自然の慣性に身をまかせて

自然から得られた重力と遠心力をスキーでいかに推進力に変換できるか楽しんでいる山猿510の記録です。

幅広甲高対応

2017-10-12 22:33:53 | 実使用インプレッション
私は幅広甲高の足のため、ほとんどの靴、ブーツは自分の足のサイズでは履けません。
そんな私にとって普通にはけるトレランシューズがありました。

ALTRAです。

この靴は「フットシェイプデザイン」という理論の元、素足のままのような形で履けるラストを採用しているため、かなり広幅なラストになっています。
この素敵な理論のおかげで、幅広甲高の私でも履けるわけです。

そんな靴に出会ったものの赤色がきれいすぎて惚れての購入だったのですが、私にとってはかなりビビットな色であるため普段着用ではあまり履けませんでした。

そんな自分でも履けそうな控えめカラーが出たのを見て、思わず、、

当初は以前のLone Peak 1.5Mの系統であるLONE PEAK 3.5 Mを購入予定でした。しかし3.5Mはフォールド性を向上させたようで、以前よりタイト
そのかわりに自由な幅広のラストを継承しているTIMP TRAIL MをBlue Earth店長に紹介してもらい、履くと、、もう即決でした。

もちろんLONE PEAK 3.5 Mのフォールド感もよくて、お金に余裕があれば2足ほしかったぐらいです。

TIMP TRAIL Mはとても履きやすいです。大げさにいうとスリッパ履いているような感覚

まさか幅広甲高人間が靴でこんな感覚になれるとは、、、感激でした。

ちなみに足先が動かしやすいということは、山での登り、下りで指が動きやすく→ 爪が当たる→ 爪死亡 になりやすいのですが
しっかり母指球で地面を掴む感覚で使うといいよと店の方にアドバイス頂きそれを実行してみました。

前回の登山で早速実践してみると、ソールのグリップ力がしっかりしているので靴の中で足が動きにくくなり、前回の登山でも足、爪が痛くならなく使いやすかった。

幅広甲高の方にはとってもお勧めです。
コメント

テックビンについて

2017-10-08 11:56:16 | 実使用インプレッション

ひと時のBCブームもひと段落して、山スキー道具情報も少なくなった今日この頃です。

Dynafitのテックを導入してからというものテックビンにはまってしまい、昨今のNEWテックビンが気になって
思わず2個のビンを先シーズンは導入してしまいました。

選んだメイン理由は
 Vipec :やっぱりディアミールからのテックですから、
 Kingpin:かっこいいから、
     
すでに所有しているDynafitのビンと比べていいところ
 Vipec :ブレーキ取り外し可能、フレックスに追従して後方に動く、ヒールが回転せず強度が強そう
 Kingpin:ヒールがアルペンと同じ構造、(ブレーキ取り外し可能)
いずれもヒールの強度とフレックス追従が私には魅力的でした。ちなみに現行のDynafit radicalも、その点は改良されていますね。

今回選んだ2品は現行のDyafit以上にヒールの強度、安全に解放しそうなのが、選んだ基準でもあります。なにより今までと違うなら試さないとね!で

すでに所有しているDynafitのビンと比べて劣っているところ
 いずれも重い、歴史がない

こんな情報がある中で、実際導入してみて1シーズン使った感想は、、、

どれも問題なく使える

が正直な感想。使用感は重量以外はほぼ変わらない。
ということでやっぱり山スキーで重要になるのが重量ですね。

ちなみにですが、新規の2つの使い分けとしては
 Vipec :パウダー用、すこしでも軽さ重視
 Kingpin:春のザラメ、難しい雪質用、高速滑降対応、スキーコントロール重視

私はシーズン中ほぼ山スキーであり、フルハイクアップなので登りの軽さが重要ですが、登りが数時間の方であれば、この重さの差ぐらいは気にらならいかと思うので、どのビンでもいいかと思いました。

ご参考までに
 履きしやすさ Kingpin > Dyafit > Vipec
          (注:どのビンも問題なく履けます。私はあまり気にならない範囲です。Vipecは履きにくい?履けない?ブーツがあるとか、、、)
 重量     Dynafit radica;Speed >> Dynafit radical ST > Vipec >>Kingpin
 滑りやすさ  差を感じることができなかった。
 誤開放    いずれもなし(そもそもDynafitもロックして滑ってもちゃんと開放します。10mキッカー入っても問題なく使用できまたし)
 強度     まだ違い感じることはない 
          (Kingpin,Vipecはまだ一年しか使用していませんが問題なし、Dynafitはヒールが壊れる事例はあるけど、件数はかなり少ない)

ちなみにKingpinはDynafitのアイゼンも取り付けできるのが◎ですね(ブーツの長さが短いと取り付けできないかもしれませんので、要確認ですが)

で個人的に所有しているビンでの不安点はヒールの強度だったけど、その強度UPが期待でき、より軽くなったこのビンが気になっています。

このビンはブレーキの取り付け可能なのがいいですね。
コメント