狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

弁護士が日弁連を提訴!「政治活動は違法」

2015-07-04 07:56:09 | マスコミ批判
よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 「狼」の画像検索結果

 お願い

人気ブログランキングの投票が分散されるのを防ぐため、次のバナーをクリックをお願いします。

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
 
本日の話題
 
1)首相が沖縄に謝罪
 
2)弁護士が日弁連を提訴「政治活動は違法」と
 
 
 
沖縄タイムスは、本日も百田発言で発狂中!
 
なんと8日目に突入である。
 
で、本日の発狂見出し。
(これまで沖縄タイムスの発狂見出しに付き合うため、見出しを拡大・着色してきましたが、面倒なので簡素化しました)
 
 
■一面トップ
 
安倍首相、沖縄に謝罪
 
自民勉強会発言「私に責任」
 
「報道の自由」言及
 
■三面トップ
 
安保法案にらみ火消し
 
首相、迷走の末謝罪
 
圧力発言から8日後
 
第二社会面トップ
 
百田氏・国会議員らの威圧発言から8日
 
首相謝罪「上っ面」
 
県内識者ら「幕引き許さず」
 
高教組も抗議決議
 
世論の右傾化懸念も
 
 
沖縄県議会が謝罪を求める決議をしたが、全会一致ではなく自民党議員は反対した。
 
 
沖縄の自民党県議が「謝罪決議」に反対したのに、それを当の安倍首相が国会で「謝罪した」というのだ。
 
縄タイムスがまるで鬼の首でも取った様に一面トップで狂喜乱舞するのはわかる。
 
だが安倍首相は,沖縄に謝罪していない。
 
一作家の発言を首相が謝罪したら、それこそが言論弾圧になる。 また関連の自民党若手議員は既に処分済みのはず。
 
一体何に対しての謝罪なのだ。
 
安倍首相の「謝罪」には但し書きが付いている。
 
沖縄の皆さまの気持ちを傷つけたとすれば、申し訳ないと思っている」
 
ところが沖縄県民が傷ついた事実はない。 傷ついたとすれば捏造新聞と指摘され田沖縄2紙と、その報道を真実だと狂信している一部のプロ活動家たちだ。
 
いくら沖縄2紙がお得意の発狂見出しで、「首相が沖縄に謝罪した」と印象操作しても良識ある県民はすべてお見通しである。
 

安倍首相、報道圧力で謝罪「傷つけたなら申し訳ない」

沖縄タイムス2015年7月3日 12:44
 【東京】安倍晋三首相は3日午前の衆院平和安全法制特別委員会で、自民党の若手勉強会で、沖縄県民をおとしめるような発言が出たことについて、「大変残念で、沖縄の皆さまの気持ちを傷つけたとすれば、申し訳ないと思っている」と述べ、謝罪の意を示した。

 安倍首相は一連の問題発言に関し「党本部で行われた勉強会であり、最終的には私に責任がある」と述べ、党総裁としての責任を認めた。

 その上で、安倍首相は「報道の自由を軽視し、沖縄の負担軽減や振興に力を尽くしてきたこれまでの党の努力を無にするような発言だと認識している」と説明。「大変遺憾で非常識な発言。国民の信頼を損ねる発言であり看過することはできない」と述べ、若手議員の発言を非難した。

                        ★

首相の本音は次の見出しが言い当てて入るとおりだろう。

>安保法案にらみ火消し
>首相謝罪「上っ面」

 

本日は沖縄タイムス左トップと社会面トップを飾る次の見出しに注目したい。

■一面左トップ

弁護士会、反安保案デモ

30年ぶり那覇で

■社会面トップ

法のプロ 危機に連帯

沖縄弁護士会 100人「違憲」訴え

安保法案「戦争加担するな」

 

コメント欄では既に話題になっているこの記事を読んでいただきたい。

 「政治的な声明は違法だ」 弁護士が日弁連などを提訴(7/1産経)
 日本弁護士連合会や弁護士会による特定の政治的な主張について「弁護士自治とは全く無縁な『目的外行為』であり違法だ」などとして、南出喜久治弁護士が1日、日弁連や所属する京都弁護士会、それぞれの会長などを相手取り、ホームページ上の意見書や会長談話の削除と100万円の慰謝料を求める訴訟を東京地裁に起こした。
 問題となったのは今年6月の「安全保障法制改定法案に反対する意見書」や平成26年7月の「集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定に抗議し撤回を求める会長声明」など計15本。
 原告側は訴状で、弁護士法で弁護士は日弁連と弁護士会への強制加入が義務づけられているとした上で、「(声明として出される)文書は正規の機関決議を経たものではなく、文章を作成して発信する権限は日弁連や京都弁護士会にはない」と主張している。
 提訴後に会見した南出弁護士は「日弁連は特定の意見を表明する政治団体になっている。主張したいならば強制加入の団体ではなく、賛同者を集めて任意団体を作ってやるべきだ」と訴えた。
 日弁連は「訴状は届いていないが、受領したら内容をよく検討して適切に対応したい」とコメント。京都弁護士会も「訴状が届いていないのでコメントできない」としている。

               ☆

職業による団体である日教組、自治労などが政治活動は禁じられているにも関わらず、政治活動をしているのは事実である。

一方、法律の専門家である弁護士の団体である日弁連が政治活動や政治的発言をしても誰もとがめる者はいなかった。

「弁護士先生にも思想・信条の自由がある」などと勝手に思い込んで・・・。

ところが日弁連の政治活動は違法だとして日弁連を提訴したというのだ。

目からうろこである。

要約するとこうだ。

南出喜久治弁護士が日弁連や弁護士会の政治的主張について違法だとして、東京地裁に訴訟を起こした(HP上の意見書や会長談話削除と100万円の慰謝料を求める)。

弁護士法で、弁護士は日弁連と弁護士会への強制加入が義務付けられている。

南出喜久治氏は「日弁連は特定の意見を表明する政治団体になっている」と批判している。

弁護士会が任意に入れる団体ならともかく、強制加入しなければならない団体が、加盟員の意志とは関係なく勝手に政治的主張を繰り返すのは、確かに問題がある。

今まで誰も問題提起してこなかったのが不思議なくらいで、南出弁護士の提訴は目からウロコなのだ。

百田発言に誘発されたかどうかはともかく、思想信条の自由にも関わることゆえ、日弁連はきちんと対応しなければ、日弁連が敗訴ではシャレにもならない。

日弁連や各都道府県の弁護士会が、日教組や自治労などの公務員の組合と同様、本来の自治目的とはかけ離れた「特定の政治活動」を行って来たのは周知の事実。

分かり易い例でいえば、日本共産党推薦で都知事選挙に立候補した宇都宮健児元日弁連会長の言動だ。

「弁護士の会」という言葉の持つ印象とはかけ離れた特定思想に基づく声明などの乱発しは、国民の司法に対する疑念を湧き立たせた。

これが一般国民の有志の会なら言論・表現の自由で通るであろう。

だが、弁護士会は弁護士にとって強制加入の団体であり、所属しなければ業務が遂行できない。

強制加入の上、会員の総意を確認せずに勝手な特定思想を拡散されては、会員個人の言論・表現の自由を侵害することになる。

南出弁護士の提訴を支援する方、クリック応援お願いします。

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 沖縄に言論の自由はない! | トップ | 沖縄県民集会、言論・表現・... »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (石垣島読者)
2015-07-04 08:16:57
本日のブログを閲覧、読者「清島清」氏のコメント、
先日の日本記者クラブでの県2紙両編集局長のコメント内容も
さることながら、その容貌と話す態度の異様さ、清島氏が書く狂気、
ペンという凶器をもつ、確信的、核心的犯罪者の雰囲気にゾッとしました。
同感です。

ところで、昨日の安倍総理の国会審議での発言について、
「言論、表現の自由」を「小事」とは思わないものの、「大事の前の小事」、しかも
民主主義に逆走する「県議会決議」も民主主義、「言論封殺決議」ですが、
これも民主主義と認めざるを得ない安倍総理発言の胸中、いかばかりか、
と測り知れないところ、嬉々とするマスコミ、メデイァの態度には唖然とします。

マスコミ、メデイァに告げたい、安倍総理にそう発言させた責任は相当重い事実である、
そのことを思い知るべきなのに、嬉々として国民の生命と財産を危険にさらす報道を
これからも続けようものならば、国民の鉄槌、読者の鉄槌はその時下される。
それらでは後の祭りと知っても遅いのだ。

もう民主党時代の逆戻りは御免だね。

国民の良識、信じています。









Unknown (心配性)
2015-07-04 08:55:49
沖タイも琉新もあいも変わらずという感じですね。

ところでギリシャ問題をみてると、沖縄によく似ていると思いました。チプラスの顔がオナガにだぶるこの頃。
Unknown (東子)
2015-07-04 09:37:45
>これまで沖縄タイムスの発狂見出しに付き合うため、見出しを拡大・着色してきましたが、面倒なので簡素化しました

キャー、面倒なので。
笑いでお腹がよじれる~~~~。
お茶目~~~。


>1)首相が沖縄に謝罪

民間人が「沖縄の」新聞社を非難したら、なぜ首相が「沖縄」へ謝罪なの?
8日目になっても、まだ、私には、因果関係がわからない。

タイムス、新報は、「民間人が新聞社を非難したら、なぜ首相が「沖縄」へ謝罪」の必要性を、丁寧な説明する義務があるわ。
いつも、言うでしょ、タイムス、新報は、わからない人がいるのは、丁寧な説明が不足しているからって。
わからない人の気持ちに沿っていないって。

実践してよ。
Unknown (東子)
2015-07-04 09:39:04
安保法制は日本の安全保障(国民の生命と財産を守る)に関わる大事なことなのに、その内容について討論しないで、スキャンダルで潰そうとする野党を、マスコミは批判してしかるべきなのに、自分も一緒にワッショイワッショイしているのだから、マスコミが「安保法制を反対してる」と偏っていると思われて、当然。
マスコミの使命は、安保法制に賛成反対を述べることではなく、国民に考える場を失わせる本質外のことで討論しようとするのを本線に戻したり、情報を与えることでしょう。
脱線を後押しするマスコミは、要らない。
Unknown (東子)
2015-07-04 09:40:45
ギリシャ国民は銀行が閉鎖して、お金が下せないないことが現実化して、不便を経験したら、

「「銀行休業で心配に」…ギリシャ「賛成」広がる 2015年07月03日」
http://www.yomiuri.co.jp/world/20150703-OYT1T50016.html

>支援のカギを握る両者が、EUが求める構造改革案に「反対」を唱えるチプラス首相に見切りをつけた形で、判断を求められたギリシャ国民の間では「賛成」の声が広がりつつある。

不安になって、「EUが求める構造改革案に賛成」に傾き始めた。

経験しないとわからないのか……。
沖縄の一部(尖閣とか)に中国が攻撃を加えたら、少しは目が覚めるのか?

「チプラスの顔がオナガにだぶる」だけでなく、ギリシャ国民と沖縄県民がダブった。
Unknown (ウチナー鬼女)
2015-07-04 10:36:04
「週刊新潮」最新号買わねば!。
今こそ、琉球新報による上原正稔さんへの「言論弾圧」に光を与える時ではないでしょうか?
前泊(敬称略)の悪行を暴き出す時ではないでしょうか?あの「うらなり瓢箪屑やろう」は、わざわざ宮古島まで行き、自衛隊誘致に対してお得意の妄言吐いてるしね!マジで「潰さねばならない」存在です。

安倍総理「謝罪」について。
ニュース見て残念な気持ちになりました。すぐにサイトに投稿しました。
以下投稿文

なぜ、謝罪されるのですか?
言論統制、言論封殺しているのは、沖縄メディアです!
「普天間は辺野古移設」と書いただけで自主出版すら出来ない、これが、沖縄ですよ。これが沖縄サヨクです!
「謝罪」は、益々、火に油を注ぐ対応です。
奴らが言う!「謝罪しろ!」

謝罪したらしたで、「誠意が感じられない」「謝って済む問題ではない!」

永遠のループ!
支那朝鮮と同じです。
以上。

上記投稿した後思いました。あのニュースも「切り張り」だよな?と。
本日の貴ブログを拝読し、そういう事かと思う一面、やっぱり利用されると懸念します。
新聞読者や「平和ボケ」沖縄本島住民が、そんな細かい事に気を配るとは思えない。見出しと本文の違いにも気づかず(気にせず)何となくの空気感で政治ニュースを「理解したつもり」「解釈」するのですから(T_T)

FMラジオで新報「金口木舌」を読んでた。「ナチス」と同じだそうで、またしても「ナチス亡霊」を引き合いにだしてました。
【ナチス】
「国家社会主義ドイツ労働者党」
未だに、この名称の整合性が理解出来ないのですが、今、一番近いとこにいるのは、「沖縄タイムス」「琉球新報」「琉球独立シンパ」だと思います( ̄・・ ̄)

7/25(土)「和也、真子トークライブ」に百田さん緊急参戦してくれないかな(^-^)なんてね。

本日、クーラー設置工事です\(^o^)/
室内熱中症の危機を回避出来ます。
誰でも、みんな知恵絞って危機管理するんですよ。よもや、「エコ感覚」に反するから「クーラー」はまかりならん!なんてーならんよね。北海道民が、沖縄県民に対して「クーラー贅沢」なんて抗議文提出しないよね( ̄∀ ̄)
逆もしかり。沖縄県民が北海道民に対して、「暖房なんて電気代かかるぞ」と抗議集会開かんよね( ̄∀ ̄)そんなの、ただの基地害だから、行くべき場所は決まってる。
国もおんなじです。1ミリでも「憂い」があれば、最大限出来る限りの「備え」をするんです。それこそが、「生存権」だと言えるんですけど。日本サヨクは、沖縄県民、日本国民の「生存権」すら否定する「憲法違反」な存在です。
♪潰してしまおう、反日サヨク

それでは失礼します
本日の沖縄タイムス投稿欄 (カウンター58)
2015-07-04 10:39:20

オピニオン面に一般投稿6本(児童生徒限定の「ぼくも私も」除く)。

「危険を感じる 安倍政権言動」の那覇市・勝連朝昭さん(70)は2月28日、4月3日、5月1日に続いて今年4回目の掲載。
「対米地位協定 屈辱的な日本」のうるま市・西明雄さん(60)は1月24日、2月27日、4月1日、5月3、18日、6月14、22日に続き今年8回目の掲載。
「アイヌ文化の 奥深さに感動」の宜野湾市・伊良波幸政さん(73)は2月14日、3月2、25日、4月16日、5月9日に続き今年6回目の掲載。
「慰霊の日の朝 平和への願い」の那覇市・高江洲盛康さん(79)は2012年10月25日以来の掲載。
「沖縄にはトラムが最適」の那覇市・ゆたかはじめさん(87)は1月5、19日に続き今年3回目の掲載。
「海の見える図書館」の恩納村・東江義昭さん(62)は1月7、14、23日、2月3、13日、3月1、13、26日、4月5、27日、5月10日、6月7日に続き今年13回目の掲載。

カギカッコは投稿欄における見出し。

「投稿マニア」を否定はしないが、新聞はブログじゃないんだから、常連の投稿を並べるだけでは、担当者は仕事をしたことにならない。


Unknown (心配性)
2015-07-04 11:00:44
沖縄メディアの実態

https://samurai20.jp/2015/07/okinawa-8/
Unknown (心配性)
2015-07-04 12:28:24
チプラスの最終手段が国民投票だ。
追い詰められたオナガも県民投票と言い出すかどうか、興味あり。

借金で良い生活をしたギリシャ国民と振興策で潤っている沖縄県民は確かにだぶる。さらなる要求をするところもそっくりである。

そんなギリシャでは緊縮案に賛成と反対で真っ二つに分かれている。勝敗の行方はわからない。沖縄で県民投票やったらどうなるだろう。オナガの本性があばかれつつある今、知事選のような6:4にはならないだろうが、それでも沖縄センチメンタリストが多いので5:5がいいところか。
もちろん国の安全補償に関わることに県民投票はそぐわないので、もしやったらということではあるが、拮抗するのは間違いないので、知事を含め移設反対派にその勇気はないだろうな。
facebookより (クラッシャー)
2015-07-04 14:19:50
平成27年4月14日、辺野古キャンプシュワブ前で発生した集団暴行事件について、被害男性の被害届が6月27日に受理され捜査が開始されました。
この事件では、平和運動の旗手とされる沖縄平和運動センターの山城議長をはじめ、現職の名護市議翁長久美子氏、及び北谷町議の玉那覇淑子市議が集団暴行の輪の中におり、フリーカメラマンK氏によって集団暴行の様子が連続写真で克明に捉えられています。

一民間人の言論弾圧どころか議員様が暴行に加担しております。
明日の「そこまで言って委員会」に請うご期待! (福岡のアラカンジン)
2015-07-04 15:44:01
今週日曜(5日)の読売テレビ「そこまで言って委員会」は、百田氏発言で問題となった「沖縄タイムスと琉球新報の公正?報道」が、議論されるようだ。ゲストには 前泊博盛氏と歌手の喜納昌吉氏(彼らがいかなる人物かはご存じでしょうから;紹介したくもない。特に前泊氏のニヤケタ顔には不快になる)。沖縄マスゴミ代表及び反安部代表というところか。対するパネラーには、特に沖縄問題と言うことで惠隆之介氏と有本香女史が特別参加。これにお馴染みの長谷川幸洋氏や宮崎哲弥氏、それに竹田恒泰氏らが沖縄マスゴミ代表に対峙する。惠氏と有本女史は正論を述べられ弁も立つので期待したい(これに常連の三方がいれば‥)。
 百田氏発言で、言論弾圧ばかりが言われ、何故か問題の本質である「沖縄タイムスと琉球新報の報道実態(捏造と不都合の隠蔽、世論誘導)」が議論されていない。
 その意味では、今週の「そこまで言って委員会」の内容に最も期待している。沖縄や関東では見ることができないでしょうが、拡散されると思います。
Unknown (東子)
2015-07-04 16:02:55
「陸自石垣配備に反対 尖閣遭難者遺族会、慰霊祭で表明 2015年7月4日」
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-245261-storytopic-1.html

>尖閣列島戦時遭難者遺族会の慶田城用武会長は3日、防衛省が計画する石垣島への陸上自衛隊配備や国会で議論される安全保障法案について「遺族会は反対する」と表明した。
>5月に防衛省が中山市長に陸自配備へ調査を要請したことを受け、危機感から踏み込んで思いを発信した。
>慶田城会長は取材に「遺族会は戦争につながる事柄について反対すると決めている」と強調し「領有権は武力でなく対話で平和的外交によって解決されるよう石垣市は主体的に取り組むべきだ。自衛隊は必要ない」と話した。

刺激することが、戦争へ繋がると考えて、相手国に何も苦言を呈さず、相手に媚び、そうすることで、日本が戦争に巻き込まれないようにするのを「一国平和主義」と言う。
穏便にすますことで、一見平和を保つのは、賢者の、大人の振る舞いのよう錯覚する。
が、本当に、一国平和主義で日本の平和は守れるのか?
どこまで相手に譲歩し、媚びていけば、相手は踏み込んでこないのか?

一国平和主義を利己的と言って、否定しているのでは、ない。
自国を守る為の外交とは、本来、自国さえよければという利己的なものだから。
だが、一国平和主義で他国を刺激しまいとして、自国の主権を脅かされても、何も言わない(抵抗しない)で、ひたすら事勿れでその場をやり過ごすことは、譲るものがなくなったら自分の命を譲るところまでいく。
命を守るためと信じた一国平和主義が、自分の命を奪う。



【参考】
「1IV.提言 一国平和主義の呪縛を解き放て 平田隆太郎(救う会事務局長)」
http://www.sukuukai.jp/shiryo/paper14/pdf/4.pdf

>一国平和主義は、他国の圧政や人権侵害について見て見ぬふりをしつつ、他国を刺激する主張には恐れを抱き、また他国の国内問題であることを理由として一切非難せず、内政不干渉を名目に正当化してきた。
>これは圧政や人権侵害の黙認と同じ行為である。
>この一国平和主義は、外国における人権侵害ではなく、日本人の人権と日本国の主権が侵害された重大事態に対してすら、長期間に渡り見て見ぬふりを続けた。
>北朝鮮が拉致を認めたにもかかわらず、未だに拉致を理由に単独制裁を発動できない点に象徴的に現われている。
>国民には自明の理に政府はいつまで目を塞ぐのか。
>いじめられっ子がいじめられなくなるためには、自信を取り戻し、毅然と対応できるようになるしかない。
>日本人も、一国平和主義といういじめられっ子的な心理的呪縛を一国も早く解き放つべきである。
>国民の人権侵害や日本国の主権侵害に対しては、毅然とした対応を取るとの強い国家意思を示し、毅然たる対応を実施すべきである。
>また、時代の変化に見合う抑止力を強化することで、結果として平和と安定を保つことができる。
>どのような国内政策も、平和と安定の下にのみ存在しえるものである。
>この積極的な平和主義こそが今、日本人に問われている。
>独裁国との間で「日朝友好」、「日中友好」事業を行なう民間団体が少なくないが、独裁国の人権問題を無視して友好関係だけを行なうことも相手の言いなりにならざるを得ないリスクがあることに留意すべきである。

是非、全文をソースで読んで欲しい。
色々示唆されることがある。


「11月ごろに沖縄で「福建ウィーク」計画 訪問団が知事に報告 2015年7月2日」
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-245173-storytopic-4.html

>翁長知事は「特区の企業の交流は大変大きな意味があると思う。福建省と沖縄の今日までの信頼関係を基に、今後力強く共に発展していける」と話した。

中国依存の経済は、中国抜きに沖縄経済が回らなくなること(中国による経済支配は形を変えた侵略)を意味する。
せいぜい、経済の玉を中国に握られないように。
Unknown (宜野湾より)
2015-07-04 21:24:39
日弁連の中身について、赤峰さんのところに情報が上がっていたのでご参考に
http://blog.goo.ne.jp/akamine_2015/e/096d4444e1f08d6b2b685de2b0625efc


確か
2009年11月鳩山内閣の時代に最高裁が司法修習生の国籍条項を撤廃し
2011年11月野田内閣の時代に正式に司法修習生への給費制が廃止され、生活費は最高裁からの貸与制になったと思って一応ウィキで確認。
これらの制度の善し悪しを断じるつもりはないけれど、より開かれ枷の少ない制度によって、モラルの低下した、あるいは反日的思想・意図を持った者が現れ得るかな。(個人の感想です(`∇´))

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL