狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

日本の未来を占う?滋賀県知事選

2014-07-12 06:27:23 | 県知事選

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

沖縄県内の「告別式」最新情報

新聞止めても、各地域の折込チラシが見れます。
【公式】Shufoo シュフー - shufoo.net

 

 

明日投開票の滋賀県知事選挙が「自民vs民主」の代理戦争でデッドヒートが白熱化、泥仕合の様相を呈しているという。

滋賀県知事選「怪文書」で泥仕合に… 自民VS民主の死闘反映か

遠く離れた他県の知事選に当日記が特に注目するのは、次の3点。

①安倍内閣の集団的自衛権の行使容認以後、初めての県知事選

②滋賀県知事選の結果が11月の沖縄県知事選に及ぼす影響

③「ネットvs新聞」の選挙戦

特に③は、沖縄市長選で世論調査などでは絶対的に不利といわれていた保守系の桑江候補がネット世代の若者の票を独占し、逆転勝利したことが記憶に新しい。 これで新聞など活字媒体が行う世論調査が信用できないということが証明された。

滋賀県は県内に10大学が立地し、人口10万人当たりの学生数が全国3位を誇る若者の県。

国内の選挙では若者の低投票率が話題になるが、滋賀県の未来を担うネット世代の学生らの目に県知事選るのか。 興味津々である。

 

滋賀知事選、自民・野田総務会長「問題は三つ」

2014年07月10日 11時06分

 滋賀県知事選(13日投開票)は最終盤を迎え、与野党が追い込みに全力を挙げている。

 読売新聞社の情勢調査(3~5日実施)などを基にした分析では、自民、公明両党推薦の小鑓(こやり)隆史氏と民主党前衆院議員の三日月大造氏が横一線で接戦を展開。党幹部を相次いで投入するなど、国政選挙さながらの戦いとなっている。

 自民党の野田総務会長は9日、同県東近江市の企業で開いた集会で演説し、「問題は三つある。知名度の低さ。集団的自衛権の行使容認は中身がよく分からず不安だという国民の声。一部の自民党議員の失言やヤジの問題だ」と述べ、危機感をあらわにした。

 政府・自民党に対する批判が戦況に影響しているとみて、自民党は総力戦を展開する。石破幹事長は地方議員に個別に電話で発破をかけ、9日は自ら現地入りし、15か所ほどの企業・団体を回った。茂木経済産業相や小泉進次郎内閣府政務官らも応援に入った。

 公明党も幹部らが滋賀入りし、小鑓氏支援を進めている。党支持層には集団的自衛権の行使容認に慎重な声もある。行使を限定容認する閣議決定翌日の2日、山口代表が党本部で経緯を説明した様子を収めたDVDを県本部や支持母体・創価学会に回覧し、理解を求めている。

2014年07月10日 11時06分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

              ☆

元民主党議員の三日月氏は、国民の信用を失った古巣・民主党が前面に出ない「民主隠し」に徹している。

「民主隠し」で表面上は組織票を持たないので、三日月氏を後継者に指名した嘉田氏が連日応援し、無党派層にも浸透している。

また「セクハラやじ」などメディアが煽った自民党への逆風を利用して支持を着実に広げ、政府・与党との対決色を強めている。 

ところが三日月氏がいくら「民主隠し」という姑息な手段を弄しても、ネット世代の若者は、三日月氏の正体が、「労組の操り人形」という事実を難なく暴くだろう。

三日月氏の衆議院時代の公約を見れば、反日親韓が多い民主党の中でも飛びぬけていた。

三日月氏の衆議院議員時代の公約

①永住外国人への地方選挙権付与に賛成。
②憲法改正に反対。
③集団的自衛権の行使を禁じた政府の憲法解釈を見直すことに反対。
④日本の核武装について検討すべきでないとしている。
⑤原子力規制委員会の新基準を満たした原発は再開すべきとしている。
⑥女性宮家の創設に賛成。
⑦選択的夫婦別姓制度の導入に賛成。

衆議院議員在職時に所属していた議員連盟

①日韓議員連盟
②在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟

国民に見放された民主党時代の前歴を「民主党隠し」という姑息な手段で県民を騙すような人物が県知事になることを滋賀県の若者は決して許さない、と確信する。

               ☆

>自民党の野田総務会長は9日、同県東近江市の企業で開いた集会で演説し、「問題は三つある。知名度の低さ。集団的自衛権の行使容認は中身がよく分からず不安だという国民の声。一部の自民党議員の失言やヤジの問題だ」と述べ、危機感をあらわにした。

確かに自民、公明両党推薦の小鑓候補の知名度が低いのは厳然たる事実だが、「集団自衛権」や「ヤジ問題」は、自民党執行部が恐れるほどの問題ではない。

理由は当初保守系候補が不利といわれていた沖縄市長選で、ネット世代の若者の票を集めて逆転勝利した事実だ。

最近の活字メディアによる所論調査など、臆病者の石破幹事長が恐れるほどのことはない、ということだ。

滋賀県知事選の保守系候補と沖縄県知事選の仲井真県知事とを、比較すると現職の仲井真氏が小鑓氏に比べて圧倒的知名度を誇るのは周知の通り。

他の「二つの問題」もネット世代の若者にとっては本質的問題ではない。

滋賀県知事選で自民、公明両党推薦の小鑓が勝利したら、仲井真氏の勝利は確定したようなもの。 百歩譲って敗北したとしても、僅差なら仲井真氏の勝利は、石破氏の難色にも関わらず、揺るぎないものになる。

安倍首相が断行した集団的自衛権の公使容認という当たり前のことを、国民は(特にネット世代の若者は)どのように捉えているのか。

いずれにせよ、明日の滋賀県知事選挙の結果が待ち遠しい。

 

 

『佐賀県』 ジャンルのランキング
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 空中分解の「オスプレイ神話... | トップ | 国の自衛権は憲法ではなく行... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
血の掟 (町工場の親方)
2014-07-12 07:49:30
>そうそう。今日の琉球新報に、こんな記事が。

・県内病休教員420人に 過去最多、精神疾患4割
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-228361-rytopic-1.html

>>諸見里明県教育長は、「沖縄の教員に病休が多い理由は特定できていないが、県教育委員会も、学校に保健師を派遣するなど対策している。さまざまな視点で相談体制を検討していきたい」と述べた。

へぇ~、そ~なんだ~。
こっちは、いろいろと思い当たるフシあるんだけど、あんたが思い当たらないだけなんじゃない?
…竹富町のケダモノといっしょにダダこねた、昼行灯のあんたにはさ(笑)。
それにさ、その理由を生み出してる要因の一つが、この記事に載ってるじゃんか(笑)。

>>狩俣信子氏(社民護憲)、西銘純恵氏(共産)

♪もしかしてだけど(もしかしてだけど)×2
極左に逆らった先生が精神疾患扱いされてんじゃないの~?
そういうことだろ。ジャン(笑)。

上記、文章を拝見し、それに関し、書き込みさせていただきます。

血の掟=沈黙服従の掟

シチリアのマフィアのメンバーは、いかなることがあっても組織の秘密を守ることが求められ、メンバーになるときこれを誓約する。これに反して秘密を暴露した場合は激しい制裁が加えられる(突然行方不明になり、口には石が詰められ拷問を受けた跡のある惨殺体でのちに発見されるお礼参りの例が多数ある。これを防ぐためにアメリカでは証人保護プログラムが存在する)。また、この掟はメンバー内に限らず一般住民にも求められ、観光客がマフィアについて尋ねたとしても一切答えないことがある。

以下のような掟があります。

1.第三者が同席する場合を除いて、独りで他組織のメンバーと会ってはいけない。
2.ファミリーの仲間の妻に手を出してはいけない。
3.警察関係者と交友関係を築いてはいけない。
4.バーや社交クラブに入り浸ってはいけない。
5.コーサ・ノストラにはどんな時でも働けるよう準備をしておかなくてはならない。それが妻が出産している時であっても、ファミリーのためには働かなければならない。
6.約束は絶対的に遵守しなければならない。

チャンネル桜掲示板ーーー平成17.5.7.
・・・
NHKは長いこと、労組委員長をした、上田哲が社会党の国会議員をしていたため、非常な権力を揮い、NHK幹部は全く頭が上がらない状態でした。
地元で威張り散らす議員はいないので、政治に関心のない、善良な国民はよくわかりませんが、鈴木宗男を見るまでも無く、国会議員は大変な権力を持っています。マスコミの組合幹部は左翼思想の持ち主であり、したがって、左翼に不利なこと、反左翼的なことは報道されない仕組みになっています。
反面、左翼偏向番組を作りたい、左翼的色合いの濃い報道をしたい意欲は強くあります。いつだったか、「チャンネル桜の」 の、《週間褒め殺し》 で、小山和伸教授が、「一つの学校に職員が三十人いても、確信犯的左翼思想の持ち主が三人いれば、組織をその支配下におくことが出来る」 と語っていましたが、その通りです。個々には反対の保守思想、自由主義的考えを持つ者も、個人で彼らと戦うのは、余程の信念、度胸の持ち主で無い限り至難の技です。

個人は弱く、左翼には強烈な思い込み、信仰心と、全国的なネットワークがあり、左翼弁護士も多くいるので、一般の人はその前に皆黙っています。
NHKでも、上田と左翼労組に睨まれたら、前途真っ暗と、怯えた善良な職員や管理職の人間が大勢いたのは間違いありません。
左翼は人間の恐怖心を徹底して利用します。
世界中どこでもそうです。

三重県の日教組の組織率が90何%という異常な高率なのは、組合に入るメリツトと入らないデメリットを較べた場合、入らないデメリツトがあまりにも大きいからです。組織率の高いところは同様です。入らない場合、その人間は組織から酷い苛め、嫌がらせを受け、「周囲は皆敵」 という孤立無援の状態となり、そうでなくとも孤立に弱い日本人は参ってしまいます。

最近評判の雑誌 「WILL」 05年5月号に、元 「諸君!」 「文芸春秋」 編集長で、三島由紀夫とも親しかった、堤堯氏が 「人われを 『朝日の天敵』と呼ぶ」 の中で以下のようなことを語っています。

・・・・『諸君!』 の編集長だった頃、朝日の科学記者・木村繁氏に連載を依頼した。連載のタイトルは 「日本を支える人と技術」 平明・達意の文章で、日本の高度成長を支える人と技術を活写して、毎号の記事がたのしみだった。ところが、ある日。締め切りを一週間後に
控えて、木村氏が浮かぬ顔して現れた。
「申し訳ない。連載を降ろして下さい」 何事かと訊いてみると以下の次第だった。編集局の幹部に呼び出され、「君があのような雑誌に連載していることを、苦々しく思っている者が社内に多い。かくいうボクも不愉快だ、といわれましてねえ」 「勝手に思わせておけばいいじゃないですか。別して思想的なことを書いているわけじゃないんですから。どんどん書いて本にしましょうよ」 「いやいや、あれは止めろというご宣託なんです。続ければ恐ろしいことになります」 「恐ろしいこと?」 「ハイ、日本で敵に回して一番恐ろしい軍団はうちの社
会部です」 聞けば、かって木村氏が原発容認とも受け取れる記事を書いたところ、怪文書が飛び、挙句は社の玄関先で糾弾のビラが撒かれるにいたった。
「お前、ほとぼりが冷めるまでアメリカに言って来い、というわけで一年間島流しになりました。またぞろ島流しですよ。子供の学校のこともありますし、そんなことになったら困るんです」 心底怯えている様子で、引き止める言葉を失った。
「いいですか堤さん、ウチの社会部に睨まれたら最後です。この日本では生きていけませんよ。盗聴、ガサ入れ、何だってやる連中ですから。覚えておいたほうがいいですよ」 木村氏の最後の言葉はいまだに耳朶に残っている。すでに木村氏は鬼籍に入った。だからこんなことが書ける。
続き (町工場の親方)
2014-07-12 08:00:55
「民主党の癌」・・ 昨夜のチャンネル・桜、報道ワイドを聞いて。ーーー平成17.1.16.

昨夜の報道ワイドで、水島社長が民主党の党首に対し、、かっての社会党と同じような、対案を出さず自民党に反対している、と批判されましたが、その際、「民主党事務局には、旧社会党の人間がいるように聞いている」 という表現をされました。その問題は日本国民にとって非常に深刻な問題と考えますので、昨年三月、「民主党の癌」 の題名にて、<朝日新聞を叩き潰す掲示板>に書き込んだものを紹介させていただきます。お読みになった方はご容赦ください。

西尾幹二のインターネツト日録 九段下会議 (五) 2004/03/14(Sun)
平成1年11月の総選挙の結果は、危機を一段と深めた観がある。自民・民主の保守二大政党の対立であるかのごとくいわれたが、民主党はいささかも保守ではない。その民主党がマニフェストをさらに詳細にした 「民主党政策集 私達のめざす社会」 (10月20日発行)を出しているが、それをみると、旧社会党が乗り移ったかのような内容であり、他方、対する自民党のマニフェストもとても保守とはいえない無自覚な政策不在をさらけ出している。

「民主党政策集 
「私達のめざす社会」 はジェンダーフリー社会の樹立、夫婦別姓の導入、盗聴法廃止、外国人参政権付与法案、国立追悼施設の建設などなど、あっと驚くような時代逆行の標語のオンパレードである。慰安婦救済のための戦時性的強制被害者問題の解決の促進に関する法律案とか、国会図書館法改正案(恒久平和調査局設置)といった提案もある。戦後処理はまだ終わっていないというこの姿勢は、言論界で論争し尽された理性の判断を無視している。外交政策は中国
よりで、「アジア不戦共同体」 を築くなどと呑気なことを述べている。

基本に警察・自衛隊不信があり、集団的自衛権の確立もめざしていなければ、専守防衛堅持,非核三原則墨守のままで、旧社会党とまつたく何も変わっていない。幹部は国旗・国歌に否定的で、日米安保体制を軽視し、うす甘い国連中心主義などを唱えている。自由党と合体して民主党は保守の体質を強めたなどというのは大ウソである。社民党と共産党が選挙で没落した代わりに、両党のイデオロギーがそっくり民主党に乗り移っただけなのだ。・・・・

これに関連して、先日拉致問題に関する講演会を聞き、私がショックを受けた、重要な情報について述べさせていただきます。
社民党(旧社会党)は見るも無残な状態となってしまいました。 社会党本部実態は、野村旗守編 「社会党に騙された」 宝島社 に赤裸々に述べられています。先日、昨年秋の衆院選大敗の結果、社会党は本部職員の大幅なリストラをしなければ、どうにもならない状態に追い込まれたにもかかわらず、全然進まない、と新聞だか、週刊誌だかで読みました。彼らを拾って救おうという奇特な組織や団体も見当たらず、かってのことを思うと、ある面では自業自得とは言え、そぞろ哀れを催しました。 彼らは従来の延長線の上で考えて時代の変化を読めず、二進も三進も行かなくなってしまった人間といえます。
私は講演会で、質疑の際に講師の方が、「社会党本部にいた、社会主義協会派系の人間達は、社会党分裂の際、社会党に見切りをつけて、多くが民主党に潜り込み、民主党本部事務局の職員として働いている」 と話されたのを聞き、深刻な思いをしました。

「こんな連中(=協会派) が民主党の事務局に潜り込んで、いろいろ暗躍、画策しているからには、民主党が健全な国民政党になってもらえれば」 などと考えるのは、全くの期待外れ、甘すぎる、と言う以外にありません。社民党事務局に残り、リストラによる生活不安に怯えている人間は、むしろ愚直だったがために、現在苦境に立たされていると言えます。
昔、総評を構成した、大組織の県支部の委員長(社会党右派の人間)が、「事務局に協会派がいるので、事務局の中では何もしゃべれない」 と語っていた、と聞いたことがありす。
言うまでもなく、「協会派」 はガチガチのマルクス主義者、階級闘争至上主義で固まった集団で、金日成の 「チュチェ思想」 の信奉者も多く、理論的支柱だった向坂逸郎などは、思想、言論の自由など全く認めない人間でした。

かって協会派が幹部となっている、官公労の組合の現場管理者は、階級憎悪による、いじめ、嫌がらせ、にさらされ、地獄の毎日でした。
暗い気持ちで毎日職場に通わねばならなかった人たちと、その家族を思うと激しい怒りが湧きます。
しかし、「築地」(=「朝日(チョーニチ)新聞」 を始め日本の左翼マスコミは、その酷い陰惨な実態については何も報道しませんでした。
なにしろマスコミが書かず、報道しないので、民主党本部事務局にそんなのが多くいるとはほとんどの人が知りません。「民主党は旧社会党から来た左派が問題だ」 とネットの上でもよく言われていますが、むしろそれよりも民主党の 「癌」 は本部事務局にある気がいたします。西尾名誉会長が述べていることと、本部職員の実体を考えると、「築地(チョーニチ)」 は今後、陰に陽に、あるいは露骨に民主党をバツクアップし、肩入れするのは間違いありません。この点よく注意して見ていく必要があると考えます。

※、国会図書館法改正案(恒久平和調査局設置)・・これは戦前日本軍がいかに外地で酷い、残虐な行為をしたか、を調べ記録に残すというもので、現在の支那・中共、韓国の言い分のような真っ赤な嘘、出鱈目が記録されるのは間違いありません。
危惧したとおり、ハト山、菅、野田の民主党政権下で官邸と各省庁は協会派が乗り込み、無茶苦茶になりました。官邸には左翼過激派がフリーパスで出入りする状態でした。

碩学・大沢正道先生が、出しているミニコミ紙、(月一回発行)ーーー(ぱる出版)より引用致します。

大沢正道ーーー「ガラガラへび」・・・平成22.10.15.

・・・中国共産党の傍若無人な脅しに屈して、かの船長を釈放したのをきっかけに、一気に燃え上がったのが、わが日本国民である。

その頂点は10月2日、東京渋谷で2670人を結集しての反中国デモだった。

正式の名称は、「10.2.中国の尖閣諸島侵略糾弾!全国国民統一行動」。当日は東京のほか、秋田、宇都宮、鎌倉、名古屋、徳島、松山、岡山、熊本等々の市でも抗議の声が上がっている。

米国のCNN、ロイター、『ウォール・ストリート・ジャーナル』、フランスのAFP、シンガポールのチャンネル・ニュース・アジア、香港のフェニツクステレビ、(中国名、鳳凰洞)

、中東のアルジャジーラ、等々によって、戦後最初の大規模な反中デモとして、この抗議運動は全世界に流れた。老齢、足弱の私は申し訳ないが参加しなかったけれど、ネットの動画を通じてその模様をつぶさに見ることができた。かって反安保の折に自然発生的に生まれた声なき声のデモというのがあったが、外見はそれに似ていた。

老若男女が手に手に日の丸やプラカードを持ち、雑然ではあるが指揮者の指示に従って元気一杯に行進している。右でも左でもない、わが祖国を守ろうという気分で一杯だった。

ここで驚いた事件がふたつ起こった。

この戦後最初の大規模な反中デモの放映や報道をまったく流さなかった国が二つあったこと。

一つは言論統制で鳴らす中国。これは別に驚きじゃない。しかし、フェニックスの映像はいくらか中国本土にも流れ込んだといわれている。

いま一つは言論の自由を誇るわがニッポン!こういうのをウソのようなホントのことっていうんだろう。これまでも保守系のデモや集会を黙殺するのが大マスコミの常だった。

だが10.2.デモは今回の事件の天王山である。

事実、中国共産党政府は周章狼狽し、政策を転換、それが10.4の日中首脳廊下ヒソヒソ話につながつた。中国政府は自国の世論だけでなく、日本の世論にもすごく敏感である。それに比べてわが大マスコミの鈍感なこと、朝日何ぞの大マスコミは、「日中会談へ極秘交渉、仙谷ルート構築」、とさも、「官邸外交のお手柄」、みたいに煽っているが、(『朝日新聞』、平成22.10.6.)、10.2.のデモの成功がなかったら、日中首脳は廊下ですれ違っていたことだろう。

>だが10.2.デモは今回の事件の天王山である。

わが国の天王山と言える、事件をどの新聞も、一行も書かず、テレビは一秒も画面を流しませんでした。
新聞・テレビ、マスコミ報道において、現代日本はまったくの、暗黒社会です。






Unknown (東子)
2014-07-12 08:35:56
>ネット世代の若者の票

に、私が期待するのは、
  ネットから情報を得て、マスコミの誘導に乗らない
だけでなく、
  しがらみがない
こと。

社会で働いていると、どうしてもしがらみがでてくる。
政治思想は○○でも、取引や経済政策、所属する団体の利益代表では△△となる。
行き過ぎれば利権の温床であるのだが。
でも、地方政治は特に政治思想だけでなく、福祉、経済など、生活に密着した部分の政策で選ぶのは、当然と思う。
これも、政治家を選ぶ基準の一つなのだから。

その点、学生は正義感だけで選べる。
世の中、そういうのを青臭いと言うけれど。
青春、まさに青春。

いつも沖縄サヨクが騒ぐのを見ていると、青春の逆の玄冬(げんとう)に入ると、また政治思想だけで選べるのかと思う。
捕まっても生活に影響のない65歳以上の運動員を募集したりしているのを見るにつけて。
Unknown (タマ)
2014-07-12 13:09:23
昨日からしか見てませんが、「荒らし」にはgooやプロバイダに通報したほうがいいのでは。消しても消しても一日に何度も書き込む相当な嫌がらせみたいなので・・・
Unknown (越来のK本S子)
2014-07-12 14:38:16
先日お話しした、ホリ(堀)エモン改めヘイ(塀)ヱモンの売国記事を見つけたんで、下にご紹介。

http://img01.ti-da.net/usr/m/i/c/michisan1/%E6%96%B0%E5%A0%B114.07.06s%E9%80%A3%E8%BC%89%E3%80%8C%E3%81%93%E3%81%AE%E5%9B%BD%E3%81%AE%E8%A1%8C%E3%81%8F%E5%85%88%E3%81%AB%E3%80%8D%EF%BC%88%EF%BC%92%EF%BC%89%E5%A0%80%E6%B1%9F%E8%B2%B4%E6%96%87%E3%80%8C%E5%9B%BD%E5%AE%88%E3%81%A3%E3%81%A6%E4%BD%95%EF%BC%9F%E3%80%8D.jpg


先日は、「尖閣、中国とシェア」などという見出しをご紹介しましたが、その出自である本文のくだりがこちら。

>中国との間でもめている尖閣諸島も、自分が所有している感覚はない。(中国と)シェアすればいいんですよ。


そうそう。上の記事の画像、以下のくだりにアカ線が引かれてますね~(笑)。

>生まれた土地に縛られるっていう考え方はみんなが農民だった時代の名残だと思う。

>場所に縛られるなんて意味ないですよ。


…それ、一坪反戦地主とかいう、「みんなが農民だった時代」で思考停止しちゃってる、「土地に縛られ」てる極左連中にも言ってあげてくださ~い(笑)。

あと、中国、それから韓国にもね(笑)。

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL