自然の慣性に身をまかせて

自然から得られた重力と遠心力をスキーでいかに推進力に変換できるか楽しんでいる山猿510の記録です。

念願叶う1day

2017-05-20 22:43:13 | 山岳スキー



ずーと憧れていた夢の斜面が自分が思っていなかったタイミングで訪れることができました。そして新たな夢も生まれた1日でした。
仲間、師に感謝です。

やはり雪山は人を魅了してくれる素敵な自然の産物です。

詳細は後日ということで、まずは余韻に浸ります。
コメント

快適ざらーめを求めて

2017-05-14 01:02:47 | 山岳スキー

まだ出会えていない最高のザラメを求めて

メンバー:T2Yさん、HMDさん、山猿
スキー:激重プンプク丸 176cm


今日も自転車でえっちらおっちらと

一週間前は雪で覆われた場所も現在では雪が完全になくなりました。


ということでつらいAフレームで1600mm付近まで登ることに


この景色を見るだけでも、ここに来る価値があります。







先週より走る雪。極上フィルムクラストではなかったですが、気持ちよく◎
やっとザラメにありつけました。


Blackcrowsのメーカーの人が見ると喜ぶようなきれいな滑走面が見える写真、とってもかっこえく、おもわずペタ

今シーズンはよりよい雪質の斜面を見分ける能力UPの重要性を感じたシーズンでした。
コメント

GW第二弾

2017-05-05 12:17:28 | 山岳スキー

天候が不安定なおかげで雲がきれいな一日でした。

メンバー:Syu Gさん、MTMさん、山猿
スキー:激重プンプク丸 176cm


今日は自転車からスタート


雲がなくなると暑くてたまらなかった。登りの雲は大変ありがたい



前回と違う素敵な場所で滑らせていただきました




新雪がストップスノーとなり、なかなかのテクニカルスノー
進まなーいと叫びながらのライドをしている方もいました

ということで今回はピースもなんだか控えめです





滑りにくいなと思ったら、片足ウォークモードのまま。
滑降モードに変更し、かなり下まで滑降したら、気持ちいよいバーンになり、思わず 絶叫 
気持ちいいカービングできました。 ビバ 山スキー

(メモ:上体のかぶせすぎ、ローテーションし過ぎで切り替えでふっとぶ)

登り返してご飯を食べているとガスが発生してきました。
ガスがどんどん発生してきたので安全を考慮して撮影なしで下山。


かなり下がったところで休憩すると、周りのガスはもちろんのこと、上空のガスも抜けました。
こんなもんですね。


今回もテクニカルスノーでしたが、そんな雪だからこそすごく楽しめました
やっぱり山スキーは奥深く、楽しく、オモロイ!!
コメント

GW第一弾

2017-05-02 08:32:45 | 山岳スキー

この景色の中を久しぶりに滑れた山スキーでした。

メンバー:T2Y、山猿
スキー:ワタリガラス184cm


今日は一周の旅なので自転車ではなく、歩きからのスタート
Aフレームが多く、帰ったら肩が真っ赤かになってました。


天気もよく大好きな景色を堪能


今年もここから見る景色を見れてうれしや


登りにフィルムクラストぽくなっていたので、滑降がたのしみ



この場所ならでわの広大な景色の中でのライド

縦じわはないものの風に打たれたためにできたような段差が結構おおきく、思いっきり攻めれない

T2Yさんは優雅にテレマークをメイク、広大な景色には嫉妬してしまうぐらいテレマークは似合います。


谷は落石が多いので端を滑降
(写真では落石少ないですが、、、落石の多いところは石に注意しての滑降だったので撮影してませんでした)


今日の目的であるこの景色がみれてうれしや

頂上から滝までは縦じわがあるものの、楽しく滑降できた。
滝からはクレーターのような凸凹がひどく、移動するだけでも大変でした。

今回の核心部分は一人ずつ安全を確認しながらで通過しました。
名物のトンネルはすでに出ているのでトンネルの中で通過できました。

風でできた凸凹、落石など、満足できる滑降ではなかったけど、あの景色で滑れて、やっぱりうれしかった。


私の大好きな木も元気にいました。
コメント