狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

八重山毎日が「裏契約書」報道、「オール沖縄でない」

2014-11-05 06:56:39 | 県知事選

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

 

 八重山日報に続いて、八重山毎日新聞が「建白書」に付随する「確認書(裏契約書)の存在を報道した。

一昨日のエントリーでこう述べた。

沖縄2紙が「裏契約書の存在」を報道するか、それとも徹頭徹尾黙殺で通して翁長氏の支援を続けるか。新聞の使命、そして良心を試す絶好のリトマス試験紙として興味津々である」と。

新聞としての良心と使命感が一欠けらでもあるなら、裏契約書の存在は避けては通れない最重要事項なのだ。

 八重山毎日は遅ればせながらも、新聞としての良心があることを、読者に示したことになる。

「オール沖縄でない」

八重山毎日新聞 2014年11月04日

 
建白書に署名押印する条件として作成された確認書

建白書に署名押印する条件として作成された確認書

辺野古の県内移設断念
中山市長 建白書提出前に確認書

 オスプレイ配備に反対する県民大会実行委員会が昨年1月、普天間飛行場の県内移設断念も同時に求める全市町村長連名の建白書を作成する際、中山義隆市長は「県内移設の選択肢を否定するものではない」とする確認書を交わした上で署名していたことが分かった。

 中山市長は当時、辺野古移設について地元の理解を前提に選択肢としてあり得るとの立場を示しており、確認書はこれに基づくもの。

 中山市長は、建白書に「普天間基地を閉鎖・撤去し、県内移設を断念すること」の文言が入っていたため、「私の考えに合わない」と拒否したが、再三の署名依頼に確認書を作成した上で署名した。

 確認書は「石垣市長中山義隆は米軍普天間基地の移設について原則、県外への移設を理想とするものの、普天間基地の早期移設と周辺住民への危険性の除去を最優先と考えており、県内移設の選択肢を否定するものではない」とする内容。また事前の文言調整を十分に行うことも求めている。

 確認書には中山市長、実行委員会事務局長の玉城義和氏、立会人として当時の県市長会会長で那覇市長の翁長雄志氏がそれぞれ署名押印。同年1月25日付で作成し、翁長氏らは同28日に安倍晋三首相に手渡している。

 中山市長は3日、取材に対し、「オスプレイの強行配備に反対する内容の要請活動のはずだったが、要請書が建白書に変わり、なおかつ普天間の県内移設断念の文言が入っていたので署名できないと伝えた。41市町村長の署名押印をそろえたいと言われ、確認書をつくった。県内移設断念についてはオール沖縄ではなかった」と指摘した。

                                                            ☆

八重山毎日新聞といえば「八重山教科書問題」では、琉球新報、沖縄タイムスと並んで「発狂3紙」と揶揄されるほど偏向した論調で「ルール破りの竹富町教委」を最後まで擁護したことが記憶に新しい。

その八重山毎日でさえも、今回の知事選挙で「裏契約書の存在」を読者に隠蔽したまま投票日を迎えることに対し、新聞としての使命感と良心の呵責に耐えられなかったのだろう。

今回は依然として沈黙を守っている沖縄2紙との「鉄の結束」を破って、八重山日報のフォロー記事をさらに一歩踏み込んで報道したことは素直に評価しておきたい。

八重山毎日は10月の新聞週間にちなんで、新聞が果たす役割とはと題する社説を書いている。

その記事で「『知る権利』の危機」を訴え、「読者目線の新聞」を目指し、次のように決意している。

「地方紙として「新聞週間」を、あらためて地域に根ざした住民目線の報道のあり方を問い直す機会としたい」

今回の「裏契約書」の報道は、八重山毎日がまさに住民目線の報道を実践したことになる。

八重山毎日の取材に対し、中山市長はこう答えている。

「オスプレイの強行配備に反対する内容の要請活動のはずだったが、要請書が建白書に変わり、なおかつ普天間の県内移設断念の文言が入っていたので署名できないと伝えた。41市町村長の署名押印をそろえたいと言われ、確認書をつくった。県内移設断念についてはオール沖縄ではなかった」

読者の狢さんが何度も指摘すするように、今回の知事選で「裏契約書」の存在は避けては通れぬ重要案件である。

八重山毎日のGJである。

「辺野古移設」が最大の争点なら、沖縄2紙は「裏契約書の存在」を読者に開示するのが報道機関としての責務のはず。

「知らなかった」では通る話ではない。

なぜなら10月29日、「建白書」への署名・捺印の方法に問題ありと疑念を持つ9市の市長が、合同記者会見を開催している。

 

これを沖縄タイムスは次のように報道した。


(沖縄タイムス 2014年10月29日 08:15 )
保守系9市長、翁長氏に普天間で質問

11月投開票の沖縄県知事選に出馬を予定している現職の仲井真弘多知事(75)を支援する県内の5市長は28日、那覇市内で会見を開き、同じく出馬予定の前那覇市長の翁長雄志氏(64)に対し、普天間飛行場の危険性除去の方法などについて問う公開質問状を発表した。
 質問状では、翁長氏が普天間飛行場移設の移設先や時期などを提示せず、日本政府に責任を丸投げしていると指摘。「普天間基地周辺住民の安全、生命、財産を具体的にどのように守るのか」と説明を求めている。
 南城市の古謝景春市長は、翁長氏が41市町村の代表が政府に提出した建白書をまとめる際に「反対することで振興策が多く取れる」と発言したと主張し、「さまざまな疑念がある」とした。質問状は、仲井真氏を支援する保守系市長9人の連名。

           ☆

だが、沖縄タイムスは恥知らずにも肝心な部分を隠蔽している。

この記者会見の席で古謝市長は「裏契約書」を記者団に示して、「建白書」を批判している。

沖縄タイムスは裏契約をの存在を隠蔽したのだ。(怒)

その動画がこれだ。

【必見動画】県内移設を否定しない確認書

これでは「知らない」で沈黙を守ることは出来ないはず。

このように記者会見の席で「裏契約書」の存在を明らかにしても、沖縄2紙は読者の耳目からこれを遮断し、黙殺を継続中である。

「裏契約書」の存在が知れ渡ったら、翁長氏に取って致命的打撃になることが必至であるからだ。

「特定の団体のコマーシャルペーパー」と成り果てた、琉球新報、沖縄タイムの「発狂2紙」は、毒を喰らわば皿までの心境で、翁長氏と心中する覚悟なのか。(涙)

 【おまけ】

10月29日の記者会見で、翁長氏への質問は4点ある。

「オール沖縄の建白書」が真っ赤な嘘であることが暴露された質問1のみに焦点を当てる。

まず、質問1のみをを抽出した動画と文字起こしをしたのを御覧ください。

【動画】オール沖縄の建白書は真っ赤な嘘 !9市町村による翁長雄志への公開質問①

質問1

「辺野古反対と言っていればいい」、貴殿は「オール沖縄」「県民の心はひとつ」と主張しています。

しかし、「県内11市のうち私達9市の市長は貴殿とは心をひとつにしていない」のが実情でございます。

その理由は様々ありますが、主な理由として

貴殿は41市長村の首長及び議長に建白書へ参加署名を求める際、保守系首長に

「辺野古について我々は反対しても国の方針を変えることはできないと思う。反対することで振興策が多く取れる。我々はどのような情勢になっても県政を支えよう!」

と発言されました。

その貴殿が突如知事選に出馬を表明され、何の具体策も表明されないまま、未だに、ただ反対だけ言っていれば良いという無責任さに私達はあきれ返っている次第です。

更に、17日の公開討論で貴殿はこの件に関し否定されたようです。

こうした疑念に対して県民に対して納得のいくご説明をいただきたいということでございます。

 

 

有権者に正しい判断で投票して頂くため、

以下は拡散依頼です。

 

翁長氏が建白書の同意を取るために「県内移設の選択肢を否定しない」という文言の確認書に署名捺印していた。 添付ファイル参照

「石垣市長中山義隆は米軍普天間基地野移設について、原則、県外への移設を理想とするものの、普天間基地の早期移設と周辺住民の危険性の除去を最優先と考えており、県内移設の選択肢を否定するものではない。」

「県内移設の選択肢を否定しない」という文言の確認書に署名捺印をしたということは、現在翁長氏が「辺野古に新基地は作らせない」と叫んでいること自体が大嘘ということになる。

その一方、仲井真氏の埋め立て承認を受け入れることを意味し、支援団体の共産党・社民党らを裏切っていることになる。

つまり現在翁長氏が主張する「普天間飛行場は国外・県外に移設、県内移設反対。辺野古新基地はありとあらゆる手段を尽くして造らせない。」という主張とは真っ向から対立することになる。

翁長氏は有権者を騙して上で「オール沖縄」を主張していることになる。

翁長氏よ、「建白書」に裏契約書が存在したことを、知事選候補者として有権者に説明する責任が有るのではないか。納得できる説明が出来ない場合は、潔く立候補を辞退すべきではないのか。  

 

【保守系9市長、翁長氏に普天間で質問】10月29日沖縄タイムス

 http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=88463

翁長氏は「反対することで振興策が多く取れる」といって建白書の同意を取った

11月投開票の沖縄県知事選に出馬を予定している現職の仲井真弘多知事(75)を支援する県内の5市長は28日、那覇市内で会見を開き、同じく出馬予定の前那覇市長の翁長雄志氏(64)に対し、普天間飛行場の危険性除去の方法などについて問う公開質問状を発表した。

 

 質問状では、翁長氏が普天間飛行場移設の移設先や時期などを提示せず、日本政府に責任を丸投げしていると指摘。「普天間基地周辺住民の安全、生命、財産を具体的にどのように守るのか」と説明を求めている。

 

 南城市の古謝景春市長は、翁長氏が41市町村の代表が政府に提出した建白書をまとめる際に「反対することで振興策が多く取れる」と発言したと主張し、「さまざまな疑念がある」とした。質問状は、仲井真氏を支援する保守系市長9人の連名

 

 
クリックすると拡大します
 【拡散依頼です】

 

関連ブログ沖縄知事選・翁長氏の「公約」はなぜ後退したのか

  【拡散依頼です】

 

【動画】チャンネル桜で喜納昌吉候補が登場、大いに語る!

 

 

平成261027日月曜日に放送された『沖縄の声』。本日月曜日の沖縄の声では緊­急特番としまして、沖縄支局キャスターのボギーテドコンと江崎 孝を進行役に迎え、1116日開票の沖縄県知事選挙に立候補した「喜納 昌吉」さん、そして「喜納昌吉応援団 団長」の斉藤まさしさんをゲストにお招きし、出馬を決めた理由、そして知事選にむけて­のお話などをお伺いします

 

 

                             ☆

 観光産業は沖縄経済の柱ですけど? 何故か翁長氏逃亡!

 

■緊急の御知らせ■

 

奮ってご参加下さい。

 

「なかいま弘多総決起大会」

日時: 11月7日(金) 午後6時開場、午後6時30分開会

場所: 沖縄県立武道館(奥武山公園内、アリーナ棟)

■当日はモノレール、バス、タクシーをご利用下さい。

主催:「沖縄21世紀vビジョンを実現する会」 電話098-866-0139

    那覇市牧志2-17-12(いとみね会館)

                  ★

 

■電子書籍出版の御知らせ■

県知事選挙の告示日(30日)まで余すとこ三日に迫りました。

仲井真県知事をして「特定の団体のコマーシャルペーパー」と言わしめるほど、常軌を逸した沖縄2紙の偏向報道により、新聞から情報を得る以外に術のない高齢者層を中心に「翁長氏優勢」の噂が絶えない今日この頃ですが、この選挙は先の沖縄市長選と同様に「新聞vsネット」の戦いになるものと考えます。

そこで電子書籍『そうだったのか「沖縄!』〜国家レベルの問題が山積する沖縄。その歴史と現在を新しい視点で解説〜、を緊急発刊することになりました。

告示日を目前にして特に三章と四章(江崎が執筆)は知事選挙にかかわる部分なので、取り急ぎ多くの方にこの二つの章を読んでいただきたいと思っております。

新聞等の捏造報道に惑わされることなく正しい判断で選挙権を行使するため、是非ともご購読くださいますようお勧めいたします。

 

cover

 

 

            拡散依頼

 

 

 

そうだったのか「沖縄!」』

〜国家レベルの問題が山積する沖縄。その歴史と現在を新しい視点で解説〜

価格:300円

著者:
 仲村覚(沖縄対策本部代表)
 仲村俊子(初代沖縄防衛協会婦人部長)
 石井望(長崎純心大学准教授)
 江崎孝(ブログ狼魔人日記管理人)

 

序章:沖縄問題の本質(仲村覚)
一章:今明かす、祖国復帰の真実(仲村俊子)
二章:「沖縄祖国復帰の真実について」解説(仲村覚)
三章:沖縄県知事選挙の裏に潜む琉球独立工作(仲村覚)
四章:習近平も注目の沖縄県知事選「ネットvs新聞」の代理戦争(江崎孝)
五章:祖国との一体感を求めて開催された東京オリンピック沖縄聖火リレー(仲村覚)
六章:日本開国の拠点として狙われていた「琉球」(仲村覚)
七章:明治維新」と「琉球処分」(仲村覚)
八章:琉球國はチャイナ領土だったのか(石井望)

電子書籍『そうだったのか「沖縄!」』を発売しました。

購入は下記サイトからお願い致します。

【購入サイト】

 

<示現舎電子書籍ショップ(クレジットカードまたはBitCash)>
https://print.cssj.jp/ebook/buy/item.php?id=A00003-32

 

<示現舎電子書籍ショップ(PayPal)>
http://www.jigensha.info/wp-content/plugins/pripre/pages/dist-item.php?id=642070657544b1ae

 

<ブクログのパブー>
http://p.booklog.jp/book/91432

 

※ 近日、Google Play、Google Books、楽天Kobo、ConTenDoでも配信予定です。

 

 よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 翁長「裏契約書」、八重山日... | トップ | 沖縄タイムスの犯罪行為! »
最近の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
避けては通れぬ裏契約書 (狢)
2014-11-05 07:40:31
八重山毎日もやっと、避けては通れぬ「裏契約書」に気がついたようだねwww

発狂2紙がとこまで読者を騙し続けるか見ものだ。
Unknown (Unknown)
2014-11-05 07:47:27
翁長は、「仲井真は振興予算をもらって埋め立てを承認した。振興策と辺野古を引き替えにしたことに県民は傷付いている」などと言っている。
しかし、「反対した方が振興策が多く取れる」と発言したように、反対して振興予算を釣り上げて、なおも反対し続けるというのは、まさにゆすりたかりの中韓的発想である。

翁長は振興予算3千億円を要求した41市町村共同声明にも市長会会長として名を連ねており、翁長自身が要求したといっていい金だ。
独裁的権力 (シャチ)
2014-11-05 09:37:32
(´・ω・`)つこのまま地元紙に独裁的な権力を与えて良いのか‥
地元紙に対して、県民大会を行うべきだよ
署名活動でも何でも行って、訴訟起こしたいです。
Unknown (Unknown)
2014-11-05 10:27:07

辺野古移設は見かけ上反対、普天間の危険性除去は当事者的立場から逃げ、沖縄振興計画はパクり、県内11分の9市長を裏切り、このような振る舞いをメディアはほとんど報ぜず。
そんなに人が知事に?
ご冗談を。ww
9条の会がふれ回る嘘 (安仁屋 正昭)
2014-11-05 10:53:07
昨日、那覇市内を走っていると、何やら公選法違反と思われる宣伝カーが翁長氏の応援を行っていましたが、聞き捨てならない事をふれ回っておりました

「翁長さんは辺野古埋め立て承認を撤回します」と!

このような時に携帯電話をスマホに切り替えていないかった事に自分ながら悔しい思いをさせられました

スマホを持っている有志の皆様にお願いします
このような違反行為は動画にアップしてください
Unknown (久茂地狂歌)
2014-11-05 12:25:58

県外の 同志・仲間を 呼び集め

   辺野古を汚す 極左過激派

これ、県発注のCMのハズだよね…? (越来のK本S子)
2014-11-05 13:10:47
今回の県知事選挙の啓発CMが、現職へのネガティブ・キャンペーンになってる件。


沖縄県知事選挙等告知 CM シニア篇
http://www.youtube.com/watch?v=B04BnO7cCsM

沖縄県知事選挙等告知 CM ママ篇
http://www.youtube.com/watch?v=AjRmWTYOA6M

沖縄県知事選挙等告知 CM 男性篇
http://www.youtube.com/watch?v=nqRKt-_na_w

沖縄県知事選挙等告知 CM 若者篇
http://www.youtube.com/watch?v=ZsLUeKWeyog


「男性篇」はまだいいとして、ほかの3篇は…。


一応、県選管のHPからリンクしてる動画なんだけど、この、遠回しにオナガ推しな内容、大いに問題アリなんじゃ…?


