狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

沖縄県民集会、言論・表現・報道の自由を守る?

2015-07-05 07:11:49 | マスコミ批判

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 「狼」の画像検索結果

 お願い

人気ブログランキングの投票が分散されるのを防ぐため、次のバナーをクリックをお願いします。

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
 

百田発言を攻撃することは、それ自体が言論弾圧になると悟った沖縄タイムス。 

発狂の対象を百田発言から「報道圧力」にすり替えた。

それに「戦争への道」「民主主義を揺るがす」などと百田発言とは関係のない尾ひれを付ける。

そして本日も大発狂である。

合計5面に及ぶ発狂見出しをすべて網羅するのは、朝っぱらから疲れを催す。

そこで一部のみ抜粋して紹介する。

■一面トップ

言論抑圧 戦争への道

民主主義「揺るがす」

抗議集会 基地誤認を批判

感情的歴史観 知の劣化

「つぶせ」戦時以下

 ■二面~三面トップは省略

■社会面トップ

政権の圧力屈しない

県民集会 発言撤回の決議

■第二社会面トップ

沖縄の新聞県民の声反映

本紙記者ら都内講演

言論・表現・報道の自由を守る沖縄県民集会
沖縄タイムス 2015年7月4日 21:46 報道圧力問題  
 
 自民党若手国会議員と作家の百田尚樹氏による報道圧力や米軍普天間飛行場の成り立ちなどをめぐる事実誤認の発言を受け、県議会与党5会派などが主催する「言論の弾圧と沖縄歴史歪曲わいきょくを許さない!言論・表現・報道の自由を守る沖縄県民集会」が4日、那覇市の自治会館で開かれた。450人(主催者発表)が安倍晋三自民党総裁(首相)らに発言の撤回と県民への謝罪を求める決議文を採択した。
                ☆

沖縄2紙が「民意」を作り上げるための行事のようなもの(常套手段)があるので列記する。

1)号外発行

2)発狂見出しで

3)県議会で抗議決議

4)抗議のための「県民大会」開催

この一連の動きで沖縄の民意は沖縄2紙の意に沿う「民意」に作り変えられていく。

沖縄2紙が「偏向している」などと批判されると、「民意の反映である」と強弁する。

例えば第二社会面の大見出し「沖縄の新聞県民の声反映」がそれだ。

これは大嘘である。

民間人の新聞批判にすぎない百田氏の発言を「報道圧力」にすり替えるのと同じ手口だ。

沖縄2紙は「民意の反映」ではなく新聞自ら「民意を作る」という証拠が、昨年の沖縄知事選の捏造報道である。

民主主義「揺るがす」

この見出しの文言をそっくり沖縄タイムスにお返しする。

沖縄の民主主義を破壊しているのは、沖縄2紙ではないか。

議会制民主主義の基本は言論の自由と公正な選挙にある。

報道の自由を盾に、捏造報道の乱発で有権者の知る権利を奪う沖縄2紙こそ民主主義を「揺るがす」どころか破壊している張本人ではないのか。

今回の百田騒動では号外こそ出さなかったようだが、上記の「常套手段」に加えて二紙の編集局長が外交人記者協会で記者会見をするという大盤振る舞いである。

ご本人たちは歌舞伎の千両役者のつもりで大見得を切った。

だが、在京メディアは、沖縄2紙が新聞の名に値しない捏造新聞(仲井真前知事によると特定団体のコマーシャルペーパー)であることにはひと言も触れず、すべてのメディアに対する報道圧力にすり替えたことに気がついた。

そうして急速に興味を失った。

そりゃそうだろう。

百田氏は、沖縄2紙の他に朝日新聞や東京新聞も潰れてほしいと本気で公言したので、これらの悪質な捏造新聞と同列にされるのは迷惑と考えたのだろう。

その結果がこれだ。

沖縄2紙会見の扱い、在京紙で濃淡 東京のみ1面(2015年7月4日 09:04)

濃淡ではなく、東京新聞以外は興味を失ったのですよ!

 【おまけ】

翁長氏のスピーチには耳には聞こえがよいが、様々な嘘にまみれている。

その中で「沖縄は自ら基地を提供したことは一度もない」と繰り返している。

県議会で自民党県議にこの点を追及され、意味不明な答弁に終始したが、沖縄2紙は翁長知事の醜態を報道しなかった。 これなども県民の知る権利を奪う捏造報道の類である。

自衛隊OBの奥茂治さんの関連コメントをFBから拾って紹介する。


     奥 茂治
7月3日 21:22
 
 
沖翁長知事は「沖縄は自ら基地を提供したことは一度もない」と公言していますが本当にそうでしょうか?


 現在、開催中の県議会で自民党議員数名から次の事が質問されました!
※ 質問:キャンプシュワーブはちゃんと契約したんじゃーないですか?
  答弁:米軍から契約しないと強制執行して取り上げるよと脅され契約した!かっての太田知事のような苦しい言い逃れで何とか逃げています。


 私が詳細を調べたところ。
   本当はどうでしょうか?全ての基地が戦後強制接収されて建設されたのでしょうか。

 
※ 確かに宜野湾市伊佐浜のように約3000個の住宅が集団移転を余儀なくされた場所もある事は確かです。


   しかしキャンプシュワーブのように地主から積極的に要望されて基地になった所もあります、ですから翁長知事の言う「一つもない」は間違いです。


解説しますと
 1956年12月20日の琉球新報
久志村辺野古一帯を新規接収・単純封土権を設定・村長を代理人として契約、特例なケース


 1956年12月22日の琉球新報
久志村辺野古一帯の新規接収・関係地主が同意・近く比嘉敬浩村長と米政府契約
 村民の意志に従う!これまでの経緯・比嘉村長の説明


①1955年1月28日久志岳を中心とする山林地帯で空陸の実弾射撃訓練を行 うとの通告が村に届けられた。
②直ちに緊急村会を招集して、その阻止を陳情した。陳情を受け入れて演 習は中止された。
③1955年7月8日比嘉村長はモアー副長官に呼ばれライカムで村内の軍用地接収予定地の予告を受けた。
 該当土地の測量の部分は割愛してます。
④地主もはじめは測量にも反対していたが基地を持つ事で村民の経済生活 がよくなるだろうという事で次第に協力に傾いてきた。
比嘉村長の話:村当局が反対し村有地が強制収用を受け、他の地主の権利まで侵害された場合に村当局が賠償の責任を取るかとの意見まで出るに至ったので村長として村有地を軍用地として賃貸する事に同意した。久志は地理的に辺鄙な所であらゆる面で特に経済面で他町村に劣るが米軍基地を持つことで経済面の発展を期し得る事、同時に住民の福祉と共に今まで収入皆無だった村有山林15万坪賃貸料で村財政をうるおす事になる。久志村が賃貸契約をやる事は相当に勇気を要したが私は村長として常に村民の利益と幸福を念願しており村民の意志を尊重し村民の福祉の為に取るこの措置に各方面から批判を受けるのは覚悟の上である。


※ 12月23日の琉球新報では・明日各派交渉会・地主の態度に表情は複雑とある立法院の議会で契約をしないように問題にするつもりだったが地主の意向が固く苦慮したようである。
※1956年12月29日の琉球新報では:村長ら遂に契約・一年分の賃貸料と補償金受領とある。
 これでも米軍用地は強制的に収用されたのでしょうか?

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 弁護士が日弁連を提訴!「政... | トップ | メディアが看過する報道の「... »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2015-07-05 07:35:11
針小棒大も甚だしいこのフレーズは、しかしながら今では基地の成り立ちについての常識になっております。
そこで、私は以下の5点について、県議会で質問しました。

U+2460 銃剣とブルドーザーで接収された、と言われる土地はどこか。
U+2461 その具体的な場所・面積及びその割合、また現在も使用されている場所とその割合。
U+2462 沖縄県民が進んで土地を提供し、基地を誘致した場所とその面積
U+2463 返還された軍用地を、自ら再提供した土地の場所と面積
U+2464 大田元知事が在職中に提供した土地の場所と面積
U+2465 U+2462~U+2465の、積極的に提供・誘致した基地の面積及び全体に占める割合
その答えは、以下の通りです。(知事公室長答弁)
Unknown (Unknown)
2015-07-05 07:38:06
刊行物などによりますと、「辺野古誌」(辺野古区事務所発行)では、昭和31年にキャンプ・シュワブの建設のため、久志村辺野古一帯を新規に村長自らが提供した際、同意した事例として、約254ヘクタール、さらに「金武町と基地」(金武町発行)では、昭和32年に金武村において、新規提供800ヘクタール余を受け入れたとされております。

大田元知事が在職していた平成2年12月10日から平成10年12月9日の間に追加提供された米軍施設の面積は、嘉手納弾薬庫地区、嘉手納飛行場、ホワイト・ビーチ地区の3施設、合計約1.6ヘクタールとなっております。
Unknown (Unknown)
2015-07-05 07:38:36
先に答弁しましたように、提供・誘致した面積が約1千54ヘクタール、再提供された面積が約23.8ヘクタール、大田元知事在職中に追加提供された面積が約1.6ヘクタールとなっており、合計すると1千79ヘクタールで、現在の米軍基地面積の約4.6%に相当します。
tp://toruodo.ti-da.net/e1364635.html
Unknown (東子)
2015-07-05 09:18:31
日本人はお上品だから、相手が、「まず、自分のどこかが悪かったに違いない」と思う。
相手を怒らせる心当たりが無くても、怒っているのだから、どこか自分の気づかない言動で相手を怒らせたと思う。

だから、まず、沖縄は怒って見せる。
すると、加害者に仕立てられた方は、一方的に謝る構図になる。
まあ、こうやって沖縄は被害者面して、一方的に沖縄県外の人を責めてきた。

が、洗脳から解けちゃったのよぉ。
沖縄県民を洗脳するのと同じ手口で、全国民を洗脳しようとしたけど、それが返って仇になったわね。
勉強嫌いな沖縄県民と違って、沖縄県以外の県民は、勉強家が多いの。
「あれ?」と思ったら、調べるの。

本当に沖縄は、被害だけ被っているか?
被害を被っているとしても、沖縄県外で発生している被害とどこが違う?(同じでないか?)
沖縄の主張に矛盾(ダブスタ)はないか?
誇張はないか?
捏造はないか?
隠蔽はないか?

ネットの何百万という目に晒されても、「矛盾(ダブスタ)」「誇張」「捏造」「隠蔽」が“ない”なら、これらの検証に耐えるでしょう。
しかし、“ある”なら、真実さえも信じてもらえなくなるわ。
狼少年が、最後、真実を言っても信じてもらえなかったように。
Unknown (東子)
2015-07-05 09:19:06
今日のおまゆう記事。

「<社説>安倍首相謝罪 「異論排除」の体質改めよ 2015年7月5日」
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-245289-storytopic-11.html

「異論排除」の体質改めよ、そっくり新報にお返しします。
まず、上原正念氏の「パンドラ訴訟」を記事にしてから、言いましょう。



「<社説>「骨太方針」 儲からない構造の転換を 2015年7月5日」
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-245287-storytopic-11.html

儲かる沖縄に構造改革しようとした仲井真前知事を落としておいて、よく言うわ。


>日本の借金は1千兆円を超え、GDP比で見ると、ギリシャを上回る。
>子や孫の世代に先送りは許されない。
>体質改善は急務だ。

えっと、ギリシャの国債の購入者と日本の国債の購入者の違いを知らないの?
その違いが、決定的に日本がギリシャにならない理由なんだけど。
新報の経済部も記者さん、社説氏に教えてあげて。

でね、もし「体質改善」して国債の償還に務めたら、沖縄への掴み交付金は、なくなるけど、いいの?
本日の沖縄タイムス投稿欄 (カウンター58)
2015-07-05 10:52:33

オピニオン面に一般投稿9本(児童生徒限定の「ぼくも私も」など除く)。

「自民の勉強会 国家主義恐れ」の神奈川県秦野市・松本宗堂さん(64)は6月6日に続いて今年2回目の掲載。
「沖縄の2紙を 購読者は応援」の豊見城市・大嶺よし子さん(70)は1月1、7、22日、2月2、23日、3月9、19、30日、4月9、22日、5月8、23日、6月7、23日に続き今年15回目の掲載。
「看過できない 『つぶす』発言」の那覇市・山内昌一さん(74)は2月18日、3月24日、4月9、22日、5月15、23日、6月7、24日に続き今年9回目の掲載。
「父の足跡探し 摩文仁を歩く」の恩納村・山内輝信さん(78)は2月10、25日、4月7日、5月18日に続き今年5回目の掲載。
「平和祈念公園 短冊に願いを」の豊見城市・上原兼治さん(65)は1月24日、4月19日、6月21日に続き今年4回目の掲載。
「百田氏の発言 沖縄への侮辱」の那覇市・松原英明さん(39)は5月10日に続き今年2回目の掲載。
「島尻議員は考え示して」の那覇市・昆野武裕さん(62)は5月9日に続き今年2回目の掲載。
「子育てへ助言 11・12日講演会」の那覇市・外間なるみさんは今年初掲載。
「教育事始の碑」の那覇市・大城立裕さん(89)は今年初掲載。

カギカッコは投稿欄における見出し。


論壇に登場の那覇市・昆野さんは、おととし11月に沖縄に移住したということだが、辺野古あたりで暴れるためかな?
仙台から来たと言ったら、「島尻((安伊子議員)のところだな」と睨みつけられたそうだが、普通の県民がそんなことをするはずはないから、過激派仲間になんか言われたということでしょ?



Unknown (宜野湾より)
2015-07-05 11:17:53
「一番の問題だと感じているのは、百田さんの言葉を引き出した自民党の国会議員だというふうに思っています」byタイムス武富氏@外国特派員協会

↑苦し紛れで草。
誰かの失言が出たらそれを引き出した記者が悪いということで。
発言情報を盗聴で得たことにその場の誰も触れなくてまた草。


酒気帯び自損事故を起こして名前が出る人もいれば、未成年者への淫行や通り魔殺人未遂事件で名前が出ずその説明もなかったり、新聞も日々何かしらの統制をやっているよね。
「時間がなかった」とか「スペースがなかった」は無しで、取捨選択の線引きの理由を毎回明らかにすればいいだけだがねぇ。

千載一遇のチャンスに何日もかけて発狂する一方で、そのネタが私的な会合を盗み聞きして得たものだってことへの自覚の片鱗すらいまだ1ミリも無いのは、盗聴を良しとするからだよね。
蓮舫によれば、マスコミは「第三の権力」
https://twitter.com/renho_sha/status/569261703872933888
らしいから、気弱な私らはガクブルだけどさw
タイムス・新報の記者やえらい人の私的な会話が聞かれて晒されるのもまた善しってことか。
Unknown (ブリンデン)
2015-07-05 13:57:08
いつもリードオンリーなのですが、本土の人間としては、なぜ、このような偏向報道を続ける新聞が沖縄県の読者に愛読されているのか(部数が激減しないのか)、その理由が良くわかりません。

それなりの発行部数を維持していることは、本土の人間から見ると「発狂新聞=沖縄の民意」に見えてしまいます。本当に残念です。
Unknown (Unknown)
2015-07-05 15:35:42
昨日のニュースでの高良の発言とタイムスに乗ってる高良の発言内容が若干違うんだよなぁ。確かに昨日のニュースでは『加工』ってワードがはいってたんですけどね。。。観た方いらっしゃいませんか?
宜野湾市長選 (ジェントル男爵)
2015-07-05 21:14:50
野党側の候補者選びが順調?に進んでる様子。

それはいいとして、同市選出の新垣県議が翁長知事に会って
オール沖縄路線を堅持していく話をしたみたいだけど、
「なんで翁長に聞く!?」というのが地元革新サイドの本音じゃないですか。

翁長知事は別にオール沖縄のアイコンでも何でもないですよね。
那覇と違って影響力ゼロの宜野湾の選挙なのだし。


まあとりあえず、市長選は混戦が予想されます。
Unknown (宜野湾より)
2015-07-05 23:19:34
ブリンデンさん

もしよかったら、ブリンデンさんが沖縄タイムス・琉球新報の発行部数推移の至近データで参照されたものをご教示いただけると幸いです。

「部数が激減しない」あるいは「発行部数を維持している」点であの発狂が沖縄県民の民意だ、と言われると、正直多くの県民が困惑するのではないかと思います。
今の2紙は1日平均30面くらいなのかなと思いますが、いうまでもなくその総てで支離滅裂な発狂をしているわけではありません。
何処の地方田舎にもあることで、地域の話題の面が重要なのです、押し紙や複数部購入等を除くたいていの一般購読者は。
それゆえ、離島では八重山日報・八重山毎日、宮古新報・宮古毎日などが読まれています。タイムス・新報がやや遅れて到着するとしても。

私がかつて縁があったアメリカのある田舎では、地域の新聞になんでも、結婚した子供が生まれたとか、人助け・人迷惑や賞罰、学業やスポーツの成績、本当になんでも載っていて、みんなが住人のことを知っている、時にはウザいけれどそれを受け入れている、という様子でした。
そこまではいかずとも、日本でも地方は似たことがあるでしょうし、実際転勤で住んだある県でも、地元紙中ほどの地域の話題は情報源として重要でした。

私自身はコストと内容が釣り合わないと感じて自費購読をやめて、必要な時に馴染みの食堂で読む程度ですが、我々沖縄県民の中にも、お悔やみ欄チェックだけでなく、エイサー、ハーリー/ハーレー、闘牛、各種スポーツや芸能、釣りや作物・漁獲の情報などなどで、繋がりある人々ご贔屓の人々の日々の活躍や生活情報を新聞で見たい、ネットで見られるとしても紙の媒体で見ることにまだ価値を感じる状況があるのだろうと思います。
もちろんこの状況は時勢として、2紙の自業自得として次第に薄れて行くのだろうと思いますが、ご期待に沿うような「激減」があるかはわかりません。

ブリンデンさんのように思われる県外の方々が出て来ることもまた解りますし、「嫌沖」風潮が起こることも想定できます。
私の極めて個人的な考えで恐縮至極ですが、自由社会ではどの向きであれ(生命は失わない程度に)極端を経験しないと中庸が見つけられない、全体として中庸に落ち着くことができないと思っているので、今ある諸々の事柄が、その過程上にあるように感じています。
妙なレスしてごめんなさい。

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL