狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

翁長知事が「取り消し撤回」を急ぐ理由「判決には従がう」

2016-12-21 07:49:28 | 辺野古訴訟

 

お願い: 人気ブログランキングの投票が分散されるのを防ぐため、次のバナーをクリックお願いします。

 

 

忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします

 100万アクセス達成のため拡散を!

祝!80万回アクセス達成!
【ノーカット配信】沖縄ヘリパッド移設反対派リーダーが逮捕~これが暴力行為の決定的証拠だ!【ザ・ファク】

今年も残すところ2週間足らず。

全国的な「流行語大賞」が話題になっているが、沖縄限定の流行語大賞候補に翁長知事の「謎の言葉」をノミネートしたい。

1)「歓迎だが、容認ではない。苦渋の選択だ」

2)「判決には従がうが、あらゆる手法で辺野古阻止」

3)「新基地建設は反対だが、那覇軍港の浦添沖移設は容認」

出発点から「腹八分、腹六分」など矛盾に満ちた翁長知事のコメントを、捏造新聞の沖縄2紙が報道する。

これじゃ読者が理解に四苦八苦するのも無理はない。

他にも「矛盾語」は沢山あるが思い出すだけで頭がおかしくなりそうなので、ここらでやめておくが、最強の「流行語大賞候補」を見おとしていた。

それはこれ。

「翁長知事、最高裁にシャッポを脱ぐ」

昨日の最高裁・敗訴確定を受け、今朝の沖縄タイムスは合計11面を使って、今年の「発狂納め」である。

一面トップ

辺野古 県敗訴確定

最高裁「知事処分違法」

全裁判官が一審支持

国、年明け工事再開

知事 最高裁に「失望」

新基地建設阻止を強調

あす墜落抗議集会に参加

■二面トップ

司法 法治主義を無視

「国の暴走」戒めず

国民の権利保障欠如

■社会面トップ

募る憂慮 闘う決意

知事、対決姿勢鮮明に

抗議の現場 司法批判

米国のいいなり■ここは日本か

■三面トップ

知事 民意背に次の次の手

全権限で新基地阻止

国は年明け工事へ加速

「撤回」へ県民投票を

識者評論 最高裁判決 新垣勉弁護士

■第二社会面トップ

判決17秒 響く怒号

市民「良心ないのか」

「最低裁」の声も

政府追認 司法を批判

代理署名訴訟の最高裁傍聴

島袋善祐さん(80)

「状況20年前より悪い」

翁長知事「あらゆる手法で辺野古阻止」 敗訴確定「判決には従がう」

 沖縄県の翁長雄志知事は20日夜、名護市辺野古の新基地建設に伴う埋め立て承認取り消しの違法確認訴訟で、沖縄県の敗訴確定を受けて記者会見し「深く失望し、憂慮する」と述べ、司法の判断を批判した。一方で「新たなスタートと考えている。あらゆる手法を用いて、不退転の決意で辺野古新基地建設阻止に取り組む」と決意を新たにした。

辺野古違法確認訴訟で県側敗訴が確定し、記者会見する翁長雄志知事=20日午後7時すぎ、沖縄県庁

 知事は「確定判決には従う」とあらためて明言した。県は敗訴を受け、26日にも承認取り消し処分を取り消す方向で調整に入った。

 この場合、仲井真弘多前知事が埋め立て承認をした状態に戻り、国は新基地建設の関連工事を再開することが可能になる。

 知事は判決内容に「国と地方を対等・協力の関係とした地方自治法の視点が欠落した判断を示し、結果として問題点の多い高裁判決の結論を容認した」と指摘した

 

                                               ☆

辺野古訴訟で沖縄県の敗訴確定 最高裁が判決

千葉雄高

朝日新聞 2016年12月20日21時30分

 

 米軍普天間飛行場沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画をめぐり、埋め立ての承認を取り消した沖縄県の翁長雄志(おながたけし)知事を国が訴えた訴訟の上告審判決で、最高裁第二小法廷(鬼丸かおる裁判長)は20日、県側の上告を退けた。県側の敗訴が確定した。裁判長、小貫芳信判事、山本庸幸判事、菅野博之判事の4人の裁判官全員一致の意見。これを受けて政府は、中断している埋め立て工事を近く再開する方針だ。

 辺野古移設に必要な沿岸部の埋め立ては、2013年に仲井真弘多(ひろかず)・前知事が国の申請を承認したが、翁長知事が昨年10月に取り消した。国は取り消しを撤回するよう是正指示を出したものの、翁長知事が応じなかったため、従わないことは違法であることの確認を求め、福岡高裁那覇支部に提訴した。

 訴訟では、県知事が過去にした承認処分をどのような場合に取り消せるかが争点になった。第二小法廷は、元の処分が違法・不当と認められなければ取り消せないと判断。今回のケースで仲井真前知事の承認が適正だったかを検討した。

 前知事は普天間の危険性除去を喫緊の課題と位置づけ、辺野古沿岸の埋め立てによって住宅地の上空の飛行が避けられることを考慮していた、などと指摘。環境への影響も検討した上で埋め立てを承認しており、「判断の過程や内容に不合理な点はない」と認めた。

 その上で、翁長知事による承認取り消しは「問題のない前知事の承認を、違法として取り消したもので違法だ」と結論づけた。

 埋め立て承認をめぐる国と県の権限について、9月の福岡高裁那覇支部判決は「国の計画が不合理でなければ知事は尊重すべきだ」と判断。「普天間の危険を除去するには、辺野古に新施設を建設するしかない」と述べていた。この日の最高裁判決は、こうした点には触れなかった。(千葉雄高)

 
 
                                        ☆
 
 

■ 「判決には従がうが、あらゆる手法で辺野古阻止」の決着

知事の不可解コメントは、結局次のように説明されている。

最高裁で、翁長知事の「埋め立て承認取り消し」が違法であると確定したわけだから、週明けの26日に「取り消し処分」を「撤回」(取り下げ)する。 そして仲井真前知事が埋め立てを承認した2013年12月の時点に立ち返る。そして改めて「あらゆる手法で辺野古阻止」を実行するというもの。

ここで一つの疑問が湧く。

仲宗根元判事の指摘に従がって、判決には従がうが「取り消し撤回」は拒否する、という「抵抗を何故しないのか。

以下は過去ブログ県敗訴確定でも工事再開とは限らず、元裁判官 2016-12-13よりの抜粋である。

以下引用・ 

判決は違法確認のみ、工事再開に直結せず 辺野古訴訟:元裁判官に聞く 

上記記事で、元裁判官の仲宗根氏は次のように知事の自主的「取り消し処分の取り下げ」に異論を唱えている。

法的には「県敗訴=工事再開」ではない。今回のような確認訴訟の判決は違法であることの確認に過ぎず、執行力がない。翁長雄志知事埋め立て承認取り消し処分を自発的に取り消すという行政手続きをとらない限り、国が工事を再開する根拠は復活しない。

確かに仲宗根氏の指摘の通り、違法確認訴訟は翁長知事の「埋め立て承認取り消し」が」違法であることを確認する訴訟だ。 たとえ県の敗訴が確定しても「埋め立て承認取り消し」が違法であることの確認に過ぎない。

したがって最高裁判決の「埋め立て承認取り消し」を取り下げさせる執行力がない。 翁長知事が「判決に従がう」と自主的に「取り消し」を取り下げない限り、国は工事の再開が出来ない。 

引用終了

翁長知事が何かに急かれるように、敗訴確定直ちに「取り消し処分」の撤回を決意した理由は次の二つが考えられる。

1)最高裁判決に逆らって「取り消し撤回」を引き伸ばしても宜野湾住民訴訟の控訴審判決(2月7日)で、敗訴すれば、住民訴訟の執行力を伴う判決に従がって「取り消し撤回」を強制される。

これまで、国との対決を売り物にして最高裁まで闘ってきた翁長知事が軽視していた「住民訴訟」の判決で、「取り消し撤回」を強いられるより、最高裁判決に従がって、自ら「取り消し撤回」をした方が印象が良いと考えたのだろう・

この辺の経緯は、過去ブログを参照。

いきなり判決!宜野湾住民訴訟控訴審、 2016-11-11

2)次の翁長知事が「取り消し」を放置した場合の理由はこうだ。 国は埋め立て工事をスムーズに行うため「異邦確認訴訟」より破壊力のある「代執行訴訟」に踏み切ることが必至である。 代執行訴訟の場合、これまでの複数の訴訟で論点は審議尽くされており「違法確認訴訟」の判例を追い風に、結論は国と勝訴確定に時間はかからないはず。 県の敗訴が目に見えた代執行訴訟を避けるため、自ら「取り消し」を実行した、と想像する。

 

 

 最後にいひと言。
 
知事、対決姿勢鮮明に(見出し)
 
翁長知事は、最高裁で敗訴確定したのだから、内心ではこのまま「オール沖縄」と決別したいのだが、沖縄2紙の罵詈雑言が怖くて「対決姿勢」を鮮明にせざるを得ないのではないか。(涙)
 
忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします
ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オスプレイに放射能という悪... | トップ | 仲井真前知事のコメントが聞... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (東子)
2016-12-21 08:26:36
>最高裁で敗訴確定

「埋め立て承認撤回」が、法的には↑のようになることは、知事選前から分かっていた。
何度も引用している記事↓だが、もう一度引用する。


「沖縄知事選 埋め立て承認撤回は実効性なし 現実路線の仲井真氏、ルビコン渡った翁長氏 2014.8.8」
http://www.sankei.com/politics/news/140808/plt1408080004-n1.html

>「翁長さんはルビコン川を渡ったんですかね」
>埋め立て承認から約1週間後の今年正月、仲井真氏は面談した知人に漏らした。
>翁長氏が「ルビコン川を渡る」とは、辺野古反対で社民、共産両党など革新勢力と共闘し、知事選に出馬することを指す。
>翁長氏は「県外」を訴えないと知事選に勝てないとの思いを強めたという。
>昨年末の埋め立て承認への県民の反発を目の当たりにし、翁長氏のその思いは「確信に変わった」と県連幹部は語る。
>翁長氏がルビコン川を渡る決意をしたのはこのときだった。

翁長知事は「埋め立て承認撤回」「辺野古阻止」は選挙の票集めだったが、本気で辺野古移設を考えている国と、これまた本気で「辺野古阻止→全基地撤廃」を考えている人々の間で、「てへ、辺野古容認するわ」に舵を切れなかった。


【参考】
「基地反対」が一朝一夕でない沖縄と、俄か「原発反対」の鹿児島の組織力の違いか。
知事個人のパーソナリティの違いか。

「鹿児島県の三反園知事、反原発派に“ゼロ”回答 川内原発の専門委に反原発団体提案メンバー含まず 2016.12.19 19:04」
http://www.sankei.com/west/news/161219/wst1612190059-n1.html

>反原発団体が県に提案したメンバーは一人も含まれなかった。
>三反園訓知事が、同団体の意向を酌み取らない姿勢を示す形になった。
>県議会最大会派の自民党県議団などは、反原発派が委員の多数を占める事態を危惧した。
>そうなれば、専門的見地からの冷静な協議ができない恐れもあった。

ポイントは、専門的見地からの冷静な協議。
翁長知事の第三者委員会とは、大違い。
Unknown (東子)
2016-12-21 08:27:00
同じ規模の埋め立ての那覇空港の第2滑走路の埋め立て良くて、辺野古の埋め立ては駄目なのか?
その差を「基地」という要素に求めた。

基地を造るのに、環境破壊は許さない←「許可に瑕疵がある」の瑕疵を「環境調査不足」に求めた
基地を造っても、抑止力にならない←辺野古以外でOK
沖縄戦の経験から「基地はいらない」という県民感情を逆なでする←沖縄の歴史、特殊性
辺野古反対の知事が当選したのだから、地方自治の概念から「基地のための埋め立て」は取消できる←取消できないというのは、地方自治の侵害、憲法違反
などなど。

が、最高裁は、「『基地』という要素」を排除した。
当然でしょう。
埋立承認は、「『基地』という要素」を抜きに、一般の埋め立て工事と同様な手続きで許可だ。
違いがあったとすれば、より厳しく審査したという点で、「基地」は決してアドバンスになっていなかった。


最高裁判決を「高裁判決の追随」→「司法の崩壊」という書き方しか見ない。
私は、最高裁の判断は、「経済活動だから那覇空港の第2滑走路の埋め立ては良い」「基地造営だから辺野古は駄目」という沖縄県(翁長知事)のダブスタを排除したと思う。

「ダブスタ排除」は、「基地」に関係すると急に法解釈が歪む沖縄の法曹界への批判だと思う。
「裁判所は『反基地無罪』を認めない」と言っていると思う。



【参考】
「埋め立て要件を審理 辺野古訴訟 高裁判決解釈修正も 2016年12月14日 07:30」
辺野古 沖縄 訴訟 最高裁
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-411416.html

「取消」の根拠とした「地方自治の侵害、憲法違反、知事交代による取消、辺野古は抑止力にならない」は、除かれた模様。
受理した5項目は、純粋に行政手続きの法解釈のようだ。
http://ryukyushimpo.jp/archives/002/201612/3ea096d65d7983b90e59517b621515cc.jpg
Unknown (東子)
2016-12-21 08:27:16
「年内に工事再開へ 辺野古訴訟で沖縄敗訴 最高裁、「唯一の解決策」は認めず 県は26日にも「取り消し」 2016年12月21日 06:30」
辺野古訴訟 埋め立て 承認取り消し 普天間
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-415297.html

>「唯一の解決策」は認めず
>高裁判決が安全保障や「地理的優位性」の観点からも辺野古新基地建設が普天間飛行場の危険性除去の唯一の解決策だと断定した点は、一切触れなかった。

「一切触れなかった」のだから、
  ×「唯一の解決策」は認めず
  〇「唯一の解決策」を否定しなかった


>判決は裁判官4人全員の一致で、個別意見はなかった。

判断が分かれるようなことでないというか、沖縄側の法解釈なんてあり得ん
 =沖縄の法解釈の異常性を浮き彫り


>仲井真弘多前知事の埋め立て承認に違法や不当がない場合は「承認取り消しは違法となる」と結論付けた。

仲井真前知事の「埋め立て承認」の完璧さ証明だ。
第三者委員会のメンバー、息してる?
Unknown (東子)
2016-12-21 08:27:39
「訓練に自民県連「冗談じゃない」 防衛局長呼び出し抗議 2016年12月20日 10:00」
自民党 自民党県連 照屋守之 中嶋浩一郎 沖縄防衛局 米軍の犯罪・事件・事故 オスプレイ オスプレイ墜落
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-414735.html

>終始声を張り上げ、時にソファの肘掛けをたたくなどして怒りを抑えきれない様子でまくしたてた。


「宜野湾市長 「極めて遺憾」 2016年12月19日 13時25分」
http://www3.nhk.or.jp/lnews/okinawa/5095372242.html?t=1482124029523

>沖縄のアメリカ軍にオスプレイの飛行再開について20日、直接抗議する考えを明らかにしました。

まだまだ、保守がこういうパフォーマンスをしなければならない空気なんですね。
悲しいですね。


県民の目に付くところでは↑のようなパフォーマンスをしていても、議事録に残る文言については、抵抗をしているようです。

「オスプレイ不時着か墜落か、与野党まとまらず 沖縄県議会軍特委 2016年12月20日 12:31」
県議会 オスプレイ墜落 不時着 墜落
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/76590

>20日の委員会では抗議・意見書両案のタイトルを「重大事故」としつつ本文で事故を「墜落」と表現するかで与野党で意見が分かれた。
>与党が墜落を主張する一方で、野党の沖縄・自民は「不時着か墜落かは曖昧だ」として全会一致を目指すため別の表現を求めたが、意見が一致しなかった。
Unknown (東子)
2016-12-21 09:24:37
「仲井真弘多前沖縄県知事、辺野古訴訟の県敗訴「考え方と行動改めるべき」 2016.12.20 20:34」
http://www.sankei.com/politics/news/161220/plt1612200037-n1.html

どこで、話したのだろう?
電話インタビュー?

仲井真前知事の言葉に「そうだ!」と思う人は多いと思うが、残念ながら、産経は沖縄ではほとんど読まれない。
紙媒体が読まれる本土と、ネットの中だけで拡散。
肝心の沖縄では、広がらない。

八重山日報が本島で発刊されたら、こういう記事も取り上げられるのだろうか。
本日の沖縄タイムス投稿欄 (カウンター58)
2016-12-21 17:11:21

オピニオン面に一般投稿9本(「児童生徒限定の「ぼくも私も」除く)。

「一手間加えて 石川を活性化」のうるま市・伊波章吉さん(75)は、2月14日、5月21日に続き今年3回目の掲載。
「対米隷属終始 恥ずべき外交」の那覇市・与那覇恵子さん(63)は、1月15日、3月24日、5月19日、6月11日、7月2、29日、10月1日、11月10日に続き今年9回目の掲載。
「日本に合った 経済政策必要」の北谷町・高木泰さん(53)は、、1月22日、2月6日、6月26日、8月2、24日、10月3日、11月1日に続き今年8回目の掲載。
「目で文字追い ひらめき生む」の沖縄市・高江千恵子さん(60)は、今年初掲載。
「102歳で大往生 父の人生思う」の宜野湾市・伊良波幸政さん(75)は、3月6日、4月21日、5月2、12日、9月21日、10月21日、11月30日に続き今年8回目の掲載。
「県議の一喝で 知事に招待状」の豊見城市・宮里尚安さん(74)は、5月25日、8月18日に続き今年3回目の掲載。
「子の貧困対策 教育支援急げ」のうるま市・長濱清信さん(79)は、、1月24、27日、2月19日、3月20日、4月7、19、28日、5月15日、6月12日、7月8日、8月25日、9月25日、10月30日、11月18日に続き今年15回目の掲載。
「独立し平和国家の道へ」のうるま市・比嘉順子さん(62)は、1月24日、2月14日、3月15日、4月17日、5月4、22日、6月19日、7月8、22日、8月29日、9月10、30日、10月29日、11月17日に続き今年15回目の掲載。
「記憶に残る不思議な体験」の那覇市・浦﨑政克さん(87)は、6月2日、11月30日に続き今年3回目の掲載。

カギカッコは投稿欄における見出し。

沖縄発の国際語 (沖縄県民)
2016-12-21 22:06:06
 沖縄発の国際語と言っていいだろう。「KENMINKANJOU」である。
 安全保障をこの言葉で断じる沖縄県民を世界はどう見るか。

 和辻哲郎は、「鎖国」(岩波文庫)で日本民族が克服すべき欠点として「科学的精神の欠如」を挙げている(上巻p13)。
 時々TVで見受ける「沖縄県民を馬鹿にして」というコメントに科学的精神などかけらも感じられない。
Unknown (ウチナー鬼女)
2016-12-22 04:55:32
>沖縄限定の流行語大賞候補に翁長知事の「謎の言葉」をノミネートしたい。

すみません。思わず声に出して笑ってしまいました)(^o^)/★*☆♪(^w^)
「翁長タケシ語録『謎の言葉』」

日米が20年もの歳月を経て、やっとたどり着いた。菅官房長官の「そんな軽い話ではない」は重い!
翁長さんはそんなの背負いたくないと拒否!ですな!
そのご尊顔はどこに向いてんの?

産経ニュース
そんな軽い話ではない」菅義偉官房長官が翁長雄志知事に不快感 返還式典欠席で抗議集会参加の意向で
2016.12.21 13:05

 菅義偉官房長官は21日午前の記者会見で、沖縄県の翁長(おなが)雄志(たけし)知事が名護市で22日に開かれる米軍北部訓練場(東、国頭両村)の返還式典に出席せず、米軍の新型輸送機オスプレイによる不時着事故の抗議集会に参加する意向を示していることに関し「『歓迎する』と言っていたではないか。そんな軽い話ではない」と不快感を示した。

 翁長氏は10月、菅氏と面会した際に米軍北部訓練場の年内返還を目指す政府方針に対して「歓迎する」と発言。しかし、その後「不適切だった」として自身の発言を撤回した。

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL