狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

法廷闘争、窓の外は漆黒の闇!

2015-10-31 06:58:00 | 普天間移設

  

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 「狼」の画像検索結果

  お願い

 人気ブログランキングの投票が分散されるのを防ぐため、次のバナーをクリックお願いします。

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

普天間移設をめぐる県と国が法廷闘争へ突入することは時間の問題と見られていた。

国は、法律論では「秒殺」する自信が有ったが、県を支援する沖縄メディアの世論操作で「弱い県を苛める悪玉の国」などと書き立てられるのを危惧し、先に県に訴えさせて「身に降る火の粉を払わにゃならぬ」という態度で法廷に立つ、と予測されていた。

従って、県側は、国交省の「取り消しの執行停止」は想定内であり、次の打つ手は第三者機関の「国地方係争処理委員会」に審査を申し出る方針であった。

ところが、ここで国は想定外の行動に出た。

それが閣議決定による「代執行」の決意だ。

「出る所へ出て勝負しよう!」ということだ。

公有水面の埋め立ての権限を有するのは本来国交省の管轄だが、国交省は埋め立て権限を県に委託しているにすぎない。 

県は行政手続き法に則って、手続きに瑕疵の有無を検証し、瑕疵がなければ県知事は承認せざるを得ない。

これを覊束裁量という。

覊束裁量とは、知事の治的判断の入る余地がほとんどない形式裁量という意味だ。

2013年、防衛局の埋め立て申請を当時の仲井真知事は、覊束裁量により承認した。

ところが、県のトップが翁長知事に変わったら、県の判断は違法だとして、前知事の埋め立て承認を取り消した。 

取り消しの根拠は7月に出された第三者委員会の「法的瑕疵あり」という結論だ。

第三者委員会のいかがわしさについてここでは立ち入らないが、承認をした最高責任者である仲井真前知事への事情聴取を欠いたまま、同委員会が「瑕疵あり」の結論を出した事実だけを見てもこの委員会のいかがわしさは明らかである。

国側の代執行という想定外の行動で、「国の強権発動」というマイナスイメージは仕方がないとしても、これで国は翁長知事の取り消しを法廷の場で木っ端微塵に粉砕する覚悟をしたことになる。

国と県との対決は大きく分けて「行政手続きの戦い」と純然たる「司法の場での戦い」に分類できる。

沖縄タイムスの御用識者である五十嵐法政大学名誉教授が国の代執行に関し、こんなコメントを掲載している。

 

【識者評論】国の代執行、沖縄県に希望/五十嵐敬喜・法政大学名誉教授

沖縄タイムス 2015年10月30日 13:50

五十嵐敬喜・法政大学名誉教授

五十嵐敬喜・法政大学名誉教授

(略)

  正直言って県には、行政手続きだけでは勝利がなく、公平・中立な「裁判所」が必要である。県側から国の工事を差し止めるという「民事訴訟」を提起するという手段もあるが、今回はその土俵をわざわざ国が設定してくれた。重要なことは、そこでは国が「他の手段によってその履行を確保することが困難であり、かつその不履行を放置することが著しく公益に反すると認められること」を証明しなければならないということである。この土俵の中で、県は「他の手段」、すなわち国外あるいは県内移転さらには辺野古の移設の当否、あるいは「公益」、すなわちジュゴンをはじめとする貴重な自然、沖縄県民の総意、そして、差別された沖縄の歴史の総体のすべてを争点とすることができ、しかもこれが国内だけでなく世界中の人々に発信できるのである。

 「窓は開いた」。希望が見えてきたのである。(公共事業論)

               ☆

五十嵐氏は正直に「行政手続きでは、(県に)勝利がない」と吐露しているが、公平・中立な「裁判所」の判断に委ねれば、県にも「希望が持てる」というのだ。

だが五十嵐氏は、第三者委員会を公正・中立な第三者委員会と勘違いしているらしい。

>県は「他の手段」、すなわち国外あるいは県内移転さらには辺野古の移設の当否、あるいは「公益」、すなわちジュゴンをはじめとする貴重な自然、沖縄県民の総意、そして、差別された沖縄の歴史の総体のすべてを争点とすることができ、しかもこれが国内だけでなく世界中の人々に発信できるのである。

五十嵐氏は法廷での論点をずらして御用識者の役目を果たそうとしているが、法廷での争点は、上記のような恣意的、感情的なものではない。

争点は、翁長知事が前知事の承認を取り消した根拠である「法的瑕疵の有無」だけに掛かっている。

県側のかく乱作戦も公正で中立な裁判の場では、いかがわしい第三者委員会が出した「法的瑕疵あり」の結論など秒殺されるのがオチだろう。

御用識者のコメントは、多少の無理を承知でも新聞社の主張を支援するもの。

その御用識者の五十嵐氏が「行政手続きだは勝ち目がない」と慨嘆し、司法判断に一縷の希望を見出そうとしている。

 >「窓は開いた」。希望が見えてきたのである

残念ながら、窓は開いたが窓の外は漆黒の闇が広がっている!

希望は幻だった!

残念。

これが法廷闘争の実態である。

 

【おまけ】

宜野湾市民12人が翁長知事を提訴

承認取消は「パフォーマンス」

 沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾〈ぎのわん〉市)の移設問題で、同市民12人が20日、移設を故意に遅らせることで市民の生存権が脅かされるという理由で沖縄県と翁長(おなが)雄志(たけし)知事を那覇地裁に提訴した。同知事は複数の那覇市民にも訴えられていて、裁判の行方次第では一気に県民の信頼を失う可能性がある。(那覇支局・豊田 剛)

中国の脅威無視を批判

那覇市の2訴訟でも被告に

800-1

記者会見した平安座唯雄氏(中央)と徳永信一弁護士(右から3人目)ら原告団=20日午後、沖縄県庁

 翁長知事がキャンプ・シュワブ沖(名護市辺野古)への移設に伴う公有水面埋め立て承認をこのほど取り消した。その結果、元宜野湾市議の平安座(へんざ)唯雄氏を団長とする原告12人は、同飛行場が固定化し「人格的生存権の侵害の永続を招く」との理由で、沖縄県と翁長知事に対し、取り消しの無効確認と1人当たり1000万円の損害賠償を求めた。

 原告代理人の徳永信一弁護士は、同飛行場のキャンプ・シュワブ沖への移設に伴う公有水面埋め立て承認を取り消したことの理由として翁長氏が「安全保障上の合理性がないこと」を第一に挙げたことを問題視する。

 徳永氏は20日、県庁で行われた記者会見で、「日米合意に基づいた安全保障は政府の権限に属するもので、地方自治体が本来口を挟むものではない」と主張。中でも、知事の取り消し処分の理由の中で、普天間飛行場がなくても抑止力は維持されると書いておきながら「尖閣諸島をはじめとする八重山諸島の防衛や現在進行形の中国の脅威に一切言及されていないことは不誠実極まりない」と述べた。

 また、「環境影響評価、環境保全措置については、仲井真弘多(ひろかず)前知事が厳格かつ慎重に審査をした」と説明、防衛局が専門家を踏まえて再評価書を出したものを県職員が慎重に審査した結果、承認に至ったのであり、瑕疵(かし)があったとは考えられない」と強調。「法的瑕疵の不在を十二分に知りながら政治的パフォーマンスを目的として取り消した」と批判した。

 仲井真氏は、ラジオ番組の中で「県庁の担当が一生懸命仕事して、大勢でかちっとしたのを作った。瑕疵なんかあろうはずがない」と述べた上で、翁長知事の言動は「いちいちしゃくにさわる」と不快感を示した。

 平安座氏は「19年前のSACO(沖縄に関する特別行動委員会)合意以来、政府は県や地元の理解を得ながら返還を進めてきたが、翁長知事に代わって後ろ向きになってしまった。一日も早く基地をどかしたい」と述べた上で、「目の黒いうちに移設問題を片付けたい」と痛切な胸の内を語った。

 記者会見では共同通信記者から「基地を“たらいまわし”にすることについてどう思うか」という質問があった。

 それに対して徳永氏は「軍事基地が街の真ん中にあることがおかしいもので、それを日米両政府が何とかしようということで移設を決めた」という原点に返る必要性を訴えた上で 「県民の多くは基地周辺住民の被害に向き合っていない」と率直な感想を述べた。

800-2

学校など市街地に囲まれている普天間飛行場(米海兵隊ヘリから撮影)

 今後、移設問題をめぐって国と県との法廷闘争になる見通しになることについて平安座氏は、「宜野湾市民が置き去りにされてはならない」と警鐘を鳴らした。

 年内には原告は100人以上集まる見通しだ。その場合、損害賠償総額は12億円余になる。請求先は県と知事だが、県に負担させる場合には議会の承認が必要となる。将来的には、翁長氏が県から訴えられることに発展する可能性も否定できない。

 それに加え翁長氏は、那覇市長時代の市政運営で、久米至聖廟と社会福祉法人に対して不適切な支出を行った疑いで複数の那覇市民から提訴されている。

 久米至聖廟問題では、那覇市が松山公園の一部を久米崇聖(そうせい)会に無償で貸し出し、久米至聖廟(孔子廟および明倫堂)の設置を許可していることが政教分離に違反すると指摘されている。今後、便宜を受けた久米崇聖会が証人尋問でどのような反論をするのかが注目される。

 社会福祉法人問題では、那覇市障害者福祉センターの指定管理を受ける社団法人那覇市身体障害者福祉協会への委託料の5年分1億6675万円を不当に市が支払ったとし、翁長氏に返還を求めている。同訴訟はすでに結審しており、12月9日に判決が下される

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 反日サヨクのヒロイン島袋オ... | トップ | 最強内閣、辺野古に警視庁機... »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (東子)
2015-10-31 09:53:20
特定秘密保護法、安保法制等、一連の日米関係強化の関連が山を越えたので、沖縄基地負担軽減担当の肩書を持つ菅官房長官主導で、「沖縄問題(辺野古)」に政府は注力し始めた。
沖縄が満足する結果が得られているとは言えないが、翁長知事が言うように、政府は沖縄のことを考えていないとは一概に言えない状況作りをしている。
政府は「法」で進める一方、翁長知事と県民を区別して「情」に訴えることで翁長知事と孤立化させる作戦に出ているようだ。
さて、県民の「情」は、どちらに流れる?

政府は、仮に、辺野古反対の「民意」が「総意」に変わったとしても、全国民に「防衛が国の専権事項である以上、沖縄県民の「情」だけに左右されてはならない」の世論作りをしようとしていると思える。
県内からは菅官房長官の動きがどう見えているか(翁長知事によれば「パフォーマンス」だそうだが)わからないが、「パフォーマンス」は言い換えれば「行動の説明」でもあるので。
Unknown (東子)
2015-10-31 09:54:01
沖縄2紙は煽れば県民を扇動できる、自分らの思う通りの方向に誘導できると思っている。
これこそ上から目線だし、県民を小馬鹿にしている態度でないか。
翁長知事、稲嶺市長、県の有識者は、沖縄2紙の攻撃が怖い。
だから、沖縄2紙が喜ぶ文言を発し、媚びる。
県民の方を向いての発言でない。
県民を小馬鹿にしている沖縄2紙に恭順を示すのは、沖縄2紙同様、県民を小馬鹿にしているとしか、思えない。

沖縄2紙は、県民啓蒙と扇動の区別がついていない。
もはや反対派の暴力行為による効果にすがり付くしか方途がない翁長知事。 (山路 敬介)
2015-10-31 10:07:53
覊束裁量(キソクサイリョウ)とは懐かしい文言ですね。
何日か前のブログ主様の記事中にもありました。
小生らが法律を学んだ時期は、ブログ主様が法学徒だった時代よりもだいぶ新しく、「法規裁量」と言いましたっけ。(笑)  失礼しました。

行政法上、今回の問題を正確にとらえるには「覊束裁量」という県側が遵守しなければならない概念は非常に重要です。
「公有水面埋立法」は、その管轄を国交省とする事からもわかるように県や自治体が制定する条例などではなく立派な国の法律です。
その対象となる公有水面の所有者は国です。
国は公有水面の埋め立てについて、県にその事務を委託しているにすぎないのです。
これを県の受託事務と言います。
県は国から受託した事務の範囲(法律の定める範囲)内で許可や承諾をしなければならず恣意的な判断はもちろん、法の定めるところ以外の県独自の判断というものは許されません。
ちなみに覊束裁量の対義語は自由裁量です。
県の成し得る判断はその法律の中に定めてある範疇においてであり、法律の性質上自動的に縛り(覊束)を受けているのです。

前知事の仲井眞氏は内務省から通産省勤務を経た沖縄でもめずらしいエリート中のエリートで、経歴からも行政事務に精通しておりました。
ですので、現在でも「辺野古埋立承認に瑕疵のあったとする余地はない」と言いえるわけで、事実そのとおりです。
県に行政法上で勝ち目はありません。

ブログ主様がいう、
>第三者委員会が出した「法的瑕疵あり」など、秒殺されるのがオチだろう

とは、そういう意味ですね。
本日の沖縄タイムス投稿欄 (カウンター58)
2015-10-31 10:44:33

オピニオン面に一般投稿6本(児童生徒限定の「ぼくも私も」除く)。

「韓国での研修 歴史興味に道」の沖縄市・高江洲琴音さん(19)は2月15日、5月22日に続いて今年3回目の掲載。
「国は力注いで 基礎科学研究」の金武町・新里均さん(61)は2月3日、5月19日、7月2、14日、8月21日、9月8日、10月14日に続き今年8回目の掲載。
「ラジオに夢中 毎朝が楽しい」の宜野湾市・金城フミ子さん(73)は今年初掲載。
「米軍に厚遇し 日本困窮の愚」の大阪市・阿部仁さん(33)は1月4、10、17、26日、2月4、17、24日、3月3、14日、4月2、18、26日、5月10日、6月3日、7月3、23日、8月8、25日、9月13、26日に続き今年21回目の掲載。
「琉球民族性 判断できず」の那覇市・増田宙さん(40)は今年初掲載。
「芋餅づくりの試み」の名護市・吉川安一さん(75)は1月3、17日、3月1、18日、4月25日、5月21日に続いて今年7回目の掲載。
 
カギカッコは投稿欄における見出し。


Unknown (MOSU5)
2015-10-31 13:17:29
おっしゃるとおり、安倍政権の懸案事項は、あとはもう事情をよく知らない国民向けに、マスゴミによるイメージ悪化戦略をいかに防ぐかという点にあるような気がします。

全国紙では、なんと菅官房長官がグアムに行って担当者と会談したことなどがきちんと報道されていましたし、いくら沖縄2紙が国の強権的なイメージを捏造しても、政府が根本的な部分で努力してる感じは、ある程度、国民に伝わったように思います。
辺野古ゲート前の大掃除開始w (MOSU5)
2015-10-31 14:05:22
>名護市辺野古の警備に警視庁機動隊派遣へ(NHK)
10月31日 5時17分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151031/k10010289361000.html

「名護市辺野古の警備に警視庁機動隊派遣へ」

国がアメリカ軍普天間基地の移設先としている名護市辺野古の沿岸部に警視庁の機動隊員百数十人が派遣され、沖縄県警の指揮の下、警備に当たることが警察関係者への取材で分かりました。現場で続く住民などの抗議行動に県外の警察が直接対応するのは異例のことです。

国が普天間基地の移転先としている名護市辺野古の沿岸部では、埋め立て工事を巡って、国と沖縄県の主張が対立するなか、29日工事が開始され、住民などによる抗議行動が行われています。

周辺の警備には、これまで、地元の沖縄県警があたってきましたが、長期化する可能性もあるとして、要請を受けた警視庁が警察官を派遣することになりました。警察関係者によりますと、派遣されるのは警視庁の機動隊員百数十人で、沖縄県警の指揮の下、来月上旬から現場に配置される予定だということです。

警視庁の機動隊が沖縄に派遣されたことはこれまでにもありましたが、主な役割は那覇市内などの重要施設の警備で、今回のように、現場で続く住民などの抗議行動に直接対応するのは異例のことです。
いつまでも、勝手にさせるな。 (義挙人)
2015-10-31 14:28:20
>辺野古ゲート前の大掃除開始

上等ヤサ。上等。

そうでもしないと、いつまでも、宜野湾市民の生存権は守れません。
Unknown (狂歌)
2015-10-31 15:47:09

県民と 読者を騙(だま)す 地元2紙

   今日はねつ造 明日は隠ぺい

「犠牲ではなく貢献」沖縄市長 (清島清)
2015-10-31 18:46:34
辺野古移設容認派の沖縄市長。
http://www3.nhk.or.jp/lnews/okinawa/5093110011.html?t=

「犠牲ではなく貢献」
少しはまともな事が言えるようになった本島内の市長。(「発展振興のため」ではなく「安全保障のため」とまず言うべきだが..)

那覇名護市長以外の全市長は、恐れずに一丸となって極悪犯罪2紙と翁長雄志&稲嶺進を潰しにかかって欲しい。
「犠牲ではなく貢献」沖縄市長 (清島清)
2015-10-31 18:46:34
辺野古移設容認派の沖縄市長。
http://www3.nhk.or.jp/lnews/okinawa/5093110011.html?t=

「犠牲ではなく貢献」
少しはまともな事が言えるようになった本島内の市長。(「発展振興のため」ではなく「安全保障のため」とまず言うべきだが..)

那覇名護市長以外の全市長は、恐れずに一丸となって極悪犯罪2紙と翁長雄志&稲嶺進を潰しにかかって欲しい。
二重投稿 失礼しました。 (清島清)
2015-10-31 18:51:36
スマホから投稿ボタンを一瞬で2回押してしまったら、2つ投稿になっりました。失礼しました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL