狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

少女像を持ち越した合意など認められない!慰安婦問題、

2015-12-29 08:17:29 | 従軍慰安婦

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 「狼」の画像検索結果

 お願い

 人気ブログランキングの投票が分散されるのを防ぐため、次のバナーをクリックお願いします。

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

本日の沖縄タイムスは慰安婦問題で計四面を使って発狂見出し。

■一面トップ

「慰安婦」問題で日韓合意

首相「おわびと反省」

軍関与と責任認める

■二面トップ

世論を意識 痛み分け

日韓合意 解釈に余地

少女像の撤去 持ち越し

■社会面トップ

被害者の涙 置き去り

「政府意図見えない」

「慰安婦」問題県内支持者ら

謝罪に評価も

歴史教科書記述など注目

県内に慰安所145ヵ所

研究者ら92年にマップ

被害の詳細 なおも不明

一歩前進/うやむやな印象 国内反応

一面トップ を見る限り「河野談話」に逆戻りした印象は否めない。

また慰安婦問題の象徴であるソウル日本大使館前の「少女像撤去」を持ち越したままの日韓合意など有り得ないし、心ある日本国民なら認めるわけにはいかない。

日韓合意のポイントを共同通信丸投げの沖縄タイムスから引用するとこうなる。

1)慰安婦問題は最終的かつ不可逆的に解決されることを認識

(2)日本は、軍の関与の下に多数の女性の名誉と尊厳を傷つけた。 日本政府は責任を痛感

(3)安倍首相が「心からのおわびと反省」を表明する

(4)元慰安婦を支援する財団を韓国側が設立し、日本政府が10億円拠出。両政府が協力して事業を行う。

4項目のうち(1)に関しては当然のことと考えるが、これまで韓国側が何度もこの約束を踏みにじった経緯については何の反省もない。

ほとんどの日本国民が韓国政府を信用していないのは日韓基本条約とアジア女性基金を2度も踏みにじった反省がないからだ。

 

「二度あることは三度ある」と言うが、三度目の「合意反故」が生じた場合どうするつもりか。

今回の合意が「3度目の正直」といきたいところだが、民間団体の激しい反日活動を抑えきれない韓国政府が、合意を遵守できる可能性はきわめて低い。

 

今回の日韓合意の前提にすべき日本大使館前の少女像の撤去が、うやむやな表現になっているのがその象徴だ。

 

日本政府が撤去を求めているソウルの日本大使館前に建てられた慰安婦問題を象徴する少女像について、韓国政府の方針として「関連団体との協議を行うなど、適切に解決されるよう努力する」と語るにとどめている。

こんな曖昧模糊な合意など認めることは出来ない。

しかも慰安婦少女像は日本大使館前だけでなく、他の地域にも多数建てられているが、これは不問にするつもりなのか。

 

(2)の「軍の関与の下に」の記述は、慰安所を利用したのは軍だから「軍の関与」は当然だといわれるが、このように合意文書に明記されるのは納得できない。

慰安婦問題の最大に争点が「(慰安婦の)強制連行の有無」だったことを考えれば、この問題に詳しくないほとんどの人は「軍の関与=軍による強制連行」と誤解するからだ。

さらに安倍首相が「心からのお詫びと反省」をするとなれば、誰もが「日本軍が慰安婦を強制連行した」と誤った判断をしてしまう。

現に今朝の沖縄タイムスの社説[慰安婦問題で合意]関係改善の機が熟したでは、次のような強制連行の記述がある。

ペさんは44年、旧日本軍の慰安婦として沖縄に連れてこられ、渡嘉敷島に配置された。

逃げ場のない離島で日によっては何十人もの兵隊の相手をさせられ、戦後は帰るのをいやがって米軍統治下の沖縄にとどまった。身寄りもなく、方々を転々とする不安定な生活。頭痛、神経痛の持病…。ポンギさんが異郷の地でひっそり生涯を閉じたのは91年10月のことである。

国の責任の重さをあらためて思う

 

軍により無理やり連行され慰安婦を強要されたのなら、社説が言うように「国の責任の重さをあらためて思う」のも当然だが、強制連行されたと主張するほとんどの韓国人が戦後韓国には戻らずに自分の意志で日本での生活を選択している。 強制連行ではないから、自分の意志で日本に残っている。

 慰安婦問題で日韓合意 日本国内、歓迎と懸念の声が交錯 (朝日12/29)