平成26年執行沖縄県知事選挙及び沖縄県議会議員補欠選挙
http://www.pref.okinawa.jp/site/senkan_i/event/tijisen/h26tijisen.html


>島の未来をいいいろに

今回はこれがキャッチコピーみたいなんだけど、上の動画見てると、この動画を作ったヤツらにとっての「いいいろ」って…、

“あかいろ”、そして“きいろ”と思うのは、自分だけ…(笑)?
Unknown (久茂地狂歌)
2014-11-05 14:01:40

建白書 裏契約を 報じずに

   県内2紙は オナガに誘導

Unknown (越来のK本S子)
2014-11-05 14:13:38
>県内2紙は オナガに誘導

CMまでもが オナガに誘導


…おあとがよろしいようで。
本日の沖縄タイムスより。 (越来のK本S子)
2014-11-05 15:01:16
島ぐるみ大運動会 浜比嘉内外200人集う
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=89344

↑こっちの“島ぐるみ”は大目に見てあげよう…、な記事。

…中核派(?)の自称・彫刻家の偏屈変態老人、金城実の出身地だけど。


変更申請「整合に疑問」辺野古移設工期遅れも
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=89360

↑ただただ、記者の願望を書いただけの発狂記事。


嘉手納など騒音賠償 日本100億肩代わり 米分担応じず
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=89398

↑不毛な訴訟合戦で国民の税金ゆすり取っといて何様…!?、な発狂記事。
本日の琉球新報より。 (越来のK本S子)
2014-11-05 15:22:45
運命決める権利 行使を 上野千鶴子さん講演
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-234117-storytopic-1.html

↑紙面情報によると、シュワブゲート前の違法「テント村」もうでをしたという基地外フェミニズムばばぁによる、ヒステリー講演会についての発狂記事。


>「沖縄も『沖縄の運命は沖縄抜きで決めないで』って言いたいですよね。自分の運命を決める権利を行使してください」

普天間基地の辺野古移設を推進することが、「自分の運命を決める権利を行使」することじゃないとでも…!?


>抵抗し続けていれば政策や戦略が変わる

それ、「無理が通れば道理引っ込む」、と言ってるように聞こえるんですが。マトモな人間には(笑)。


>さらに都議会の「セクハラやじ」の事例を挙げ…

また、いちばんの女の敵の塩村の話ですか!?


>恐らくやじを飛ばした側は『これまでも同じことをしてきたのに』と思っているはず。

それ、ただのあんたの願望でしょ(笑)。

あのヤジ、セクハラでもなんでもなかったのに。


>しかし世間の常識、女性の受忍限度が変わった。

これも、ただのあんたの願望~(笑)。


>これは沖縄の基地受け入れに対する受忍限度が変わったのと同じことだろう

いえいえ。ごく一部の基地外サヨクが、末期症状を迎えただけです(笑)。


>講演を聞いた大学生の玉城愛さん(20)=うるま市=は「基地のことを分かろうとしないのは逃避なんだと気付かされた。どう向き合うかが大事だと思った」と話していた。

あちゃ~。こんな基地外ババァのヒステリーに感化されちゃったおバカさんが、約1名~(笑)。


「基地のことを分かろうとしないのは逃避なんだ」とか言ってるけど、ジュゴンだの、サンゴだの、ウミガメだの、ノグチゲラだので辺野古反対ハンタ~イ…!!、っていうアタマの持ち主になることが、いちばんの逃避なんだってば(笑)。
ビラが入ってました! (Unknown)
2014-11-05 15:40:46
皆さまこんにちは、昨日家のポストに
「『オール沖縄』の、今を考える。」と書かれたビラ?が入ってました!
また翁長のアピールかと思ってましたが オール沖縄で『建白書』提出とか~共産党物語では中国と近い考えだと触れてたり、裏側はカラー写真入りで、『「オール沖縄」なぜか周りは、「オール共産党」』とか前那覇市長と日本共産党の政策の違いとか
前市長を推薦した「安保破棄中央実行委員会」は共産党の労働組合だとか、前市長による県政が共産党いいなりの「傀儡政権」になる!
とか書かれてて初めてこのようなビラを見たのでびっくりしました!翁長の危険性が乗ってて面白かったですよ~どなたか見た方いますか?
Unknown (越来のK本S子)
2014-11-05 15:56:29
>どなたか見た方いますか?

オナガどころか、シモジやキナのビラもまだ見てないですね。

ナカイマさんのなら見たけど。


まっ、いわゆる怪文書的なビラみたいだけど…、

“共産党いいなりの「傀儡政権」”、って部分は同意。


あいつを県知事にするくらいなら、いっこく堂さんの腹話術人形を県知事にしたほうがマシだわ(笑)。
Unknown (桃原)
2014-11-05 16:14:39
>講演を聞いた大学生の玉城愛さん(20)=うるま市=は「基地のことを分かろうとしないのは逃避なんだと気付かされた。どう向き合うかが大事だと思った」と話していた。

もしかしてこの大学生って、9月20日の辺野古移設反対集会にも参加してた名桜大学2年生ですよね?

残念ですね、こういう思考は。

とにかく基地に対してあらゆる手段を使ってでも反対するということに気付かされたんですかね?

基地に関係しない、動物保護や環境破壊には向き合わないのですかね?
Unknown (Unknown)
2014-11-05 16:50:47

体現者

Statesman→仲井真さん

Politician→翁長さん

Intimidator→下地さん

Fantasist→喜納さん
アングラ化するオールお・き・な・わ (沖縄県民)
2014-11-05 17:21:39
 翁長氏の街宣で「オールお・き・な・わ」を聴くことが少なくなった。が、なんともまがまがしい緑色のポスターでこの「空気製造、県内向け切捨・恫喝」言葉が見受けられるようになった。翁長氏にとってはなんとしても「抱擁されていたい、すがっていたい」言葉のようだ。  「胡散臭拡散」言葉に変質してしまったのでポスターの形でアングラ化したのか。

 今日、某所で仲井眞氏ののぼりの「ま」に赤色のスプレーペイントで×印がつけられているのを見た。すぐに野嵩ゲート付近の違法汚染テープの×印と同じセンスだと思い至った。となると・・・。

 少しあせっていますか?
 投票日前倒ししたいですか?
 空気が失せぬうちに?
Unknown (偶然)
2014-11-05 20:42:36
沖縄県民様

>今日、某所で仲井眞氏ののぼりの「ま」に赤色のスプ
>レーペイントで×印がつけられているのを見た。

今朝の新報によると、中南部で選挙ポスターに落書きされている案件が複数あるようです。
当方南部住まいですが、近所の選管設置掲示板でも仲井眞氏ポスターに赤いスプレーで×がついておりました。
同じ地域の別の掲示板では、3氏に同じく赤い×印が。
こちらは運転中に見たので、もしかしたら4人全員に落書きされているのかも知れませんが。

赤いスプレーが広範囲で使用されているという事は、単なるイタズラではなく、組織的な行為なのでしょうか?
いずれにせよ、見ていてあまり気持ちの良いものではありませんね。
懸念 (Unknown)
2014-11-05 21:00:10

某候補有利という空気造成にもかかわらず、ネットの情報で徐々に現実派への支持が広がりつつあるとのことです。

懸念されることは、ネットを使わず新聞だけを信じ込む多くの人たち(特に中高年層)は、たとえ車椅子であっても投票に行くのに対して、ネットをよく使う人たちはあまり投票に行かないらしい、ということです。

このため、あの陣営とメディアはネットの動きにタカをくくっているとのこと。
シャクですね。
どうかネットユーザーの知見が評論にとどまらないで投票につながりますように。
Unknown (東子)
2014-11-05 22:58:41
ネットを見ない人に原始的ですが、クチコミは難しいでしょうか。
悪事千里を走るというではありませんか。
Unknown (東子)
2014-11-06 00:51:49
「辺野古移設「沖縄の負担軽減になる」と安倍首相 2014.11.4」
http://www.sankei.com/politics/news/141104/plt1411040014-n1.html

>安倍晋三首相は4日午前の参院予算員会で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設について、一部基地機能の県外移設などを挙げた上で「辺野古に移る機能は三分の一に減少する。沖縄県全体にとって負担軽減になっていく」と述べた。
>また、「沖縄が東アジアの中心にあるのも事実だ。これから伸びていくアジアの中心の可能性をいかしていけば、間違いなく未来は明るいし、沖縄への投資は未来への投資になると確信している」と強調した。
>岡田直樹氏(自民)の質問に答えた。

辺野古移設と沖縄振興予算の意味は、まさに↑。
安倍総理の答弁、沖縄タイムス、琉球新報は載せていますか?
載せても詭弁だと片付けてしまえば、意味無いですけれどね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL