狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

玉虫色の「軍の強制」  検定審が結論

2007-12-26 18:05:56 | ★集団自決

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

<号外>「軍強制」認めず 「集団自決」教科書検定

 【東京】高校歴史教科書の「集団自決」(強制集団死)検定問題で、教科書出版社からの訂正申請を審議していた教科用図書検定調査審議会(検定審)の杉山武彦会長は26日午後、文部科学省に渡海紀三朗文科相を訪ね、訂正申請した6社8冊を承認する検定審報告を提出した。「集団自決」の背景・要因がこれまでより詳しく記述された一方で、検定意見は堅持し、焦点となっていた日本軍の強制の明確化は認められなかった。

→号外1(PDF、552KB)
→号外2(PDF、2160KB)

(琉球新報 12/26 15:00)

Pickup Photo

                       ◇ 

沖縄タイムス 2007年12月26日(水) 
 
[電子号外]
「軍が強制」認めず 検定審が結論
1面(PDF:293kb)
2面(PDF:39kb)

 【東京】高校歴史教科書の沖縄戦「集団自決(強制集団死)に関する検定問題で、教科書会社六社からの訂正申請を審議していた教科用図書検定調査審議会(検定審)の杉山武彦会長は二十六日午後、都内の文部科学省で渡海紀三朗文部科学相と会談し、審議結果を報告した。渡海文科相は全社の記述を承認する手続きに入った。同日中に教科書会社全社に伝達される見通し。検定審の結論は、「集団自決」について「日本軍によって追い込まれた」など軍の「関与」を示す記述は認められたが、「日本軍が強制した」など主語の「日本軍」と述語の「強制」を直接つなげる表現は採用されなかった。

                     ◇

■玉虫色の政治決着■
 
>「日本軍が強制した」など主語の「日本軍」と述語の「強制」を直接つなげる表現は採用されなかった。

「強制」という言葉は記述しなくとも「強制があった」と思わせる文章が「工夫と知恵と努力の結果だというのだろう。

一言で言えば、「軍命なし派」、「軍命あり派」両者の顔を立てた玉虫色のいかにも日本的決着といえる。

「軍の命令、強制はなかった」と主張してきた当日記としては到底納得できるものではない。

■山川出版社は完全復活■

特に、山川出版社の「日本史 A 改訂版」は検定前の原文にそっくり回復しているではないか。

①検定前原文:
「日本軍によって壕を追い出され、あるいは「集団自決」に追い込まれた住民もあった」↓

②検定後記述:
「日本軍に壕から追い出され足り、自決した住民もいた」↓

訂正後の記述:
「日本軍によって壕追い出されたり、あるいは「集団自決」に追い込まれた住民も会った」

①と③は同じ文章で完全な逆戻りではないか。

他の教科書も、読む人によってどうにでも取れるような記述で果たして教科書として適当であるとは思えない。

「軍命あり派」も納得できないという声明を出しているようだが、それはこちらの言うことだ。

■各紙の報道も混乱■

各紙の報道も「玉虫決着」に戸惑ったのか、見出しが真逆になったのもある。

どっちが正しいんだよ!

時事通信は「強制、復活せず」。

朝日、中日は「事実上強制みとめる」。

大手新聞も読み誤るような教科書記述に納得できる国民はいないだろう。

 

2007/12/26-15:27 日本軍「強制」、復活せず=沖縄戦集団自決で教科書6社の訂正申請承認-文科省
時事通信 - <NOBR>2時間前</NOBR>
太平洋戦争末期の沖縄戦をめぐる高校日本史の教科書検定問題で、文部科学省は26日、住民が日本軍によって集団自決に「追い込まれた」などとする表現で、教科書会社6 ...
「軍が関与」の記述で決着 事実上「強制」認める
中日新聞 - <NOBR>2時間前</NOBR>
沖縄戦の集団自決をめぐる高校日本史教科書の検定問題で、教科書検定審議会は「日本軍により集団自決に追い込まれた」など、軍の関与があったことを示す記述で各教科書 ...
沖縄戦の集団自決、検定意見を事実上修正 渡海文科相
朝日新聞 - <NOBR>3時間前</NOBR>
沖縄戦の「集団自決」をめぐり、高校日本史の教科書検定で「日本軍の強制」が削除された問題で、渡海文部科学相は26日、教科書会社6社から出されていた訂正申請を ...

このように新聞報道も混乱するような記述なら、刑法の「疑わしきは罰せず」に倣って、

「疑わしきは記載せず」が教科書としては最適ではないのか。

疑わしき記述は一切削除して、明確になってから記載しても決して遅くは無い。

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 君が代・日の丸病患者 | トップ | 検定制度の崩壊 国家の劣化... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
玉虫色どころか (komo)
2007-12-27 00:01:35
色々好き放題やっている感じです…

首かしげる記述、次々パス 集団自決訂正申請
http://sankei.jp.msn.com/life/education/071226/edc0712262022004-n2.htm

本文にではなく脚注に。ここまでくると本当に教科書なのか疑わしくなってきました。結局は政治・思想的主張の道具でしかなかったのかな
すっきりしない (ヒロシ)
2007-12-27 08:17:48
お茶を濁された感じですね。
新聞の報道もどっちなのかよく分からないし。

おっしゃる通り明らかになっている事だけにして欲しいですね。
政治介入の賜物(?)なのでしょうか?
Unknown (きんじょう)
2007-12-27 08:50:59
たしかに玉虫色の結論ですが、終わってみればこんなものかなとデジャビューのような見え透いた政治決着です。だけど昨今の反日マスコミによる包囲網のなかでは及第点かなととりあえず評価しておきます。

山拓は完全復活の持論を展開し、首相に圧力をかけたつもりでしょう。副首相という閑職に閉じ込めるしかないこの男はほんとに食えません。

タイムスでしたか、「灰色の決着だ。次の検定では白にされる」に代表されるような危機感を煽る論調が殆どでした。そうなることを念じつつ、祭りの後の一抹の寂しさとともに静かに年の瀬を過ごしたいと思います。
Unknown (狼魔人)
2007-12-27 18:14:48
◆komoさん

>結局は政治・思想的主張の道具でしかなかったのかな

このようにあいまいな決着でお茶を濁すくらいだったら、いっそ中国のように、政府は教科書を「政治・思想主張の道具」だとはっきり宣言した方がすっきりします。

◆ヒロシさん

元々国史というものは自国の正当性を主張する要素があるもので、

自国の歴史教科書ともなると自国を非難・誹謗する記述をこんなに大騒ぎして書くように要求する国は日本を除いて他に知りません。

いっそ検定制度を廃止して国定教科書にでもした方がまだ健全かとも思えます。


◆きんじょうさん

いずれにせよ両陣営から不満のでるようなあいまいな記述を教科書に載せていいのかと疑念起きます。

少なくとも「裁判」の決着(最高裁判決)までは、「集団自決」は記載しても、

「命令・強制・関与」等いずれも記載しないのが高校教科書レベルでは適当だと思いますがね。

大東亜戦争の原因や、原爆投下の原因さえ高校教科書では習った記憶が無いのに、

「集団自決」だけことさらその原因を日本軍に求める理由は・・・彼らが日本を貶める勢力に他ならないからでしょう。

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
おいおい、これじゃ駄目じゃね~か (そしてぼくらは途方にくれる ~人権という名のファシズム~)
「集団自決」首かしげる記述が次々パスに http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071226-00000937-san-pol 「強制集団死」「沖縄県民大会開催」「意見書可決」「検定制度批判」…。 26日に公表された沖縄戦集団自決をめぐる高校日本史教科書の訂正申請記述では、 検定の...