長年にわたって日韓の最大の懸案だった慰安婦問題で、両国政府が28日に合意したことを受け、日本の関係者や専門家の間では歓迎の声と、韓国内の反発で問題が再燃することを懸念する声が交錯した。


 在任中に慰安婦問題に取り組んだ村山富市元首相はこの日、地元の大分市で記者会見した。安保法制や戦後70年の首相談話をめぐり安倍晋三首相に厳しい姿勢をとってきたが、「素直に良かったことは良かった。安倍さんはよく決断した」と評価した。

 理由として、合意に安倍首相による「おわび」の表明を盛り込んだことを高く評価すると説明。「明確に責任を認めたことで話が進んだ」と分析したうえで、「日韓関係の当面のネックはなくなった。全てが決着した」と合意を歓迎した。

 村山政権時代の1995年に設立された「アジア女性基金」の呼びかけ人の一人、外務省出身の外交評論家・岡本行夫氏も「非常に良い解決策だったと思う。すぐ完全な和解に至るのは難しいだろうが、これで対話の緒についた」と評価した。そのうえで、「日韓双方にそんなに時間は残されていなかった。慰安婦が生存している今が最後のチャンスだった」と語った。

 アジア女性基金は、元慰安婦に「償い金」を支給するものだったが、韓国内の慰安婦支援団体などから反発を受け、支援対象となるはずだった元慰安婦の女性約240人のうち、「償い金」を実際に受け取ったのは61人にとどまった。しかし、岡本氏は「当時は日本側だけでやったが、今回は韓国政府が関与する点が大きく違う。韓国側に日本との和解をしようという政治決断があり、日本側も政治決断をしたということだ」と述べ、当時との違いを強調する。

 一方で、93年の河野官房長官談話の作成に携わった石原信雄・元官房副長官は「慰安婦問題をめぐる最大の懸念は、戦後補償の請求権の問題を韓国政府が再び蒸し返さないかどうかだ」と指摘する。

 日本政府は、戦争や日本の統治で生じた被害の賠償は65年の日韓請求権協定で「完全かつ最終的に解決済み」との立場で、今回の合意でもその立場は崩していない。しかし、「河野談話」の後も慰安婦問題は解決せず、請求権問題が両国間にくすぶってきた経緯がある。石原氏は「当初は(慰安婦問題に取り組む韓国国内の)団体に距離を置いていた韓国政府も、次第に動かされるようになった。そうした韓国政府と団体の関係が、今回の合意で確実に変わるのかどうかはまだ分からず、注視したい」という。

 ログイン前の続き木村幹・神戸大教授(朝鮮半島地域研究)は、今回の合意を「画期的」と評価する一方、その履行には課題があるとみる。

 岸田文雄外相は会談後の会見で、日本政府が財団に拠出する10億円について「賠償ではない」と発言。すでに、この点について韓国国内では「なぜ日本が法的責任を認めていないのに合意したのか」との不満が出始めているという。

 木村氏は「こうした不満が世論の大勢となれば、元慰安婦の女性たちも財団からの支援を受けづらくなる」と指摘。元慰安婦に資する形にならなければ、いくら両国政府が「新しい時代」を掲げても、「韓国国民の対日感情の改善は期待できない」と指摘する。

 その意味で「日本政府は10億円の拠出だけで、この問題のあらゆる課題の解決を韓国政府に押し付けたようなものだ」と手厳しい。ソウルの日本大使館(建て替えのため現在は移転)前の少女像については「撤去はあまりにも反発が大きい。今の場所から近いところへ移動させることなどで収めるのでは」と話した。

 一方、「慰安婦問題は日本のマスコミの誤報と日本政府の安易な謝罪が原因という点に踏み込んでいない」と主張する西岡力・東京基督教大教授は「本質的解決にほど遠い合意だ。『日本政府の責任』の中身が不明確であるうえ、少女像の撤去に韓国側が『努力する』とあるが、運動団体が反対しているのに実現するのか疑問だ。日韓が相互に批判を自制するとのことだが、虚偽に対し日本側が事実にもとづき反論することも自制すると、問題の真の解決はかえって遠のくのではないか」と話す。

 


 

慰安婦問題めぐり日韓合意 「最終的かつ不可逆的解決」(12/28朝日)


 日韓両政府は28日、ソウルで外相会談を開き、慰安婦問題を決着させることで合意した。日本政府が軍の関与や政府の責任を認め、元慰安婦支援で韓国政府が新たに設立する財団に日本から10億円を拠出すると表明。日韓双方が、この枠組みを「最終的かつ不可逆的解決」とすることを確認した。
 日韓関係の最大の懸案の一つだった慰安婦問題は、安倍晋三首相と朴槿恵(パククネ)大統領の政治決断により国交正常化50年の節目に決着を迎えた。両国関係は今後、改善に向けて大きく進む可能性がある。
 岸田文雄外相と韓国の尹炳世(ユンビョンセ)外相は28日、ソウル市内の韓国外交省で約1時間20分会談した。終了後、両氏は共同記者発表を開催。岸田氏は、慰安婦問題について「当時の軍の関与の下に、多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題」とし、「日本政府は責任を痛感している」と語った。さらに、安倍首相が元慰安婦に対して「心からおわびと反省の気持ちを表明する」と述べた。
 また、岸田氏は、韓国が設立する財団に10億円規模を日本政府から拠出し、日韓両政府が協力して元慰安婦を支援する事業を行っていく方針も表明。岸田、尹両氏がこの枠組みを進める前提で、慰安婦問題についてそれぞれ「最終的かつ不可逆的に解決されることを確認する」と強調した。
 一方、尹氏は、日本政府が撤去を求めているソウルの日本大使館(建て替えのため現在は移転)前に建てられた慰安婦問題を象徴する少女像についても言及。韓国政府の方針として「関連団体との協議を行うなど、適切に解決されるよう努力する」と語った。
 両氏は、慰安婦問題をめぐり、それぞれ「国際社会で互いに非難・批判することは控える」という方針も表明した。
 岸田氏は共同発表後、ソウル市内で記者団に「合意ができたことは歴史的であり、画期的な成果。日韓関係は未来志向の新時代へと発展する」と強調。今回の合意と、1965年の日韓請求権協定で請求権に関する問題は解決済みとした従来の姿勢との整合性について「政府の立場は何ら変わらない」と訴えた。
 岸田氏はその後、韓国大統領府(青瓦台)で朴大統領と面会。朴氏は「今回の交渉結果が誠実に履行され、韓日関係が新しい出発点から再び始まることを願う」と述べた。また、安倍首相と朴氏は28日夕、電話で協議し、今回の合意をそれぞれ歓迎した。
 安倍首相は同日夕、外相会談の合意を受けて記者団に「子や孫の世代に謝罪しつづける宿命を背負わせるわけにはいかない。今後、日韓は新しい時代を迎える」と語った。(ソウル=武田肇、東岡徹)


「屈辱的」「政府に従う」 日韓合意、評価割れる韓国(12/28朝日)
 日韓両政府の合意について、韓国側では元慰安婦の支援団体などから反発の声が上がった。
 日韓外相会談が行われたソウルの韓国外交省で28日午後、「法的責任に背を向けた安倍政権糾弾」といったプラカードを掲げた市民団体のメンバーら約50人が「会談中止」を求めて集まった。
 元慰安婦の支援団体「韓国挺身(ていしん)隊問題対策協議会」(挺対協)は会談終了後、「屈辱的だ」と反発する声明を発表し、「慰安婦は日本政府が主導した犯罪であり、不法という点が明らかになっていない」と批判。安倍首相による直接の謝罪もなかったとして「真心がこもった謝罪と受け入れるのは難しい」とした。さらに真相究明や歴史教育などの「再発防止措置」の言及もないと指摘、韓国政府が受け入れたことは「衝撃だ」とした。
 一方、韓国のYTNテレビは「政府が年内に解決しようとしてくれたのだから、努力してくれた人たちのことを考えて、政府が決めたことに従いたい」という元慰安婦の女性のインタビューを放送した。
 一方、日韓関係の悪化をめぐっては、経済界から「政治と経済の分離」を主張する意見があった。韓国の経済団体・全国経済人連合会は「両国政府が慰安婦問題で和解の合意を得たことを歓迎する」という声明文を発表。「国交正常化50周年を迎える特別な年に問題解決の合意がなされたことで、両国が新たな希望の百年を進むことを期待する」とした。(以下登録読者のみ)


 日本でも「安倍総理の決断を批判する右側の人たち」は現れるだろうが、韓国内の分裂模様の比では無さそう。今回の合意は、寧ろ韓国側にとって非常に重い物となったのではないか。
 「最終的かつ不可逆な解決」という合意を韓国側が破った場合、それで信用を失うのは韓国の側であることを考えると、この言質が取れたのは確かに成果である。



 

今回の合意の「最終的かつ不可逆な解決」を韓国側が破った場合、信用を失うのは韓国の側である。

ネットが普及した現在の「世界の目」を考えると、この文言を冒頭に入れたことは一つの成果には違いないが・・・。

 

今後日本でも今回の日韓合意を批判する人達は現れるだろうが、韓国内の激しい反日批判のの比では無い。

 

韓国政府は挺対協ら反日団体の抗議を抑えられずに、結局「最終決着」は反故にされるだろう。

 

 

 

【おまけ】

 

慰安婦問題に関する沖縄タイムの報道。

 

日韓、慰安婦問題で「最終決着」 10億円財団設立、首相がおわび

沖縄タイムス 2015年12月29日 01:09
 
 
 
 
 
【ソウル共同】日韓両政府は28日、外相会談をソウルで開催し、従軍慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」で合意した。日本は軍の関与と政府の責任を認めるとともに、元慰安婦への支援を目的に韓国政府が設立する財団に10億円を拠出する。この後、安倍晋三首相は朴槿恵大統領と電話で会談し「心からのおわびと反省の気持ち」を伝えた。合意内容も確認した。

 被害女性を象徴するソウルの日本大使館前の少女像をめぐる日本の撤去要求について、韓国の尹炳世外相は岸田文雄外相との共同記者発表で「関連団体と協議し適切に解決できるよう努力する」と述べた。(共同通信)

 

社説[慰安婦問題で合意]関係改善の機が熟した

2015年12月29日 05:30 社説  歴史的な合意ではあるが、現時点では政府レベルの交渉妥結にとどまる。元慰安婦の女性たちはこの決着をどう受け止めるか、韓国の世論はどう評価するのか。

» 基地と原発のニュースをフクナワでも

 両国関係に突き刺さったトゲを抜き取り、相互理解を深め、和解を実現するためには、何は差し置いても日本における官民の真摯(しんし)な取り組みが欠かせない。

 日韓両外相は28日、ソウルで共同記者会見し、「従軍慰安婦」問題について「最終的」な合意に達したことを明らかにした。

 「不可逆的な」という言葉をあえて加えたのは、両政府の間では今後、この問題を蒸し返さない、という意味である。

 会見で岸田文雄外相が明らかにした日本政府の見解は、この問題を考える際の新たな出発点になるものである。

 岸田外相は慰安婦問題について「当時の軍の関与の下に、多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題」だと指摘し、「日本政府は責任を痛感している」と述べた。

 さらに岸田外相は、「心からおわびと反省の気持ちを表明する」との安倍晋三首相の気持ちを伝え、元慰安婦の方たちの心の傷を癒やすため日本政府の予算から10億円規模の資金を拠出することを明らかにした。

 元慰安婦への賠償について、1965年の日韓請求権協定で「解決済み」と主張してきた政府が、国の責任を認め、政府予算を使って支援事業を実施することを明らかにしたのである。一歩前進したのは間違いない。

    ■    ■

 だが、政府間交渉の結果が国民に受け入れられるとは限らない。例えば、安倍政権の閣僚が合意内容に反するような暴言を吐いたり、謝罪や反省や責任を否定し元慰安婦の尊厳や名誉を傷つけるような草の根の運動が表面化すれば、政府間合意が崩壊する可能性もある。

 ソウルの日本大使館前に設置された少女像の取り扱いについて尹炳世(ユンビョンセ)外相は「関連団体との協議を通じ適切な解決に努力する」ことを明らかにしたが、簡単にはいきそうもない。

 外交と内政は密接につながっている。韓国の人たちが「変わらない日本」を実感し、逆に日本の人たちが嫌韓感情を抱えたままだと、両国の和解は遠のく。政府間合意によって新たな革袋ができたのは確かだが、これにどのような中身を盛り込んでいくか。課題は多い。

    ■    ■

 日韓両外相の記者会見をテレビで見ていてふと頭に浮かんだのは、ペ・ポンギさんの姿である。ペさんは44年、旧日本軍の慰安婦として沖縄に連れてこられ、渡嘉敷島に配置された。

 逃げ場のない離島で日によっては何十人もの兵隊の相手をさせられ、戦後は帰るのをいやがって米軍統治下の沖縄にとどまった。身寄りもなく、方々を転々とする不安定な生活。頭痛、神経痛の持病…。ポンギさんが異郷の地でひっそり生涯を閉じたのは91年10月のことである。

 国の責任の重さをあらためて思う。

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 慰安婦問題、過去を学習せよ! | トップ | 日韓首脳、年内決着の内幕 »
最近の画像もっと見る

17 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (心配症)
2015-12-29 08:36:57
今回の合意はあべ政権が仕掛けたトラップですね。すでに不満いっぱいの慰安婦団体の反対を押し切って韓国政府が基金を作れるかどうか。作れなければ日本政府は金を出さない。くねくねの指導力が問われる。少女像の撤去にしても「努力する」という言葉を引き出した。努力しなければ、それなりの言い訳も必要。日本は一見最大限の譲歩をした形だが、ボールは韓国に預けられた。これからが見ものです。アメリカの圧力がどの程度あったかは不明だが、少なくとも行司役にはなっていそう。そこが村山談話との違いかな。
Unknown (心配症)
2015-12-29 08:42:58
村山談話→河野談話でした。
Unknown (ウチナー鬼女)
2015-12-29 09:09:39
日韓合意?

昨日のNHKニュースなど観て、腹がたちやら、がっくりするやら。どうせ、アメリカの意向が働いてるだろうと思ったら、案の定、アメリカ歓迎ニュースを各局これ見よがしに伝えてる。

10億円一括注入、「お詫び」表明、に対して韓国側は日本大使館前の「慰安婦像」撤去の「努力」!
あの国がすりわけね!「努力」してますパフォーマンスだけっしょ?
で、「慰安婦像」って、日本大使館前だけですか?アメリカ本国に雨後の竹の子よろしく立ち続けてるのに対してアメリカは知らんぷり。
ソースはNHKや民放という偏りまくりの報道です。どなたかこんな私に「希望」をくれる、まともな報道と解説をお願いしますm(_ _)m

既にこんなんでてますけど( ̄・・ ̄)

保守速報
【続報】元慰安婦、日韓会談結果に激怒「すべて無視する」
2015.12.28
1:動物園φ ★@\(^o^)/:2015/12/28(月) 17:33:40.55 ID:CAP_USER.net
日韓外相会談 元慰安婦「すべて無視する」と反発
韓国の聯合ニュースによると、日韓両政府による慰安婦問題の合意について、元慰安婦の李ヨンスさん(87)は28日、「慰安婦被害者たちのために考えていないようだ」「(会談結果を)すべて無視する」と強い不満を表明した。
元慰安婦が暮らす「ナヌムの家」の安信権(アン・シングォン)所長も
「被害者たちを無視した政治的野合だ」と非難した。
産経新聞 12月28日(月)16時15分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?
a=20151228-00000541-san-kr
疑問はつのる (山路 敬介)
2015-12-29 09:33:00
基本的に半島の二国と中共は、条約や国際法などに従うという判断基準はありません。
彼らを譲歩の場に引き出せるのは、国際間の力関係だけですので(今回の韓国政府の譲歩の源泉も自国の経済懸念と米の圧力です)、今回の行動は長期的には無意味です。
ただ、短期的には中共に対するけん制と記憶遺産登録を断念させた、という効果はあるんでしょう。
また、韓国政府に基金事業を主体的に行なわせる事になった事はよかった。

しかし、大平元総理が外務大臣だった頃に見られたような「密約」がなかったか疑問です。
韓国とは密約外交が常につきまとう。
まあ、安倍さんに限ってはないと思うのですが。
韓国から必ずしっぺ返しが来る (清島清)
2015-12-29 10:00:33
今回の安倍政権の韓国とのやり取りには非常に落胆した。
「心からおわびと反省の気持ちを表明する」と言ったら、日本政府が認めた事になり、世界記憶遺産に登録されてしまうではないか。

戦争に負けて去勢された日本人。
過去を学ばない日本人。
愛国心が失われた日本人。
先人を尊敬しない日本人。
目先の利益の事しか考えない日本人。

今のままでは、子や孫達の明るい未来は無い。

------
「石原慎太郎氏と石平氏の対談(動画)」
http://okichan.net/369
今を生きる日本人、この対談は必見です。
Unknown (東子)
2015-12-29 10:13:16
税を入れたことで、「日本国として」謝罪。
今後も民間が慰安婦問題を騒ぐことがあろうが、像撤去他4項目を飲んだことで「韓国政府として」民間団体尻馬に乗って「政府は蒸し返さない」(=韓国政府は)。
だろう。

今までの2国間で合意、裏話などなく、安倍総理はアメリカ政府を証人に入れた。
国と国で慰安婦問題を解決した形式をとった。
ここが、今までの「慰安婦問題」の解決と決定的に違うところ。
Unknown (東子)
2015-12-29 10:13:40
「「慰安婦問題」で日韓合意 アメリカは歓迎の声明を相次ぎ発表 2015/12/29」
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00312406.html

>ケリー国務長官は、28日、日韓が慰安婦の問題を「最終的かつ不可逆的に」解決することを明確にしていると、評価する声明を発表した。


アメリカが証人になった裏には、

「「慰安婦問題」で日韓合意 妥結の背景に中朝の脅威の再認識か 2015/12/29」
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00312407.html

>日韓双方が、急転直下、妥結した背景には、中国と北朝鮮の脅威を再認識したことも理由の1つといえそう。
>岸田外相は「日韓、そして、日米韓の安保協力の前進する素地ができたと考えます。北東アジア地域の安全保障の現状をふまえますと、わが国の国益にも大きく資するのみならず、この地域の平和と安定に大きく貢献し得る」と述べた。
>会談後、岸田外相は、あえて北東アジアの安全保障環境に触れた。
>日韓の対立をこれ以上放置すれば、北朝鮮の核開発や、軍事力を増強し続ける中国を念頭に、日米韓の連携に影響が出かねないとの懸念が、双方を合意に向かわせた要素の1つといえる。

で、韓国政府が民間団体を抑え切れずに優柔不断の態度をとれば、韓国の中国よりを苦々しく思っていたアメリカに、韓国締め付けの口実を与えることができる。
日本政府は口実を与えることに寄与して、アメリカ政府に貸しを作った。
日本政府が直接韓国を説得することなく、アメリカが韓国の中国寄りを抑えることは、日本の国益に適う。


2016年(来年)4月には、米軍は韓国から引き揚げる。

「2016年在韓米軍撤退、そして日本はどうなる? 高城剛独占インタビュー第2弾 2015年4月23日」
http://www.mag2.com/p/news/13592/1

>アメリカでは昨年12月に大きな動きがあって、凍結されていた沖縄の海兵隊のグアム移転の案件がアメリカの議会を通りました。
>まず沖縄の4分の1以上の海兵隊が移転し、今後も段階的にいなくなってしまうわけですよね。
>そのうち、全部のアメリカ軍がいなくなる可能性が高い。
>なにしろアメリカには維持する予算がなく、なにより、兵器テクノロジーの進化と隣国の軍備増強に伴い、米軍人とその家族である米国市民を念のため避難させる意味合いが強いんです。
>同じように2016年には韓国から米軍が全面撤退することになっています。
>日本の準備が整っていない
>北朝鮮が日本に1000発のミサイルを撃つ可能性もある。
>「小さな核の傘」を自分でさしなさい、ってことです。
>本来なら、第七艦隊の原潜があるから必要ないのでしょうが、それもこっそりセットバックするということなんでしょう。
>もともと原潜はどこにいるかわからない存在だし。
>よって、日本は電力はさておき原発は止められません。
>核技術を研究しなければなりませんからね。
>現時点で、7千発のミサイルが中国から日本に向かっていつでも発射できるように準備はできている

高城剛氏の安倍政権批判はともかく、こんな危機があることを記憶しておこうと思う。


>アメリカは国益に適うことしかやりませんから、本当にわかりやすい国です。
>万が一、尖閣諸島が中国に攻められたってアメリカには関係ありませんからね。
>国益にはまったく関係ないのです。

尖閣を守ることはアメリカにとってはどうでも良いことだが、日本にとっては重大事。
だが、自衛隊だけで守るのは、難しい。
アメリカを巻き込んで守るのが、現実的。
故に、アメリカが尖閣を守るよう仕向けるために、色々、安倍政権はアメリカに貸しを作っていると思うし、守ることがアメリカの国益に適うと、アピールしている。
Unknown (東子)
2015-12-29 10:14:01
「「慰安婦問題」で日韓合意 妥結の背景に中朝の脅威の再認識か 2015/12/29」
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00312407.html

>今回確認した「最終かつ不可逆的な解決」は、元慰安婦側が合意を受け入れ、新たな支援事業が着実に実施されることが前提となっている。
>日本政府にとっては、韓国の世論の反応と、その世論に左右されやすい韓国政府の対応を、当面、見守ることになるとみられる。

慰安婦問題妥結を望んでいた韓国だが、逆に妥結は、韓国政府に優柔不断を許さない重石になった訳です。
10億円をちらつかせながら、韓国を追い込むと思ったら、ワクワク。
安倍総理なら日本の安保が確保されないうちに韓国にお金を送ることないと思うが、政府には、くれぐれも、妥協なきよう望む。
訂正 (東子)
2015-12-29 10:17:19
× 「政府は蒸し返さない」(=韓国政府は)。 
○ 「政府は蒸し返さない」(=韓国政府と民間団体の切り離し)。
訂正 (東子)
2015-12-29 10:29:01
× 合意、裏話などなく
○ 合意、裏話などでなく
Unknown (宜野湾より)
2015-12-29 10:34:39
当然のことながら、今回のお詫びと反省も日本軍による強制連行は認めていませんので、グレンデールの「カリフォルニア韓米フォーラム」の中の人が「河野談話の後退だ!」とファビョーン中なわけですね。
(いや河野談話ですら軍による強制連行ははっきり認めてないんだけど)

韓国側の人々が「不可逆」という漢字が読めるのか(オフィス・マツナガ氏ツイート)という心配wwに私も同意するし、クネクネにとっては従北の艇対協を始め、国内を御して主体的(ココ大事!)に事を進めていく茨の道が。
外務省の記者発表
http://www.mofa.go.jp/mofaj/a_o/na/kr/page4_001664.html
これ、アチラの老婦人方が「全部無視するニダ!!」と言わざるを得ない内容なわけで。
でもまた頓挫したっていいんですよ、「歴史的な合意」を成した日本、反故にする韓国、期待通りのψ(`∇´)ψ

日本人にこの先もう絶対に謝罪させないようにする線と嫌韓ポピュリズムに迎合しない線の間(私個人の感想)、「微妙なコースを狙った外交ボール」(「農と島のありんくりん」さんより)を選びつつ、日韓関係の改善を図る判断要因に、南北朝鮮や中共の今後の情勢への日米共通した認識(おそらくそれは明るくはない)、万一の時に日本の国益毀損が無いようにする工夫もあるのでは、と想像してみる。
本日の沖縄タイムス投稿欄 (カウンター58)
2015-12-29 10:48:57

オピニオン面に一般投稿8本。

「日本の行く先 平和へ改めて」の沖縄市・荷川取順市さん(75)は1月10、29日、3月23日、4月1、24日、5月3、21、28日、6月13、23、29日、7月31日、8月16日、9月2、23日、10月9、26日、11月10、25日、12月7、23日に続き今年22回目の掲載。
「心を引き締め 読書に努める」の那覇市・赤嶺光雄さん(77)は2月1日、3月13日、8月10、30日、10月10日に続いて今年6回目の掲載。
「軍事要塞化で また捨て石に」の宮古島市・狩俣光さん(40)は2月4日、4月15日、5月2日、6月2日、7月8日、8月3日、9月9日、10月3、20日、12月3日に続き今年11回目の掲載。
「北部の歴史を 史跡巡り学ぶ」の浦添市・東内原克憲さん(66)は1月15、30日、2月7、20、26日、3月5、18、27日、4月4、19日、5月21日、6月12日、7月12日、8月2日、10月22日、11月2、20日に続き今年18回目の掲載。
「辺野古で闘い 頭下がる思い」の豊見城市・喜納政宥さん(77)は5月17日、7月21日、8月4、17日、10月4日、11月8、24日、12月11日に続き今年9回目の掲載。
「来年の抱負は 『笑い』に決定」の那覇市・照屋美代子さん(66)は5月16日、6月23日に続き今年3回の掲載。
「裁かれるのは国自身だ」の嘉手納町・福地義広さん(55)は1月3日、2月17日、6月11日、11月18日に続き今年5回目の掲載。
「わが家のそろそろ」の南城市・宮城浩さん(67)は1月14日、2月22日、5月19日、6月7日、11月28、29日に続いて今年7回目の掲載。

カギカッコは投稿欄における見出し。

「投稿マニア」を否定はしないが、新聞はブログじゃないんだから、常連の投稿を並べただけでは、担当者は仕事をしたことにならない。


それぞれの国益 (Unknown)
2015-12-29 12:30:16
今回、慰安婦の件で、アメリカ、イギリス、ドイツが歓迎している。

日本を大罪人に仕立て上げ、
アメリカは原爆大虐殺を正当化し、
イギリスは植民地支配による人権侵害、
ドイツはユダヤ人民族浄化の大罪を日本と同列にして、自国の罪を弱めようとする。

韓国の国益は日本からの経済支援。
果たして、日本の国益はあるのだろうか?
.
それぞれの国益 (清島清)
2015-12-29 12:32:01
上、名無しの権兵衛は、清島清でした。失礼しました。
Unknown (心配性)
2015-12-29 12:36:28
案の定です。さあ韓国政府はどうする?
日本政府が軍の関与(具体的にはうやむやだが)を認め、責任と反省を表明したのに対して、韓国側がなにも応えきれないとなると、合意を評価した(中国でさえも少しは評価した)諸外国の政府、マスコミはどう思うかな?
基金の設立も含めて韓国丸投げ作戦は今のところ順調です。


「日韓合意 支援団体の説得困難 慰安婦像聖域化、挺対協「撤去受け入れない」
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6185746
Unknown (宜野湾より)
2015-12-29 15:11:51
合意のニュースにびっくり・がっかりする気持ちは本当、私もよく解る。
敗戦国日本コントロールのやり方の総括も無しで、自身も赤い汚染が酷かったアメリカも反省するところはしてくれよと。
しかしながら、決裂した場合や、多くの日本人が溜飲を下げるような何らかの解決だった場合でも、日本を自分らより一段下に置きたがる欧米人もあるのはきっと変わらない。
支那朝鮮人は伝統的に序列化に拘るし、我々も正直、中韓北朝鮮やパヨクの出鱈目さには「自分があっちじゃなくてよかった」と心から思っているし、いわれなき差別は無論ダメとしても、人が持つ相対的優越意識は人類の業として取り除き難いことの証左でも。
畏れる相手はちょっと叩いておこう、ちょっとどころじゃなく叩かれたから反撃、というのはどこにでもある話。
残念だけれど、誰かの胸のすくような事は、別な誰かの疾しい心に火を付けることもある。
けれど「可哀想な思いをさせたね。でもこれにて打ち止め!二度と無し」で相手国と合意を成した日本を、以後少なくとも表向き、もう誰も責めることはできないし、それは韓国のせいで合意が反故になっても変わらない。
合意の文書化やウィーン条約違反の慰安婦像撤去を韓国がどこまでも拒むならばそれも一興。

アメリカがどんなに探しても「日本軍による強制連行」の証拠は出てこなかった。
「私が軍命で強制連行に関わりました」と名乗り出る元軍人がいれば、良心的日本人として左系業界から手厚く保護されただろうに、そんな人も出てこない。
朝日新聞が「誤報」を認めた。
わかっている公文書記録や給与支払い記録、当時の写真など一次史料/資料から、証言の裏どり・突き合わせなどを基に、後は学問の方で。
国として強制したわけではないが、気の毒な境遇の中で国のために尽くしてくれたことには違いない方々を公式に労って終わったことなんで。
そういうことなのかなと。

それにしても、将来韓国がまた蒸し返して来ても大丈夫な政権を我々は選び続けないとね。
Unknown (東子)
2015-12-29 17:30:51
「台湾元慰安婦にも謝罪と賠償を=駐日代表に交渉指示-馬総統 2015/12/29」
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201512/2015122900435&g=pol

>馬総統は同日、地元メディアに対し「台湾の慰安婦に対する謝罪、賠償を日本に要求し、彼女らの正義、尊厳を取り戻すとの政府の立場は、終始変わっていない」と強調した。 

ここで、火種を作って熾火しておけば、次の選挙で負けても、煽るだけで火の手が上がるってか。
次の政権への置き土産? 中国に言われたの?

オランダの慰安婦は? と思ったら……


「 オランダの元慰安婦救援団体代表「急進展に驚き」 日韓合意 2015/12/29」
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM28H7J_Y5A221C1000000/

>オランダでは元慰安婦らへの救援活動が続いてきた。
>同氏は「過去の経緯から日本の基金額は相当に巨額といえる」と指摘した上で「合意の詳細について分かっていない点が多い」と述べ、日本側に説明を求める意向を示した。

だって。

ライダイハンは、まだぁ?

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL