狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

「中国を虐殺者と呼ぼう」と全米で一大キャンペーンが開始

2007-05-31 10:37:32 | 南京大虐殺

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成19年(2007年) 5月31日(木曜日)   貳
通巻第1813号  
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

「中国を虐殺者と呼ぼう」と全米で一大キャンペーンが開始
  ユダヤ人教会からイスラム、福音派、アムネスティなどが大連合組織
****************************

 「反日キャンペーン」なんぞ何処かへ吹き飛ばす、大々的な「反中国キャンペーン」が世界的規模で始まった。

「北京オリンピック=ダルフール虐殺」として、世界の一流紙に「意見広告」も掲載され始めている。
 ユダヤ人組織からイスラム教会の組織、エバンジュリカル、国際アムネスティなど数十の有力な団体が、連合を組んで「ダルフールを救え」という連携運動を組織化し(本部はワシントン)、北京オリンピックのボイコットを呼びかけているのである。

 「ダルフールの虐殺に手を貸すのは中国であり、世界がこれほどスーダン政府を非難しているにも関わらず、その政権に武器を供与し、貿易を拡大させている恥知らずな中国」という激烈な文章が並んでいる。
 (たとえば日本で簡単に入手できる英字紙『ヘラルド・トリビューン』、5月31日付け、7面の前面意見広告を参照されたい)。

 これほど大規模な中国非難キャンペーンは、89年天安門事件以来。
しかも北京オリンピックを恥知らず、虐殺者の競技会などと定義し始めていて、今後の北京の対応が注目される。

 なお、この組織は浄財をひろく世界から募集している。一口25ドル、クレジットカーで支払う。50ドル、100ドル、200ドル、500ドル口がある。
https://secure.ga6.org/08/savedarfurcoalition

                      ◇

≪60数年前の戦地売春婦に一国の首相が詫びる≫

こんなクダラナイ事で国会が紛糾し、大手新聞が大騒ぎする国は、結局は世界で最も平和で、信頼の置ける国なのでしょう。

世界の批判の目は「60年前の売春婦」から「現在行われている大虐殺」にシフトされつつあるように思える。

日本のメディアのみが脳天気に北京の顔色だけを伺っているように見える。

参考エントリ:

【北京オリンピックは「皆殺しの競技会だ」】byボストングローブ

北京五輪を阻止せよ! by米映画人with米下院

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 信頼度、日本が米中上回る | トップ | 後藤新平と李登輝前総統 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (sowjun)
2007-05-31 15:14:53
ないす記事!
でもこうやって中国批判が世界で広まると、中国は余計に日本につけこもうとしてきそうーー;ま、日本しかもう騙せる国ないしね。
北京オリンピックはなんだかんだで開催になると思うよ。
その後選手が病院に担ぎ込まれる事態が続出だと思うがね。
Unknown (狼魔人)
2007-06-01 09:46:14
sowjunさん

最近の中国での奇妙な事件・事故はギャグですね。

北京オリンピックも市街を走るマラソンは、マンホールには気をつけないと・・・。

マンホール爆弾。http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1180416035/-100

マンホール地獄。
http://www.tokkai.com/a-column/data/news/1179273939.html

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「支那はチベットを侵略するな」という音楽 (ランヘボ乗りの右回りドライブ)
イギリスのプログレッシヴ・ロック・プロジェクト「<B>THE MANDALABAND</B>」。 組曲「Om Mani Padme Hum」(これはチベット密教のマントラ)を演奏するために結成され、アルバム「<B>Mandalaband</B>」を’75年に発表しました。 リーダーの<B>DAVID ROHL<...