自然の慣性に身をまかせて

自然から得られた重力と遠心力をスキーでいかに推進力に変換できるか楽しんでいる山猿510の記録です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

さよならパウダー?

2013-02-23 15:27:49 | 山岳スキー
笑顔はいろんな人を助けると思う山猿です。

メンバー:しゅう爺さん、山猿

今日は気分を変えて、探索系で

まったく初めての場所をえっちらほっちら


今日は天気が悪い予報だったけど、こんな明るい時も

初めだけど、ここの場所はすごくよく、オープン、林間、天然キッカーもあり楽しめる場所多数、
ここを我らTGRと勝手に命名

しかし楽しいだけじゃない
雪庇の弱層らしきところが一気に崩れて、雪庇の残骸が落ちた斜面はかるい表層雪崩


やっぱり山は慎重に行かないと

こんな探検系もいいものです。


今週も雪ということで、パウダーゲットしに来たけど、
今日の雪は既に重い雪。
帰りはポカポカ陽気??

もうパウダーお別れなのかい?
お別れするには早すぎない?パウダー君


2月24日追記
しゅう爺さんからいただいた写真です。しゅう爺さんいつもありがと
今回は山スキーですごく大好き&大切な仲間のウェアーカラー的のスタイルでの登場
その山仲間が登場の時はこのウェアーでは登場しないので、このスタイルは限定的にしか出ない予定
やっぱ青、黄色のスタイルはあの人のトレードマークですから!!




最後の天然キッカーでは3を失敗し、顔からダイブ!!
やっぱり飛びは基礎ができていないみたい
天然キッカーでうまく3出来るようになりたいな
コメント

AVENTURA正式発表

2013-02-21 20:44:23 | 物欲(スキー)
伴さんのNarrows BLOGに正式に2013ー2014VGモデルがUP

写真等簡単に転用できるけど、VGにかなりの敬意と尊敬の念があるため、あえて今回は転用はしません。

そしてあればいいなとおもっていた山スキー用のオールコンディションモデル AVENTURA
対象がガイド、カメラマン、パトロール等、

きっとこれ佐々木 大輔さんモデル?

私はメタルより、グラス使用の178が気になる
センター100とは一番使いやすいサイズ、サイドカーブが少々きついけど
フロントロッカー、キャンバー、セットバック、ストレートテール。

こんなプロフィールの板本当に期待していた。

ストックも気になる

あとは価格だけど、、、やっぱり安くはない。
がんばって貯金しようかな?

VGは理屈関係なしに好きなブランドです。
やっぱり惚れる板に乗りたいものです。
コメント

スーパードライなカブトムシ

2013-02-17 20:51:52 | 山岳スキー

山はやっぱり楽しんだもん勝ちだと強く思う山猿です。

メンバー:しゅう爺さん、BUNさん、HMDさん、MTMさん
スキー :ゴータマ

今日もカブトムシに行ってきました。
今日は天気もよく
白山、加賀方面の海もくっきり見えた



そしてこんな素敵な斜面


それに加えて福井ではありえないスーパードライ

しゅう爺のパウダー煙の大きさは北海道かと思わせる雪質

そんな中今日はHMDさんの滑りが際立っていた

やっぱりこの人絵になります。

そしてミスターテール滑り健在です。

この人もスキーの楽し方は超エキスパート。やっぱり山はこうでなくっちゃ

そしてNEW板 チャーターと相性良く、ぶっ飛ばすBUNさん、終始こんな感じ


今日は天気もいいので、勝山も綺麗に見えた

こんな素敵な福井に住めて、私は幸せです。

そして、帰りに早速塩ビパイプのキャップを山仲間の助言を頂き、ムサシで買ってきましたとさ!!

2月18日追記
しゅう爺さんから動画からの切り抜き写真いただいちゃいました。

天然のハーフパイプがあったので、エイッと当て込みのまね


パウダーでも走ります。ゴータマ君!!


なのでこんなスプレーも、、
(スプレー量は、しゅう爺さんには負けますが、、でもそんなしゅう爺さんもゴータマ乗り!!)

ゴータマは、パウダーで安定し、かつ走るいい板。
物欲マスターの山猿をもってしても、他の板がいらないと思わせるゴータマ君すごい!!

でも今回は、前日イエローのアイロンワックスをかけたのに、あまりにも雪が良すぎて(冷えすぎて)、ワックスが合わなかった

しゅう爺さんに塗るワックスを借りてから、すごく滑りやすく、加速した。
ワックス選択の重要性も勉強になった。
コメント (10)

重役出勤の甲

2013-02-10 20:44:10 | 山岳スキー

IWAさんの事故から一年が経つけど、未だにIWAさんのブログを見てしまう山猿です。

スキー:ゴータマ

土曜の荒島で癒され、家に帰って、アルコール接種ですぐ寝てしまった山猿。
日曜の朝8時以降にのんびり起きると、山仲間が甲に午前中のみ行っている情報を入手!!

軽く寝坊。やっちまった。でも行きたい。う~~~ん。と考え、とりあえず朝食を食べ
嫁に「山に行っていい」とダメモトで聞くと、「好きにすれば」と、、、
遠慮無く好きにさせていただく??ことにし、早速支度!!

嫁から「狂ってるんじゃない」とのお褒めの言葉を頂きつつ、9時頃出発

勝山に入る前に、甲方面は結構なガス

あとから、山仲間に聞くと、やっぱりその頃は雪だったとのこと、

9時という時間帯で、スキージャムに行く車で、かるい渋滞が!!!
急ぎたい気持ちもあるが、行きに事故を目撃していただけに、心を沈ませ、焦らず運転
ということで、どうにか事故なく登り口到着。

すでに6台の車!!
軽い重役出勤!!

10時にシール登行開始
既に6台も車があるので、ラッセル知らずというか、高速道路

先行者に大、大、大、感謝

ノンストップで登っていると、山仲間がちょうど滑降中
写真は無いけど、気持ちいいスプレー上げていたのを見て、テンションUP
すごくかっこよかったな~

今日は午前中のみということで、頂上は行かず、適当なところで1本滑降

山仲間は既にボトムまで滑降し、次のステージに移動しているのと思われるので、
一人ですぐに滑りたい気持ちを抑えて、落ち着いて滑降準備

でもTLTがすぐに履けない。やっぱり興奮し、焦っていることが、自分でも分かり、どうにか気持ちを抑えようと必死。

そして1本のライド。
甲であんな長い一本をノンストップで滑ったのは初めて。
あまりにも気持ちよく、単純に楽しみ終始奇声を挙げて滑っていった。
(後から恥ずかしくなったりもして、、、)

そしてボトムには、なんと仲間が待っていてくれた。
なによりも嬉しかった。

気持ちいいライド&素敵な仲間=思わず雪の中にダイブ!!

本当に幸せだった。

あまりにも気持ちよく、滑った記憶がない!!
こんなの初めて!!

こんな素敵な山仲間に出会えて本当に幸せものだと思った。



でもいつもの山仲間で来ていない人もいたりして、
やっぱりみんなで滑りたいなとも思ったりもする。


ゲレンデなら何本も滑れるのかもしれないけど、
やっぱり山の1本の方が、私は好きです。


コメント (2)

荒島の山に包まれて

2013-02-10 19:26:25 | 山岳スキー

ユニクロが本格アウトドアブランを立ち上げたら面白いな~と思う山猿です。

土曜に荒島の山の神に優しく包まれました。

メンバー:しゅう爺さん、Bunさん、Hさん、Tさん
スキー :ゴータマブラザーズ

今日は、しゅう爺さんが購入したゴータマと一緒に滑れるという記念の日でもありました。

晴れてゴーダマ兄弟、弟もかっこよく嬉しいです。
しゅう爺さんもゴータマを楽しんでくれているみたいで、同じゴータマ乗りとして嬉しい!!

そして今日は福井ではあり得ない、スーパードライ

こんな結晶が見えるのは、ビックリ!!
おかげで、登りのシールで滑る、滑る

こんないい雪質があるということで、当初北尾根を滑る予定が、急遽変更で、、、


こんな素敵なツリーの中で、、




北尾根のオープンもいいけど、やっぱりツリーも好きだな~
特に、起伏のあるバーンはワクワクしちゃう

荒島の山の懐で、ちゃっかり癒されてしまいました。
やっぱり、山は癒されます。


P=しゅう爺さん R=山猿

なめらか~なめらか~ なのだ(笑)


そして、なぜだか日曜日も、、、
コメント

自分の中でVolklが密かに熱い

2013-02-06 21:07:24 | 物欲(スキー)
パウダーが恋しい山猿です。

ゴータマ君がかなり気に入っており、そのゴータマ君を作ってくれたVolklがすごく好きになっちゃいました。

でもゴーダマだけではなく、Volklというメーカー自体も好きなのかというと、フルロッカー、サイドカーブのきつくない板
を徹底して作っているからです。

世間では、複合ロッカー、最後カーブがきついというのが、板の売れる絶対条件のような感じで
どのメーカーも今はその板をメインにしている感じがします。

でも私は経験上パウダーでは、キャンバーなし、サイドカーブが緩いのが自分の滑りの指向性にすごく合っています。

そんな板をラインナップの一部に入れているメーカーはいっぱいあるけど、
フルロッカー、ゆるいサイドカーブをコアの技術として作成しているメーカーがあの老舗のVolklというのが
Volklファンになった動機です。


一方Volklは昔は、サヌーク、ゴータマとパウダーの太板の代名詞だったのに、今はあまり名前が出てこない!!

ということで、Volkl太板の知名度を上げるべく、私勝手にVolkl2014特集しちゃいます。

情報源は
 
newschoolers.com
freeride

から、いずれも海外の展示会での情報っぽいです。

まず気になるゴータマ君は来期も健在で一安心

Shiro (151-119-135), Gotama (139-107-123), V-Werks Katana (142-112-132)

ちなみにV-Werks Katana はカーボン柄のデザインであり軽そう、またポケロケのような形状がいい!
シールフックもあり、あの穴があればスキーで簡易な担架ができる感じでGOOD


そして来期の注目はこれみたい

赤→Two (146-124-138) 青→ One (138-116-130)
フリースタイル用らしいです。

既にVolkl internationalではオフィシャルに記載してある

かなり力の入れ様、

フリースタイルとして、むかしフルロッカーの極太チョップスティックがあったけど、グラフィックのインパクトは
すごかったものの、自分試乗した時は滑りにくい板のイメージが強かった。
サポートライダーの評価も「まるで、重戦車のような板」と表現していた。
ある意味性能の尖った板だったと思う。

それから、ゴータマ、シロ、クロで得た知見を元に、再度フリースタイルの板を登場!!
今度はパーク、圧雪、パウダーなんでもござれらしいです。

なによりPLAYFUL=遊び戯れる ってのを一番の売りにしているのが、いい

だってパウダーでどんなおもちゃ(板)で遊ぶかっていうのが、パウダーの全てでしょ!!

ちなみに、イタリアで行われたFreeride World Tour Contest で、twoを使った人が優勝したみたい。


個人的にtwoの186CM(146-124-138 R=28.2)が乗ってみたいな
volklのhighロッカーで、186cmは、考えるだけでも楽しそう!!

でも、もう買いませんよ!!来年は!!たぶん、
コメント

レストな休日

2013-02-02 10:07:23 | 物欲(スキー)

R=山猿 P=しゅう爺さん L=銀

世の中にはだめな(使えない)スキー板など存在しない
あるのは、自分の指向性に合うか、合わないだけだと思う物欲全開の山猿です。

今週は雨でもあり、久しぶりにスキーのしない週末です。
やっぱりスキーをしないと無意識にストレスを自分で感じているらしく
嫁には、「不機嫌な感じださないで」と言われました(笑)

そんな中、世の中はもう来期モデルの話がちらほらと、
USではSIAの展示会
日本では、契約ライダー、試乗会で来期の板が

国産の好きなメーカーからかなり注目の板がでる噂やら
ドイツのメーカーからも面白い板がまた出るとか

ネット社会は、情報がすごい早い!!

その中で、ちゃんとオフィシャルサイトから、サーフェースのLAB来期カラーが


3Dは気になります。

でも今はパウダー用板は、ゴータマとEHPで十二分に満足しているので
購入よりも滑りを、もっと磨きたいと思う

そういう意味では私の超尊敬し、かってに師と仰いでいるHOJI氏が2013 POWDER AWARD のBEST LINEを受賞した記事の方が
来期のモデルより気になる
詳しくはパウダーマガジンにて

やっぱりHOJIさん、すごい

昔エリポラさんが運営してるニンバスで、少しだけ出ていたHOJIの縦に落ちるパウダーライドがすごく衝撃的で
今でも鮮明に記憶にあり、あの滑りを目指している。

HOJIはかなりいろんな板を出し、来期も出すかもしれないけど
原点と思われるEHP186を持っていることに、幸せを感じる

レネゲが出ることが確定していたときのEHPの広告が、「EHP is still the best」
は私が今でも思っている気持ち。

EHPと、ゴータマで、北陸の山に綺麗な絵(LINE)を描けるようになりたいな
コメント (2)