史跡訪問の日々

幕末維新に関わった有名無名の人生を追って、全国各地の史跡を訪ね歩いています。

蔵前 Ⅳ

2018-09-14 23:11:19 | 東京都
(鯉寺 龍寶寺)


龍寶寺

小見川藩主内田家の墓所を訪ねて、蔵前4‐36‐7の竜宝寺を訪ねた。この寺の近くには「川柳発祥の地」石碑があり、境内には、川柳の名前の由来となった柄井川柳の墓や石碑などが建てられている。墓地はさほど広くなく、十分もあれば一周できる。内田家の墓を見付けることができないまま撤収することになった。ちょうど寺の方と出会ったので、小見川藩主内田家の墓を探している旨を伝えると、
「近くにもう一つ龍寶寺があるので、そちらではないでしょうか。よく間違えられるんです。」
ということで、鯉寺龍寶寺への行き方を丁重に教えていただいた。ここから数百メートルほど北上した場所にある(台東区寿1‐21‐1)。こちらの寺は、本堂の前に鯉を供養するための鯉塚があり、鯉寺とも呼ばれている。
 墓地は、道を挟んで向い側にある。その一番奥に最後の藩主にして子爵家初代内田正学以下内田子爵家累代の墓があった。蔵前の竜宝寺で寺の方と出会わなければ、見つけられなかっただろう。偶然に感謝。


子爵内田家累代之墓
コメント

青山霊園 補遺 Ⅷ

2018-09-14 22:51:54 | 東京都
(青山霊園つづき)


肝付家累代之墓


肝付兼行閣下墓碑

肝付兼行は嘉永六年(1853)の生まれ。明治初年、北海道開拓使に出仕し、測定分野で頭角を現した。水路局に転じ、測量課副長、量地課長を務めた。この時、港区阿麻布台において海軍観象台の地点を測定し緯度を測定した。これが我が国における電信測定の嚆矢となった。その後、海軍水路局の測量課長、さらに水路部長に就任した。柳楢悦とともに東京数学会社に参加した。明治三十七年(1904)、海軍大学校長を兼任。翌明治三十八年(1905)、海軍中将。大正十一年(1922)没。

墓の傍らに水路会員により顕彰碑が建てられている。1種ロ3号6側


Henry Spencer Palmer

ヘンリー・S・パーマーは、1838年、イギリス領インド帝国のバンガロールに生まれた。明治十六年(1883)、来日。神奈川県より横浜上水道建設計画の依頼を受け、三か月で実地測量から計画まで完成させ、一旦帰国した。翌年、神奈川県から再度招聘され、明治十八年(1885)、大佐として再来日。水源を相模川支流の道志川とし、野毛山排水池に至る全長48キロメートルの横浜水道建設を指揮した。明治二十年(1887)、二年に及ぶ工事を完成させた。その後も日本に残り、内務省土木局名誉顧問技師として、勅任官の待遇を受け、横浜築港計画を指揮。関東水道会社の計画や各地の港湾設計などにも関与した。明治二十三年(1890)には日本人女性斉藤うたと結婚し娘をもうけたが、明治二十六年(1893)、脳卒中により急死した。外人墓地
コメント

上野 Ⅹ

2018-09-01 10:17:37 | 東京都
(東京藝術大学)


高村光雲先生像

 東京藝術大学美術館側の門を入ると、直ぐの場所に高村光雲の胸像が置かれている(台東区上野公園12‐8)。この日は、東京藝術大学美術館で開かれている「NHK大河ドラマ特別展『西郷どん』」を見るために上野まで往復した。


東京藝術大学美術館

 「西郷どん」は幕末維新を題材とした大河ドラマなので、欠かさず視るようにしている。当初はあまりに史実からかけ離れた設定に怒りすら覚えていたが、あまりにそれが続くので最近はそれに慣れてしまった。大河ドラマは、飽くまでフィクションであり、史実をそのまま伝えたのではドラマにならない。ドラマだと割り切ってみれば、十分楽しむことができるというものである。
 東京藝術大学美術館における「西郷どん」展は、若干NHKの宣伝の臭いがしないではないが、期待以上の展示であった。会場で無料配布されている出品目録によれば、鹿児島県歴史資料センター黎明館や京都の霊山歴史館、公益財団法人徳川記念財団、国立歴史民俗博物館(佐倉市)、田原坂西南戦争資料館(熊本市)などから集められた出展数は二百八十四点に上る。全部見て回るのにたっぷり二時間を要した。これだけの数の展示を見ても、どうして倒幕にこれだけ貢献のあった西郷が盟友大久保利通と訣別したのか、無謀にも西南戦争を起こしたのか、謎は深まるばかりである。
 売店で「西郷隆盛未完成像」の絵ハガキを購入した。有名な上野の銅像の製作途中の原像で、顔部分はのっぺらぼうである。最後の最後まで銅像の顔をどうするか悩んだ高村光雲の苦悩が伝わってくる。

コメント

立川 Ⅱ

2018-09-01 09:54:32 | 東京都
(国文学研究資料館)


国文学研究資料館

 立川駅からモノレールで北に一駅。高松から徒歩五分程度の場所に国文学研究資料館がある(立川市緑町10‐3)。
 国文学研究資料館は、日本各地の日本文学とその関連資料を集積し、日本文学をはじめとする様々な分野の研究者の利用に供するとともに、先進的な共同研究を推進する研究機関である。創設は昭和四十七年(1972)で、平成二十年(2008)に現在地に移転した。
国文学資料館でも明治百五十年を記念して特設コーナー「知の開国―明治百五十年によせて」が設置されている(会期平成三十年(2018)五月十日~七月十日)。入場無料。
 といっても常設展示の入口付近に4つの展示ケースが増設されている程度で、猛暑の中を立川駅から大汗をかいて歩いてきた自分としては、少々拍子抜けした。
 展示されているのは、まず中江兆民や徳富蘇峰といった時代をリードした思想家の著作。中江兆民は「三酔人経綸問答」において、三人の「先生」を登場させ、「非武装中立か。他国を侵略して国を富ませるべきか」といった現代にも通じる議論を展開している。次の展示ケースにはいわゆる戯作と呼ばれる分野である。戯作の特徴は口絵や挿画といった絵が大きな比重を占めることにある。現在、我が国の輸出文化の一角をしめるアニメのルーツということができよう。どうして我が国で戯作とか漫画が発展したのか、考察してみても面白いだろう。当時の日本語では十分な情景や心理を描写することができなかったのかもしれないが、むしろ絵の力を最大限活用したと考えた方が適切かもしれない。長い文章で説明するより、おどろおどろしいお岩さんの姿がいきなり出現する方が、よほどインパクトがある。ここでは代表的な戯作者である仮名垣魯文の「西洋道中膝栗毛」(有名な「東海道中膝栗毛」のパロディで、弥次さん喜多さんの孫がロンドンで開かれる万国博覧会を見物するという設定)や「通俗那波烈翁伝」(ナポレオンの評伝)など、いずれも興味深いものが並べられている。

コメント

竹橋 Ⅳ

2018-08-03 23:48:52 | 東京都
(国立公文書館つづき)


国立公文書館


復古記

 国立公文書館では、春の特別展に続き「戊辰戦争 菊と葵の500日」を開催している(平成三十年(2018)五月二十六日~六月三十日)。戊辰戦争で使用された錦旗と軍旗を筆写した「錦旗の図」(重要文化財)や勝海舟と西郷隆盛の会談について記述した「海舟日記抄」、八王子の千人同心隊が新政府軍に恭順を示し、徳川家への寛大な措置を嘆願した「甲斐鎮撫日誌」、相楽総三とその同志(赤報隊士)を記録した「赤報記」、十津川郷士の戦死者を記録した「総督宮北征日誌」、そして明治五年(1872)、明治新政府が戊辰戦争の記録を中心に編纂を命じた「復古記」など、見どころ満載。私は二周してしまいました。

コメント

外苑前 Ⅳ

2018-08-03 23:30:52 | 東京都
(海蔵寺)
 吉盛智輝著「但馬の殿様」(神戸新聞総合出版センター)によれば、京極高朗の墓が北青山の海蔵寺にあるという。早速訪問した。


海蔵寺

 海蔵寺は外苑前の繁華街の中にあって、真っ赤な中華風の門が目印である(港区北青山2‐12‐29)。寺の建物はコンクリート製のビルになっているが、その向こうに古い墓地が残っていて、そこに京極高朗の墓がある。


越前守大信京極府君之墓(京極高朗の墓)

 京極高朗は、万延元年(1860)十二月より使番から目付に任じられ、勝手掛・外国掛を担当した。文久元年(1861)三月、遣欧使節の目付に選ばれ、従五位下能登守に叙任され、同年十二月、正使竹内保徳、副使松平康直とともに品川を出帆し、仏・英・蘭・普・露・葡各国を訪れて。翌年十二月、帰国した。各国で大歓迎を受け、プロシアを除く各国との間に開市・開港を五か年延期する約定を結ぶことに成功した。ロシアとの間では樺太定界の談判も行い、アジア局長イグナチェフと折衝した結果、北緯四八度まで譲歩させることに成功したが、京極高朗は老中安藤信正から「寸土も譲るべからず」との訓令を楯に反対し、結局調印に至らなかった。その後、神奈川奉行、長崎奉行を経て、騎兵奉行となり、さらに元治元年(1864)には目付に再任され、同年八月、長州征伐のために将軍が進発を布告すると、その扈従を命じられた。大目付に任じられたが、いくばくもなく没した(同姓同名の丸亀藩主とは別人である)。


京極家之墓

 高朗の墓の右手にあるドーム型の墓は、大正三年(1914)に建てられた合祀墓で、糸井京極家二代高為、三代高亶、四代高燭、六代高教、七代高孝、十代高敏とその室や子女が合葬されている。

コメント (4)

墨田 Ⅵ

2018-07-13 23:39:53 | 東京都
(長命寺 つづき)


橘守部之墓

 橘守部は、江戸時代の国学者。天明元年(1781)、伊勢に生まれ、十七歳のとき江戸に出て、十年余り芝新銭座または八丁堀に住み、その間、国学を志したが全くの独学であった。二十九歳のとき武州幸手に移り、四十歳を過ぎる頃より守部と称した。四十八歳の頃、再び江戸浅草弁天山に居を定め池庵と号した。出府後、間もなく「山彦冊子」を板行して名声を挙げ、以来続々と名著を出し、平田篤胤、伴信友、香川景樹らとならんで天保の四大家といわれた。嘉永二年(1849)五月二十四日、六十九歳で歿し、長命寺に葬られた。守部の学は、本居宣長の学説に対抗する意識をもって成立しているといわれる。即ち、宣長の「古事記伝」に対して「日本書紀」神代巻および「記」「紀」の歌謡を訳した「稜威道別(いつのちわき)」「稜威言別(いつのことわき)」があり、「詞の玉の緒」に対し、「助辞本義一覧」などがある。守部の墓の隣には、幸手出身で守部の養子となった橘冬彦(文久三年(1863)没)の墓もある。


橘冬照之墓

(常泉寺)


常泉寺

 常泉寺の前を過ぎようとしたところ、門前にご婦人が二人待ち構えておられ、「お参りしていかれませんか」と声をかけられた。「朝川善庵の墓をお参りできますか」と聞いたところ、墓前までご案内していただいた(墨田区向島3‐12‐15)。嘉永六年(1853)、篤姫の輿入れ成就を祈願するため、島津斉彬がこの寺を訪れている。篤姫は、落飾して天璋院となった後も、常泉寺に厚い信仰を寄せた。


朝川片山 兩家歴世之墓(朝川善庵の墓)

 朝川善庵は、江戸後期の儒学者である。名は鼎、善庵は号。天明元年(1781)、片山兼山の末子として江戸に生まれた。早くに父を亡くし、母の再嫁先の医師朝川黙翁の姓を名乗った。山本北山に学び、黙翁に伴われ京阪へ遊学した。さらに寛政十年(1798)、長崎に赴きその後南九州にも遊歴した。平戸藩松浦家の厚遇を受け、弘化三年(1846)には将軍にも謁見し名を高めた。清国の船が下田に漂着した際には、代官江川氏に招かれ、清人と筆談した。嘉永二年(1849)、六十九歳にて没。

(東京ソラマチ 郵政博物館)


郵政博物館

 東京スカイツリーのたもとは三百以上の店舗が入る東京ソラマチという商業施設になっている(墨田区押上1‐1‐2)。
 水族館や人気の高い飲食店が軒を並べ週末ともなると(八王子周辺ではちょっと経験できないほどの)混雑である。ソラマチの九階まで来ると、先ほどまでの喧噪とは一線を画した空間になっており、そこに郵政博物館がある。この施設は、かつて千代田区大手町で逓信総合博物館として昭和三十九年(1964)に開設されたもので、開設から五十年が経過した平成二十六年(2014)、現在地に移転した。
 ともかく収蔵している切手のボリュームが凄い。日本の切手のみならず、全世界の切手が集められている。私は切手蒐集が趣味でも何でもないが、それでも圧倒される。マニアには堪らない場所であろう。入場料三百円はオトク。


日本郵便の父 前島密蔵

 入口では日本郵便の父と呼ばれる、前島密像が出迎えてくれる。前島密の建議を受けて、明治四年(1871)東京大阪間に官営の郵便事業が開始された。前島密は、大蔵省や内務省の官僚として仕事をこなしながら、明治三年(1870)から十一年もの長い間、郵政事業の長として熱心に職務にあたり、我が国郵政事業の基礎を築いた。


甲東大久保公書簡

 この日、郵政博物館を訪れたのは、やはり「明治百五十年」を記念して、「幕臣たちの文明開化」展が開かれていたので、それを見ることが第一目的であった。さらにこの日開かれる記念講演会トークセッション「幕末維新よもやま話」が二つ目の目的であった。
 我が国黎明期の郵政事業には、多くの幕臣が関わっていた。前島密も幕臣出身であるし、オランダから電信機を持ち帰った榎本武揚も幕臣である。ほかにもジャーナリスト福地桜痴、成島柳北、栗本鋤雲や実業家渋沢栄一ら、多くの幕臣が紹介されている。
 見所は、前島密の刀と脇差、明治天皇の東幸の際、袋井本陣で使われた行在所の看板、有栖川熾仁親王や三条実美の書、大久保利通から前島密に宛てた書簡(萩の乱について)、西南戦争時に使用された電報など。

コメント

国分寺

2018-06-02 12:59:29 | 東京都
(東京経済大学国分寺キャンパス)
 東京経済大学は、大倉喜八郎が創立した大倉商業学校がその前身となっている。大倉喜八郎は、国際通商に必要な商業学の振興と人材養成の必要性を痛感し、明治三十三年(1900)、当人の還暦を契機として、渋沢栄一、石黒忠悳、渡邉洪基らに諮って創立した学校で、戦後東京経済大学へと発展した。


東京経済大学


大倉喜八郎像
建学の精神「進一層」

 東京経済大学の図書館は、建学の精神にならって「進一層館」と名付けられている。その前に大倉喜八郎像が建てられている(国分寺市南町1‐7‐34)。
 大倉喜八郎は、(1837)に新発田藩に生まれ、十七歳のとき江戸に出て商売に従事した。明治五年(1872)、長期欧米視察に出て、帰国後大倉組商会(大倉財閥の源)を設立した。明治三十三年(1900)、大倉商業学校を創立(のちに大倉高等商業学校に昇格)。大正四年(1915)、男爵を授爵し、翌々年には社会に貢献することを目的に大倉集古館を設立した。昭和三年(1928)、九十歳にて逝去。

(殿ヶ谷戸庭園)
 国分寺の駅から徒歩数分という場所に緑におおわれた殿ヶ谷戸庭園がある(国分寺市南町2‐16)。
 この庭園は、三菱合資会社の社員で、のちに満鉄副総裁、貴族院議員などを務めた江口定條(さだえ)が構えた別荘「随宜園」を、三菱合資会社の取締役岩崎彦彌太(弥太郎の孫)が買い取ったものである。四季様々な植物を楽しむことができる。入園料百五十円。


殿ヶ谷戸庭園 紅葉亭

コメント

秋葉原 Ⅱ

2018-06-02 12:48:19 | 東京都
(神田和泉町)
 神田和泉町の町名は、この界隈に津藩藤堂家の上屋敷があったことに由来している。藤堂家が代々和泉守を名乗っていたことから、和泉町と呼ばれるようになった(正式には明治五年(1872)より)。
 維新後、津藩上屋敷跡には東京医学所(現・東京大学医学部附属病院の前身)を設立し、明治七年(1874)には隣接する出羽鶴岡藩酒井家中屋敷跡に文部省医務局薬場を設置した。
 藤堂家上屋敷跡を示すものは少ないが、YKK80ビル(千代田区神田和泉町1‐1)の周囲に植えてある樹々は、代々藤堂家の植木職を務め、江戸を代表する植木屋伊藤伊兵衛ゆかりの園芸植物約三十種類が植えられている。


YKK80ビル(津藩上屋敷跡)

 和泉公園(千代田区神田和泉町1‐300)は数少ない津藩上屋敷の遺構である。


和泉公園

(スーパーライフ)
 スーパーライフのある辺りが、鶴岡藩酒井家中屋敷跡に相当する。国立衛生試験所(現・国立医薬品食品衛生研究所)発祥の地である。明治七年(1874)三月、我が国最初の国営医薬品試験研究機関東京司薬場として発足した。当初は中央区日本橋博労町にあったが、明治八年(1875)、当地に移転して、本格的業務を開始した。昭和二十年(1945)の東京大空襲により罹災し、世田谷区上用賀に移転し、現在は川崎市に再移転している。


国立衛生試験所発祥の地

 ライフに隣接する三井記念病院は、安政五年(1858)に江戸お玉が池付近に開設された種痘所から発展した東京帝国大学医科大学附属第二病院跡地(現在地)に財団法人三井慈善病院として明治四十二年(1909)に開院したのがその始まりである。

 三井記念病院の道路を挟んで北側(高層マンションの建っている)辺りが、対馬藩上屋敷跡となる。残念ながら、遺構らしきものは見当たらない。


対馬藩上屋敷跡

(和泉橋)
 昭和通りを南進し、神田川に架かる和泉橋を渡ったところが岩本町である。江戸期後半になると、柳原土手に沿った地域には、古着を扱う露店が集まっていた。明治に入ってからもその伝統は引き継がれ、多いときには四百軒もの古着屋が軒を連ねていた。
 明治六年(1873)になると土手が取り壊され、明治十四年(1881)には東京市内の古着商業者らによって岩本町古着市場が開設され、東京における衣類産業の中心地となった。
 しかし、大正十二年(1923)の関東大震災で、甚大な被害をうけ、震災後の区画整理により露店は撤去された。第一次世界大戦後には、庶民の日常衣類として洋服が急速に普及することになり、当地で扱う品目も、古着から洋服、特に廉価な既製服へと転換した。
 現在、この地には既製服問屋街発祥の地という千代田区教育委員会の建てた説明札が建てられている(千代田区岩本3‐11‐15付近)。


既製服問屋街発祥の地


コメント

竹橋 Ⅲ

2018-06-02 12:42:57 | 東京都
(国立公文書館)
 国立公文書館にて平成三十年春の特別展「江戸幕府、最後の闘い―幕末の「文武」改革―」を開催中である。国立公文書館次長のご案内で展示を拝見させていただいた。
 幕末の幕府は「文武」に改革を進めた。「文」における改革の端緒は寛政二年(1790)の昌平坂学問所の開設であろう。あまり知られていないことであるが、直参のみならず藩士、郷士、浪人など広く受け入れたことが特徴である。時代はずっと下るが、安政二年(1855)に開かれた長崎海軍伝習所にしても、幕臣以外にも雄藩の藩士に門戸を開いた。


平成三十年春の特別展
「江戸幕府最後の闘い ―幕末の「文武」改革」

 ペリー来航以来、幕府は洋学を取り入れ、陸海軍の洋式化を進めた。その改革の方向は決して間違っていなかった。明治を迎える頃、幕臣には多様な人材が育っていた。その数、質とも、薩長を大きく上回っていた。この日の展示でも紹介されていた、武田斐三郎、向山黄村、堀達之助、中村敬宇、中條景昭らはその好例である。明治新政府も旧幕臣の知識や能力に頼らざるを得なかった。
 こうしてみると、これだけの人材を抱えていながら、どうして徳川幕府は崩壊してしまったのか不思議なほどである。突き詰めれば、幕府が外様雄藩の政治参加を認めなかったこと、政治の主導権を譲ろうとしなかったことが、幕府の命運を縮める結果に繋がった。ある政治学者が慶喜のことを「所詮、幕府を滅亡に至らせた程度の英明さ」と評したが、まさに的確な慶喜評である。

コメント