自然の慣性に身をまかせて

自然から得られた重力と遠心力をスキーでいかに推進力に変換できるか楽しんでいる山猿510の記録です。

祝1301年

2018-09-23 22:38:32 | バイクライド

山スキーのためにシーズンオフはトレーニングが必要だけど、シーズンオフの期間が長く練習のモチベーションを維持するのは難しい。そのモチベーション維持のためにシーズンオフの間に目標を作ると頑張れるのではと思い。今年も自走をしようと

しかしその目標が自分にとって辛すぎると感じ、目標に潰されそうな感じになったので、それなら早く行こうと、、
なにしてるの俺、、、て感じ


今年もTEAM中角の出発点から

父の背を見て子は育つ、じゃないけど子供に父のチャレンジを見せる。なんてなればとほんの少しでもおもってたけど
出発前には家族からは危険な行為をすると怒られ、、父ショボン

モチベがあがらない中、スピードも上がらず
でも登りが始まると練習の効果もあり、登りが楽しくなる。

月明かりもあるので、前回より安心。でも明るさでいうと一回目が一番だった。


無事1回目の登りセクション到着


ここに来るとすごい車の台数とバスを待つ人でいっぱい。
登山って流行ってるのと思うぐらい。
そういえばこの頃は夏山はあまり行っていないから登山の情報知らないんだ

ここからのバイクでは足が回らなくなったので、先輩の助言を思い出し坂がきついときは無理せず自転車をおしたりして無事自転車前半の部終了。

登りは渋滞しそうだなと思ったけど、登山口までにバス2回だけしか抜かされなかったので、登り口には人が少なくラッキー

自転車に別れを告げて登りスタート


途中に雲海が見れて素敵。岩の上で立っている人がかっこよくて思わずパチリ


この上に着た時は本当にほっとした。


大好きな景色は今日も健在


この場所でのこの人の多さに正直びっくり。


少し紅葉も始まり素敵な景色にうっとり、夏はこの景色の方が一段と好きだな


下りになると登りと下りの人で人が多かったけど、大きな渋滞もなくすんなり下山できた。


自転車君と再会。最後の登りセクションが不安。頑張れるように登りの前に甘味処を摂取しようと思ったら、道の駅でソフトクリームを食べる人を見ておもわず購入。これがうまかった。復活もできた。感謝。


登りも無事にでき一安心。


去年購入して美味しかったりんごの焼き菓子が今年も売っていた。家族分の数だけあったので思わず買い占めて
家でみんなで食べるためにお持ち帰り。


残りの平地はもうヘロヘロで気力だけで帰った。

この遊びができる環境に感謝。


メモ
 夜のライドは寒いので冬用のグローブ必要。
 日焼け止め
 
コメント

祝1300年

2017-09-26 16:00:00 | バイクライド

祝1300年



こんな素敵な年に行かなくてわと、自走
もちろんTEAM 中角としてはスタート、ゴール地点は決まっています!

本当はまだトレーニング足りなかったけど、天気大優先で予定より前倒しで単独決行

この景色の場所に行けた喜びとともにパシャ

夜間ライドは動物たちとの遭遇→衝突が心配でした。
物音、光る眼がいっぱいあり、ほんと怖かった。

明るくなり始めた時は本当に安堵した


大好きな景色は健在

秋風と日陰で涼しくすごせました。

登山途中にすれ違う人たちとお話すると一泊していた方が多く、夕日などいろいろな山の顔を見てのんびりと山を楽しんだみたい。
今回時間ばかり気にしている自分と比較するとその方々はなんだか山を心底楽しんでおられるような感じがした。
やっぱり楽しまないとねということで、時間は二の次で山を感じ、楽しんだ


なんとも素敵な植物たちもいて、やっぱ山は素敵


そういえば山スキー仲間が食べているものを今回導入、、これ生き返りました。

帰りのバイクライドで最後の登りの前のご褒美として楽しみにしていた当初の甘味処のお店がすべて閉店日、これかなり凹みました。
もちろんご褒美なしの登りはバテバテでした。

登り坂も通過したけどアイス購入を求めて初めて開店していた店に行くと、なんとリンゴの焼き菓子が、、、
なんか懐かしい味でもあり、本当に欲していた味で、思わずお店の方に感謝してしまった。旅のいい思い出ができました。

帰りのバイクライドも記録が気になり、スピード重視で、この大切な時間を楽しむことに忘れてしまう自分に気づく
やっぱり楽しないとね、、ということでこの企画の〆を噛みしめるライド


無事完走 うれし
コメント

秋の海

2017-09-18 16:51:41 | バイクライド

涼しくなり、海、山から吹く風が気持ちいい。海の景色に癒されました
コメント

時の流れ

2017-08-27 18:37:43 | バイクライド

今シーズンの山スキー終了から、気が付けば結構時が経っていました。

もう夏も終わろうとしている今日この頃

夏までに行きたい場所に行くことができました。
昔だったら練習の一部だった場所。でも今は年齢とともに体力低下で、行くのに勢いが必要になった。

当初いつものように朝ライドするつもりが寝坊、、、、結構凹む
お昼は子供からリクエストあった場所に行き家に帰ると、夕食までの時間があったので夕方にライドすることとなった。
子供も大きくなり、子供だけでもお留守番できるようになった。昔では考えられない。うれしいような、かなしいような複雑な気持ち

目的の場所はまだ足が完全に出来ていないので不安でしたが、最近の背筋トレーニングの効果があり登りやすかった。

背筋は結構効果ありますね。


そしてヒルクライムする前に、そこに住んでいる住民の方に「イノシシの親子さっきいたから気を付けてね」と
昔は無知だったので軽視していた。今は危険であることを認識しての行動を心掛けてのライド。

ビビりながら、なにかあるときにダッシュできるように登りの体力セーブしながらのライドができたのも、結果いいトレーニングになったなと

でも下りでこの子を見て、やっぱり気が引き締まりました。

コメント

まったり

2017-07-08 16:21:15 | バイクライド

うまく時間ができて、まったりポタ
行きは川と滝から来る涼しい風が気持ちよく、帰りは透き通った川と新緑が美しく自転車やっててよかったなと思える素敵なポタが出来ました
コメント

家から登山シリーズNo2 白山

2013-09-23 16:41:37 | バイクライド

最近コンビニのドリップコーヒーにはまっている山猿です。
特に好きなコーヒーはセブンイレブンの100円アイスコーヒー。
100円という缶コーヒーより安い価格がまず○
そしてエスプレッソのような濃い深い味わいで◎

近くのセブンイレブンでもアイスコーヒーの氷が完売するときもあって
結構人気があるのがわかります。

まえおきが長くなってしまいましたが、

今回は自力で山に行こうという
「家から登山シリーズ企画」です。

登山をするといつも「やっぱり自分の足で登るから楽しいんだ」と思っていたのですが、
でも登るのは登山道だけ、、本当に自分の足で登るといえば、自分の家から登るのが筋じゃないか?
と思いが年々強くなり、いつかは家から登山をしたいと思っていました。
本当は全て歩きがベストなのですが、それはさすがに時間がないので、
自転車をつかっていつかは行こうということで前回の第一回は経ヶ岳でした。
そして記念すべきNo2は「白山!!」
出発地が中角橋と言えばやはり、Fumiさんももちろん一緒です。

実は二人とも白山に自走で行くことが、お互いの夢であったので、すごく楽しみでした。

またそのための練習についても、本来の目的は山岳スキーのため。でも冬まで山岳スキーだけの目標では、練習が怠けてしまう弱い心の持ち主なので、去年は琵琶湖。今年は自走白山を目標にして、かなりサボり気味の朝練だったけど、どうにかモチベーションと目標をもって練習もできた。
そう思うと、自走白山の目標ができたこと自体にも価値がすごくあった。

またグリーンシーズンの本格的な企画は今シーズンはこの白山のみ
本来なら家族の行事等でこの企画自体いける状態じゃない中の企画決行

私の強引な行動にどうにか嫁も了承はしてないけど、行ってこればという言葉をもらい感謝
嫁は家族のことばかりで自分のことはまったくすることすらできない状態を考えれば
そして貴重な家族と過ごすべき三連休の中日に行かせてもらうことに
本当に感謝しなければと思う。

今回の白山は自分の長年の夢が叶ったこと自体にすごく、すごくうれしいく、自分の記憶の中にしっかり染みこんでいるので、記事はあまり詳しく書かないかも

というこでとりあえず写真をぺたっとだけ。












打ち上げの焼き肉&ビールは本当においしかった。

最後にこの企画を一緒にしてくれたFumiさんありがと
(写真もありがとうございます。かなり使用させていただきました)


仕事、プライベート等で思うように練習ができなかったのに、モチベーションでのりきったFumiさん
当日はヘロヘロといいながらも一度も弱音を吐かず、がんばったFumiさん

かっこよかったです。


コメント (6)

家から登山シリーズNo1 経ヶ岳

2012-09-20 20:55:43 | バイクライド

なぜだか雑誌を後ろから見てしまう山猿です。

今回は自力で山に行こうという
「家から登山シリーズ企画」です。

登山をするといつも「やっぱり自分の足で登るから楽しいんだ」と思っていたのですが、
でも登るのは登山道だけ、、本当に自分の足で登るといえば、自分の家から登るのが筋じゃないか?
と思いが年々強くなり、いつかは家から登山をしたいと思っていました。

本当は全て歩きがベストなのですが、それはさすがに時間がないので、
自転車をつかっていつかは行こうと思っていたところ、以前白山山スキーでご一緒したFumiさんがなんと
住んでいるところが近いということでFumiさんに一緒に行くことを御願いしたところ、
パワー満点のFumiさんからOKを頂き、今回はまずは経ヶ岳を攻めることに

まずは、我らのホーム、中角橋からスタート

5時でまだ暗かったです。

途中からみっちゃんと合流して、自然豊かな六呂師を自然を楽し見ながらクライムUP


途中でミヤマクワガタを見つけて、テンションUP
しばらく私の自転車に乗車

今回の登山口までのクライムUpはなかなかでした。
そんな中、みっちゃんはスイスイ登っていく

みっちゃんかっこいい!!

そして我らが自転車師匠は、こんな重い荷物でも、

そして睡眠3時間でも、登ってくる、やっぱり私の自転車師匠です。
師匠の足にすこしでも近づくために、もっと朝練しなければです。

どうにかがんばってみんなで登山口に到着して、登山開始
しばらくすると杓子岳にでてこんな景色が


またすてきな稜線の景色


今まで本でしかみたことない景色で、いつか見てみたいと思っていた景色をこんな晴天で見れて、すごくラッキー
昼前に経ヶ岳到着して、下山したら、中岳にこんなメッセージ

みっちゃんお茶目です。

登山区間では、みっちゃんから、ゼリーとブドウのお裾分け

やっぱり山登りのプロはこんな気配りがすごいです。
ゼリー&ブドウは、疲れた体を元気にしてくれました。感謝です。

帰りは下りを楽しみ。ポタをしてみたくみんなに御願いして六呂師のソフトと、甘味のお店に寄り道


密かにいろんな人のポタをみて、こんなことしてみたいと思っていたので、実はこんな寄り道がうれしかった。

そして最後はみんなでダッシュ!!


そして中角橋に到着でゴール


約9時間のポタ&登山
無事に出来てよかった。

今回の家から登山シリーズで、いろいろ改良しなければならないことがわかり、勉強になった。
なにより、自転車と登山をよく熟知しているFumiさんとみっちゃんと一緒に行けたことは勉強になった。

そして三連休の中日にもかかわらず、今回の企画に快く承諾してくれた家族に感謝です。

今回の件を教訓にまたこの企画ができるといいな

(写真は頂いたモノも含みます。仲間に感謝)

追伸:今回は3日後でも筋肉痛が取れません。もう歳?!




コメント (4)

朝練

2012-08-11 07:14:27 | バイクライド
最高無敵のバイクはママチャリと思う山猿です。

Fumiさんにお願いして一ヶ月ぶりの朝練

すこしは早くなった自分を見せれたらと思いがんばるが、全然スピードが乗らない!!
いわゆる「空回り」

三国までの行きに高速巡航をしようとFumiさんに誘われても、ついていけない

へぼい自分にかなり凹む

三国で休憩したら


帰りはどうにか、足も回るようになり、高速巡航を体験
楽しー

でもやっぱり


もっとついていけるようになりたいと思える朝練でした。

そういえば今日もポタって、言ったような、言わないような

ポタって真剣に練習することなのかな(笑)

コメント (2)