狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

百田発言、言論の自由の意味が分からぬ議員先生

2015-07-02 07:05:11 | マスコミ批判

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 「狼」の画像検索結果

 お願い

人気ブログランキングの投票が分散されるのを防ぐため、次のバナーをクリックをお願いします。

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

沖縄タイムスの病的百田叩きは、本日で一週間を迎える。

よくも紙面を埋めるネタがあるものと、記者たちの偏執性には感動を覚えるくらいだ。

言うまでもなく渦中の百田氏は民間人である。

憲法が保障する言論の自由を有しており、何を言おうとも勝手である。

議員の主催とはいえ一会合に講師として招かれた民間人が何を発言しても、第4の権力といわれる新聞がその発言を連日狂ったように叩くのは、それ自体が言論弾圧に相当する。


批判されるべきは、会合の主催者である公人である議員達の言動である。

自民党はすばやい動きで、関連した議員を処分しており、その後民間人の百田氏が沖縄2紙の「抗議声明」に逆切れして「本気で潰れて欲しい」と発言しても百田氏の言論の自由である。

ところが言論の自由、報道の自由を盾に百田バッシングを続ける沖縄2紙に媚を売る自民党の国会議員が、沖縄には依然として存在する。

弁護士資格を持つくせに言論の自由の意味を履き違えた宮崎政久衆議院議員が沖縄タイムスのカメラの前でこんな安っぽいパフォーマンスを演じている。 沖縄保守の恥さらしである。

百田尚樹氏の発言を受けて、主催した「文化芸術懇話会」代表の木原稔衆院議員に抗議文を手渡す宮崎政久衆院議員=衆院議員会館

百田尚樹氏の発言を受けて、主催した「文化芸術懇話会」代表の木原稔衆院議員に抗議文を手渡す宮崎政久衆院議員=衆院議員会館

 

百田氏発言「看過できない」自民の宮崎政久議員が抗議文 沖縄タイムス 2015年6月27日

宮崎議員は百田尚樹という民間人の発言に抗議して沖縄2紙に媚を売った。

沖縄2紙が宮崎議員を支援してくれるとでも考えているのだろうか。

本気でそんなことを考えているとしたらとんだ勘違いだ。

沖縄2紙は、仲井真前知事が指摘した通り、「特定勢力のコマーシャルペーパー」であることは今では全国国民が周知の事実である。 

宮崎議員が沖縄2紙の支援を得たいのなら、姑息なパフォーマンスなど止めて、即刻自民党を離党し、共産党か社民党に入党することをお勧めする。

そうなれば、沖縄2紙は「オール沖縄」勢力が増えたと泣いて喜び、宮崎議員の支援に回ること間違いない。

弁護士資格を持つ宮崎議員の恥さらしなパフォーマンスもそうだが、宜野湾市議会が、百田発言に対し、抗議決議を採択し、宜野湾市の恥を全国に晒した。

だが、その一方で、豊見城市議会が、百田発言への抗議声明を、「百田氏にも言論の自由がある」として否決し、市議会議員の見識の高さを示した。

 

ところがである。

沖縄もまだ捨てたものではないと喜んだのは、ぬか喜びだった。

 

今朝の沖縄タイムスの一面にはこんな大見出しが。

 

県議会 抗議決議へ

 

報道圧力 与党5会派

 

きょう提出 自民は難色

 

知事「遺憾」県議会答弁

 

沖縄県議会与党会派が報道圧力抗議決議へ 自民は難色

 

沖縄タイムス 2015年7月2日 05:25  
 
 沖縄県議会与党5会派は2日、米軍普天間飛行場の成り立ちに関する事実誤認や県内2紙への批判と圧力が指摘される作家の百田尚樹氏の発言と、自民党の若手国会議員による報道圧力発言などに抗議する決議案を6月定例会に提出する。あて先は自民党の安倍晋三総裁(首相)。中立会派の公明県民無所属、維新も賛同し可決される見通し。野党の自民は難色を示しており全会一致は不透明な状況だ。

 

 与党側は6月30日に決議の文案を野党、中立に手渡し、全会一致への協力を求めた。抗議のあて先が安倍総裁とあることで自民は賛同を困難視、各会派による共同声明を提案した。与党は県議会での決議は不可欠として提案に踏み切る。

 

 抗議決議案は「自民党勉強会での報道機関への言論圧力、および沖縄県民侮辱発言への抗議決議」との題名で、安倍総裁に発言の撤回と県民への謝罪を求めている。

 

 文中では「政府の意に沿わない言論機関を許さない態度は日本全国の報道機関への圧力だ」「普天間は土地を強奪して造られた。事実無根の話の喧伝(けんでん)は県民を愚弄(ぐろう)している」など厳しく批判している。

 

 百田氏発言をめぐっては、宜野湾市議会が6月29日に百田氏に発言の撤回と謝罪を求める抗議決議を全会一致で可決した。那覇市議会でも抗議決議案が提案され、8日の最終本会議で可決される見通し。西原町議会や浦添市議会でも百田氏の発言に抗議をする動きがあるという。県議会で抗議決議が可決されれば、報道圧力に抗議する決議が県内の市町村議会でさらに広がる可能性がある。

 

■翁長知事「遺憾」 県議会答弁

 

 自民党勉強会での報道機関に対する圧力発言問題で、翁長雄志知事は1日、「憲法で言論、出版、その他一切の表現の自由は保障され、いかなる党においても報道の自由を尊重することは当然であることから、今回の議員の発言はまことに遺憾である。百田氏の発言も民主主義の根幹である表現の自由を、ないがしろにしかねない発言であり、大変残念である」と述べた。

 

 県議会一般質問で渡久地修氏(共産)に答えた

 

       ☆

これで沖縄県議会は翁長県知事を筆頭にバカの集団であることが判明した。

今回のメディアによる一連の「百田叩き」は、それこそ憲法で保障されている「表現の自由」、「言論の自由」を否定するものである。

県議会で抗議決議など、天に向かって唾をつるようなものである。

議会制民主主義社会の基本は言論の自由と公正な選挙制度にある。

民主種意義社会の一端をになう言論の自由を大手メディアや県議会が一斉に攻撃する現状こそ民主主義の根幹を揺るがす由々しき事態だと危ぐせざるを得ない。

宮崎議員のような法律の専門家が陥りやすい過ちは、「(一般的に言う)報道機関に対する攻撃」と「(沖縄2紙のような)クズ紙(特定の勢力のコマーシャルペーパー)に対する攻撃」とを同じ次元で論ずることにある。

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

 

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (23)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 百田発言と言論の自由の倒錯 | トップ | まだ言い逃れようとしている... »
最近の画像もっと見る

23 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (通りすがり)
2015-07-02 08:28:20
>宮崎議員のような法律の専門家が陥りやすい過ちは、「(一般的に言う)報道機関に対する攻撃」と「(沖縄2紙のような)クズ紙(特定の勢力のコマーシャルペーパーに対する攻撃」とを同じ次元で論ずることにある。


宮崎議員は国会議員で現役の弁護士。

しかも沖縄県選出議員なので、沖縄2紙が新聞の名に相応しくないクズ紙であることを誰よりも知っている立場のはず。

にもかかわらず、百田発言を抗議する理由は何故でしょうか。

Unknown (東子)
2015-07-02 08:53:47
次の選挙で、攻撃(落選)しないでね。
私は、こんなにタイムス、新報の立場で発言しているのだから。
タイムス、新報への忠誠度の競い合い。

忠誠度の競い合いは、タイムス、新報の影響力に怯えているからと言えるが、逆を言えば、沖縄県民は、乗せられやすいから、正論を言っても聞く能力無しと、県民を馬鹿にしているとも言える。
それに引き替え、島尻議員は、正論を分かる人がいると沖縄県民を信頼しているから、正論で臨んでいる。
Unknown (東子)
2015-07-02 09:01:25
政府(権力者)は、“無知”な大衆を戦争へと導く。
だから、“無知”な大衆に代わって、政府を監視し、糾弾する。
と、弁護士には、正義の味方、弱者の味方と気負っているのが、多い。
知識階級が陥る、選民意識の一つ。


「「政治的な声明は違法だ」 弁護士が日弁連などを提訴 2015.7.1」
http://www.sankei.com/affairs/news/150701/afr1507010030-n1.html

>日本弁護士連合会や弁護士会による特定の政治的な主張について「弁護士自治とは全く無縁な『目的外行為』であり違法だ」
>原告側は訴状で、弁護士法で弁護士は日弁連と弁護士会への強制加入が義務づけられているとした上で、「(声明として出される)文書は正規の機関決議を経たものではなく、文章を作成して発信する権限は日弁連や京都弁護士会にはない」と主張している。
>提訴後に会見した南出弁護士は「日弁連は特定の意見を表明する政治団体になっている。主張したいならば強制加入の団体ではなく、賛同者を集めて任意団体を作ってやるべきだ」と訴えた。

日本弁護士連合会や弁護士会が敗訴すれば、労組や日教組の政治的主張の表明も全く無縁な「目的外行為」となるだろう。



【参考】
弁護士同様、教員も大衆より頭一つ高いという意識がある。

「「教育の中立性」を嫌う民主党の本音は「日教組の手足を縛るな」 2015.6.25」
http://www.sankei.com/politics/news/150625/plt1506250006-n1.html

>「教職員に対して、既存の法令以上の制限を課す必要はない」
>一見もっともらしいが、民主党の幹事長を務めた日教組のドン、輿石東参院副議長がかつて、こう述べていたことを連想させる。
>「(日教組は)政権交代にも手を貸す。教育の政治的中立などといわれても、そんなものはありえない」(平成21年の日教組「新春の集い」あいさつ)
>大阪府・市は懲戒処分として「免職」も可能とする条例を制定した
>本心では選挙運動に積極的ではなかった職員や教師らに、『もう活動しなくていい』というお墨付き
>「この法改正はやらないとダメだ」
>安倍晋三首相も周囲にこう話すなど、首相官邸は法改正に前向きだとされる。
>教育正常化を進める上で、避けては通れない問題である。
Unknown (東子)
2015-07-02 09:05:09
「「百田氏にも言論の自由ある」豊見城市議会が抗議案否決 2015年7月1日」
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=122242

>「民主主義根幹の表現の自由、報道の自由を否定する暴論に抗議し、発言の撤回と謝罪を求める決議案」を賛成少数(賛成10、反対12、退席1)で否決した。
>瀬長美佐雄氏(共産)が提案したが、与党市議から「百田氏にも言論の自由がある」「慎重に事実確認を行う必要がある」などの反対意見があった。
>瀬長氏は否決について「自民党政権を批判できない与党の状況もあり、

本音がでた!
自民党政権批判なのね。
「表現の自由、報道の自由」を守る闘いじゃないんだ。
Unknown (東子)
2015-07-02 09:06:58
「翁長知事「作業中止決断し話し合いを」 2015年7月1日」
http://www.qab.co.jp/news/2015070167779.html

>翁長知事は「作業の中止を決断し話し合いを」と牽制しました。

相変わらず、国の自主的な作業の中断を望み、自分の責任は回避。
10もの知事権限があると豪語しているのだから、それの一つでも使ったら?
Unknown (東子)
2015-07-02 09:07:16
「名護市議会 安全保障関連法案廃案求める意見書可決 2015年7月1日」
http://www.qab.co.jp/news/2015070167782.html

>「国会で審議されている「安全保障関連法案」の廃案を求め、30日名護市議会で意見書が可決されました。
>意見書案を提出した岸本洋平議員は「未来の子どもたちに、今の私たち大人が戦争へと戦場へと赴く、そういう法案を今通すわけにはいかない」と提案理由を説明。
>意見書案では「沖縄戦を経験をした県民は、再び戦争に加担する法案の成立を許してはならない」としています。

「安全保障関連法案」の廃案を求めるということは、反基地運動しておいて沖縄の安保は米軍に任せよになるという関係すら理解していないのでしょうねぇ(呆れ)
訂正 (東子)
2015-07-02 09:11:57
× 自分の責任は回避。
○ 自分の決断は回避。
Unknown (狢)
2015-07-02 09:53:07
通りすがり様

宮崎議員の件、

いろいろ言い訳もあるでしょうが、結論を言えば本物のバカということでしょう。

弁護士にもバカは多いですよ。
本日の沖縄タイムス投稿欄 (カウンター58)
2015-07-02 10:56:50

オピニオン面に一般投稿9本。

「本人を招いて 公開討論提案」の糸満市・岸本定政さん(67)は1月4、12、17日、2月12、19日、3月1、11、22日、4月12、24日、5月9、15、24日、6月7、24日に続き今年16回目の掲載。
「誤った歴史観 自民に巣くう」の那覇市・普久原裕子さん(49)は2013年4月21日以来の掲載。
「言論への圧力 数のおごりか」の金武町・新里均さん(60)は2月3日、5月19日に続き今年3回目の掲載。
「笑顔とは裏腹 沖縄への暴言」の那覇市・大城良司さん(48)は1月5、19日、3月22日、4月1、18、26、28日、5月15、24日、6月9、24日に続き今年12回目の掲載。
「見解聞きたい 自民沖縄県連」の宜野湾市・仲村直樹(44)さんは1月6、18、28日、2月4、12、21日、3月4日、4月28日、5月9、21、29日、6月3、17、25日に続き今年15回目の掲載。
「首相と百田氏 沖縄は差別的」の那覇市・知念公代さん(60)は5月25日、6月11日に続き今年3回目の掲載。
「百田氏と対談 紙面にしては」の高知市・小松憲司さん(56)は5月17日に続き今年2回目の掲載。
「世論操作狙い誤情報か」の本部町・原田みき子さん(66)は1月24日、5月25日に続き今年3回目の掲載。
「弾圧に屈するな県紙」の宜野湾市・仲村元惟さん(78)は5月29日、6月12日に続き今年3回目の掲載。

カギカッコは投稿欄における見出し。


Unknown (ウチナー鬼女)
2015-07-02 13:06:40
昨日エントリー記事より

>表現の自由を巡る自民党と百田尚樹氏周辺の倒錯、大西議員のさらなる問題発言
渡辺輝人 | 弁護士(京都弁護士会所属)
2015年6月30日 17時26分

こんなんありますけどwww

保守速報
弁護士が日弁連などを提訴「政治的な声明は違法だ」
2015.07.01
「政治的な声明は違法だ」 弁護士が日弁連などを提訴
日本弁護士連合会や弁護士会による特定の政治的な主張について「弁護士自治とは全く無縁な『目的外行為』であり違法だ」などとして、南出喜久治弁護士が1日、日弁連や所属する京都弁護士会、それぞれの会長などを相手取り、ホームページ上の意見書や会長談話の削除と100万円の慰謝料を求める訴訟を東京地裁に起こした。
以上引用終わり

京都弁護士会www
渡辺弁護士は、この件につき、何か「発言」した?www
相変わらずのサヨク、二重基準発動中!
Unknown (百田滝)
2015-07-02 13:37:39
【拡散依頼】です。

師匠と真子が百田発言を攻撃する発狂新聞に怒り爆発です。 オモシロイですよ。

【動画】https://www.youtube.com/watch?v=bc6zEpbDpHY
宮崎氏の奇怪な行動について (ジェントル男爵)
2015-07-02 13:47:42
狼魔人様も重々承知の事とは思うのだけど
宮崎氏は沖縄2区で照屋寛徳と2度争って敗れて比例で復活当選してる人物。

癪な部分もあるが照屋氏が引退か職務遂行が不可の場合にならないと
宮崎氏の選挙区での勝利はまず無い。

革新側からの非難に神経をとがらせているのだろう。

もうひとつ、宮崎氏は弁護士の出身である。
弁護士団体の首魁といえば日弁連であり、日弁連がいままで何を主張してきたかは
もはや癪を越して頭クラクラになるので割愛する。

ともかく、宮崎氏のダブスタには理由がある。さらに言えば沖縄2区内の
宜野湾市議会での早々の採決は、これも狼魔人様に釈迦に説法になるが、
次の市長選との兼ね合いで、と言ってしまえば十分な説明になる。

勿論、島尻議員のように亡国メディアと戦うのは立派ではあるが、
選挙は理屈でなく感情であり(ギリシャがそうであるように)感情のブースターで
あるメディアと戦わない選択も、基盤の脆弱な議員にとってオプションのひとつである。

ここまで宮崎議員を擁護して最後にやっぱり腹に据えかねるので一言。
宮崎氏は腰抜けだ。以上でした。
子供新聞「りゆうぽん」調 (石垣読者)
2015-07-02 14:51:27
狼魔人様


人生いろいろ、教師もいろえろ、弁護士もいろいろ、ですね。

ところで、君ら、沖縄の珍聞社の者ら、毎日、毎日、同じ珍文書いて怒っているようだが、
頭はだいじょうぶか、ほんと、おかしくならないの??仲間におかしいのもいるのじゃないか、
早期に気付けば、すぐにも病院の診察を受けるよう勧める、助言しておきますね。

「命ど宝」は沖縄標語と自慢してるけど、日本人には当たり前の言葉だと思うよ。
世界各地にも同じような言葉がたくさん、いっぱいあると思う。
私達は「命あっての物種」っていうけどね、どっか、「命ど宝」と意味違うの??

人を死ぬまで追い詰める報道しちゃいけないよ。「命ど宝」の新聞紙が報道するんじゃないね。
「言論の自由」は、有名な国民にも普通の国民にも等しく与えられた「責任が伴う自由」なんだ。
新聞紙にだけ保障されているじゃないね。もういい加減にしろよ!!このピンボケモン!!

何年か前の「八重山教科書問題」、ほんと人を追い詰める人殺し沖縄新聞社と思ったね。

百田先生は、名前のとおり、百回叩いても平然、平気の平左の平左衛門だと思うよ。
倍返し喰らう覚悟で書くことだね。あっと、それに追従する弁護士国家議員先生もいる沖縄だ、
また捨石になりたいのかな、国民の心にポンと見捨てられる。(ほんとは決して見捨てたり
しないからね。彼ら基地外サヨクは、これを知って暴れまくるから始末が悪い。)

空威張りして、捨石は本望じゃ、昔から仲良かったシナ中国が助けにくる??、
おいおい、頭は確かか、時代が、時代が違うって、だかーら、基地外と冷やされるのですよ。
今は中国といってるけどね、自由が保障されない共産中国だよ。老婆心ながら注意して
物書きするように言っておきますよ。


ところで、日本弁護士協会の会長声明は、勝手な政治的声明だ!私も弁護士だ。
弁護士の一人として認めない!と日本弁護士会を訴える気骨ある弁護士もいるのです。

たしか、昨日か、今日かな、どっかのWEBニュースで読んでいる。翁の司法会の皆さんも
政治的会長声明を簡単に出すものじゃないし、有名だろうが、あの有名な大江大先生の言論
自由放題許されて、一国民に議会決議なんどして、ほんと沖縄の恥晒しになるだけと思うけど、
・・・・・・。ほんと決議するのか、基地外の仲間のする決議、気をつけたほうがよいね。
議会は公的な機関だから、そこが「言論の自由」を奪う「言論弾圧」決議となって、裁判所に
訴えられたら、県民、市民、町民、村民、国民にどう説明するのか、弁護士費用はただじゃなし、
心配だな。沖縄モンは全国にいるから、沖縄モンはバンモンといわれないか、そりゃ心配だよ。


昼休みのストレス解消に
子供新聞「りゆうぽん」調、お粗末でした。難しかったかな。




Unknown (東子)
2015-07-02 15:08:06
「【安保報道】朝日新聞にパブリックエディターらが苦言 「正確な情報を」楊井人文 | 日本報道検証機構代表・弁護士 2015年7月1日」
http://bylines.news.yahoo.co.jp/yanaihitofumi/20150701-00047160/
http://bylines.news.yahoo.co.jp/yanaihitofumi/20150702-00047017/

>読者に自ら判断してもらうために正確な情報を提供するのではなく、読者がメディアと同じ意見に導かれるよう都合よく情報を提供しようとする報道姿勢である。

6.29のコメントにも書いたが、
 >「報道の自由」が与えられているのは、民主主義の根幹の多数決のために、幅広い意見を提供して、国民の判断の手助けをメディアに負わせているから。
 >自社の方向性と違うからといって記事にしなかったり、ましてや記事で攻撃するのは、民主主義否定も甚だしい。
 >民主主義に寄与しない「報道の自由」は、認められていない。
なのだ。

パブリックエディターらが、見出しや、記事中の語彙(集団的自衛権と集団的安全保障の違い)の混同使用など、後日訂正をしても元記事の引用がないため、何がどう間違っていたのか正確に理解できない訂正なっていない訂正など、従来使われてきたマスコミの情報操作の手口を具体的な記事を指摘して、批判している。


>不明確な訂正基準が「言い逃れ」を許す

基準作りが難しいなら、まず、訂正スタイルの確立をしたら。
訂正前、訂正後の記事を併記することにするとか。
日弁連を提訴ですか、面白い! (MOSU5)
2015-07-02 15:22:51
自由業の弁護士や税理士その他、士業はみな税李士法、〇〇士法といった各業法で、日本〇〇士連合会という、登録事務や懲戒処分などをやる同業者組合のような組織に登録しないと開業できないことになってます。つまり強制加入と言ってもいいでしょう。

ですから一弁護士が日弁連を提訴した理由は非常に合理的で納得できます。議決も経てない思い付き程度の執行部の意見が、まるで弁護士全体の総意であるかのような声明の出し方は、著しく不当なものだと言えるでしょう。またそういった活動は各業法に規定されている日弁連の目的から外れた目的外活動だという指摘もその通りだと思います。

ちなみに昔は、〇〇士政治連盟という別組織が各士業にあり、強制加入になっていましたが、土地家屋調査士だったか税理士が、強制加入は不当だという裁判を提起し勝訴したため、今は任意加入となっています。
Unknown (東子)
2015-07-02 16:27:02
「「安倍首相は沖縄に謝罪を」=地元紙招き緊急集会-野党有志 2015/06/30」
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2015063001043

>沖縄タイムスの宮城栄作氏は、首相に対して、「(沖縄に)ちゃんと謝罪しないといけない」と強調。
>その上で、「われわれの行動は、県民世論に突き動かされたものだ。沖縄に軸足を置けば、安倍政権の考え方こそが偏向と言わざるを得ない」と批判した。
>琉球新報の島洋子氏は、「政府と沖縄が大きく対立しているときに、沖縄の側に寄って行動するのが地元紙の仕事だ」と指摘。
>「これからも沖縄の地元紙として、沖縄に『偏向』した報道をしていきたい」と訴えた。

↑の記事への反応↓

おーるじゃんる「沖縄タイムス&琉球新報「特定の側に軸足置いて何が悪い、これが仕事だ!これからも偏向報道していく」 2015年07月02日」
http://crx7601.com/archives/45389146.html

>沖縄メディアなんだし沖縄中心に考えるのはいい
>しかし中国中心に考えるのは沖縄への裏切り

>それは報道ではありません
>只の機関誌です

>普通、県民に謝罪とか都民に説明とかだけど
>なんで沖縄は沖縄に謝罪なんだろうな
>沖縄に謝罪とは具体的に誰に謝罪すんだ

>「沖縄県民が望んでいること」の基準はどこだ?
>単にこの新聞社がそうさせたいだけじゃないのか?
>世論調査で1%以下の沖縄独立まで肯定的に報じてるんだぞこの2社は


偏向の定義からしないといけないのか……(ため息)

沖縄の主張を載せることは、偏向じゃないでしょ。
沖縄の反対派の主張だけ載せることが偏向なんでしょ。
沖縄の中にだって、多様な意見はあるでしょ。
それを偏りなく載せることを「偏向していない」って言うんだよ。

サヨクの、主題を矮小化して非難し、対象を広げることで共鳴層を増やす、いつもの軸すり替え。
Unknown (東子)
2015-07-02 16:50:24
「名護市長ら5氏決定 安保法案沖縄参考人 2015年7月2日」
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-245154-storytopic-3.html

>7月6日に那覇市で開かれる衆院平和安全法制特別委員会の地方参考人会で、参考人5氏が1日決まった。
>自民、公明の与党は中山義隆石垣市長、古謝景春南城市長の2氏、民主、維新、共産の野党は稲嶺進名護市長、大田昌秀元知事、高嶺朝一前琉球新報社社長の3氏を推薦した。
>参考人会は正午開会。稲嶺氏、大田氏、古謝氏、高嶺氏、中山氏の順で15分ずつ意見陳述する。
>宮崎政久氏(自民)、辻元清美氏(民主)、下地幹郎氏(維新)、遠山清彦氏(公明)、赤嶺政賢氏(共産)の順で、20分ずつ参考人に対して質疑する。

沖縄としては、安保法制反対の論調になったら、安保は、米軍に依頼するのですかぁ?
それとも丸裸にして「守り」のなかった竹島みたいにしたいの?


>参考人会では集団的自衛権行使を可能にする安保関連法案の合憲性が主な主題となる見通し。
>国会審議でも取り上げられている自民報道圧力問題の議論もありそうだ。

自民報道圧力問題を主にやりそう。
沖縄の安保と自民報道圧力問題と、どちらが県民の生命と財産を守るのでしょうね。
百田発言の波紋、いまだ続く (AG)
2015-07-02 17:42:47
百田直樹氏の自民党勉強会での発言、及びその後の発言に各メディアが否定的に報道していますね。

なにしろ、メディア仲間への百田氏の批判ですから朝日や毎日など特に同じ考えを持ったメディアなだけに百田批判を活発にしても当然でしょう。
言論の自由とかと言いながらです。

そこで思うことがあります。
確かに百田氏の発言、及び自民党若手議員の発言、それ自体に対しての賛否はあるでしょう。
しかし、怪我の功名ともいえるものもあって、いままで沖縄県でなければ場合によっては、いや殆ど名も日本国民に知られていなかった『沖縄二紙』、沖縄タイムスと琉球新報の名前が知れ渡たるいい機会となりました。

因みにグーグルでWiki 琉球新報と入れると、「琉球新報 左翼」とでます。
そこで入ってみますと「反日、売国新聞、沖縄タイムス・琉球新報から沖縄を守ろう。」などが出て来ます。
残念なのは「沖縄タイムス」で「沖縄タイムス 左翼」と出ないことです。

何故でしょう?
「琉球新報」と同じなのに。

しかし、こうして、今まで一般の日本国民に名前さえ知られていなかった「沖縄」、「左翼」の存在が知れ渡って行くきっかけとなったということでしょう。
これこそ、日頃メディアでは伝えられない沖縄左翼メディアの正体への考察が、本来は優秀でありながら反日メディアに曇りガラスごしの情報が与えられている日本国民に考えるヒントを与えるというものですね。




Unknown (東子)
2015-07-02 18:45:19
するめのうちなー日記「沖縄県議会傍聴(=゜ω゜)ノ 2015年07月02日」
http://blog.livedoor.jp/surumegesogeso/tag/%23%E7%BF%81%E9%95%B7%E7%9F%A5%E4%BA%8B

>何と、二体のミニ龍柱が議会の答弁場所に設置されている。こんな勝手なことが許されるのか
>照屋守之議院は、流石にベテラン議員。翁長知事と自民党時代に共闘してただけあって、質問が的を得ていた。まるで、民主党のようにブーメランが刺さる、刺さるww 翁長知事と側近が何度も答弁を押し付け合う姿が印象的でした。
>照屋守之議員質問 『辺野古新基地問題対策課』 11名の職員配置、ニュースでも大々的に宣伝。
>なんと!議会に説明もなく突然課を設置したとのこと。
>照屋議員、翁長知事の言葉を拝借し『議会をうしぇーてーないびらんどー』爆笑
>照屋守之議員の質問『基地問題対策課は何をしてるのか?』の答弁。
>照屋議員が大したことはしていないのでは?と。
>知事公室長がハッキリ『辺野古の現場監視』と口に出した。
>『沖縄県庁が基地反対の拠点になってる!それで良いのか!』と。
>照屋議員質問2-(3)翁長知事は、普天間基地以外の基地も全て米軍に強制接収されていると散々触れ回っていましたが、今日の議会で、辺野古のキャンプ・シュワブは地主と議会で誘致されたものであったことが明らかになりました。
>キャンプ・シュワブの誘致活動の事実を何度も突きつけられても、歴史的背景を考えたら、強制接収されたようなものと曖昧な返答の翁長知事。照屋議員に事実誤認を詫び素直に基地問題に向き合うべきと言われ、知事公室長はシュワブの事実は把握してなかったと。あまりにもいい加減だ!
>金武町の土地の一部を米軍が勝手に使用してたことに反対していた金武町民。しかし、それを見た久志村の地主は、うまく議会と民政府、米軍と交渉し、シュワブ受け入れを決定。街が賑わってるのを見た金武町は見習って、キャンプ・ハンセンを誘致したという事実が明らかになりました。
>警備員さんとの雑談にて。
>翁長知事が就任した最初の議会で、何だか物騒な人が沢山議会に傍聴に来てて、議場に物を投げ入れたり等のトラブルがあったとか!
>しかも、傍聴受付では、何人も名前を書こうとせずに、素通りしようとした連中とトラブル。
>名前が書けないって何で

他にも色々あるが、どれも、タイムス、新報に議会報告として、記事無し。
沖縄県民が沖縄県議会の内容をしることができない。

これを、情報隠蔽っていうのよ。
Unknown (村長)
2015-07-02 21:12:06
私は宮崎氏の発言は媚を売っているのではなく。百田発言には一部事実誤認が有るので抗議しているだけだと考えています。

確かに普天間基地の地主のなかには基地収入だけで生活できる人もいるはずです。しかし全ての地主がそうではないはずですし。基地ができたために仕方なく基地周辺に住み始めた人もいるはずです。その様な人達をさも大金持ちや商売するためだけに基地周辺に移り住んできた人達だと思わせる様な発言をした事に対して抗議するのは当たり前だと思うのですが。
ましてや普天間が有る沖縄2区の議員なら尚更です。
Unknown (ウチナーー鬼女)
2015-07-02 21:26:45
東子さんの投稿記事に脱力と怒り
「「安倍首相は沖縄に謝罪を」=地元紙招き緊急集会-野党有志 2015/06/30」
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2015063001043

>沖縄タイムスの宮城栄作氏は、首相に対して、「(沖縄に)ちゃんと謝罪しないといけない」と強調。(←朝鮮メンタリティ!)
>その上で、「われわれの行動は、県民世論に突き動かされたものだ。(←大嘘!)沖縄に軸足を置けば、安倍政権の考え方こそが偏向と言わざるを得ない」と批判した。
>琉球新報の島洋子氏>「これからも沖縄の地元紙として、沖縄に『偏向』した報道をしていきたい」と訴えた。

えーっと、ちょっとごめんなさいましよ(?_?)、何言ってんだ、こいつら?
東子さんの指摘にもあるように、「偏向」の意味すら判んない(?_?)うつけ者かいな!記者か編集長か不明だが、ジャーナリスト辞めちまえ!「しまなー(島野菜)漬け物」にでもなってしまえ!(朝鮮漬けでも可)
本当に腹たつ程の馬鹿者が、権力握ってんだと呆れるとともに、恐ろしくなる。沖縄県民はこんな「しまなー漬け物」(朝鮮漬け可)らに好き勝手に沖縄かき乱されて何も感じないの?何か脱力と怒りorz

宮崎議員の抗議文提出は宜野湾市長選を気にして、支援者である「沖縄保守」から煩くせっつかれたのかもなぁとか思い巡らします。が、逆効果!火に油を注いだようなものです。口頭で、「訂正」程度にすべきだったと思います。宜野湾市長選が益々危うくなってきた気がします(T_T)。
国会議員がこの程度の認識? (安仁屋正昭)
2015-07-02 22:09:48
宮崎氏は、クズ 屑 くず でしょうね
民間人が何を言おうが自由ですよ 弁護士殿

言論封殺・偏向報道・飛ばし記事の犯罪的新聞社を擁護する
流石、弁護士ならではの打算ですな
小学5年生の息子との会話 (島ないちゃー)
2015-07-03 02:32:03
息子6時台のローカルニュース見ながら「おとーさーん。また抗議決議やってるよー」
私「あー抗議決議と県民大会しか仕事しないひとたちだからねー」
息子「議員って何の仕事なのー?」
最近全国ニュースに出た沖縄以外の地域の知事、議員などの仕事を教えましたw

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL