2014-12-16 23:15:28
狼魔人さまが「米軍関係者が起した交通事故を針小棒大に取り上げる沖縄2紙の報道を批判するたびに「米軍の擁護者」などのレッテルを貼られる」とおっしゃるのが、良くわかるコメントだわ↑
Unknown (ayumi61)
2014-12-17 03:21:11
>越来のK本S子さん
記事見ました。いや、翁長知事すんばらしいですね。

> 「普天間飛行場の危険性の除去は喫緊の課題であり、5年以内の運用停止をはじめ、4項目の基地負担軽減策について引き続き政府と調整してまいりたい」(翁長知事)

これ、仲井真前知事がいっていたこととまったく同じです。まるで、今でも仲井真知事が県政を担い続けているかのような錯覚さえ覚えました。流石は翁長知事、いいものはいいと、前任者からきちんと踏襲するのですね。みなおしました。

>辺野古の埋め立て申請の承認については専門家の意見を踏まえて検証し、法律的な瑕疵があれば取り消しまたは撤回する考えを改めて示したうえで、「辺野古の新基地を造らせないことを県政運営の柱にする」と述べました。

いや、ようやく、「法律的な瑕疵があれば取り消しまたは撤回する」ことを明言してくれました。今までは「撤回を視野に入れる」としか言わなかったのに、ここにきて「撤回する」です。流石はわれらの翁長知事、期待を裏切りません。しかも、12月11日に、「環境アセスに法的瑕疵なし」と最高裁判決が確定した後にいうところがまたにくい。つまり、辺野古移転に「法律的瑕疵がない」ことが明らかになった時点で、「視野に入れる」→「撤回する」に変換したのですよ。いや、にくいですね。

ここでの重要なポイントは、「法律的瑕疵が無い場合どうするか」を一言も明言していない点です。つまり、「法律的瑕疵が有ったら取り消し又は撤回する。では、なかったら?」という問いには一切答えていません。なかった場合どうするんですかね?その場合、何もしないで棚上げするつもりなんでしょうかね。きっとそうするんでしょね。そうやって、日本政府にごり押しさせれば、「悪いのは全部日本政府。俺たちは被害者だ」といって責任転嫁していられますからね。そうやって沖縄の保守と革新の両方にいい顔していれば「オール沖縄」で県知事の座は安泰、ということです。

>「普天間基地の5年以内の運用停止」
>「辺野古の新基地を造らせないことを県政運営の柱にする」

越来のK本S子さんの言われるとおりこの2つは矛盾しています。どちらかを得るためにはどちらかを諦めなければなりません。仲井真前知事は「普天間基地の5年以内の運用停止」の方を選ぶことにしました。だから、「県外移設」の方は諦めたのです。それはそれで一つの選択だと思います。
ただ、もちろん、その選択に対して後者を選ぶことは出来るます。ただし、その場合はそれを明言しなくてはなりません。つまり、「普天間基地の5年以内の運用停止」は諦める。その代わり「県外移設」を諦めない。というふうにもっていかないといけないのです。ところが翁長知事は一言たりともそんなことは言っていません。これはまずいのです。これをやってしまうと、「2010年5月末までに対案を出す」と期限をきってしまった鳩山元総理と同じ過ちを繰り返す事になります。
鳩山元総理については、「今から決定事項を覆す以上、辺野古に変わる対案を出すのには時間がかかる。だけど、民意に反する辺野古移転を承認するわけにはいかない。だから、辺野古に変わる対案が見つかるまで、どうか沖縄県民の皆さん、長い目で見守っていてほしい」と正直にやるべきだったと思います。つまり、「辺野古で妥協するならすぐに解決するが、妥協しないのなら今すぐには解決しない。後者が沖縄の民意という事なので、それに沿って、辛抱強く、時間をかけてでも県外移転を実現する」といわなければならなかったのです。
もしもそういっていたら、沖縄県民は辛抱強い(のんびりしているとも言われる)ので、「なら分かった。気長に待つからどうか県外移設実現してくんろ」となっていた可能性が高く、そうなっていたら、「一刻も早い解決を」派の狼魔人さんたちは完全敗北を余儀なくされていた可能性さえあるのです。そうできるのにやらなかった鳩山元総理の罪は重いといわざるをえません。

ただ、翁長知事の場合は、これは確信犯でしょうね。両立できるわけがない公約を掲げて当選したわけですが、実は、「辺野古撤回」については未だに明言していない。「瑕疵があったら撤回」するのですが、「瑕疵がなかったら?」
、何も明言していないのです。よくぞこれで翁長氏を「辺野古撤回派」だとみなすことができましたね。しかも、「5年以内の運用停止」の方は明言しているのですから、この人実は仲井真派ではないのですか?何か、「推進派対反対派」ではなくて、ただの仲井真派の内輪もめにすぎないのでは?という気がしてきます。

ちなみに、翁長知事を選んでしまった以上「5年以内の基地返還」が実現する見込みはありません。そうである以上、翁長知事は「辺野古撤回」で頑張るしかないでしょう。ただ、その場合は「解決はずっと先送りになるけれど」と正直に言わなければなりません。そうしなければ、彼は鳩山元総理同様単なる嘘つきです。「嘘」「だまし討ち」で奪い取った権力は、きっと民主党政権同様、手痛いしっぺ返しをくらうこととなるでしょう。
Unknown (ayumi61)
2014-12-17 03:57:04
>越来のK本S子さん
>では本日も、その「盗聴上等!」発狂新聞の発狂社説を取り上げるとしましょうか。

「盗聴上等!」でいえば、我らの佐藤優氏が、早速「週刊金曜日」の最新号でとりあげていましたよ。詳しくは読んでいないのですが、ざっと見る限り、「盗聴のススメ」を語っていたようです。どうやら佐藤氏によると、「沖縄の新聞が県庁に盗聴器を仕掛けたりするのは自由」らしいです。
私なんか、「これが許されるんなら、じゃあ八重山日報が県庁に盗聴器仕掛けて、翁長知事のスキャンダルを暴いたりしても自由なんですね」と思ってしまうのですが、おそらくそれをやったら、烈火のごとき激怒して、八重山日報一発で廃刊に追い込まれるんでしょうね。流石はサヨクの先生、「ダブルスタンダード」を自由に使いこなしますね。

><社説>「オール沖縄」全勝 犠牲強要を拒む意思表示 「見ぬふり」の壁に穴を
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-235975-storytopic-11.html

これ、私もう一歩のところで騙されるところでした。いや、「何故か辺野古区の民意について一言も触れていない」所に気がつかないとこれ騙されますよ。流石は「機関紙」おそろしく説得力があります。
それにしても、私のように、彼らが毎日新聞のなかで「5%程度の少数意見については、積極的に取り上げるべきではない」と明言したことを知っている人間でさえ騙されそうになりました。すごい説得力です。彼らが「辺野古区民の民意については、断固として取り上げない」ことを失念しそうになりました。驚きました。

それにしても、改めてみるとすごいブーメランですね。”「見ぬふり」の壁に穴を”って、とりあえず辺野古区民の民意と基地従業者と、尖閣を抱えた八重山諸島の人々の思いに「見ぬふり」をすることをやめてから言った方がいいと思います。

>懸念されるのは沖縄側の亀裂だ。政府が沖縄の民意を顧みない現状はまるで植民地のようである。古今、植民地側の民意が割れていることほど宗主国を喜ばせることはない。だから宗主国は常に分断を狙い、植民地側の傀儡(かいらい)を優遇して「分断統治」を図るのだ。

これもブーメランでしょう。この「政府」「宗主国」を「琉球新報」と置き換えたらまるっきりそのまんまじゃないですか。大体、沖縄の民意に亀裂が走っている事を重々承知していながら、5%に満たない民意を「見ぬふり」しているのはあなたたちですよ。「5%に満たない民意は切り捨てられるべき」と毎日新聞紙面で宣言したのは琉球新報さんですからね。
後、これ日本政府を批判しているように見えて、実際には仲井真前知事や狼魔人さんたちへの恫喝ですからね。「お前ら、間違っても宗主国(日本政府)に対して協力するんじゃねえぞ」と脅しているわけです。まるでやっていることが中国や北朝鮮なんですよ。そうやって、「辺野古移転派」に対して、「沖縄を日本に売ろうとする裏切り者」というレッテル貼りをやって、推進派と反対派に深刻な亀裂と分断をもたらそうとしているのですね。まさに、

>古今、植民地側の民意が割れていることほど宗主国を喜ばせることはない。だから宗主国は常に分断を狙い、植民地側の傀儡(かいらい)を優遇して「分断統治」を図るのだ。

の宗主国のやっていることそのものじゃないですか~。

それにしても、韓国紙もそうですが、何でここまで「ブーメラン」が上手なんですかね。そのからくりに気がつかないと騙されそうになりますよ。今のところ韓国紙のブーメランぶりは周知の事実になりますが、沖縄紙のブーメランぶりは意外と知られていないようなので、折に触れて触れていった方がいいですね。
Unknown (ayumi61)
2014-12-17 07:59:56
>東子さんへ
>すでに、2014年10月28日の琉球新報の知事4候補の主張の中の翁長氏の言い分に、
「辺野古移設は容認しないが、5年以内の運用停止の取り組みを政府が継続するよう求める分には良いのではないか。5年以内に停止できるなら新基地をつくらなくてもよいはずだ」
>辺野古移設と普天間閉鎖がセットなのを知らない人以外、騙されない。

申し訳ないのですが、「辺野古移設と普天間閉鎖がセットなのを知らない」人間なんていますか?わたし県外の人間ですが、毎日新聞レベルの記事でもそれぐらいのことはわかっていますよ?流石にそれは沖縄の人を馬鹿にしすぎでは・・・?

もしも、「辺野古移設と普天間閉鎖がセットなのを知らない」つまり、「5年以内の普天間閉鎖と辺野古断念は両立し得ない」ということを知らずに翁長氏に投票した、というのであれば、その人はアカか馬鹿です。わたしは、「普天間の閉鎖が先送りになってもいい。それでもいいから県外移設を」という意見であれば積極的に支持します。ただし、その場合は、2022年よりも、更に遅れることは覚悟してください。「それでもいい」というのであれば、県外移設を追及するべきだと思います。ただし、「5年以内の普天間閉鎖と辺野古断念は両立する」という夢は早急に捨ててください。

ここで述べていることは、宜野湾市民として「一刻も早い普天間閉鎖のために、一日も早く辺野古移転の実現を」としている狼魔人さんの意見とは違います。正直「部外者が何勝手に人のブログで、ブログ主と対立する意見を展開しているんだ。出て行け。」と言われて出入り禁止になる可能性もある、と思っています。そんな「利害対立者」である私から見ても、いわゆる「オール沖縄」の主張は納得できません。それぐらい彼らの主張は支離滅裂です。「オール沖縄」がアカか馬鹿のどちらかなのは明白でしょう。

私は、沖縄県民が「あくまでも県外移設で」を貫くのはかまわないと思っています。ただし、「辺野古移設と普天間閉鎖がセットなのを知らない」のでは論外です。知らないのであれば馬鹿ですし、知ってて翁長氏を支持しているのではアカです。そういう「馬鹿とアカによって支持された民意」では納得できません。それはただの衆愚政治です。民主主義の基本原則は、「民主主義における議会の代表は、その国民の民度に比例する」です。それだから、民主主義下においては、その国民の知識と倫理がきちんと身についていないととんでもないことになるのです。日本人は、それを2009年の総選挙で学習しました。

今度の総選挙で、沖縄県民は、アカ(共産)と馬鹿(社民)と馬鹿(生活)とゾンビを選出しました。アカはおいておいても、社民と生活がどれほど馬鹿げた政党か、それは流石に踏まえて欲しかった。
社民党は、下野してからの17年、日本のために何もしていません。「足を引っ張る」とか以前にそもそも何もしていないのです。
生活の党というのは、そもそも2009年の民主党マニュフェストを後生大事にしがみついている政党です。「国民の生活が第1」というのは2009年の民主党のスローガンそのものです。2009年の民主党のマニュフェストがどれほどとんでもない代物だったか、日本国民全体で身をもって証明したのに、2012年12月にもなって、まだ「俺たちに任せておけば大丈夫」とかいっていた脳足りん政党が生活の党です。

こんな人たちが「辺野古反対」といっていれば受かるのですから「衆愚政治」もいいところです。わたしは、「辺野古反対大いに結構。むしろ大いにやってくれ」という立場ですので、2014-12-16 10:45:15みたいなことを本気で言います。「別に引く必要はありませんよ」というのも本心です。ただし、せめて2014-12-16 10:45:15程度の事は言って欲しいのです。また、そうでなければ「辺野古反対」は実現しません。本気で願っているのであれば、もう少し知恵をつけて欲しいのです。少なくとも、2014-12-16 10:45:15程度の事は言えるようにならないと、「辺野古推進派」には太刀打ちできませんよ。それこそ「沖縄人って馬鹿だね」と沖縄差別を助長するだけです。

はっきりいいます。沖縄県民よ、「辺野古反対」を主張するならもっと本気でやれ。いっておくが、アカと馬鹿を4人そろえたところで安倍政権も日本人も相手にしないよ。あんなサル共では太刀打ちできないぞ。とりあえず、まずはもう少しまともな「辺野古反対論者」をそろえないと駄目だ。佐藤優氏あたりに期待したいところだが、彼は、沖縄の新聞に対して「盗聴のすすめ」とか平気でやるような人だから信用できない。それに、佐藤氏は本質的に「兵はき道」とばかり人を騙すのを屁とも思わない小沢一朗氏みたいな人間だから話にならない。佐藤氏と小沢氏に共通するのは、「人を騙す事に痛みを感じない人間だから、本質的に他人のことを信用しない」ところがあるのだろう。ただ、日本人というのは本質的に他人を信用するところからはじめる「びっくりするほどのお人よし」だ。そういう日本人を味方につけるには、佐藤氏や小沢氏のような「兵はき動」と考えるような人間は向いていない。彼らの方法論をまねても、最後は生活の党のように破滅するか、新党大地みたいに独自候補を一人も立てられない地域政党として細々と生きていくしかない。

ただ、沖縄県民は「平和ボケしている」といわれているのですが、現時点では大丈夫です。沖縄は日本の一部だから大丈夫なのです。皮肉な事に、アカの嫌う「米軍」が駐留しているから、中国も北朝鮮も手が出せないのです。ですが、いつまで日本が沖縄を守っていられるかは分かりません。沖縄自身が「我々は日本に植民地支配されている」という自己認識をもっておられるのなら、いずれ沖縄は日本やアメリカと独立戦争をすることになるかもしれません。その場合、仏・米と20年ぐらい戦い続けたベトナムのようになるでしょう。もちろん戦場は沖縄です。ベトナムの如く、故郷を戦場に20年戦い抜く気概があれば、確実に独立は勝ち取れます。ただ、その場合、日本と沖縄は矛を交える事になる事だけはご確認ください。いっておきますが、琉球新報にも沖縄タイムスにも翁長知事にもその腹はまったくありませんので、くれぐれも扇動される事なきよう、よろしくお願い申し上げます。
Unknown (東子)
2014-12-17 09:03:26
ayumi61さま

御高説を承り、ありがとうございます。

>「辺野古移設と普天間閉鎖がセットなのを知らない」人間なんていますか?
>「辺野古移設と普天間閉鎖がセットなのを知らない」つまり、「5年以内の普天間閉鎖と辺野古断念は両立し得ない」ということを知らずに翁長氏に投票した、というのであれば、その人はアカか馬鹿です。

知らないこと=無知と思いますが、知らないこと=馬鹿とは思いません。
狼魔人さま言うところの「無知とは、知識がないことではなく、疑問が持てないこと」と思っています。

>くれぐれも扇動される事なきよう

肝に銘じておきます。
Unknown (ayumi61)
2014-12-17 09:57:22
>東子さん
お返事ありがとうございます。

>知らないこと=無知と思いますが、知らないこと=馬鹿とは思いません。
>狼魔人さま言うところの「無知とは、知識がないことではなく、疑問が持てないこと」と思っています。

ああ、そうですね。確かに知らない=馬鹿というのは違いますね。余り深く考えずに馬鹿=無知という意味でつかっていましたが、よく考えれば馬鹿と無知は違いますね。なるほど。
先の私のコメントは、どうか馬鹿と無知の区別がついていない人間のコメントとしてうけとってください。

>肝に銘じておきます。
ぜひともよろしくお願いいたします。琉球新報も沖縄タイムスもあおりますからね。この両新聞は「扇動新聞である」と認識しておいた方がよろしいかと思います。
例が、「今の沖縄は、中国によるチベットやウイグルや香港に対する弾圧と何か違いがあるのだろうか」ですが、こういう話を毎日ぶち込んできますからね。そして、また「そうだ、そうだ、その通り」とのっかる方々がいるわけです。ぜひともお気をつけください。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL