自然の慣性に身をまかせて

自然から得られた重力と遠心力をスキーでいかに推進力に変換できるか楽しんでいる山猿510の記録です。

ドルが!!!ユーロが!!!!!

2012-05-30 21:58:22 | 記事
ドルが80円を切り、ユーロが100円どころか98円の前半まで来ている!!
今まさにTLTも買うチャーーーンスなのに



いつものサイトにはSTのブレーキ100mmだけがなーい


なんて買えないのに気にしてみた。


まだ心はスノーシーズンです、というか年中スキーのことばかり考えています。
コメント

琵琶湖ポタリング

2012-05-28 22:13:59 | 記事

人生初めてのポタです。そしてバイクで琵琶湖に行くのも

メンバーはいつもの山スキーメンバー:しゅう爺さん、浜田さん、まっちゃん

今回は飲み会を楽しくするためのポタリングということで、のんびり奥琵琶湖周辺ライド
出発は道の駅しんあさひ風車村からスタート

すごく景色もよく、いろいろ高級な車が朝からブンブン走っています。
私の好きなNSXもいたので、思わずパシリ


まずは奥琵琶湖パークウェイまでのんびりライド

そして登りはちょっぴいつらい奥琵琶湖パークウェイを行き

奥琵琶湖でまったり休憩

そのあと塩津街道方面へ下ってのんびりランチ
周辺で楽しそうに釣りをしている人たちもいた


そのあとマキノ周辺までいき

メタセコイア並木でパチリ


バイクとメタセコイア並木は絵になるな~

あとは風車村に戻る

そしてうやっぱり最後はぶっちぎちゃう まっちゃん


今回のメインイベント、飲みということで、新旭駅周辺でいい居酒屋をみつけて
豪快にお酒をグビグビ、

いいお店+楽しいメンバー+適度な運動でサイコーにおいしかった。

現地で充分睡眠をとって早朝に福井に帰宅後、家族で石川動物園でポタリング

長男は昔ゾウ大好きだったなーとか

ヒョウをみてDynafitのマークだ!TLT radical STのオレンジバージョンほしいいな~と思いながら家族で楽しい時間を過ごせた

なんだか充実した週末だった。ポタリング面白い

今度は琵琶湖一周してみたいな

なんだか充実した週末だった




コメント

ストックについて考える

2012-05-20 14:17:50 | 物欲(スキー)
あまり重要視されていない感じがするストックについて、私なりに最近感じたことを書いてみる。

山スキー、パウダーをする前は、そこそこ軽ければいいと思っていたストックです。
しかし山スキー、パウダーをしてからは少々考え方が変わりました。

まずパウダー、そもそも重心はやや後ろで滑ります。
そこで少しでもストックの出し方が遅いと、それが引っかかる形になり、滑りの体制が崩れてしまいます。
逆にストックワークがしっかりしていると、そこそこ地形が凸凹していても体制が安定します。

そんな意味で軽いストックというより、スイングのしやすいストックは重要に感じます。

これは春の山でも実は同じ、かなり地形が凸凹している時は、ストックでしっかり体制をキープ → コブ斜面と同じ考えです。
このことを肌で実感したのはこの下の写真のストックからです。

上:ガイド(LIFE-LINK)570g
下:不明(blackdiamond)???g

以前はブラックダイアモンドの物を使用していたけど、雑誌で見るLIFE-LINKの赤いバスケットにあこがれて楽天ポイントで通販購入
ということで赤いバケットも交換


持ってみるとLIFE-LINKは少し重い程度なのでいいかな~と思っていたけど、いざ滑ると、なんだかスイングウエイトが重い。

ということでブラックダイヤモンドを再度つかうとやっぱりブラックダイヤモンドの方が振りやすい。
結構使ってみないとかわらないものがあるんだなーと実感。なにより滑り心地よさが違った。

でもブラックダイヤモンドで別の問題発生。ストックがすぐ縮んでしまう。

ONYXはつま先にあるブーツとの接合部をストックで押すことにより履くことを可能にしている。
DYNAFITはスイッチのオンオフのように、単なる開閉の2パターンしかないが、ONYXはオンオフ方式ではなく、押す力加減で解放量が変わる
これが誤解放を防ぐONYXの最大の魅力でもあるが、かなり力をいれないと開かないというデメリットもある。
(ということで、女性版のRubyがでたのだと思う)
このONYXをブラックダイヤモンドのクリップ方式で解放を試みると、ビンディング解放する前に簡単にストックが収縮してしまう。
はっきり言って、使い物にならない。

これはコブ斜面を滑っていたときも、同じ現象があった。
ということで、なんだか不満足な状態。自分の求めるストックがほしくなった。

ということで自分がほしいと思うストックをもう一度考えてみる
1)スイングウエイトが自分にとっていいもの
   → これ重要、みんなが使いやすいではなく、自分が振りやすいもの
2)強く突き刺しても伸縮しない
   → そもそも伸縮タイプは自分の山スキースタイルに必要ないこともわかった。
3)ストックがゾンデ棒(プローブ)になる
   → やっぱり知人に何かあったとき、自分はもちろんザックに持っているけど、回りの人がもっていない場合は貸すことができるから
4)見た目がいいもの
   → 赤いバスケットが使える物というとLIFE-LINKかな

でいいなと思ったのが、LIFE-LINKのAC/BC

ベクターグライドの秋庭さんスイングウエイトがよくて使用していると雑誌でみたし、長さも5センチ単位で調節できるみたい。

東京出張の時、実物を確認して、もし自分にとてスイングウエイトが調子よければお金もないので、楽天ポイントをためて購入しようっと思う。

ちなみに山スキーで便利なストックといえばウィペットセルフアレスト(ブラックダイヤモンド)

だと思うけど、滑降中に転んで、自分に刺してしまわないか心配だという人にはこんな便利なストックが

グリベル コンドル(重量  450g)


これがスイングウェイト軽くて、伸縮問題もなければ、これもありかも、なにより軽いです。
コメント (4)

白山すべり納め

2012-05-14 22:31:06 | 山岳スキー

P=Fumiさん


やっと行けました。今シーズンの滑り納めにふさわしい地元 北陸のシンボル白山。

メンバー:Yamadaさん、Fumiさん、みっちゃん、私



GW前に2週連続の出張がたまたま重なり、予定がうまく組むことが出来ず、GWどころか一ヶ月ぐらい行っていない山スキー

そもそも私の中では一大イベントだったGWの山スキーを初めてどこも行かなかった。
自分の中では、かなりありえないGW

そんなこんなで、山スキーがどうしても行きたいと思っていたら、山田さんが白山に行くことを教えてもらい
嫁に行っていい?と聞くと快諾渋々OKを頂く、やったね

ということでYamadaさんに無理をいい参加させてもらうことに

今日は市ノ瀬からのスタートということで、まずは自転車からの5時スタート

知り合いに安く売ってもらったM4 Stumpjumper、ブレーキを油圧ディスクに買えたりして自分好みに少しずつ変えたマッシーン
登りも、下りも楽ちんだった。やっぱマシーンって重要と実感。(でもお金ないからもう買えないけど)

それ以上に素敵なマッシーンを発見

(写真は承諾の元掲載しています)

本当にかっこよくて「かっこいいですね」をうるさいぐらい連呼していた。
男女で来ていた方だったけど、マシーン以外にも、ザックもかなりつかいこなされた年代ものだったけど、
それがまた格好いい!!最新の物もいいけど、味のある年代ものをしっかり使いこなしている姿に頭が下がると共に
自分も道具をしっかり管理して、そんな使い方が出来る大人になりたいな~なんて思った。

別当でMTBをデポし、そこから板を担いでの登り、正直疲れるので、一番嫌いなスタイルです。

中飯場1600付近まで雪ないよ、と事前にまっちゃんから聞いていた通りで
今回は1600よりもうすこし上まで板担ぎ。結構しんどいかった。

担いでいた板をおろし、シール登行。
やっぱシール登行は楽だなーと思っていたら。
山スキーで登るより、ツボ足+空荷(板を担がない)で登る方が、かなり楽とみっちゃんに教えてもらった。

えっっ!!そうなの!!知らなかった!!教えてもらうまでシールの方が楽だと思っていた!!
知らないっていいこともあるんだ、と意味もなくポジティブとして理解?してみた。

新装開店した甚ノ助でしばし休憩した後、巨大トラバース&エコー直登のアトラクション

P=Fumiさん

予想していたより雪も緩んでいて登りやすいけど、やっぱりなかなかのアトラクションであった。
やっぱり白山飽きさせません。

エコーの後、いろんなお話しながら和気藹々と楽しく登り、室堂休憩後に、みんなで頂上にレッツGO

雪のあるところまでシールで登り、あとは岩場をえっちら、こっちらで頂上到着

P=みっちゃん

そして楽しい記念撮影



当初室堂までかも、と聞いていたので、みんなで頂上まで行けて嬉しかった。
そしてやっぱり山は体力より、そこに行きたいという気持ちが重要だということをみんなに教えてもらった。

私は基本スキーがしたくて山に行くのでピークハンターではないけど、白山だけは特別でやっぱり毎年頂上に行きたい。
そんな願いも今回叶えることができ感激。みんなに感謝です。

神社にお祈りをして

P=みっちゃん

あとは本題であるお楽しみの白山スキー場で豪快にすべりを満喫
トップページは頂上付近から室堂まで滑降出来るポイントからの別山背景という私の白山の中で一番好きな背景ポイント

この写真が撮りたくて、白山に行ったといっても過言ではないぐらい、この景色好きです。

実は滑降だけ考えるとコルドバ君だと思い、どっちにするか悩んだけど、これからいろいろなところで滑るつもりのWAYBACK君を白山まで持って行き
白山の神にWAYBACK安全祈願をして、この写真姿を取りたくてあえてWAYBACKにした。
(でもコルドバ君を持って来ている山スキーヤーを見つけてしまい、ちょっと羨ましかった)

ということで別山 with WAYBACKの写真が撮れて大満足
(Fumiさん写真ありがとうございました。)

滑降はほどよいザラメに歯ごたえのあるストップスノーがところどころにあるなかなかのテクニカルバーン。もちろん中間部には縦溝オプションも
やっぱり白山は楽しい味のある斜面を演出してくれます。やっぱり白山スキー場、期待を裏切りません。

こんないいバリエーションバーンだったけど、今回はうまく白山のバーンに綺麗な絵を書けなかった。
板の性能も引き出せなかった。ごめんよWAYBACK


もっとうまくなりたいと思ったけど、そう教えてくれる白山はやっぱりいい先生
また来年も来て、来年はしっかり綺麗な絵をかけるように練習しよっと思った。

翌日はほどよい筋肉痛&いつもの踵ベローン。でも心はシアワセ
今シーズンはもうこれでおしまいとなりそう。

どうにか今シーズン怪我もなく、無事シーズンが終われそう。みんなにほんと感謝です。
そして来シーズンはもっと楽く山スキー出来るように、これからオフシーズンのトレーニングの開始です。

ビールの誘惑にまけないようにしないと







コメント (8)

ARC'TERYXが来たー

2012-05-08 21:26:34 | かまけし
出張続きで、なかなか山に行けず、ストレスが溜まりまくっていました。

でも


とうとう高嶺の花 アークのスキーパンツが家にやってきて一気にテンション

私の場合スキーパンツは消耗度合いがひどく(ただ単に使い方が悪いだけでもあるのですが)、摩擦で3~4年でゴアのメンブランがやられてだめになる。
ということで いつも費用対効果のいいモンベルのそれも型落ちセール品を探して購入していました。

でも購入するのはいつも、グレーか黒。
この色自体嫌いじゃないのですが、なんかもっと色があるズボンを履きたいと思ったのが、購入のそもそものきっかけ

そこでおフランスのサイトでアークのスキーパンツがモンベルのパンツぐらいの価格で購入できることを発見。
早速購入したく、しかしアークは購入したことすらないので、東京出張の際、アークのパンツの適正サイズを確認しにいくと
自分が購入するつもりのないビブタイプのオレンジを偶然発見、そして履いてみるとサイズ、動きやすさ、色のきれいさで全て◎

特に自分が着ないオレンジというのをあえてチャレンジしたくなってしかたがなくなってしまった。

でもその店での販売価格はモンベルパンツ3本分の価格。←絶対買えない。

大好きなおフランスのサイトにはこのビブタイプはない。

一方アメリカでは在庫もあり、通常価格がそもそも安く、そしてさらにそのモデルは今期が最終モデルらしく、アメリカの通販では3割引
このダブルパンチでモンベルパンツと同価格になっていることを発見もう買うしかない

しかーし自分が購入する時には、自分のサイズのに在庫はなくなっていた


在庫がないことが分かっていても、ほしくて、ほしくて、そのサイトを毎日見ていたら、、、、、

なんだかたまに在庫が入ってくることが分かる

私のほしいスボンのサイズが在庫に上がることを毎日チェックし続けること数週間後に奇跡的に在庫ありの表示を発見








































ぽち






やっちゃいました。ということでモンベル価格でアークをゲット
もちろんアークは海外から直で購入できないので、アメリカの知り合いにお願いをして、その人の所にまずは送付
そして知人がアメリカから日本に帰って来る時に持ってきてもらったので、
送料+通関手数料=0円

そんなこんなで、貧乏サラリーマンでも、どうにかしてアークを手に入れることができました。


もう今シーズンは使うことはないから、来シーズンに投入するつもりだけど
今から楽しみ。



コメント