狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

翁長氏が公約変更!石破氏は幹事長職を明け渡せ!

2014-07-28 07:29:49 | 県知事選

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

沖縄県内の「告別式」最新情報

新聞止めても、各地域の折込チラシが見れます。
【公式】Shufoo シュフー - shufoo.net

 

 

羽が有っても鳥ではない。

鳥か獣かどっちつかずのコウモリ男が、名護市長選に出馬し敗北を喫した。

保守を標榜しながら地元紙に媚びて「県外移設」を主張、最後は追い詰められて「辺野古誘致」を強要されたが、時既に遅し・・・打つ手はすべて手遅れだったことが記憶に新しい。

 

11月の県知事選を目指し、今度は「元祖・コウモリ男」が出馬するという。

「根っからの保守」と言いながら米軍基地撤去を主張する共産党や社民党と連携し「辺野古撤回」を公約にする翁長雄志那覇市長のことだ。

昨年1月の東京行動を主導した「オール沖縄」を立候補の根拠にするため「辺野古撤回」が公約かと思いきや、ここにきて何と公約変更を模索し始めた。

「元祖コウモリ男」の面目躍如というところだ。

翁長氏を擁立する那覇市議団と野党側が協議してまとめた当初の基本姿勢は「承認を撤回し政府に事業の中止を求める」であった。

「オール沖縄」や「建白書」を出馬の根拠に出馬する翁長としては、仲井真知事が承認した辺野古埋め立ての「撤回」を公約に掲げることは当然のことだ。


ところが、県政野党五団体と「保守系」那覇市議団(自民党県連に除名処分を受けた面々)、経済界有志(かりゆしホテルと金秀の2グーループ)の三者が二十五日に集まり公約変更に合意したというのだ。

とんだ「裏切り行為」だが、「元祖・コウモリ男」としては当然の結果だ。

26日付け沖縄タイムスは、翁長氏の「公約変更」について次のように報じている。

反辺野古で脱革新共闘

協定合意 自民県連は追及へ

十一月知事選で普天間飛行場の名護市辺野古移設に反対する翁長雄志那覇市長の擁立に向け、県政野党五団体と保守系那覇市議団、経済界有志の三者が二十五日に集まり「基本姿勢及び組織協定」に合意し、”脱革新共闘”へ向けた歯車が回りだした。
野党側が協議してまとめた当初の基本姿勢は「承認を撤回し政府に事業の中止を求める」との文案だったが、安慶田氏らと調整した結果「新しい知事は承認撤回を求める県民の声を尊重し、辺野古新基地は造らせない」に修正した。

理由は二つ。

実際に承認を撤回し、国を相手にした行政訴訟となると敗訴の可能性が高く、逆に埋め立てを正当化してしまう懸念が野党側からあがったこと。 加えて翁長氏の周囲は「保守政治家の辞書に反対はあるが撤回はない」とすでに決まった行政手続きを白紙に戻す抵抗感が翁長氏にあると代弁する。

野党側が保守・経済界側に譲歩し、表現が弱まったようにも映る。

沖縄タイムスは「公約変更」を「表現が弱まったようにも映る」などと「弁護」するが、公約変更に間違いない。

要約するとこうなる。

当初⇒「承認を撤回し政府に事業の中止を求める」

修正後⇒「新しい知事は承認撤回を求める県民の声を尊重し、辺野古新基地は造らせない」

当初は「承認人撤回」「中止」などと「辺野古移設反対」を明確に表明していたが、修正後は「承認撤回を求める」のは「県民の声」と責任を県民に転嫁し、本人はそれを「尊重する」と極めてわかりにくい表現になっている。

しかも変更した理由が驚きだ。

実際に承認を撤回し、国を相手にした行政訴訟となると敗訴の可能性が高く、逆に埋め立てを正当化してしまう懸念が野党側からあがったこと

> 加えて翁長氏の周囲は「保守政治家の辞書に反対はあるが撤回はない」とすでに決まった行政手続きを白紙に戻す抵抗感が翁長氏にあると代弁する。

なんと承認撤回は事実上不可能と翁長氏自身や支援する野党側が認めているのだ。

事実上不可能な「承認撤回」を公約に掲げ、あたかもそれが実現可能のように県民を扇動することは「元祖・コウモリ男」を通り超して、鳥は鳥でも「サギ(鷺)男」あるいは「ウソ(鷽)男」の謗りを受けても仕方がない。

 >「保守政治家の辞書に反対はあるが撤回はない」

ならば「承認撤回を求める県民の声を尊重し、辺野古新基地は造らせない」という公約は大嘘になる。

しかも、翁長擁立で共闘する共産党ら野党五団体は「辺野古移設が実現することは事実上やむをえない」と認めたのである。

翁長擁立の以前から、「オール沖縄」や「建白書」が既に空中分解していることを再三指摘したが、ここに来て翁長氏を擁立する「保革共闘」が砂上の楼閣に過ぎないことを暴露してしまったのだ。

後は不確実な「沖縄情報」に惑わされて、最強の候補者・仲井真氏の擁立に難色を示す臆病者・石破氏が、安倍首相の意思通りさっさと幹事長の椅子を明け渡し、安保法制関連の大臣として閣僚入りすることが、国益に叶うということを胆に命じるべきである。

 続投狙う石破幹事長、首相は入閣念頭…綱引き

2014年07月27日 10時21分

  • <noscript></noscript>
     

 9月上旬に行われる内閣改造・自民党役員人事を巡り、安倍首相と石破幹事長の人事を巡る綱引きに党内の注目が集まっている。

 石破氏は幹事長続投を狙うが、首相は石破氏の入閣も念頭に置いているとされるためだ。党の人事や資金の配分に大きな権限を持つ幹事長ポストへの関心は高く、党内の駆け引きが激化しそうだ。

 安倍、石破両氏は24日、首相官邸で約1時間に及び会談した。主な議題は内閣改造・党役員人事だったといい、関係者によると、首相は、「次の内閣改造では、新設する安全保障担当相が重要だ」と語り、集団的自衛権を限定的に行使するための法整備などを担う安保担当相の役割について力説したという。

 党内では、防衛長官や防衛相を歴任し、安保政策に精通する石破氏が安保担当相に適任だとの声が根強い。加えて、石破氏の幹事長在任期間が9月で2年になることから、主要派閥からは、「そろそろ交代時だ。本来は派閥領袖を据えるべきだ」(党三役経験者)などと求める声も出ている。

2014年07月27日 10時21分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
 
            ☆
沖縄2紙の顔色を窺い、間違った「沖縄情報」で右顧左眄する臆病者の石破幹事長は、即刻幹事長のポストを明け渡し、閣内に入って安倍首相を補佐すべき、と思う方、
 
クリック応援お願いします。
 
 
 
 よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
 
■御知らせ■
 

▼▼▼▼▼▼
【インターネット同時中継in琉球大学】
第6回広島平和ミーティング
~9条盲従平和主義で日本は守れるか?~

 

【と き】平成26年8月6日(水)18:00~20:20(開場17:30)
【ところ】琉球大学 文系総合研究棟303(法文学部エリアにある新しい建物です。)
【講 師】井上和彦氏(軍事ジャーナリスト)、KAZUYA氏(youtube 「KAZUYA Channel」)、田母神俊雄氏(第29代航空幕僚長)
【演 題】「ヒロシマ反核平和の終焉Ⅱ」~9条盲従平和主義で日本は守れるか!?~
※参加費無料(カンパ大歓迎です!)

【備 考】このイベントは同日広島で行われる日本会議広島主催「8.6広島平和ミーティング」をインターネット中継するものです。井上和彦氏、KAZUYA氏、田母神俊雄氏が琉球大学に実際に来られるものではありません。
【主 催】琉球大学公認サークル「沖縄から日本を考える学生の会」(部長:法文4年 外間 完信)
【連絡先】電話:070-5279-1139(部長外間)、メール:new.okinawa.proud.japan@gmail.com

8月6日原爆忌に、広島の方で行われている「広島平和ミーティング」(日本会議広島主催)。まず、原爆犠牲者を悼み、そして、世界情勢を見て見ぬふりをし、「核廃絶」、「戦争反対」を繰り返すだけの「口だけの平和主義」の欺瞞性を問う試みとして行われてきました。尖閣を盗り、さらには西太平洋まで覇権を広げたい中国の軍事行動に晒される沖縄。本来は、この解決策を考えるべき沖縄の言論空間ですが、逆に反基地、反政府的で極左イデオロギー丸出しの言論ばかりが支配しています。その牙城である琉球大学において、井上和彦さん、田母神俊雄さん等の専門家のお話から、現在の危機を見つめ、現実的に安全保障と平和を考えていくイベントを行うことは有意義だと思います。お時間のある方は、是非、ご参加下さいませ。(部長外間)
▲▲▲▲▲▲

 

 ■御知らせ■

※訂正とお詫び
下記口頭弁論は原告・被告双方の代理人による非公開の口頭弁論となりましたので、傍聴は出来ません。
したがって6日当日参加できるのは午後2時よりの「報告会」のみになります。
訂正しお詫びいたします。

 

【第2回 口頭弁論のお知らせ】

 

日時:8月6日(水曜日) 午前11時45分~12時まで

場所:那覇地方裁判所(那覇市楚辺)

 

【報告会のお知らせ】

翁長市長を相手取った、福祉団体問題と久米孔子廟問題の住民訴訟について各担当弁護士を交えて行います。

日時:8月6日 開場:午後1時半より 開会:午後2時

沖縄県立博物館・美術館 実習室にて行います

会費は無料です。

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 



「沖縄内なる民主主義6」(A4版・60ページ・600円税抜き)近日発売。
普天間飛行場の違法な封鎖行為。
野嵩ゲート前のゾンビたち。
名護市長選における革新勢の嵐のような選挙違反行為
歴史に残る彼らの犯罪行為の一部始終を写真と文字で再現。
「沖縄内なる民主主義6」は永久保存版です。

狼魔人日記でネット先行販売しています。
申し込みはメールでできます。
ブログ 狼魔人日記
メール ezaki0222@ybb.ne.jp

価格850円(税・送料込み)

 

 

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 仲井真氏三選出馬表明! | トップ | 沖縄県知事選、石破氏を更迭... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2014-07-28 09:15:23
これで「コウモリ男」も終わったねwww

立候補断念かもよ。
指令が無い限り (安仁屋 正昭)
2014-07-28 14:07:11
ところが極左の伊波氏での調整は、時間が足りない。
県内の選挙結果を振り返れば、公明党が外れた革新共闘では保守候補に勝てないことは明白
それじゃぁ、公明を取り込めるか?公明も伊波氏では困る、自民への言い訳が見つからない。
かと言って、公明も政権を離れれば、自民党の依頼で次世代や維新から政教分離を追及され、権力と財力で縛ってきたメディアの創価問題情報が世間にあふれてしまい、内部分裂の再来が不可避となるでしょう。
故に、統一地方選挙後は、仲井真氏の推薦にまわることになる可能性が大。
何れにしても翁長氏は、政治生命をかけて出馬することになるでしょう
もともと、支那の共産党の指令が無い限り、勝手に取りやめることは許されませんからね。その支那も崩壊のカンフル剤に翁長氏を使う以外にないでしょうし。
秋の沖縄知事選挙は、地方の首長選挙にとどまらず、事実上の一大決戦となるかも知れませんね。
飛んで火に入る夏の…中二病(笑)① (越来のK本S子)
2014-07-28 16:23:03
土曜日の琉球新報を見てみたら、↓こんな記事が。

・自由研究、市民ら取材 移設問題 学校で伝えたい
http://img01.ti-da.net/usr/m/i/c/michisan1/%E6%96%B0%E5%A0%B114.07.26s%E9%B3%A9%E5%B1%B1%E6%B0%8F%E3%81%8C%E8%BE%BA%E9%87%8E%E5%8F%A4%E8%A6%96%E5%AF%9Fsk2k.jpg


この、西原町の中学3年生のキャンくん、夏の自由研究に、ヒトから退化したサルの生態系でも調べて、ジュゴンの海の生態系がいかにこいつら“外来種”によって脅かされてるのかを「学校で伝えたい」のかと思いきや…、

どうやら、ヒトから退化したサルどもの代弁者になるだけだそうです(笑)。
飛んで火に入る夏の…中二病(笑)① (越来のK本S子)
2014-07-28 16:27:38
上で紹介した記事の画像のアドレス、追加です。

http://img01.ti-da.net/usr/m/i/c/michisan1/%E6%96%B0%E5%A0%B114.07.26s%E9%B3%A9%E5%B1%B1%E6%B0%8F%E3%81%8C%E8%BE%BA%E9%87%8E%E5%8F%A4%E8%A6%96%E5%AF%9Fsk1k.jpg


さて、そんな、ヒトから退化したサルどもの代弁者に成り下がったキャンくんの、中学3年生の中二病発言をお聞きください(笑)。


>基地が造られると、また沖縄が戦場になるかもしれない。戦争になって徴兵の赤紙が来る未来を考えたくない

まず、普天間基地の辺野古移設は、新しい基地を造ることじゃないよ中3の中二病~(笑)。

それに~、徴兵だの赤紙だのって、ボクちゃん、頭ダイジョブ(笑)?

先日、安倍総理が徴兵だの赤紙だのは憲法上ありえないって国民に説明したの、知らないんだ~(笑)。


さすが、ヒトから退化したサルどもの代弁者。

ヒトの話、まったく聞いてない~。聞く気がない~(笑)。
飛んで火に入る夏の…中二病(笑)① (越来のK本S子)
2014-07-28 16:49:06
>元気に運動できることも、不良が不良でいられることも平和だからだ。それすらもできなくなる戦争は起こしたくない

…不良が不良でいられること、だって~(笑)?

さすが、中3の中二病の言ってること、何言ってんのかまったく理解不能~。意味不明~(笑)。


そうそう。ボクちゃんが話聞いたヒトから退化したサルどもなんだけどさ~…、その不良以下の存在ですから~(笑)。


>こんなに多くの県民が毎日来ているのに、(政府関係者などの)偉い人は誰も説明しに来ないことに疑問を持った

…偉い人は、誰も説明しに来ない、だって~!?

…そいつら、いくら偉い人が説明しに来ようが、最初からヒトの話を聞く気ない連中ですから~(笑)。


そもそもそいつら…、ヒトの話を聞いて受け止めるだけの知性なんて持ち合わせてないから~(笑)。

そんな知性持ち合わせてないから、毎日仕事もしないで、そうやってランチキ騒ぎして遊んで暮らしてるわけさ~(笑)。


>集団的自衛権の話も基地問題も戦争できる国につながることを友人にも知ってほしい

はい出ました~。集団的自衛権も普天間問題もいっしょくた~(笑)。

そして何より、国民の100人に1人も支持されてない泡沫政党・社民党の伝家の宝刀、戦争できる国~(笑)。


そうそう。友人に知ってほしい、だって~?

その友人からは、こうツッコまれると思うよ~。


…さっさと病院行ったほうがいいよ~、てね(笑)。


記事の写真見たところ、帽子も被ってないみたいだけど、このところの暑さで、アタマがオーバーヒートしちゃったんじゃないかなボクちゃん(笑)?

熱中症には、くれぐれも気を付けてね~(笑)。
Unknown (東子)
2014-07-28 17:31:23
辺野古反対はポーズというポーズってことは、ありませんか?(うわぁ、ややこしぃ)
いやにあっさり「承認撤回しない」にまとまった感がありませんか?

「両論併記で決着 辺野古埋め立て承認百条委 2014年7月15日」
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=76630

>Aグループは社民・護憲、県民ネット、共産党、社大党の野党4会派。
>政府が県に提出した埋め立て申請の審査過程で、県環境生活部(当時)が環境保全への懸念を払拭(ふっしょく)できないとしたにもかかわらず、知事が承認したことを政治的判断と指摘、「ごう慢で不透明な判断で導き出した承認は撤回されるべきだ」としている。

百条委員会で知事の違法性を証明できなかったにもかかわらず、両論併記をねじ込んで「承認は撤回されるべきだ」と書いたんですよ。

翁長氏が当選しても「承認撤回」しませんから、安心して投票してください~と油断させて、当選したら「撤回!」と言う!?
妄想してしまうわ。
Unknown (igoigo)
2014-07-28 20:10:56
>臆病者・石破氏が、安倍首相の意思通りさっさと幹事長の椅子を明け渡し、安保法制関連の大臣として閣僚入りすることが、国益に叶うということを胆に命じるべきである。

先の名護市長選といい、東京都知事選といい、最近の地方選挙においても、石破幹事長の人選に於けるセンスのなさには呆れかえる。

この方は舛添知事同様マスコミに媚びる発言をすることでマスコミが己を応援してくれることを自分の政治力と勘違いしているのか、逆に利用されていることが判らず、国益とは何かという前提においての洞察力に欠けているように見える。全てが行き当たりばったりの薄っぺらな策ばかりだ。

ここら辺は安倍首相とは雲泥の差がある。
この方はブログ主様の指摘どおり、防衛大臣室で戦闘機や軍艦のプラモで遊ばせておいた方が良い。

コメントを投稿

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL