自然の慣性に身をまかせて

自然から得られた重力と遠心力をスキーでいかに推進力に変換できるか楽しんでいる山猿510の記録です。

シーズンを楽しめた感謝のご挨拶

2016-04-10 20:23:32 | 山岳スキー

今シーズンも大きな怪我もなく楽しく山スキーができたことに感謝してお礼をしました。

今回の記事もなかなか時間が取れずに、かなり時間が経ってしまった、、

メンバー:しゅう爺さん、師匠、HMDさん、T2Yさん、Fumiさん、山猿
スキー :ワタリガラス184cm

前日に市ノ瀬までゲートが開くという嬉しい誤算で、出発が遅くなり(^▽^)/
そして寝坊する人や、前輪忘れる人がいて、出発はかなり遅れる、遅れる


つらいけど、やっぱり自転車コキコキの春スキー名物は楽しい


実は板のない橋を渡るのが初めてであり、楽しみだった。
結構歩きやすいというのが正直な感想


すぐに板を履けて登りやすかった。といっても今は4月上旬
この記事を書いている4月下旬ではすでに縦じわがキツイみたいで、やっはり今年はすべてが例年の一か月早いの雪解け状態
ちょっと早いかと思ったけど、結果4月上旬に行っておいてよかった。


やっぱりこの景色で登れるのは気持ちいい


この建物も新しくなったとネットでみていたけど、半信半疑だっただけに、実物が見れてウレシ



今回は前日のお酒が残っていたのと、高地順応が弱い体を慣らすべく結構休憩中寝ていた。
これで結構復活できた


そして、頂上で記念写真。
今シーズン滑りを楽しめたワタリガラス君をこの山の神にもご報告できてウレシヤ

頂上では尊敬すべき山スキーの諸先輩や、知り合いにもお会いでき、すごくうれしかった。


ランチ会場までの楽しみの滑降

登りと滑りのラインが違い、雪質がわからない中のライド
フルロッカーの苦手とするカチカチアイスバーンからのスタート
ずらしを多用しての滑りだが、途中から雪が緩みだし、エッジもかませるようになると
気持ちよくカービングができた。

オーバースピードにならないことを意識しながらも、綺麗な弧を描きたくできるだけスピードを乗せたい
この最適なバランスをさぐりながらのライドも楽しや

後半はややオーバースピードながらも結構きもちよくカービングできて◎

そして今回のメインイベントでもある~~~

パシュー 


やっぱり最高のランチでした。

そしてお楽しみの滑降






入りの緩斜面もみなさん思い思いでの滑降を楽しみ











いつもと違う場所の滑降でもみなさん楽しく滑降。
まだ縦じわも少なく、でも適度にある感じが、個人的には面白い
そしてワタリガラス君はしっかり踏んでやると不整地でも板の安定して滑れるし、コントロールもしやすいや






今回はかなり長く楽しく滑れたな、、


帰りの自転車はかなり寒いので、厳寒期使用の服装
ワタリガラス君、ほんとラブです。

縦に板を踏む楽しさを感じることができる板、ほんと面白い。
ワタリガラス君のおかげで、他の板も楽しく滑らすことを気づかせてくれた。

板を楽しめることは、本当に幸せ、物欲冥利に尽きます。いい買い物しました。

Hojiはやっぱいすごいや が今シーズンの一環した思い。
 
来年は冬も春も頑張ってもらいたいのでチューンナップ出さなちゃ
コメント

雪を求めて

2016-04-05 22:54:40 | 記事

やっぱり滑降場所はなく、ビールばかり頂きました。
コメント

快適シャウダー

2016-04-02 21:21:53 | 山岳スキー
記事を書く内容がかなり前なので、記憶は曖昧だな~

ということで、とにかく遠出をした今回のお山

実は楽しみにしていた5人乗車。
ステップワゴンのホンダセンシングで安全&快適クルージングもできて◎

今回の場所は話は聞いていたけど、初めて行く場所
やっぱり初めては楽しいものです。

メンバー:しゅう爺さん、師匠、HMDさん、まっちゃん、山猿
スキー :ゴータマ178cm


すでに数回行っている人の的確なアドバイスですぐにシールが履けた



天気もよくて登りも気持ちよか



思わず、たまらず、すぐに1本まっちゃんとシューと

そして登ると、結構天気が良すぎて、熱い、熱い、熱い。
久しぶりに大量の汗かいた

そして久しぶりに標高の高い山登って、登りが息苦しくなった。

そんな感じで適当なところでごはんスタート

いろんなおかずがあってやっぱ山飯はおいしいや

滑降は登りと違う場所にオープンバーンを見つけて、思わずみんなにここ行こアピール
すると、、、







雪質さいこーーだった

そして



この景色がなんともステキだった。


すこしデブリを発生させながらもトバラして


ここの斜面も気持ちよく滑降


危険な場所もうまく移動でき








ここがサイコーのシャウダーだった。
緩みすぎないほどよくシャバシャバ雪がロッカースキーと相性もよかった。
板の跳ね返りがよく、すごく気持ちよく板が反応して板もかなり走った。これかなりきもちよか

今年はワタリガラス君のおかげ?で春でもフルロッカーが楽しいことを再認識させてもらった
フォルクルの冠スキー マントラをフルロッカーにしたこともすごく理解できる。

そう考えると登り、滑りも重視した春用にセンター90-100ぐらいのフルロッカーも欲しくなってきた
さすがに家にあるスキーたちにも失礼だからもう購入しないと思うけど
春用にゴーダマ(センター108)も本気でありだと思った次第

私がスキー始めた時はセンター80オーバーでもパウダー用で、100オーバーはお化け板と思っていたのに
そんな今はセンター100オーバーのロッカーを春用になんて考えるなんて、なんとも考え深い


この景色もステキだった


そしてこの写真結構好きで ペタッと


シャウダー 私 好きだな
コメント