狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

国の自衛権は憲法ではなく行政の問題

2014-07-13 07:17:00 | 県知事選

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

沖縄県内の「告別式」最新情報

新聞止めても、各地域の折込チラシが見れます。
【公式】Shufoo シュフー - shufoo.net

 

 

 冷え切った日中関係を打破すべく、日本側が提案した日中会談を中国側が断った。

小泉政権当時から対話の扉をかたく閉ざす中国に対し、「日本側の対話の扉は何時も開いている」と提案していたのは日本側であり、今回も、対話を提案したのは日本側。

そして傲慢にも対話を拒否してきたのはいつも中国側である。

「尖閣諸島は中国の領土」と認め、安倍首相が靖国参拝をやめて、中国に謝罪するのが対話の条件だという。

こんなヤクザの恫喝に日本が従がうはずはない。(怒)

中国報道官「冷やかしはお断り」

7月11日 21時24分

菅官房長官がことし秋に中国の北京で開かれるAPEC=アジア太平洋経済協力会議の首脳会議に合わせて日中首脳会談を行うべきだという考えを示していることについて、中国外務省の報道官は「冷やかしはお断りだ」と述べ、靖国神社や尖閣諸島を巡る問題で日本側から歩み寄ることが会談実現の前提だとする従来の立場を改めて強調しました。

菅官房長官は「APECには世界の首脳が集まるので、そこで自然な形で会談するのは当たり前のことではないかと思っている」と述べ、ことし11月に中国の北京で開かれるAPECの首脳会議に合わせて、日本と中国の首脳会談を行うべきだという考えを示しています。
これに対し、中国外務省の秦剛報道官は11日の記者会見で、安倍総理大臣の靖国神社参拝や日本政府による尖閣諸島の国有化を持ち出し、「日本側の発言は、中国人の感情と中国の主権を傷つける苦い果実を無理やり押しつけようとたくらむものだ。中国側は絶対に受け入れない」と述べました。
そして、中国で放送している人気のお見合い番組のタイトルを引き合いに出して、「中国ではやっていることばで言うと、『冷やかしはお断り』だ。日本側が態度を正さず、実際に行動を起こさないなら、中日関係の改善について論じようがない

        ☆

安倍内閣の「集団的自衛権行使」の閣議決定に対し、戦争が勃発したかのように大発狂し、外国の侵略に対しては「外交による対話で解決せよ」とオウムのように繰り返す沖縄2紙。

今朝沖縄タイムス一面左トップにも「集団的自衛権」狂騒曲の燻りが残っている。

一面

日米指針に集団的自衛権

防衛相会談 行使容認、反映

連日尖閣近海で領海侵犯を繰り返すヤクザ国家中国に対し、民主党政権当時の沖縄タイムスは、次のような社説を書いている。

沖縄タイムス社説:2012年8月21日 (火)

[尖閣・日本人上陸]対立の連鎖を断ち切れ

 尖閣諸島をめぐっては1978年、当時の小平副首相が「棚上げ論」を提案し、日本政府も穏便な実効支配を続けたが、中国が92年に「領海法」で尖閣諸島を自国の領土と規定してから、状況は変わった。「棚上げ論」は姿を消し、日本政府が「領有権問題は存在しない」と繰り返すだけではもう限界にきている。尖閣について中国政府と話し合いを始める時ではないか。

 本来なら外交の出番のはずだが、野田内閣は政権基盤そのものが脆弱(ぜいじゃく)な上に中国首脳との信頼関係も構築されていない。民間人初の駐中国大使として鳴り物入りで起用された丹羽宇一郎氏を交代する人事が内示されたのは、民主党政権の対中外交の混迷を象徴している。

 地元漁業者の操業の安全確保と八重山の住民の不安を解消するため海上保安庁の機能や権限を再検討してもらいたい。同時に信頼醸成のため相互交流を政府レベルでも、民間レベルでも強化してほしい。両国が協力して共通の利益を探る道があるはずだ。

  

 沖縄タイムスに聞きたい。

対話を拒否する中国に対し、どのようにして話し合いをすればよいのか。

尖閣諸島を献上し、安倍首相の靖国参拝取り止めを名言の上謝罪し、そして改めて対話を施与とでも言うのか。(怒)

【追記】

ネットから拾った交渉の本質。

 

交渉ってのは相手よりも有利な状況になってる側が勝つのだよ。内容は問題じゃない。学生の討論じゃないんだからね。相手が手ぶらだったら、銃を持ってる奴の要求は飲まなけりゃならん。これが交渉の本質だ。

 

 

 

 

安倍首相が7月1日に行った「集団自決権の行使容認」の閣議決定について何度も説明してきた。

だが、頭の悪いサヨク脳の方々への説明としてはいまひとつ適当な表現が見つからず喉に棘が刺さった感がしていた。

ところが、「WILL]8月号の「蒟蒻問答」で堤さんが言いえて妙な説明をしてくれた。

同誌には潮匡人氏の「ウンザリ!『集団自衛権反対」狂騒曲」で代表されるように「集団的自衛権」に関する論文で埋められているが、堤堯さんと久保紘之さんの「蒟蒻問答」での説明が一番わかりやすい。

堤さんは「集団自衛権」を「憲法ではなく行政の問題」として、こう説明している。

これまでくどいほど言ってきたし、先月号ではタイトルにまでなったけど、自衛権は万人万国共有の自然権で、必要に迫られれば「個別」も「集団」もない。 二つに分けて考えること自体不毛の議論だ。 集団的自衛権というのは、どの国と軍事同盟を結ぶか、その態様をどう決めるかで、本来、軍事・外交の問題で、行政権に属する問題だ。 行政権は時の政権が担う。 世界のどの国でも、自衛権を憲法問題として論じる国はない。 自明の理だからだ。 スイスだけが集団的自衛権を否定するが、国民皆兵で断固、自分だけで自分の国は守る覚悟を示している。
ところが、日本では自衛権が憲法問題として論じられる。 日本だけの珍現象だよ。 言わずと知れた憲法九条があるからだね。 「解釈変更でじゃなく憲法改正でやれ」というのは、半分正論だけど、数年先の憲法改正を待っていたのでは間に合わない。 だから、安倍が解釈変更を言い出した気持ちはわかるけど、一方で、言わずもがなのことを言い出したな、黙って解釈変更して状況に対応すればよい、とも考えた

                ☆

 日本誹謗を繰り返す中韓は、ここにきて日本に対してタッグを組んで、「宣戦布告」といわれてもおかしくないくらい敵意を露にしてきた。

この中韓のタッグも、ある意味集団自衛権の行使を念頭に置いた言動であることは言うまでもない。

 
韓国相次ぎ“日本締め出し” 大使館の自衛隊記念行事 ワンピース展(7/10産経)
 【ソウル=加藤達也】韓国の日本大使館関係者は10日、ソウルのロッテホテルで11日に開かれる予定だった自衛隊創設記念日のレセプションについて、同ホテルでの開催を取りやめることを明らかにした。ホテル側が10日、開催できないと通告してきたという。異例の事態に、大使館はホテル側に強く抗議した。
 自衛隊記念日のレセプションをめぐっては韓国紙の東亜日報が同日、「(慰安婦問題をめぐる)河野洋平談話の検証、集団的自衛権行使容認などで韓日関係が極度に冷え込む中で開かれる」と批判的な記事を掲載。ホテルには抗議電話が殺到し、中には爆破を予告する電話もあったという。
 日本大使館関係者によると、レセプションは同館が毎年行っているもので、今年は韓国の政財界や政府関係者、各国外交団や武官など約500人を招待。東亜日報は開始時刻と催事場の部屋名までも明記しており、「警護上の問題も生じた」(警備関係者)。大使館は急遽(きゅうきょ)、別所浩郎大使の公邸で開くことを決めた。
 一方、韓国政府が運営するソウルの「戦争記念館」で12日から予定していた日本の人気漫画「ONE PIECE(ワンピース)」の展示会も取りやめになったことが分かった。
 旭日旗に似たデザインが原作に登場することが取りやめの理由という。


ホテルを使用する前日に使用拒否の通告をしてくる反日国家韓国。

こんな非常識な対応は到底日本では考えられない。
 
韓国の反日感情韓国とはエスカレートして止まる所を知らない。

こんな話もある。

韓国支援部隊が日の丸を太極旗に塗り替え 日本支援で建設の比小学校(7/9ZAKZAK)
 日本の善意が踏みにじられる事件が、友好国であるフィリピンで発覚した。日本政府の支援でレイテ島に建設された小学校で、「日比協力」の印として校舎の壁面にフィリピン国旗と並んで描かれていた日章旗(日の丸)が無残にも塗りつぶされ、韓国国旗(太極旗)に塗り替えられていたのだ
 塗り替えがあったのは、1997年度の円借款で建設されたレイテ州パロ市のバラス小学校。昨年11月の巨大台風で屋根と窓が壊され、その修復に当たった韓国の復旧支援部隊が、壁を描き直してしまったようだ。
 信じられない行為に、日本の外務省関係者は「大使館員が現地に行って確認した。屋根や窓はともかく、壁は修繕しなければならないほど壊れていたとは思えない」と語る。背景を確認次第、韓国とフィリピンに抗議も考えているという。
 そもそも、昨年の巨大台風では、日本はいち早く救援・復旧に着手した。約1200人もの自衛隊員を派遣し、5210万ドル(約52億8900万円)の支援をするなど、「サンカイ(友だち)」作戦を実行した。
 韓国も救援部隊を送り込んだが、勝手に塗り替えるのは常識外だ。
 自民党の平沢勝栄衆院議員は一報を聞き、「信じられない…」と絶句した。怒りや困惑を通り越して、(韓国に)哀れみさえ感じたという。
 「韓国の支援部隊は軍隊で構成されていたが、軍隊や警察のような機関は、どんな時でも冷静に行動できるように『ゆとり』が大切。『ゆとり』があれば、こんな自分勝手なことは起こさない。国際的な常識を身に付けず、日本を貶めた韓国の支援部隊は気の毒としか思えない」 (ジャーナリスト・安積明子)


中韓が日本に対して繰り返す「歴史の塗り替え」を、そっくりそのままお返ししたい。

そして新たにこんな事実も出てきた。

韓国軍ベトナム大虐殺で新事実 神奈川大名誉教授ら現地調査 世界に“告発”へ

2014.07.11


ビンアンの大虐殺を伝える壁画。壁画の左端は韓国兵。殺された母親にしがみつく子供や、怒りをぶつける老人が描かれている【拡大】

 韓国軍が、ベトナム戦争で民間人を虐殺したことを伝える慰霊廟が、ベトナム国内に多数建てられている。神奈川大学名誉教授の北岡正敏氏(工学博士)と、「シンクタンク戦略大学」主宰の北岡俊明氏の兄弟は昨年9月と今年2月、現地調査を行い、膨大な資料と遺族の恨みと怒りに満ちた証言を持ち帰った。中部3省だけで2700人を超える犠牲者名を確認したが、その数倍の犠牲者がいる可能性が高いという。2人は来週から「韓国の戦争犯罪」を告発するため渡米する。

 「慰霊廟の地図はなく、各地の戦争博物館に行き、写真や証言をもとに探し回った。廟にたどり着くと、遺族らが次々に集まってきて『親兄弟が皆殺しにされた』『女性や子供もやられた』『韓国人が憎い』と訴えきた。ベトナム人が証言した韓国軍の所業は鬼畜そのものだった」

 北岡俊明氏は夕刊フジの取材にこう語った。

 朴槿恵(パク・クネ)大統領率いる韓国が、日本の地位を低下させる「ディスカウント・ジャパン運動」を世界中で展開するなか、日本が情報戦で勝ち抜くために、北岡兄弟は自費でベトナムにわたった。調査結果の詳細は、2人の著書『韓国の大量虐殺事件を告発する-ベトナム戦争「参戦韓国軍」の真実』(展転社)として先月出版した。

 韓国は1964年にベトナム戦争に参戦し、73年まで8年間で、延べ約32万人を派兵した。「最精鋭部隊を投入した」と伝えられてきたが、実態はまったく違ったようだ。

 北岡兄弟の調査は、ベトナム南部のビンディン省とクアンガイ省、クアンナム省を中心に行われ、慰霊廟など19カ所を調べた。そこには、「憎悪の碑」「恨みの碑」「怒りの碑」などの言葉や、虐殺を伝える壁画・像とともに、犠牲者名などが刻まれていた。

ビンディン省・ビンアンの大虐殺は1966年1月23日~26日に起き、1004人が犠牲となった。2006年に建立された慰霊廟には、韓国軍の虐殺を描いた高さ約3メートル、長さ約20メートルの壁画が設置されていた。

 俊明氏は「火に焼かれる裸の女性。強姦されて横たわる女性。累々と横たわる死体。まさに壁画は地獄絵図だった。遺族の証言によると、韓国軍は、女性や子供、老人などの弱者を中心に殺し、妊婦の腹を裂いたり、子供の手足を切断したケースもあったという。『韓国人に復讐したい』『世界に伝えてほしい』と迫る人もいた」と語る。

 クアンガイ省・フォックビン村の虐殺は66年10月9日に起き、68人が犠牲となった。慰霊塔には、犠牲者名と性別、年齢が記してあり、それによると1歳児から75歳まで殺された。68人のうち46人が女性(約68%)で、10歳未満が23人(約34%)いたことが分かったという。

 俊明氏は「死体の山に埋もれて助かったグンさんは『韓国軍は慰霊塔がある場所に住民を集めて、突然、小銃や機関銃、手榴(しゅりゅう)弾で虐殺を始めた。私の両親と兄弟の8人が殺された』『韓国軍の行為は子々孫々まで語り伝えていく』と証言した。話を聞いていて、私も怒りが込み上げてきた。ベトナム政府は韓国との経済協力を考慮しているようだが、末端の人々の怒りは抑えきれない」と振り返る。

 韓国軍というと、虎のマークをつけた精強な「猛虎部隊」で知られるが、実際はどうだったのか。北岡兄弟は、複数の元解放軍兵士にも取材している。その1人、クックさんは、俊明氏の「韓国軍は強かったのか?」との問いに、「フフン」とせせら笑ったという。

俊明氏は「ほかの元兵士らの反応も同じだった。『十数人で百数十人の韓国軍を殲滅(せんめつ)させた』と豪語する人もいた。そして、異口同音に『米軍は残虐ではなかった』と証言した。米軍はソンミ事件のイメージがあるが、現地の感覚では違った。一連の調査から、強い軍隊は虐殺はしない。韓国軍は弱いから、恐怖にかられて虐殺したのだろう」と分析した。

 2回の調査で確認できた犠牲者名は約2700人だが、3省にはまだ未確認の慰霊廟がある。さらに、近隣のフーイエン省やカインホア省、ニントゥアン省などでも韓国軍による虐殺があり、慰霊廟も建てられているという。現地関係者の証言などを合わせると、韓国軍による虐殺はベトナム全土で約100カ所、犠牲者は1万人から3万人と推計されるという。

 このため、北岡兄弟は調査を続行するとともに、民間人の大量虐殺という「韓国軍の戦争犯罪」を世界に発信するため、英訳した資料と証拠写真などを持って、来週15日から渡米する。米国の軍事関係者や報道関係者、日系人などと接触する予定だ。

 俊明氏は「人道に対する罪に時効はない。韓国に日本を批判する資格はない」と語っている

             ☆

中韓の嘘捏造による日本誹謗を拱手傍観していたら、彼らが仕掛けている情報戦争に戦わずして敗北を認めるようなもの。

この機会に情報戦争で倍返しをせよ!

と思う方、クリック応援お願いいたします。

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

【おまけ】

ひとしずく

時々ネットで調べた美味しい店でランチを楽しむ。

北谷町でランチに懐石料理が食べられる「ひとしずく」は、昨年の8月ごろからほぼ月一の割合で通っているお勧めの店。

毎月一度訪れるのは月替わりの献立で季節のものを丁寧に料理したクオリティの高さい料理が気に入ったから。

「目には青葉 山ほととぎす 初鰹」

「初鰹」は、春から夏にかけ、江戸っ子が女房を質に入れても好んで食べたという。

昨日土曜日は江戸っ子ではない筆者は、何時もの通り女房と2人で初鰹を食べた。「ひとしずく」で・・・。

ちなみに昨日味わった7月の献立は次の通り。

文月 懐石

前菜 クラゲ酢

    湯葉刺身

    真鯛昆布入手まり寿司

椀  胡麻豆腐

強肴 鰹と揚げなすのポン酢ジュレがけ

揚物 海老大葉巻

食事 じゃこ 山椒煮

水菓子 

店主のセンスが光る献立は今まで約1年ほど通って一度も外れたことはない。

これで1700円とは、コストパフォーマンスから言っても、味の良さから言ってもお勧め。

予約していかないと席の取れない人気店なのが唯一の難点。

 文月懐石


前菜    生湯葉刺身   くらげ酢   真鯛昆布〆手まり寿司


さっぱりしたくらげ酢、濃厚な生湯葉も食欲が進みます☆







椀   胡麻豆腐


毎日練って仕上げる胡麻豆腐のむっちりした食感をお楽しみ下さい!







強肴     揚げ茄子と鰹のポン酢ジュレ掛け


旬の鰹刺身と揚げ茄子、薬味でさっぱりと♪







揚物    海老の大葉巻き揚げ  トウモロコシ  さつま芋

さくさくの海老の天ぷら。トウモロコシの天ぷらも甘みがあって美味しいですよ







食事    じゃこ山椒煮ごはん


自家製の山椒煮のじゃこでさっぱりしたごはんです。

【食の歳時記・旬の味】かつおのたたき





水菓子    本日のおすすめから


今月はフルーツのさんぴん茶ゼリー寄せ、後半はマンゴープリンも登場予定です♪

【食の歳時記・旬の味】かつおのたたき

 

 

 

 

 

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本の未来を占う?滋賀県知事選 | トップ | 売国奴集団、自衛権の行使で... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (東子)
2014-07-13 08:25:15
まっ、三権分立を理解していない=民主主義を理解していない、そんな輩が集団的自衛権の閣議決定を反対しているのよね。
次の国会から自衛隊法の整備に具体的に入るのだけど、党内の意志統一もとれていない党が、どうやって法整備の討論ができるんだろう。
国会の場こそが、集団的自衛権行使の論壇の場なのにねぇ。
自衛隊関連法について説明しても説明しても、説明不足とか、よくわかないと言うでしょ、目に見えるわ。
次の国会までの時間にしっかりお勉強しておいてね、野党のみなさん。
予習しておけば理解が早まるのは、日教組ご推薦の勉強法よ。
Unknown (東子)
2014-07-13 08:31:22
集団的自衛権で徴兵制がーーーっと言っているみなさん。
徴兵制って軍に備わっているいるものでしょ。
自衛隊って、軍じゃないじゃん。
もう、軍格上げ決定?

自衛隊の位置付けについて、次の国会で絶対テーマになるから、よく勉強しておいて。
単純に軍反対では、海外で邦人救出に動いたら、武器をもった集団、すなわちテロ集団扱いになりますよ。
捕まったとき、捕虜扱いでなく、テロの犯人扱い。

慰安婦同様、日本軍がどれだけWW2で捕虜を丁寧に扱ってきたか。
捕虜の扱いが話題になれば、でてきます。
Unknown (宜野湾市民X)
2014-07-13 10:39:57


ネットから拾った情報です。


このままだと、こうした一部のマスコミは政権の現実主義にけっして追いつけないだろう。政権が何をしようと「戦争をめざす安倍政権」の一言で反対し、後は思考停止状態で一切の議論を受けつけないのだ。いったん、こういう病に陥れば、あとは現実がどうなろうと関係ない。ひたすら空理空論を唱えるだけになる。

私は新聞社に勤めて38年になるが、自分が勤める新聞を含めてマスコミがこういう展開になったのは初めての経験だ。現実から遊離したマスコミは「現実を伝える」という報道の基本に立ち返るべきだ。

現実主義の安倍政権に置いていかれるマスコミの「思考停止」 http://gendai.ismedia.jp/articles/-/39818



Unknown (越来のK本S子)
2014-07-13 13:39:52
台風8号ですっかり忘れてましたが、とうとうキャンプ・シュワブのゲート前でも乱痴気騒ぎを始めたルール無視のアカザルども、今度はこんな言い訳を思いついたようです。

・ジュゴン食跡、辺野古で多数発見 貴重な鍾乳洞「埋め立て中止を」
http://www.kyoto-np.co.jp/environment/article/20140709000116


「辺野古区民」の味方・日本自然保護協会のアカザルども:
「辺野古沖の島から貴重な鍾乳洞が見つかったアルニダ!
辺野古移設は直ちに中止アルニダ!!」

ホントの辺野古区民
「…移設計画変更させたの、お前らじゃん」


…おあとがよろしいようで(笑)。

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL