自然の慣性に身をまかせて

自然から得られた重力と遠心力をスキーでいかに推進力に変換できるか楽しんでいる山猿510の記録です。

レストな週末

2017-04-22 16:20:40 | かまけし

こんな料理が食べられる所にお仕事があるため今週は山はお休み、、、

山がいけずかなり凹んだだけど、せっかくならということで、空いた時間を利用して大好きなウィンドウショッピングに


現地の人が購入するような市場発見。こんな雰囲気を見るのが大好き


ローカルブランドのアウトドアウェアー発見

ゴアでなく、FILTERTEXたるものを使用

ハーネスも本格的で、ベースレイヤーなどはワキと背中がメッシュのものがあり、私が一番使用したい仕様ですごく魅力的だった。
今後注目したいブランドです。


そして日本にはアパレルがまだ本格展開していないヨーロッパ系のブラントもありました。
お店に入るとなんとセール中で、90%オフもあるとの記載
思わず1時間以上この店にいました。

ウィンドウショッピングのつもりが、本気のショッピングに変わり
いままでほしくても高くて購入できなかったプリマロフト使用のアウターが75%オフでゲット。

これで今週末のレストはがんばれそう?
コメント

ザラメに逢えない今シーズン

2017-04-16 15:18:05 | 山岳スキー

天気が悪いと分かっていてもどうしても行きたい場所があり。

メンバー:師匠、山猿
スキー :ワタリガラス184cm

予報通り、時折雨や、風が吹いていた。ひどくなれば撤退も視野にいれての行動
今回は二人なので、すべて行動が早くて、かつ迅速な対応ができた。

ということで、見たかった景色、滑りたかった斜面にどうにか行けて◎

数日前から暖かい天気だったのでザラメがありつけるかと思ったけど、、
癖のある雪だった

所々引っかかる雪、斜面も凹凸があり、思いっきり攻めれない。
もしかしたらグサ雪かもと思いワタリガラス君を出動させて大正解。

ストップスノーもどうにか楽しく滑れるワタリガラス君に感謝。
でも正直気持ちよくない。


帰りはデブリーランドでした。

山はこんな日もあるもんです。

次の日に出動した人から、ザラメサイコーの連絡、つぎこそは、、
コメント

雨朝練

2017-04-08 13:34:00 | 山岳スキー

数日前まで雨だった予報が曇りに変更になった。
アメダス等を確認し、雨に降られること覚悟の上朝練に

メンバー:山猿
スキー :ワタリガラス184cm

久しぶりのワタリガラス君、軽くて登りやすいや
しかし最近体調が良くなくて、すこし登っただけで息切れ。こんな時は無理は禁物


登っている最中は雨ではないけどガスが全体に覆いまわりが見にくい
水とデブリ発生の音のみが聞こえる中の登り

滑走場所に到着してもガスは抜ける感じもなく、
滑り出しはスピードコントロールして滑降

最近ザラメを求めて山に行っていたけど、どうもまだザラメに会えないということで
ゴボる雪でも滑れるワタリガラス君で出動したのが功を奏して調子いい

以前のカラス君の印象は走るけど、コントロール性がいまいちの感覚だった、けど最近はコントロールもしやすくなった感じ

少し前から感じてはいたけど、、、なんでかなと、、

よくよく考えるとワタリガラス君の走る感覚が楽しくて、ワタリガラス君の板で気持ちいいい滑りを他の板にも応用してすべっていた自分がいた
どうもワタリガラス君がすべりやすい滑り方に変わったのがうまくいったのか?
それが本当かどうかは今後いろいろ確認したいなと

一本滑ったところで、ガスも強く、視界不良のためスピードを抑えた滑りしかできない、また雨の粒も大きくなってきたので退散

やっぱ山に行くと落ち着きます。
コメント

雪山

2017-04-01 21:32:33 | 山岳スキー

今日は午後からお出かけしたいので午前中限定でお山に

メンバー:山猿
スキー :激重プンプク丸 176cm

今年は去年より雪が多いのでシーズン長くなりそうで助かる。
この時期はみんな北上する時期だからなのか今日の山はとても静か

当初早起きして出動するつもりが、二度寝して出発遅れる
しかし当初予想していたより山の雪の緩むのが遅く、カチカチ状態で楽しく滑れる状態ではなかったので遅く出発して結果オーライ
全然雪が緩まないので、時間調整に頂上までお散歩してからのライド


雪が緩まない。せっかくなので今シーズン行ったことないラインを滑る。
固いところと緩んだ所が混在してのラインであり気が抜けなかった。

登り再開をすると、確実に雪が緩んできたのが実感でき、次回に期待したがまだ雪の緩みが一定でないのでセーブしてのライドとなった。

ザラメを期待しすぎてカービングを意識した滑りになっていたが、雪質が読めないのでズラシを多用した滑りに変更したところ
面を意識すると滑りやすかった。

調子をこいてスピードを上げるとトップが引っかかり転んだ、、、転ばなかったらすごく気持ちいいライドだったなのにと
なんでもうまくいかないものです。

すこしでもザラメを感じたくて昼になるギリギリまで山にいたけど、おもったより山は暖かくならずでタイムUP

この時期の最適な雪を当てるのは難しいです。


途中で見えた雪庇と雪崩の跡

今年に限らず、知り合いの方々から「雪山、雪崩に気を付けてね」とのお言葉
ありがたいです。気を引き締めて雪山に行きたいと思います。
コメント