狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

日本兵を誹謗!又しても沖縄タイムスの誤報、

2014-06-24 07:35:20 | 県知事選

 

 
 よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

沖縄県内の「告別式」最新情報

 

 

本日午後7時より放映予定のチャンネル桜「沖縄の声」に出演予定です。

ご視聴頂ければ幸いです。

 
                 ☆

仲井真沖縄県知事の「平和宣言」全文 沖縄タイムス2014年6月23日

<普天間飛行場の機能を削減し、県外への移設をはじめとするあらゆる方策を講じて、喫緊の課題を解決するために、全力を注がなければなりません。>
 
当初、普天間飛行場の「県外移設」などのイデオロギーがらみの文言は、戦没者の霊を慰める式典には相応しくないという理由で「平和宣言」から削除の予定だった仲井真県知事は、沖縄タイムスの意図的誤報による恫喝に屈して、「県外移設」を「平和宣言」に加えた。
 
さらに喜納昌春県議会議長も県知事と同じく理由で、式典の「追悼文」から「県外移設」を削除の予定だったが、急遽アドリブで「県外移設」の文言を追悼文に加えた。
 
沖縄県知事と県議会議長という沖縄県の政治を司るトップ二名が沖縄タイムスの卑劣な恫喝に敗北した瞬間である。
 
沖縄タイムスの意図的誤報はこれだけではない。
 
本日の社会面(9面)の最下部にこんな極小記事が掲載されている。
 
悪質きわまる沖縄紙の常套手段である。
 
「訂正」
 
23日付朝刊31面「拝啓安倍さま 戦いとは」の記事中、「愛楽園」の入所者が壕を掘らされた部分で「日本兵のための」とあるのは「園長の命令で」の誤りでした。
 
嘘捏造記事で「残虐非道の日本兵」を印象付けるのに懸命の沖縄2紙の特徴が出た訂正記事である。
 
意図的誤報が掲載されても、被取材者が誤報だと指摘する例はほとんどなく、結局取材記者の捏造記事があたかも真実の証言であるかのように巷に流布されるのが通常である。
 
ところが最近ではあまりに酷い歪曲報道には被取材者がクレームをつけるようになり、新聞も「おわびと訂正」を掲載せざるを得なくなった。
 
今回の意図的誤報にある「愛楽園」とは戦前から沖縄に在るハンセン氏病患者収容施設のことだが、沖縄タイムスは、非常に残酷な表現で「残虐非道の日本兵」を報道している。
 
悪質な捏造記事が、要虫眼鏡の「訂正記事」で済まされるなら、日本兵の英霊も成仏できないであろう。
 
何が「慰霊の日」だ。(怒)
 
沖縄戦で散華された日本兵の霊を侮辱しているではないか。(怒)
 
 
本件に関しては、本日午後7時より放映予定のチャンネル桜「沖縄の声」で徹底的に糾弾する予定なので、ご視聴頂ければ幸いです。
 
 
 
 
「残虐非道の日本兵」の嘘捏造記事と戦って、琉球新報を敗訴確定に追い込んだ「パンドラ訴訟」の代理人の徳永信一弁護士が最近行った講演会を文字お越しした文章を次に紹介する。
 

               ★

崩壊した軍命令説 

 ―― 内なる日本を取り戻すこと、沖縄の人々を取り戻すこと

 弁護士 徳永信一 

         

【1】 三大歴史捏造事件 

本日の朝刊の一面には「河野談話」を検証する報告書に関する見出しが踊っていました。読売、毎日は「文言調整」があったことを取りあげ、産経は「『強制連行』河野氏の独断」と踏み込んでいました。慰安婦に聞き取り調査する前に談話の原案が出来上がっており、聞き取り調査は、儀式にすぎなかったというのです。火付け役だった朝日が、「河野談話」はもともと政治文書なのだから調査が杜撰でも正当性は揺らがないと強がってみせていたのが笑えました。   

 ところで、米国のグレンデール市に性奴隷にされた朝鮮人女性20万人を象徴する少女像が設置されたことで再び火がついた従軍慰安婦問題。事実から遠くかけ離れた歴史の捏造が日本人の心を傷つけ、貶めています。思うに、この問題は、そもそも在日朝鮮人が強制連行されてきた被害者の子孫だという根拠のない神話の延長上に拵えられたものです。在日の強制連行が事実なら、慰安婦が強制連行されても何の不思議もありません。嘘は元から絶たなければだめなのです。   

 ところで、日本には従軍慰安婦の外にも、組織的な人権侵害に関わる捏造された歴史認識問題を抱えています。  

その1つは、南京大虐殺です。2人の将校が南京城周辺で人斬りを競ったという荒唐無稽な「百人斬り」の嘘のエピソードが付随していました。南京の虐殺記念館は入口に犠牲者数30万人を掲げ、「百人斬り」の嘘を展示しているそうですが、この記念館は日本社会党の田辺誠元委員長が中国に進言して作らせたといういわくつきのものでした。   

そしてもう1つが、今日これからお話する沖縄は慶良間諸島での住民集団自決に関する軍命捏造事件です。         

【2】 戦後民主主義の図式  

これら3つの歴史問題に共通するのは、いずれも戦後民主主義がその正当性を主張するステレトタイプな《図式》をなぞっていることです。「残虐非道な日本軍」がそれです。戦前の日本と軍隊を徹底的に貶め、日本人から戦前を切断し、日本人としてのアイデンティティを剥奪するための反日イデオロギーです。それゆえ、その図式や3大歴史問題に疑問を呈する者に対し、極右のレッテルと激しい人格非難が浴びせられました。朝日新聞、日教組、弁護士会などがその代表格です。 

ところが、このところ、この状況が大きく変わっています。ネット言論です。これまでマスメディアが排除してきた言論がネットで展開され、ネットでは、むしろ、反日イデオロギーによる歴史の捏造に対する批判のほうが優勢です。 

【3】 沖縄集団自決冤罪訴訟 

いよいよ3大歴史捏造の最後、沖縄集団自決の軍命令説のことをお話します。      

 沖縄の慶良間諸島では、米軍が上陸作戦を敢行した昭和203月末頃、座間味島で234名、渡嘉敷島では329名の住民が手にした手榴弾や棍棒、カミソリなどで集団自決するという凄惨な事件が起きました。占領中に発行された『鉄の暴風』は沖縄戦を描いたノンフィクションですが慶良間で起こった集団自決はそれぞれの島で部隊をひきいていた赤松嘉次大尉と梅澤裕少佐の両隊長から発せられた自決命令によるとされていました。事実が検証されないまま、命令によって自決を強制されたという軍命令説は流布され、やがて定説とされていったのです。この軍命説は、疑問を抱いた作家の曽野綾子氏が徹底した調査に基づいて著した『ある神話の背景』によって証拠のない神話であることを明らかにしました。生き残りの誰も軍命令を知らなかったのです。そもそも『鉄の暴風』はGHQによる宣撫工作を目的とするものでした。更に、自決が軍命によるものだとすることで遺族に「援護金」が給付され、荒廃した沖縄の戦後復興が進められたというという裏の仕組みがあったことも明らかになりました。昭和の勧進帳です。両隊長と日本軍の名誉は沖縄復興の犠牲とされたのです。 

 しかし、そもそもなぜ、軍命令説の風説が唱えられたのでしょうか。当事者の気持ちになって想像力を働かせることが必要です。自決の後、生き残った者は上陸した米軍から医療や食料の提供を受けました。無差別爆撃を受け、上陸すれば間違いなく虐殺されると思い込んで妻子を手にかけた住民からすれば、拍子抜けです。騙されたように思い、軍に責任を押し付ける気持ちになったとしても無理はないでしょう。更に、戦後、出征した家族が復員して戻ってきます。生き残ったものたちは、彼らにどう説明すればよいのでしょうか。ある人は軍のせいにし、多くの人たちは口を閉ざしました。 

想像して下さい。仮に軍の命令があって銃を突きつけられたとしても、誰がそれに従うのでしょうか。大江健三郎の『沖縄ノート』は、両隊長らを「慶良間の集団自決の責任者」と呼び、その心の声に「あの渡嘉敷島の『土民』のようなかれらは、若い将校たる自分の集団自決の命令を受け入れるほどおとなしく、穏やかな無抵抗の者だったではないか」と語らせています。これは軍人に対する差別というだけではなく、沖縄人に対する侮蔑でもあります。人間理解の貧しさそのものです。    

 しかし、平和勢力や進歩派陣営は「軍は住民を守らない」の図式を守るために、軍命令説を保守しました。そして遂に教科書にも軍に強制された集団自決のことが掲載されるようになったのでした。  

平成178月、元隊長の梅澤裕さんと亡赤松嘉次さんの弟・赤松秀一さんが原告となって大江健三郎の岩波新書『沖縄ノート』を訴えました。それは非常な軍命を「罪の巨塊」とたとえ、鬼畜のごとく罵しるものでした。

絶対の自信をもって挑んだ裁判でしたが、思わぬ展開をたどりました。平成19年春、次年度から使われる教科書の検定が行なわれ、全ての教科書から軍命令説が削除されたのです。裁判がきっかけとなって糺されました。それは裁判目的の一足早い達成でしたが、同時に、反対勢力による猛反発を呼び起こしました。沖縄の反対運動は大いに盛り上がり、議会は次々と反対決議をあげ、市民による11万人反対集会が挙行されました。実際は組合の動員によるもので参加者はせいぜい2万人程度だったのですが、沖縄のメディアは勢いづいて反対一色になり、本土のマスコミにも伝染していきました。沖縄の人々は真相を知っているはずだと思い込んでいた私たちは少なからずショックを受けました。そんな空気が影響したのでしょう。平成203月、軍命説を信じることに相当な根拠があるとするまさかの敗訴判決を喰らいました。  

ところが、一審判決が頼りにしていた政府見解につき、日本史小委員会が「直接の軍命令を示す根拠は確認できない」とする報告書を出したことで、私たちは控訴審での逆転判決が出ることを信じて疑いませんでした。しかし、平成2011月に下された控訴審判決は再びの敗訴でした。しかし、その理由は一審とは全く違うものでした。軍命令の事実にかかる「真実性の証明はあるとはいえない」としたうえで、「沖縄ノート」が発行された当時(昭和45年)には軍命を真実だと信じる相当の理由があり、そうである以上、その後真実性が揺らいでも直ちに違法とはならず、虚偽であることが明白になったときにはじめて違法になるという新しい枠組みを示したのでした。私たちは、軍命令が真実ではないことは証明できたのですが、明らかな虚偽であることまでを裁判所に認めさせることはできなかったということです。上告は、平成235月に棄却され、控訴審判決が確定しました。  

虚偽によって梅澤さんたちの名誉を棄損した責任こそ問うことはできませんでしたが、軍命説が「真実性の証明がない」ものであることは勝ち取れました。やがて沖縄の人々も真実を受け入れるだろうと信じていました。

ところが、そうはいきませんでした。沖縄を支配するマスメディアは判決後も集団自決が軍の命令による強制だったという嘘を垂れ流し続け、沖縄の人たちを洗脳し続けました。そもそも、裁判で軍命説が「明白な虚偽」だと認められなかったのも沖縄のマスメディアによる虚偽宣伝のせいでした。 

【4】琉球新報言論封殺訴訟  

 普天間基地移設問題と尖閣列島問題を抱える沖縄の言論界は、「沖縄タイムス」と「琉球新報」という2つの左翼的傾向の強い地元紙に席捲されていることをご存知でしょうか。彼らは沖縄の世論を支配していると自負しています。沖縄の新聞やTVをみていると沖縄の人は皆、基地の辺野胡移転やオスプレイ配備に反対しているように錯覚しますが、決してそんなことはありません。沖縄のメディアは、あえて反対意見を取りあげないのです。その偏向振りは徹底しています。沖縄の特徴として大勢に個を従わせる「同調圧力」が指摘されますが、それを強化しているのが沖縄のメディアです。彼らに逆らうと、議員は辞職や落選に追い込まれ、学者は大学を追われ、作家は発表の場を失うのです。 

その沖縄のメディアの1つ琉球新報に叛旗を翻したのが、沖縄屈指のドキュメンタリー作家上原正稔さんでした。  

上原さんは、これまでも沖縄戦の真実を掘り下げるドキュメンタリーを「琉球新報」と「沖縄タイムス」に何度も長期連載してきました。アメリカ公文書館に通って沖縄戦の資料を発掘し、集団自決の生き残りの人たちから直接聞き取りして、それが軍命による強制ではなかったことを確信していました。沖縄人は梅澤さんと赤松さんに感謝してお詫びしなければならないというのが持論です。当時「パンドラの箱を開ける時」という連載を持っていました。いよいよ集団自決の真相に焦点をあてた第3章「慶良間で何が起きたのか」がはじまるとき、琉球新報は、「社の方針に反する」として原稿の掲載を拒否したのです。当時、まるで集団ヒステリーのような軍命キャンペーンの嵐が吹き荒れていたときです。琉球新報に冷や水を浴びせるような原稿が掲載されていたら、キャンペーンも腰砕けになっていたでしょう。  

連載が再開されたのは4カ月後、でっち上げの「11万人反対集会」のあとのことでした。再開後の内容は集団自決とは関係のないものになりましたが、上原さんは最後の最後で物書きの意地をみせます。181話の最終回は、集団自決が軍命令によるものでなかったことを生き残りの証言をもとに論証し、「一日も早く沖縄の人々にも理解して頂き、私たちと島民が心を合わせて共に戦ったように次の世代が憎しみ合うことなく本土の人たちと仲良くやってゆけることを祈ってやみません」という赤松元隊長が島民に送った手紙を紹介し、「パンドラの箱に残ったもの、それは人間の真実だ」と結ばれていました。しかし、これも掲載拒否されたのです。  

掲載拒否は作家に対する最大の侮辱です。上原さんは、「パンドラの箱」の連載によって果そうとした梅澤さんたちの濡れ衣を法廷で晴らし、併せて沖縄の言論空間を歪ませる琉球新報の高慢を叩くべく、訴訟を提起しました。平成231月のことでした。  

裁判では、琉球新報は、上原さんの原稿を掲載しなかったのは、社の方針という政治的な理由ではなく、それが従来掲載した原稿の焼き直しだったなどという作家を馬鹿にした理由をでっちあげてきました。それは新聞人としての良心を疑わせる酷い嘘でした。しかし、結果的に、その嘘が琉球新報の墓穴を掘ることになりました。    

一審判決は、琉球新報のでっちあげを真に受けた判決でした。実に情けない思いをしましたが、それだけに控訴審で逆転勝訴を獲得したときの喜びは大きかった。 

 上原さんは、この判決で軍命説は崩壊し、梅澤さん、赤松さんの名誉は回復されたと宣言しました。軍命説の正当性は琉球新報をはじめとすると沖縄メディアの言論統制が支えていたことが白日の下に晒されたからです。人々は知ったのです。「王様は裸だ」と。 

【5】 内なる日本人を取り戻すこと 

 軍命説の嘘を広めてしまったのは、私たち日本人の心の病が原因です。先人の心との繋がりを持たされず、断絶させられてきたからでした。2つの裁判を通じて、私はそのことが痛いほど分かりました。敗北した戦争の記憶と日本国憲法が高い壁となって立ちはだかっています。今も日本人の過去と現在を遮断しています。かつての日本人は残虐なレイシストであり、非民主的な軍国主義者であり、人命軽視のロボットだと教え込まれてきました。敗戦によって授かった憲法によって、日本人はやっと人間になったとも教えられてきました。しかし戦時下の兵士も島民も私たちと同じ、人間であり、日本人でした。その連続性を信じることができれば、軍命説が虚構であることは、誰にだって分かります。なぜ、沖縄で集団自決が起こったのか、なぜ、軍命説が唱えられたのか。そのことこそが日本人のアイデンティティを回復するということであり、沖縄人を取り戻すことなのです。そして、そのことこそが、本当の意味において梅澤さんと赤松さんの名誉を回復するということなのです。    

                  以上

  よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

「龍の柱について市民の声を聴く大会」

日時:627日(金)17:30会場、18時開演、21時まで。

場所:県立博物館(新都心)

入場料:無料

駐車場:完備

主催:住みよい那覇市をつくる会 
    会長 金城テル



天皇陛下奉迎沖縄県実行委員会からの御知らせ


天皇陛下、皇后陛下のご来県が今月26日(木)、27日(金)に予定
されています。


昭和19年8月22日の学童疎開船「対馬丸」の事件より70年を迎える本年、那覇市若狭の「小桜の塔(対馬丸慰霊碑)」と「対馬丸記念館」を慰霊の為ご訪問されます。

下の予定表をご参考に、出来る限りご参加くださいませ!!
6月26日(木)
集合時間
13:00    那覇空港国際線ターミナルビル1階(ANA側)
13:30    安次嶺交差点、赤嶺交差点、瀬長交差点
13:40    西崎球場前、JAファーマーズ前、糸満市役所前
13:50    平和記念公園中央口(入り口付近)
14:10    平和記念公園中央口(入口付近)
14:20    西崎球場前、JAファーマーズ前、糸満市役所前
14:30    豊崎にじ公園の向かい側
14:35    瀬長交差点
14:40    沖縄産業支援センター前
14:45     明治橋交差点~旭橋交差点間の歩道(琉球銀行側)
6月27日(金)
集合時間
9:30  松山公園前(那覇商業高校付近)
9:30  若狭中通り(「味の店三郎」側)
9:35  波之上自動車学校前
11:20   久米交差点(若狭大通りの公園側)
11:20  松山公園前(那覇商業高校付近)
13:00 県民広場(県庁前の広場)前の歩道
13:00 明治橋交差点~旭橋交差点間の歩道(県庁側)
13:05 産業支援センターの向かい側
13:15  那覇空港国内線ターミナルビル1階(ANA側

 

     blogランキングへ クリックお願いします

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 県知事の判断狂わす沖縄タイ... | トップ | セクハラやじの塩村都議は、... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
科学の発展のお蔭で (安仁屋 正昭)
2014-06-24 12:39:10
名をはせた沖縄左翼も、ネット時代を迎えて滅びの坂を転がり始めたようです。
顕著な現れは、普天間の野嵩ゲートのヘイトスピーチと抗議のヒモ結び
周辺住民から「もう我慢ならん、お前等うるさい!子供が怖がっているんだぞ!アッチへ行け!」と言われ、とうとう退散
先日も平和祈念資料館に行くと、出口で50代の男性たち6~7人が
「噂には聞いていたが、酷いね。これ完璧自虐史観じゃねェか」と顔を見合わせていました
また、中で案内をする観光ガイド(60代の男性)も「明治政府によって日本に組み込まれたことはむしろ、沖縄の救いでした。王朝の(住民への)扱いは酷いものでした。・・ここの展示の大分は歪められ、日本軍が悪者になっています」と

確信犯の新聞の誤報記事も
最近は逆効果のようですね
まもなく広辞苑に「発狂紙」とはかつて存在した沖縄の新聞(沖縄タイムス・琉球新報)を云い。報道に仕方が気違いじみていた新聞のこと掲載されることでしょう

坂を転がり始めたからには、滅びは免れません
あのビル どうしましょう
Unknown (宜野湾より)
2014-06-24 15:40:51
赤松・梅澤両隊長の心の内として大江が使った言葉は日本軍が使った言葉でもあるが、その言葉の意味を調べれば、その土地にもともと住む人、公民の意味であることがすぐ解るし、「―人」の方にしてもウィキペディアによれば、差別的な語義が辞書に載るのは1955年だとある。
沖縄戦当時、軍が沖縄県民を指して使ったその言葉に現地住民以外の意味があったのか無かったのか大江は検証せず、自分の中の思考のみで両隊長が差別的に思っていたと推量したことは狼魔人さんが2008年に指摘されている。
http://blog.goo.ne.jp/taezaki160925/e/96813c2006b035b64adc4246ed24fb01

当時の意味合い特定は歴史家や民俗学者にお任せするが、大江が日本軍からも沖縄県民からも、自分一人を極めて高みに置いて「沖縄ノート」を書いているのはよーく伝わる。
これって自称リベラルとか自称進歩的左翼の特徴で、いつでも自分たちは孤高的に正しいと思って主張するんだな。
徳永弁護士の仰る「連続性」は、良いことも悪いこともひっくるめての繋がりとして我々の誰もが普通に持っているはずのもので、非日本国籍者を含む自称リベラリスト・進歩的左翼連中が全力で否定したいもの。
大江始め彼らってほんと、政権が変わる度にそれ以前を全部無かったことにして新権力を権威化してきた中韓みたいなことを言う。
【世界を感動させた沖縄決戦】 (惠隆之介氏の論考より)
2014-06-24 16:21:12
■同盟国ドイツが敗れ、大日本帝国は唯一国で全世界を相手に戦った。もう後が無いと思ったのは無理からぬ事でした。しかし、世界は戦後に向けて始動していました。
日本が長年敵視してきたソ連を仲介にして和平工作をしたのも、枢軸同盟を結んでいたのにも拘わらず、『日ソ中立条約』を忠実に履行し背信行為をしなかったからでもあります。
また8年もの対日戦を続けてきたのに『ヤルタ会談』に出されなかった中国国民党政権も『米英に裏切られた』と思っていました。
さらに日本が解放したアジア諸国も、インド以西の中東、アフリカの諸民族も、『大東亜共栄』の理想が欧米帝国主義の植民地からの解放を目指すものだと知っていました。
2個の原子爆弾をもって大日本帝国を屈服させ、これで永遠の平和が誕生したと思った白人帝国主義が、その後、怒涛のごときアジア・アフリカの民族覚醒に振り回され、彼らの世界支配は終わりを告げました。
巣鴨のA級処刑を行ったとされる黒人指導者キング牧師は、晩年に『八紘一宇』そのものの思想『我々は一つの家に住んでいる』を、発表して大東亜解放の先達を弔っています。
ドイツ降伏後の1945年5月~8月の日本の戦争は、最後の悪足掻きではなく、全世界注視の中で、皇国の大道を示したものだと思います。
●沖縄戦では『県民の四人に一人が死んだ』と言われますが、沖縄出身の将兵、軍属、義勇隊、戦闘協力者に関しては戦後に政府からの補償がなされており、それ以外の県民は5%程度が犠牲になっただけです。
よって、実際には幸運にも生き残った95%の県民の中からクレーマーが生まれ、現在の反日反基地反安保を推進して、沖縄を危機に陥れているのです。
【世界を感動させた沖縄決戦】 (ありがとう)
2014-06-24 16:21:27
■同盟国ドイツが敗れ、大日本帝国は唯一国で全世界を相手に戦った。もう後が無いと思ったのは無理からぬ事でした。しかし、世界は戦後に向けて始動していました。
日本が長年敵視してきたソ連を仲介にして和平工作をしたのも、枢軸同盟を結んでいたのにも拘わらず、『日ソ中立条約』を忠実に履行し背信行為をしなかったからでもあります。
また8年もの対日戦を続けてきたのに『ヤルタ会談』に出されなかった中国国民党政権も『米英に裏切られた』と思っていました。
さらに日本が解放したアジア諸国も、インド以西の中東、アフリカの諸民族も、『大東亜共栄』の理想が欧米帝国主義の植民地からの解放を目指すものだと知っていました。
2個の原子爆弾をもって大日本帝国を屈服させ、これで永遠の平和が誕生したと思った白人帝国主義が、その後、怒涛のごときアジア・アフリカの民族覚醒に振り回され、彼らの世界支配は終わりを告げました。
巣鴨のA級処刑を行ったとされる黒人指導者キング牧師は、晩年に『八紘一宇』そのものの思想『我々は一つの家に住んでいる』を、発表して大東亜解放の先達を弔っています。
ドイツ降伏後の1945年5月~8月の日本の戦争は、最後の悪足掻きではなく、全世界注視の中で、皇国の大道を示したものだと思います。
●沖縄戦では『県民の四人に一人が死んだ』と言われますが、沖縄出身の将兵、軍属、義勇隊、戦闘協力者に関しては戦後に政府からの補償がなされており、それ以外の県民は5%程度が犠牲になっただけです。
よって、実際には幸運にも生き残った95%の県民の中からクレーマーが生まれ、現在の反日反基地反安保を推進して、沖縄を危機に陥れているのです。
Unknown (すずきあきひろ)
2014-06-24 16:24:19

こんにちわ。

Hero! Hero! AKIHERO! でお馴染みのすずきあきひろでございます。

いつも切り口鋭いこのブログを楽しみにしております。

小職もチャンネル桜にビデオレターで出演したこともあり、同じく沖縄版の司会を務められている狼魔人殿、そしてコメント欄に集う皆様を同志として心得、共感しております。

只今、みんなの党のアマァとマスゴミにあげあしを取られ窮地に立っておりますが、人の噂も七十五日、いずれ沈静化すると思いますのでこれからも応援のほどよろしくお願いいたします。

尖閣は我が国固有の領土です!

Unknown (越来のK本S子)
2014-06-24 16:46:44
↑あなた、もしかして…、いつものなりすましでしょ。

ということで管理人様、駆除をお願いしますね。
今日の琉球新報 (Unknown)
2014-06-24 20:57:07
今日の琉球新報記事に下地氏が県知事選に100%出ると書かれているが本当か?
Unknown (東子)
2014-06-28 14:27:22
「説明板を市が撤去 - 天理・柳本飛行場 2014年6月27日 奈良新聞」
http://www.nara-np.co.jp/20140627101913.html

>朝鮮人労働者や慰安所に関する記述のある説明板を、市が撤去していた
>説明板は平成7年度に市と市教育委員会が設置。
>昭和19年9月に始まった柳本飛行場建設で多くの朝鮮人労働者が働かされたとの説明に加え、慰安所について「朝鮮人女性が強制連行された事実もあります」などと書かれていた…



今から2年も前に、仲井真知事の英断で「第32軍司令部壕の説明板から「慰安婦」「住民虐殺」の文言を削除した」。

☆「慰安婦問題」「住民虐殺」に対する県の見解 
2012年8月30日http://www.pref.okinawa.jp/site/kankyo/heiwadanjo/heiwa/dai32-4.html

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
福岡市議会で解雇特区について論議~高島市長は麻生太郎副総理との関係は答えず (なめ猫♪)
今日は福岡市議会で白熱した議論が展開されていました。 と申しましても答弁する執行部側は、官僚答弁に終始し、議員席から野次が飛んでいました。 マスコミも新聞・テレビ各社入っており、高島市長の答弁に注目が集まったわけですが、まともな答弁が最後までありませ...