自然の慣性に身をまかせて

自然から得られた重力と遠心力をスキーでいかに推進力に変換できるか楽しんでいる山猿510の記録です。

ファミリースキー

2019-02-16 19:06:02 | ゲレンデスキー

次男、三男と3人でのライドをしてきました。

今シーズンの雪不足から、山スキーが早めに終わる強迫観念に怯えている今日この頃です。
行ける山は旬の内に行っとかないといけないと思っていたら、
ゲレンデも結構ギリギリなことに気付き急いでゲレンデに、、、

長男、次男は普通に滑れるけど、三男はまだちゃんと滑れない
今日は午前中のみであるが、三男を教えるには十分な時間だから
今までの経験をフル動員してのスキー教室


結果数時間でどうにか一人で滑れるようになりました。

スキーを楽しむがなにより重要。
息子には減速、停止、ターンだけできれば基本自由に滑らせるスタイル
子供の体力を考えて転んだ場合起き上がるまでの体力を使うのが勿体ないので、基本助ける。

少しストレッチさせた直滑降等を織り交ぜると格段にレベルUP
スピード対応がスキーにはなにより重要


ってやってたら、お兄ちゃんの真似をしてチビキッカーで飛びだす三男


スキーで楽しんでくれて父ちゃん嬉し!
息子たちは初めての場所だけど、このゲレンデ気に入ってくれました。このゲレンデかなり好きです。
コメント

今更ながらのゲレンデ

2018-03-24 16:48:44 | ゲレンデスキー

午前こそ連を行ってきました。

メンバー:山猿
スキー :KORE君 180cm

なぜ今なの?と思いますが、目的は
 
 KORE君の板を慣れるため
 カービングの再確認

です。KORE君は今季導入だけどまだ板の性能を生かした滑りが出来ない。
HEADは初めてということもあり、足にKORE君を馴染ませたかった。

カービングは久しぶりに家族でゲレンデに行った時、思った以上に気持ちいいカービングができないことが判明
山はゲレンデの延長のようなイメージがあったが、ゲレンデ滑りすぎないとゲレンデの雪の滑り方が分からなくなってしまうんだなとびっくり。

カービングでここ10年ぐらい意識していることを中心に滑降
 ・履いている板の性能が十分発揮できるポジション、加重で滑る
 ・板を踏みつけ過ぎず、板の跳ね返りを大切にする
 ・板のエッジに頼る寄りかかったカービングではなく、エッジに圧が綺麗にかかるように面も意識


これを意識しながらのこそ連ですが、雪はたっぷりあり、客も少なくて、思いっきり飛ばせる。
最初はカチカチだけどエッジが思ったよりしっかり引っかかるのですべりやすい。

この意識でかなりの反復練習をしていると、今まで出来なかったターンの切り替えで重心の後前(山←→谷)の移動が
なんでなのかいいタイミングでスムーズよく出来た。
また出来た動作は意識的にできるようになり、ターン始動からかなり早い段階でカービングが無理なく出来てすごーーく楽しかった。
いわゆるクロスオーバーなのか?

これでターン前半は板が体の後ろに、中盤は横に、後半は前に、切り替えは真下に がやっと体感できた?気がする。

ゲレンデでは未圧雪もあるので滑ると、未圧雪はやっぱりいつもの感覚なので簡単に滑れる。
しかし後前の移動は多きすぎるとトップが引っかかりすぎるので予測不可能な要素の多い未圧雪ではすこし控えめの方がいい感じ。

私には今回特に山とゲレンデはF1とラリーのような似て非なるもののように感じました。

そして肝心のKORE君は足に馴染んだ気がした。

KORE93はフロントサイド志向が強いとのことだったけど、HEADの意図通り、ゲレンデは楽しかった。
そしてこそ連の前はスキッドとカービングの調整が難しかったけど、今日はその調整もできるようになった。
板もかなり後ろに乗ってしまい体が遅れるような滑りになりがちだったけど、それも調整できた気がする。

なにより当初板を3本持ってきて、いろいろな板で滑ろうと思っていたのにコーヒーブレイク以外の休憩なしで
午前中KORE君だけで滑ったのは、KORE君の圧雪、非圧雪のカービングが面白すぎた結果だ

そして今日改めて思ったことは板は180より185ぐらいが最近調子がいいって感じる
やはり板の長さは綺麗にたわむこと、テールをうまく使用できることから時代に逆行しているけど最低185はほしいと思ってしまう

ちなみに
 レネゲ君 186cm
 割箸君  184cm
 KORE君  180cm
だからほとんどレネゲ君と割箸君で滑っているので体が185を求めるのかな?とも
昔はバンテットで170cmでも問題なかったのにな、、、なんて、、、長くなると登りにくいけど、、、どうしよう
186cm 135-107-128mm r=25 とサイドカーブが緩くてすべてカバーする板でほしいのがモニョニョモニョモニョ、、、、、
 

来年はゲレンデも行こうと思ってしまうぐらい楽しいゲレンデでした(でも山に行っちゃうんだろうな)

コメント

レストはゲレンデで

2018-01-20 19:58:59 | ゲレンデスキー

今日は昼からみんな予定がないということで全員でゲレンデへ
長男、次男はお父さんとスキー、三男はお母さんとソリということで、久しぶりにしっかりゲレンデで滑ることができました。

スキー:KORE93 180cm


長男のスキーの前回は2年前のVGの150㎝でしたが、成長著しく今回は父の道具一式に
次男が長男のVGに変更

長男が父の道具を使う時が来たとは、、、考えひとしおです。


私は一応基礎スキー出身ですが、息子とはゲレンデでも地形を生かした遊びばかり
次男もそんな遊びが楽しくなったみたいで、父さんうれしいです。


春スキー用にと導入したKOREさん
メーカーのカテゴリーはフロントサイド=ゲレンデということで今日シェイクダウン

ゲレンデでしっかり滑るのが久しぶりなのでまずはゲレンデを慣れることが精いっぱいでインプまでできずですが
今日の雪は私の好きなグサ雪状態でKORE君が思った以上にずらしやすく、面で滑れるスキーだなと感じた。
もちろんカービングがしやすい、スキッドもできカービングもできる高次元な性能。最近のスキーはすごいなと。
HEADは人生初めて履くメーカーなので板の反応を探りながらの滑りも面白い。

なによりゲレンデのカービング、飛びを堪能
ゲレンデ面白いと思った一日でした。

そして炎の体育会TVでの佐々木明さんのアルペンかっこよかった!!やっぱり佐々木明さん好きだな
コメント (2)

息子と滑り納め

2015-03-08 21:15:41 | ゲレンデスキー

まだ手が完治していないけど、病院の先生には安静にしなさいとは言われていないので、今回はノーストックで滑る


前回より、手が動くのでバランスも取りやすくなった。
雪はジャリジャリ シャーベット この雪質 結構好きです。


今日は二人ともコブ斜面に挑戦してた。
かなり自信が付いたみたいで、次男は


ガッツり自然の地形を生かした飛びを、、、

キッカーにも連れていくと、2人ともガスでキッカー見えなくても減速せずに突っ込む
もちろんオーバースピードでインからのボンバー

そして次男の第一声が「結構飛んだよ」「尻痛かったわ」
そしてもう一回飛びたいと、、

わが子だなと、、(笑)

長男は、今回は非圧雪の滑降で滑りにくく、圧雪バーンの方がいいと言っていた。
そうです。ゲレンデはすごいんです。

パウダーばかり滑るとわからないけど、整備されていないバーンは滑りにくいことを体感することはいいことだなと

今回は初めて朝から夕方までほぼ一日がっつり息子と滑れた。
スキーが楽しそうでよかった。
コメント

スキー板を楽しんだ

2015-03-05 20:49:29 | ゲレンデスキー
山での滑降でうまくできない所、もっと直したい所が出てきて、ゲレンデで修正をしようと行ったのですが、、、

お粉が少しあるかなと思い、、、まずはお釈迦様で出動

すると、膝パウゲット!!思わず数時間ライド

飛びも練習したいと思い、、、次はトラブル君出動

飛び用(ボロボロになってもいい板)に購入したけど、この板の滑走性が結構好き
コブもすごく滑りやすい。やっぱりトラブルはいい板だなと


そして春の衣替え用に、、オーブ君初出動


スペックはこんな感じ


ノーロッカーのノーマルキャンバー板。春にはよさそうな予感。

ネットでインプレッション等を見ると、
 「ハードフレックス」「GSっぽい」
との評価でコルドア君に似てるなと思ったけど、いざ乗ってみると、コルドバ君よりフレックスも柔らかく、ずらしもしやすい。

意外によかったのはパウダーの浮力と操作性、かなり気持ちよく滑降できた
そして面での滑りが楽しい

後に記載している肩負傷の影響でちゃんと滑れず、正確に板の性能は把握できなかったような感じがする。
ちゃんとした?インプはもうすこししっかり滑ってからしようかなと


改めて思ったことは同じバーンでもロッカー、サイドカーブ、板の太さ、フレックスなどその板の特性で滑降が全然違う

スキーってやっぱり面白い
いろんな板でスキーをいっぱい楽しみたいなと


ということで当初の練習がまったくできなかったような、、



今回は面白いだけではないことも

コブが隠れたパウダーバーンで高速大回りの滑りで限界スピードを上げる練習最中に派手に前転。
その時右肩を強打して、最初は手がプラン プラン
(あっ TLTはちゃんと解放しましたよ)

脱臼かなと思ったけど、すこししたら手が動き出した
転んだ時、肩の筋がブチッと切れた大きな音がしたのを思い出し、骨が折れたわけでも、脱臼でもないことが分かった。とりあえずリフトに乗ると、徐々に手の稼働範囲が増えたので、そのまま滑降した。

次の日病院に行くと症状から「捻挫程度の軽度の肩腱板分断裂」の可能性が高いとのこと、
回復もできる軽度な症状の可能性が高いため、経過観察のみの診断で終了。

数日は右手だけではごはんが食べれない
4日経過し、かなり回復してきたけど、まだ腕が完全に上がらない(汗

恥ずかしい内容だけど、自分への戒めとしてカキカキ


今回の手が動かないことでわかったことが一つ

滑りにおいて手で結構バランスとリカバリーをしているということ

山ではすごく手の位置の重要性を感じていたけど、今回特に手の重要性がわかった。

このことがわかったのはラッキー!!

コメント (2)

息子とスキー

2015-02-07 08:17:48 | ゲレンデスキー
前回次男のスキー上達が見られたので、今回は期待しながらの滑り

まずはパーク


兄ちゃんに続いて、ボックスはしっかりできるようになり


ドラム缶は兄ちゃんは抜けたけど、次男は抜けず残念そう
でもこれはこれとしてスタイルあるよ 次男

かなり技量、自信も出てきたみたいでパウも果敢に挑戦



次男「パウダーは急斜面の方が面白い」との名言が、、
お父さんも同じですよ(笑)


いつもの地形を生かした飛び場で兄ちゃん過去最高の飛びができたみたい。 ヨカッタ。


次男は今回この場所での飛びはすこし怖かったみたい。
次男のその気持ちは大切にしたいなと、

兄ちゃんは次のステップを進むべく、シュテムとコブのストックワークの練習を今回から初めた。

私の息子へのスキーの指導は、スキーが楽しめる最低限、もしくは息子から依頼がない限り教えていない。
長男はもうパラレルを教えられる段階だけど、未だにボーゲンにさせている。

理由は、スキーは技術を学ぶものではなく、楽しむもの
楽しむために技術が必要なだけだから

因みに、私自身は技術の探求が大好物(笑)

やっぱり笑顔のスキーがいいね

コメント

家族全員でスキー場へ

2015-01-18 21:51:37 | ゲレンデスキー

日曜は家族全員でスキーに

長男、次男、私はスキーで、三男と嫁はそりが基本スタイル


今回は次男を私抜きでのリフトに挑戦
息子以上に私が緊張していた。

そして、嫁と交代して

長男、次男、嫁がスキーで、三男と私がそり

嫁は10年以上ぶりのスキー
長男、次男はお母さんとスキーができて大喜び

そして三男は初めてのスキー場で見たリフトに興味津々で、乗せろコールということで

お父さんの大好きなスキーを実際みることができて、私としてもうれしい限り


日曜は天気もよく、山は最高だろうなと思いながら、
私は大人ですから、、、全然悔しくないよ  と言ってみたりする。

その2日後に、大人げない行動にでることは、、、
コメント

シェイクダウン(Shakedown)

2014-12-16 21:10:29 | ゲレンデスキー

購入してから、約半年、この日をすごく楽しみにしていました。

ニュースニーカー号のボナさんのシェイクダウン。


去年大好きなスニーカー号 バンテッドB4が、もう8年目ということを気づいてしまい、
その後継者を探していました。

後継者の条件としては。
 1.スキーセンター 90-100
     →パウダーかザラメかわからない時用

 2.ノーマルキャンバーのメタル入り
     →メタルの役割がイマイチ理解できていないけど、やっぱり板の反応が好き。

 3.180cm以下
     →高速安定性がほしいけど、180より長い板はジグが辛かったのを経験しているので、登り返しの多いと春用と考えると、

 4.安価
     →やっぱスニーカー号なので、庶民価格じゃないとね。ということで最低5万未満、ということは、もちろん型落ちを探す

その私の条件を満たしたのは、いずれも大手メーカーの旧モデルの板

  アリバイ  (アトミック) 180cm 132-98-118 R=18-19 (Wサイドカーブ採用)
  マントラ  (フォルクル) 177cm 132-98-118 R=24.2
  ボナファイド(ブリザード)180cm 133-98-118 R=21

全てフロントロッカー + キャンバー板

因みにB4は 178cm 122-94-112 R=23.6 (もちろんロッカーなんてない、クラシックキャンバー)

上記の板は、海外でかなり評価が高く、マントラとボナファイドは東西の横綱のようで、ベンチマーク品として
何年も高い評価があるのに、日本では板の存在すら、あまり知られていないような。。

海外では、ゲレンデもBCもどちらも行ける、絶妙な板の評価
国内では、ゲレンデでは、カービングがイマイチ、BCでは浮力がイマイチという、微妙で曖昧という評価が一般的

日本人は、あまりにも生真面目すぎて、この手のジャンルは、あまり魅力的じゃなのかな、、
まだこの手の文化は、正直遅れ気味であるというのが、生意気ながら私の個人的な見解。

これに付随してピステ、パウだけじゃない、ザラメ、スノーコーンなどの天然の雪も楽しめる文化がもっと浸透するといいなと

この中で、いろいろありまして、ボナさんとご縁があり、私の家に新品のボナさんが嫁いできました。
メタルは2.5枚(2枚+センターのビン付近)というかなりガチガチな板

当初ネットで重量を確認すると、2.08kgぐらいだと記載があったので、ちょっと重いけど、ぎりぎり許容範囲かと思っていたら
実測でなんと2.15kgもあるじゃない??

お お おもい(汗)

これじゃー 春はサクサク登れないじゃない??ということで、急遽radical speedのブレーキなしビンで軽量化
ということで、ビンも新規に投入して、追加経費!  安く仕上げようとしたのに、、、なにしてるんだか、、、

私のボナさん、去年モデルを購入したのだが、今年もコスメ変更のみで、中身は同じ
今年も早速受賞している。
このサイトでは一位なんかも、、

だから、この板が悪いはずがない、、

問題は自分の嗜好性に合うのかということ。
一度も試乗をしたことのない板だけに、今日のこの日まで、ボナさんが自分の嗜好に合うか、すごく心配であった。

雑誌で評価の高い飲食店、特にラーメンがあっても、自分が好きな味と同じとは限らないからね。


ということで、少しでも滑りたくて、時間がやりくりできた
今日、急遽スキージャムにてボナさんの筆おろしの儀を


そもそもまだ全然滑れていないので、滑りを思い出しながらの滑りだけど、カービングをすると、、

センター98と感じないような、気持ちいいカービング性能とオートマチックな切り替え
すこし後ろに乗ると、板はしーーる。はしーーる。
(ワックスを今回は青と紫も入れたのも影響しているかも、、今まで、そんなに複数のワックス入れたことなかったし、、)

板の走るポイントも、結構広い感じもした。


思わずダベリング調整するのを忘れ、カービングに終始没頭していた。
(チューンナップショップにて89°にプレチューンしてあり、トップのダベリングをしてあったかも、ですが)

ちょっと大げさにいうと、競技用の板並の感覚を感じた。
ブリザードの板は実は初めてだけど、評判がいいのを、すこしわかるような気がした。

3サイズだけでは、分からない板の良さって、やっぱりあるんだな~としみじみ実感、体感。

最近の板ってやっぱりすごい。
そして、やっぱりメタルの板はいい。

何より自分の好きな感覚のフレックスパターンだったのが◎

仕事があるので、数時間しか滑れなかったのに、カービングが楽しすぎて、カービングばかりしてしまい、
山で重要な操作である、面での滑り、スキッド(ずらし)のしやすさどがまだ、まだしっかり確認できず、
またボナさんに合った滑りの調整がまだできていないけど、なにより今日はこの板で滑って楽しかったのが、うれしかった。

やっぱり、楽しくないとね

そして、こんな気軽に仕事の前にスキーができる福井はやっぱり最高!!


私はプロライダーじゃないので、やっぱりいろいろなメーカーの板を滑りたいなと

私のスキー人生に新たなメーカーの板でスキーライフができると思うと、楽しみ!
コメント (2)

ぴーかんパウダー

2014-03-11 20:05:33 | ゲレンデスキー
新幹線乗車の際にいつもグリーン車に芸能人がいないか確認してしまう山猿です。

週末のうっかりパウが忘れられず、思わず極悪平日ライドなどを

今日は久しぶりに4前をチョイス。先頭から4番目、まずまず
私の付近にいるパウハンターはどうやら、写真の太板2人だけっぽい。
どうにかファーストいけそうな感じ。

先頭にアルマダのBUBBA(ブッバ?)の人と仲良く一番乗車。
でもこの人、ノーストック、サングラスというスタイル。中間のファンタジーリフトまでの移動もあまり急がない感じ、
おかげでファンタジーは一番乗り。

そしてファンタジーからイリュージョンまでは、もちろんチョッカリ一直線。
後で知り合いに私のちょっかりを見られていたことが判明し、ちとはずかし。

追加料金で早朝ライドができる人たちもいたけど、大半がファンタジーにいてくれたおかげで、
イリュージョンのエクストリームとBのほぼ面ツルパウゲット!!
Bのパウはやっぱり大好きです。

ベクターグライドの秋庭さんとのスキーの際に、ブーツの重要性をすごく実感し
最近導入したブーツ BDのファクター130MX

数日山とゲレンデで滑降したが思った以上に調子がよく

フレックス130と硬すぎるのか?が、一番不安だったけど、私のでぶでぶ効果で問題なく使用できた。
高速滑降での安定感と、板のフレックスをうまくブーツが反応してくれるので
ターンの切り替えがよりクイックかつスムーズになり処理が非常にしやすくなり◎

フレックスを生かした滑りができるのは、やっぱり楽しいものです。

詳細なインプレッションは、ある程度滑降しないとわからないので
シーズン終了に書こうと思うけど、今のところすごく気に入っている。


今日は天気もよく白山もくっきり。
早く白山行きたいな。

コメント

息子とジャム

2014-02-23 21:17:46 | ゲレンデスキー
天気もいいので、息子を誘ってジャムに
午前中はコルドバ

午後はB3で


次男は前回のイリュージョンでの暴走滑降→撃破→私から「こんなことしたら死ぬぞ」の一喝をもらっているので
かなり慎重に滑ることを覚えて、スピードセーブできるスキーができていた。

お蔭で次男はかなり体力を消耗したらしく、昼頃には、「もう帰ろう」コール

駐車場でのんびりお昼ご飯を食べて、除雪で残った雪で、カマクラを作りたいということで、車に積んであるショベルで

を作ったり、リフト終点の経ヶ岳が見える場所で雪遊びをしたり

息子たちは今年の雪不足をジャムで解消するかのように夢中に遊んでいた。
子供たちにとっては、スキーよりもこんな遊びの方がやっぱり楽しいんだと、改めて思った。

そしてその間にお父さんも2本ほど、ビューンとコブと整地バーンで練習してしっかり楽しんだ。

最後には兄ちゃんがナチュラルの起伏を利用してビヨーーーンと。



保守的なお兄ちゃんがアグレッシブに飛び
攻撃的な次男がセーフティーに滑る

なんだか不思議な感じ。

この頃安全性を重視して公園の遊具はあまり面白くない昨今
転んだり、成功したりをして自分自身で、限界点を見出し遊ぶスキーはやっぱり子供たちになによりもいいものだなと思った。

と大好きなスキーをなにかと正当化していいことしてると思いたい父であった。

ただお前ががスキー好きだから息子を連れて行っているだけだろ。と思ったそこのあ・な・た



そう!そうなんです

PS:帰りに白ドバ+ディアミール+クワドランドの人を発見
   思わず声をかけてしまった。なんだかうれしかった。
コメント

コブコブ練習

2014-02-08 15:20:15 | ゲレンデスキー
長男が夢中になれる趣味(スポーツ)ができてうれしい山猿です。
私から言わせると、まだまだ目標に対してのお鍛錬が足りないけど、彼の人生は、彼が決めることなので、あまりいろいろ言わないでおこうかなと、


そんなお父さんは自分の趣味に少しでも自分の理想ができるように一人ジャムへ鍛錬に

ある人はそれを単なる遊びというらしいです(笑)


あまり今日は混んでいません。
リフトに乗っていた人に聞いたのですが、北陸道が通行止めだったとか


今日はパウを期待していないので

白ドバでのんびり出動

今日は最初から決めていた課題「こぶ」に集中
スキーをうまくなるには、「こぶ」がなによりもいいということをちょっと前に会話していて
そういえば、自分の「こぶ」がまだ納得いくどころか、理想にかなりほど遠いということで、

そして今日は「こぶ」にあえて自分が一番滑りにくい板である白ドバで出動。
寸前までトラブルと悩んだけど、白にしてよかったなと

以前VGの秋庭さんの記事で、開発中の板の感触を確認するために、数回しか滑走しない?というような記事を見たことがある
理由は数回滑ると、その板を乗りこなしてしまうので、板の特徴が分かりずらいとのこと。

数回で乗りこなせるなんてすごい!!と違うところで感心してしまった。

では自分はどうか?と考えると、未だにコルドバ君を乗りこなせていないのが正直な現状

だからあえて苦手な場所での練習を、、、

結果からいうと、午前中で、腰が痛くなってしまい。練習終了なんていう悲しい結末

家に帰っても、まだ歩きかたがぎこちない。
ゲレンデでの鍛錬がなりないなと、、
もっと練習が必要だと改めて思った。


そして今回の目標であるコルドバ君を乗りこなすという点では
今までコルドバでコブなんて全然滑れなかったのに、今回は雪質が味方してくれたおかげで
コルドバで初めてコブが楽しいと思えた。

(でも、まだまだ自分の理想と現実の乖離が、、、です)

いろんな板を使用してきたけど、こんなに乗りこなそうと思う板に出会えたことがなによりラッキーだなと

Dルンゼ、白山等で気持ち良い、加速した大回りをできたコルドバ。それをもっと引き出したいと思い今まで滑っている。
途中で難しくて、滑らなかったり、他の板に浮気もしたりした。

今でも正直滑りやすいとは言えない自分もいる。でもつかいこなせる自分になりたいと思わせる板
こんな板に出会えてよかったな。

明日は仲間がパウダーお祭りに行く予定だけど、私はいけない
でもみんなが行くと思うだけでも、なんだかみんなの動画が楽しみ

コメント

三週間ぶりのゲレンデ

2014-01-25 19:58:30 | ゲレンデスキー
なんだか半年ぶりぐらいに感じるぐらい久しぶりのゲレンデです。
っていうか半年たったらゲレンデやってないか


今日は長男と次男と私でジャムにてのんびりとスキーを


息子たちも大きくなり、なんだかお父さんだけハミ子になったりして、

今日のお父さんは低速、スキッド(ずらし)要素の強い小回りの練習と
ストックワークの修正

そんな練習には、ずらしやすいトラブルメーカーはとっても練習しやすい。

小回りの練習中に後ろを見ると、長男も同じように小回りのマネごとをしていた。

長男は今日念願のエクストリーム滑降ができ満足していた。

次男は人生はじめてのイルージョンのコブ。
最初はやっぱりうまくいかなかったけど、持ち前のいけいけドンドン精神で滑っていたな。

今日私がなにげにしていた体育座りすべりをしていたら、息子も

次男は何故だか、えらく気に入ったらしく、何回もしていた。

そして最後に大好きなボックスで、長男失速で完走できず、
なんとやり直ししたいとハイクアップ!!

やり直し後はしっかり完走!!

ゲレンデもいいものです。

っていうかスキー大好き



コメント

家族スキーin JAM

2014-01-04 08:15:13 | ゲレンデスキー
自分が思っていた大人のイメージとかなり違う自分の生活をしてるなと、改めて新年思った山猿です。

前日は一人スキーだったのですが
今日は家族スキー+親戚のお兄ちゃん

息子は親戚のお兄ちゃんと滑るのをなによりも楽しみにしていたので、大興奮

親戚の兄ちゃん、足のサイズを聞くとなんと私とほぼ一緒!!ということでスキー一式を貸してあげた。
なので私の道具 バンテッドとトラブルが並ぶうれしいショット!!

小さい子供たちはこんなスキー場のイメージ写真のような


今日は天候もよく、正月休みが例年に比べて長かったからか、すごく混んでいた。
スキー全盛期を思い出す、レンタル前行列、リフト券売り場行列、リフト行列、レストラン行列

みんなこんなにスキー、スノーボードしているんだ!!って親戚もビックリしていた。

そして今日は目標の頂上リフトにみんなで出来て、思わずパシり

なんとこの写真は親戚のお兄ちゃんが撮った写真。
兄ちゃんは山がなぜか大好きで、登山願望がすごい。
兄ちゃんは部活等忙しく、一緒に山に行ける日程がないのでまだ行けてないけど、いつかは白山を行こうと約束している。
これも楽しみ

一方うちの息子(長男)はパウダーハンターで、今日もパウダーを探していた。
でも もうすでにハードモナカだったので、楽しくないことを体験させながら教えてあげたところ、
息子も理解できたようだ。我が息子ながら、パウダー欲にすこしビックリした。

来年長男の板を購入予定だけど、太板購入かな?

今日は昼ごはん以外休みなしで、みんな楽しくスキーができた。
もちろんボックスでみんなで滑ると、みんなボックスに夢中だった。

子供はみんなボックス好きなんだなーと
ジャム子供用のパーク作れば、きっとみんな喜ぶのにと思った。


リフト終了まで滑ってみんな満足っていけばよかったけど
息子(長男)が最後の一本で急に気持ち悪くなり、体調を崩してしまった。
もう少し休憩を入れればよかったなと、反省。

それでもみんなから「またスキー行こ」と言ってもらって一安心
やっぱスキーはいいね
コメント

ゴーダマ君本格始動

2014-01-02 16:06:14 | ゲレンデスキー
実家のWifi化に伴い、正月もネットサーフィンしまくっている山猿です。

1月2日は一人でジャムりました。
前日までいつもの練習所と悩んだけど、ジャムのHPに30cm深雪という記事を朝6時に見てジャムに行くことを決定

前回の悔しい思いがあったため、整地もOKのゴーダマ君に

というかハイシーズンに向けてゴーダマ君がしっかり滑れるようにという思いもあり、ゴーダマ君に

当然朝一のリフトに並ぶと、
1列目:カップル
2列目:大学生らしい4人組
3列目:親子
4列目:山猿

という感じで、山猿以外はみんな和気藹々で、山猿との雰囲気が違いすぎて、なんか場違いって感じ。

まわりはパウダーハントらしき人がいないので、今日はパウダー独り占めかな?と少々ワクワク

しかしトリプルの斜面を1本滑り、リフトに乗ったら、早くも他の数人が滑っている。
やっぱり独り占めは無理だったかと、

市内は雨だったのもあり、エクストリームは重めの雪であまり楽しくなかったので、すぐに上のこぶ斜面に移動

終始視界不良だけど、こぶ斜面の方が雪の状態もよく楽しめた。

今日は総じて重雪だったけど、ゴーダマ君は滑りやすくOK

ゴーダマ君はやっぱりパウでの高速滑降が楽しい。
白ドバに比べても初速と高速維持、高速安定性はずば抜けていい。

そしてビックリしたのは、不整地での大回り
なにより楽しい!!
後ろ気味に乗れば、不整地でもしっかりエッジに乗ることにより、整地のように滑れる。
そして板をたわませることにより、ターンの切り替えも自動的にできるようにもなる
なんだか白ドバ君のような板。

それでいて、サイドカーブが20以上なので、サイドカーブに頼らない滑りができるのも魅力。

楽しすぎて、思わず整地を数本滑ってしまった。

これで、山滑りのためのゴーダマ君の調整もできたかな?

でも下部のバーンではアイシーな感じで、ゴーダマ君では太刀打ちできなかった。
ゴーダマ君は柔らかめの雪対応かな?


今回改めて思ったのは、ゴーダマ君は数センチセットバックしたほうが面白そうかなということ。
でも滑りで調整可能範囲のような感じもするので、もうしばらくこのままでも滑ろうかな?
ちょっと悩むところ。

いずれにせよ、ゴーダマ君の潜在能力はやっぱりすごいと思った。
コメント (2)

初ゲレンデは凹んだり、楽しんだり、

2013-12-29 16:28:26 | ゲレンデスキー
冬でも生ビールが一番大好きな山猿です。


今シーズン初のゲレンデです。
パウダー目当てにゲレンデに着くものの、あまりお粉がなさそうな感じ(泣)

完全にパウダーが食えると思って車にはEHP君を待機させていたけど、なさそうな感じがしたので
凹み気分で白ドバチョイス。


しかーーーし、上部に行くと、、、、パウさんありました。

また凹む。

EHP君を出動させるべきだった。

ジャムは一度下に降りると時間がかかるので、セミファットといわれる白ドバ君にかんばってもらう。


最近センター100overのゴーダマ君に慣れてしまったおかげか、求めている浮力がなく、
一緒に滑ったしゅう爺さんのゴーダマ君の浮をみてしまい、また凹む

しかし、この沈む感じも慣れてくると面白い。
なによりゴーダマ、EHP、B4にはない、沈む、不安定といったちがう楽しみを今回感じることができた。

たまにはいいいですね。セミファットも、(今や85はセミファットにもならないかもしれないけど)

そして一緒に行っていたFumiさんに「この板はかっこいいね」と言われて、またニコニコに

なんだかんだで、私も白ドバ好きです。

というか、自分の持っている板、みんな大好きだな
コメント (2)