狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

元沖タイ記者「新潮広告に吐き気」、「土人」VS「土民軍」の背景にあるもの

2016-11-07 00:07:06 | 高江ヘリパッド

 

よろしかったら人気blogランキングへクリックお願いします。

タイムス×クロス コラム

渡辺 豪
渡辺 豪(わたなべ つよし)
フリージャーナリスト(元沖縄タイムス記者)

1968年兵庫県生まれ。関西大学工学部卒。92年毎日新聞社入社。98年沖縄タイムス社入社、2015年3月に退職。現在、東京都内在住。主な著書に『「アメとムチ」の構図』(沖縄タイムス)、『国策のまちおこし』(凱風社)、『私たちの教室からは米軍基地が見えます』(ボーダーインク)、「日本はなぜ米軍をもてなすのか」(旬報社)、共著に『この国はどこで間違えたのか~沖縄と福島から見えた日本~』(徳間書店)、「波よ鎮まれ~尖閣への視座~」(旬報社)、4月に「普天間・辺野古 歪められた二〇年」(集英社新書)を刊行。

目取真俊さん(左端)を4人がかりで押さえ込む警察官=18日、東村高江・米軍北部訓練場N1地区表側出入り口(撮影:沖縄タイムス)

 沖縄の人々の心奥に刻印されたであろう、東村高江のヘリパッド建設に抗議活動する市民に向けた10月18日の大阪府警機動隊員の「土人発言」は、在京メディアでは既に過去のことにされつつある。本土社会は、この発言を単に「特異な事例」として受け流そうとしているのではない。事態はより深刻かつ醜悪だ。

 大阪府の松井一郎知事は発言翌日、自身のツイッターに

 「ネットでの映像を見ましたが、表現が不適切だとしても、大阪府警の警官が一生懸命命令に従い職務を遂行していたのがわかりました。出張ご苦労様」

 と労うようなニュアンスを含む感想を投稿。記者会見では「混乱を引き起こしているのはどちらか」と抗議する市民の側にも非があるような見方を示した。一部メディアやネットはこれに沿う形で、「どっちもどっち」の論を展開した。

 極め付けは、以下の広告見出しで記事を特集した主要週刊誌だ。

 「なぜ土人発言だけが報道されるのか?沖縄ヘリパッド『反対派』の『無法地帯』現場レポート」

 正直に告白すれば、都内の地下鉄でこの中吊り広告を目にしたとき、筆者は腐った食べ物を無理矢理口に放り込まれたような吐き気をもよおした。刺激的でインパクトのある見出しを並べたこうした「報道」は、沖縄に興味や関心のない首都圏の人々の注意も引くだろう。中吊り広告だけを見て、「なるほど、そういうことなのか」と得心したような気になる人も少なくないのではないか。そんなことを考えながら、筆者も無意識のうちに「なぜ土人発言だけが報道されるのか」という見出しの文字を反すうしていた。そして、あるフレーズを思い出した。

 「土民軍」という言葉だ。

防衛施設庁をある程度長く取材、リサーチしたことがある記者や研究者なら、一度は彼ら(防衛施設庁職員)が自分たちの組織をそう表現するのを聞いたことがあるはずだ。

 昨年上梓した拙著「日本はなぜ米軍をもてなすのか」(旬報社)から一部引用させていただく。

【防衛施設庁は、〇六年一月に表面化した空調設備工事の発注をめぐる競売入札妨害事件に絡む一連の不祥事で「解体」が決まります。事件を通じて、防衛施設庁が20年以上前から民間業者に天下りを受け入れさせる見返りに不正な受注調整がおこなわれていたことや、事件後の内部調査に際して施設庁内で組織的に証拠隠滅が図られていたことも発覚しました。
不正の根の深さから、「再生不能」と判断されたのです。

 〇七年一月に防衛庁が「省」に昇格した後、防衛施設庁は同年九月に防衛省に吸収統合されました。旧防衛施設庁に在籍した職員の中には、「省昇格のために施設庁が召し上げられた」という見方をする人もいます。

 この廃止・統合に当たって防衛施設庁は、歴代の長官、次長経験者らに意見を求めたようです。『防衛施設庁史』が「貴重な意見」として紹介した一つに以下の内容があります。
「防衛施設行政を担当する防衛施設庁を『外局』として設置してきたのは先人の知恵である。防衛施設庁という『外局』が、これまで自衛隊施設及び米軍施設に係る各種の業務を一元的に実施してきたメリットを踏まえた組織改編とすべきである」

 「先人の知恵」とは具体的にどういう知恵で、「メリット」とは具体的にどういうメリットなのでしょうか。

 安全保障政策にかかわる職務のうち、「汚れ仕事」のパーツを引き受ける「外局」として防衛施設庁を防衛庁とは別部隊に切り離した「先人の知恵」によって、日米同盟をはじめとする防衛政策に対する国民の信頼を維持できたという「メリット」を忘れてくれるなよ、という思いが込められているのではないでしょうか。

 『防衛施設庁史』の編さん後記で、編集にかかわった職員のうちの一人の文章に目が留まりました。「施設庁の廃止、『内局』への統合が現実味を帯びてくるにつれ、施設庁に思い入れのある先輩職員などからは、『の仕事を内局にできるのか』などという声も聞かれました」という下りです。】(引用ここまで)

文中にある「防衛施設庁史」は、防衛施設庁が解体される直前の2007年に同庁職員によって編さんされた、施設庁の足跡をたどる記録・証言集だ。

 旧防衛施設庁職員が自分たちを「土民軍」と称するのは、自分たちが官僚組織の下層に位置しているという意識と、「現場」の仕事に携わっているという自負があるからだろう。

 ある防衛施設庁OBは筆者にこう語った。

 「要するに自分たちのやってきたのは外務省の尻ぬぐいですよ。防衛施設庁の仕事は日米安保の土台を支えるための、いわば汚れ仕事。でも、安保体制を縁の下で支えてきたという自負はありますよ」

 大臣の国会答弁やコメントを振り付けたり、各国との外交交渉や日米間のさまざまな取り決めを議論する非公開の日米合同委員会に出席したりと、大所高所から外交・防衛政策を検討するのは外務・防衛省のキャリア・エリートだ。一方、日米安保条約の履行のため外務省がレールを敷いた日米地位協定や、基地政策にまつわる日米合意の実施機関として、防衛施設庁の末端の職員はまさに「安保の現場」で住民と米軍の間に立ち、ときには住民の「嫌われ者」になることも承知でその役割に徹してきた。

 日本国内でさまざまな特権に守られた米軍人関係者が住民感情を逆なでする事件や事故を繰り返すたび、「抗議」や「要請」の窓口として対応し、平身低頭する姿を見せ、世論や住民をとりなすのも防衛施設庁職員の仕事だ。かつては「内灘闘争」や「砂川闘争」といった日本本土での熾烈な米軍基地反対運動の現場でも、防衛施設庁職員は機動隊員とともに前面に立ってきた。日本本土と沖縄の米軍専用施設の比率が逆転し、74%が沖縄に集中する現在、勢いのある根強い米軍基地反対運動は「沖縄限定」の様相を帯びるようになった。

 防衛施設庁の仕事はなくなったわけではなく、防衛省に吸収統合される形で温存されている。しかし沖縄では今や、高江や辺野古といった米軍基地の建設現場で、防衛省の沖縄の出先機関である沖縄防衛局職員の姿はあまり目に付かない。代わりに機動隊員や海上保安庁の海上保安官、民間の警備会社従業員らが組織の命を受け、反対派市民と対峙させられるようになった。この中には、沖縄以外の都府県警から派遣されている機動隊員も混じる。

 誤解を恐れずに言えば、彼らはみんな「土民軍」ということになる。その土民軍の1人が今回、対峙する市民を「土人」と言い放ったのだ。

 大阪府警から派遣された若い機動隊員はおそらく、沖縄が「本土」によって負わされてきた歴史的痛苦も安保政策の意味も基地問題の実情も十分把握していなかったのではないか。ただ上司に命じられた通り、任務を遂行していたはずだ。派遣を命じたのは、形式はともかく日本政府にほかならない。

安倍首相演説に起立して拍手する自民議員を報じた9月27日付沖縄タイムス

 辺野古や高江の工事を強行せよ、との官邸の意向は関係省庁に浸透している。地元世論に配意し、反対派市民の排除命令を現場に徹底できず更迭される幹部官僚もいれば、弾圧姿勢を貫き官邸の覚えがめでたい幹部官僚もいる。後者はキャリア官僚として出世の道が約束される。ある政府関係者はこう打ち明けた。

 「反対する市民を弾圧できない官僚は容赦なく吹き飛ばすのが、今の官邸流人事です」
権力機関は絶対的なたて社会、階級社会で構築されている。14年5月の内閣人事局発足後、官僚人事は官邸が完全掌握するようになっている。

 われわれは末端の役人だけを見るのではなく、本質を見極めなければならない。

 すべての住民に歓迎される国策というのはないのかもしれない。しかし、権力の中枢に近い人たちが決めた国策が不条理なゆがんだものであればあるほど、現場の摩擦は大きくなり、その尻ぬぐいは地元の住民と末端の役人が負わされることになる。

 9月26日の所信表明演説で安倍晋三首相は、安全保障環境の変化や高江のヘリパッド移設にも言及した上で、こう訴えた。

 「現場では夜を徹し、今この瞬間も海上保安庁、警察、自衛隊の諸君が任務に当たっている。今この場所から、心からの敬意を表そうではありませんか」

 安倍首相に促された自民党議員は一斉に立ち上がって手をたたき続け、約10秒間、演説が中断した。この異様さは、「起立」と「拍手」だけによるのではない。国家や為政者に忠誠を尽くす立場の特定の職業従事者に絞って首相自らが喝采を送り、周囲にも同調を促す、というのは「自己翼賛」ともいえる異様な構図だ。これは自画自賛ではないのか。にもかかわらず、演説内容に異論をはさむ余地はない、というのが日本本土社会の常識的受け止めになっているが、本当にそれでいいのか。

 国会での安倍首相の振る舞いも松井・大阪府知事の見解も、高江や辺野古で抗議活動する市民に対峙させる任務を機動隊員らに付与することへの躊躇や苦渋は微塵も感じられない。それは、彼らにとって国の政策に従わない者は、明確に「敵」と識別されているからではないか。

 その感覚は正常と言えるのか。

 「国民」を分断する政権の沖縄政策は「国益」や「安全保障政策」の観点から本当に有益といえるのか。日本本土の「国民」は今一度立ち止まって真剣に考えなければならない。

 しかし、沖縄で起きていることにあまりに鈍感な本土社会では、「土人発言」をきっかけに、沖縄の歴史に思いを馳(は)せ、現在も続く「過重な基地負担」という差別と不条理に向き合おうとする動きが活発化する期待はもてない。これが日本社会の現実だ。

 同じ時代に、同じ価値観を共有する社会に属しながら、大半の日本人は、沖縄を見放している、という自覚もないまま沖縄を追い込んでいる。日本人が沖縄を見放すことによって、実は日本人が沖縄の人々から見放されつつある。そんな気がしてならない。

                                                 ☆

またしても沖縄タイムスが自爆記事。

>都内の地下鉄でこの中吊り広告を目にしたとき、筆者は腐った食べ物を無理矢理口に放り込まれたような吐き気をもよおした

腐った食べ物とは、沖縄2紙が捏造したデタラメ記事のこと。

そのデタラメ記事を地下鉄の中吊り広告で、万人監視のなかで見せられた渡邊豪氏は、吐き気を催した。

自分たちが必死で隠蔽していた事実を暴露され、吐き気を催したのでは?

きっと図星を指されると吐き気を催す体質なのだろう。(爆)

これまでのように週刊誌の記事だけだったら、「週刊誌はデタラメ」などと言い逃れただろう。

だが、今回の場合「ノーカット版動画」が、すべての弁解を粉砕してくれている。

渡辺氏も是非下記動画をご覧の上、長年染み付いた「捏造体質」を吐き気だけでなく、思いっきり吐き出して欲しい。

【ノーカット配信】沖縄ヘリパッド移設反対派リーダーが逮捕~これが暴力行為の決定的証拠だ!【ザ・ファクト】

           ☆

 

【土人発言】元沖タイ記者「吐き気を催す新潮の中吊り広告で“土民軍”というフレーズを思い出した」(沖縄タイムス)

 
1: 稲妻レッグラリアット(茨城県)@\(^o^)/ [US] 2016/11/06(日) 17:40:13.52 ID:63GZF5CN0 BE:844481327-PLT(12345) ポイント特典
「土人」VS「土民軍」の背景にあるもの

沖縄の人々の心奥に刻印されたであろう、東村高江のヘリパッド建設に抗議活動する市民に向けた10月18日の大阪府警機動隊員の「土人発言」は、在京メディアでは既に過去のことにされつつある。
本土社会は、この発言を単に「特異な事例」として受け流そうとしているのではない。事態はより深刻かつ醜悪だ。

大阪府の松井一郎知事は発言翌日、自身のツイッターに

「ネットでの映像を見ましたが、表現が不適切だとしても、大阪府警の警官が一生懸命命令に従い職務を遂行していたのがわかりました。出張ご苦労様」

と労うようなニュアンスを含む感想を投稿。記者会見では「混乱を引き起こしているのはどちらか」と抗議する市民の側にも非があるような見方を示した。
一部メディアやネットはこれに沿う形で、「どっちもどっち」の論を展開した。

極め付けは、以下の広告見出しで記事を特集した主要週刊誌だ。

 「なぜ土人発言だけが報道されるのか?沖縄ヘリパッド『反対派』の『無法地帯』現場レポート」

正直に告白すれば、都内の地下鉄でこの中吊り広告を目にしたとき、筆者は腐った食べ物を無理矢理口に放り込まれたような吐き気をもよおした。
刺激的でインパクトのある見出しを並べたこうした「報道」は、沖縄に興味や関心のない首都圏の人々の注意も引くだろう。
中吊り広告だけを見て、「なるほど、そういうことなのか」と得心したような気になる人も少なくないのではないか。
そんなことを考えながら、筆者も無意識のうちに「なぜ土人発言だけが報道されるのか」という見出しの文字を反すうしていた。
そして、あるフレーズを思い出した。

「土民軍」という言葉だ。
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/69899
※ 参考 新潮の中吊り広告 
CvsIpKqUMAEntpS


【関連記事】

【新潮砲】「なぜ “土人”発言だけ報道?沖縄ヘリパッド『反対派』の『無法地帯』現場レポート」暴言一覧、違法検問、地元の声... 大特集キタ━━━(゚∀゚)━━━!!


 



5: カーフブランディング(岡山県)@\(^o^)/ [US] 2016/11/06(日) 17:45:15.19 ID:PhmibTKA0
お前らの吐く言葉が腐ってるよ

11: 不知火(空)@\(^o^)/ [US] 2016/11/06(日) 17:48:46.57 ID:jNBYyh6O0
土民軍?
そんな良いものじゃ無いだろ

13: 栓抜き攻撃(東京都)@\(^o^)/ [US] 2016/11/06(日) 17:49:55.03 ID:pZ05TDpE0
よほど都合が悪いんだなw

94: クロイツラス(庭)@\(^o^)/ [US] 2016/11/06(日) 19:32:30.49 ID:8Lg85MWy0
>実は日本人が沖縄の人々から見放されつつある。そんな気がしてならない。 

何様だ糞土人

98: マスク剥ぎ(沖縄県)@\(^o^)/ [GB] 2016/11/06(日) 19:38:03.13 ID:hJuvrp3V0
>>94 
見放してねーよ、というよりお前の記事すら知らん 
実に偉そうな野郎だなw

17: グロリア(福岡県)@\(^o^)/ [US] 2016/11/06(日) 17:51:16.43 ID:J9UDk9mo0
腐れナイチャーという差別用語は全力でスルー
【関連記事】

【沖サヨブーメラン】琉球新報が「腐れヤマト」と差別表現 2013年に紙面に掲載していたことが判明




22: 男色ドライバー(神奈川県)@\(^o^)/ [CN] 2016/11/06(日) 17:53:06.26 ID:gMXuov5Z0
【動画】https://www.youtube.com/watch?v=I6XufDKN6Wc
THE FACTによる高江取材に圧力をかける本土から来たチンピラども

105: エルボードロップ(京都府)@\(^o^)/ [CN] 2016/11/06(日) 19:49:28.74 ID:Dn+aNb/t0
>>22
こういうの一発でどんな記事もアホがぶつぶつ言ってるだけになっちゃうのが素敵な時代やね

今の時代は個人がだれでもゲッベルスになれるんやで、新聞記者はん

57: 腕ひしぎ十字固め(庭)@\(^o^)/ [CN] 2016/11/06(日) 18:20:32.37 ID:WY62k7z90
ごく一般人もあの映像見たら反対派って暴力団?て思うわな。

23: キングコングラリアット(庭)@\(^o^)/ [US] 2016/11/06(日) 17:53:16.23 ID:QWHkRqP/0
報道されたら困るようなことやってんのか?
だったらパヨク土人だろ

25: ジャンピングパワーボム(神奈川県)@\(^o^)/ [ヌコ] 2016/11/06(日) 17:53:56.74 ID:dqrTC1co0
恨み辛みワロタ

27: クロイツラス(京都府)@\(^o^)/ [RU] 2016/11/06(日) 17:54:41.46 ID:8tcB2KnC0
マジで年がら年中こんな60年代のアジビラみたいな内容なのこの新聞?

36: 目潰し(庭)@\(^o^)/ [ニダ] 2016/11/06(日) 17:59:14.33 ID:LNpcYIF+0
無駄に長すぎ
たいした事がないものを大袈裟にしようと
必死にこねくり回した感がすごい

39: 魔神風車固め(dion軍)@\(^o^)/ [NL] 2016/11/06(日) 18:01:33.00 ID:SFb1lr8N0
こいつら吐き気だの目まいだの動悸だの息切れだの都合悪いもの見るとすぐ体調崩すんだなww
いちいち健康状態報告しないでいいよ誰も興味ないから

44: ジャンピングエルボーアタック(東京都)@\(^o^)/ [EU] 2016/11/06(日) 18:08:01.20 ID:Lfktsmna0
プロ市民の品性下劣さを報じることがそんなに都合悪いの?
嫁さん犯すだの言われたらね、公務員だって我慢できんよ
でも我慢せにゃならんから手出しはされない
そこに漬け込んで悪口雑言三昧に暴行まで加える
そんなクズどもかばって何したいんだよお前は

49: キングコングニードロップ(大阪府)@\(^o^)/ [US] 2016/11/06(日) 18:10:58.57 ID:5QVpR17Y0
各種マスメディアも知ってるんだけどなぜか沈黙
NHKなんて特派員も行かせない

58: ファイヤーボールスプラッシュ(やわらか銀行)@\(^o^)/ [ニダ] 2016/11/06(日) 18:22:01.93 ID:25RwKoXf0
このライター偉そうなこと言ってるけどさ

絶対週刊新潮のこの号読んでないな

65: フェイスロック(中部地方)@\(^o^)/ [CN] 2016/11/06(日) 18:41:38.00 ID:kJp1c7Zv0
だから何で一方しか報道しないの?

とっとと説明しろよ左翼記者さんよ

69: ミッドナイトエクスプレス(茸)@\(^o^)/ [AU] 2016/11/06(日) 18:48:05.11 ID:NxZbU0WC0
被害者ぶってんなカス

80: テキサスクローバーホールド(大阪府)@\(^o^)/ [DE] 2016/11/06(日) 19:11:31.64 ID:HqgmvlUe0
報道しない自由
日本のマスコミは腐っているよ
都合の悪いことは報道しない
公平性もない

73: スパイダージャーマン(チベット自治区)@\(^o^)/ [US] 2016/11/06(日) 18:53:49.28 ID:ccgeHS920
沖縄ヘリパッド『反対派』の暴言・道路封鎖等 
現場レポートも報道しないのは報道機関として
片手落ちじゃね?

72: ラ ケブラーダ(チベット自治区)@\(^o^)/ [US] 2016/11/06(日) 18:51:11.82 ID:gVDMPqoY0
軽蔑されたくなければ反対派は自省して風紀を整えろよ
アホな事ばっかりやってるから誰も同調どころか同情すらせん

75: ジャンピングパワーボム(禿)@\(^o^)/ [US] 2016/11/06(日) 19:01:13.67 ID:/oDcy4Gh0
結局活動家の暴言暴力は否定出来ないのな

104: 垂直落下式DDT(茸)@\(^o^)/ [US] 2016/11/06(日) 19:48:36.89 ID:Qdq7PI2e0
被害者根性ばっかりだからうんざり
それで過激なことやって自分達は悪くないって主張すれば土人て言われるのは当たり前だろ

108: 頭突き(やわらか銀行)@\(^o^)/ [US] 2016/11/06(日) 20:00:06.87 ID:hRgVSau/0
違法行為が横行して禁止されてる外国人の政治活動を追認してる事を
沖縄タイムスはどう考えてんの?

引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/news/1478421613/


よろしかったら人気blogランキングへクリックお願いします。

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 違反切符に、「弾圧だ!弁護... | トップ | 機動隊員「土人」発言報道、... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ウチナー鬼女)
2016-11-07 06:28:38

何か、必死で「ネットデマ」伝説を信じ込まされている人々がいるらしいですが、ネットの「産経ニュース」は、リアルでは「産経新聞」として紙媒体で発信しとりますがな。
因みに名桜大学って、シールズ琉球の玉城愛さんの大学だったかと。つくづく、トホホな人々だなぁorz
以下、 産経ニュース抜粋です。 安波区長の正論と「反対派」の矛盾&「ゾンビ政治家」のおまけつきです。高江を通して、沖縄の現状と問題点が見事に浮かび上がった記事だと思いました。

産経ニュース
通行妨害、農地荒らし…反対派の不法行為に地元住民は怒り心頭だった 「農民イジメはもうやめて!」
沖縄反基地闘争ルポ2016.11.6 20:13

~略~安波区の比嘉俊夫区長(68)はこう怒りをぶちまけた。
 「どこのウマの骨か分からん人が勝手に『地域の人のため』とかいってやってる。国が強引に工事を進めているのは、地元が賛成しているからですよ」

■「自然保護」主張しながら環境破壊とは…

 活動家らが工事に反対する名目の1つは自然保護だが、活動には矛盾がつきまとう。不法侵入時にはノコギリや剪定ばさみを持ち込み、木や下草を伐採してルートを確保。防衛省が生態系を保護するためヘリパッド周辺に移植した琉球竹も、活動家に踏み荒らされて枯れてしまったという。

~略~

■「これではアメリカからバカにされるよ」

 反対派は米海兵隊の垂直離着陸機オスプレイMV22がヘリパッドを利用することを問題視しているが、地元住民の間ではオスプレイや米軍基地に対する感情は決して悪くない。国頭村安波区の比嘉区長はこう語気を強める。

 「オスプレイが飛ぶことは国家を守るために当たり前じゃないですか。若い者が犠牲にもならんで『平和、平和』って騒いで、日本人はアメリカからバカにされるよ」

~略~
地元住民の不満は、地元紙にも向けられている。比嘉氏は「琉球新報や沖縄タイムスには話をしたけど、地元の意見は紙面に反映されていない」と憤り、サービス業の女性も「新報、タイムスは『反対、反対』と一方的な書き方しかしない」と話す。

~略~
10月28日には自民党県議団が、反対派が警察官に「お前ら人殺しの子供は人殺しだ」などと暴言をぶつけているとして、防止措置を求める意見書を提出した。

 しかし、反対派はどこ吹く風。訓練場メーンゲート前で開かれた今月5日の集会では、平良昭一県議(会派・おきなわ)がマイクを握り、「自民党はネット右翼の表現を議場で延々と語り続けた」と切って捨て、集会参加者から拍手を浴びた。

 「悪を取り締まるために警察官になったんでしょ。善人を取り締まってどうするんだ!」

 5日にダンプカーの訓練場搬入を阻止しようとした反対派の男性は、機動隊員にこう詰め寄った。自分たちは善人で、工事を進める人は悪人-。そう信じて疑わない活動家の耳には、地元住民の怒りの声は届かぬようだ。

以上抜粋引用終わり

誰だよ、こんなの選んだの(ノ-_-)ノ~┻━┻
Unknown (東子)
2016-11-07 07:45:56
>都内の地下鉄でこの中吊り広告を目にしたとき、筆者は腐った食べ物を無理矢理口に放り込まれたような吐き気をもよおした。

“正直に告白すれば”、この記事を読んだとき、「土人」発言をネタに、自著の「日本はなぜ米軍をもてなすのか」 の宣伝のようで、“誤解を恐れずに言えば”、そこまで「土人」発言を利用するのかと、“腐った食べ物を無理矢理口に放り込まれたような吐き気をもよおした”。
Unknown (東子)
2016-11-07 07:48:07
「高江区に財政支援:「被害の補償は当然」」「容認ではない」 2016年11月7日 05:00」
高江ヘリパッド 東村 米軍北部訓練場
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/69962

建設に同意するなら再編交付金
→賛成反対から離れて、建設による被害があるなら補償しましよ。

SACO合意は、沖縄全体から見れば、基地面積の縮小、基地負担の軽減だが、局所的に負担が発生する可能性あり。
その場合は、個別対応しましょう。
これが本来のSACO合意の推進の仕方でしょう。

従来の「施設が出来て金もらう」と、何処が違うのかというと、「賛成反対から離れて」というところだ。
従来は、「苦渋の選択」だろうが、「条件付き」だろうが、地元は一応「賛成」することが必要だった。
これからは、「反対」でも、実質造らせるなら、その施設から出る被害は補償しましょう、というのだ。
政府にすれば、地元の賛成はあればそれに越した事はないが、ぶっちゃけ無くても施設が出来れば良い。
「基地=戦争=悪」の空気の中、「基地=戦争=悪」でもないのにと思っても言い出しにくいので、勢い「基地=戦争=悪」の声の方が大きくなって、建設頓挫、地元は金入らずインフラ整備進まず。
そこに、東村高江は、風穴を開けてくれた。
これからは「反対」でも施設を造らせれば、地元のインフラ整備が進むモデルが出来た。

こうなると、「反対」の中で残るのは、心の底から「基地=戦争=悪」と考えている人達だけ。
「基地=戦争=悪」を方便に使ってきた人達は、方便不要になる。

沖縄の空気は「基地=戦争=悪」と書いたが、案外「基地=戦争=悪」と考えているのは、基地が身近になくて基地を観念的に考えている本土の連中ではないか。
沖縄の「基地=戦争=悪」を後押しているつもりの基地を観念的に考えている連中だと、思う。

「賛成反対から離れて」になれば、「金で沖縄を分断するのか(怒」は、使えなくなる。
「基地建設」は、人質でなくなる。

ヘリパッド建設容認をはっきり掲げて、非難を一手に引き受けて、こういう道筋をつけてくれた東村の伊集村長に感謝しても感謝しきれない。
Unknown (東子)
2016-11-07 07:49:18
「高江区に財政支援:「被害の補償は当然」」「容認ではない」 2016年11月7日 05:00」
高江ヘリパッド 東村 米軍北部訓練場
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/69962


>ヘリパッド建設現場へ約10年間行き、抗議の声を上げてきた女性(52)も理解を示す。
>「これまで騒音や事故のリスクに耐えてきた区民のことを考えれば、反対とは言い切れない」。

抗議の声を上げてきた女性(52)が、タイムスに「あんな記事を書かれては反対する人々が活動しにくくなる」とクレームを入れた石原岳氏の奥様の石原理絵氏だと、うれしいな。


心配するのは、

「 ヘリパッド移設工事 建設差し止め求め住民提訴 那覇地裁 2016年9月21日 12時23分(最終更新 9月21日 13時28分)」
http://mainichi.jp/articles/20160921/k00/00e/040/233000c

工事が差し止まり、ヘリパッドが使われなくなると、「騒音や事故のリスク」が無くなってしまう。
それでは、高江区に被害補償は来ない。
たしか、石原理絵氏は、提訴した高江の31人の一人。
取り下げするのかしら。



【参考】
「高江、徐行運転の女性を拘束 同乗者「地面に押さえ付け手錠」 2016年9月6日 15:42」
高江 ヘリパッド 抗議 徐行運転 警察 拘束
http://ryukyushimpo.jp/photo/entry-351725.html

>現場で抗議行動をしていた石原理絵さん(52)=東村高江区=


「やんばるの森に囲まれた東村高江で私たちは暮らしています 石原岳」
http://magazine9.jp/2013sanin/ishihara.php

>以前は沖縄県の県庁所在地である那覇市に住んでいましたが、家族と田舎で住みたいという気持ちから2006年3月より東村高江区に移住しました。
>ちょうど高江に引っ越した頃に米軍基地ヘリパッド建設問題が、もちあがりました。
>2007年、暑い夏のさなかに住民に対する説明や話し合いもなくヘリパッド工事は唐突に始まりました。
>しかし実際に座り込み行動に動けたのは高江 区の中でも比較的若い年代の5世帯だけでした。
>それまで市民運動や住民運動をした経験もないので、その少人数で試行錯誤しながら「話し合いの場を作りましょう」「説明もなく工事を進めることはやめてください」と呼びかけ、沖縄防衛局職員や作業員とぶつかることはとても大変なことでした。
>2007年7月からはじまったヘリパッド建設に反対する座り込み行動はやがて7年目(東子注:2013年当時)を迎えます。
Unknown (東子)
2016-11-07 07:49:41
「東村高江区、政府の財政支援受け入れ 「被害補償」で全員一致 2016年11月7日 05:00」
高江ヘリパッド 東村
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/69960

>ヘリパッド工事を年内にも完成させようとする政府は10月初旬までに、東村から高江区への財政支援の要望を受け、支援する方針を固めていた。

10月初旬に菅官房長官が訪れた、あの時ね。


>東村によると、高江区への財政支援は「(仮)高江基金」として、村が金銭を管理する方向で調整が進められている。

「(仮)高江基金」wwww
辺野古基金は、反対運動の資金。
高江基金は、高江の発展のための資金。



【参考】
「菅官房長官が来県 金武町長、宜野座村長と会談 2016年10月8日 14:01」
菅 官房長官 高江 金武 宜野座
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-372194.html

>【北部】
>當眞宜野座村長は米軍ヘリの訓練について触れ「低空飛行や騒音について村民から苦情が上がっている。飛行ルートに関し、住民への配慮をしてほしい」と要望した。
>伊集盛久東村長や同村の仲嶺久美子高江区長

運用について要望も、水面下で具体化していることでしょう。
Unknown (東子)
2016-11-07 07:50:59
「高江区に財政支援:識者「住民を分断」「補助おかしい」 2016年11月7日 05:00」
高江ヘリパッド 東村 補助金
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/69961

>県内の識者らは「基地押し付けのための国策だ」と、政府のやり方を批判した。

出ました! 「分断」。

存外、「基地=戦争=悪」と考えているのは、基地が身近になくて基地を観念的に考えている連中ではないか。
「賛成反対から離れて」になれば、「金で沖縄を分断するのか(怒」は、使えなくなる。
「基地建設」は、人質でなくなる。


>沖縄大学の仲地博学長は「高江区は迷惑料として受け入れるのであり、基地容認とは言っていない」と前置きした上で「国が正面から住民を説得できなくなり、金と権力を使って県民を分断しようとする悪い政策だ」と批判した。

従来の「賛成」が必要な金なら「金で転んだ、転ばせた」を使えるが、「基地容認とは言っていない」と入れなくてはならない辺りに、「賛成反対を離れて」の効果が出ている。
だが、不意打ちの発表で理論構築できていないので「金と権力を使って県民を分断しようとする悪い政策だ」の繰り返し。


>元沖縄総合事務局調整官で、沖大・沖国大特別研究員の宮田裕さん(73)は「地域の課題などを踏まえて措置される補助金の、本来あるべき姿と異なる」として政府の対応をけん制した。
>「かつての『見返り策』だってうまくいってない」として、基地に絡む補助金について改めて考えるべきだと訴えた。
「金をやるから受け入れろ」は、金で転ばすことなので、これこそ、本来の補助金の使い方ではない。
もともと再編交付金等は、受け入れた結果の被害に対して補償する意味があったのに、「(政府に)金で沖縄の心を買うのか!」「(賛成する人に)金が欲しいのか。利権絡みか!」と非難して、金が欲しいのに基地受け入れと言えない自縄自縛を作り上げて、補助金の意味を歪めてきた沖縄。
その結果、「苦渋の選択で受け入れ→補助金を貰う」見返り策になっていった。

高江のモデルで、やっと本来の補助金の姿に戻ったと考える。
Unknown (東子)
2016-11-07 08:12:23
「翁長知事が陸自に謝意 急患空輸9000回で 2016年11月4日 08:01」
医療・健康 翁長雄志 離島医療 離島県 救急搬送 自衛隊
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/69591

1月も前のことを今頃……。
「緊急患者空輸9000回達成 ~美ら島の尊い命を繋ぐ~ 2016年10月5日」
https://www.facebook.com/jgsdf.okinawa/posts/310102742696606

>第15旅団は、平成28年10月4日(火)22時39分 航空自衛隊那覇基地において緊急患者空輸9000回目の任務を完遂しました。


「不発弾処理3万5千回以上任務実施に対する内閣総理大臣特別賞状受賞 2016年10月25日」
https://www.facebook.com/jgsdf.okinawa/posts/321439851562895

>第101不発弾処理隊は、平成28年10月23日(日)、朝露駐屯地で開催された中央観閲式において、「昭和47年の部隊創設以来、沖縄県内における不発弾処理のため、3万5千回以上出動し、1700トンを超える不発弾を無事故で処理した功績」により、安倍総理大臣より内閣総理大臣特別賞を受賞しました。

不発弾処理のお礼は?
日本軍憎しだから、こちらはお礼無しか?

不発弾処理をしている自衛員は、日本軍の生き残りでも何でもないんだぞ(怒


>受賞後、第101不発弾処理隊長は「引き続き、安全・確実な不発弾処理に万全を期し、県民の安全・安心に寄与していきます。」と決意を述べました。

危険と隣合わせの作業で、「県民の安全・安心に寄与していきます」に感謝と尊敬。


タイムス無料電子版に「不発弾処理 内閣総理大臣特別賞状受賞」の記事は、ない。
Unknown (amai yookan)
2016-11-07 11:14:18

>Unknown (東子)さん
2016-11-07 07:49:18

>>「高江区に財政支援:「被害の補償は当然」」「容認ではない」 2016年11月7日 05:00」
高江ヘリパッド 東村 米軍北部訓練場
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/69962


>>ヘリパッド建設現場へ約10年間行き、抗議の声を上げてきた女性(52)も理解を示す。
>「これまで騒音や事故のリスクに耐えてきた区民のことを考えれば、反対とは言い切れない」。

・・・以下省略・・・


------------------------------------------

「高江区に財政支援:「被害の補償は当然」」「容認ではない」 ・・・

         ↑    ↑    ↑

これって、「サヨク・反対派からの被害の保障」って、方が正解で・実態だと思うのだが・・・


N1やN4ヘリパットは、高江集落から、1・5km近くも離れているよーだし、そんなに騒音は、大きいのだろーか?

那覇空港の「エンジン調整音」のほうが、近くてデカイ気がするが・・・?



  

コメントを投稿

高江ヘリパッド」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
マスコミ特権をはく奪せよ 非情さを以てマスコミを扱うべきだ (祖 国 創 生)
本稿では、マスコミに対し、日頃思っていることを述べさせていただく。 産経記者は、自民党執行部に対して、おごれる若手議員を切り捨てるべきだとしている。||||||||||||||||||||||||......