狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

又しても沖縄タイムスが捏造記事訂正 証言続出の「集団自決」

2007-07-26 05:54:31 | ★集団自決

沖縄タイムスがボロボロになった。

同じ話題の「集団自決」の証言で、二日おきの「訂正記事」。

7月21日に続いて7月24日朝刊にて「おわびと訂正」の記事を掲載した。

やはり、恥知らずにも虫眼鏡で探すほどの小さなベタ記事で。

 

で、今度の誤報は、7月7日朝刊一面の次の記事だという。

 県議ら「軍関与を確信」/「集団自決」証言次々

<座間味コミュニティセンターでは、沖縄戦時下、座間味村助役だった宮里盛秀さんの妹の宮平春子さん(80)ら体験者六人の証言を聞いた。「玉砕命令を聞いた」「梅沢隊長は『舌をかみ切って死になさい』と言った」などの証言が次々に飛び出した。体験者が声を詰まらせ、手を固く握り締めながら語る姿に、涙を流す委員もいた。 >

「梅沢隊長は『舌をかみ切って死になさい』と言った」などの証言が次々に飛び出した

訂正記事は、肝心の梅沢隊長のくだりを、

「中尉は『舌をかみ切って死になさい』と言った」

と訂正せよという。

オイオイ、ちょっと待ってくださいタイムスさん、

この記事は県議員団の文教厚生委員会が現地聞き取り調査をして、それに同行した記者のの自信満々の記事ではなかったのか。

その自信の表れが、一面の派手な記事になったのではなかったのか。

個人名晒して名誉と人権を踏みにじっておきなら、

単なる間違い、関係者にお詫びで済ますつもりなのか。

 

県文教厚生委員会の調査には実際に調査に参加したと思われる人からの次のような報告があった。

調査団には元教師で、初めから「軍命令あり」の結論を持って調査に臨んでいた議員が調査をリードしていたと思われる。

< 県議会の渡嘉敷島視察で、金城武徳さんに対する質問で次のような発言がありました。
 要旨、「
私は、社会科の教師を30年近くやってきました。よってこの問題には造詣があります。」「戦争を美化しないで下さい。」等…明らかに田舎の老人と見下し、赤松さんと親交があったと言うことで、彼の代弁者と見なしていました。
 15歳!で生き残ってきた証言者に対しての、「決め付け」発言に、これが元教師かと正直思いました。
 又、その席で吉川先生から、次のような発言もありました。「自決命令は、無かったかもしれないが、軍隊がいたから集団自決は起こった。軍国主義教育があったからあのような悲劇は起こった。」

 県議の中には、みんなが認めていることだから云々と唖然とする発言者もおりましたし、自民議員も早く話しをまとめようとするばかりで、真相を確かめようとする熱意はほとんど感じられませんでした。> 【新聞が報じない現地調査の実態!】 県議団調査団の醜態

他にも「皆が認めていることだから、早くまとめて帰ろう」といった無責任な議員もいたようだ。

県議の中には、みんなが認めていることだから云々と唖然とする発言者もおりましたし、自民議員も早く話しをまとめようとするばかりで、真相を確かめようとする熱意はほとんど感じられませんでした。

このように初めから結論ありきの調査団は税金の無駄遣いだ。

>その席で吉川先生から、次のような発言もありました。「自決命令は、無かったかもしれないが、軍隊がいたから集団自決は起こった。軍国主義教育があったからあのような悲劇は起こった。」

まずこの吉川さんが元教師だったことが分る。しかも新聞報道とはニュアンスが異なり自決命令は、無かったかもしれないが・・」と、明らかに「軍命令を否定している」ではないか。

「軍国主義教育があったからあのような悲劇は起こった。」という証言はサヨク学者が「会議室で議論する問題」で、何もわざわざ現地聞き取り調査をして調べる証言では無い。

結局尤もらしく「現地調査団」なんていっても、議員団が沖縄タイムスの捏造記事のお先棒を担いだ「やらせ調査」であった。

皮肉にも連日の「訂正記事」が調査団と同行マスコミ記事のデタラメな実体を暴露した結果となっている。

少なくとも県民の血税を浪費して、偏向マスコミに協力することは沖縄県民の「民意」ではないはずだ。

いずれにせよ21日の訂正記事の上洲幸子さんの証言といい、24日の訂正記事の、座間味村助役だった宮里盛秀さんの妹の宮平春子さん(80)らの証言といい、

証言者は続々出てきても、沖縄タイムスの手にかかると肝心な部分がわい曲報道されることがこれで証明された。

 

 

◆参考:沖縄タイムスの「大きな捏造記事」と「小さな訂正記事」

沖縄戦集団自決、NHK「クローズアップ現代」での偏向報道を暴く!http://kakutatakaheri.blog73.fc2.com/blog-entry-395.html#more「沖縄県民斯く戦へり」へリンク

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米兵蛮行の象徴 「ボンベの... | トップ | 朝日VS読売の原発論争 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
恥をかく前に (suzudaisuke)
2007-07-26 15:04:45
少なくとも、「保守系」を名乗る議員たちは、後に事実が不動なものになることを十分予知でき、いやもう確信できるのですから、今から「私は真実を知っていた。だから命令説を否定する」とアピールしておかないと、大恥をかくことになるのに、残念なことです。
地方議員の不勉強はどこも似たようなものですねぇ。
沖縄条項 (狼魔人)
2007-07-26 17:54:51
suzudaisukeさん

保守系議員の不勉強もそうですが、なによりマスコミの論調には逆らえないというのが実状です。

これは保守系の稲嶺前知事も、仲井真現知事も同じようなもので暗澹とさせられます。

教科書検定について、沖縄は「近隣諸国条項」と同じように「沖縄条項」を要求するというから驚きです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL